私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  平昌開会式出席問題 ~ 自公幹部は余計なことをするな!

平昌開会式出席問題 ~ 自公幹部は余計なことをするな!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 河野太郎氏が外相に就任した頃、保守派の間には氏の外交を危ぶむ声があった。なにせ、あの河野太郎の息子である。特亜に媚びる外交は勘弁してもらいたいという声がチラホラ聴かれたが、それは杞憂だった。実際、河野外相は極めて活発に世界を回り、良い仕事をしている。

 カナダ・バンクーバーで開かれた北朝鮮問題に関する外相会合は、台北圧力方針を確認し、またそれを強化する場だったが、主導的な役割の一翼を担ったようだ。参加国外相に対し、北朝鮮との国交断絶・外交破棄への期待も述べた。南鮮外相の康京和とも会談し、日韓合意の着実な履行を求め、ちゃぶ台返しにクレームをつけ、謝罪を拒否し、竹島は日本の領土と主張し、徴用工像のソウル日本大使館前への設置に対して適切な対応を取るよう要求した。言うべきことはすべて言っている。産経に掲載されたこの画像は、極めて印象的だ。

河野外相と康京和


 素人が言うのは僭越だが、国家間関係がこうも冷え込んだら、その関係を極限まで冷まし、相手が折れて来るのを待つべきだろう。文在寅は歴史問題と経済分野などを分ける「ツートラック外交」を標榜しているが、それは南鮮にとって「おいしいとこ取り」でしかない。日韓合意を決断した安倍総理だが、「この合意では解決にならない」と事実上の合意破綻に言及し、一方ではその決断の主に対して「五輪開会式への参加を求める」という厚顔無恥な要求ができるのも、日本人の神経では理解不能である。日韓関係を解決しようと、自ら動く必要はないのだ。関係回復が必要になれば、必ず対岸が動く。それまでは放置すべきだ。

 結論から言えば、安倍総理は平昌五輪の開会式に出席すべきではない。東京五輪との相互協力を念頭に「参加すべき」と意見する向きもあるが、東京五輪の開会式に南鮮の元首が来ようが来まいが、どうでもよいのである。安倍総理も菅長官も、国会日程を引き合いに、平昌訪問に言葉を濁している。そういう中で、余計なお節介をするのが、自公の幹部だ。

<自公幹事長>首相訪韓へ「国会日程を調整」 (毎日新聞)

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長らは17日、東京都内で会談し、2月9日に行われる韓国・平昌冬季五輪の開会式に安倍晋三首相が出席できるよう、今月22日召集の通常国会の審議日程を調整する方針で一致した。韓国政府が慰安婦問題を巡る日韓合意を批判したことに対する日本国内の反発なども踏まえ、首相は出席の是非を慎重に判断する構えだ。


 会談では、井上氏が開会式について「首相が行くかは政府が判断することだが、できれば行けるように国会運営上、努力しよう」と提案。二階氏も「行けるなら行ったほうがいい」と応じ、予算委員会の開催日程などを野党側と協議する方針を確認した。
 会談に同席した自民党の森山裕国対委員長は、記者団に「政府の決定を国会日程が邪魔しないよう、よく調整しようということだ」と説明した。
 一方、菅義偉官房長官は17日の記者会見で「国会日程は当然、最重要視される。直前になるまで(首相の訪韓を判断するのは)なかなか難しい」との見通しを示した。【水脇友輔】


 まったく余計なことをするものだ。駆け引きがある中で、「国会日程というカード」を自ら溝に捨てるような愚行と言える。日韓合意のちゃぶ台返しだけではない。平昌の公式サイトでは、地図から日本列島を消し、我が国の存在を消した。東京五輪の招致活動では、彼らは妨害する側にまわった。数々の迷惑・邪魔・妨害だけでも、そんな連中の催し物に総理が出向くことはない。

 南鮮というのは特殊な国であり、民族なのだ。支那もそうだが、彼らは相手の譲歩や妥協を、その通りには取らないのだ。一旦譲歩すれば、「日本は圧力を受けると引く国である」という勝手な論理をつくり、更に譲歩を要求してくる。それが、今までの対韓外交で積み上げてきた経験値であるはずなのだ。政治とスポーツが別だというのは、単なる綺麗ごとであり、理想論だ。ここで安倍総理が平昌に赴くようなことがあれば、総理の支持層である保守派は一斉に反発するだろう。

 自民党の萩生田幹事長代行が、同じ昨日、ラジオ番組で、平昌の開会式に鈴木五輪担当相と林文部科学相が出席するとの見方を示したそうだ。おふたりには貧乏くじだが、適当にお茶を濁してきてもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/01/18 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(24)
二階、井上はそうは思っていないんでしょうが、「日程的に行けない」より「行けるけど行かない」方が態度表明として強いんじゃないでしょうかね。
「日程的に行けない」だとかの国では「ウリが第一じゃないのか! 弟の癖にけしからん!」となりそうですが、「行けるけど行かない」だと「ひょっとして、見捨てられたんじゃ……」となりそう、どちらでも火病を発症するのは確定的ですが。

一枚目の写真、ソチ五輪の閉会式におけるキム・ヨナの「ぼっち」を連想させますね、思わず噴きましたw
[ 2018/01/18 08:49 ] [ 編集 ]
表題へのコメントでは
ありませんが下記の紹介をさせてください。
■関野通夫氏講演『日本人を狂わせた洗脳工作WGIP』
https://www.youtube.com/watch?v=0DtpDre_uDY
戦後体制の超克さんの【緊急拡散】ニッポン無責任野郎
2018年01月15日 18時57分40秒 の巻末から
拝借してきましたが、ジャワスマトラで近衛兵として戦った
伯父貴や支那大陸の奥地でロシア軍の戦車攻撃から在留邦人を
救出する為に戦って帰国後戦友達の慰霊碑を建てようと碑の石
も用意して村のお寺の若いお上人に願い出たところ拒絶された
大正十年生まれの今は墓に眠る長老と一緒にかの米国の横暴を
暴き立てたいと思う、きょうの朝です・・・・失礼しました。
[ 2018/01/18 09:38 ] [ 編集 ]
オリンピックを利用する者ども
1)上の河野外相の写真は笑ってしまった。「外相会合で、韓国の康京和外相を見つめる河野外相=16日、バンクーバー(共同)」とあるが、「見つめる」ではなく正しくは「睨みつける」ですね。
http://www.sankei.com/world/news/180117/wor1801170006-n1.html
2)二階俊博幹事長は相当の親中、親韓派。(ウィキペディア参照)
3)そもそもノーベル賞とかオリンピック精神というのに、日本人は評価が高すぎる。
・ノーベル賞は科学のように人類への貢献が明確に分かるものに限定すべきで、文学賞や平和賞のような価値基準が明確でないものは不要と思う。
・オリンピックも招致合戦、莫大な開催費用、スポンサー頼み等、金まみれの商業主義が横行。高い精神性を有するのは真面目なアスリートのみ。
4)オリンピック憲章では「スポーツと選手を政治的または商業的に不適切に利用することに反対する」とあるが。南北はこれに違反している。
・また憲章には「オリンピック競技大会は、 個人種目または団体種目での選手間の競争であり、 国家間の競争ではない」とある。日本のマスコミは国家間の競争を煽っているのじゃないの?
  オリンピック憲章  https://www.joc.or.jp/olympism/charter/
[ 2018/01/18 10:25 ] [ 編集 ]
安重根に狙われそう
南ゴキの英雄安重根の模倣テロリストに狙われるから
安倍さんは行かない方が賢明ですね。
[ 2018/01/18 10:26 ] [ 編集 ]
yasu様の書き込みに、同意します。

[ 2018/01/18 12:04 ] [ 編集 ]
日本の足を引っ張る売国政党・政治家と偏向メディア
何故に韓国という教訓を学ばないか学ぶのか?

外交ベタの日本の欠点は能天気平和主義性善説DNAにより常に相手の策略に乗り失敗を繰り返して来た事です。

例の『日韓慰安婦合意』に対して「韓国政府による10億円拠出」とは実質日韓合意を変更することであり、反故にする動きであるわけでこれに抗議をしなければ何時までも声をあげないのは認めたと勝手な解釈がされてしまします。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E5%95%8F%E9%A1%8C%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%90%88%E6%84%8F

その意味で河野太郎外務大臣は仕事をしていると言えるでしょうが、歴代他の外務大臣が無能であったりした為良い仕事をしているように見えますが実は日本国の外務大臣として当たり前の仕事をしていると言っても間違いではありません。

問題は日本一日本に損害を与え、今なお与え続けている河野洋平への批判が出来ない事で、親子を別人格として考えれば日本国全体に対して大損害を与えた河野洋平への公人としての批判はあって当然です。
それが出来ない事は河野太郎の限界であるでしょうし、又今の外務大臣としての対韓国などの動きは将来の首相へのステップと考えているからと言えるでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E9%87%8E%E5%A4%AA%E9%83%8E

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E9%87%8E%E6%B4%8B%E5%B9%B3

しかし、これで今の日本に親韓・親中国の外務大臣が存在するという背筋がぞっとする状況でない事は日本の若干の進歩と救いと言えると思えます。

但し、やはり存在感を持って逆行しようとする者たちはいます。
それが公明党であり自民党二階俊博幹事長であり日韓議連の額賀福志郎会長などです。
そしてこれ等の頭の悪い勘違い政治家などが結局日本の足を引っ張っているという現状認識が必要でしょう。
更に「待っていました」とそれを持ち上げ、安倍首相の外交に影響を与えようとするのが日本の偏向メディアといういつもの図式です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E4%BF%8A%E5%8D%9A

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9F%93%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%A3%E7%9B%9F

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%8D%E8%B3%80%E7%A6%8F%E5%BF%97%E9%83%8E

政府自民党安倍内閣に於いて公明党と連立しなければならないのは別に公明党が好きなわけではなく民主主義政治のジレンマによるもので、改めて存在感のある真性保守の不在が此処に関連してしまうのです。

推奨本
http://web-wac.co.jp/magazine/will/

[ 2018/01/18 12:24 ] [ 編集 ]
官邸に意見を送っておきました
「官邸メール」で検索すると「ご意見」が出てきますので、安倍総理はヒラマサに
参加すべきではありません、と意見を送りました。 理由は下記。

1.南鮮が付け上がり、今までの外交努力が水泡に帰す。
2.先進国の首脳は欠席が多く、出席は北鮮への圧力が軽減する。
3.暗サツの危険や、窃盗の濡れ衣を着せられる可能性が高い。
4.極寒のヒラマサで昼食はおろか控室すらも用意されず凍死もありうる。
5.レン呆や野田豚は飽くなき特亜愛を標榜していたのであり、彼らを代表と
  して出席させるが適切。 

こはる様
切々たるお声にも閣下はお答えになりませんなぁ・・・・。
耽美の素養が高い御方でございますので、、若く美形な太夫さまと何か・・・
下僕奴も糊口を失いそうでございます、、、 (´;ω; )
[ 2018/01/18 12:39 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/01/18 12:54 ] [ 編集 ]
官邸メール
私も一昨日致しました。
2F幹事長は江沢民絶賛の人の様ですが、それでもご自分の担当する部署の責任は果たす模様、と今までは拝見して居ました。
今回の訪中からご帰国してのこの発言。裏が見え見えな気が致します。

つまりは、与党幹事長より親中従中の足場を重くしたのでしょうか。「それも日本の与党自民党と安倍総理の為」なんて云いそうですが。
安倍総理の長期政権に耐えられなくなった中共政府、という見方も出来なくは無い。かな?

ソチのヨナ。似ている~w
前にニカニカ在寅の隣りの安倍総理がちょっと下を向いた瞬間を撮った映像をアチラが掲げて喜んで居ましたが、河野外相は見つめている、といよりポケットに手を突っ込んで観測している感じ。いいわ~~~。

河野外相の外交・防衛面で信用してもイイのかな?と思ったらエネルギー問題でオヤオヤの発言を国際会議でして居られて、エネルギーは大きく経済・安全保障にも関わりますから、私的には未だ信頼の印は押せません。


末田軍曹殿
そうなのよ。音沙汰プッツリ。どうしたんでしょうね。
お若い綺麗どころに誘惑されてウキウキ、なら良いのですが、もしも宜しくない事態なら、と悪い方向も考えちゃいます。

年末に連投されて、その後、糸が切れた・・・タコならそれなりに心配ないのですが。良いことを祈ります。
[ 2018/01/18 19:22 ] [ 編集 ]
なにをじゃれあっているの?
最後のところ、意味が分からない。
私信はやめてよ。
迷惑千万。
[ 2018/01/18 19:44 ] [ 編集 ]
残る大物は安倍首相、だと
朝鮮日報日本語版
「平昌五輪:中国は序列7位派遣、残る大物は安倍首相」だと
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/16/2018011602970.html?ent_rank_news

出場資格のなかった北朝鮮選手が韓国チームに加わるのは、反則
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180118-OYT1T50120.html
アイスホッケー南北合同チーム
https://www.asahi.com/articles/ASL1K7DPXL1KUHBI041.html

両陛下、平昌五輪の日本選手団へ金一封
https://www.asahi.com/articles/ASL1K5DGZL1KUTIL01T.html
時節柄、大丈夫ですか?
[ 2018/01/18 20:06 ] [ 編集 ]
こはる様はじめご心配をおかけしました。実は年末から手持ちの携帯でF2ブログに投稿ができなくなってしまって。今は家用のタブレットを持ち出してやっと開通したところ。遅ればせながら本年もよろしく。通信事情に難があっただけで、私は元気です。                                                                       冬季オリンピックはそもそもが「白い恋人たち」の世界、トニー・ザイラーやジャン、グロード、キリーの勇姿を私たちは忘れてはいません。腐臭漂う半島で開催とか聞いただけで盛り下がりきっています。怖いもの見たさ、の方た゜けどうぞ゜
[ 2018/01/18 21:39 ] [ 編集 ]
ネットニュースに
「韓国と北朝鮮が平昌冬季五輪での合同入場行進や合同チーム結成などで合意したことに関し、
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が170人規模の在日コリアン応援団を派遣する計画があることが18日、分かった。」
とありました。

ここのところ、ピョンチャンオリンピックや韓国関連では
いいかげんにしてよ!と言いたくなるニュースばかりです。
ピョンチャンならぬピョンヤンオリンピックになりつつある…という声にも
頷きたくなります。
それにしても民団ではなく朝鮮総連まで、日本国民が遊んだパチンコからひねり出したお金で応援団を送るとは…
たとえ日本経由だったとして、北のパスポート持った人が空路韓国に入国できるのでしょうか?


そんな中、北朝鮮の応援団を南へ陸路で送るというニュースにちょっと興味が湧きました。
国境地点で韓国の運転手&韓国のバスに乗り換えさせるのかとか
数年前に見た韓国ドラマIRISで、北の狙撃犯グループが韓国にスパイとして潜り込んだ時のシュチュエーションそのままになりそうな予感に
何か騒動が起きそうな気がしないでもありません。
それにしても奇妙な国家が近くにあるというのは迷惑な話です。


[ 2018/01/18 21:57 ] [ 編集 ]
バロン閣下
左様でしたか。よかった!
末田軍曹殿と、もっと華やかな桃色妄想をしておけば楽しかった。惜しいw。

私は冬期五輪はなんと云っても札幌のジャネット・リンさんと、ソチの真央ちゃんの絶品フリー演技です。
今回は日本勢スピードスケート女子が物凄そうで、おそるおそる期待です。会場が南鮮ですからどんな悪事を仕掛けられるか?もありますからそれこそ怖いモノで。
02年の日韓ワールドの南鮮買収醜態は忘れられません。
[ 2018/01/18 22:35 ] [ 編集 ]
lilly様
総連が南鮮五輪を利用して北と接触し、禁じられている送金を直に手渡す可能性はあるかも知れませんね。
日本の国会議員の入国を拒否拘束する南鮮ですから、北のパスポートの入国受け入れはあると思います。
ソウル入りするナンタラ楽団は150人大勢だそうですから、中に堂々と工作員が混じる事も出来そうですし。

パチンコ界と相撲協会のベッタリも長いこと噂はされていますし、半島絡みの魑魅魍魎を解決するには、全員お引き取り策しかないのではないかしら。
[ 2018/01/18 22:51 ] [ 編集 ]
金豚と文が平昌五輪で共謀しているという事実
金豚と文が共謀しているのは明らかですから、この平昌五輪、「ただの五輪」にはならない事は確実だと思います。

首相が行けば、確実に「事故」に見せかけた謀殺や、北系テロリストに襲撃される可能性が高いだろうと思います(リッパート南鮮大使刺傷事件も然り)。

選手や応援団も、「安らかでは無い」事は確実で、何かしら、工作員でなくとも「強烈な反日感情」を持っていますし、過去、南鮮以外で開催された予選会や五輪ですら「反日パフォーマンス」を行っているのですから、それ以上の嫌がらせ(下手すれば障害を負わされたり、殺害(行方不明)にされる可能性も有り)を受ける可能性の方が最も高いのですから、選手も応援団も、気の毒ですが、あまり行かない方が良いのでは、と思います。

浅田真央選手は引退しましたが、次が平昌である事を考慮すれば、致し方ないでしょう。むしろ、あのまま続けていれば、何かされていたのではないか、と思うくらいです。

金豚と文が何かしら共謀している事は明らかであり、朝鮮人の思考回路は理解不能な「反日カルト」ですから、とにかく朝鮮に利権がある政治家などが「余計な事」をして、「反日カルト」を「促進」、「肯定」するような事だけはやめてもらいたいですね。
[ 2018/01/19 02:13 ] [ 編集 ]
こはるは不快だ
我がもの顔の投稿の連続。
軍隊ごっこも好きなようだ。
人のコメントに偉そうに批評。

ブログ主がお気に入りのようだから、のさばっているが、このブログの質を不安定にさせている現況。

多くの読者は惰性で見ているから、こうなるのだろう。




[ 2018/01/19 09:38 ] [ 編集 ]
Re.だめだこりゃ
ま~た、、ヒガミっぽいのが湧いておりますなぁ・・・
古参のコメント投稿者がブログ主から信頼を得るのは当然のことだわさ。
こんなことも解らんのかい? 

理屈を言っておく。 権利とは果たした義務に相応して付随するものであり、
自由もまた然り。 古参のコメ欄諸賢が自由度において「優遇」されるのは世の
理なのだ。 ポット出がエラソ~なコメを貼り付けるほうがよっぽど不愉快じゃわ。

これを悔しいと思うなら、3年ぐらい読むに足りるコメを投稿した実績を作ってから
言いなされ。 ワシは新参奴という自覚がありましてなぁ、ここの古参のコメ諸賢に
何を言われても「ハッ ハッハッァ~、ご無理御尤も恐れ入りましてございます」
しか言ったことはないぞよ。
[ 2018/01/19 12:10 ] [ 編集 ]
だめだこりゃ。さんへ
管理人は普段はコメント欄に立ち入りませんが、あえてひと言。
拙ブログのコメント投稿における禁止事項は、フォーム部分に記載のとおり、記事の内容に直接関係ないもの、および、管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等です。
従って、たびたび「パヨクのあのコメント消せ」などという指摘があっても、それが意見であれば放置します。
好き嫌い云々のご指摘は当たりません。
コメント欄は投稿者同士のコミュニケーションの場でもありますし、軍曹のご指摘とも関連しますが、長くブログを支えていただいている投稿者さんには、敬意も持っているつもりです。
当然、その方々の文章が持つ雰囲気も大切にしています。

以上。
[ 2018/01/19 13:41 ] [ 編集 ]
レッドバロンさんへ
>怖いもの見たさ、の方た゜けどうぞ゜

…怖いものだけに、文章も化けてますよ。
ネットカフェなら、ストレスなく書き込めるかもしれません。


だめだこりゃ。さんへ

…こはるさんを、どなたと心得る。
「私的憂国の書」の、ご意見番のような御方であるぞ。
ひ~か~え~おろ~。


>ここで安倍総理が平昌に赴くようなことがあれば、総理の支持層である保守派は一斉に反発するだろう。

…安倍総理は、お忍びで、マリオの帽子をかぶり、貴賓席ではなく一般の客席にまぎれこみ、SNSにスタジアムの写真を投稿、「ソーリーを探せ」の正解者を、今年の「櫻を見る会」に招待するぐらい、あり得ない話だろう。
[ 2018/01/19 17:07 ] [ 編集 ]
無視したら良いわ
管理人様
末田軍曹殿
ツキクサ様
ご厚情ありがとうございます。


私信ではありますが、こちらで袖振り合うも他生のご縁を感じられる方々との通信に、他の方でも好意的ご意見で参加されるも良し、イヤならお読みにならなければ良い事だと思って続行致します。

私は「古参だから特別よ」という気持ちはコレッぽっちも御座いませんが、主催者様の本文に沿いコメントし、ご自分の意見をお書きになる御常連様方(古いか新しいかは関係無く)と仲良く続けられる事は願って居ります。

イヤなら無視されたし。
ちなみに、こはるは読みたくないコメントは素通りしております。
[ 2018/01/20 00:36 ] [ 編集 ]
スリ
袖すり合うも他生のご縁 でございました。訂正。
[ 2018/01/20 01:26 ] [ 編集 ]
アナノジンセン
代わりが誰がいいかな~

オーソドックスには

本命、鈴木五輪担当相
対抗、林文科相

でしょうな

穴は・・・

パッと浮かんだのはピコ太郎だが、おふざけが過ぎるか。

小池百合子なんかはいろんな意味で面白そうだが、政府の人間ではないし。


小野寺防衛相とかどう?
[ 2018/01/20 10:24 ] [ 編集 ]
「だめだこりゃ」さんへ
・私がよく見るウィキペディアで「荒らし」の項、一番最後に下記の記述があります:

『あなたの書き込みは不愉快だ」などと注意したり叩いたりすると・・・・』
   (つづきはウィキペディアをご覧くださいませ)

・管理人さんが上述のような考えなんだから「もうだめだこりゃ」でしょうね。

退散、退散。
[ 2018/01/20 11:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: