私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  希望の党という「第二民進党」の誕生は近い

希望の党という「第二民進党」の誕生は近い

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日、希望の党なる政党が旗揚げした。都知事兼希望の党代表の小池百合子は、会見で、「寛容な、そして改革の精神に燃えた保守」、「しがらみのない政治、しがらみのない改革」、「日本の心を守る保守」と、「改革」と「保守」、それに「日本をリセット」というキーワードを多用した。しかし、本来、「しがらみのない政治」や「日本をリセット」などというのは、保守派の信条とは対極にある発想だ。恐らく、「しがらみ」は、モリカケを利用した安倍総理への当てつけだろうが、「しがらみの調整」も政治の重要な仕事のひとつではないのか。きれいごとを述べたことで逃げきれなくなった民主党(現民進党)の失敗を、小池は学んでいるのか。

希望の党


 党の綱領も発表された。

 我が党は、立憲主義と民主主義に立脚し、次の理念に基づき党の運営を行う。常に未来を見据え、そこを起点に今、この時、何をすべきかを発想するものとする。

①我が国を含め世界で深刻化する社会の分断を包摂する、寛容な改革保守政党を目指す
②国民の知る権利を守るため情報公開を徹底し、国政の奥深いところにはびこる「しがらみ政治」から脱却する
③国民の生命・自由・財産を守り抜き、国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤を築き上げることを基本責務とする
④平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を展開する
⑤ワイズスペンディング(税金の有効活用)の徹底、民間のイノベーションの最大活用を図り、持続可能な社会基盤の構築を目指す
⑥国民が多様な人生を送ることのできる社会を実現する。若者が希望を持ち、高齢者の健康長寿を促進し、女性も男性も活躍できる社会づくりに注力する


 さすがに、政権を取る可能性が今のところない政党だけに、綱領にも“きれいごと”が並んだ。今のところ、言ったもの勝ちだ。しかし、重要な点は、憲法観が示されていないことだ。小池は報道各局の取材に対し、憲法改正は目指すが9条にはこだわらないという見解を示していた。立法府に議席を有することを目指す政党にとって、憲法に対するスタンスは必須条項だろう。サヨクマスコミに風を吹かせ続けてほしいがための改憲隠しの匂いすらする。この綱領を、憲法改正を最大の政治課題としてきた中山成彬、恭子ご夫妻は、どんな気持ちで受け止めているのだろうか。

 さて、この新党結成には重要な脇役がいる。他ならぬ民進党だ。昨日は、前原が自由党小沢との合流を目論んでいると書いたが、1日経てばそれも過去。政局は昨日、また急展開し、今度は前原が民進党を引き連れ、小池の希望へ合流するという話だ。民進党も落ちたものだ。代表の前原は民進党の解党すら厭わず、命乞いの合流である。もっとも、保守政党という看板を掲げている以上、旧社会党を含む民進党内の極左は受け取らないだろう。前原、細野、長島らの逃亡組に選別させ、美味しいところだけを拾うはずだ。脱原発という共通項で小池に秋波を送る菅直人も、リストから外れるだろう。

小池と前原の野合計画


 第二民進党の一丁出来上がりだ。民進党は今日、両院議員総会を開くが、ごった煮の政党は前原の方針に紛糾するだろう。旧社会党系の議員にとって、隠しながらも改憲を目指す希望の党は、護憲精神が許さない。そして、泥船から抜け出すチャンスを窺っていた議員らは、雪崩を打って希望の党に合流だ。

 今のところ、希望の党には風が吹いている。しかし、民進党の議員を大量に抱え込むことは決してプラスの要素にはならず、単に女帝が、失敗して国民の信を無くした民進党議員を子分にするだけという構図になる。前原は、民進党の衆院選挙候補者については、希望者は全員、希望の党から立候補させたいと言っているそうだが、これでは選挙互助会のファンクションが希望の党に移るだけの話なのだ。そして、しがらみを否定した党代表は、民進党の支持母体というしがらみを一緒に貰い受けることになるかもしれない。

 前原は、26日の民進党常任幹事会で、「どんな手段を使ってでも安倍晋三政権を終わらせる。皆さんの力を借りたい」と語ったそうである。打倒安倍政権だけが目的なら、彼らは共産党以下だ。

 いずれにせよ、「希望の党という第二民進党」の誕生は近いようだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/28 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(34)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/09/28 07:47 ] [ 編集 ]
朝鮮飲みで民進党迄一気飲み赤い小池
小池さん、民進党とは合流はしないと断言した昨日の発言は完全な嘘だったんですね
まさか其の舌の根も乾かぬ内にアッサリ合流するとは予想出来ませんでした
私的に色々合流の段取りを予想しましたが小池さんがメンドクサク成って「受かりそうな人と金が有る人だったら全員来てね」で落ち着いた様に見えます
オールウエルカムで誰でも上記の条件を満たせば入れそう
豊洲問題担当座長の小島は菅直人政権時に再生可能エネ政府高額買い入れ制度を無理繰り導入させた奴で菅直人とも繋がってますから上記条件さえクリアすれば菅直人でもコネが有るだけ楽に簡単に入れます
後はホトボリガ冷めるのを待ってるのか小沢の気分次第でしょう。
こんな明らかな民進党の駆け込み寺から乗っ取り、背乗り、看板掛け替え劣化民進に投票したがる人は極めて少ないでしょう

流石AI小池さん考えてる事が理解出来ない
小池さん平気で嘘を吐くのも止めましょうね。此処は朝鮮では無く日本ですから
振り回された方がた御苦労さまでした
看板掛け替え民進党と言う最初の予想通りに落ち付きそうです

小池等を操ってる一人はジョージ・ソロスだと思われますが遠過ぎて不鮮明で何のこったでしょうね
[ 2017/09/28 07:56 ] [ 編集 ]
・一連の動きは、自民党に緊張感を与えたことは間違いはないので、自民党は気合を入れて選挙に臨んで欲しい。
・愛知7区では、共産党が山尾しおりを支援することになった。共産の基礎票には、堅気の母親も多いから、彼女たちが棄権に回る可能性もあるのではないかな?
・中山恭子先生は、はめられたのでしょうか?青山繁晴が、中山恭子先生のことをコメントしないのは、特別な意味があるのでしょうね。
・小池劇場の演出家って、誰なのでしょうね?細川のお殿様?小沢?
[ 2017/09/28 08:35 ] [ 編集 ]
みどりのお局
関東は今広域に豪雨の模様で、こちら北関東もBSは真っ黒画面です。土砂災害も予想されますので、皆様どうぞ御警戒怠りなく生きましょう。


なつこ様 
昨日午後から睡眠不足が祟って知恵熱休眠してしまいました。眠れる森のビ婆w
今、げんき!お心ありがとうございました。

どうやら私は末田軍曹殿と違って、不満や憤懣は外に吐き出して「リセット」(ゲッ!!)するタイプの様で、これじゃあまるで赤ゲラだわ、と他人事に思って居ります。

 赤ゲラって頭部が白と赤いキツツキ系の鳥らしく、樹木の洞 を住処にしているのですが、自分で突いて出した木片やゴミを上手に掃きだし外に捨てる、謂わば近所迷惑wな鳥です。

みどりのたぬき&あかいきつね は一昨日ドラッグストアで何故か目に付いたラベルです。カミのお導き。
みどりの狸と多重国籍のあかい狐 お似合いでしょw
まあ「たぬき」が酷ければ「みどりのお局さま」でしょうか。小池氏の振る舞、殆ど太めの雪の女王ですものね。

御皇室は勿論二千六百八十年の伝統ですから、長い歴史の中には奇妙な御方も居られたでしょう。一代二代のはみ出しは無い方がおかしい。と懼れながら、その間無視と決めました。
それでも、眞子内親王様のKKは「個人の自由」の影響が悠仁親王様に必ず起きる事ですから、あれだけ国民に待ち望まれた親王様ですが、別系統をお建てするのがよろしい様に感じます。
としても、秋篠宮様両殿下の御車輌が舞鶴の海自の見事な堵列に迎えられた動画を、忘れる事が出来ません。これぞ日本の夜明け、と涙ながらに思ったものです。

中山ご夫妻の事は、結論として、しばらく考えない事に致します。
平沼先生が自民を追放になってようやく立ち上げた「たちあがれ日本」に成彬氏が入られた経緯から「こころ」の自民党との統一会派で発言権を得た事など、いろいろ思い出せば「そりゃあ無いでしょう」ですけど、政界は魑魅魍魎。
”どうすりゃいいの~よ 思案橋”のリフレインがぐーるぐる。

メディアの邪悪を放置はしていられないのですが、標的になっている政府がそのメディア改正を言い出す途端に、どんな有害物質を全国、世界に撒散らされるか、今まででさえコレですからねえ。
ここは、知恵の働かせ処だと考えます。深く静かに潜行 思案だと思います。

自民党の傍に盤石右派は、大変望ましく有権者の選択が広がる事だと思いますが、今までの世情がそれを許さなかったのが「たちあがれ」の命運だったと感じます。
それが昨今の「日本人覚醒」になって、ようやく、となる直前に平沼先生は二度目の梗塞で退かれました。
ですが、これからはわかりませんよ~。ニコニコ。
天は自ら助くるものを助く と申します。神頼みでも良いのです。八百万ですから。


さて、本日のタイトル前原氏、どうしちゃったのか?
公認費用を何処で裏切るか分らない党議員に渡さない戦略の捨て身なのか?ですが、一応「国政政党」ですから、これで「立憲主義」なんて言えちゃう厚かましさには仰天です。余りの事態に気が転倒しているのなら党首は相応しくない。
これ以上恥を重ねない方法には「引退」もありますのに。

みどりのたぬき(お局)は思い返せば、基本的に反自民の人。
権力大好きで自民にも身を寄せたけれど、ベテランいっぱいの自民党では目立つだけでは「小娘」扱いだったかも知れませんね。

お若い時からエジプトは大ピラミッドの天辺でお茶のお点前をされた写真も見たことがありますが、どうせなら日本女性らしくお召し物をきちんと着付けられてして戴きたい!と感じた記憶があります。
性格的に目立たないでは居られないのでしょうね。この様なお人には日本の伝統はとても護れません。精神が違いますから。

しがらみのない希望(空虚)に連合というしがらみだらけの民侵がプラスしたら、一番に憲法改正は無理。国防意識はホンのちょっぴり。だと思います。

記者会見を今朝の記事で読むと、恭子先生のお立場を配慮したのは「これまでの伝統や文化や日本の心を守っていく」という点だけではないのか?
綱領にも四項目の「現実的な外交、安全保障政策を展開」だけ。
保守向けにはご夫妻のお顔を、「革新」側にはガラクタ民侵を並べて、議員の数を揃え、
小池氏の目的は突然ですが「金融都市東京」だと推測致します。
この1月だったか昨年末だったか、小池氏がアリババのトップと「友人だから会った」事が今急に膨らんで、ただの友人だけか?と疑念を持っています。あぶない。

”リセット”で再編されるのはガラクタ反日党だけで、老舗の自民は異物が排出される効果はあるでしょうか。
[ 2017/09/28 09:20 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/09/28 09:43 ] [ 編集 ]
面子丸つぶれ若狭
「北朝鮮情勢がこういう中にあって政治空白があっていいのか。いいはずがない。しかしながら既に安倍晋三首相は専権事項として解散・総選挙をうたっている。であるならば、ここは改革のチャンスだ」 

私的には繋がらない「であるならば以降」ですが、北朝鮮有事を予想されるからこその解散という当然の政治スケジュールには一切目を瞑れる東京都の知事。
狙われるとしたら東京が一番効率的だと思うのだけれど・・・改革 で、リセット?これこそしている暇は無かろうに。

「側近」とされる若狭氏と細野は「日本ファースト党」を党名にしたが、既に「希望の党」商標登録が今年の二月に為されていた。
で、リセットで私が代表よ。
若狭氏、全然立場無いのね。「希望の党」という銘柄を知らせれても居ないのが判明ですから。
これを、する訳も無いけど、仮にあべさんがしたら、メディアとガラクタ野党は「独裁」「ヒトラー」でやかましいでしょうね。

こういうお局様が言う処の「寛容な改革保守政党」って、近い将来、大台所東京を抑えて国政に介入する全体主義政党ではないのか?
今していることは数を集めるための方便、としか見えません。

選挙までに上手の手から水がダダ漏れになれば良いわ。
[ 2017/09/28 09:53 ] [ 編集 ]
あんたらの知ったこっちゃないのでは?
先の選挙でも青山繁晴が危ないから比例も日ころじゃなく自民に入れましょう!とか「普通にやって全滅するんならそれはそれで仕方ない」などと言ってた
消極的?「日ころ潰し」の連中に、無責任なキレイごとをあれこれ言われても、中山夫妻にとっては「日ころに投票もしないお前らが言うな」というか、
心の底から大迷惑でしょう(笑)。
[ 2017/09/28 09:55 ] [ 編集 ]
友人の弁理士から、こういう話を聞きました。
・登録された「希望の党」の権利者は、小池百合子本人。
・政治文書や選挙のぼりに「希望の党」を用いるには、権利者である小池百合子の許可が必要。
・特許庁への出願代理した弁理士と菅直人との関係はわからん。
[ 2017/09/28 10:07 ] [ 編集 ]
訂正 と 追加
若狭氏の処で<知らされても居ない>の間違いでした。

エジプトのピラミッドは王のお墓。
これを日本に置き換えたら仁徳陵の真上でお手前を披露するのと同じ事で、感じたとはいえ着付けのズブズブを言う処では御座いませんでした。
[ 2017/09/28 10:10 ] [ 編集 ]
とおりすがり様
あんたら というのは誰の事でしょうか?
青山氏の言にこちらの訪問者が無思慮に従って居るとでもw

投票もしない?所属して投票しない党員がいるとは思えませんが。
[ 2017/09/28 10:15 ] [ 編集 ]
再度 追加
とおりすがり様
投票を熱望しても候補者が居ないと出来ません。比例でさえ出来ない地域が在ることを御認識されていますでしょうか?
[ 2017/09/28 10:18 ] [ 編集 ]
マヌケなおばさん登場w 今回はノンポリに近い大衆層の票が大量に入るから、こんな弱小ブログでどんな間抜けなことを言っても影響ないし、どうでもいいけどね。
ごきげんようw
[ 2017/09/28 10:18 ] [ 編集 ]
まともに答えないのね。一昨日おいで。
[ 2017/09/28 10:36 ] [ 編集 ]
菅直人が小池百合子と政権一緒にやって行く宣言もうしてる!!!

政策や理念なんてそっちのけでどんな手段を使っても安倍を倒すのが目的になってるこんな党でもマスコミが小池をバックアップしてるから小池の思うまま

民進党に小池が入って党の名前を希望に変えただけで何も変わらないし民進議員を延命させる為に協力してるのがこの薄汚い性悪狸女でサイコパスの小池!!!!

安保法案反対や憲法守れと政府を散々罵って糾弾してた奴らと組んで何が希望は保守政党だ!
[ 2017/09/28 11:50 ] [ 編集 ]
保守標榜『小池希望の党』とさよく『前原民進党』との関係がもう直ぐはっきりとする
「仮・国民ファースト」から正式党名「希望の党」発表時、それまで表だって党の中心として動いていた若狭勝衆議院議員、そして最近合流した旧民進党の細野豪志衆議院議員そんな二名で党を主導して行く様相も見せていましたが、そこで小池百合子東京都知事の登場。

「希望の党を結成し、自分が党代表となる」
 「これまで若狭勝さん、細野豪志さんらが議論をしてこられたが、リセットして、私自身が立ち上げる」
であった。

http://www.sankei.com/column/news/170927/clm1709270002-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/170928/plt1709280002-n1.html

まさにこの最近の動きは「希望の党」は自分が主導して行くという意思表示に他ならない。
どんな党であろうと大小権力闘争はあり、この誕生する「希望の党」でもそれは起こるだろうし、将来的にはその権力構造の変化というものもあるだろう。

しかし、まさに「小池新党・希望の党」と宣誓した。
であれば、これからの党是(政策)、他野党との関係、受け入れ議員、候補者選択は小池都知事の判断で成されたと言う事で責任逃れはできない。

そこで出て来たのが前原誠司民進党代表の「民進党を解党して希望の党入り」であり、しかも他の野党「自由党」なども含めて行こうというものだ。

http://www.sankei.com/politics/news/170927/plt1709270097-n1.html

新党である希望の党としては、小池都知事としては多数の当選議員を出したいというのは当然であり、しかも最大の目標だろう。
であり、また最近目指すのが「改革保守」、「寛容な保守改革政党」と言う。
それこそ悪行を重ねて来た沈む泥船、民進党(民主党)などを「希望の党」に組み入れ、自分が管理すると言っても主義主張の根本的に保守とは違う異物で構成されたやはり『寄せ集め政党』、『選挙互助会』という批判は免れないでしょう。

本来、具体的な党是なり政策なりの看板を示し、新党を形作って行くものでしょうが、先に人気先行、そして抽象的な言葉、もうそれが許される時期ではありません。
此処でさよくを抱え込もうとしながら、保守層にも良い顔をしようと「寛容な保守改革政党」を作ると言うのならそれはもう詐欺・偽善の領域に入るというものです。

そして又此処で不要とも見える政界を引退した小泉純一郎元首相を引っ張り出して来たわけも深謀が隠されている様で不明です。

http://www.sankei.com/politics/news/170927/plt1709270074-n1.html

今、安倍自民党との対立軸を主張し出した小池希望の党、
何れにしても『実態』としての民進党などとの此れからの関係に『希望の党』への保守層の視線、さよくの視線が向けられているというものです。
まあ、それでも衆院選、一般日本国民の一定の支持を小池代表は受ける事にはなるのでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E5%85%9A

https://samurai20.jp/2017/09/despairhope/

[ 2017/09/28 12:03 ] [ 編集 ]
こはるさんへ
こはるさんの小池さんに抱く義憤は、わかる気がする。
あ、このムカムカ感が、自民党や都連の方々の感じていた、小池さんのいやな感じなのか。

日本国の首都、東京都の知事、その職責は重い。
都政よりも国政に優先して関与する、これのどこが「都民ファースト」なのか?

東京都の方々は、小池都知事をリセット(リコール)すべきだ。
選挙の公示まで、小池都知事の辞任を求める署名を、集めたほうがよいだろう。
[ 2017/09/28 12:54 ] [ 編集 ]
民進が希望との合流決まったって出ました!しかも極左の社会党出身者もこの党に合流!菅直人がノリノリでハシャイデタ訳だ!
別に民進に小池が入っただけなのにマスコミが一回民主にやらせよう並みのノリで小池と民進のバックアップ報道するから菅直人も小池マンセーするわけだ

こんな嘘つきな女の言う事信じて希望は改憲政党だーみたいに小池持ち上げてた人達息してるんでしょうか!!!

小池なんて超原発って言ってたのに原発ゼロ
知事会で消費税予定どおり上げろと政府に迫ってたのに平気な顔
日本は世界から取り残されてると根拠無く嘯く詐欺女が小池です
相手によって言う事コロコロ変えて手の平返しや裏切りが日常なのが小池だ!
[ 2017/09/28 13:10 ] [ 編集 ]
雨宿り
庇を貸して母屋を取られ絶望へ…
素人集団と姑息集団
[ 2017/09/28 14:33 ] [ 編集 ]
小池百合子は金券汚職まみれ
小池百合子、国民をバカにしてます!
小池は私利私欲の金券汚職まみれのせこいババアです!
闇金とのパーティー券疑惑やら何やらたくさんあります!
小池が闇金から違法献金を受け、闇金の愛人から贈られた着物をリオ五輪の式典で着ていた疑惑ありますが、私も小池の服の量が気になっていました。
なんであんなに高級な服を買い、セレブな生活をできるお金があるの?と。金券汚職の件を知り、疑問が晴れました。
【小池知事が弁明しない「闇金業者の違法献金」疑惑 未記載のパーティ券購入】ベンゼンよりひどいブラックマネー汚染
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06290802/?all=1&page=1

小池新党は、安保外交のど素人の集まり。北朝鮮に対応できますか?
トランプとのチャンネルもないのに。
小沢が出てきたり最低!
みなさんビラを作り、ポスティングしましょう。
[ 2017/09/28 16:30 ] [ 編集 ]
テレビ
日頃はBS英国ドラマと鬼平&地上波夜のニュースだけが我が家のTV画面でしたが、本日は朝から点けっぱなしで悪評トーク番組まで聞えていました。
ですが、流石に民侵の迷走が酷いからか?評判のw悪たれぶりは聴けませんでした。案外まともでしたよ。

一日経てば悪垂れも息を吹き返すかもしれませんが、そこまでは付き合う気は無い。

民侵はどういう事なのか不可解すぎて解釈出来ないで居ります。
結局衆議院の民侵はゼロになる、と言うこと?
小池氏が合流人を精査するとも言いますけれど、細野と元その秘書二人(民侵が公認した後離党)を受け入れている時点で「合格」レベルはかなり低いのでしょうね。

赤い方(共産)の小池が「議員を続けたい人の希望の党」とか言いましたが、これでよく安倍総理に「大義」批判が言えたモノだ。


ツキクサ様 
女性には女性特有のいやらしさが直感的に感じるのですが、それは政治とは違った面なので、私は都知事選の時は悪印象を封じる事が出来ました。

今回は小池氏の持つ権力欲が、なんとも計算高く冷酷さを伴って伝わって来るのです。それは嫌悪するしか無いです。
決してこの人「寛容」にはなれないと思います。

国家国民に対して、義も無く筋も立たない人には政治を任せたくないです。たとえ総理でなくても。
[ 2017/09/28 17:09 ] [ 編集 ]
自民へのお灸をしたい両親を持つ者として
TVで安倍政権のニュースを観るたびに「安部の馬鹿、嘘つき」と罵り
衆院解散のニュースを見て「自民が惨敗してお灸をすえたい」という
両親を見てると『TVばかり観てるとバカになる』と実感します
民進党をはじめとするキ○ガイクレーマー集団の野合と第二民進党に
なりつつある希望の党のニュースを見てなお反自民に奔る両親は自分
にとって何か恐ろしい生物に思えます、思い返すと自分が子供の頃から
共産党議員と懇意で赤旗と聖教新聞を愛読していた人たちなので今更感
かもしれませんが、愚痴っぽくて申し訳ありません
[ 2017/09/28 17:20 ] [ 編集 ]
祝! 民進党消滅

檄! 希望の党壊滅
   小池百合子粉砕

昨夏、小池に投票した有権者、落とし前をつけよう。
[ 2017/09/28 17:20 ] [ 編集 ]
こはるさんへ
江戸時代の名君、上杉鷹山さんの言葉のひとつに、

「一、国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして、我私すべきものにはこれなく候」

(『譲封之詞』、参考:『新版 名言の智恵 人生の智恵』、谷沢永一編、PHPエディターズ・グループ、2015年)

…とある。小池さんの主張、「日本をリセットする」とは、先祖より子孫に伝えるべき国家において、先祖を無きものとする思想だろう。これの、どこが保守なのだろうか。

今まで、日本人が身を粉にして働き、子々孫々、暮らしを良くしようと、時には私心私欲を抑え、家族のために一心に頑張ってきた。その仕事の結果として、今の豊かさはある。それを、小池さんは、日本の民間企業の世界経済におけるランクの低さを例に出して、否定的にとらえ発言していたように思う。

今、小池さんが為すべきは、都民から委託された都政を、粛々とこなし、仕事をすることではないのだろうか。小池都知事自らは、都政の仕事を全うしないのに、国民の仕事は足りていない、世界から遅れをとっていると経済批判するのは、あきらかにおかしいだろう。

小池さんが、私欲により、国政を「我私」せんとする野心。こはるさんのように直感で、ピピッとわかるものならばよいのですが…

「都民ファーストの会」の小池さんが、今、まさに国政に現を抜かし、都民をファーストにしていない現実。その都政放棄ともとれる国政への関与は、小池都知事のリセット(リコール)に値すると思う。
[ 2017/09/28 18:41 ] [ 編集 ]
敵前解党
総選挙を目前にして民辛党の前原代表が事実上、民辛党の解党宣言を行いました。日本の長い政治史でもこういうのは見たことがありません。

わずかに徳川慶喜が鳥羽伏見の戦いの敗戦後、大阪城に依る会津・桑名の藩兵や新撰組など徳川の主力部隊を置き去りにして、夜中に単身、城内から脱出した、総大将敵前逃亡事件を思い起こすのみです。

逆賊の汚名を着た徳川ブランドを将軍自らが脱ぎ捨てた事件と捉えれば、理に優った秀才型のリーダーが考えそうなことという共通性があるかも。解散を「受けて立つ」宣言から舌の音も乾かないうちの転身劇に、下の者は一気に戦意が打ち砕かれる思いでしょう。


一方において、「権力と寝る」女として定評のある小池女史、自身の選挙には絶大な自信があり、それ故か、首相公選制を仄めかすなど、直接民主主義への志向が強い人物です。であるなら、大統領制に近いといわれる都知事の仕事はうってつけだったのでは。個人的には都知事の仕事を小池さんの「天職」にして欲しかったです。

今、考えれば「小池さんでいいじゃないか」という官邸の意向に逆らって増田を担いだノビテルや内田の、小物らの罪は大きいです。虎を野に放つまでは行かなくても、緑のタヌキを野に放つ効果を上げてしまった。

民辛党のがらくたを小綺麗な緑の包装紙に包んで温存し、再生させる結果をもたらすことが、穏健な保守政治の構築に必要とは到底思えないからです。むしろここは、小池女史の権力への冷徹で無慈悲な計算力に期待したいところです。
[ 2017/09/28 18:49 ] [ 編集 ]
ツキクサ様
以前、平沼赳夫先生に教えて戴いたのですが、幕末の備中松山藩に 山田方谷 という大変怜悧な藩経済指導に尽された方の言葉で
  義を明らかにして 私を計らず 
という保守の指針もあるそうです。

誘惑の多いこの世界で、完全にこれを守り抜く事の難しさも感じますが、少なくとも保守政治家ならば「路線」認識にはして戴きたいと思います。

まだまだ政党編成活動は続きそうで、来月10日の公示直前まで、どうなるのか分りませんが、老舗自民党は堂々と正論で戦い抜いて大勝して戴きたいです。
有権者も賢く、メディアに騙されない選択が出来たら良いな!


バロン閣下
そう言えば、言いましたよね「受けて立つ」w
ヤドカリじゃあ受けようも無いでしょうに。
[ 2017/09/28 19:17 ] [ 編集 ]
こはる様
国の存亡が危惧され、安危が試される状況下に於いて、
ひたすら信頼に足る識者の意見を拝聴、拝読する毎日ですが、
私にはこの流動する政局を論評する力がありません。

そこで常時投稿、しかも重ねてのこはる様の投稿には、
感心もし、同意することが多いものです。
一コメントに恐ろしく時間がかかる私としては、
様々なコメントに即応されるコメント返しも
鋭い刃の手裏剣が、たちまちのうちに繰り出されるようで、
楽しく驚異的です。

そして、今日も赤ゲラの例えは、冴えていました。
思わず、巧いなって思ったのですよ。

>秋篠宮様両殿下の御車輌が舞鶴の海自の見事な堵列に迎えられた動画を、忘れる事が出来ません。これぞ日本の夜明け、と涙ながらに思ったものです。

・そう、私も見ました。そしてこころが震えるような喜びを感じたものです。  これぞ、皇室、これぞ、日本海軍なのだと。
 日本人の魂を揺さぶる清冽さがそこにありました。


>中山ご夫妻の事は、結論として、しばらく考えない事に致します。

・恭子先生がチャンネル桜の昨晩の番組で、水島氏に今回のことを
 切々と語ってありました。
・小さな政党ながら北海道から沖縄まで、志のある有為の人たちが、
 新党に参加したいと希望され、その思いを叶えてあげたいと
 思われたこと。
・水島氏曰く、中山恭子氏こそ、ほかの誰よりも自民党から
 復党を要請されていたにも関わらず、「こころ」に踏みとどまり、
 自分のためではなく、後進に活躍の場を与えてあげたい思いであったと。

・アメリカの憲法や外国の憲法を精査し、
 日本国にふさわしい自主憲法を一から時間をかけて、懸命に作ったこと。
 それを持って、希望の党の憲法草案に取り入れて欲しいと
 願われていました。
・夫君共々、これほどの実績を持った逸材を無下に扱うようでは、
 小池氏に寄せるいくばくかの期待も潰えてしまいます。
 そこは単なるパフォーマではない政治家の本領を見せて欲しいものです。

・一寸先は闇の政界に於いて、今後、どのように動かれていくかは、
 こはる様の仰る通り、しばし静観といったとろこですね。

[ 2017/09/28 19:44 ] [ 編集 ]
小沢一郎も希望の党入りへ
小沢一郎も希望の党入りへ
皆さんホボ片付いたみたいですね。後はオマケで小泉と殿様付けとけばバッチり沈没予定船の出来上がりなんですがね
目を覚ませテレビの前の情弱達
[ 2017/09/28 21:35 ] [ 編集 ]
オール・ポピュリズム(国民愚弄)政党
ブログ記事のとおり、憲法に触れないのはお里が知れるというものです。それに日本の国柄にも興味なさそうです。

正義で平和で自由な世界共通の、意識高い系の有権者なら反対はできないリベラリズムにのっとって、書いてみました的なのっぺりとした綱領です。
この党の入党条件には「国籍条項」もないことでしょう。リベラルだなあ。

有象無象が集まって、日本国民を食い物にしようという魂胆です。日本の敗戦利得者マンセーの流れです。

「日本最初の女性総理大臣を目指すのですか?」との質問に、
「インシャーアッラー(もしアッラーが望みたもうなら)」と回答するおかしな党首。日本の神々はどうでもいいのか。

有権者のみなさん、こんなのに日本をリセットされたら、利用されて壊されて終わりです。食い物にされるだけです。
ばかにされていると感じるべき時です。
[ 2017/09/28 21:58 ] [ 編集 ]
過去に「学習」したこと、活かさなきゃ。。。
幾らテレビと新聞だけからだけの情弱者と云えど、後悔の後には少なからず「学習」してきたことでしょう。

そんな私自身も情弱者でしたし。。。大きな失敗も二度も犯しました。。。

一つは、1993年に細川内閣ができたときの日本新党に。。。『政治改革』という麗句に見事騙されました。それだけ自民党が腐敗していたように思えたのです。(マスゴミの印象操作もあったのかも知れないが、それさえも判断できなかったんです)
二つ目は、2009年の民主党政権に。。。ルーピー鳩山が「生真面目な正直者」に見えるくらいに、これまた(マスゴミに)騙されました。

今考えれば、仕事人間の私にとって、情報源はテレビニュースと新聞、それに週刊誌よりありませんでした。

しかし、その後の民主党政権は酷いものでした。。。その頃は経済面でしか捉えることができませんでしたが、後でネットで情報を得る様になって、その頃の日本そのものが国体的危機状況にあったと後で思い知らされました。

そんな、過去があって、お陰でモノ(特に人間)の見方がかなり変わりました。。。

私は東京生まれですが、今は東北に住んでます。従って昨年の東京都知事選には参選していませんが、ネットではブログコメントなどで「消極的支持」で小池を推してました。。。人間的には信用していなかったけど、東京都の自民都議の暗部をさらけ出してくれることに期待したからです。(というより、増田と鳥越だけは落としたかったのが本心)

しかし、その時々の権力に寄り添って政党政党と渡り歩いてきた小池自身を信用したことは一度もありません。。。大体、パフォーマンス的「作り笑い」とあの「目」が大嫌いです。

東京都民はどんな期待を抱いて「小池東京都知事」と「小池都民ファースト」に投票したのでしょうか?
私も決して大きなことは言えませんが、今は都民一人一人が「大きな後悔」と「裏切られ騙された悔しさ」を経験し、その時の自分の不甲斐なさから「大きな学習」を学んだと思いたいのです。

東京都民でなくともネット住民であれば(平気で嘘をつく)小池の詐欺的人間像は見取っていますので、決して騙されることはないと思いますが。。。反安倍マスゴミは視聴率も稼げるとばかりに「小池と希望の党」報道一本です。。。きっと、まだまだかなりの国民が洗脳されるのでしょう。

但し、確信して言えるのは1993年と2009年の政権交代時代と違い、若い世代でさえも政治を見る目が変わってきている(騙されない)こと、潮目が防衛主権獲得に変わってきたことです。。。

そんな目で、小池「希望の党」を観察していきたい。。。!!!

場合によっては、民進党の左派勢力を全滅に追い込めるかも知れませんので。。。小池次第ですが。。。
(私は、全く期待していませんが。。。)


[ 2017/09/28 22:14 ] [ 編集 ]
なつこ様
「即応」というのが必ずしも良いことでも無い内容ですけどね。これが、算数(数学以前)や理科系の問題ですと、アハハと笑って沈黙です。
そう言えば大昔、母に「私はあなたを口から産んだ覚えはない」と鬼の様な形相で睨まれた事がありまして、本当にバカだった私は何の事だか分らず仕舞いでしたw。

日々替わる民侵情報を高みから観ると、ブラック・ジョーク劇場風で、結構笑えますね。笑った後に「これが日本の国会議員?!カネ返せ!」と寒々しいモノが通りますけど。

本日は、民侵側の一方的解釈ですと、衆院議員一括で希望から選挙に出る。前原党首はそう云って議員総会で一任を取り付けた。
ということだそうですが、明日は明日の風が吹けw
もうね、あの人達、矜持も常識もな~んにも無いの。政界のセイタカアワダチソウだわ。
[ 2017/09/28 22:24 ] [ 編集 ]
なつこ様 2
トド子様のブログに、素敵wな「みどりのたぬき」が載っていました。
思わず大笑いして、モヤモヤ発散出来ますよ。

皆同じ事を思うぐらい、みどりのたぬき なのですよ!と確信w
[ 2017/09/29 01:05 ] [ 編集 ]
みどりのたぬき 拡散中
なるほど、笑えました。
本当に、よく考え付く人がいますね。
みどりのたぬき、緑のたぬきなど、違いがあっても
こはる様と同時に考え付いた人が日本中には、
たくさんいるのでしょう。
先ほどのセイタカアワダチソウも、いけていましたよ。

また、「即応」は今のご時世、必須条件かもしれません。
Twitterなどでの反応の素早さを見るにつけ思うものです。

それにしても、希望の党はいよいよ、ごった煮状態になってきました。
28日夜のチャンネル桜でゲストで出演の高橋洋一氏は
自民党は民進党相手だと思って、選挙に向かったけれど、
希望の党の現状がここまでになるとは、自民党も読み違いをしている。
早めにいわゆる「リセット」をして、対策を一から
立て直さないと、希望の党の風が、容易ならざることに
なるやも的なお話をされていました。

安倍総理の演説も、消費税のことに時間を割かずに、
北朝鮮有事のこと一本に絞って訴えるべきだったと。
米中の話し合いで北朝鮮をどうするかが決まるのですから、
いずれにせよ、消費税云々より、国防の重要性を訴えるべきだった。
先に行くと衆院選どころではなくなるので、今の時期に選挙を
行うしかないとはっきりと言うべきだったと。

希望の党が政界に大変化を起こすことで、自民党もかなりの打撃を
受けることになるのではとの推測をなされていました。
そのためにも、再度の演説をと。

[ 2017/09/29 02:15 ] [ 編集 ]
辣腕ババア芸者
これ程愚弄されてもこの御仁に投票する大衆は多いでしょうね。
ある意味馬鹿な大衆にふさわしいリーダーかもしれません。

芸能人並みの美貌(私には無理ですが)の持ち主かもしれませんが
この御仁の自己顕示欲と虚言壁には閉口します。
[ 2017/09/29 04:09 ] [ 編集 ]
笑いましたが
「みどりのたぬき」は、小池都知事出現の頃から出ていた言葉です。
そのときから、小池の怪しさを指摘していた人も多くいました。

今頃、その言葉にはしゃいでいては、ますます、取り残されますぞ。
閲覧者が少なくても、慧眼のブログは多くあります。
いろんなブログをご覧になって視野を広げるのもよろしいかと。
[ 2017/09/29 05:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: