FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  ぼやき >  「墓地はどこでもよい。靖国神社もあるのだから」という先人の想いに応えたい

「墓地はどこでもよい。靖国神社もあるのだから」という先人の想いに応えたい

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「安倍の葬式はうちで出す」という朝日新聞幹部のことばは、いまや保守派なら誰でも知るところとなった。安倍総理のことを悪く書くことが「社是」であり、アベの葬式を出すことを目的とした記事を、毎日せっせと書き、紙面に載せ、Webで配信しているのが朝日新聞である。

 ただ、朝日新聞が左に傾斜しすぎて、判断基準を真ん中よりも左に寄せてはならない。朝日以外に、主筆がこういうことを公言する新聞社もあるのだ。

 今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。
 安倍氏は参議院選挙の後に引き続き首相でありつづけるが、私も彼に絶対に靖国神社に行ってはならないと進言しなければならない。
 もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。
 さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。


 最後の一文で答えが出てしまったが、これは、株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆である渡邉恒雄のセリフである。2007年8月、第一次安倍政権末期に、「北京週報」というメディアの<インタビューで明らかにした見解だ。魚拓を探すまでもなく、まだここに残っている。

渡邉恒雄


 ナベツネは同じインタビューで、こうも語っている。

 与党の自民党内で参拝を固持している政治家は数十人はおり、私はこの人たちの行為に対し怒りを覚えている。この人たちは若い政治家であり、これまでの戦争のことをほとんど知らず、もしこの人たちが戦争のことを知っているならば、こうしたでたらめな事をすることはありえない。

 靖国神社の中にある遊就館に展示されている資料はあの戦争が「自存自衛」の戦争としており、それは彼らの史観である。日本の小学生がそれを見た後の感じは、日本はあの戦争の勝利者であり、日本が敗戦国であることを知っていない。遊就館には真珠湾奇襲などの日本が勝利をかち取った写真が展示されており、歴史を知らない人は日本があの戦争に勝ったと思うこともあり得る。遊就館は非常に有害な場所であり、あれは閉鎖しなければならない。

 私は「(村山)談話」に積極的な評価を与えるものである。「談話」の表現は比較的にソフトなものであり、過去の一時期と言っているが、実はあの時期は別に短くはなく、10数年も続いた。あのような戦争を起こしたのは、国と政府として、謝罪するのは当然のことである。


 「安倍の葬式はうちで出す」という朝日幹部のことばと、「靖国神社を参拝する首相は、読売が総力をかけて倒す」という読売グループの独裁者のことばには、たいした違いはない。読売新聞とて、渡邉恒雄史観にとらわれたメディアであり、靖国問題では保守派の敵なのだ。読売新聞を保守だと捉えているなら、大間違いである。

 日本に戦争犯罪人は存在しないというのは、国会で満場一致で決議された見解であり、立場だ。ナベツネはインタビューで、「日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである。すべての日本人はいずれも戦犯がどのような戦争の罪を犯したのかを知るべきである」と語っているが、ならば国会決議に文句を言えばいい。東京裁判で戦犯として裁かれた人々を、ふたたび戦争犯罪人として糾弾したいのであれば、そう社説で書き、国会決議の破棄を訴えればよい。国会決議で戦犯ではないと定義された人々が祀られる靖国神社を、首相が参拝することは、間違いなく正当なのだ。

 映画「硫黄島からの手紙」の主人公である栗林忠道大将は、妻にあてた戦地からの手紙で、「墓地はどこでもよい。遺骨は帰らぬだろうから、墓地についての問題はほんとの後回しでよい。それに靖国神社もあるのだから」と書いている。

 「靖国に祀られる」、「靖国で会える」というのが、将来世代のために命をささげた先人たちの想いであるのなら、将来を託された私たちはそれにこたえる義務がある。

 そんな想いを胸に、今年も靖国神社を参拝いたします。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/08/15 07:10 ] ぼやき | TB(0) | CM(11)
「戦犯」という言葉の再考を。
戦没者に心から哀悼の意を表します。
正午には、ささやかながら黙祷を捧げさせてもらいます。

さて、この時期、よく出てくる言葉が「戦犯」です。特に「A級戦犯」は頻出です。
いみじくも、「戦犯」という言葉についてブログ主は、こう指摘されています。

>日本に戦争犯罪人は存在しないというのは、国会で満場一致で決議された見解であり、立場だ。

勝者である連合軍が、戦争の責任をすべて日本と日本人に負わせるために敗者を意図的に分類した「A級戦犯」、「B級戦犯」、「C級戦犯」。
これに何の違和感、抵抗感もなく、この言葉を使う人間の感覚を疑います。
そこにあるのは、悪意か無知なのか。

保守と自称する人達が、このような使い方をしているとき、「この人は本当に保守なのか」と感じます。
選挙で負けたとき、「この敗北の戦犯は○○だ」。さらに軽薄な表現は、スポーツの試合での敗戦の責任を「戦犯」と言ってのける輩がいます。
「戦犯」論の本質をねじ曲げることに加担している人達です。

勿論、戦争を主導した人間の責任は論及されるべきでしょうが、連合国軍の論理とは別のものだと思います。
安易な言葉の使用を再考する機会になればと思います。


改めて、戦没者に合掌。


付言、北朝鮮は、新たな「戦没者」を生み出そうとしています。祈りとともにかかる勢力との戦いに怯む訳にはいきません。

(長々と、この場をお借りしました。ありがとうございます。)
[ 2017/08/15 09:23 ] [ 編集 ]
「戦犯」使用はリトマス試験紙
大東亜戦争で「戦犯」という言葉を使う者はほぼ100%ぱよちんです。
ぱよちんを見分けるリトマス試験紙の一つです。
日本は白人帝国主義と真っ向から闘ったが、武運拙く敗れた。それだけのこと。
日本人が得た貴重な教訓は、闘うなら必ず勝利しなければならない。
勝てない戦争は絶対にしない、ですね。
[ 2017/08/15 09:58 ] [ 編集 ]
共産党が我が物顔でのし歩いていた時代の遺物。細胞に属していた奴
[ 2017/08/15 11:08 ] [ 編集 ]
靖國参拝すると右翼認定w
靖國に参拝してる→右翼
春秋例大祭と御霊祭りで年4〜5回は参拝する→超右翼!
靖國は崇敬神社で会員なんだが→おまえ日本会議だろ!!

こういう風潮やめれwww

神道はねー亡くなって祀り上げた方は全て神だからね。天津罪も国津罪も罪穢れは全部大神さまが根の国底の国に祓い清めて下さるからなんの問題もない。アホウな軍人アゲは嫌いだが、亡くなられた方々に(宗教上)あれこれ言わないのが日本の文化。

分祀とかも無理だから。御分霊というのは出来るけど、祀られた神様(御英霊)を丸ごと引っこ抜くとか神道上ありえねーw宗教色の無い慰霊施設なんて造っても誰も行かなねーよ。心の拠り所にならないからね。

遊就館見て日本が戦争に勝ったと本気で思う奴がいたら脳湧いてるwナベツネも軍人崇拝や軍国主義賛美と神道の清き直き心を一緒くたにしてるのだとしたら、教養の無い耄碌ジジイって事なんじゃね?

私は天皇陛下と政治家が当たり前のように靖國参拝するようになって欲しいと心から思う。
[ 2017/08/15 11:24 ] [ 編集 ]
所詮は転向した共産主義者ですから地が出たんせしょ。
[ 2017/08/15 12:01 ] [ 編集 ]
私は法律に余り明るく無いのですが・・・。
>>さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。
↑コレって法には触れないのでしょうか?完全に嚇しでしょ?
[ 2017/08/15 12:35 ] [ 編集 ]
老害の元学生運動家。資本主義社会のおかげで儲けておきながら、日本人消費者からカネをもらってお金持ちになっておきながら、感謝の気持ちがあるのかないのか、組織を支配して私物化する物言いを平気でできるのが、腹の底に無法無罪のサヨクの正体が見えます。誰それの葬式をうちが出すも同根でしょう。

サヨクの特徴のひとつは、死者への崇敬の念がないことだと思っています。死生を軽く考える。
そして、特あ人の特徴のひとつが、同じく死者を冒涜しても平気なところです。恨む人物の墓を暴いて鞭打つだの、八つ裂きにするなど、日本人の死生観との隔たりが大きいですね。

そうした他人の命を軽んじる感覚が、自分と眷属以外の生存者の権利や財産に対する鈍感で無分別な振る舞いにつながっていると思います。それを改めず、海外に出て現地人に非難されても、その感覚がわからず逆切れする始末。
自衛隊が海外でのPKOや大災害救助で死者に礼を尽くす姿が称賛されることとはまるで逆で、人間性を捨てたサヨクにはさっぱり理解できないのでしょう。

靖國にケチをつける日本人は日本人をやめてほしいものです。日本を変えるつもりの感覚が日本人のそれではありません。日本人をやめる自由も日本にはある。
私は日本人でいたいし、まっとうな人間でいたいので、靖国に参拝しますし本日は戦争の死者に黙祷を捧げます。
[ 2017/08/15 14:17 ] [ 編集 ]
道徳的頽廃の象徴
一介のマスコミ人が、そんなに偉いのかと思うほど、
傲岸不遜な物言いをする人間ですね。
既得権益を貪る敗戦利得者としての栄耀栄華の日々が、
これほどに増長した妄言を吐かせるのですね。

こんな戦争観を持つインチキ爺さんが、のさばってきた
日本の戦後が、どんなに道徳的に頽廃してきたかを象徴しています。
こんな人間の為に英霊たちが散華されたのではないと思うと
悔しい限りです。


*硫黄島の戦闘について*

かなり以前に、青山繁晴氏が講演会で
硫黄島の戦闘のお話をされているのをYouTubeで見て、
自分なりに書き留めたものの一部を載せてみます。

・・・・・・・
最新鋭機のB29であっても、
グアム、サイパンなどのマリアナ諸島から羽田までの往復5,100kmを
爆弾を積んで飛ぶには、大量の油を必要とします。

アメリカ軍にとって、グアム、サイパンから羽田空港間の
丁度まんなかに位置した硫黄島は、
そのためにも是非とも落とさなければならない要衝でした。

1945年2月3月、6千万人の死者を出した世界第2次大戦で、
もっとも酷い肉弾戦がここで行われました。
硫黄島での指揮官栗林中将は、自決をしてはいけない。
そして、万歳突撃をしない。
穴を掘ってこもろうと言います。
その栗林中将に反乱の動きがありました。

懸命にひとりひとり説得し、力を合わせて
硫黄の吹き出る劣悪な環境、のどの渇きや飢え、
蚊や蝿に悩まされる島で地下壕を掘ったのです。

戦争が厳しくなるなか、アメリカ軍にとって、今や、
老人や女性、子どもしか残っていない日本本土を攻撃することは、
工場や港を狙うことではなかったのです。

アッツ島やガダルカナルで殺しても殺しても頑張り抜く日本兵に
日本民族を根絶やしにしなければと考えたアメリカの
日本人の女、子どもを抹殺する本土爆撃だったのです。

アメリカに赴任経験のある栗林中将は、アメリカの持てる力を
冷静に判断でき、アメリカ人の国民感情も理解できる栗林中将は、
アメリカの意図を察知し、この硫黄島で、米軍の死者が増えれば、
アメリカ国内で厭戦気分が生まれる。
それで終戦にこぎつければ、本土の全滅は防げると考えます。

生き残るためではなく、
1日延ばしたら1日、未来の子どもたちが生まれる。
1日延ばしたら1日希望が生まれる。
と栗林中将は励まし覚悟を示しました。

2万1千人が1メートルしか進めない日もあった。
米軍は 5日間で落とすつもりだったが、
日本軍は36日間、もちこたえたのです。
31日分、本土の女性と子どもが救われたのです。

川もない、湧水もない、食べるものもない中で
粗末な道具や素手で生爪をはがしながら、硬いところを探して掘ったのです。
それは自らを犠牲にして、人のため、公のために命を賭けて戦った人々の
真心です。

・・・・・・・
こうして戦って下さった英霊たちが、戦犯ですか?
A級戦犯云々などと、生き残った人間が言うのですか?
後の日本人が私たちの命を守って戦って下さった方々を
戦犯などいない日本で未だに、貶めるのですか?
靖国神社に祀られるからと思いを託して逝かれた方々に対して、
靖国神社参拝が、いけないなどと、どうして言えるのですか?

更に、南京虐殺や慰安婦を強制連行をしたとありもしないことで、
先人が中国、南北朝鮮から貶められ、世界中に嘘がばら撒かれても、
知らん顔する日本人のままですか?
決して、承服できるものではありません。

克服しなければならないのは、日本人の歴史観です。
大東亜戦争の正しい歴史を日本人が知ること。
こうして未だに歴史の戯言を商売にする新聞、テレビ等の
反日マスコミは、日本の癌細胞そのものだと、もっと多くの人が
気がつくことです。
そうすれば、精神的武装が今より進みます。
[ 2017/08/15 14:24 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/08/15 15:05 ] [ 編集 ]
老害と言われる程の恥は無し
ナベツネなる人が学生時代は共産党員という事以外、あまり関心を持てずにどんな人物か存じませんでして、今wikiを見て参りました。

勤労動員で航空関係工場に配置され、ワザと不良品を作って抵抗、だそうで、これも立派な人殺し計画ですわね。それも国に殉じる若者を対象にした。
他にも軍国主義の校長達を襲って暴力行為だったとか、戦後に日経に書いたかインタビューかの、「勇ましい反軍少年」ぶりを披露している様です。

国民にとって忌まわしいばかりの村山談話に、”短くない十数年”を謝れ、とあるのはドコゾへの諂いでしょう。はて、十数年間闘った中国大陸の国家代表は?という疑問は残りますが。
日本の歴史の中では、15世紀末から1世紀近く続いた「戦国時代」に比べたら短いワイ、と思いながら、老残、老害、という言葉しか思い浮かびません。

閣僚にしろ一般日本国民にしろ、素朴に清々しい心でお参りするのでなければ御英霊も嘉納はなさいませんでしょうから、政治判断でお参り致しません人には、靖國だけではなく護国神社も神域の方から拒否されているのではないか、と八月十五日だけではなく、思います。

どんな性質の戦争でも、国を挙げての戦いに私心を捨てて殉じる方々への尊崇、敬愛の念が湧かない人には、何を言っても何を聞いても相通じるものは無いでしょう。
読売新聞発行部数一千万あるとしても、だから何?です。この新聞紙の売れ筋は巨人軍ファンが主では無いですかね?

こんなにも企業を私物化している典型な言動を羞じない者にヘイコラしたがっているだけの読売社員なら、情けないだけですわねえ。

日本軍は米国一国に負けただけですが、その米国はベトナム戦争で負けました。その時、米政府と軍に「戦犯」なる人々は存在したのでしょうか?

靖國に祀られる御英霊も、祀られて居ない戦死英霊も、皆「公務死」であることには変りはありません。
[ 2017/08/15 17:47 ] [ 編集 ]
お大事に
今日の東京は終戦の日には大変に珍しく大雨だったそうで、お参りされた方々はずぶ濡れでしょうか。
どうぞお風邪など召しませんように。
[ 2017/08/15 23:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ