私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞は言論テロ機関だ ~ 「フェイクニュース」という批判は生ぬるい

朝日新聞は言論テロ機関だ ~ 「フェイクニュース」という批判は生ぬるい

← 応援クリック、ありがとうございます。

 12日の朝日新聞の社説は、かなり衝撃的なものだった。大阪大学の入学試験において、物理の問題に出題ミスがあり、本来合格していたはずの30人を不合格としていた問題。朝日はこの阪大の対応を、上から目線で批判している。社説のタイトルは、「組織の対応が遅すぎる」という、いわゆる「おまいう」だ。

(社説)阪大入試ミス 組織の対応が遅すぎる (朝日)

 受験生の将来にかかわるミスだ。外部からの情報を軽視していたと言わざるを得ない。
 大阪大は昨年の入学試験で物理の問題に出題ミスがあり、本来合格だった受験生30人を不合格にしていたことを明らかにした。対象者の中にはすでに他大学に入学している人もいる。10カ月という時間は取り戻せず、招いた結果の重さを阪大は十分に認識すべきである。
 阪大は2年次からの転入や、本来かからなかった授業料などの補償もするというが、個々の状況をふまえた支援が急務だ。

 ミスがあったのは音波に関する二つの設問で、一つは、解答が三つあるのに一つしか正答と認めず、これを前提に次の設問を出していた。
 理解しがたいのは、3回も外部から指摘があったのに発表まで半年以上かかったことだ。

 外部の指摘に組織として対応し、当初から出題者以外の目を入れて検証していれば、9月に入学する措置もとれた。出題者が正しいと思い込み、情報共有を怠った結果、後手に回ったと言わざるを得ない。


 度し難い厚顔無恥と、朝日側を批判せざるを得ない。確かに阪大の対応は酷いものだ。受験は、受験者のその後の人生にも大きくかかわるもので、一般論として、大学側に猛省と再発防止を求めるのは当然だ。だが、そのことを批判する資格が朝日新聞にあるのか。

お前が言うな、朝日新聞


 当然ながら、この批判文を読み、連想するのが、朝日が起こしたいわゆる「慰安婦捏造報道」である。阪大の対応の杜撰さは、受験生の人生の半年を無駄にし、受験生に「不合格」という負の履歴を残すこととなった。しかし、朝日は慰安婦の捏造・誤報を、その何十倍もの期間間放置したのだ。どちらが罪深いか、指摘するまでもないだろう。

 阪大は外部からの3回の指摘を無視したという。しかし、慰安婦問題に関して言えば、外部からの批判どころか、事実の検証も反証も、豊富にあった筈だ。朝日の場合は「後手に回った」のではなく、誤報を突き通したのだ。あまりの厚顔無恥は、朝日新聞に対する批判は「糠に釘」であると理解するしかない気がする。

 朝日新聞は、「徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」の著者である小川榮太郎氏に対し、告訴というかたちで言論封殺を行っている。その訴状には、こうある。

 原告は上記両問題(森友・加計問題)について安倍晋三首相が関与したとは報じていない。


 卒倒しそうになる。散々「総理のご意向」を報道し、「関与」をちらつかせて安倍総理を糾弾してきたのが朝日だ。紙面を総動員して、さも安倍総理に責任があるような報道を貫徹した「印象操作」が、この一文で免罪されるわけがない。そして、この言い訳が通用するのであれば、朝日新聞はフェイクニュースそのものである以上に、「言論テロ機関」と定義すべきである。

 折しも、第22回新聞労連ジャーナリズム大賞に、朝日新聞の「森友学園への国有地売却、加計学園の獣医学部新設をめぐる一連の報道」を選出した。新聞労連ジャーナリズムは、「民主主義の確立や言論の自由などに貢献した記事を表彰する」ものだそうだ。マスゴミ全体が腐っている。ちなみに、この「新聞労連」に産経新聞の労組が加盟していないことが、唯一の救いだ。

徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)
徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/01/14 10:06 ] メディア | TB(0) | CM(7)
なんてたってあさひ~
その「不合格」とされた受験生には気の毒な気はするのですが、今の試験がどの様なモノか、実体知らずで言う事をお断りして私的感想を申しますと、
設問が一件だけの試験ではないだろうから、この答案一つが原因で不合格になった訳では無いだろう、と思います。
一教科の合格レベルが設定されていて、教試験全体でそれに見合わないお点だったのか、他教科も合計して不合格認定だったのだろう、と考えると、大学が結論を出すには時間が掛るのも理解出来ます。ただ、ほぼ一年間を要した訳でも無いだろう、とは思いますが。

受験生にとっては一大事。ですが、その一問故の不合格ならその大学のレベルにはギリギリの成績だったわけで、入学を果たしても授業について行けるか?と大きなお世話ですが、思いました。

専門知識で教授し試験問題を出す側の人間の中には、頑冥に自分の説を通そうとする「学者」も居ますでしょうから、その点では昨日の「岩波出版の辞典」にも言えるのですが(大辞典の掲載分野を網羅するには何十人もの「専門家」が担当するので、その専門執筆者が言い張れば出版社が無責任な姿勢になる事もあるだろうと推測致します。良いとは申しません)大学はその設問者が正しいのだろうと思う事はあるのではないかしら。
時間が掛ったのは、そういう受験生の心理とは遠い部分での処理もある気がします。

何にしても、朝日はこの件のみならず、世間一般に顔向け出来る新聞報道社ではないのですから、エラそうな宣伝紙を出すな!と云いたい。

御元日でしたか?管理人様が朝日の社説を取り上げておられた時、私的状態が宜しくなく、お書きになった文言が頭の上を通り過ぎた観があって、見過ごした事がありました。
それを本日の産経、門田隆将氏のコラムで思い出し、敢えて拘りたいのですが、
朝日は<安倍総理の五年の政権で五回の解散総選挙を行った>という仰天記事を社説で出した、という。しかも野田政権の解散総選挙も安倍総理の選挙に数えて。

「解散総選挙」は衆議院だけの選挙を云いますから、衆議院議員達は五年間毎年選挙をして来た事になります。だとしたら、与党議員でも音を上げない人は居ませんでしょう。国政は疎かになる事必定。
そして、朝日はその「解散総選挙」に年間通して批判記事を書けない訳が無い。モリカケ処の騒ぎでは無いだろうし、有権者も沈黙するはずが無い事です。
門田氏はこれを朝日の「印象操作」とされていますが、これは印象操作を超える真っ当な虚偽報道。
門田氏の主旨は印象操作という問題を超えて、<今や若者は新聞を信用していないし、とっくに「見限っている」。新聞が自分達の時代後れを気がついて居ない>という点ですが。
[ 2018/01/14 17:10 ] [ 編集 ]
五行目 教試験=教科試験 の間違いでした。
[ 2018/01/14 17:16 ] [ 編集 ]
私の間違いでした
やはり門田氏の「印象操作」が正しかったです。
朝日は解散総選挙ではなく「国政選挙」と書き、野田政権最終の解散総選挙も安倍政権の選挙にかぞえ、五回。だと
しっかり、私も印象操作されてしまった。と云うより粗忽者でした。


安倍政権衆院選の二回は通常の間隔と同じで、五年の中には定時の参院選が二回。計四回が安倍政権の選挙で勝利を収めてきました。
野田氏の解散総選挙で安倍晋三氏率いる自民党が圧勝したのは、あくまで野田政権の解散総選挙。
[ 2018/01/14 17:40 ] [ 編集 ]
朝日社説へのつっこみ
(朝日へのつっ込みは切りがないのだが、きょうは「頭の体操」をしてみた。朝日は購読していないし、Web記事を有料で見る気もない、社説なら全文見られるので社説をとりあげた)

2018年1月11日(社説)『南北朝鮮対話 冷静に非核化へ誘導を』
・「北朝鮮の出方を一つずつ吟味し、米国と日本との調整のもとで交渉の進め方をじっくり組み立てる慎重さが必要だ。」  ←相手のあることだ、どうやって非核化へ誘導できるの?綺麗ごとを言わんと具体策を示せよ。相手はオリンピックを利用して時間稼ぎををしているだけじゃないの?

2018年1月14日(社説)『科学者の姿勢 湯川日記の示唆に思う』
・「科学者が自らの研究の意義や影響について、専門外の人と対話を繰り返し、広い視野を持つことの大切さだ」 ←朝日自身が模範を示せ!
・「居心地のよい場所から思い切って飛び出し、ふだんの交友範囲を超えた・・」 ←これも朝日自身が考えよ!
・「だが、科学の側からの一方的な情報発信だけでは、実りあるものとはいえない。」 ←朝日からの一方的な情報発信にはうんざりだ!
・「そんな時代だからこそ、いったん立ち止まり、考えを深める時間がますます貴重になっている。」 ←自分で立ち止まって考えたらよかろう!

2018年1月13日(社説)『石炭火力 「基幹電源」たりえない』
(これは数字もあるので、調べるのに時間がかかった、結果三流の社説と分かった)
① 資源エネルギー庁の「総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会」が昨年8/11/12月に開かれたことが背景にあるのだろう。
② 原発絶対反対と同様に、温暖化ガス排出絶対反対という組織があるらしい、その組織が石炭火力絶対反対を唱えている。それの焼き増し。
▲「石炭火力の稼働が増えた。いまは発電量の3割余りを担い、さらに民間の建設計画が全国で約40基ある。・・・すべて実現すれば石炭火力の発電能力は4割ほど増し、CO2排出量が国の想定を大幅に超える恐れが強い。・・欧州などの先進国が次々と脱石炭を加速させ、電力消費大国の中国も石炭の利用抑制にかじを切った。」
 ←● 2015エネルギー消費量の石炭の比率は日本は25%程度だが中国は64%もある、実数では中国は日本の32倍も消費している。(電気事業連合会資料k-4) 朝日の好きな中国に更なる削減をはたらきかけよ! PM2.5問題もあるし。
▼(補足)「(中国が)かじを切った」の根拠は下記のようだ:
① 10月の共産党大会で、2050年までに全電力の80%を再生可能な自然エネルギーにする目標を掲げた
② 12月20日「日中の立場、完全逆転 中国がCO2排出量取引市場設立」(朝日)
しかし、②については、排出枠の設定や報告の正確性が担保できるのか疑問。なんせGDPのごまかしがあるくらいだから。朝日の期待外れになるのでは?

▲「まず、14年の前回改定で盛り込んだ「石炭は重要なベースロード電源の燃料」との位置づけをやめる。・・・依存度を着実に下げていく。火力の中では、CO2排出が少ない天然ガスを主軸に据える。」
 ←● ベースロードを誤解している、ベースロードは「基幹や最重要の意味ではない」、電力供給上「最低限必要な供給電源」のこと。つまり、夜も供給しなければいけないのはどの発電所というように単に運用上の位置づけにすぎない、価格が変動する石油火力や、雨に左右される水力発電は「ピーク電力」とし、燃料調達の安定性に優れるLNG火力等は電力需要の日間変化に応じた発電調整が行える「ミドル」と呼んでいるだけ。(朝日は故意の意図的表現で情を愚に導く)
 電力源の配分はその国の個別事情にかかわる、日本は電力資源をほとんど輸入に頼ってきた、当然原発のゼロも目指すし、再生可能エネも拡充すべきだが、要するに必要な時間とエネ源の分散とバランスの問題、排出ガス公害削減技術(↓に例)や発電技術の革新も必要、一挙に一つのエネ源を減らしもう一つを増やすなど、できっこない、電気代は誰が負担するの、電気消費産業の中小企業を廃業や倒産に追い込んでも良いの?
(↑の例 二酸化炭素回収プラント
  https://www.toshiba.co.jp/about/press/2016_08/pr_j1001.htm )
● 最後にトランプ大統領の言い分にも理があると思う「パリ協定は、米国に非現実的な目標による排出削減努力を強いる一方、中国は数年にわたり排出できる。2030年まで中国の排出は増える。・・米国は、既にクリーンなエネルギー供給を行なっており、パリ協定なしでも、排出削減は可能。パリ協定は米国でのクリーン・コールの開発を実質的に止める一方で、中国、インド、欧州はパリ協定の下でも石炭火力発電所建設が継続可能となっている。」
[ 2018/01/14 18:37 ] [ 編集 ]
国民の監視対象 朝日新聞
彼らは、政権を監視するのが役目と言いたいのでしょうが、
彼らこそ、真っ当な日本人から監視される対象。
何を言い出すか、何を書き散らすか、わかったものではないから。

歴史を曲げ、中韓にへつらい、嘘まみれの記事の堆積で
成り立つ朝日の汚れた社歴。
その上にまた嘘を重ね、何を誘導しようとしているのかと、
要注意、要監視の存在であること。

それほどまでに、酷い日本毀損と外観誘致の
日本憎悪の新聞だと世間は知ってしまったから。
何を書いても、信用するに足らない新聞よと嘲られるがオチ。

国民の注視のなかで、恥ずかしげもなく、
小川榮太郎氏や高山正之氏を糾弾し、言論封殺をしてしまう
愚かな挙に出たことも彼らの劣等性を証明してしまったのです。

かつては、エリート集団と自負し、
朝日の天下を謳歌した新聞社が、
これほどに憎まれ、蔑まれる対象になろうとは
彼らは予想だにしなかったでしょう。

高い学力を身に着ければ自ずと教養は高められ、
見識が備わっていくものと買い被っていた若い頃の私を
ものの見事に裏切ってくれたのが朝日新聞です。(NHKも同様)

長い歴史の中で、先人が営々と築いてきた
文化や伝統、育んできた倫理観や道徳観。
日本人は、誇りある国に生まれた幸せに感謝し、
ほのぼのとした愛国心を心に秘めて生きていけるのです。

こんな喜びは無いものを、
高学歴だけが自慢の朝日新聞のような国を愛する心が
欠落した人間はそれを邪な心で、
自分の生まれた国を愛すると言う人間の普遍な素朴な感情を
日本人には危ないことのように封じ込め、洗脳するのです。

国を愛する心がない連中には、所詮、
真の教養や知性は育ちようがないと
朝日の今日までが、日本国民に学習させてしまったのですね。
朝日新聞にとっては、極めて残念なことに!


***
いつも優れた番組を提供してくださる
チャンネル桜の討論です。
皆様に、ご視聴をいただきたく思います。

【討論】いい加減にしろ!隠れ移民政策[桜H30/1/13]
https://www.youtube.com/watch?v=Nxio8hre5Wo

日本社会の現状とこれからが討論で語られ
胸が潰れるような思いがしています。

勿論、何年も前から、ここでの討論で夫々の論客が、
警鐘を鳴らしてあったことですが、
いよいよ事態は深刻となる移民問題です。
[ 2018/01/14 21:06 ] [ 編集 ]
朝日は明確に主義を主張すらしておらず、そういう意味では「テロ機関」とも呼べない、更に下劣な組織ではないでしょうか。
以前、朝日は中共から「宣伝工作機関」というような名目で表彰されたニュースを見た覚えがあるのですが、いくら検索しても出てきません。誰か覚えがある方はいませんか?
[ 2018/01/14 21:31 ] [ 編集 ]
マルキストのなれの果て
アカヒがフェイクニュース製造所でも言論テロ機関でもないとしたら
マルキストのなれの果ての巣窟かな?wwwwwwwww
賞味期限切れで社内に腐臭が充満してそうだなwwwwwwwwww
[ 2018/01/15 08:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: