FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  相撲まで反日に使う朝日新聞/貴乃花親方が闘う相手とはなんなのか

相撲まで反日に使う朝日新聞/貴乃花親方が闘う相手とはなんなのか

← 応援クリック、ありがとうございます。

 いま、朝日新聞に対する注目度が高い。文芸評論家の小川榮太郎氏と、日本維新の足立議員に対し、SLAPP気味の申入書を送付したことでも、朝日自身がモードを切り替えたことがわかる。批判に耐えられず、反転攻勢に出ようとしているのだろう。安倍総理をはじめ、他者を散々批判してきた朝日新聞は、自社に対する批判を許さないようだ。しかし、事態はそう甘くない。

 朝日新聞の「安倍晋三記念小学校」という誤報を暴いたのが、自民党の和田政宗議員だ。和田氏はFacebookで、天下の誤報をたった数文字で幕引きを図ろうとする朝日に関し、「朝日新聞はこのまま開き直るのだろうか」と投稿した。なんと、安倍総理が、この投稿をシェアしている。朝日新聞に対しては、余程腹に据えかねる信条があるのだろう。当然だ。


 そういう、劣勢に立たされる朝日にとって、日馬富士の暴行事件と引退表明は僥倖だったはずだ。その前から話題を集めていたこの問題が、日馬富士の引退表明によって、朝日の誤報を隠す作用を最大限に働かせるのだ。朝日は、モンゴルに記者を飛ばし、現地の声の収集を始める。そして出たのが、この記事だ。

「モンゴル人疎まれた」日馬富士の母国に日本不信 (朝日)

 モンゴルはアジア屈指の親日国で、モンゴル出身力士が活躍する大相撲は注目を集めてきた。小柄ながら多彩な技で大きな力士を倒してきた日馬富士の人気は高く、地元では「物静かで知性的」とのイメージも強い。それだけに今回の事件は意外感をもって受け止められている。

 モンゴルにも「横綱としてやってはいけないことをした」(道路建設技師)といった声はある。しかし、同事件を報道した地元紙のガンサロール記者は「モンゴルではよくあるけんか。なぜこんなに大げさに扱うのか」と首をかしげ、「土俵上で日本人が勝てないのでモンゴル人が締め出されたと考える人が多い」と話す。こうした受け止めの背景には横綱朝青龍が知人を暴行して引退した問題もある。「強すぎるモンゴル人力士が疎まれた」との当時の見方が、再び広がった形だ。(抜粋)


 朝日が良くやるやり方だ。朝日の社是に沿う意見を取り上げ、日本に対する批判的な記事に仕立てあげるのだ。そして、日本が折れないと、他国との友好的な関係を維持できないという風潮を醸し出す。朝日は、支那や朝鮮を舞台に、この手法を何度も何度も使ってきた。

 ウランバートルに派遣された記者が、相撲を熟知しているとは限らない。しかし、デスクを含め、報道に携わる者であれば、「モンゴル互助会」のことは知っているだろう。手っ取り早く言えば、モンゴル人力士が最大の利益者となれるよう、モンゴル人同士が協力しあう組織だと言われる。最近では週刊新潮がこの互助会の件を書き、相撲協会から抗議文を受けている。

 ジャーナリストの門田隆将氏は、日馬富士の引退を受け、ブログに「このまま“モンゴル互助会”問題はウヤムヤになるのか」をUPしている。少しだけ引用する。

そして、本日、日馬富士はさっそく引退届を提出した。もはや「致しかたなし」というほかない。しかし、同時に「これで事件の本質が隠されてしまうのか」ということが気にかかる。
それこそ「モンゴル互助会問題」にほかならない。事件の詳細が次第に明らかになってきた時、多くの人はこんな疑問を持たなかっただろうか。モンゴル力士の間では、これだけ有無を言わせぬ「上下関係」があって、「果たして本場所でガチンコ相撲をとることは可能なのだろうか」という根本的な疑問である。
なぜ、あそこまで貴乃花親方は頑なだったのか。貴乃花親方は、なぜ、これまで貴ノ岩をモンゴル力士の飲み会に参加させなかったのか、ということだ。
記録を調べてみたら一目瞭然だが、モンゴル力士になって考えてみたら、すぐにわかることがある。たとえば白鵬が優勝街道をひた走っている時、もし、自分が白鵬を破って優勝争いをしている日本人力士を「アシスト」するようなことがあれば、どうなるだろうか。
そんなことが果たして許されるだろうか。飲み会で、携帯電話をいじっていたら、数十発殴られ、頭をなにかで叩かれ、10針も縫うようなケガをさせられるのである。


 貴乃花親方は何故沈黙を続けるのか。何故協会には何も語らず、鳥取県警にすべてを委ねるのか。何故白鵬が「貴乃花巡業部長のもとでは冬巡業に参加できない」と、身分をわきまえない発言をするのか。

貴乃花親方


 貴乃花親方が戦う相手とは、戦うものとは、いったい何なのか。相撲界の激震は、むしろこれからその度合いを増すような気がしている。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/12/01 07:09 ] 社会問題 | TB(0) | CM(17)
文春中刷りの威力
今こそ週刊誌の威力を求めます。
電車の中刷りに「朝日」の文字をみてみたいものです。

まあなかなか出来ないでしょうね。
しかし洗脳された日本国民覚醒の入り口になるのですが。

中刷り
威力ありますよ。
[ 2017/12/01 08:41 ] [ 編集 ]
日本人B層が帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社によって韓国式誤誘導されないようにするために、自民党および保守諸派の地方行政体の首長の数および地方議会議員の数も更に更に大量増加させることは、とっても重要ですね。♡
日本人B層が帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社によって韓国式誤誘導されないようにするために、自民党および保守諸派の地方行政体の首長の数および地方議会議員の数も更に更に大量増加させることは、とっても重要ですね。♡
[ 2017/12/01 09:04 ] [ 編集 ]
報道のありかた
白鵬が「貴乃花巡業部長のもとでは冬巡業に参加できない」と、身分をわきまえない発言をした時に、時津風理事長は白鳳を「冬巡業に参加しないというのでは、力士を辞めるということだな」とたしなめる絶好の機会を、相撲力士協会で協議して提案しろと、言ってしまった。逆に事を大きくしてしまうことになる。と今朝の羽鳥慎一モーニングショーで元力士の方の発言を、羽鳥氏は慌てた風に吉永みちこ氏に振って、話があらぬ方にいってぼやけてしまった。う~ん?残念な気持ちが残って、この番組のテレビ局はどこだ? TV朝日であった。チャンネルをすぐ切り替えた。丁度いいタイミングだから書き置きたい。
[ 2017/12/01 10:04 ] [ 編集 ]
このような環境で、被害者の貴ノ岩は、これから相撲を取れるのだろうか。
>貴乃花親方が戦う相手とは、戦うものとは、いったい何なのか。相撲界の激震は、むしろこれからその度合いを増すような気がしている。

…元小結の旭鷲山は、モンゴル大統領の補佐官職を解任されたらしい。日本に来て、被害者と話して事実関係を知り、キズの写真という証拠まで手に入れた人物を、解任して政治的に遠ざけたことは、モンゴルがこれから、中韓のような反日国になる懸念すら感じるものだ。
http://www.hochi.co.jp/topics/20171130-OHT1T50266.html

例えば、韓国のゴルフや芸能関係への進出もそうだが、モンゴルの国技相撲への参加などが、当事者の意識として単なるお金稼ぎに過ぎないならば、移民を受け入れる場合には、帰化条件に近いような、新たな入国と就業のルールも必要になるだろう。日本国における外国人の行動は、日本のルールや伝統を尊重したものでなければ、相撲界だけではなく、社会全体に混乱を招く禍になる懸念があるからだ。日本国に移民を受け入れるということは、日本人の外国人を尊重した行動であることは言うまでもないことだろう。

相撲協会の会見や日馬富士の引退会見をみれば、弱者を守る正義よりも、体制の維持のほうが、優先されているようにみえる。暴行事件の加害者側、横綱という強者の環境のみならず、暴行事件の被害者側、弱者の相撲環境を整えることにこそ、相撲協会の改善すべき課題があるのではないだろうか。
[ 2017/12/01 10:22 ] [ 編集 ]
角界は、日本の縮図
中々日本人力士が育たない相撲界に、モンゴルとい外国勢が徐々に幅を利かせ、今や角界を牛耳ろうとしています。

日本国内を見ても、労働力不足という事で、様々な形で外国人労働者を受け入れ、その数も年々増加しています。

角界も外国勢が少ない時は、あくまで少数派であり、表立った活動は少ないはずですが、ボリュームが大きくなれば、彼らの行動はエスカレートし、地位や待遇の向上を訴えるのは当然で、軒を貸したつもりが母屋を取られる羽目になることは、容易に想像がつきます。

この角界の騒動が、単なる八百長問題や貴乃花親方の孤立とかではなく、今後日本が抱える大問題の提起として、私達も考えた方が良さそうな気がします。
[ 2017/12/01 10:38 ] [ 編集 ]
騒ぎ過ぎ
日馬富士の引退と日本不信を結び付ける捏造アカヒは本日も「平壌」運転w

ところで日馬富士が取った行動は極めて日本的で潔いと感じたのは当方だけだろうか。
説教した相手が不遜な態度を取れば手が出てもおかしくない。
しかし何十針も縫うけがを負わせるのはやり過ぎ。
横綱といえど人間。過ちも犯す。だからその過ちを自ら認めて引退。
これは自然な流れだろう。
一方、貴乃花親方が弟子をかばうのも当然で、刑事事件となったのだから
警察の捜査が終了するまで相撲協会に何も語らないというのも理解できる。
ぱよちんメディアは協会との対立を騒ぎ立てるが貴乃花は筋を通しているだけじゃないのか?
確かに大相撲は日本の伝統だが、格闘技の興行であることに変わりはない。
角界に居るのはもともと荒くれ者なんだという視点があれば騒ぎ立てるほどのことでもない。
それを「モンゴル互助会」なんぞを持ち出す門田隆将氏の針小棒大ぶりには少しがっかり。
そんなものが存在していればこんな事件はそもそも起きないだろう。
モンゴル力士同士の諍いがエスカレートしただけのように当方には見える。
[ 2017/12/01 11:09 ] [ 編集 ]
日馬富士は潔いとは思わない。
単に、今回の騒動を収束させるためにモンゴル協会の尻尾きりとなった。
そのかわり、使い切れないほどの莫大な保証金とともに。

なぜなら、長引かせば、裏事情がもっと暴露され危険水域に行きますから。
何も知らされていないのは国民だけ。

日本人になるつもりだったとか、今更、同情を引くような事言っていますが、
だったらもっと早く着手していても良いはず。
国籍取得はそんなに簡単には行かないのだから。
本当に心から日本人になりたいという願いがあったのなら、現役の頃にやるでしょ。あるいは、引退したあとでも間に合う。

立憲民主の枝野と同じにおいがします。受け入れられないと分かったから、
尻尾きりにあったから、別の手段をとることで、ネガティブな印象を
ポジティブに変えようとしているだけ。メディアもそれをお膳立て。

貴乃花親方は純粋に相撲道を重んじる人だから、モンゴル勢の相撲の取り組みや
実態をずっと憂いていたのだと思う。そしてそれを容認する相撲協会に対して。

今回の騒動は、既に刑事事件なのだから、警察の調べが先、そんなのは常識。
なのに、メディアは、安倍首相の時と同じ様に悪者に仕立て上げる印象操作に
必死になっている。そんな構図にしか見えない。
本当に腐ったメディアです。

潔い日本の国技であるはずの相撲を汚しているのは相撲協会でしょう。
それを必死にかばう朝日新聞を始めとする反日メディア。

もっともっと真実を暴いて、この情報戦に日本を愛する国民は戦わないと
行けない、そんな思いに駆り立てられます。

[ 2017/12/01 12:26 ] [ 編集 ]
闇は解明される?
今回の騒動の闇の深さは、
馬渕睦夫氏が、かなり早い時期に一相撲界の不祥事を超えて
背景の広がりを予想されていました。

さほど相撲に関心のない私でも
そもそも大相撲というのは、興行であること。
あちらの方の力に与る部分も大いにある歴史ですし、
そもそもの力士の星の貸し借りも当然、疾うに分かった上で、
相撲の愛好家たちは、楽しんできたこれまでだと
了解していたものです。

更に相撲の取り口に関して、テレビを見ていた以前から
白鵬の張り手やガッツポーズなど、嫌でたまりませんでした。
最高位の者が繰り出す技かと。
昔の横綱のイメージを壊してくれるものでしたから。

今は、ネットで知る情報ですが、行司の判定に
土俵下での抗議の行動、千秋楽での発言や観客への万歳強要等々、
横綱が体現するべき日本的精神を壊すばかりの姿を見るにつけ
今後、この人の傲慢さは、いや増すばかりだと思えて不快になります。

こうした行為は、自身を含めたモンゴルの力士たちの懸命の努力を
台無しにしてしまうことに思い至らない白鵬の思い上がりには
貴乃花親方ならずとも、耐え難いものがあったのでしょう。

白鵬の度々の行状を押さえられない、相撲協会のお歴々の面々には
金勘定ばかりとしか思えない情けないものがありますし、
貴乃花親方と八角理事長の確執も絡み、この暴行事件に端を発して、
様々な暗部が浮き出されてきたのですね。

相撲協会、白鵬を頂点とするモンゴル力士グループ、
そのグループから貴ノ岩を守りつつ日本の相撲の変容を
容認出来ない貴乃花親方等々、更に三者それぞれの擁護派の情報が
飛び交っている状況でしょうか。

それに乗っかって、日本に混乱を生じさせようとする勢力、
モンゴル対日本の国際問題であるかのように話を広げたい勢力、
どこでどのように交差し、真偽の程を知ろうにも
信用ならない日本のマスコミですが、コメントにも書かれた様に
国技と言われた日本の大相撲も国際化の経年に因り、
付随する問題が露わになってきたようです。

しかし、年季の入った朝日の反日ぶりは相変わらずです。
朝日の性根、底意といったものを十分に感じさせる記事を書きます。
日本の為では決してなく、モンゴルの国民よ、日本を叩いてください。
こんなに他国を排除する悪い日本ですからと
毎度お馴染みのプロパガンダを放っております。
日本とモンゴルの中に楔を入れて、
中国、南北朝鮮にお褒めに与ろうとする魂胆ですね。

日本が直面する北朝鮮の攻撃の厳しい現実から
目を逸らすためにモリカケだ、安部潰しだ、またまた
モリカケだと外患誘致、分断工作を得意とする
朝日の本領を発揮してきたのですから、
今後も朝日に都合の良いネタを創り出し、
日本を亡国に引きずり込むことに違いはないのです。
恐ろしいことです。

読み返してみると、日馬富士のことは、書いていませんでした。
きっと、悪い印象はなかったのでしょう。
それだけに、今回のあそこまでの暴力沙汰は勿論、
あってはならぬことですが、何とも解せないものです。
[ 2017/12/01 20:59 ] [ 編集 ]
訂正です
20行目の
貴乃花親方ならずとも、耐え難いものがあったのでしょう。

あったのでしょう。→あります。 に訂正します。
[ 2017/12/01 21:26 ] [ 編集 ]
神様のような人たち
もう一昔前になりますが、パリ巡業に出向いた日本の力士たちの姿を見て、パリジャンたちの発した言葉が忘れられません。神様のような、というか神々のような人たちだと、異口同音に語ってました。

さすがは古典文化の空気を吸って生きているパリ市民たちです。土俵上の力士たちの仕切りや立ち居振舞いを見て、そこに何か神聖なものの気配を感じとったのでしょう。サルコジだけは裸のデブ男の取っ組み合いを見て、何が面白いのだと悪口を言っておりましたが、彼の「反日」発言は、政敵のシラクやドヴィルパンなどENEA出身の上品で、教養豊かなフランスのエリート官僚政治家が、クローデル以来の伝統で、余りにジャポニズムに帰依していることへの反感があったものと思われます。

せっかくパリ市民からオリンポスの神々のごとき敬意を抱かれた日本のお相撲たんたちの不祥事は、あいててて。

朝日新聞のご注進記事作成は最近シナ、朝鮮が不調なので、モンゴルに新規営業の出が伸びましたたか。昔の関東軍ではあるまいし。
なんぼ文明の中心地で大相撲の本質を理解してくれても、フランス人の力士が登場することは望み得ません。昭和の大横綱大鵬関は北海道の出身でした。強い力士はどうしても辺境の地から出てくるイメージが消せませんが、その北海道出身の力士が0になって、既に30年経つとか。日本にはもう辺境といわれる土地はないのですね。それで勢い話は世界レベルになって、モンゴルや東欧の地から入門者を募るしかなくなったのか。

相撲は歌舞伎と並んで現代の東京で、江戸の昔を偲ばせる僅かなものの一つです。
とくに昭和様が相撲を深く愛されて、御身を乗り出すように国技館の貴賓席から取り組みをご覧になっていたお姿が忘れられません。時代の困難さはあるにしても、何とか大相撲に再生して欲しいと願うのは私だけではないでしょう。
[ 2017/12/01 21:38 ] [ 編集 ]
本当の膿を出し切れ
一昔は同部屋以外の力士との交際も許されなかったという大相撲です。力士達が仲良くなってはいけないというのではなく、連んで八百長を一般社会から疑われる源になってはいけない、という防御策です。

モンゴル勢が少なかった時代には異国人の寂しさもあろうかという親方衆の好意で見逃されていたのでしょうが、今これだけモンゴル力士が増え、逆に群れないように注意される日本勢やモンゴル以外の少数派外国人力士達にとっては、その集団の威力は分派活動的でもありましょう。

「モンゴル会」の存在を昨日の危機管理委員長は「生活互助会」と云いました。互いの病気や怪我の見舞金だとかモンゴルの困った問題で金銭的助けを求められた時の互助会であって、世間で言われている様な(勝負の)互助会ではない、とか。
その中味はこの会を立ち上げた元力士のモンゴル会の説明とは微妙な違いがありますが、「モンゴル生活互助会」があることは認めています。

モンゴルは朝日が云う程の親日国なのか?戦中は徳王という傀儡政権も建てた事があるようですが、モンゴルの一地域に過ぎなかったのでは?それも日本軍の情勢次第でしたし。
日本向け相撲力士の人入れ稼業もある様ですが、それもあくまでもビジネスと割り切るべきではなかろうか。

モンゴルにはモンゴル相撲があっても、それは日本大相撲とは大きく違う事が今回でよく解りました。
取り組みに必ずと言っていいほど張り手を使う者が綱を締めているなど、本来ならあってはならない土俵です。

モンゴル国内で例え朝日が報じる意見が多くても、それは基本的にこの事件を理解出来ないモンゴル人のものであって、態々渡航したのなら、誠実に朝日の記者は誤解を解く努力をしたら良いことです。
ただ、誰かがこう言っている、ああ言っている だけの報道に何の価値があると思って居るのか?オタンコナスが!

何処の国から大相撲界に入ってきても、日本の「国技」大相撲の心技体を本当に理解出来るように、そういう教えに自分勝手な解釈で群れない力士達に育てるのが相撲協会でしょう。
勝てば良い格闘技と思う力士しか育てられない親方の方にも問題は大きいと思います。
日馬富士の事件は伊勢ヶ浜親方にも大いに責任はあると、引退記者会見で私は思いました。
育てられないなら入れるな と言いたい。

貴乃花親方があんなに頑なな程に相撲道を追求する親方だったとは、今まで存じませんでした。
御本人の大関時期以降は相撲中継も殆ど見なくなって、今では現役力士の名前すら読めない時もあります。
親方は孤軍奮闘の模様ですが、降りかかる火の粉を覚悟でしているのでしょうから、辛くても頑張って在るべき大相撲道を再建出来ますように、応援する気になりました。
[ 2017/12/01 22:56 ] [ 編集 ]
訂正
冒頭 一昔前までは と訂正致します
[ 2017/12/01 23:10 ] [ 編集 ]
残念
暴力は絶対に許されてはいけませんが、今回の騒動は何か釈然としません。

日馬富士は帰化申請中だったそうですが、このような事態になり
モンゴルに戻ることになるでしょう。
帰化申請は途中で取り下げとか出来るのかしら??と思ってしまいました。

貴乃花は「ガチンコ相撲の真剣勝負をする力士がつるんではいけない」と言っていたそうですが
息子のような年齢の彼らについつい母心が出て
十代半ばから異国・日本に来て、伝統風習言葉が違う中で精進し
何度も悲しい涙や悔し涙を流したことと思います。
そんな中、母国語で話せる仲間や先輩と心行くまで故郷のことや修行のことを話すのがそんなにいけないことでしょうか?

相撲取りの家に生まれ、階下に相撲部屋があり
一度も実家を離れたことのない親方が
異郷の地で過ごす弟子の気持ちを理解できていたでしょうか?
私は疑問に思います。

貴乃花は白鵬を目の敵にしていたと雑誌に書いてありましたが
巡業バスの自分の(気に入った)席に、足を怪我した白鵬が「足を延ばしたいから…」と座っていたのが気に食わず
休憩で白鵬がバスを降りている間にバスを出発させたとか
親方のすることでしょうか??

そもそも貴乃花が結婚する時、できちゃった結婚だったにもかかわらず
最後の最後まで夫婦二人で妊娠を否定しました。
数か月すれば解る嘘をつきとおしたあの時から嫌いなんです
私情を書いてすみません。
[ 2017/12/02 00:38 ] [ 編集 ]
貴乃花が純粋な日本人の血筋ではないという話を聞いたことがあります。
だとしたら、今の相撲界には日本人不在ということになります。
もしその噂が真実で、貴乃花が理事になってしまったら、相撲という神事が乗っ取られてしまいます。
[ 2017/12/02 01:42 ] [ 編集 ]
lillyさんへ
>日馬富士は帰化申請中だったそうですが、このような事態になり
モンゴルに戻ることになるでしょう。

…日馬富士には、貴ノ岩を殴る動機がないと、オレは思う。弟として、面倒を見ていたと報道にあるとおり、貴ノ岩には最も好意的だ。礼儀と礼節を指導するとしても、殴るのは礼儀と礼節に反した行動であるから、矛盾している。二次会なのだから、無礼講であるのが、一般的な話だ。スマホを操作したり、睨み返したぐらいで、頭が裂けるほど殴る理由になるとは思えない。帰化申請中であったなら、なおのこと、暴力行為を犯す動機はないといえるだろう。


>貴乃花は白鵬を目の敵にしていたと雑誌に書いてありましたが
巡業バスの自分の(気に入った)席に、足を怪我した白鵬が「足を延ばしたいから…」と座っていたのが気に食わず
休憩で白鵬がバスを降りている間にバスを出発させたとか
親方のすることでしょうか??

…この話により、白鵬が貴乃花親方を逆恨みするに至ったともとれる。そして、日馬富士が貴ノ岩を殴り続けた暴力行為を、すぐに止めなかった可能性がある。十数発殴り、瓶に持ち替えたり、リモコンで殴ったり…白鵬への無礼が原因とされる暴力行為を、白鵬自身がすぐに止めていない、オレにはそう思える。その後、貴乃花親方を巡業部長から外すよう相撲協会の八角理事長に意見したことは、膿を出す発言にも重なるのかもしれない。

いずれにしても、日馬富士よりも、白鵬のほうが、貴乃花親方と貴乃花部屋の貴ノ岩に、良くない印象を抱いていたことは明らかで、日馬富士が本当に自らの意思で貴ノ岩を殴ったのか、動機には疑問を抱かざるを得ないだろう。

[ 2017/12/02 07:55 ] [ 編集 ]
日馬富士の貴ノ岩への暴力行為、その動機は矛盾している。
貴乃花親方を巡業部長から外した理由としては、今回の傷害事件への対応があるからという話らしい。たしかに、日馬富士が書類送検された後、貴ノ岩の聞き取りを相撲協会は行うのだから、貴乃花親方は東京に残るべきだろう。

ならば、日馬富士以外にも、白鵬や鶴竜、照ノ富士といった力士も関係した事件なのだから、傷害事件の関係者全員の巡業は中止して、東京で待機するのが筋ではないだろうか。貴ノ岩の証言に、白鵬や鶴竜、照ノ富士の証言との食い違いがあった場合、再調査、あらためて聞き取りが必要になるからだ。

日馬富士の貴ノ岩への暴力行為、その動機は矛盾している。礼儀と礼節を教えるのが暴力行為の動機であるが、頭を殴る暴力そのものが、礼儀と礼節に反した行動だ。加えて、日馬富士は日本人への帰化申請中、お酒も入っていない、貴ノ岩と最も仲の良い人物だ。日馬富士が、行き過ぎた暴力をし続ける、それは明らかに不自然ではないだろうか。

貴乃花親方と白鵬との確執。理事長講和での白鵬の貴乃花親方の巡業部長外しの発言をみても、白鵬が貴乃花親方に、良くない思いを抱いていたのは確かだろう。

白鵬への貴ノ岩の無礼が原因、そして、日馬富士の暴力行為を止めたのも白鵬。白鵬が日馬富士に貴ノ岩を殴るのを是とした疑い、全くないと言い切れるのだろうか。

日馬富士は、十数発なぐり、瓶を持とうとして、リモコンでも殴った、その時間はどのくらいなのだろうか。すぐに白鵬が止めに入ったという証言と矛盾していないかどうか。検証すべきことは、まだあるのではないだろうか。
[ 2017/12/04 10:39 ] [ 編集 ]
誰がリモコンで貴ノ岩の頭部を殴ったのかが重要だ。
日馬富士は、もうすぐ書類送検されるらしい。
http://www.sankei.com/west/news/171205/wst1712050013-n1.html

1 貴ノ岩には、頭に裂傷があり、これは手で殴った傷ではなく、物で殴った傷ということは、医学的にみて確かな事実らしい。つまり、貴ノ岩の頭部の傷は、リモコンの殴打によるものと、推定されている。

2 日馬富士が、貴ノ岩を殴ったことは、同席した関係者の証言に矛盾がなく、日馬富士自身も認めている。

では、頭部を裂傷させた傷について、日馬富士単独による暴力行為の傷と、断定できるのだろうか。

日馬富士は、当時、引退会見の発言にあったように、お酒を飲んでいない。つまり、冷えたシャンパンは未開封で満杯のため、水滴の汗はボトル口に近いところまでついていたから、口元を持ったときに日馬富士の手が滑った、このような具体的な内容の白鵬の証言と矛盾していない。

その白鵬のテレビにおける発言として、すぐに止めに入ったという発言がある。十数発殴り、シャンパンに手をかけ、リモコンでも殴った時間、客観的に考えて、すぐにとは言わない。白鵬への無礼のために貴ノ岩を殴っている日馬富士を、しばらく黙認、そのまま殴らせていたともとれる。日馬富士よりも、白鵬のほうが、貴ノ岩に良くない印象を持っていたことは、一次会と二次会での貴ノ岩への説教や、貴乃花親方との確執からも明らかだ。

白鵬が日馬富士に殴らせた事実はなく、すぐに止めたという証言が、他の同席した証言とも矛盾しないならば、そこに新たな疑いが浮上する。それは、日馬富士単独の暴行ではなく、殴った人物は複数いたかもしれないという疑いだ。

十数発殴り、シャンパンで殴ろうとして、さらにリモコンでの殴打、これをすべて、日馬富士一人ですぐに実行できるのだろうか。単独ならば時間的に難しいが、複数であれば可能と推測できる。

では、複数の場合、誰が疑われるのか。動機については、暴力の原因となる説教をしていた白鵬を挙げざるを得ない。日馬富士は貴ノ岩の隣に座り、すでに手で殴っているのだから、そこから、シャンパンやリモコンといった長く固い物に持ち替えて殴る理由はない。日馬富士は、礼儀と礼節を理由に殴っているのだから、より乱暴なシャンパンやリモコンで殴るのは不自然だ。行き過ぎたとしても、自身はお酒で酔ってもいないし、日本人への帰化申請中でもある。なにより、貴ノ岩を将来を思って殴っているのだから、頭部に出血するほどの傷を負わせるとは思えない。日馬富士の行き過ぎた暴力をした、その動機には疑義がある。

白鵬の席からは、手が届きにくいため、シャンパンやリモコンといった長く固い物を持ち殴った疑いがある。日馬富士ひとりで貴ノ岩を殴った場合、貴ノ岩を守った照ノ富士のかばう理由は見当たらないが、殴る側が複数ならば、守る側も複数になるのが、自然な成り行きに思える。また、頭部への裂傷は、普通であれば、貴ノ岩が手で守ろうとするが、不意打ちのような一撃にも見える。日馬富士が殴っている最中に、白鵬がリモコンで殴った可能性は、今回の暴行事件からは除外できない疑いではないだろうか。

傷害事件としては、頭部への裂傷が最も大きな問題だ。つまり、リモコンで殴った人物、また、殴ることが可能だった人物、そして、殴る理由や動機もある人物…今回の暴行事件は、日馬富士の暴行容疑だけではなく、残念なことだが、白鵬の暴行容疑もある事件ではないだろうか。
[ 2017/12/05 11:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ