私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  リーク元は民進党内か!? ~ 山尾の下半身スキャンダルで党分裂が加速する

リーク元は民進党内か!? ~ 山尾の下半身スキャンダルで党分裂が加速する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 政治家の下半身スキャンダルなどほとんど興味がなく、先だって話題になった自民党今井絵理子議員の不倫疑惑でも、「こんなの報道してる場合か」と憤りを感じていた。政治家とはいえ、人はそれほど清廉潔白ではないだろうし、そもそも今は、政治家の不倫報道以外に報ずべきイシューが山ほどあるのだ。

 そんな中、ガソリーヌこと民進党の山尾志桜里の下半身スキャンダルで、ネットは大盛り上がりだ。「浮気バレた、民進党死ね」、「幹事長落ちた、日本死ね」、「不倫バレた、文春死ね」、幹事長ならぬ「感じちゃう」と揶揄され、「ウワキーヌ」、「パコリーヌ」などという俗称まで付き、まさに火だるま炎上中である。

山尾志桜里の不倫


 地球5周分のガソリン代は秘書のせいにしたが、今回の不倫報道について、他人に責任を展開するのは不可能だ。文春は写真を抑えており、証拠は十分。しかも、事務所を出たソロ活動の場だから、言い逃れもできまい。民進党は今井絵理子氏の騒動の際、報道を利用して自民党をあからさまに批判していたが、今回、身内のスキャンダルでダンマリを決め込めば、有権者は許さないだろう。他人に厳しく身内に甘いのは民進党の根っからの体質だが、世論にはもう火がついており、消火には時間がかかるはずだ。そもそも、新たに党の広告塔にしようとしていた女性議員がこれでは、お先真っ暗という状況だ。

 さて、政治家の下半身スキャンダルに興味がない私が何故この話題でエントリーひとつを書くことにしたのか。それは、情報の出所が特殊だと思われるからだ。この問題、文春が独自に追っていたものではなく、政界からのリークだという噂がある。信頼の置ける情報筋によれば、このリークは民進党内部から流されたという。しかも、野田グループ(with 村田蓮舫)から、多数のメディアにリークされ、文春とTV東京が食いついたが、他のメディアは、山尾が内定していた民進党幹事長への正式就任後に報道する予定だったという、笑えない話付きだ。ちなみに、文春に先んじてこの件を報道した「さくらフィナンシャルニュース」の運営者のひとりが、山尾の実夫である山尾恭生だという、なんとも難解な人間模様だ。

 幹事長に山尾を推した前原新代表は、いきなり出鼻をくじかれた恰好だが、それだけでは済まない。新代表として高めようとした求心力が、蓮舫ばりの遠心力となって逆方向に作用し、分裂寸前と言われる民進党は更に浮足立つ。山尾の下半身スキャンダルが民進党内部からのリークなら、党内に走る亀裂は相当深いものであろうと思われる。

 看板として担ぎ出した蓮舫で大失敗し、起死回生を目論んだ前原が抜擢した山尾が下半身スキャンダル。山尾は文春と徹底的に戦うと言っているらしいが、とびきり巨大なブーメランが自分を襲う前に、矛を収めたらどうだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/07 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
お相手の弁護士は、慶應のロースクールの非常勤講師とのこと。塾長の見解を聞きたいものです。
[ 2017/09/07 08:19 ] [ 編集 ]
どうでもいい女
数々の不正行為をしても身を正すこともない
女の不倫のことなど、どうでもよいと思いつつ、
同じことで自民党の議員を責めたてたというではありませんか。
週刊誌ネタになることも容易に想像できるご時世に、なんとまあ、
舐めた真似していますね。

少し足りないのでしょうか。
また「日本死ね」などで流行語大賞を得々として受け取る神経も
不可解ですし、学歴や職歴が立派でも何やら怪しげな
心性をお持ちなのですね。

はっきり言って、国会議員として国の為に懸命に
仕事をしてもらえるのでしたら、身の下のことは論外と思う方ですが、
単なる軽薄女が議員になってしまった典型としか思えません。
国の大事な時に、お暇でいらっしゃることです!

一人の国会議員に秘書などの手当てを含めれば3,4億かの国費が
使われるのでしょう?
国家の為に見識を持った人物が落選し、以前見た国会質疑でも
訳もなく、がなり立てるだけのこのような不見識な人間に
無駄に使われる税金が限りなく惜しいものです。
[ 2017/09/07 19:41 ] [ 編集 ]
先ほど、離党したとニュースでやってましたね。
これで細野と一緒に若狭氏の所に転がったら面白すぎです。

事実無根と全否定し、文春と全面的に戦うと言っていながらあっさり白旗。
でもって言い訳が「男女の関係はありません」だって。
「一線は越えてない」で今井議員をさんざん叩いたメディアはどうするんでしょうかね。日中じゃなく、わざわざ何度もお泊して、家族をほったらかしにして、誰が信じますかね。
どこかの恥知らずが、出会い系に行っておいて、貧困調査と開き直ったレベルと同じ嘘のにおいがぷんぷんします。

しかも、文春は更なる爆弾があるとか。
釈明出来ない証拠写真があると推測されますね。
ただ、あっさり白旗揚げた事から、ひょっとして、これ以上暴露されないように、裏取引して「離党」で手を打ってたりして。

しっかし、ブーメランってほんと、民進党のお家芸ですね。

流石に、民進党擁護のワイドショーも、加計問題で偏向していると叩かれたから、避けては通れないようで、取り上げてますけど。歯切れの悪い事。

こういうときに誰が何を発言したのかしっかり記憶しておかなきゃ。
[ 2017/09/07 23:15 ] [ 編集 ]
五歳のお子様・・・
国会で週刊誌ネタを元に与党追及するのが大好きな民侵党で、この醜聞。しかも、元小沢ガールズで昨日までの民侵の看板オバサン。

杉尾とか云ったTBS出身の議員は、週刊誌を元に国会で論議する奇態さを与党から指摘されて「週刊誌はしっかり裏取りをしているよ!」とキーキー声で叫んでいましたっけ。
ガソリーヌ女史は、「しっかり裏取りしている」文春相手に、どうぞ徹底的に戦って下され。

リークが党内からで第一報がオットト。 賑やかですなあw
で、民侵党を離党、だそうで。
議員は・・・お辞めにはならないのかな?ロクでもない議員の一人では在り続けますのか。
お相手は共産党系の弁護士でご家族持ち。ガソリーヌの政治思想や言動は、よもや共産党の影響は無いのでしょうねえ。

五歳のお子さんが居ながらの不倫。待機児童や保育所どころの問題では無いわね。

幹事長に就任した後の露見だったら、もっと良かったンですけどね。
[ 2017/09/07 23:29 ] [ 編集 ]
ガソリーヌの傲慢さ
きのうの会見はガソリーヌの傲慢さがよく表れていたねぇ~w
ひん曲がった口で己の主張を一方的にまくしたて、質問を一切受け付けずにトンズラした姿からは、「お詫びの気持ち」など微塵も感じられなかった。

だが、安重根似の弁護士リンタローは逆に分かりやすいヤツで
最初の突撃取材におろおろしながらとぼけてかわそうとし、
ついには口を真一文字に結んで完全シカトの防御スタイル。
しかも車内でのガソリーヌのリンタローを見る目は会見時と全く別物。
コイツらのW不倫はフェイクじゃない。本物だね。
[ 2017/09/08 09:15 ] [ 編集 ]
人間万事塞翁が馬
「この人は、小さいころから頭が良くて、それに器量も良くて、それにいい大学も出て、そして最高職の検察官となり、その後国会議員となったら、いきなり周りから「先生、先生」と言われたんですね。。。まあ、大体これで『馬鹿の条件』が全て揃うんですよね。この上なく、自分は優秀だと勘違いするんですよ。それが大きな間違いなんですがね。」

これは、ある民放番組で浅草寺・山内法善院住職・塩入亮乗さんが、ガソリーヌ山尾についてコメントされたのをYouTubeから抜粋したものです。

しかし、実はこういうタイプの人間はガソリーヌ山尾に限らず、民進党の中にはかなり多く存在していますね。。。

「自分は特別」「他人は馬鹿」。。。「徳を積む」機会に恵まれなかった自信過剰で自己中な人間の発想。。。
他人を攻めているようで、実は己をも攻めていたというブーメラン。。。大人じゃないです!!

今回の不倫騒動もそうですね。。。過去であれば「不倫で議員辞職をするのはバカらしい」世の中でした。
大体、議員に妾は付き物だったのですから。。。今でも、一般論として、そういう意見は多くの人に共感されるはずです。

しかし、それ(辞職)を要求してきたのは当の山尾であり、反日野党であり、反日マスゴミであったわけで、それを国民にも永延と擦り込んできました。
ガソリーヌ山尾は、与党議員が起こした同様のスキャンダルに対し、先頭に立って批判の言葉を述べて議員辞職を要求し、そして「保育園落ちた。日本シネ!」で一躍育児政策で名を売ってきました。

今となっては。。。全てが(政治信念の無い)偽善であったことを自ら証明してしまったわけです。。。

最も、ネット住民であれば民進党の連中の殆どがこの類であることは重々承知ではありましたが。。。

いずれにせよ、週刊文春では第二弾も準備中とのこと、というよりそちらの方が実は本命とのこと。
いつもは民進党擁護のマスゴミも(誰の差し金か)山尾に関しては容赦ありません。
それがまた、山尾が民進党内では四面楚歌状態であることを充分物語ってます。

流石、いつの世も「内ゲバ大好き左翼政党」の代表を象徴していて、日本国民も学習しながら良い勉強の機会になりますなあ。。。

きっと、そんなに遠くない未来に於いて、日本国民の覚醒の渦の中に沈んで行って二度と浮き上がれなくなるでしょう。。。!!
[ 2017/09/09 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: