私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  希望の党によって排除される護憲サヨク

希望の党によって排除される護憲サヨク

← 応援クリック、ありがとうございます。

 つい先日まで、野党もメディアも「安倍一強」が悪であるように吹聴し、批判を繰り返してきた。しかし、安倍一強を選択したのは主権者である国民だ。モリカケという反安倍プロパガンダによる支持率低下が底を打って、反転し始めたのは、お灸をすえるという意味はあっても、安倍総理への信はまだ強いことを物語っている。

 安倍政権以上に一強が際立っているのが、小池百合子率いる希望の党だ。希望の党の本質は、小池百合子の独裁である。細野や若狭といった脇役のお膳立ても「リセット」し、「私が決める」と言ったのは、小池自身による「強いリーダー」としての最大のアピールだったが、そのプロセスに異論が出ない事自体、この党は小池の独裁政党であることを意味する。そういう体制に、いままで「安倍一強」を批判してきた議員もメディアも、批判の矛先を向けない。彼らはただ単に、安倍政権を倒したいだけで、明確な理念などというものはないのだ。再就職先を求める民進党議員にとっても、公認欲しさの揉み手に手を抜く訳にはいかない。

小池百合子の排除リスト


 そういう揉み手グループを震撼させる「排除リスト」が、永田町を駆け巡っているそうだ。日刊ゲンダイという眉唾つきのソースではあるものの、下記の議員が小池の排除リストに載っているそうだ。

 菅直人  (東京18区)
 野田佳彦 (千葉4区)
 岡田克也 (三重3区)
 赤松広隆 (愛知5区)
 長妻昭  (東京7区)
 枝野幸男 (埼玉5区)
 安住淳  (宮城5区)
 近藤昭一 (愛知3区)
 辻元清美 (大阪10区)
 阿部知子 (神奈川12区)
 篠原孝  (長野1区)
 初鹿明博 (東京16区)
 海江田万里(東京1区)
 手塚仁雄 (東京5区)
 櫛渕万里 (東京23区)

 これはあくまで衆議院を対象としたリストであり、参議院を含めると相当な数になるはずだ。自分が民進党政調会長時代に「安保法制の白紙撤回」を求めたくせに、今になって「安保法制の踏み絵」を元同僚に求める細野豪志が言及していた通り、三権の長経験者は排除されている。この関係の逆転は怨嗟を招くが、まずは選択権があるチームに加わった細野の勝ちだ。

 もともと、小池側が求める憲法改正だけでも、民進党出身議員には高すぎるハードルだ。小池側としても、中途半端に前言撤回をして加入する議員の「過去の発言」がほじくり返されると、後々面倒なことになる。そういう不要なコストをかけないように、予め排除するという考え方は理に適っている。むしろ、今までの主張や活動を100%転換し、公認を乞う元民進組の無様さのほうが浮き出てしまい、有権者としても苦笑いしか出ない状況になっている。一般の有権者がそうなのだから、今までの熱心な支持者の多くは裏切りと見るだろう。人の言動として如何なものか。

 小池百合子というのは、戦後サヨクへの劇薬である。民進党は、旧社会党の残滓にとっては良い受け皿で、護憲を主張しても「党としての統一」を求められることはなかった。居心地が良かったのだ。ところが、民進党から希望の党に移籍をしたいと言ったとたん、世界が逆転するのだ。

 小池百合子首相の誕生など、悪夢でしかない。そもそも、都政でロクに結果を出せない人物に、日本のリーダーなど不可能である。しかし、希望の党によって民進党の護憲サヨクが排除され、国会の議席を失うことは悪いことではない。安倍政権を揺るがさない程度にかき回してくれれば、希望の党の仕事としては上々だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/10/01 07:21 ] 政治 | TB(0) | CM(18)
希望の党の存在的価値
今日の文末に管理人さんが書かれている希望の党としての仕事。
全く同感です。

例えば、左から右に1本の線を引きます。
左端を「0」として、右端を「10」、真ん中に「5」と目盛りを付けた場合。
私の主観では、共産党が1、民進党が2、自民党が4、安倍首相本人が5、ちなみに米国民主党が6、同共和党が7。

ここに希望の党が「3」位であれば、ただでさえ左寄りの日本の政治バランスが、多少なりとも「5」に近づくのではないでしょうか。
[ 2017/10/01 09:10 ] [ 編集 ]
ゲスノート・山口二郎の目
SUNDAY MORNING

「ゲスノート」が希望の党にあるとか、ないとか。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/214651/1

二郎先生がお怒りです
https://twitter.com/260yamaguchi

二郎先生、期待と不安と
https://www.j-cast.com/2017/09/30309967.html?p=all

法政大学というところ
http://www.yomiuri.co.jp/adv/hosei/voice/vol05.html

以上、
極左の心から見る政治情勢
[ 2017/10/01 09:17 ] [ 編集 ]
希望の党(=絶望の党)は、立候補者を(小選挙区と比例を合わせて)80名も立てることができないのに、今回の衆議院議員選挙で過半数議席を獲得することができる訳がありません。
希望の党(=絶望の党)は、立候補者を(小選挙区と比例を合わせて)80名も立てることができないのに、今回の衆議院議員選挙で過半数議席を獲得することができる訳がありません。
-----

小池&きむちマスコミ各社の希望の党(=絶望の党)は、立候補者を(小選挙区と比例を合わせて)80名も立てることができないのに、今回の衆議院議員選挙で過半数議席を獲得することができる訳がありません。希望の党(=絶望の党)は、(キムチ公明党に代わってほとんど比例ばかりで)40議席を獲得することができるかどうかが焦点でしょうね。そして、希望の党(=絶望の党)は、キムチ公明党に代わって、(キムチ公明党に代わってほとんど比例ばかりで)40議席を獲得して衆議院のキャスティングボードを握ることができるかどうかが焦点でしょうね。
[ 2017/10/01 09:22 ] [ 編集 ]
自民党と選挙協力しない政党は、自民党にとって敵。
>しかし、希望の党によって民進党の護憲サヨクが排除され、国会の議席を失うことは悪いことではない。安倍政権を揺るがさない程度にかき回してくれれば、希望の党の仕事としては上々だ。

…忘れてはならない事実として、都議選の結果がある。つまり、トップの小池さんが、自民党の所属という擬態をしながら、自民党都議を落選させた手法だ。あれだけ、希望の塾などを通じて、立候補者を増やしておいて、まさかあれだけ当選するとは思わなかった、ごめんなさいは通じない。今年の2月に、「希望の党」を出願していた事実からも、あきらかに、国政進出、つまり、自民党潰しの長期的な計画が背景にあると思う。

今回は、自民党の保守票を、小池さんが保守を擬態して、切り崩して得ようとしているようにもみえる。こはるさんの直感と、voice of tamiさんの懸念にもあるように、小池さんの謀り事として、自民党への攻撃があると、オレも思う。

「目には目を、歯には歯を。」
「自民党の保守には、希望の党の保守を。」

そのように、自民党の票を保守層から切り崩し相殺すべく、民進党の護憲さよくのリベラルを切り捨てるというパフォーマンスを、あえてしているのだろう。

ところで、管理人さんの記事にあるリストには、蓮舫さんの名前がないようだが、東京都知事の後継者として、小池さんが蓮舫さんを考えているのかもしれない。蓮舫さんについては、選挙管理委員会は、立候補の際、戸籍謄本の提出を求める必要があるだろう。

話は逸れたが、いずれにしても、いまだに小池さんが、政界の壊し屋と言われている小沢さんのチルドレンのひとりであることは確かなようだ。共産党との選挙後の連携もあるかもしれない。自民党と、安保や改憲で協力、意見は一致できるというならば、選挙において自民党に対抗馬を立てるのは、自民党に利せず、あきらかに矛盾している。

事実、自民党の支持率が減少した分だけ、希望の党の支持が上昇しているようだ。これは、民進党の切り捨てのパフォーマンスと、保守擬態による大衆心理の操作によるものだろう。安倍一強を生んだ選挙においては、固定票よりも、そのような浮動票が、勝敗を大きくしたように思う。いわゆる、民主党政権を否定する反動票であるから、今、希望の党が民進党をあえて斬るのは、その反民主票として自民党に投じた動きやすい票を狙っているのかもしれない。

自民党と選挙協力しない政党は、自民党にとって敵。維新などの地方政治も含めて、シンプルに考えて、間違いないだろう。
[ 2017/10/01 10:41 ] [ 編集 ]
箸にも棒にもかからないゴミ政党が出来ただけなのに
マスコミやワイドショーが毎日毎日宣伝して小池の大応援団
小池はマスコミが自分の味方なのを知ってるから面白おかしくショーしてるようなつもりの横柄ぶり
マスコミが報道しなきゃそれで終わりなのにそうしないのが小池の共犯者のマスコミ

維新とたちあがれ、維新と江田が合流した時なんてこんな宣伝みたいな報道皆無だったのに
小池と民進の合流には優しい事優しい事!民進と希望が合流しましたと一回報道したらすむニュースなのに小池と結託したマスコミがずっと劇場化させてる!

[ 2017/10/01 11:07 ] [ 編集 ]
えっ?
えっ、このリスト、東スポが情報元じゃないの?
ゲンダイがパクったんじゃね?

東スポの政治記事はなかなかバカに出来ないからな
バカヒやヘンタイ毎日より正確なんじゃね?
[ 2017/10/01 12:56 ] [ 編集 ]
看板掛け替え終わった民進と古い看板の儘の民進の怨念バトルと云うショーですよ
小池劇場の一コマにしか過ぎません。理念も政策も同じのサヨク同志ですから、注目を引いて何ぼ、其れで得票して何ぼとヤッテルだけですよ
八百長です八百長
注目にも値しません後は此の鬱陶しいサヨクを纏めて掃除する事だけに専念した方が良いですね
コイツ等が同じサヨクで内部抗争ゴッコをして注目を集めて保守かの様に装ってるのは保守系浮動票を取り込もうとしてるにしか過ぎません
もー保守だと言わないと票は集まりませんから其の為に芝居です
[ 2017/10/01 14:07 ] [ 編集 ]
私怨
都知事選の時は上手に石原父子やボス内田の「内情」をバラしながら大量得票でしたが、今回は辻元辺りが緑のたぬきサンの過去の発言を撒き散らしそうで、視聴率を上げる材料としてこの選挙はTVにとってアリガタイ存在だろうと思います。

これからも連合の動きもありますし、小池氏の情報小刻み提供報道作戦で、メディアは追随するのでしょう。

都知事選・都議選で感じたのは、小池氏という女性に恨みを買うとエライ事になる!教訓です。
このリストに海江田の名前があるのは、なにか恨まれる事を言っちゃったのか?15年の細野の安保法制撤回発言でもOKなら海江田が引っかかる理由は何だろう?
もしも私怨で「仕分け」されるなら、海江田氏には何の感情も持ちませんが、一政党とはいえ危険な事だと思いました。

小池氏を政界に誘ったのが誰か真相は判りませんが、日本新党の細川氏をはじめ、政界世渡りは小沢、小泉と異様な目立ち方をするタイプに親しんで来た感があり、その三人共に元々自民に在りながら自民を批判し続けた点に於いて、女史も同じ道を行くのでしょう。
口を極めて批判する事で自分が浮かび上がる手法は、少しだけ長い目で観れば日本人の嫌悪するところで、余り賢いやり方だとは思えません。


ちょっと逸れますが、
キスカ島脱出を描いた「八月十五日に吹く風」作者の松岡圭祐氏の根本思想がどのようなものかは存じませんが、キスカ脱出(救出)そのものには取り立てての反日反戦思想は感じられなくて、本文には私は異議はありませんでした。
が、
解説の縄田一男氏は、この作品と作者を褒めながら、突如
<故城山三郎は、今度の戦争で得たものは憲法だけだといった。
然るに某国の奢った総理は、さしたる根拠もなく、二○二○年までに憲法を改正するなどといっている。
こんなことだから、はやく憲法第九条を世界遺産に申請すればよかったのだ。
平和は、そして人の命は一度喪ったら、取り返しがつかない。云々>
と反安倍アピール。

よくサヨク連が言う「安倍総理の驕り」「安倍総理の暴走」がどう考えても、具体的に何を指しているのかま~~~ったく心当たりが無くて、何じゃろね?
路上で与太が喚くなら「又はじまった」ですが、他人の小説の解説に文芸評論家がここまで書ける”自信”が理解出来ません。
[ 2017/10/01 14:12 ] [ 編集 ]
追記
杉田水脈さんが自民党から立って下さるそうで、大変嬉しい事です。
櫻井よしこ氏が背中を押して決断されたとか。
慰安婦問題の国連活動等で彼女が培った貴重な人脈も活きると思われます。
[ 2017/10/01 14:29 ] [ 編集 ]
追記2
このリストには玉木雄一郎の名前は無いのですね。
トド子さんお薦めの被落選議員の一人は「柚木道義」岡山4区だそうで、結構な下駄顔の代表的国会プラカード男でした。でも、既に”希望”に移っちゃったのかな?

移る希望はカネ次第 だったりして。
[ 2017/10/01 15:39 ] [ 編集 ]
正しい排除
共産党としがらみの強い議員は排除する。それだけは希望の党にとっても国民にとっても正しい判断だと思います。

良くも悪くも知名度が高くて、イメージが固まっている議員は希望の党に入れないことは、みどりのタヌキ小池にとっては、妥当な判断だと思います。

なんにしても、日本国民が希望の党に一票を投じるのは間違いだと思います。排除しましょう。
[ 2017/10/01 16:13 ] [ 編集 ]
・希望の党は、中山なりあきら氏の公認をしないようなのですが、中山」恭子先生がとられた行動って、いったい何だったのでしょうか?
・希望の党は、帰化人を受け入れるのでしょうか?
・西村真悟氏のブログが1週間、更新がないのは、中山恭子先生の行動や希望の党の帰趨と関係があるのでしょうか?
・希望の党に関しては、連合のコメントはあるが、財界のコメントがないのは、なぜだろうか?
・小池劇場を企画・実行した黒幕って、いったい誰なのだろうか?小沢?小泉?細川の殿?
・山尾不倫事件の続報がないのは、なぜなのか?山尾の実家の情報は夕刊フジにあったが、お相手の実家情報が全く報道がないのは、政治的に格別の事情があるのだろうか?

[ 2017/10/01 16:31 ] [ 編集 ]
保守の重み
自民党と選挙協力しない政党は、自民党にとって敵。
ーまさにそうです。

もー保守だと言わないと票は集まりませんから~
ーこれもその通りでしょう。

ようやく保守という言葉が表舞台に上がってきたところです。
これから先は、本当の保守がどちらなのかを有権者が正しく見分ける事ができるかどうかにかかっています。

その為にも、本ブログがより多くの有権者の方に読まれる事を願います。
[ 2017/10/01 16:33 ] [ 編集 ]
ロードス島戦記
「わたしは行きません!」
これは「ピースボート」辻元清美の発言です。

じゃあねぇだろう。 わたしは入れてもらえませんだろう。

http://www.sankei.com/politics/news/171001/plt1710010065-n1.html

さてさて、で。
次は『枝野新党』の事です。
これから此処にさよくが集います。

今まで通り共産党は自民党を批判し、希望の党を批判します。

そして『さよく・在日連合』の支持政党は今後この「枝野新党」を中心とするでしょう。

http://www.sankei.com/politics/news/171001/plt1710010067-n1.html

例は経済に代え、日本企業の弱さはスピード感だろう。
同様にそのスピード感の鈍いのが自民党であり、対する小池希望の党の動きは速い。

例えば直近「小池代表は衆院選に出るだろう」というのがあった。
今でも未定ではあるが、ほんの1、2日の政界などの動きを見て恐らく出馬しないだろう。
そんなスピード感と判断力。
対外的に言えば自民党議員個々の欠格資質がこのスピード感と分析力・判断力・行動力でしょう。

今後、此れから生まれるであろう「さよく」『枝野新党』との闘いが始まります。

http://www.sankei.com/politics/news/171001/plt1710010058-n1.html

しかし、それにしても大村秀章は嫌だな。


[ 2017/10/01 18:25 ] [ 編集 ]
小池党首、リベラルの化け物退治手腕はプーチン並み
比例カードが使えなくなった時点で、終わった人何人いる?
[ 2017/10/02 05:31 ] [ 編集 ]
当面の役割
昨今の動きを見ると
現時点での希望の党の役割とは
コンビニにぶら下がってる殺虫灯ですね
民進党よりも支持率があり
このままでは落選必至な三流サヨク議員には
大変魅力的に映った事でしょう

[ 2017/10/02 15:30 ] [ 編集 ]
明日
明日十月三日は中川昭一さんのご命日です。
議連、というのか、「日本の蕎麦を愛好する会」を超党派で立ち上げられて初代世話人でもありました。

と、理由を付けて、お蕎麦を食べる十月三日です。
もり、かけ、のザル報道を噛み砕いて、南無なのだ!
[ 2017/10/02 17:53 ] [ 編集 ]
保守の皮をかぶったぱよちん
ぱよちんはゴキブリのようにしぶとい。
ごった煮のぱよちん集団から
保守の皮をかぶったぱよちん集団に擬態しようとしている。
みどりのタヌキおばさんにたぶらかされて
新たなぱよちん集団に投票する有権者は心底軽蔑する。
[ 2017/10/03 09:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: