私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  小沢を取り込む前原のセンスのなさ、希望の党が語らない外交・安保

小沢を取り込む前原のセンスのなさ、希望の党が語らない外交・安保

← 応援クリック、ありがとうございます。

 国難突破解散というのが、安倍総理がこの解散に付与した呼称だ。国難と聞いて北朝鮮を連想できない人がいるとしたら、それは、ひたすらモリカケのみで騒ぐメディアしか情報源にしていないことの証左だろう。日本以外のメディアの多くは、北朝鮮有事を前提に報道を続けている。その差し迫った脅威に、当時国である日本が反応しない、もしくは反応が鈍いのは、平和ボケの極みである。それ以上に反応が鈍い南鮮はいわずもがな、だが。

 さて、安倍総理が会見で解散を発表する前から、政局は目まぐるしく動いている。民進党で、自ら進んで火中の栗を拾うことになった前原は、なんと小沢一郎の自由党と接近しているそうだ。日経の報道によれば、24日、両氏が都内で会談し、与党に対抗するため、民進、自由両党を軸にした野党勢力の結集が必要だとの認識で一致したという。連合も後押ししているそうだ。「結集」が「合併」を意味するなら、前原は地雷を踏んだに等しい。

前原と小沢


 この「結集」を、日経を引用しながら報じた夕刊フジは、「党内には「小沢アレルギー」が強く、反発する声もある」と書いているが、そのアレルギー症状は身内に限った話ではない。小沢一郎という政治家については、党内よりも国民・有権者のアレルギーのほうが強いはずだ。自由党の凋落ぶりが、それを物語っている。かつて自民党の中枢で党内政局を牛耳り、民主党で剛腕を振るったとされる小沢だが、時事通信の直近の調査での支持率は0.0%。絶滅種である社民党の0.1%よりも低い。小沢は既に過去の人なのだ。民進党とて、自由党に駆け込み寺を用意する余裕があるはずもない。弱い者同士が糾合したからといって、存在意義は益々低下するだけだ。この前原のセンスはどうしようもない。

 一方で、いま一番の話題を集めているのが、小池新党「希望の党」である。民進党の落ち武者を集めて数を揃え、中山成彬・恭子ご夫妻という箔付けで体裁を整えるが、総理の解散会見の直前をあえて選んだ立党宣言を見ても、現実的な政策は何も語っていない。拙ブログのコメントを拝読しても、小池百合子氏に対する評価は割れるようだが、少なくとも知事に就任して以来、ロクな実績を残していないにもかかわらず、国政政党の代表を兼ねるというのは、ある種傲慢でもあり、焦りでもあるだろう。

 私が小池氏の会見を見て、最も問題だと思ったのは、掲げる「希望の政策」という、政策とは言えないスローガン集のなかに、外交と安全保障が欠落していることだ。「ポストアベノミクスにかわる成長戦略」という、国語の間違いもさることながら、現下の情勢において外交と安全保障を語らない国政政党は、果たしてまともと言えるだろうか。

小池「希望の党」


 橋下徹氏にも賛否両論あるが、氏は大阪の行政改革を必死で行い、実績も作った。大阪都構想というイシューで敗れたが、議員定数や歳出削減と合理化など、国政進出を望まれながら、まずは大阪の変革に心血を注いだ。私は氏の支持者ではないし、政策も合点がいかないところは多いが、国政と地域政党のハンドリングは、ひとつのモデルになるだろうと思う。橋下氏と比較した場合、小池氏には誇れる実績がない。野心だけが突出して見えてしまうと、シラける有権者も少なくないはずだ。

 小池新党の良い面は、その出現が民進党という名ばかりの野党第一党の存在感を、これでもかというくらい希薄にすることだ。メディアは目下、この「希望の党」を持ち上げ過ぎだが、自民対希望という構図の出現によって、民進党の息の根が止まるのも時間の問題になったかもしれない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/27 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(23)
衆院選での野党混乱
前回、前々回の衆院選の時を振り返れば、野盗が全く成長せず、無為無策の合従連衡しかしていないと、よく分かると思います。

散々解散だと喚き、内閣不信任案も出しておきながら、いざ解散総選挙となると「大義が無い」と言うのは前回と同じ。
選挙の度に所属政党選びに右往左往するのも、前々回から恒例なんですかね。
かなり前ですが、野盗(与党?)の議員が「常在戦場」と言ってましたが。

さて、話題の「緑の小池氏」ですが、一応保守色を出してはいるものの、脱党した民侵議員が居る時点で、単なるアリバイ作りでしかないですね。
都政での懸案事項はグダグダの先送り、で、橋下氏の真似なのか、二股をやろうと。
まあ、橋下氏も良く調べると大阪市政でかなりやらかしていますがw

都下の親戚の話では、都ファは話題にも上らず、小池新党は「また変なのが」との扱いだそうで。もっとも、親戚の知る範囲なんで、一般化は出来ませんが。

なんだか隣の国のようにあちこちに寄る民進党、民進党他の駆け込み寺な小池新党(希望なんか見えないがw)、いつも通りの社民・共産党。
さて、かなりデマの威力が落ちたマスゴミの影響の程は・・・
[ 2017/09/27 08:20 ] [ 編集 ]
メディアも安倍対抗軸としての民進を見限り、希望の党を持ち上げていくことになるんでしょうね。本来なら「何の理念もない選挙のための烏合の衆」と喝破されるべき集団も、今の反日メディアから見たら正に「左の希望」の党でしょうから。
民進が消えるのは良いですが、メディアの持ち上げに鼻息を荒げた小池が、バカな有権者の指示を得て左寄りに走ると目障りです。
[ 2017/09/27 08:21 ] [ 編集 ]
小池のバックって、誰も正体を明かせていませんね・・・・ブログ主はどうでしょう?都議選時の溢れるような軍資金。今回話題になっている希望の党のCMとか。一気に若狭と細野のメンツを潰し自分が看板に躍り出る戦略とか。小池だけで考えられる戦略では無いと思っています。まさか某国と繋がっているようにも感じませんが・・・
[ 2017/09/27 09:31 ] [ 編集 ]
都職員です。
外交・安保で方針が明らかでない党に投票なんかできません。
過去の歴史認識についても同様で。
基本的に農耕民族である我が国の国民性として、地道にコツコツと時間をかけ人間としての信頼関係を作っていく政治と、突然仮想敵を作ってウケる事をワーッと騒いで耳目を集め人気を得る政治とでは、最後に残るのは前者だと思います。
党内左派や公明党に遠慮している感じの安倍さんには少し不満もありますが、それでも戦後最高の名宰相になりつつあるでしょう。
[ 2017/09/27 10:05 ] [ 編集 ]
「希望の党」が、商標登録されたという記事が、今朝の読売にありました。出願されたのが2月ということですから、小池劇場は、相当前から企画されていたのでしょうね。商標登録出願を代理した弁理士が誰か気になります。まさか、元総理ではないでしょうね?また、当該商標権者がだれであるかも気になります。小池女史ご本人?
[ 2017/09/27 10:33 ] [ 編集 ]
「希望」の役目
「希望」の役目ぱよちん集団ミンシンをぶっ潰すことと
連れ込み辞職で揺れるイカサマ政党公明を連立から遠ざけること。
当面、この2点だけでいいでしょう。
にわか互助会はそのうち消えていくでしょうから。
[ 2017/09/27 10:56 ] [ 編集 ]
管理人さんは民進党の息の根が止まると最後に書いてるけど
前原と小池が会って民進と希望と合流で進めてるし更に小沢も加えると話は進んでる
民進の前原が離党してとゆうのは余りにも無責任で無節操なので民進ごと合流する!民進という党は無くなるけど、それは名前を変えた民進党であり民主党なので息の根は全然止まってません!!!
[ 2017/09/27 11:00 ] [ 編集 ]
みどりのたぬき
みどりのたぬき というカップのお蕎麦がありますねえ。そういう商品がある、というだけの事です。
&あかいきつね でしたっけ?

与党にならなきゃどんな公約も絵に描いた嘘。どこの政党にも言えることですが。
この方、丁寧な積み上げ努力はあまりお得意じゃない様に見えますが、外交は取り敢ず人脈ですから、不気味な笑顔だけで騙せるのは、国内のお気楽さん界隈ではないか?と愚考仕り候。

ですが、短期間でも防衛大臣でしたね。今の様に切羽詰まった時期ではなかったけれど、大臣だったんですから一応聴けば語れる何事かぐらいはお持ちでしょうよ。

「ポストアベノミクスに替わる」w武士のさむらい的お言葉も難ですが、安倍政権評論の冷やかさには現状認識を疑う物もあり、何よりこれで五輪を成功させる気があるのかいな?と感じました。
五輪関係だけでも随分政府にはお世話になっている気がするし、都知事の立場を考えたら言える言葉なのか?
この人も又恩を仇で返すタイプの様。小池永久凍土の中心で「希望」を叫ばれてもねえ、と思う次第です。

「改革」がお好きな模様ですが、具体的に何を如何に改革したいのか?も分りません。矢鱈な介入で豊洲の二の舞はお止め戴きたい。
[ 2017/09/27 11:41 ] [ 編集 ]
前半
本日のタイトル前半がありましたねw

「玉砕」と聴けばその戦線全員の死を思いますが、実際には生還出来ている兵もいる訳で、残党全員の「息の根」を止めなくても「息絶え絶え」ぐらいに思えば良いのではないかしら。

「転進」して混成部隊に合流する手も、無い訳でも無い。相手が受け入れれば。それが今の処は不自由と民侵か。
どちらにしても賞味期限がとっくに過ぎた民侵なら、いずれは消える運命だと思います。学級会レベルを超えられない人々でしたもの。

選挙区300万、比例区重複で600万の供託金だとか。他に運動諸経費が掛かりますし、選挙って安直な考えで出る物ではない、筈ですけどね。
その元手を出来るだけ元所属政党から受け取ってから来てくれ、的なネット情報もありましたね。詐欺のお勧め。

全国で150人立てる予定だそうですから、全くの富裕ではない新人が多いと、そりゃ大変でしょうね。持参金付なら喜ばれそう。
あ、又みどりの党話題になってしまった。
[ 2017/09/27 14:07 ] [ 編集 ]
気泡の党
別のブログで「希望の党」は「気泡(バブル)の党」だとの指摘を見ました。
耳触りのいいスローガンを並べるだけで
いずれ泡と消えゆく集団ですから、ナイスネーミングだと感じました。
今後は「希望」ならぬ「気泡」と呼ぶことにします。
[ 2017/09/27 14:36 ] [ 編集 ]
グリーンスリーブス
エリザベス朝の頃から歌い次がれている英国の佳曲に「グリーンスリーブス」があります。

緑の袖の人よ、私の愛した人は何て残酷な人、私の愛を非情にも投げ捨ててしまった。私はあなたの側にいるだけで幸せであったのに。てな悲しい歌詞で、まことに古雅で優美なメロディの曲ですが、西洋で緑には不義密通の暗喩が含まれているそうですから、けっこう怖い意味があります。

民辛党のがらくた議員からの求愛をどこまでlady of green sleeves が受けるかどうか。断頭台行きを承知の上で、一時数合わせに生かすにしても、何しろ鬱陶しい輩ですから。優しい口調で冷たい計算をするのはいかにも小池女子に似合っていますが、ますます彼女の人が悪くなるのではないかと心配しています。


日本の心が事実上の解党を宣言したその日、ドイツの連邦議会総選挙では反EUを掲げるAfD(ドイツのための選択肢)が94議席を獲得し、一気に第3党に躍進しました。マスコミによる極右=ナチス呼ばわりのパッシング攻勢をはね除けての快挙です。メルケルの出身地(旧東独)で与党候補を破るなど、今のドイツ国民の気分をよく反映しています。日本で自民党よりナショナリスティックな政治勢力はいつ台頭するのでしょうか。
[ 2017/09/27 16:11 ] [ 編集 ]
小池はやっぱり女版籠池だった!
民進と合流して都知事も辞めるって報道してました
こんな無節操で無責任で非常識で左翼と平気で手を結ぶとか女籠池そのものです!
気泡のようにすぐ消えてくれたら嬉しいけど
小池にはマスコミが味方してるのでそうはならない!

選挙前豊洲危険安全じゃないから一旦立ち止まるからの
選挙後豊洲早期移転が最優先とか平気で言うサイコパスだしマスコミは一緒に煽ったのに責任とらないし本当に日本を壊しそうで怖い

知事会で消費税も予定通り増税しろと迫って政府に詰め寄ってた小池
原発も超原発でいけと言ってたのに原発ゼロとかレンホウより最悪な劣悪な女!
[ 2017/09/27 16:37 ] [ 編集 ]
「ままにならぬは浮世の習い」と「緑のたぬき」
こはる様

昨日までのこと、絶望的な気分にさせるまでの心の変遷を
毎回のコメントで吐露されていました。
こはる様の一途に国を思う心が、気持ちを塞がせていたのでしょうね。
私も中山成彬、恭子ご夫妻に深く思い入れを持つものですから、
日本のこころの今後を発表されて以来、気持ちを整理できないでおりました。

同じような感慨を持つ者ではあっても、容易に言語化できない私の
まさに代弁をしてくださっているこはる様でしたので、
失意のほどは、人ごととは思えない心境でした。

一転して、今日の「緑のたぬき」には、大いに笑わせていただきました。
本来のこはる様の闊達な精神がよみがえったようで楽しいものです。

過日、伝統の皇室や悠仁親王殿下をお守りする気持ちが、
草莽の者より薄いのではないかと疑念を抱かせておしまいになる
天皇皇后両陛下の為されようや真子様のご婚約がありました。

今回の中山ご夫妻の合流劇と同様に、こちらがいかに心配し、
今後を真剣に悩もうとも、どうにもならないことがあるとの
諦めに至ったのです。

不安が押し寄せ、頭がぐるぐる回るような思いの果てに、
私が言うもおこがましいものながら、
「ままにならぬは、浮世(憂世)の習い」とは、よく言われるとおりの
政界模様であり、皇室問題だと思うようになりました。

但し、メディアの反日性の問題は、諦めたり許したりすることはできません。
日本を駄目にした根本原因ですし、今後も悪さを続けるに違いのない、
腐った心根の住人達ですから。

選挙だけが、唯一国民が意思を反映できるものなのに、
言論報道機関が情報を曲げて自分たちの都合の良い方向へ
世論誘導させることの罪深さは計り知れません。


また、公明党は要所要所で、自民党の邪魔をする癖に、
引っ付いて離してなるものかの姿勢は顕著ですね。
真っ当な意見を言える自民党の右に位置する党が是非とも必要です。

情報戦争のなか、反日戦士にあふれているマスコミの
背後の勢力を圧倒する本来の日本人の力を取り込める
政党の出現を望むのは無理でしょうか。

この「緑のたぬき党」が、化けることも無理でしょうね。
ガラクタ箱、落とし物箱に入っているような
元民主党の類が続々参加するのでしょうから。

そうした者たちとは一緒にされるのは至極、残念ですが、
そう揶揄されながらも、中山成彬氏は国家観歴史観、見識ともに
得難い人物ですし、「次世代の党」や「日本のこころの党」を
落選した議員さんたちは優秀でしたから、その志ある方々に
当選する機会を作ってあげたいという恭子先生の心情もよく理解できます。
[ 2017/09/27 17:00 ] [ 編集 ]
中山夫妻は、晩節を汚す懸念がある
中山夫妻は、残念ながら、小池さんに騙されたかもしれない。情に訴えて、高齢者を騙すのは、振り込め詐欺と、手法的には変わらないだろう。

穏健な改革保守…だったか、希望の党には、キャッチフレーズがあるようだが、保守ならば、絶対に「日本をリセットする」とは言わない。

「みどりのタヌキ」というと、個人的には、なんとなく鈴木宗男さんを思い出すのだが、鈴木宗男さんは、北海道にとって必要な政治家で、自民党との共闘は正解だと思う。

希望の党の状況が、大きく変わったのだから、今からでも急ぎ離党して、中山夫妻は、自民党に合流すべきだろう。「日本のこころを大切にする党」とは、「日本をリセットする党」ではない。

希望の党とは、周りを見れば、民進党の落ち武者や自民党に恨みのある者たちばかりだ。中山夫妻は、保守の看板として、利用されているだけと思うし、場違いだと感じているであろう今、「朱に混じれば赤くなる」前に、希望の党の離党をお勧めしたい。
[ 2017/09/27 17:40 ] [ 編集 ]
いくら自民党に大量得票させても、河野村山談話すら破棄できない体たらく。核保有どころか敵基地攻撃能力まで全否定。デフレ脱却もしておらず、
たった2%のインタゲも達成できないのに増税既定路線で財務省の言いなりに。

そういう意味で、もの言う保守系野党の存在感こそが、今後の局面では国民だけでなく安倍政権にとっても非常に重要でしょう。

中山恭子夫妻だけでなく、他の次世代系の候補者も複数立候補するのでは?橋下や松井アレルギーで維新を飛び出したが、凋落・絶滅の一途だった日本のこころ。
そういう反省を込めての今回の苦渋の選択だったのではないかと思います。

楽観はできませんが、日本のこころ系の政治家たちには、できるだけ多く当選して貰い、党内抗争も含め、国会での存在感を最大限発揮して貰いたいと
思ってます。今が正念場ではないでしょうか。

小池がどうしたとか、細かいことはどうでもいいし、小池劇場に振り回される人が多いですが、要は「民進党の崩壊劇場と改憲勢力の増大」というのが
今の局面のあらすじではないかという気がしてます。

追記:自民の連立先としてふんぞり返っている公明党の立ち位置を脅かすくらいの、希望の党&維新の議席数が獲得できれば、いろいろと状況が変わってくるのかもしれません。
[ 2017/09/27 17:52 ] [ 編集 ]
小池劇場第2幕の始まり!
皆さんのご意見拝読しし、ごもっともとは思いますが・・・
民主党が政権をとるときの選挙前の雰囲気は・・・
小池都知事が誕生する前の雰囲気は・・・
いずれにせよ、マスコミのバイアスをかけた報道に踊らされる大衆・・・

前にも書きましたが、私の住んでいる世田谷区は社民党の区長です。大衆というものは信用できないということを肌で感じています。
特に、民主党が躍進するときのフィーバーはひどかった。私に近しい人間も反自民を平然と言う、私はテレビの視すぎと言っていたが、やはりそうだった。その結果は・・・・・あとで後悔してももう遅い。

さて今回は、大衆はどう動くか?・・・以前のことを学習したのかな?もう忘れているのでは?多分、無理でしょうね。マスコミが反安倍でバイアスをかけるし。

みなさん!そうカリカリしなさんな!少なくとも共産党に振り回されるよりはマシなのでは?それに弱小左政党が整理されるし。大きな流れを見渡せば悪くはなさそうな方向に向かっているのでは?と思うのです。

それにしてもマスコミの定見のなさ、土地資本主義をもじればマスコミ資本主義。社会主義の方が良いのかもね。
[ 2017/09/27 21:05 ] [ 編集 ]
日本をリセット
こんな言葉、良識ある日本人なら怖くてとても言えないはず
それをスローガン(共産主義的に言うと)にするなど
まるで隣国を見ているかのようです。

「安倍自民を倒すため」だけで結束しても、その後どうなるのか
数年前の民主党政権時を体験しながら、日本国民はまだ目が覚めないのでしょうか?

夕方になって、前原氏は無所属で立候補、民進党員が望めば希望の党に合流させる??
政治的信条が一致しない人達の寄り合い所帯。
日本人の有権者がそんなに馬鹿ではないと思いたいですが…

「日本をリセット」が衝撃的過ぎて、中山夫妻はこんな党と解っていて合流したのでしょうか??

まさか小池さんは都知事を辞めて衆議院議員に鞍替えという事はないでしょうが
そうしてもらった方が、馬鹿な日本人の目が覚めるのかもしれませんね。
[ 2017/09/27 21:46 ] [ 編集 ]
絶望の党、民進と合流の為に最終調整に入る!有権者をバカにしてるんでしょうね
小沢が出てきてコンニチワ民進党さんいらっしゃい
反日連合赤軍として如何やら奴らは合流するらしいですよ
正体を表しましたね
それだけ奴らは必死なんでしょうが、実質民進党の看板掛け替えで中身ほぼ同じとか有権者をバカにしてるんでしょうね
[ 2017/09/27 22:02 ] [ 編集 ]
政界再編?馬鹿馬鹿しい
過去に来た道をまた繰り返す?

今私に見えるのは、先生と呼ばれる方々が、私欲むき出しで動き回る醜い姿。
それは過去に日本新党を見て、一国民として学習させていただいたからです。

ビートたけしの名ゼリフを思い出します。
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」

これも一つの日本人気質ですね。

ある意味、共産党には敬意を表します。

[ 2017/09/27 22:48 ] [ 編集 ]
小池の党が直接民進党とでは無く一旦無所属化させて其れを飲み込むみたいですね
まだ正確には掴めませんが
[ 2017/09/28 00:01 ] [ 編集 ]
平和呆けなのだろうか。
>ビートたけしの名ゼリフを思い出します。
>「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
>これも一つの日本人気質ですね。

「日本人気質」?
何を根拠に言えるのだろう。
戦後、GHQが流布した「日本人集団主義論」を無意識に受け入れているのではないか。
「日本人は集団主義」というなら、他国と異なることを論証しなくてはならない。集団主義の国は数多くある。

このように比較・分析もなく断定することほど軽薄なことなない。
考えもない受け売りは危険だ。

おまけに「共産党に敬意を表する」とは・・・。

以上、二つの観点から、呆れてしまった。

しっかりしてください。




[ 2017/09/28 06:43 ] [ 編集 ]
気泡がんばれ
この際、気泡に無用なぱよちん野党は全部潰してもらいましょう。
狂惨はしぶとく生き残るだろうが
気泡の力で社民や自由、ミンシンを壊滅させよう。
目標はお縄一郎、トンチン菅直人、野ダメ、タマキン、デマノイ、バイブ辻元、パコリーヌらの害虫をぶち落とすこと。
イカサマ政党の公明も減れば御の字です。
[ 2017/09/28 09:10 ] [ 編集 ]
名前空欄の方へお答えします
ビートたけしの例えは少し低俗な言い方でしたね。

司馬遼太郎 坂の上の雲、7巻に書かれている
「常に一方に片寄ることの好きな日本の新聞と国民性が、その後も常に日本を危機に追い込んだ」
と言っておきましょう。

元来個人主義が成熟していない日本人は、群れやすいということです。がしかし、これは決して悪いことばかりではなく、強みであることも承知しています。

共産党の件は、その考え方に賛成は出来ませんが、風見鶏のような政治家に比べると、少数になろうとも概ね一貫してしていて気持ちが良いものだ。
ということです。

少し言葉足らずでしたね。
[ 2017/09/29 00:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: