私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  メディアが騒ぐほど、希望の党への風は吹いていない

メディアが騒ぐほど、希望の党への風は吹いていない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 NHKが一昨日、先月29日から3日間に渡って実施した世論調査の結果を発表した。その内容が非常に興味深い。

 安倍政権の支持率は、先月の調査から7ポイント下げて37%、一方「支持しない」と答えた人は、8ポイント上がって44%だった。この数字の変化は解釈が難しいところだが、奇襲と言われる解散の断行と、その解散の手法が臨時国会の冒頭というタイミングで、それをメディアが一斉に批判したことなどが理由だろうと思う。北朝鮮有事が現実のものとして、国民の危機意識の中にない証左だろう。対岸でこれでもかとミサイルを発射している中、メディアや野党がモリカケを優先したツケである。

 最も興味を引いたのは、政党支持率だ。希望の党に風が吹いているようには見えないのだ。

政党支持率


 自民党は大きく下げたが、それでも30.8%の支持率は、政党の中では群を抜いている。一方、希望の党が発足して初めての支持率は、僅かに5.4%だった。マスメディアの話題を独占する希望の党だが、その情報量を以てしての刷り込みも、国民にはまだ効果を発揮していない。民進党は3.9%だが、この党はもう存在しないから、数字は意味がない。枝野が立ち上げた立憲民主党も、この調査時期には存在していないが、希望と民進の数字を僅かでも喰うだろう。

 ここで、前回と前々回との調査結果と比較してみよう。安倍政権が民主党から政権を奪還した、2012年12月の時点で、自民党26.6%、民主党16.1%という力関係があった。この選挙で自民が獲得した議席は294、一方の民主党は57だった。次に、前回の選挙が行われた2014年12月の時点では、支持率がそれぞれ自民38.1%、民主11.7%だったが、獲得議席数は自民の291に対して民主党は73だ。前回選挙で、今の希望の党と同じ程度の支持率を持っていたのが公明党の5.9%だが、獲得した議席数はわずか35である。つまり、この程度の支持率では、小池が夢見る政権交代は不可能なのだ。

 希望の党の頼みの綱は、無党派層だろう。だが、こちらもあまり形成が良いとは言えない。

東京都の小池知事が立ち上げた「希望の党」に期待するかどうか聞いたところ、「大いに期待する」が11%、「ある程度期待する」が36%、「あまり期待しない」が31%、「まったく期待しない」が16%でした。

民進党は、衆議院選挙で党の候補者は擁立せず、「希望の党」に公認申請することを決めました。これを評価するかどうか聞いたところ、「大いに評価する」が5%、「ある程度評価する」が19%、「あまり評価しない」が34%、「まったく評価しない」が34%でした。(NHKの調査より)


 ブームという風に乗っての勝利を目論む希望の党だが、彼らへの期待感は、メディアが騒ぐほど強くはない。肯定的に見ている人と否定的に見ている人が、真っ二つに割れている。民進党のネズミの大移動については、評価はさらに厳しく、24%の肯定論者に対し、否定論者が7割近くに上る。政権交代を夢見るあまり、民進党という負の遺産を引き継いだことが、希望の党側にとって裏目に出ているということではないか。
 
 希望の党は、公認にあたり、党議拘束をかけるべく、候補者に協定書の提出を求めた。平和安全法制を含めた現実的な安保政策の支持、憲法改正への支持、外国人参政権付与への反対など、ネズミたちが悲鳴を上げる内容だ。民進党時代に安保法制の廃案を叫んでいた者たちが、臆面なくこの協定書に署名すれば、それはそれまでの支持者への裏切りとなる。議席のために魂を売った者として、広く周知されるべきだろう。

 この協定書の内容自体は批判されるべきものではなく、その内容から見ると、彼らの進むべき方向性は間違ってはいない。希望の党は、政権交代などという大それた野望をひけらかさず、先ずは地道にまっとうな保守政党を目指すべきだ。このままでは、小池百合子を首相にするためだけの政党で終わる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/10/04 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(14)
それでも気泡押し?
護憲のぱよちんメディアは気泡が改憲勢力と判明してもなお
安倍潰しのために気泡押ししますかね?
立憲なんちゃらとかいう9条カルト党などの野合連合に
肩入れした偏向報道を貫くか、見ものですな。
[ 2017/10/04 14:10 ] [ 編集 ]
風は吹いていない
1)マスコミは現在は事実を伝えるしかない混沌のようだが、そろそろ朝日が「希望」批判をはじめたのではないか?
 朝日Web版「政治」4日14時現在 タイトルだけを下記: 
  http://www.asahi.com/politics/?iref=comtop_gnavi
・菅長官「野党第1党の主張、一夜にして全てなくなった」
・希望、「ポスト・アベノミクス」掲げる 公約の概要判明
(今後政策を肉付けする過程で、政権との違いを打ち出せるかが焦点となる)
・連合会長「足元はカオスのなか」 希望の公認選別を批判

2)「希望」のイメージCMビデオを視たが、「しがらみ」排除だけ、いかにも出来の悪い内容:  https://youtu.be/mX5JnVmNmwA
 小泉進次郎も言っていたが、生きているいる人間はみんな「しがらみ」だらけ、それが正常、すべてを「リセット」することはできない。
 そう、必要ない「しがらみ」を具体的に一つ一つ挙げていただきたいね。 
[ 2017/10/04 14:17 ] [ 編集 ]
自民党は、しがらみの党というよりは、人と人との絆、縁を大切にする党であってほしい。
今、日本国は、デフレや東日本大震災の影響から、少しずつだが景気は回復しつつある。就職率も改善し、株価も上昇し、円相場も安定的であり、製造業の国産回帰も進んでいる。災害の被災地には、消費税増税により、復興復旧を支援する予算増加も、期待できると思う。

小池さんが、今やろうとしている政局。それは、小選挙区の立候補者の立て方を見る限り、与党過半数割れによる安倍内閣の倒閣が目標だと思う。

自民党の結果次第では、日本国の経済は、またデフレに落ち込むおそれがある。自民党は、自公で過半数堅持できなければ、安倍内閣は終わるという事実を、日本国民に向けてもっと説明したほうがよいだろう。

今、小池さんが望むような政権選択を国民に迫る選挙。日本国の国際情勢や国内事情を見る限り、日本国民にとって、望ましいとはいえない。希望の党は、民進党の議員で過半数以上を構成している。ゆえに、希望の党が、政権を執ることは、民主党の悪夢的な政権が、再び行われることを意味するからだ。

なにより、小池さん自身が、希望の党の代表と言いつつも、既に自身の立候補はないと断言しているようだ。ならば、希望の党代表であっても、国政に口を出す権利と、国会議員に立候補する方々を応援する責任は、小池さんにはないだろう。

選挙において、国民の信任、その一票を得るべく、国会議員に立候補する方々にこそ、国政を司る政治家として、日本国の未来を国民に語り、国政の選択を国民に問えるのだ。小池さんは、東京都知事であり、国会議員ではない。ゆえに、希望の党の代表たる資格すら、そもそもないといえるだろう。

小池さんは、東京都知事をリセットするか、希望の党の代表をリセットするか、政権選択の選挙の前に、自身の立ち位置や身の振り方を、選択をしたほうがよいだろう。

このまま、小池さんの立候補なしという状況では、希望の党の党員を見捨てることになる。民進党の前原さんに見捨てられ、希望の党の小池さんにも見捨てられた…そんな民進党から希望の党に移籍した方々は、政治家としてのプライドも失いかねないため、気の毒にすら思える。

小池さんの国政選挙への立候補がないならば、希望の党を離党して、無所属や立憲民主党から立候補したほうがよいかもしれない。それで、選挙で負けても、政治家としての信念やプライド、国民からの一票の責任や、自身の矜持は保てるのだから、選挙後、困ることがあっても、助けてくれる人はいるはずだ。

…先日、学校帰りの小学生たちは、「この、はげーー!」と言いながら、追いかけっこしていた。被害にあわれた秘書の方々には申し訳ないが、この遊びはある意味、ほほえましく見えた。これらの暴言で有名となった豊田議員は、今、心を改め、謙虚に選挙に挑んでいるようだ。厳しい選挙だと思うが、がんばってほしいと思う。小池さんの言葉は、にこにことおだやかではあるが、豊田さんのように、独裁的な部下いじめの構図が、なんとなく似ているのかもしれない。

小池さんに謙虚さがあるのならば、都知事を辞して国会議員に立候補しないのだから、国政政党である希望の党の代表は、辞するべきではないだろうか。
[ 2017/10/04 14:22 ] [ 編集 ]
自分党
<先ずは地道に真っ当な保守政党を目指すべき>と仰っる管理人様は、小池氏を保守の枠内で考え得られる訳ですね。

だったら最初から前原民侵になんぞ声かけねーわ、と内なるつぶやきが胸の奥で沸騰して、抑えられんw。

あの弱った者の懐に手を入れる手法、あの人も無げな言動、理由は兎も角自分の元に集まってくれた人々への温かみの伝わらない態度。
一年三ヶ月前に自発的に大騒動を起こしてまで就任した都知事の仕事は、何故か大幅停滞気味で、この立党で更にスケジュールをキャンセル=自分から求めた仕事への不実さ。
これ等からは、真っ当な保守精神の欠片も感じる事が出来ないです。

誠心というものが無い人の立ち上げる政党は、民主民侵と何ら変りは無い気がします。少し色目を換えただけではなかろうか。

二月に「希望の党」商標登録して彼女なりの準備はあったのでしょうが、国政党を立ち上げて今だに何が本当の目的なのか、一度も国民に向かって心情を吐露した事が無い。
表向きだけでも「側近」とされる若狭氏さえ、多分何も知らされていないのだろうと思われる事ばかりで、事は秘密を以て良しとするとしても、これで国政のトップを狙われるのは国家国民にとって極めて危険で迷惑だと、私は思います。

小池氏は何処までも小池主義であって、保守でも革新でもサヨクでも無いのではないか?
[ 2017/10/04 16:30 ] [ 編集 ]
小池都知事の負けは二足わらじ
まあ可也最初から難しい事ではありますが、東京都知事でありながら、国政「希望の党」の代表であるというその立場を結局立ち回れなかったという事に成るでしょう。
もっと東京都知事に軸を置き、その上でもっと信頼出来る側近を作っておけば又違った展開と成ったと思えますが、今現在「都民ファーストの会」に於いては重要な二議員の離党という情けない醜態を晒してしまいました。

http://www.sankei.com/politics/news/171004/plt1710040093-n1.html

これは小池百合子は単独でのパワーはあっても政界でトップに立つという人物としての不足したものが何かしら有るという事でしょう。

そしてもう一つ、「希望の党」の代表であると言い、若狭勝衆議院議員などの上位にあると宣言して、今回の衆議院選候補の人選の誤りです。
民進党議員を入れると言う事自体、やむを得ないでしょうが中身が最悪です。
これも自分の口で言った「政権を取る」という233議席への拘りと、やはり民進党の財宝などに惑わされての失策でしょう。

そもそも今回一定の足場を作るという目的で動けば発言に難しさはあってももっと堅実な形が取れたと思えます。
素人若狭議員だけでは残念ながら頼りなく、今後より民進党出身者の力が「希望の党」内で強く成って行くでしょう。
民進党の湯気がまだ立っている細野豪志を早々に幹部とし、玄葉光一郎などに人事を任せるという初歩的な抜けが有ります。

そして民進党の凶状持ちを入党させ、選挙区に投入したというのがこの名簿です。

http://www.sankei.com/politics/news/171003/plt1710030123-n1.html

そして対する『さよく・在日連合』ですが、枝野『立憲民主党』に求心力を持たせています。

http://www.sankei.com/politics/news/171004/plt1710040082-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/171004/plt1710040103-n1.html

さあ、此処で忘れていませんか?
重要な事は依然反日偏向メディアが一般日本国民を誘導するということを。
反日偏向メディアは『護憲』がコアです。
それだけに安倍内閣の倒閣運動をパラノイアの様に続けているわけです。
そして「安保法制肯定、憲法改正賛成」と明言した「希望の党」は既に敵とみなしています(正確には民進党出身者は別として)ということでしょう。

今後投票日まで偏向メディアは「反安倍・反小池・親立憲」という動きを色々とテクニックを使い一般日本国民の意識に刷り込んで行くでしょう。

結局、選挙後も偏向メディアが日本をミスリードし、『改憲』勢力を潰し、『護憲』勢力を盛り立てようとするのが基本的な情景です。

http://ironna.jp/article/3856

「第二自民党」と言われるならば、「第二共産党(第二社民党)」とも言われるこの新二党、衆院選後も存在します。

[ 2017/10/04 18:36 ] [ 編集 ]
座右の銘
民進党から希望の党に移り公認された人達の座右の銘はやはり
「面従腹背」でしょうね(笑)
踏み絵を踏まされたと言われつつも
しっかり踏んだとはとても信じられない面々が公認されています。

「戦争法案反対!」と金切り声をあげていた民進党の人達の姿や
某氏が「座右の銘は面従腹背です」と言っていた姿も
まだまだ最近の事として記憶にある時期なので
賢明な有権者なら「面従腹背なネズミたち」に投票することはないと信じたいですけど…
心情的には
まだ「立憲民主党」の面々の方が正直というか人間的に許せるように思います。

[ 2017/10/04 20:45 ] [ 編集 ]
政局を嗤う歌
上のコメント「面従腹背」、そのとおりですね。

1)政局を嗤う歌

岸洋子の「♪希望と言う名の貴方をたずね・・・」に誘発されてうさばらし・・
  〈2番)「希望という名の あなたをたずねて
       今日もあてなく また汽車にのる
       あれからあたしは ただ一人きり
       明日はどんな町につくやら
       あなたのうわさも 時折り聞くけど
       見知らぬ誰かに すれちがうだけ
       いつもあなたの 名を呼びながら
       あたしの旅は 返事のない旅」

♪出てこい 出てこい 池の鯉・・・
 (2番)出て来い、出て来い、池の鯉。
     岸(きし)の柳(やなぎ)のしだれた陰(かげ)へ、
     投げた焼麩(やきふ)が見えたら来い、見えたら来い。
                          (小泉進次郎)
      ・焼麩は持参金?

♪この道はいつか来た道、ああそうだよ・・・北原白秋
      ・いつも大衆が騙される道

♪これっきり これっきりですか・・・ 山口百恵 横須賀ストーリー
 〈3番)一緒にいても 心だけ   ひとり勝手に 旅立つ人
     私はいつも 置いてきぼり あなたに今日は 聞きたいのです
     これっきり これっきり  もうこれっきりですか・・・
   
2)振り込め詐欺
『政策項目のほか「党に資金提供をする」との一文も目を引く。この候補者のもとには同日、1次公認の連絡とともに立候補の供託金300万円と党への寄付金100万円を午後3時までに振り込むよう求めるファクスも届いた。「ひどいよ。振り込め詐欺に遭っているみたいだ」』
https://ryukyushimpo.jp/mainichi/entry-587958.html
[ 2017/10/04 21:39 ] [ 編集 ]
希望の党の第一次公認候補の中に、中山」なりあきら氏の名前がない。なんで?中山恭子先生が小池にすり寄った意味がないのでは?


[ 2017/10/04 22:02 ] [ 編集 ]
案の定
案の定、小池は中山夫妻を裏切りましたね

希望の党 1次公認47人分の原案判明 民進・枝野幸男氏ら30人に対抗馬で「排除」

(略)

1次公認リストには、枝野氏のほか、武正公一前衆院議員の埼玉1区や初鹿明博前衆院議員が地盤とする東京16区などに候補が内定している。希望の党に加わった日本のこころ前代表の中山恭子参院議員の夫で、希望の党から出馬を目指す中山成彬元文部科学相は外れた。
ttp://www.sankei.com/politics/news/171001/plt1710010011-n2.html

希望の党の誘いに乗らず、自民党から出馬を予定している杉田水脈氏は賢明だった

小池が欲しいのは、金と自分に絶対服従する奴隷だけなので、中山恭子先生のような後々自分に楯突きそうな人間は、できるだけ早く追い出したいと言うのが本心だったのでしょう。
豊洲移転騒動をみればわかりますが、小池は選挙に勝てるなら何でも言う人間ですから、今回の公約なんか選挙後は全部吹き飛ぶと考えておくべきです。
そもそも小池がこうして選挙の為なら口から出まかせ言えるのは、権力は欲しくてもその権力で行うべき政策には何の関心もないからです。
だから豊洲移転も滅茶苦茶にして放り出して都知事を辞めるとしても、一切呵責を感じないでしょう。
[ 2017/10/04 22:19 ] [ 編集 ]
ベーシックインカム
希望の党(代表・小池百合子東京都知事)の衆院選公約の原案が4日、判明した。

詳細は

ttp://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171004-OYT1T50055.html

公約の中に「ベーシックインカム」導入が入っている
こういうのは多額の税金取ってる欧米とかだからこそ出来るわけで、日本でやるんだったら、どっから金を調達するんだよ?
それとも消費税40%の欧州に追随するのか?
国民皆保険がなくなるってことだろ
おちおち病気にもなれないぞ

消費税無くすのに?
頭悪くない?

コイケノミクス?何だそりゃ

言うだけは簡単

民主党の夢いっぱいの詐欺フェストを思い出すな
さすが民進党のコスプレ
この詐欺フェストに釣られたバカが何と多かったことか
金貰えるなら何でもいいのかよ?
[ 2017/10/04 22:21 ] [ 編集 ]
お頭の足りない泥船がニ隻
小池やキ印丸
議席欲しさに何でも有りですね~
まー都知事選時と同じで右にも左にも尻尾振るだけ振って、権力手に入れたら公約は反故にのパターンから抜け出す気も能力も無いでしょうね~
そりゃー利用された共産党や其処に所属する築地女将さん会や創価婦人部でも激おこに成るでしょうね~
其れで小島等が小池の尻拭いを刷る為に馬鹿な案を出してアウフヘーベンだとして築地と豊洲を使う無駄としか言えない案を密室で決めたんでしょうね
まー小池自信ゴミですねゴミ
泥船の船長にはお似合いだ~
小池屋キ印丸に票を入れる方は同じ泥船で沈んで下さい
あ~もう一方の立憲何とやらと云う泥船の方も投票せずに沈めてやりましょうね。お忘れなく
因みに立憲何とやらに乗り込んだ鼠どもはお頭が大分足りなさそうだ
立憲とは立憲何とやらの党是とは真逆を意味する

[ 2017/10/04 23:23 ] [ 編集 ]
第二民進丸と云う呼び名は伊達では無い
妖怪小池屋正体を現す
↓閲覧注意
https://i0.wp.com/hosyusokuhou.jp/wp/wp-content/uploads/2017/10/AS20171004004337_comm.jpg
【衆院選】小池百合子「お友達忖度政治がいいのか、しがらみを断った新しい政治がいいのか」…安倍首相退陣後には自民との連携にも含み
http://hosyusokuhou.jp/archives/48802407.html
狙いが安倍政権打倒で民進と同じだとは安倍政権とは憲法改正に応じる気は無い発言で知って居た。

しかし小池の言う事を信じる奴が居るのかな
石破かな~。まーコイツも他の連中と同じ様に小池に手玉に取られるだろうケドね
[ 2017/10/04 23:51 ] [ 編集 ]
国政で国防なし (自国民にお灸、自分自身にお灸)
選挙のたびに「自民にお灸」のフレーズがどこかしらで出る・・・という印象を強く持っています。
今回も、揚げ足とって「自民にお灸」を言う候補者とメディアがいるのかな。
いい加減にしてほしいものです。

北朝鮮と尖閣へのシナの侵犯行為を問題にしない「国政選挙」にしてほしくありません。
[ 2017/10/05 01:05 ] [ 編集 ]
小池の詐欺政治にはもう飽きた
都知事選、都議会選に大勝した小池百合子は、希望の党を立ち上げて衆議院選に進出したが、都民ファーストの会から離党者が出たり、希望の党公認を辞退する元民進党員が出たりして、これまでの破竹の勢いから一変、失速のきざしが見えてきた。
民進党員への誓約書は、だまって小池に従えといった文面で、希望の党が小池の独裁政党だということがはっきりした。彼らが反対してきた改憲、安保法制に転向せよと強要しながら、上納金を強制するのは暴力団と変わりない。広域暴力団小池組の誕生だ。それにしても、こんな誓約書に屈服した元民進党員は本当にいくじなしだな。
希望の党の公約は明日公表されるそうだが、もう概要が知れ渡っている。しがらみのない政治なる文言は、もう聞き飽きたし、小池は都庁でも都民ファーストの会でも側近の意見しか聞かないので、もうしがらみだらけで言行不一致だ。消費税の増税凍結や原発ゼロは国民に対するポピュリストらしい口約束だ。しかし一院制、道州制にいたっては、小池は都政でほとんど成果をあげていないので、とても実現できないだろう。ダイバーシティ(多様性)も小池の口癖だが、どうやら女性議員の増加のことのようで、左翼や喫煙者などは排除する、小池に都合のよい多様性のようだ。経済ではコイケノミクスをうたっているが、もう首相になったかのような言い草だな。絵に描いた中秋の月見ダンゴ、捕らぬタヌキの皮算用そのものだ。
小池は選挙にはめっぽう強いが、政治はからっきしできない。なまじできない都政をそっちのけで得意科目の衆議院選に血道をあげているのを、築地市場の女将さんたちから非難されている。パリ出張、都知事をやめて衆議院選に出馬すれば、都民からのしっぺ返しをくらうぞ。もしかしたら自民党が対立候補を変更して、中村あやを当ててくるかも知れない。都知事に居座っても、築地から豊洲への市場移転も、オリンピック道路も実現できそうもなく、失政知事となって、次回の衆議院選は絶望的だろう。
一世一代の陰謀家小池百合子もかなりのトシなので、健康に気を付けるべきだ。彼女が倒れたら、都民ファーストの会から希望の党までの、首相の座へのこれまでの一連のたくらみはたちまち雲散霧消する。小池のこれら一連のたくらみは「小池百合子現象」として、後世の政治学者たちの研究対象にされることだろう。
[ 2017/10/05 02:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: