私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  民進党、政党別支持率で3位に転落の秋

民進党、政党別支持率で3位に転落の秋

← 応援クリック、ありがとうございます。

 何度か書いているが、各種報道機関の世論調査の中では、時事通信の調査結果が最も信頼できると思っている。理由は単純で、調査方法が個別面談形式であるという点だ。その時事通信の直近の調査結果が、かなり興味深い。

内閣支持41%に回復=北朝鮮「現実の脅威」8割-時事世論調査 (時事通信)

時事通信が8~11日に実施した9月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比5.2ポイント増の41.8%で、6月調査以来の4割台に戻した。不支持率は同7.4ポイント減の36.7%で、3カ月ぶりに支持が不支持を上回った。北朝鮮による弾道ミサイル発射や核実験への政府対応が一定の評価を得たことなどが影響したとみられる。
 核・ミサイル開発を進める北朝鮮は現実の脅威と感じるかを聞いたところ、「感じている」が81.3%で、「脅しの域を出ておらず感じない」の15.4%を大幅に上回った。一方、北朝鮮対応を踏まえ、防衛省の来年度予算概算要求が過去最大となったことについては、「賛成」51.1%、「反対」32.4%、「どちらとも言えない・分からない」16.5%となった。
 内閣を支持する理由(複数回答)は、「他に適当な人がいない」21.6%、「リーダーシップがある」10.3%、「首相を信頼する」9.5%の順。支持しない理由(同)は、「首相を信頼できない」が20.8%と依然として最多で、次いで「期待が持てない」18.1%、「政策が駄目」11.8%などとなった。

 政党支持率は、自民党が前月比2.0ポイント減の23.7%、民進党は同1.1ポイント増の4.3%。以下、公明党4.9%、共産党1.3%、日本維新の会1.0%と続いた。支持政党なしは同0.7ポイント増の62.9%となった。
 調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は63.8%。(2017/09/15-15:10)


 現在までの各社の調査で、安倍政権の支持率は軒並み回復していたが、時事の調査はその傾向を改めて確認する上で興味深い。更に、支持率が不支持率を再逆転するという結果は、北朝鮮の暴挙への対応もさることながら、政権の足腰の強さの証明だろう。

 さらに興味深い結果は、政党支持率だ。

政党支持率


 民進党は前月から34%上げ、4.3%を獲得した。前原新代表へのご祝儀相場だろうが、山尾の下半身スキャンダルがなければ、もう少し上げたのかもしれない。だが一方で、公明党が支持率を約倍増させたことにより、野党第一党ながら、政党別では第3位に転落した。公明党が何か目立ったことをしたわけではないので、この支持率の上がり方は異様にも思えるが、とにもかくにも、公明党にすら及ばぬ支持率で「ふたたび政権交代可能な2大政党制を」などと言っても、鼻で笑われるのがオチである。

 この調査が実施されたのは8~11日だ。前原のハニトラ疑惑の文春砲が炸裂したのが14日なので、この支持率は更に落ちる可能性がある。加えて、「離党ドミノ」というネズミたちの相次ぐ逃亡によって、悪印象は上積みされる。新代表の船出には、泣きっ面に蜂だ。

 政治には健全な野党の存在が必要だと言われる。「健全」には、心身の状態を除き、「考え方や行動が偏らず調和がとれていること」と「物事が正常に機能して、しっかりした状態にあること」という二つの意味がある。残念ながら、「調和」のない、「機能不全」を起こす民進党には、どちらも当てはまらない。政党としての調和がとれているということは、理念や基本政策で一致していることを示すが、民進党が完全に一致したのは、「政権交代」という作業においてのみである。しかもそれは、理念でも政策でもない。党の分裂が真面目に議論されている政党は、「正常に機能」という定義とは真逆の位置だ。

 こういう支持率の低空飛行は、ネズミをの脱走を更に誘発するだろう。ほぼすべて、身から出た錆と自覚すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/17 07:21 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
民進党消滅の秋に
この前原ハニトラ疑惑について、「随分前のことだから、今は影響のないことだ。ニュースとしては鮮度が落ちる」などと言う呑気な人もいるようですが、ハニートラップがトラップである所以は、これをもとに脅し続けることができるということです。
ですから、依然として、トラップをかけた人間、その勢力の支配下に置かれているとみるべきです。

「脇が甘かった」などでは到底ありえません。前原氏にとっては致命傷です。


そんな人物をトップに据える集団ですが、今、解散総選挙となれば、その沈みゆく泥船は完全に水面下となり、視界から消えます。
また、節操なく政党を渡り歩く政治屋もThe End必至です。

この時期の総選挙には議論も多いことでしょう。
しかし、国内政治運営を阻害する勢力を排除することは緊急の課題です。
選挙には多額のお金がかかりますが、国内の浄化費用とみれば安いかもしれません。
野党は「大義がない」などと喚いていますが、所詮、選挙は政治的判断のみです。野党が大義がないと言えば言うほど、好機ということでしょう。


[ 2017/09/17 10:44 ] [ 編集 ]
民進から逃げ出したネズミは全部小池百合子のとこに集まって来てる
[ 2017/09/17 11:37 ] [ 編集 ]
ネズミの行き先
小池新党は政治理念の一致を条件にするみたいだから、ネズミの大半は受け入れられないだろうな。

すると受け容れるのは共産党か。
いや、共産党ですらぶら下がられるのは断るかも。

それを奇貨として、最後の賭けに出るか?小沢一郎?

さすがに有権者も呆れるだろうけどな。
[ 2017/09/17 12:07 ] [ 編集 ]
たった2000
政党支持率から計算(逆算)して、支持者人数を出してみました。 単位:(人)です。

    自民 民進 公明 共産 日維新 自由 社民 日こころ 支持なし
9月  474  86  98  26  20   0   2   0   1258 
8月  514  64  50  46  16    4  16   0    1244
7月  422  76  64  42  22   0   6   0   1306
9月の前月比
    -40 +22 +48 -20  +4   -4  -14   0    +14

民進は新代表のご祝儀でしょうけど、政党支持とはいいがかたい動機です。先月、共産支持した人が今回は民進にしとこうという感じだったか。
公明が増えているのも、信者獲得が要因ではなく、自民支持が流れたとしか推測できません。
共産はもともと支持者が多すぎ。北のミサイルで、共産と社民は過去のウソや無力さがいよいよ隠し切れなくなっただと思います。ここの人がまるまる「支持なし」と回答したのかも。

しかし、「全国」でこの増減数です。支持率を見るには、もともと調査の母数が小さ過ぎて、参考にもならないのですが、それでも頭をひねる変化がありますね。毎月ころころ変わっていいのかなと思います。

やるにしても、マスコミ各社は、カネがあるんだから、もっと大規模にやれと言いたいものです。
自社の「独自調査」を売りにしたいだろうし、自社報道の影響力を盛り込みたいのでしょう。支持率調査を、「結果」としてではなく「印象操作のスタート」にされたら、いつもどおりの「偏向」です。
[ 2017/09/17 16:42 ] [ 編集 ]
国難第一歩
公明党のアップは与党支持内の非戦期待派ではないか、と想像します。と言って、安倍総理が「好戦派」だと捏造宣伝に乗る方がおかしいのですが。
否応なくミサイルで脅しを掛けてくる相手が居て、それに対して国防手段を探りながら外交に必死に勤める首相でなければ、日本は本当の亡国になります。
今までの隙だらけの国防の穴ふさぎへの備えが「好戦」と言われては、安倍総理でなくても身も蓋も無い。

北の暴発で日本は戦後最大の危機にあると私は思うのですが、今が安倍総理の時代で良かったものの、それ故に反日&抵抗派の対安倍画策がもっと酷くなる可能性もある、と思います。
要心しなくっちゃ。

解散総選挙が来月末まで待たなければならないスケジュールが、日本にとって吉か凶か?。としても、現衆院の任期切れが来年末。その時の更に北の核ミサイルの精度の上がりを考えれば、少しでも早い内に改選して国内の政治体制を整える必要はあるのでしょう。
ちょっと綱渡りの様な気もしますが、神仏のご加護を!


[ 2017/09/18 01:14 ] [ 編集 ]
政権交代を目指せると妄想しているさよく民進党のズレ具合
衆院解散、10月投票。

http://www.sankei.com/politics/news/170917/plt1709170027-n1.html

支持率を戻している安倍内閣。
支持率などというものはちょっとした風向きでこの程度の上下を繰り返すもので、今回安倍首相が少々ナーバスになって改憲関連発言などをした様に感じます。

偏向メディア、反日野党のゲスネタなどの連発で下がった支持率は北朝鮮のミサイル発射、核実験であっという間に自民党の支持率復活をもたらせた、そんなものです。

そこで民進党江田憲司などは「北朝鮮の脅威が高まっているこの時期に解散とは大儀がない」などと相変わらず粗捜ししか出来ませんが、北朝鮮の脅威は今後北朝鮮、金王朝が崩壊するまで変わるものではありません。
高まる一方です。

そんな北朝鮮にお伺いをたてて日本の選挙時期を従属的に考えるほどの必要はないのではないかと思います。

であり、この時期に選挙を行えば自民党有利、他党不利となるでしょう。
政治に戦略は卑怯とは与野党とも言えるものではないと思います。

そこで若干なり支持率を戻している自民党、内部崩壊中の民進党、稽古不足を幕は待たない「仮・若狭勝国民ファースト」、有利・不利は一目瞭然です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E7%8B%AD%E5%8B%9D

しかしそれにしても「社民党と組める前原誠司民進党」と「共産党と組める枝野幸男」同居の民進党。
この度は「社民党と組める前原民進党」となりましたが、この党はそんな組み合わせの泥船さよく政党です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%8E%9F%E8%AA%A0%E5%8F%B8

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%9D%E9%87%8E%E5%B9%B8%E7%94%B7

更に衆院選で議席を減らすでしょう。
また幾ら自民党を民進党が批判しても反自民の票は「国民ファースト」に流れるでしょう。
民進党脱藩議員の受け入れ方がどうかも注目点ですが、「国民ファースト」が一定の勢力を持つものと推測します。

それにしても素早い野田代表交代、流石です。

http://www.sankei.com/politics/news/170911/plt1709110023-n1.html

何れにしても野党再編なりは民進党に求心力はありません。

http://www.sankei.com/life/news/170911/lif1709110011-n1.html



[ 2017/09/18 07:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: