私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  希望の党の「12のゼロ」 ~ 実現不可能なことを公約する政党は「希望」を名乗るべきではない

希望の党の「12のゼロ」 ~ 実現不可能なことを公約する政党は「希望」を名乗るべきではない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 希望の党が衆院選に向けて公約を掲げた。その内容がまた酷い。代表の小池は、アベノミクスに加える経済政策として「ユリノミクス」を提唱し、続けて12のゼロを宣言した。その内容は、以下の通りだ。

01.原発ゼロ
02.隠ぺいゼロ
03.企業団体献金ゼロ
04.待機児童ゼロ
05.受動喫煙ゼロ
06.満員電車ゼロ
07.ペット殺処分ゼロ
08.フードロスゼロ
09.ブラック企業ゼロ
10.花粉症ゼロ
11.移動困難者ゼロ
12.電柱ゼロ


 国民をバカにしているとしか思えない。百田尚樹氏のベストセラーに「永遠の0」があるが、希望の党の12のゼロは「永遠に達成できないゼロ」だ。中でも、「花粉症ゼロ」は想定の域を超えた。私は稲に反応する秋型花粉症だが、そんな私でも「米を食えなくするつもりか」と問いたくなる。経済評論家の渡邉哲也氏が指摘する通り、「人を全滅させるか、植物を全部焼き払うのかの究極の二択」だ。新薬の開発は歓迎だが、そもそもこの政策もどきが政権選択選挙に相応しいイシューかという点は、誰もがツッコミたくなる部分だろう。

 「待機児童ゼロ」、「満員電車ゼロ」、「電柱ゼロ」なども、どちらかというと国政より東京都の問題ではないのか。小池は都政を預かる身なのだから、まず都政で実績を示し、それを全国に広める立場だろう。満員電車ゼロなど、まずは都民ファーストで検討すべきだ。これは全国区の問題ではない。満員電車ゼロを実現するなら、企業の中枢を地方に移すのが最も手っ取り早い。都を管轄する立場として、それを是とするなら本末転倒だ。受動喫煙防止もいいが、国が家庭の領域にまで土足で踏み入るのは、どう考えてもやり過ぎだ。人はそれを称して「禁煙ファシズム」と呼ぶ。

希望の党


 選挙公約とは、国民との約束である。政権を預かることになったら、その約束を実現するというものであり、実現不可能なことを書いてはいけない。かつて、それで大失敗した民主党という政党があった。マニフェストに実現不可能な理想論を連ね、政権を奪取したが、蓋を開けてみれば何も達成できず、また実現する実力がなかった。マニフェスト詐欺と批判され、民主党は下野した。国民の教訓であると同時に、政党の教訓でもあるのだ。希望の党の公約集は、その教訓から何ら学習していない、理想の羅列でしかないのだ。

 小池は、都知事選で7つのゼロを掲げ、都知事の座を射止めた。その7つとは、これらだ。

01.待機児童ゼロ
02.残業ゼロ
03.満員電車ゼロ
04.ペット殺処分ゼロ
05.介護離職ゼロ
06.都道電柱ゼロ
07.多摩格差ゼロ


 東京大改革と銘打ったこの7つのゼロは、「しがらみのない小池ゆりこだから出来る!」という謳い文句で喧伝された。しかし、7つの公約はひとつでも達成できていない。希望の党の公約は、小池が都政で達成できていない「待機児童」、「満員電車」、「ペット殺処分」、「電柱」などを、国政に転嫁しているだけなのだ。

 民主党のマニフェストも酷かったが、希望の党の公約も五十歩百歩だ。できないことを公約に盛り込むのは、希望の党が政権を取る可能性がない証なのだ。実現性がない公約を掲げる政党が、「希望」を名乗るべきではない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/10/07 07:22 ] 政治 | TB(0) | CM(18)
中学生の生徒会選挙を思い出す
不可能公約の羅列で頭が痛くなります
[ 2017/10/07 08:46 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/07 09:42 ] [ 編集 ]
またもやリセット!
唯一の経済専門紙を自負する日経新聞だから、さすがに看過できない:

2017/10/7付 社説「増税凍結と原発ゼロだけでは無責任だ」
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO22021620W7A001C1EA1000/

ユリノミクスの内部留保課税 「配当に回る」は本当か
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL06HTZ_W7A001C1000000/
(会員以外も読めるのは下記)
http://blog.goo.ne.jp/kzunoguchi/e/362eb1b9af457ef279c7bca12a153c86
・米企業と比較すると、日本企業の内部留保は決して高水準という訳ではない
・大衆迎合的にも見える政策は企業の持続可能性に悪影響を与える恐れがある
・法人税率の引き上げと経済効果は同じ

官房長官、ユリノミクス「スローガンだけでは経済再生できない」
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL06HLB_W7A001C1000000/

2017/10/6 23:00日本経済新聞インタビュー記事にて「またもやリセット! 」
内部留保課税「修正も」 小池氏、首相候補は検討中

「財源・行程」公約語らず 衆院選、主要各党が公表
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21978770W7A001C1MM8000/?dg=1
[ 2017/10/07 10:35 ] [ 編集 ]
妖怪婆~
タヌキが発言を繰り返す都度に「妖怪」の正体が見えて来た。

一言言いたい!
俺は喫煙者だが?喫煙マナーは守っているぞ!
タバコ税もキチンと収めているが何が悪いんだ?
健康管理は自分自身の問題だろう~余計なお世話だヨ

タバコより問題は飲酒だろうが?
アルコール中毒も大問題だ。酒が原因の犯罪、事故の方が社会の影響は大きい。殺人、飲酒運転事故の方が他人に迷惑をかけるはずだろう。
喫煙者ばかりを攻めるのは「独裁」だよ。

まだ有る!
ギャンブル依存症も大問題だろう!
都内に蔓延する「朝鮮玉入れ屋」こそ北朝鮮のミサイル資金源だ!
爺ちゃん、婆ちゃんから年金を巻き上げ、若者はギャンブル依存症で借金を繰り返し、子供が駐車場で熱中症で死亡する事故も発生してるがな。
パチンコを即刻廃止すべきだヨ。

こんな妖怪婆~に都民の支持が集まる首都は別世界だな。
[ 2017/10/07 11:10 ] [ 編集 ]
ある日、起きるであろう関東大震災への備えは十分だろうか。
政治家として、政治家を志す者として、今、一番にケアすべき問題とは、これから起こるであろう東京を襲う大震災への備えではないだろうか。

衆議院議員の任期は、たしか4年だったか。その間に、天皇陛下の譲位、東京オリンピックなどあるのだが、譲位の前後やオリンピック開催期間中に、東京で大震災が起こらないという保証はない。ゆえに、災異が起きることを前提として、万全の備えをすべきなのだ。

小池都知事が、国政選挙の政局にかまけている間にも、関東大震災のように、東京を襲うであろう大震災の日は、一日一日と近づいているのだから、政治家は国民を守るべく、時間を無駄に費やしてはならないだろう。

小池さんが唱えているワイズスペンディング。本来、賢い投資とは、災異が起きてから復興予算を立てるのではなく、災異が起きた場合に被害を最小限にすべく、あらかじめの備えに、大きく予算を費やす、備えの投資をすることだと、オレは思う。

4年間の選挙公約について、災異(地震、津波、噴火、隕石、大雨、旱魃など)への万全の対策、十分な備えを打ち出せない政党は、政治家としての先見性や洞察力に欠けているように思う。

行政の首都機能の分散や、民間企業の東京一極集中のリスクを軽減、秋篠宮家の京都への引っ越しによる皇室を護家することなど、大震災の被害を軽減すべく、今、検討すべきことはたくさんあるのだろう。

災異については、国土交通省の気象庁の主な管轄であるが、防災省を創設して、東京大震災対策室を設置し、予算を使って対策をする段階に既にあると、オレは思う。例えば、首都機能の分散移転について、4年間の時限的な措置であったとしても、その試みは決して無駄にはならないだろう。

自民党は、消費税増税を打ち出している。その予算の使い道としては災異への備え、特に東京を襲うであろう大震災への備えに大きく費やすことではないだろうか。被害を最小限にして復興復旧を早めるべく今から大きく備え、災害基金なども創設して大きく積み立てておき、災異への万全を期す。政治家として今、考えるべきことの第一とは、「災異への備え」ではないだろうか。
[ 2017/10/07 11:45 ] [ 編集 ]
タバコもお酒もほどほどに
私も愛煙家で愛酒派ですが、タバコはマナー重視、子供のいるところでは吸わないし(孫の前ではなおさら吸わない)、ポイ捨てもしない、しかし人通りが少ない時は歩きタバコをするが携帯灰皿を使うなど気を使っている。従って、都の条例は、多分私には無関係だろう。

一方、世田谷区では「すべての道路での禁煙条例」を準備中で、アンケート調査のうえ、パブリックコメントを9月に募集した。条例案では罰則なしであるが、道路には私道(ただし喫煙を控える)も含めている。

そこでパブリックコメントに応募した、以下は私の意見の要旨:
1)全道路を規制対象とするのは時期尚早である。
2)先ずは道路上の喫煙場所を整備、マナー向上のPRを強化する。
3)「特別区たばこ税」の使途を「見える化」する。使途を明確にする。
(注:目的税ではないので、現在は一般歳入となっている)
4)以上を実施し、それを検証した上で、条例を再検討する。愛煙家と嫌煙家との共生をはかる。
補足意見:1)区の29年度歳入総額は2988億円、その内「特別区たばこ税」は区職員の人件費の約1/10の44億円の規模。これを「見える化」すべし。
2)保育待機児対策で76億円、公園緑地の整備で88億円などの一部にすべし。
3)参考:1箱20本入り430円のタバコの「特別区たばこ税」は105.24円、これ以外に国や都への税は171.49円で合計276.73円が税金である

条例案では安心して吸えるのはベランダか自宅の庭ぐらいしか思い当たらない。ことほど左様に、愛煙家の権利とは言わないが、自由を束縛する雰囲気になっているのは悲しいことだ。
[ 2017/10/07 12:42 ] [ 編集 ]
所謂、花粉症についてですが。
抗生物質使用の増加による、ある種の体内微生物の減少と強い相関関係があるとされています。
小池都知事は、どのように対処するつもりなのでしょうか?w
科学的知見・妥当性ゼロ。も追加して頂きたいものです。
[ 2017/10/07 18:26 ] [ 編集 ]
経済成長を続けてる今の歩みを止める訳には行かないのです。ましてやリッセトする訳には行かないのですby安倍総理
【青山繁晴】涙の自民党総会 ☆安倍総理サプライズ出演☆
https://www.youtube.com/watch?v=9J0xBFGOSa4
[ 2017/10/07 19:54 ] [ 編集 ]
顔を出すほどに化けの皮が剥がれていきますね。。。
泉放送制作ワイドショーは連日、小池知事報道一色ですね。

お陰でテレビ漬けの情弱者達は毎日の「小池漬け」。。。知るべき情報も印象操作で歪曲に洗脳され、しいては、それは、自ずと有権者の「選ぶ」権利を妨害する行為となるのです。

小池百合子は「選挙はテレビが作る(してくれる)」と言ったそうですが、なるほど、まさに視聴率最優先のメディア体質をよく知っての言動です。。。まして、半島DNAが牛耳る日本のメディア程、質的には世界水準に大きく劣るものもないので、操るのも簡単と云うことなのでしょう。

「実現の可能性ゼロ」の12のゼロ公約を掲げてられても、「信頼性ゼロ」の方の仰ることに最早有権者もげんなりで頭痛さえ覚えます。

そして昨日、青山繁晴さんが講演の中で、見事に本質を突いてくれました。。。

『もしアベノミクスがシンゾウノミクスだったら自意識過剰と批判されていた。ユリノミクスは小池百合子さんの本性が出てしまってる。なのに若狭さんや細野さんは何してる?首班指名を受けない一都知事の経済政策がなんで国全体の経済政策の名前になるんですか!』。。。


[ 2017/10/07 21:24 ] [ 編集 ]
連投すいません。。。
ゼロ公約のことですが、確かに管理人さんの仰るとおり、都知事選のゼロ公約が殆ど転嫁されてますね。。。

ということは国政に出ても、国会議員としてでも公約に専念できるっていう理屈!?。。。

一番危ないのは。。。公示日前日の衆院選出馬宣言!

公示日以降は選挙までマスゴミも批判できませんし。。。(避けて欲しい妄想)




[ 2017/10/07 21:52 ] [ 編集 ]
言葉足らずでした。。。
ということは国政に出ても、国会議員としてでも公約に専念できるっていう理屈!?。。。

=要は逃げていないという理屈の意味です。
[ 2017/10/07 22:01 ] [ 編集 ]
勘違いして暇なのか?
小池氏が自民党議員の時から電柱の地下埋設に取り組んで居て、知事でも都内の電柱ゼロを政策に掲げて居た点に期待していました。

淡路阪神大震災で市内の傾いた電柱や切れた電線から出火したり消防・救急車の妨げになった映像を見ると、日本全国の何処かにいずれ起こるであろう大災害の被害予防の一つとして、早急に実行されるのは大事だと思います。
大変な金額が必要な課題ではありましょうが、公約に挙げた小池都知事になって、都内の電柱埋設が目に見える形には未だなって居なさそう。

何よりも今期の都知事には東京五輪成功が求められ、各工事が関連してドンドン進行している筈の時期に、小池氏が今こんな国政選挙にかかずらわっている暇があるものだろうか?と不思議でなりません。
かてて加えて北朝鮮有事になれば「小池野望の党」が掲げて居るゼロ政策など、後回しになる事ばかりでしょう。
政権を取らなければ守る必要も無い「政権公約」。何を並べても無責任でもOK。

09年に政権が転がり込んで来た民主党は、案外政権党になってしまって慌てたのでは無かろうか?と思えるほどの公約百貨店でした。
ほぼ同じメンバーが8年経っても同じ事をして居る様で、学ばない連中には、お願いだから引退願いたい。

厳守だったはずの保守的公認条件は、出資者民侵との交渉で随分後退して、なんと北朝鮮絡みのピースボート事務局長を務めた櫛渕ナニガシまでもが第一次公認されているそうで、小池さん、この国難の時期に何を考え邪な行動をされているのですか?とお聴きしたい。

子供の頃は杉の山に囲まれて何ら異常が無かった私も、東京に移って数年で春秋共にはなやかに花粉症(当時はそういう症状名はなかったでが)患者を続けて来ましたが、五十代後半から少しずつですが軽症になりました。
人智を超えた自然に関わる問題は短絡的思考で結論を出さない方が良い様に思います。何もするなというのではなく、政治課題にして功を挙げる為の範疇のものではない、というか・・・
医療面での研究推進という意図なら歓迎ですが。
[ 2017/10/07 22:38 ] [ 編集 ]
ポピュリズムの権化、化け物ですかね
[ 2017/10/07 22:52 ] [ 編集 ]
要するにこの人も国家観を持たない人
「12のゼロ」のうち、国政で語るべきものがどれだけあるのか。

01.原発ゼロ
は、エネルギー政策の象徴だろうから、国政問題とは言えよう。

02.隠ぺいゼロ
03.企業団体献金ゼロ
は、政治改革だから、まぁ国政問題とは言えようが、
政治と政治家に対する不信感を払拭するためゼロであるはず。
民進党の資金をアテにした合流を、改憲の踏み絵で覆い隠した「お前が言うな」。

08.フードロスゼロ
は、百歩譲って食料問題への取組みと捉えたとしても、食料危機への象徴的政策がフードロスをゼロにすることとは中々に考えにくい。これがなぜ公約と言えるのか。
「ゼロ」の韻を踏むための「にぎやかし」としか考えられない。

09.ブラック企業ゼロ
は、法制強化という意味で国会での審議は必要になろうが、厚労省、経産省、法務省等、関係省庁で粛々とやれば良い話。
長い時間をかけた政策論争は不要。当たり前の話を目指すことと取り上げること自体が疑問。

11.移動困難者ゼロ
は、赤字路線の公共交通機関を何とかしたいという願望ではあろうが、問題は「どうやって」? 看板の通りの「希望」で済めばよいが、策案がないままに票をかすめ取ろうとするのは、詐欺とも言える。

05.受動喫煙ゼロ
10.花粉症ゼロ
に至っては、何の問題を象徴的に語ろうとするのかすらわからない。

その他は、都民ファーストの公約と同じで、すなわち地方自治でやればいい話。国政に持ち出すのは審議時間の無駄。

結局、国家と地方自治体の区別がつけられない人。正しい国家観など期待できようはずもない。

正しい国家観を持たない人に率られた党に票を入れることがどれだけ危険なことか。

国民は、あの忌まわしい鳩山に率いられた民主党ブームに踊らされ煮え湯を飲まされた記憶を忘れていない。

文字通りの”残党”を抱え込んだこの希望の党には、忌まわしさしか感じない。
[ 2017/10/07 23:22 ] [ 編集 ]
エドマンド・バークの名言
エドマンド・バークの名言
偽善者は素晴らしい約束をする、約束を守る気がないからである。
それには費用も掛からず、想像力以外の何の苦労も要らない。
[ 2017/10/08 00:08 ] [ 編集 ]
ネット情報伝達にこそ活路あり?
ご紹介していただいた
【青山繁晴】涙の自民党総会 ☆安倍総理サプライズ出演☆
https://www.youtube.com/watch?v=9J0xBFGOSa4 は
安倍総理の端的な現状報告にも
青山繁晴氏の熱のこもった言説も感激いたしました。

今、YouTubeを見ているところですが、
【討論】日本強靭化会議[桜H29/10/7]
https://www.youtube.com/watch?v=sqa_zdUjov0 は
優秀な論者たちの現状認識と今後への示唆的論考を
是非とも皆様にご覧いただきたいと思います。

***
都政を満足にできない人物が国政を云々して
ユリノミクスとは、恥ずかしい限りなのに、
この程度のものを与えることでもメディアに洗脳される国民だと
舐めていると同然ですから、酷いものです。

日本の発展にこうした番組で展開される真摯な論説を
地上波のテレビや新聞など取り上げないどころか、
亡国に繋がるフェイクニュースや印象操作の捏造歪曲で
国民に目隠し、洗脳する役目を担うのが、日本のメディアですから。

そこで真実を伝えない新聞テレビで情報を受け取る国民が
今回の選挙に向かうことをどうすれば良いのかとの
質問者に答えた青山繁晴氏の言説です。

ユーザーがメディアに合わせてしまうから、
彼らのビジネスを成立させていることであり、
ユーザー側の正しい反乱を起こすことでしか解決出来ない。
集団で誹謗中傷のネット攻勢を受けている青山氏でも
ネットは大事なツール、現在の口コミと言えるネットの
大きさを仰っていました。
[ 2017/10/08 01:35 ] [ 編集 ]
在日を監視せよ!
今、一番の問題は、北朝鮮の驚異に対してどう対処するのかと言う事。
北朝鮮だけでなく、中国の海洋侵略にしてもそう。
有事の際の、半島からの難民をどうするか、そして国内の在日の反日分子をどうするか。連中は必ず大暴れします。それをどう鎮圧するか。国民は何をすべきか。
選挙の大きな争点に成らないと、手遅れに成りますよ!
[ 2017/10/08 06:39 ] [ 編集 ]
相応しいイシューかと言われると。うん。
異臭しか放ってないっすな。
[ 2017/10/14 04:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: