FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  ガキ使顔黒塗り問題 ~ 「人権後進国」よばわりは筋が違う

ガキ使顔黒塗り問題 ~ 「人権後進国」よばわりは筋が違う

← 応援クリック、ありがとうございます。

 大晦日といえば、私は紅白より格闘技より「ガキ使」派なのだが、そのガキ使のメイクが物議を醸しているようだ。槍玉にあげられたのは、浜田雅功が顔を黒く塗るメイクで、ビバリーヒルズコップのエディ・マーフィーを模したビジュアルだ。これに、横浜在住の作家・コラムニスト・教師であるアフリカ系アメリカ人、バイエ・マクニールさんが抗議のツイートを投稿し、それをハフィントンポストが拾って記事にし、またそれを引用したNPO法人代表の駒崎弘樹氏が「正月の民放で感じた「人権後進国」日本」というブログをアップし、一気に広がったようだ。

ガキの使い 浜田雅功


 駒崎氏はこう書いている。

 人権に配慮した笑いって、本当につくれないんでしょうか。
 差別やイジメでしか、我々は笑えないんでしょうか。
 だったらお笑い番組なんて、要らないよ、と個人的には思います。
 もうテレビごと捨てちゃいましょう。百歩譲ってAppleTVやAmazon Prime のモニターとしてのみ使いましょう。
 テレビが持ってくる「抑圧的な笑い」から、自由になろう。
 僕は、一人一人の違いが尊重されて、色んな国から来た人や女性が差別されることもなく能力を開花できて、パワハラもイジメもない、そんな素敵な国に、この日本をしたいです。
 マスメディアが僕たちの日本をいまだに古くさくて抑圧的な価値観に縛り付けようとするのなら、そこから抜け出して、新しい日本を創りたい。


 いわゆるポリティカル・コレクトネスを前面に出した、番組批判である。ポリコレとは、「人種・性別・文化・民族・年齢・宗教・政治指向・性癖等々の違いによる偏見、差別を含まない言葉や用語や表現を用いること」(出典:ニコニコ大百科)で、米国で生まれたリベラルな思想・行動規範だ。今でも差別が根強く残る米国では、こういう規範が物差しとなっているわけで、「人権後進国 日本」はその規範を直輸入すべきという主張であるようだ。

 マイケル・ジャクソン全盛期には、顔を黒く塗ってマイケルになりきった人が多くテレビに出た。だが、ポリコレ的な批判は出てこなかったはずだ。逆に、マイケル・ジャクソン自身が整形し、鼻を高くし、顔を白く化粧し、アングロサクソンに近づこうとしていた時には、違和感しかなかったことを覚えている。米国には建国以来、インディアンや黒人に対する苛烈な差別があり、その克服段階でポリコレのような規範が出てきたと思うのだが、それを杓子定規に日本に当てはめられてもどうなのか…と思うのだ。

 そもそもお笑いとかパロディの類いは、過剰な脚色があって成り立つ部分もある。暴力的な所作といえば、むかし私が大好きだったチャンバラトリオなど、いまのTV業界では放送にしり込みする製作者もいるかもしれない。金ちゃんは二郎さんを飛び蹴りですっ飛ばした。今でも物まねといえば、デフォルメし過ぎなビジュアルも残っている。お笑いというのはそういう脚色の中で成り立っている部分があって、文化の一つなのだと思う。それにいちいち目くじらを立てて居たら、お笑いなんて成立しない。

 国が違えば歴史も文化も違う。ポリコレを叫んだところで、宗教の違いがあれば紛争は絶えない。欧米の規範を直輸入し、歴史も文化も違う日本に当てはめようとし、それが実らない現状を「人権後進国」呼ばわりされるのは、困惑しか感じない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/01/06 10:20 ] 社会問題 | TB(0) | CM(9)
朝日もテレビも捨てろ!!
テレビのお笑い芸人がナマジ金を稼ぎ大枚を懐にすると
気が大きくなるのか高飛車に構えるから困る・・・・
その筆頭がビートたけしだ!偉そうに世間様をなじったり
出自が貧しいから生き様も卑しいのが大手を振ってきた・・・
もう朝日もテレビも捨てろ!!
[ 2018/01/06 12:47 ] [ 編集 ]
ポリコレ、結局なんなの?
・よくリベラル派と言われるのが、無条件に、例えば 差別反対 人間尊重 女性蔑視反対 動物愛護 多様性の尊重 原発反対 等々を口にするが、私はいつも先ずは胡散臭いと疑ってかかっている。またリベラルの綺麗ごとか、と。
・最近聞いたところでは、「議会の女性議員の数が少ないから、立候補者数で男女比を五分五分にすべし」というのがあり、リベラルが乗りそうなテーマだが、私は「本当にそれでいいの?}と疑う。
・それぞれのテーマで論ずるべき内容が多く、一辺倒で賛成というのはおかしい。
・そのあたりを、ニコニコ大百科の解説では、うまく裁いているのかな?:
  ポリティカル・コレクトネス、「意味がわかんねぇよ。結局なんなの?」
『ある時は「互いに尊重しあうための工夫と申し合わせ」であり、またある時は「たちの悪い言葉狩り」。どちらの色が濃くなるかは関係する人々の行いしだい。』
・「関係している人々の行い」とは何だろうと、また考えてしまうが・・・
[ 2018/01/06 14:59 ] [ 編集 ]
なだぎ武氏はアメリカドラマの物真似をしていた
赤毛のカツラをつけ相方の友近氏は金髪カツラをつけてネタを披露し、観客は笑っていた
抗議はきたのだろうか
[ 2018/01/06 16:21 ] [ 編集 ]
一億総白痴化
 「一億総白痴化」(はくちと入力してもこのWin10は反応しない おそらくポリコレのせい、シロ、チカン、バケで入力)
・大宅壮一:元左翼
「テレビに至っては、紙芝居同様、否、紙芝居以下の白痴組が毎日ずらりと列んでいる。ラジオ、テレビという最も進歩したマスコミ機関によって、『一億白痴化運動』が展開されていると言って好い。」
・「週刊誌文化」は大宅ではないが、現代はTVと週刊誌による白痴化が進んでいる状況。新聞も週刊誌化している。
・TV初期は放映時間が決まっていた、力道山のプロレスは公園の公営TVか、ラーメン屋でしか見られなかった。現代は、見なくても良いTVがほとんど24H流れている。
・それが良いことなのか?
[ 2018/01/06 20:44 ] [ 編集 ]
黒人対日本人の構図にしたらそれこそ人種差別主義者の思う壺です
長文ご容赦ください。

この議論は、非常に気を付けねばならないと思います。

ゆめゆめ、黒人対日本人という構図の議論にしてはならない。
なぜならそれは、木を見て森を見ない不毛な構図であり、すればするほど、埋め難い溝が広がっていくだけ。
最悪の場合、黒人及び日本人自身をも含む有色人種が協同して日本文化を貶める動きになりかねない。
日本文化は「和を以て貴しとなす」ものであり、人種差別主義とは対極にある。
その日本文化を差別反対を叫ぶ者が貶める構図こそ、人種差別主義者の思う壺です。

私が思いますに、まず我々は、マクニール氏が、かの番組を見て不快な思いをしたという事実自体は否定せず認識せねばならないと思います。マクニール氏の受け止め方の是非の議論の前に、まず、彼が感じたこと自体は事実。この事実自体は否定せずに認識すべき。

ただ、マクニール氏の悲しみの原因が、そもそもどこに根ざしており、糺すべきは日本文化なのか、別にあるのか、氏を含め日本人は冷静に分析してほしい。

彼の悲しみの根源は、苛烈な黒人差別の歴史にあることは疑いがないと思います。そしてそれは、今なお尾を引く問題でもある。
氏が言うようにオリンピックという国際的祭典を主催する国民なら、この現在進行形の歴史は当然弁えておくべきで、これに無頓着なのは、むしろ恥と知るべきだろう。

では、日本人は、黒人差別を作り出したり与みしたりして来たのか。否。むしろ逆である。

日本文化は、相手を容れて和する、「大なる和」を尊しとしてきた。
今から99年前、世界で初めて「人種的差別撤廃提案」を国際連盟委員会という国際会議の場に提案している。

先の大戦でもアングロサクソンが支配する世界と対等に和すべく、日本はアジア人がまとまっていく八紘一宇を唱えた。残念ながら、中華思想につけこんだ米英の援蒋ルートによってアジア人としてまとまることができなかったため、「人種差別との戦い」という構図が崩されてしまったが。
また、日本人自身、国際問題へのリテラシーの低さをコミンテルンにつけこまれ、謀略にまんまとかかってしまったが。
結果、非常につらい目に遭ってしまったが。

しかし、「大いなる和」を尊しとする精神は今も引き継がれている。
駒崎氏のように
① 黒塗り顔の笑いに不快感を覚える人を見て義侠心を呼び起こし、
② 客人を許容していない自国の文化を恥じ、
③ 自己犠牲を厭わぬ精神で日本文化の変化を唱える人
が少なからず居ること自体がその証拠である。

マクニール氏は「ラーメンと、温泉と、時間通りに運行する電車が大好き」なのだそうだが、日本文化はそれが全てではないことはあまりに明白。「笑いのツボ」の文化も、西洋のキリスト教文化圏のものとは根本的に異なる。クロスカルチャーイシューが起きること自体はある意味当然。しかし、日本文化はそれらを受け入れ、和する国家を築き、営み続けてきた。今でもそう。ぜひその歴史に照らして理解してほしいものだ。
人種差別を作り出してきたものは何か。その差別意識が支配する世界を維持しようとしてきたのは誰か。歴史をしっかり見てほしい。

しかし哀しい哉、日本人自身がその歴史を知らないという現実がある。ゆえに、上記①~③に基づいて日本人自身が日本文化を否定し始めてしまっているのが現状。駒崎氏がそうでないことを祈りたいが、氏のブログ文面からは、正直、判定できない。

いずれにせよ、マクニール氏も日本人も、互いに戦うべき相手ではないことは明白。

我々は、木を見て森を見ない議論をしてはならない。また、森を見ても山を見なければ、真の解決にはならない。



http://www.j15.org/Discrimination/Picturebook-Mountain/Mountain.pdf


わかりやすくデフォルメされ、ヒントになりやすいと思っています。
[ 2018/01/07 00:11 ] [ 編集 ]
一言
かつて、ラッツ&スターというグループが靴墨で顔を黒くして歌っていましたね。
それを差別だと当時言っているマスコミはありませんでした。
人気があったグループで、今でも鈴木雅之氏は活躍していますよね。

そしてマイケル・ジャクソンは肌が白くなっていくたびに誹謗中傷を受けていましたが、あれは病からのもので、黒い肌が白く抜けていくさまが写真に残っています。
とても痛々しい写真でしたが、彼はそのままの姿で歌っていました。
これは彼の名誉のために一言もうしたくて・・・

浜ちゃんのは観てはおりませんが、ビバリーヒルズ・コップは観ておりましたので懐かしいです。

かつてyoutubeなどで、日本へ来た黒人さんがよその国と違って日本人は黒人に対して差別がないと言っていたのを観たことがあります。
[ 2018/01/07 01:37 ] [ 編集 ]
2年前 元ジブリの西村が少女漫画の感想を言っただけで差別者扱いということがあった。当の少女漫画家や大半のファンは騒いでないのに一部の声を聴いて謝ってしまって話題作なしということがあった。ファンなので悔しく、掲示板でも騒ぎに対し反論したが聞こうとしなかった。今思うとポリコレの一環だった。
[ 2018/01/07 07:09 ] [ 編集 ]
私は毎年、格闘技派。
“差別”のニュースを見聞きするたびに思い出すプロ選手がいる。
ミゼット(小人)プロレスラーの、リトルフランキーやミスターブッダマンだ。

ミゼットプロレスとは、社会的には障害者と分類される低身長症の方々が行うプロレスである。通常のプロレスは強靭な肉体のぶつかり合いだが、ミゼットプロレスはやや違う。そのコミカルな容姿と全人格を武器に、観客と戦う。いや社会と戦っていた。通常のプロレスに対する偏見など比べ物にならない、“差別”に対する社会の偏見と真正面から戦っていた。日銭を稼ぎ、生きる。只々、真っ当な“人間”として、生きる。そのためにミゼットプロレスは必要だったのだ。
ミゼットプロレスに対する観客の笑いは、決して嘲笑などではない。“差別”なぞ問題視していない彼らの勁さ、それに完敗した観客の賞賛の笑いだ。ミゼットレスラーの一人は言う、「自分の技に笑って笑って1人くらい死ぬ人がいれば本望」と。
しかし社会正義を振りかざす阿呆どもが、障害者は決して笑われてはいけないと糾弾した。その圧力に、社会は容易くなびいた。その結果、彼らは真っ当な“人間”として生きるために必要な、日銭を稼ぐ職場を失った。そして、社会正義を振りかざす阿呆どもは、ミゼットプロレスが目の前から居なくなったことに満足して、彼らの心からの訴えを聞こうともせず、次の目障りな獲物を探し糾弾する。現実はその繰り返し、だ。

職業に貴賎なし、との言葉がある。ではミゼットプロレスは、果たして賤しかったのか。また、貴のみの、もしくは賎のみの社会などありえまい。貴に対する反語が賎であるように、ともに表裏一体ではないのか。阿呆どもは、社会の凹凸を、陰影を、色調を、社会正義という名のロードローラーで平そうとする。そのロードローラーで踏み潰される悲鳴に気付きもせず。
[ 2018/01/07 14:28 ] [ 編集 ]
相対主義は認識だけの問題か?
(上の絵本を見て)『いかなる命題も、絶対に正しいということはない』という主張自身は果たして絶対に正しいのだろうか?
 ではどう行動すべきか、結論が無いのが相対主義ではないのか?
行動的な何かが必要だと私は思う。これが「どうも怪しい」という趣旨です。

疑うだけでは、いくら論じても前に進めない、次に行動しなければ、何のために生きてるんだ、となろう。
[ 2018/01/08 20:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: