私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  いまこそ「非核三原則」の是非を議論せよ

いまこそ「非核三原則」の是非を議論せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「非核三原則は国民との重い約束だ。しかし、最近の北朝鮮の核兵器実験の動向を受けて、この約束を見直すべきかどうか議論を尽くすべきだ」

 「最近は、非核三原則に『言わせず』を加えた非核四原則どころか、『考えてもいけない』という非核五原則だ」

 「純軍事的に、核に対抗できるのは核だというのは、世界の常識だ」


 これらは、2009年に他界した、中川昭一氏のことばである。一つ目は2006年、二つ目が2007年、三つ目が2009年の発言だ。当時、中川氏は非核三原則についての「議論」の必要性を提唱したが、サヨクメディアや野党が大騒ぎし、大バッシングを喰らった。非核三原則については、中川氏の言う通り、「考えてもいけない」という非核五原則というのが実態なのである。

中川昭一


 稲田前防衛相が2011年に「日本独自の核保有を、単なる議論や精神論ではなく国家戦略として検討すべき」と発言していたことに関し、民進党が「撤回すべき」と騒ぎ立てたのは昨年のことである。核に限っては、国家戦略の選択肢として提供することすらNGだということだ。

 非核三原則の建てつけは、「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」だ。このうち、持ち込ませずは日米安保の密約で事実上は無きものになっていたが、建前の上では依然、堅持されている。石破茂氏が最近、「米軍核兵器配備の是非を議論すべき」と提起したが、朝日新聞がムキになってこの発言を批判した。

北朝鮮問題、どう向き合う 非核三原則の堅持こそ (朝日)

 「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」。非核三原則は冷戦期の1967年に佐藤栄作首相が表明し、歴代内閣が踏襲してきた。

 米国の核抑止に頼る現実と、唯一の戦争被爆国として核廃絶をめざす理想。その両者に何とか折り合いをつけようとした重い「国是」である。

 北朝鮮への対応に何よりも必要なのは日米韓の結束であり、その上に立って北朝鮮に影響力をもつ中国、ロシアとの調整をはかることだ。

 そのために日本が発信すべきは、朝鮮半島を含む北東アジアで「非核」をめざす強いメッセージだ。非核三原則を堅持してきた日本の姿勢は、その主張を支える基盤となる。

 そんないま、日本の非核外交の足元を掘り崩すような発言をする石破氏の見識を疑う。 「力対力」に傾く発言が自民党などで相次いでいる。

 首相側近の河井克行・自民党総裁外交特別補佐は「自衛隊が中距離弾道ミサイルや巡航ミサイルを持つ可能性を真剣に検討すべき時期に来ていると考える」と語った。

 脅威に便乗するような強腰の主張が、地域の安定に資することはない。求められるのは、非核三原則や専守防衛といった日本外交の基軸を守った冷静な議論である。


 朝日は、脅威に便乗して非核三原則を破棄すれば、地域が不安定化すると主張している。しかし、地域の安定を慮るためなら、我が国の平和を犠牲にしてもよいということにはらなない。また朝日は、非核三原則に支えられた、北東アジアでの「非核」をめざす強いメッセージを発することで国家間の「調整」をしろと言っているが、これは、「憲法9条の意義を世界に広めよう」という宗教的なメッセージとなんら変わりないし、役にも立たない。想いを持つのは勝手だが、想いで平和は繋げない。外交とは利害関係の調整であるが、日本の非核三原則は、調整相手となる諸外国にとってメリットはあっても、デメリットはないのだ。

 理念や思想で平和を守ることは不可能だ。平和とは、力と力の均衡によって守られるものであって、戦後の日本の平和を守ってきたのは「自衛隊」と「在日米軍」という力なのだ。北朝鮮が核を保有し、我が国を取り巻く力の均衡が崩れるなら、対抗措置としての核保有や戦術核の国内配備が議論されるのは自然の成り行きだ。議論することだけでも、抑止力の向上になるのだ。

 「純軍事的に、核に対抗できるのは核だというのは、世界の常識」である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/11 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
日本は不幸にして原爆を二発落とされた国。
ならばまた落とされない為に日本は核を保有すべきである。世界の国々が核を廃棄し日本に核が落とされないのが確認されたら日本は一番最後に自国の核を廃棄すべきである。
これが最低限、自国に二発も原爆を落とされた国が国民を核から守る事故防衛である。
[ 2017/09/11 08:05 ] [ 編集 ]
こんな時に中川さんがいたら。
今の日本を見て中川さんはどう思われるのでしょう。中川さんがいないことが悔やまれて仕方がない。被曝国だから非核化が当たり前というのは、もう限界に来ていることをいい加減に目を覚ましてほしいです。アメリカの核の持ち込み可能を認めるだけでも、周辺国への相当の抑止力に繋がります。
メディアは山尾の不倫ばかり報道し、北朝鮮への危機感を国民から遠ざけています。核アレルギーはそろそろ薄れてきてもいいと思います。
[ 2017/09/11 11:15 ] [ 編集 ]
中川昭一議員がご存命であれば、安倍首相も孤軍奮闘ではなかったし、強大な二枚看板になっていたはず。
酩酊会見が悔やまれてなりません。
中川議員は端正で、一般受けしやすい要素も充分な方。彼を失った事で、日本の国の健全化が数十年遅れた気が致します。
[ 2017/09/11 13:16 ] [ 編集 ]
黴も生える半世紀
もうじきご命日ですね・・・想いは尽きません。


佐藤首相の「非核三原則」からきっちり半世紀。
50年前から国際環境に変化が無いなら朝日の戯言を 聴いてやってもまあいいか ですが、これだけ北が核ミサイルを振り回し世界の鬼っ子になっていて、しかもその北朝鮮は日本海を挟んだだけの「ご近所さん」。とてもじゃないがコチラは朝日の様に50年一日の如き思考では居られない。

こんな戯けた事を書く朝日の記者も社を出たら世間に紛れて、仮に日本にミサイル被害が出ても被害者面をしていれば殆どの人には「敵の使われ者」とは知られないつもりで居るのかも知れません。その点では総連も同じですが。

日本の安全を護って来たのは自衛隊と駐留米軍ですが、世界の構造が「東西の冷戦」下にあって米ソのバランスと緊張感が逆に益していたとも考えられます。

今やそのバランスはアチコチで崩れ、その隙を軍事面だけで通り抜けた北朝鮮の時代錯誤的暴挙を目にしても、朝日一統は反日宗教に頭の先までどっぷり漬かり過ぎて、既に干涸らびている状態と見ます。
今が斜陽朝日の最後の悪足掻きになりますように!

中川昭一さんは睡眠時間を極度に削って山の様な資料と奮闘し続け、日本の国防、農政や米国発サブプライムローンの危機を先見手当してお亡くなりになりました。
その資料は奥様が時の総裁谷垣氏にお渡しになって自民党が保管して居る筈です。党議員達は大いに活用して戴きたい。
[ 2017/09/11 15:46 ] [ 編集 ]
2つの道
2つの道があります。

即刻、開戦して北朝鮮を潰すことです。もう一つは米国が結局はヘタって、ICBMを廃棄することを条件に、事実上、北朝鮮の核保有を認めるとか、その場合には日本の核武装は必須となるでしょう。少なくとも、北東アジアにおける「パックス・アメリカーナ」は終焉を迎えるからです。

さて、日本は北朝鮮をダシに使って、今から支那、ロシアに対抗した独自の核戦力を構築した方が良いのか、ここが思案のしどころです。

迷った時には、先人の甚だ厳しい言葉を思い起こしてみましょう。

「凡そ国家の名に値するものに、友邦などというものは存在しない」」

( シャルル・ド・ゴール)
[ 2017/09/11 22:16 ] [ 編集 ]
サヨク御製の日本しばり非核三原則
「非核三原則」は国是なので変更可能です。それが、まるで日本憲法の外典化しています。「不磨の聖典」です。誰がそうしたのか。
成立過程にも疑問を感じます。なんでこんなものが「成立」したのか。そしてブログ記事のとおり、当時と今では世界情勢があまりにも違いすぎて、有効性に大きな疑問を感じます。

Wiki
>岸信介による答弁
1957年(昭和32年)2月5日の衆議院本会議で、アメリカ軍の原子力部隊構想への政府の対応を問う質問があり~
>原子部隊の問題につきましては、これは新聞の誤まった報道がいたく国民の気持ちを刺激したと思いますが、責任ある国務省及び国防省は、これは事実ではないということを言明いたしております。(以上wiki)

サヨクアジびら報道の仕組んだものですね。非核三原則ってパヨクの凶悪な武器なんです。日本の発展を阻害するのが目的なんです。

その頃、核実験をしていたのは米国、ソ連、イギリス、フランスでしたね。そして、中共シナは微妙に遅れて1964年に実験成功。
タイミング的には、中共シナ様に核保有を「日本よりお先にどうぞ」と、例によって日本の足止めになっていますね。どうでしょうね、朝日さん。

そして現在、同じことを北朝鮮にもやらせようとしているように見えます。
当然ながら、彼らは中共シナの60年代の放射能飛来も、北朝鮮の核廃棄物も気にもしませんね。彼らの目的は日本の核だけなんです。
[ 2017/09/12 00:02 ] [ 編集 ]
惜しまれる中川昭一氏
以下のリンク先を張ろうとして
Ctrl+Vをして、それまで長々と書いて来たコメントを一瞬で
消してしまい、ショックです。

長いものを書く時は、私の様な粗忽者は、Wordなどで下書きをして
貼り付けないと処置なしなのに。
実は、過去にも何度もやらかしているのに懲りないものです。

流石に、再び同じことは書くことは、めげますので、
2年以上前になりますが、青山繁晴氏が中川昭一氏を語った
印象深い逸話をご紹介することにとどめます。

【青山繁晴】中川昭一のいた時代[桜H27/5/29]
https://www.youtube.com/watch?v=lM_LCiFLuK8&list=PLubSbhcjV7IBy02ABTkHjmvTiA9XqpwMc&index=55
[ 2017/09/12 00:23 ] [ 編集 ]
朝日の欺瞞と厚顔無恥
朝日の欺瞞性と厚顔無恥には今更驚かないが、この社説の中で「非核三原則は・・米国の核抑止力に頼る現実・・との妥協・・だから守れ」と言っていることに、あまりにも都合の良い論理展開に開いた口が塞がらない。
米国の核抑止力を拒否する主張を続けてきたのは朝日ではないか。
米国の核抑止力の現実を全く見なかったのは朝日ではないか。
しかも今回の事態について、もし日米安保条約がなかったならば、日本は攻撃された可能性さえあった。日米安保に反対したのは朝日である。朝日はその反省をするのが先だろう。偉そうに御託を並べる前に。
[ 2017/09/12 00:41 ] [ 編集 ]
厚顔無恥の真骨頂
>朝日はその反省をするのが先だろう。偉そうに御託を並べる前に。

そもそもアカヒが反省などするわけがないでしょうw
古くは大東亜戦争、日米開戦を煽りまくったことから
伊藤律やKYの捏造、
慰安婦のデマ記事を削除した時のすり替え特集…。
これら一切、反省などしていないですね。
アカヒは「偉そうに御託を並べる」のが自分の仕事だと考えていると思いますよ。

無反省は厚顔無恥のまさに真骨頂ですね。
[ 2017/09/12 09:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: