私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  先ず文句を言い、そして「受けて立つ」…。勝算もないのに。。

先ず文句を言い、そして「受けて立つ」…。勝算もないのに。。

← 応援クリック、ありがとうございます。

 つい先頃まで倒閣しか頭になかった野党連中は、安倍総理の衆院解散にいまだ右往左往の状況だ。彼らの主張には一定のパターン、いわゆるお約束があり、何よりもまず「大義がない」「自分勝手な解散」などと総理を批判し、次に、勝算もないのに受けて立つと宣言する。「よし!解散に追い込んだ」という自信はほとんど見受けられない。本来であれば、解散に喜ぶのが野党だ。しかし、「勝てそうなときに解散する総理」と批判していては、戦う前にすでに負けを宣言したようなものだ。

 歴代の首相経験者であり、直近の二つの選挙を「比例復活」という情けない敗者復活でバッジを付け続ける菅直人も、今度ばかりはダメだろう。空きカンは、ブログでまず「安倍総理は国会での追及に精神的に耐えられないために解散すると決断。個利個略極まれりだ」とお約束の批判をしておき、「私は今度の総選挙を「原発ゼロ」実現に王手をかける選挙にしたい」と気色ばんだ。原発ゼロは民進党の基本政策では、2030年に原発ゼロを目指すとなっているはずだが、菅は無所属で出るつもりなのか。ま、どうでもよいが(笑)。

最悪の首相、日本憲政史上最大の汚点 菅直人


 昨日は大串のブログを引用したが、大串のブログがダメ野党の標本かとおもいきや、もっとダメなブログがあった。江田憲司の「「危機管理(有事)そっちのけ解散!」・・・国民の安全より自らの保身を図る!!」というエントリーだ。

 突然の解散報道。臨時国会召集日を与党側がずっと今月25日と提案してきたのに、官邸側の事情でなかなか決まらないのであやしいとは思っていたが、まさか解散とは!安倍首相が周囲の反対を押し切って決断したという

 その意図は「森友・加計疑惑隠し」の一点。安倍首相にとって「森友」「加計」と聞くだけで虫唾が走り、神経が消耗するという。この問題で家庭の不和もささやかれているという。にもかかわらず、国会閉会(夏休み)で一時的に鎮静化しているこの問題を、臨時国会で野党に再び執拗に追及されてはかなわないというのが安倍首相の本音だという


 すべて自分で責任を負わないために伝聞系で書いているところが姑息だ。「「森友」「加計」と聞くだけで虫唾が走り、神経が消耗する。この問題で家庭の不和もささやかれているという」あたりは、すべて憶測に基づくレッテル張りであり、名誉棄損事案として問題視されても文句が言えない低俗な文章ではないか。

安倍総理


 他の倒閣野党やメディアの連中と同様に、江田もモリカケを引き合いに、総理の解散を批判している。しかし、モリカケを材料に政権を批判し、総理の退陣を求めていたのは野党の側だ。彼らがモリカケで政権を追及した目的は、おおきくふたつしかない。ひとつは、その問題追及で支持率を下落せしめ、政権を退陣させるという目的、もうひとつはもっと単純で、モリカケが自分たちの票になるという算段だ。しかし、野党の支持率は伸びなかった。これは単に、野党の作戦ミスなのだ。その作戦で失敗し、いざ求めていた「民意を聞く」という作業が現実のものとなろうとしているとき、彼らはそれを批判する。もう、自己矛盾も甚だしい。

 ひと言でいえば、モリカケ自体が政治空白そのものなのだ。北がミサイルをぶっ放しても、民進党をはじめとする野党連中は、国会の時間をモリカケで散々浪費し、国家の存立という根本的な問題を蔑ろにした。そういう野党に、有事を目の前に政治空白を作るなという資格があるとは思えない。今までモリカケを政治利用しまくったと思ったら、解散を撃たれそうになって、今度は北朝鮮を政治利用するバカどもにバッジを与えては、税金の無駄遣いである。悔しければ、江田をはじめとする民進党の連中は、モリカケを争点に選挙を戦えばいい。

 しかし、安倍首相!やりたいならやればいい!受けて立つ!!


 江田もお約束の決め台詞だ。ま、せいぜい頑張れ(棒)。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/20 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(28)
何もせず、言いたい放題、おまけに無能。
「解散・総選挙はいつでも受けて立つ。(衆院解散に)追い込みたい」
 7/6 民進党 蓮舫

「内閣改造でごまかそうとしているが、解散・総選挙を打たざるを得ないところに追い込むことが大事だ」
 7/6 社民党 又市征治

「内閣改造ではなく、内閣総辞職、解散・総選挙が必要」
 8/3 共産党 小池亮


そして今、
「大義がない」
「なぜ今、解散なのか」


言葉に責任をもたない政治家の言うことなど、誰が信じるものか。
選挙は、愚昧な有権者を啓蒙し、卑怯な政治屋を駆逐する好機であって欲しいと心から思う。



[ 2017/09/20 09:52 ] [ 編集 ]
人災野郎の再稼働は許すまじ
>直近の二つの選挙を「比例復活」という情けない敗者復活でバッジを付け続ける菅直人

こいつの大仕事は、大震災の初動を遅らせ、原発事故の人災要因になったこと。そして国民に使いもしない電気料金上乗せを徴収するFITを成立させたことです。こんな奴を政治家にしておく必然はありません。無職になったらSBに就職するんでしょう。

野田も同じくいらない。民進全滅でOKです。
[ 2017/09/20 13:36 ] [ 編集 ]
疫病神だらけ
抑えても微笑がこぼれるそのコラ絵。
二度の比例復活も、真夜中最後の最後にゴールした「元首相」だったのではなかったか。こちらは落ちる事を念願して開票最終までつきあったのですが、ザムネン也でしたっけ。
この党にとっては疫病神であろう者も未だ公認候補になるのかしら。

「受けて立つ」 ねえ・・・受けたくなくても立つ以上は受けずばなるまいに、自分を奮い立たせる役にも立ちそうも無い言葉ですこと。
ぐっど・らっく。
江田氏等には、政界流れ者達というのはこんなに心身共に惨めな姿になるものなのね、という感想を持ちます。何をするために政界入りしたのか?原点は忘却の彼方かな。
えらそうに振る舞っているとこういう姿になる教訓でしょうか。

有事になる可能性濃厚なので体勢建て直しするのが、なんで「自己保身」になるのか?三十字内で説明せよ、とでも暇だから言ってやろう。
[ 2017/09/20 17:01 ] [ 編集 ]
御免候らえ
別件ですが、国連演説でトランプ大統領がみぐみさんの件に触れて下さいました。
それに対して北代表は途中退席だったそうで。

政治的思惑があっととしても、今まで、少なくともクリントン以降、何度も説明して来たこの件での米国各政権の感覚の違いに、単純にありがたく存じます。
[ 2017/09/20 17:26 ] [ 編集 ]
めぐみさん でした。失礼。訂正
[ 2017/09/20 17:28 ] [ 編集 ]
大義を言う者には、それなりの自負と覚悟が必要だと思うのです
そもそも大義とは、
人がふみ行うべき最高の道義
特に国家に対して尽くすべき道
とあります。

日本を貶めたい、弱体化させたい朝日新聞やNHKを初めとした反日メディアや
反日野党連合の国会議員など、言うも恥ずかしい連中が
「大義なき解散」と書き散らし、喚き散らすのです。

本来ならば、精神性を持ったこの言葉を
これ程に陳腐に薄っぺらいものにしたのは、
こうした反日メディアや反日国会議員などの度重なる
不行跡ゆえのこと。予想していたこととはいえ、
「大義がない」などと言わせるのは、やはり悔しいものです。

自省することの無いこうした連中は、
またもや、安倍政権の支持率を下げることに、夢よ再びと躍起になり、
愚民養成洗脳装置のテレビが、一になって安倍政権打倒と
お馬鹿なコメンテーターを使い、散々、言い募っていることでしょう。
あの顔、この顔と、したり顔に言うだけの無責任な
お馬鹿たちの群れ合うテレビなど見る気も起りません。

また、ミサイルを何発、撃ち込まれようが、
国家の防衛などどこ吹く風、国家国民を忘れて、
ひたすら、我が身の利することに躍起となる政治家連中が、
偉そうに講釈を垂れる資格なしです。

無責任な平和平和の連呼のみで、
国民に真の国防意識を醸成し、国家が出来得る最大の手立てを
講じるような番組や記事を提供することなく、
モリカケ騒動なるフェイクニュースで、国民を騙し続けたメディアという
存在は国家国民にいよいよ、害を為すばかりです。

安倍総理のインド訪問の際の歓迎ぶりや総理の外交が如何に
日本の国防に益するものであるかの情報は流さず、
反日国の国土の買占めや大学に巣食う反日工作などの
謀略情報は殆ど話題に載せません。

つまりは、日本の危機を知らせないための番組ばかりを四六時中、
垂れ流して国民にとって有益な情報は隠蔽することに徹し、
恣意的報道にばかり明け暮れる信用ならない日本の旧来のメディアは、
終には、敵国のプロパガンダ機関と化してしまっています。

ネットで情報を取る事でしか、真実にたどり着けないと
覚醒した国民が、もはや、これら反省なき前科者の
反日マスコミの言う事など耳を貸すものですか。

遅れて情報を得るのは、既存のメディアの方ですから、
既得権の最たる旧来のメディアに擁護され、重宝される人物や政党を、
どれ程の日本人が、やりきれない思いで見ているか、
選挙で結果を出したいものです。


***
こはる様

トランプ大統領の国連演説に、拉致のことでめぐみさんに
触れられたこと嬉しくて、有難く思いました。

先日より、拉致被害者の救出国民大集会の動画が
あげられていました。
20170917 今年中に拉致被害者の救出を!国民集会  
中山恭子、五嶋龍さんについて語る。と題した動画などです。
その他、増元照明氏、荒木和博氏、西岡力氏、横田拓也氏など
血を吐くような真摯な訴えを見ていたものですから、
このトランプ大統領の演説の報には、いっそう嬉しさが募ったのです。
一筋の光明を見る思いです。

今、チャンネル桜のサイトに行きますと、
【拉致問題アワー】家族の高齢化と切なる願い
~9.17 今年中に全拉致被害者の救出を!国民大集会[桜H29/9/20]
としてUPされていました。
https://www.youtube.com/watch?v=9tnN64NdwlY
[ 2017/09/20 22:24 ] [ 編集 ]
恥を知るは勇に近し
「受けて立つ」というのは横綱相撲のことですよ。(笑)
格下の力士を先に立たせ、おもむろに胸を合わせて跳ね返す、堂々たる取り組みのことです。三下の言う台詞ではありませんね。下っぱの力士は先輩力士の胸を借りるという言い方をします。それにしても、日本語の常識の無いやっちゃな。

トランプ大統領が国連で横田めぐみさんの拉致事件の酷さを発言してくれましたが、先日まで弟の拓也さんが米国に滞在されて米国のシンクタンクで講演されていましたね。

めぐみさんがいなくなってから横田家では犬を飼ったそうです。その犬を連れて横田さんの父上は雨の日も雪の日も散歩に出かけていたそうで、おそらくめぐみさんを探して近くの海岸の松林を捜索していたのだろう、と語っておられました。胸が締め付けられるような気がします。

米国の軍事力を当てにする他には、核ミサイルどころか、拉致問題の解決さえ目処が立たない不甲斐ない国の、国会議席の取り合いで凄んでいるような出来損ない政治家は、在庫一掃を図りたいものです。恥を知らない者に、政治的な勇気など、あろうはずがありません。
[ 2017/09/20 22:51 ] [ 編集 ]
解散総選挙にも批判かい
今回の解散総選挙が、天皇陛下の健康状態と関係するのでは、と一瞬思いもしましたが、ネットで拝見する限り、両陛下のご動静は特におかわりなく、単なる杞憂であり胸を撫で下ろしました。

それにしても、大義を求める低俗な左巻き連中には言ってやりたい。
「何を隠そう、あなたらが求めたモリカケ解散ですよ。」with 冷笑
[ 2017/09/20 23:54 ] [ 編集 ]
明日はいいことがありそう
いつも皆様のコメントを拝読する際に、誰かなと思いながら読み進めています。
今日はこはる様、なつこ様、レッドバロン様の出だしに続けて正解を得ました。

「当たった」というささやかな喜びを感じた次第です。
[ 2017/09/21 00:27 ] [ 編集 ]
なつこ様
五嶋龍さんが学生相手のレッスンとコンサートで拉致問題への関心喚起を促そうとしたら、それだけで「政治目的だ」と批難囂々に「一部」が湧いたんだそうで、とても人間の血が通っている生き物とも思えません。
人間じゃなくても動物は親子、仲間を助けますのにね。こういうのに限って自分が被害者だったらどんなに嘆き、恨み通すことやら。

仰る拉致大会には参加できませんでしたが、録画で会場に届いためぐみさんのお父様は渾身の力を振り絞って「会いたいです」と仰ったのが精一杯の一言だった、と産経で読みました。

どんな不都合が起っても北に行ってめぐみさんに会えるものならと望んでいらした横田氏ですから、今だに奪還出来ない我が子への想いの哀しさがその一言に溢れて、こちらが貰い泣きです。
近いうちの横田父娘、他のご家族皆様の喜びの再会が果たせますように、願いを込めたいです。

北から奪還直後の米国青年の死がトランプ大統領に拉致問題の異様さを感じ取らせて呉れた様にも思います。鎮魂と感謝です。

[ 2017/09/21 00:27 ] [ 編集 ]
シバサマ1966様
私も読ませて戴きながら「これはシバサマ1966様のコメントね」も当たる率が多いです。
今年中良いこと続く予感ですw
[ 2017/09/21 00:36 ] [ 編集 ]
こはる様へ
本当ですか。
ありがとうございます。

が、なにやらはずかしい気持ちになりますね。

先程のコメントは軽率でした。皆様ご容赦ください。
[ 2017/09/21 00:53 ] [ 編集 ]
シバサマ1966様
昨夜は睡魔に勝てず、早々に寝てしまいました。
朝、起きて見たら、こはる様やレッドバロン様と並んで私の名前が
書かれているのを見て、びっくりしましたし、嬉しいものでした。

ただ、直ぐに、これでは実力あるお二人のクリーンヒッターに
凡打者が混じって恥ずかしいものだと思ったのも確かなのです。
稚拙でも懸命に書くことが私の取り柄だと思うことで漸く、
コメントが出来るものですから、時折の投稿となってしまいます。

専ら拝読する側におりますので、常連の方として
シバサマ1966様のものを読ませていただけるのも楽しみにしているのです。
いつも有難うございます。

そして、一瞬でも喜ばせて下さったシバサマ1966様に感謝です。
[ 2017/09/21 05:44 ] [ 編集 ]
こはる様
シバサマ1966様に書きましたように、昨夜は早々に寝てしまいましたので、
只今、コメントしています。

拉致被害者奪還は犠牲を厭わず、勇気を奮って
成し遂げられるものだと思います。
今後に起こり得る厳しい現実は、太平の眠りを貪った
日本人の覚悟が試されるものだ思うのです。

寝惚けた憲法を持つ故に、拉致被害者を救えなかった長い歳月。
邪悪な世界を相手にして、無力な憲法を持つ故に、舐められ、脅かされ
内外の敵対する勢力から陰に陽に揺さぶられ続ける日本国です。

それでもなお、この時期に安倍総理を戴ける日本であったことは、
幸運だと断言できます。
軍事力行使をアメリカに委ねたひ弱な日本でありながら、
拉致に関しても安倍政権であったからこそ、出来得た拉致奪還の為の
諸政策であったこと。
(このことは、先の動画で西岡力氏も仰っていましたが、
 メモを取らずにいた為、詳らかには出来ません。
 記憶力、悪すぎな私です)

何よりなことに、拉致被害者家族の方々のすがる様な
お気持ちに応えるべく、安倍総理の熱意がトランプ大統領や
国連への働きかけとなって、奪還への道に希望の光が
射しこむようになっているのです。

世界が大きく変わろうとする中で、これまでに経験することのなかった
厳しい決断が迫られるこの時期に、安倍総理以外にその任を全うできる
政治家がいるのかと思うばかりです。

政治家は言うに及ばず、工作員まみれの学界(五嶋龍さんの呼びかけに
政治色云々と言ってしまう狭隘な世界)官界、産業界、
そしてマスメディアという反日団体の総攻撃にも屈せず、
軍事力の背景を持たずして世界の舞台で頑張って下さっていることの
強味を日本人は、反日勢力に乗っ取られた感のあるメディアの所為で
知らされていません。
口惜しい限りです。

長々と、こう書きながら、
こはる様だったら、もっと端的に言いたいことを
書いて下さるだろうにと思ってしまいました。

欠かさず投稿される実力がおありのこはる様ですから、
毎回、心より楽しみに拝読しております。
有難うございます。
[ 2017/09/21 07:06 ] [ 編集 ]
シバサマ1966様
何処が「軽率」なものですかw 有り難く戴けますものを。

シバサマ1966様もですが、常連さん同士の文体は意識して無くても何となく判りますでしょ。それもコメントの楽しみだと思います。

ご謙遜のなつこ様ですけど、それを言えば「決して謙遜ではない」とお返しが来るのですが、私としましては彼女はご謙遜宗家の様な方で、辺り構わずドスドス書いてしまう者には少しは見倣うべきなのよね、とは思うだけは思うのです。と言訳。

エロ軍曹殿のお言葉をひかせて戴けば、ジメジメ時期の「塹壕暮らし」に終止符を打つべく、<明日は明るいニッポン!>と信じて、カラ元気だけででもお互いに書き続けましょうよ。
[ 2017/09/21 14:58 ] [ 編集 ]
なつこ様
何を仰るうさぎさん
お褒め戴けるのは素直に有り難く、と、「一応」申しあげます。
というのは、一度どなたかがご指摘だったのですが、多分あれは私の文章か?とも感じていたのですが、ワタクシ端的過ぎて”何のこっちゃ?”になる傾向がある、と反省はしているのです。よ!
自慢じゃないですが、ワタクシの話はよく飛ぶのです。自分の中では一貫しているのですが、人様からはよく、そう言われます。なので、文章も思いつくまま、になっちゃうはずです。ご賢察を願いたい!

だけど、よく続いている思いません?飽きっぽい性格なのにほぼ連日コチラにお邪魔してドスドス書き修業。我ながら感心しないでもないですw


仰る通り、安倍首相が今この時に総理でいらして下さった。よくぞ復活して下さった、と事あるごとに思います。
これは、多分、安倍晋三氏の天命なのだろうと、ここまで来たら思います。
北がもしも実際に「有事」を引き起こしたら、これまで占領終了後65年間も一行も似非憲法を変えてこなかった私達国民の責任は本当に大きいと思います。その手枷足枷で政府を縛り付けている訳ですから。ソレも含めて安倍総理の「天命」だと思う事に私的に決めておりますw。

何と言っても拉致はアノ暴走豚家系が相手ですから、一日も早く、と熱望しても現状日本の大問題がある以上、掛ける圧力には限りがありました。
それを席の温まる暇無く外交努力で世界に訴え、ようやくここまで来られた総理の計略とその体力に感謝しないでは居られません。未だ未だ道半ばですが、少しだけでも拉致被害ご家族の方々が希望を持てたら、本当に嬉しい事です。

ご家族様方は当然の事ながら「風化」を恐れて居られますが、余りに長い年月の事で、もう「頑張って下さい」なんて辛すぎて言えないんですよね。
お掛けする言葉が無くて沈黙するしか無いのですが、この大事を風化させたら日本民族の恥ですもの。

21日は安倍総理のお誕生日で、20日が今回お留守番の麻生副総理のお誕生日だったそうで。良いこと無くっちゃね!
今朝から雑用で未だ総理の国連演説を知らないのですが、トランプ大統領の演説と並んで、インパクトのある演説であろうと思って居ります。


なんじゃもんじゃ言って居ないでコメント読ませて下さいよ!


[ 2017/09/21 15:49 ] [ 編集 ]
こはる様
>なんじゃもんじゃ言って居ないでコメント読ませて下さいよ!

これには、恐れ入りました。
威儀を正して、ハハァとなります。
そして同時に、こはる様より、度々お叱りを受けている末田様
の気持ちが多少なりとも、分かったようで、
笑いがこみ上げてまいりました。
(末田様、失礼をお許しください)

と言う事で、
こはる様に、また、あえて抗弁いたします。
私のコメントとこはる様のコメントには、歴然とした違いがあるのです。

私のものは、事象について具体的に書くことが出来ないことが
欠点だと重々、承知しているのです。
勿論、作り事を述べているのではなく、一々に、
あの事、この事と、きちんとした具体例は頭に浮かべて
記載しているのは事実なのです。
いろんな動画を見、書かれたものを取り入れ、咀嚼出来ているか
怪しいものでありますが、ともかくもそうした事象を背景とした
記述であることは確かなのです。

何分にも具体例として、数値や事柄を詳細に渡って述べることが
出来ずにいます。
そこで問題として、おぼろげな記憶力が立ちはだかるのです。
何処かで見たものの直ちに引用するには、事が運ばず、
ひたすら、曖昧な書き方に終始することが、自分でも嫌になるのです。

もっと簡潔明快な文章でありたいと
無い物ねだりの状態を続けながらの投稿となります。
私が、仰るような謙遜宗家の者でもないことは、
こうした理由で、この点では明確に申せるのです。(笑)

その点、こはる様は
事象を説明する論点整理や把握力に優れ、
歴史的経過など具体例を挙げつつ、論証されていく、
明解さをお持ちです。

その意味で、文章表現の巧拙は、言うまでもないのですが、
他の常連のコメンテーターの方と論争を闘わせることが
お出来になるのです。

私には、管理人様の明快な論旨のもとに書かれる記事に
大いに賛同しても、なかなか、毎回のコメントを
投稿するには至りません。
論理性など皆目見あたらず、時々に突き上げて来る怒りの感情のままの
投稿となります。
たどたどしいものでも、日本を思う気持ちが
どこかに表れていれば、有難いと思うばかりです。

先人が遺してくださった数々の恩恵を
当り前のように享受していながら、今の私達が何も考えずにいたことで
大きなつけを先々の日本人に残すようであっては、相済まぬという一点は、
揺るがぬ思いです。
何が出来るかは横に置いてしまいますが。


また、こはる様が書かれていたように、横田めぐみさんのお父様が
「めぐみちゃん」と振り絞るようにして、声に出して呼びかけられる時、
どんなに可愛がっていらしたかを思います。
おしゃべりが上手くお出来にならなくなった只今の状況は、
衝撃的な映像でした。
歳月の酷さとはこのことかと、胸が潰れる思いがいたしました。
めぐみさんとお会いになる頃には、もっと状況が厳しくなり、
会話を交わすことが出来なくなるようでは、本当に耐えられない事です。

小さい時に読んだり、映画で見た「安寿と厨子王」を思い出します。
人さらいが幸せな母子を引き裂き、非情な運命に叩き落とします。
盲になった老いた母親との再会は、悲しすぎるものでした。

そこで、「拉致」と言う言葉は、その残酷性、残虐性を弱めるような
気がしています。
子供の頃に「人さらい」という言葉が、
恐怖そのものとして心に刻まれていました。
この途轍もなく恐ろしい犯罪を「拉致」という熟語では、
ぼやかしてしまっているようです。

よくぞ、ここまで耐えて来て下さったご家族の方々でした。
その歳月は尋常では計り知れない深い苦悶の中にあったことと、
あらためて、思わずにはいられません。
今、扉が開きつつあります。どうぞ、良き進展がありますように。


それにつけても、9条信者たちの酷薄さを思います。
護憲派の連中は、平和平和と連呼しながら、悪いことを
するのは、日本人だから、日本人は守る必要のない、
先々、日本がどうなろうと知ったことではないと言うに等しい
我執の者たちの集団です。
国家国民を、領土領海領空を必死に守ろうとする自衛隊の方々に対しても
自己満足の濁った眼を持った極めつけの冷酷人間とも言えるのです。


[ 2017/09/21 19:48 ] [ 編集 ]
コメント欄
なんか、このやりとり、いいですね^^
[ 2017/09/22 00:36 ] [ 編集 ]
なつこ様
安寿と厨子王丸。あれも越後の浜でしたっけ?佐渡に売られたのが母だったか?で、ひとみさんは佐渡の人。 
何だか薄気味悪いほどの類似点ですよね。

現代の人攫いは対象が誰でも良かった訳では無いと思うのです。
北が必要だと思えた要素を持った方々が、北の手先に依って選ばれて(犯罪者め!)強制連行されたのだろうと、私は思っております。
そしてその共通点は「本当の芯の強さ」。
その共通点故に、彼女彼らは必ず生還されると信じて居ります。後は時間の一秒でも早い事を切望するだけ。

一つだけ不思議なのは、北への帰還運動で日本人妻達や日本生活に慣れた自民族が手元にいくらでも居たでしょうから、スパイ育成の為の日本語教師などは、態々日本から攫って行かなくても間に合っていたのではないか?と今でも思います。
まあ、金家親子はフツーじゃないのですから、こちらに理解出来る訳も無いのですが。

明けない夜は無い。止まない雨は無い。勧善懲悪。などなどなど思いつつ・・・長すぎますけど、弱ってなるものか。
反日勢への悪口なら幾らでも頑張れるわw
[ 2017/09/22 00:45 ] [ 編集 ]
なつこ様 2
管理人様が いい って!
何がいいのか深くは追及しないで、いいものはいいのだ。ルン!
[ 2017/09/22 01:10 ] [ 編集 ]
楽しいおふたり
ワンフレーズで語る管理人様、
それを受けたなつこ様2のこはる様、
長文をものされるお二方のちょっとしたユーモアの風情が楽しいものです。

殊に「ルン!」の楽しさったらありしゃない。
ルンの笑撃とでも申しましょうか。(笑)
この感覚、いたく感激しております。
[ 2017/09/22 08:10 ] [ 編集 ]
機械音痴
なつこ様
本当はライク・カラー軍曹殿が以前使われた ぺこり君とか 八分音符 なんかを付けたいな、と思うのですが、何処をどうしたらあの絵がでるのか、皆目分りませんのです。

携帯なら出るでしょ、と不親切な家人は言いますが、ピコピコ文字を打つのは苦手ときたもんだ。ガラパゴスにも住めませぬ。
[ 2017/09/22 09:36 ] [ 編集 ]
カラバコダス
こはる様

機械音痴は私も同様です。
取説など読むのが大の苦手です。

などと自慢(?)してみても始まらないことに、
こはる様の書かれたライク・カラー軍曹、ぺこり君、八分音符など
何のことかと分からずにいます。
全て、キャラクターなのでしょうか。
出し方以前の者ですので、お役に立てずに申し訳ありません。

今時のものに、全く追いつかず、
ガラパゴスにもならない、カラバコダス(空箱ダス)で
日々過ごしております。

[ 2017/09/22 11:36 ] [ 編集 ]
おまんは12歳のムスメか?
なつこ様
ペコリ = <(_"_)>
音符  = ♫ 🎶
カラーライク = 前川すけべい =(色 好み)

本を読むっつ~~のは 言葉の理解、言葉の遊び、揶揄に通じることでもあるのじゃわ!  おまんが心の師と仰いどる先生が嘆かれるのではなかろうか!
[ 2017/09/22 13:26 ] [ 編集 ]
末田様
回答ありがとうございます
テレビを全く見ないものですから、何か流行り物のキャラクターかと、
夫々の語句を検索をかけてみたりしても解決を見ず、思案をしていました。
「ぺこり」と入力すると、丁稚さんが頭を下げている
可愛らしい画像が出てきたり・・・。
絵文字ならば少々、分かるところでしたが。

こはる様のコメントを良く読めば、
なるほど、「ライク・カラー軍曹殿が以前使われた・・・」の箇所に
キーワードが埋め込まれていたのですね。
思い切り、違う方向へ行っていました。
[ 2017/09/22 16:05 ] [ 編集 ]
いいわあ
12才! これからが青春! 
なつこ様人生二度生きられますよw 

一つだけ軍曹殿のご教授には間違いがありまする。
ライク・カラー= 色好み は○ですが、前川すけべい だけかい!、
と言うわけで

いろ いとど好める ぐんそうなるおとど を簡単に信用する様では、なつこ様、振り込め詐欺に遭うことにやなるらん ですぞ。

アプリ?とかいうのかしら。いろいろな絵がありますでしょ。
「携帯は通話が出来れば全完了」の私には、機械は使えなくても良いが判子の様にペタペタ捺してみたい 気はするのです。
[ 2017/09/22 16:58 ] [ 編集 ]
こはる様
若かりし頃、弟妹と一緒になって買い求め、
初期の頃の陽水のLPを殆ど持っていました。
その中で「人生が二度あれば」という曲を聴く度、
感傷的になったものです。
はたして、親孝行をせぬままの不肖の娘にも
人生は二度ないものでした。

せめて、軽口を叩いておきます。
12歳のムスメとは、褒め言葉として受け取ることにします。
何しろ、感性の一番、瑞々しい時代でしたから、
その頃を思い出すのは、心の中がほこほことして来て、
実に愉しいものです。

それにしても、ライク・カラーとは巧いものですね。
真剣にライク・カラー軍曹などと検索にかけて・・・
ないなあ~と残念な私でした。
まんまと嵌った私には、近年にない秀作に思えましたが。(笑)

管理人様の記事に関するコメントは、一向に投稿出来ずに、
横道に逸れたコメントばかりで迷走しております。
申し訳ないことです。
[ 2017/09/22 20:34 ] [ 編集 ]
なつこ様
親孝行 したい時分に親は亡し 
         墓に布団を着せられもせず

という古くからの言葉もあります。
多分、どんな親のどんな子も、年行けば想う感情なのかも知れません。
でも、コメントで伺うだけでも、なつこ様は良くお尽しになって居られる、と思って居ましたよ。あれも、これも、してあげれば良かった、と思えますでしょうけれど。
残った娘の母への感情は無尽蔵、と諦めて、トコトン悔いるしかないのかも。
先年流行った「吾亦紅」。あの歌には一曲終わるまでそれこそペコリ土下座の気分になってしまいます。

なつこ様は陽水ですか。今のお子さん方には通じないかも知れませんが、若い時分の曲には今でもしみじみ感じる曲や歌詞が多いですよね。少なくとも私達にとっては古くない。

最近私は何故か毎日「フロム ザ マウンテン」(byスタイリスティック)を繰り返し聴いています。別に外国モノが好きなわけでもないのですが、そういう気分w これが掛かるとニャンコの正座+半拍遅れの尻尾振りがおまけで付いてきます。


[ 2017/09/22 23:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: