私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  「断固たる抗議」止まりでは、外交は成り立たない

「断固たる抗議」止まりでは、外交は成り立たない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 米国のトランプ大統領は、一昨日、Twitterでこうつぶやいた。


 訳すと、「米国は25年間にわたって北朝鮮と対話し、カネをゆすり取られ続けてきた。対話は解決策ではない!」となる。米国にとっては25年間だが、日本にとっては70年以上の歳月だ。朝鮮併合を含めれば、100年以上の長きにわたり、この地域と付き合ってきたことになる。

 朝鮮半島というのは、歴史上、日本にとっては常に頭痛の種だった。長い紆余曲折のなかで、世界で初めて朝鮮を「独立国家」として認め、併合して学校や病院を立て、道も整備しても、いま跳ね返ってくるのは憎悪に満ちた批判だけだ。タカるという行為は、南北を問わず、朝鮮民族の常套手段である。国交がある南ばかりが話題になるが、北はわが同法を人質にとっている時点で、やり方が卑劣である。過去にこの国家を「地上の楽園」と評し、拉致事件の報道に極めて消極的であり続ける新聞が、今も偉そうに御託を並べる日本は、骨の髄まで平和ボケではなのだ。

金正恩


 日本国内で「対話」を促す声は少なくない。しかし、現時点での対話は、次世代への大きなツケとなる。もし、国際社会の制止を無視して核兵器を開発し、それを持ちさえすれば、その国が主導権を持った外交交渉が可能になるという前例づくりに、進んで協力することになるからだ。北の核開発は国際社会の秩序に対する挑戦だが、そこに対話を持ち込んでしまえば、それは秩序破壊への加担にしかならない。

 北の狂豚は、米国との対話を求めている。狙いは、体制の維持、存続と、核を含む兵器の容認だ。この要求が認められれば、クーデターでもない限り、金王朝は存続し、日本を囲む核保有国がまたひとつ増える。北が核を持った場合、南も対抗措置としての核保有を模索するだろう。米国が認めるとは思えないが、米国が南を見離し、半島からセットバックする場合、まったくもって非現実的な話とは言えない。そういうシナリオが現実になれば、日本は核兵器保有国に完全に包囲されるのだ。その後の日本外交は、脅しやタカリの格好の標的となる。

 狂豚の暴挙に対し、日本政府は「断固たる抗議」を行ったと発表した。我が国の場合、こういう事態への対応は、「断固たる抗議」と「毅然と対応」あたりに限定される。残念ながら、このようなことばでは、平壌の豚には痛くも痒くもないだろう。日本政府として、それ以上は踏み込めないのだ。自衛隊を憲法上認めるか否かで国論が二分されるような空虚な議論や、敵基地攻撃能力への脊髄反射的な反対がまかり通るレベルでは、「断固たる抗議」はできても、「断固たる措置」はできない。対抗措置は経済制裁と他国の軍事力に頼らざるを得ないから、ますますナメられる。

 「断固たる抗議」では、外交は成り立たない。抗議以上の対処を可能にするべく、憲法9条という足枷はすぐにでも外したい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/09/01 07:10 ] 外交 | TB(0) | CM(8)
修正提案します
>タカるという行為は、南北を問わず、朝鮮民族の常套手段である。

タカるという行為は、南北を問わず、朝鮮民族の文化である。

それが卑劣なこととは全く思わない価値観が、親から子へ、子から孫へと何百年にわたって伝えられているのが、朝鮮民族。
[ 2017/09/01 08:17 ] [ 編集 ]
ゴキブリだから
>タカるという行為は、南北を問わず、朝鮮民族の常套手段である。

というより、タカるのはゴキブリの習性なんすよ。
叩き潰すか、殺虫剤で駆除するしかないのです。
もしかすると、核とミサイルは超強力なゴキブリホイホイかも。
生息地の半島ごと消滅させる…と淡い期待。
[ 2017/09/01 09:02 ] [ 編集 ]
ゴキブリへのヘイトスピーチ許さない
[ 2017/09/01 14:10 ] [ 編集 ]
駐韓米軍の撤退がベスト
米国が先制攻撃をすれば、北は反撃によりソウルを文字通り火の海にすると予想されています。米国は朝鮮人から1万年恨まれます。世界中から批判されるでしょう。
それを避けて、北の核を取り除く方法が一つだけあります。
駐韓米軍の撤退です。ただし、米韓同盟は維持します。
北から見ればチャンス到来です。南への先制攻撃に打って出る可能性が高い。
そうなれば、米国は大手を振って北を空爆することができます。核施設やミサイルを破壊し、技術者を殺害することで、再核武装はできなくなります。米国が世界から批判されることもないでしょう。
南は戦乱により大きな被害を受け、国力は劇的に低下します。赤化統一されても日本にとって大きな脅威にはならないでしょう。
日本としてやるべきことは、難民の流入阻止だけです。
[ 2017/09/01 16:22 ] [ 編集 ]
Re.駐韓米軍の撤退がベスト
貴殿の御説、シナリオとしてはよろしいとおもいますが、、、
金豚ちゃんが「南進攻撃」をしなければどうなりますかいねぇ・・・
また、南鮮の支那への媚び諂いはクネ婆から露骨になり文寅も「クネ婆の顰」
に倣っています。
金豚が武力南進をせず、支那が南鮮を併合すればどうなりますかいねぇ・・・

* 火の海なんちゃら *
ソウルが「火の海」とやらになるんですかいねぇ・・・
そりゃ~、何の反撃もせずにシモジモはアイゴ~、アイゴォ~と泣きわめくだけで
「お笑い韓国軍」の士官さまがセヲル号船長を決め込んでいれば「火の海」とかに
なるのも仕方がないのだろうけんど。

大東亜戦争時から着弾位置から敵の砲撃地点を逆算できたそうです。
ワシはその方法はわかりませんが。
今は何処の軍隊にも「対砲撃レーダー」が常備されているそうです。 だから
金豚軍が一発撃てば瞬時にその位置が特定され、そこを目掛けて在韓米軍の
長距離砲や対地パトリオットが反撃するんじゃないのでしょうか。

金豚の広報婆が、「我が軍の一万の長距離砲が無慈悲にソウルを云々・・・」
とか謳っていますが実際に撃てるのは20発ぐらいと思うけんど・・・
20発で火の海にするのは・・・・?
ちなみに東京大空襲のときは1700t、百万余発とのこと。

米国・国防長官・マティス閣下は「武力戦となればソウルだけで100万人ぐらいの
死者を見込まねばならない」とか仰せのようですが、これは明らかに建前でしょう。
[ 2017/09/01 21:45 ] [ 編集 ]
訂正です
対地パトリオット → 対地トマホーク 

失礼いたしました。 <(_"_)>
[ 2017/09/01 22:16 ] [ 編集 ]
114対0:02
何の比率かお分かりにならないでしょう。これはスイスと日本の核シェルターの整備率です。スイスは人口800万に対して実に114%のシェルターを持っています。
先進国ではスイスとイスラエルが国民すべてを収容し得るシェルターを整備しており、さすがと言うべきです。

以下、ノルウェー98%、アメリカ80%台、シンガポールでさえ50%台だといいますから、日本の無防備ぶりが際立っています。かつてマッカーサーから日本は東洋のスイスたれ、とのご宣託を賜りましたが、その国情は似ても似つかないものに相なりました。日本で核戦争に備えるなどといったら、間違いなく9条教徒に絞め殺されているでしょう。

ちなみにスイスのは平和主義、日本のは降伏主義と云います。日本を核攻撃したアメリカに全面降伏した日本はひたすら核を忌避し、裏返せば拝躓する国になったのです。アメリカが核を独占していた時代ならともかくも、今や核武装を遂げた北朝鮮にもサヨクは降伏主義で臨もうというのですから、もうワケワカメ。

前記のスイスは1962年のキューバ危機から危機感を強め、その数ヶ月後からは国民が住宅を建てる時には必ず核シェルターを設置することを義務付けました。公共施設にも以下同文。

その甲斐あってシェルターがだぶつく迄に至り、法律でのシェルター義務化は止めようとしていたところへ福島の原発事故が起こったために廃止に至らず、2012年にようやく廃止されたようです。それで住宅にシェルターを設置しない住民は別途納税することで、公共のシェルターに入れてもらうことになりました。

実際のところ、住居用シェルターは各家庭の物置になっていて、使わない家具が置いてあったりするようです。公共用のシェルターは今や移民、難民の逗留施設としても利用されているようですが、2週間分の食料と酸素の備蓄が義務付けられており、また二年ごとの更新をしているかどうか、当局による定期検査があるようですよ。備えあれば憂いなしです。

日本も64年東京オリンピック=中共による最初の核実験の頃から備えておけば…と思いますが、今さら過ぎたことを悔いても始まりません。さて、核爆発に対する備えが皆無の日本においては、まずは北からの攻撃を完封せねばなりません。安倍総理には大変なプレッシャーだと思いますが、マティス長官以下は心得ているでしょう。全ての処理は彼方の陣営内で、或いは上空でということで、甚だ勝手ながら、宜しくお願いします。日米の力量が試されておりますので。
[ 2017/09/01 22:18 ] [ 編集 ]
駐韓米軍が撤退したら、文在寅は北の南進を迎え入れる気がしないでも無いです。

その時、南戦国民がどう対応するのかは確実性のある予想がつきませんが、取り敢ず国外脱出を試みる人も少なくなかろうと推測致します?
日本は水際打払令発令できるかしら?

思想犯ではない、なんとなく戦争はイヤだわ、九条があれば守られるんじゃなかったの?と思って居る人々はこの現実をしっかり考えて戴きたいです。
政府が充分な選択肢を持って応じられる様に出来るのは、九条では国を護れない事を自覚する国民なのですから。

思想犯達は纏めて拉致被害者さん達との交換要員になって移り住み、アチラで刈り上げ受話器と「対話」で「国際情勢と世界平和」の説得をし続けたら良い。

マッカーサーに「東洋のスイスたれ」と云われて、何故かスイスが非武装中立国と思い込んだ日本の、そのはじめは何だったんでしょうね?
[ 2017/09/02 01:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: