私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  マスメディアは国民にとって、知る権利を阻害する「敵」である

マスメディアは国民にとって、知る権利を阻害する「敵」である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 北朝鮮情勢が緊迫の度合いを強めている。国連決議違反を無視して弾道ミサイル実験を強行する北朝鮮に対し、国連安保理が新たな制裁措置を、全会一致で決議した。制裁は、石炭、鉄、鉄鉱石、海産物の輸出等について、上限・例外なしの禁止が軸となるが、これは北朝鮮の輸出総額30億ドルの3分の1を減らす効果があると言われている。

 米朝両国の互いに対する批判も、表現の過激さを増す。トランプ米大統領は、「北朝鮮はこれ以上、米国にいかなる脅しもかけるべきでない。(さもなければ)世界が見たこともないような炎と怒りに見舞われることになる」と述べ、軍事オプションの選択を示唆するコメントを出した。平壌の黒電話はそれに対し、国営通信社を通じ、中長距離弾道ミサイル「火星12」を米領グアム周辺に向けて発射する作戦を「慎重に検討」していることを公言した。正恩はまた、日本に言及し、「日本列島ごときは一瞬で焦土化できる能力を備えて久しい」と威嚇する記事も報じている。

 プロレスの試合前の誹謗中傷合戦のようなやりとりが、いま、国際社会で現実に起こっている。しかもそれは見世物ではない。現実に人の命を奪う可能性がある脅威だ。

金正恩


 7月28日、北朝鮮が放った弾頭を、NHK室蘭放送局が偶然とらえていた。北の暴発が日本に直接的な被害をもたらすことを、具体的に示すものだ。本来なら、この映像は幾度も繰り返し電波に乗るはずで、日本国民の危機感は正常なレベルまで上昇するはずだ。しかし、現実はそうではない。この問題をそらすように、他の話題が電波を占有しているからだ。

 森友、加計、PKO日報問題など、守旧メディアは安倍政権の支持層を切り崩すことに全エネルギーを注いでいる。国民にとって、本当に必要な報道とはなにか。それは、政治家のスキャンダルでもなく、芸能ニュースばりの安い報道ではなく、現実的に我々日本国民の生命や財産を奪う可能性がある行動や、それに繋がる威嚇行為だ。米朝が対立を深め、批判合戦とチキンゲームを進行させているように見えがちだが、彼らは主なプレーヤーであるかもしれないが、プレーヤーのすべてではない。その、目の前にある脅威に関する報道が、圧倒的に少なすぎるのだ。

 特定秘密保護法が議論されているとき、ほとんどのマスメディアは、その法が国民の知る権利を阻害する悪法だと論じ、法案反対のキャンペーンをはった。彼らは、あたかも、情報と国民の媒介(メディア)としての責務を果たそうとしているかのように振る舞い、国民のための運動であるかのように反対したが、モリ・カケ、PKO日報問題等の報道を通じて、それが全くのまやかしであることを図らずも露呈した。彼らは国民の知る権利を満たそうとしているわけではなく、単に安倍政権潰しのために法案に反対していたのだ。

 国民の知る権利とはなにか。それは、事実を事実として情報を受け取る権利であり、国民がその情報を通じて正しく、必要な選択をできるようにするためのものだ。国家や国民の生殺与奪を他国が握ろうとしているとき、それをおざなりに報じるだけで、紙面や電波を反安倍ネガティブキャンペーンに総動員すること自体、間違っているばかりか、国民の知る権利を阻害しているのだ。従って、現下のマスメディアは、明らかに「国民の敵」なのだ。

 もし米国が行動に出るなら、南朝鮮にいる米国人に国外退去の指示が出されたときだろう。しかし、そういう事態が実際に起こってから「脅威が…」などと言ったところで、「いままで何をしていたのだ」という批判以外、何も呼ばないだろう。恐らくそういう批判が出た場合、メディアは政府の外交努力が足りないなどと、難癖をつけるのがオチである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/08/10 07:09 ] メディア | TB(0) | CM(13)
ほぼ拍手w
珍しくね、今回のブログ主さんの意見にはほぼ全面的に拍手www
一番笑えたのは核兵器禁止条約への署名を安倍さんに迫る長崎市市長さんと被爆者団体の人たちのニュースね。この状況下で日本の総理大臣にそれを言うお門違いっぷりがわからん。またそれを安倍さんがニベも無く断った風の報道ねw
「今核攻撃されそうなのはこっちなんですけどね(怒)金正恩に言って欲しいですね(怒怒)」位コメンテーターは言わないとダメだわな。
[ 2017/08/10 08:44 ] [ 編集 ]
自国の危機
マスメディアについては今日の管理人さんの本文の通りだと思います。

しかし、マスメディアの悪行を割り引いてみても、日本人の反応はまるで呑気な気がします。米朝対立と報じられますが、実際は日米·朝であって、日本は当事者です。
地震台風等の災害に対する危機管理や、老後の備えなんかよりも、国民が国防に向き合うことの方がずっと大切なのに。

心配なのは、将来の認知症よりも、今の平和ボケ。

[ 2017/08/10 09:12 ] [ 編集 ]
有害メディアの駆除をどうしたものか。
毎日新聞記事
「あなたはどこの国の総理ですか」。長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会議長を務める川野浩一さん(77)は被爆者団体からの要望書を安倍首相に手渡した際に迫った。

いかにも、「被爆者」の願いを踏みにじる人間であるかのような記述である。
単純な人間は、「安倍さんは酷い」と思うことだろう。
まさに、毎日新聞の意図どおりの展開。

しかして、この川野浩一なる人物、被爆体験を政治的に最大限に利用する政治活動家である。このことには全く触れない。
因みに、川野氏、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)議長であり、北朝鮮国内の被爆者支援活動なども行っている。
また、9日、長崎の高校生が慰霊碑の周りで「人間の鎖」をつくった。この演出は、沖縄でのそれと全く同じである。

「平和」を装う政治活動については、一切、報じない。

新聞は、新聞社を偽装する政治機関の機関紙であると多くの国民に認識してもらいたいと思う。
[ 2017/08/10 09:57 ] [ 編集 ]
頑迷な人々に覚醒を促すきっかけとなるフレーズ
シバサマ1966様が書かれました
心配なのは、将来の認知症よりも、今の平和ボケ

まさしく、その通りですね。
国民の状況を端的に示された言葉の巧さに拍手です!!

メディアが完全に政治プロパガンダ化しているなか、
軽佻浮薄なワイドショー辺りのラウドスピ-カ―たちに惑わされる様な
国民であっては、自らの身の安全、領土領海を守る国防意識など
生まれるはずもありません。

日本国民が事の真贋を見極める眼を持つためにも、
正しい歴史教育、地理教育が必要なのです。
時間がかかることですが、これが根本です。

そのためには、文科省、日教組など、反日左翼の蔓延を
食い止めなければなりません。
また、それらの暴走を支えたのが、朝日新聞やNHKなど
反日左翼言論、報道機関ですから、只今出来ることは、
覚醒した草莽の国民から、メディアの不正を拡散していくことでしか、
ないと思われます。

しかし実際には、私の周辺でも説得には難渋しています。
そこで最初の文言に返りますが、シバサマ1966様の書かれた様な
短くインパクトのあるフレーズが、従来のメディアを一途に信じ、
耳を塞いだ頑迷な人々に、おや?と頭の隅に疑問を灯すきっかけに
なるのではと感じたところです。
[ 2017/08/10 10:32 ] [ 編集 ]
感情に基づいた主張ほど、悪用されやすい
平和憲法の第九条を守れ
核兵器禁止条約を被爆国として締結すべきだ
安倍やめろのシュプレヒコール
沖縄米軍基地の反対運動

これらの主張すべてに、共通していること。

それは、日本国と日本国民を守るための主張ではなく、すべては外国を守るための主張ということだ。日本人ならば、本来、日本国と日本国民を守る主張をするのは、しごく当たり前の話だろう。

憲法は、第九条において、国を守る備えである国防軍すら認めていない。子や孫の世代に、ご高齢の方々が経験した外国から侵略される恐怖、それに怯えて暮らすことを避けるために、第九条護憲を主張されている方も多いが、たいへん残念なことだが、ご高齢の方々が、子や孫に最も経験させたくない艱難を、逆に強いることになるだろう。戦争をするかどうかは、相手国の考えであって、日本国の考えや国内法の憲法などは、あたりまえだが敵国の判断基準にはならないからだ。国際法や国際組織すら、ないがしろにされつつあるのだから、せめて国内法では、しっかりと自衛の備えをしたほうがよいだろう。

今、第九条を、はっきりと時代遅れの条項だと主張すべきは、戦争を経験した世代であるはずなのに、いまだ、大日本帝國の誇りのようなアジア諸国への上から目線、戦争経験世代ほど抜けきっていないのかもしれない。ゆえに、アジア諸国へ迷惑かけた思いから、公平性を欠いた謝罪や不要な援助をすることも多い。その善意は、通じる者も少なくない。しかし、残念なことだが、かえって付け込まれて、悪用されていることも増えてきている。日本人の子や孫に、善意を踏みにじる悪意の遺恨を残すことにもなりかねない。

核兵器禁止条約は、核保有国を含めてすべての参加を確認してから、最後に被ばく国の日本国が参加すればよい。すべての締結国を最後に見届ける矜持こそ、被爆国として被爆者への追悼になるだろう。

アベノミクスによる民主党政権からの経済再生は、株価や失業率を見てわかるとおり、人々の暮らしを良くしている。そして、安全保障上の外交にも好影響を与えている。日本人なら、安倍総理に、日本国民として感謝の気持ちはあっても、やめろなどの主張、それはクレイジーだと思う。

沖縄県の基地問題の根は、中国の軍事拡大にある。アメリカ軍に、オスプレイの危険性などの、文句を言うのは筋違いだ。中国の空母の方が、沖縄県の人々の暮らしの脅かすだろう。そもそも、中国の軍事拡大がなければ、オスプレイは日本にこなかったはずだ。沖縄にとっての不幸は、中国の軍事拡大がある中、アメリカへと注意が向くように、メディアと活動家が感情を悪用していることではないだろうか。

【安心、それが人間の最も近くにいる敵である】    シェイクスピア
http://fukushima-net.com/
[ 2017/08/10 11:27 ] [ 編集 ]
まさに「カエルの楽園」
前にも書きましたが、NHKの「反戦キャンペーン」がおそらく終戦記念日まで続くでしょう。またミサイル退避訓練をあざわらう輩まででてくる始末。まさに「カエルの楽園」ですね。
注:退避訓練は→ http://www.sankei.com/politics/photos/170729/plt1707290048-p1.html

1)2年前にNHKに投書したことを思い出す:
<2015年8月>「満州からの引揚で決意したこと 女優 赤木春恵」を聞いたが、聞き手:佐野剛平ディレクターはおかしい。『「戦争を好む人」がいると困りますね』という発言、即座に赤城女史は「そんな人はいませんよ」と答えた。当然と思う。戦争を好む人が本当にいるのでしょうか?
最近のNHKは「平和」「平和」と喧伝しているが、それはそれで良いでしょう。平和が一番大事ですから。しかし「戦争を好む人」という言い方は、平和の反対語で佐野氏はつい言ってしまった。この辺りがNHKディレクターの知能の限界と思える。要するに「戦争・平和」と「国防」は別問題にもかかわらず、最近の安保騒動を背景に、暗に国防に反対している、と私はそういう印象を持った。NHKは「戦争反対、平和賛成」ばかり言うが「国防」は叫ばない。おかしいのではないか?

参考:(赤城さんは、「みんなの戦争証言アーカイブス」に出ているので、NHKが呼んだのでだろう)  http://true-stories.jp/?p=100
番組のタイトル「・・で決意したこと」もおかしい、戦争反対を言わせようとしたが、赤城さんは決意ではなく「戦争はまっぴらだ」との感覚を述べているだけ。因みに、私自身も一歩間違えれば「残留孤児」になるところだったので、引揚の話は実感が沸く。

2)NHKは昨日も今日も原爆被災者の体験談ばかりが目立つが、ふと思った、原爆以外でも相当数の人が犠牲になっているのに、なぜ原爆だけを際立たせるのだろうかと。

(正確な数字はなさそうだが、「ウィキペディア 第二次世界大戦の犠牲者」を参照したら、原爆では20万人が犠牲、戦争全体では軍人も含め300万人が犠牲となったという。
210万人の軍属以外に、東京大空襲で10万人、沖縄戦で15万人の民間犠牲者、それ以外にもすべてが犠牲者ではないがソ連抑留者が30万人にも上る。また赤城さんのような引揚者や避難民の筆舌に尽くしがたい苦難と苦悩。)
[ 2017/08/10 12:52 ] [ 編集 ]
なつこさまへ
過分なるコメント、ありがとうございます。

私は決して戦を好むものではありません。
でも私は信じています。

「敷島の大和心の雄々しさは 事ある時にぞ現れにけり」
日露開戦時の明治帝のお言葉です。
[ 2017/08/10 14:12 ] [ 編集 ]
この期に及んで、メディアはまだ日報問題で騒いでますね。
朝日なんぞは1面に加計問題を取り上げて、ま〜だ必死にしがみついてます。

加計学園についてはそもそも違法でもなんでもなく、単に倒閣のために、朝日新聞や野党が前川を利用して、単なる思い込み(嘘)で問題をでっち上げ、印象操作で倒閣運動をした事がさんざんバレているのに。

まさか、このことを知らない訳はないでしょうから、いまだ引きずろうとするのは、間違いなく確信犯です。

ていうか、悔しいんでしょうね。
倒閣まで、もうちょっとだったのに、不発で終わってしまって。
で、このまま引き下がると自分たちが嘘つきと認めた事になるから最後まで足掻いてやる〜〜、なんて。ほんと往生際が悪いです。

やっぱ、基本的思考回路が日本人じゃないです。
まさに読んで字のごとく「朝鮮日報」の朝日新聞です。

虎ノ門ニュースで、青山さんが国会での質疑以降、左派連中からの青山潰し攻撃が凄いと言ってます。卑怯な奴らです。
そして、

仰ってました。
中・朝の工作活動は確実に進んでいると。

平和ボケしてる場合じゃないです。ほんとに。
[ 2017/08/10 15:00 ] [ 編集 ]
『9月危機』は有り得るか!?
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170809/soc1708090004-n1.html
ジャーナリストの加賀孝英氏による独走リポートから 。。。

・トランプ大統領は7月末、ついに北朝鮮への軍事行動(先制攻撃)を決断した。。。Xデーは早くて9月。米国は作戦行動に入った。
・中国による北朝鮮説得工作は失敗した。米情報当局は「追い詰められた金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、日米韓3カ国でテロの極秘命令を出す危険がある」とみている。第2次朝鮮戦争勃発の危機だ。
・詳細は、米韓合同軍事演習『乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン』が22日から朝鮮半島沖で行われる。米軍2万5000人、韓国軍5万人が参加。原子力空母『ロナルド・レーガン』と『カール・ビンソン』など、世界最強の空母打撃群が派遣され、作戦計画『5015』(=正恩独裁体制殲滅)訓練を行う。
・北朝鮮は建国記念日の9月9日前後に、『6回目の核実験』か『ICBMの再発射』を強行する。軍と人民は飢えと虐待で暴動寸前だ。正恩氏は米軍におびえ、酒とクスリに溺れている。
・トランプ氏は『正恩氏を野放しにできない』と判断した。Xデー当日、米軍は数百発の巡航ミサイルなどで軍事施設を徹底的に破壊する。反撃すらさせない。特殊部隊が突入し、正恩氏を排除する。
・外事警察関係者は「否定できない。米国の言動のすべてが『9月危機』を示唆している。」ことを隠さない状況。
・米国務省は翌2日、『9月1日から米国民の北朝鮮への渡航禁止』を決定、『8月中に北朝鮮から退去せよ』と呼びかけた。在日米軍は最近、韓国から避難してくる在韓米軍家族の収容施設の設置作業に入った。
・安倍首相は7月31日、トランプ氏と電話で首脳会談を行った。北朝鮮のICBM発射強行を受けたもので、両首脳は52分間も話し合った。「今は対話ではなく圧力」で一致した。
・米国の工作員が、正恩氏の側近数人に接触し、『国と人民を救うために正恩氏を倒せ』と口説いている-という情報が漏れた。北朝鮮の工作員が現在、その裏切り者を特定しようと、必死で動いている。
・脱北者中心で組織された米国側の情報協力者や工作員が、北朝鮮側に捕まり、処刑されている。米国の軍事作戦を阻止したい、中韓関係者がリストを渡したようだ。米国は激怒している。
・日本も同じだ。公安関係者が、こう警告する。。。「中朝の工作員や協力者らの動きが活発化している。『安倍政権潰し』で動いているようだ。一部マスコミや国会議員らの動きも怪しい。『安倍政権を潰せば、日米同盟が弱体化する。米国は動けなくなる』とみている。巨額の工作資金が用意されたという情報もある」
--------------------
北朝鮮の建国記念日は9月9日(土)です。

米国は、それに合わせて北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射するか、あるいは核実験を強行するものと見ているようです。。。米国国務省は9月1日からアメリカ国民の北朝鮮への渡航を禁止し、現在北朝鮮に残留している国民の北朝鮮からの退去を8月中に終わらせるように指示したのも、それと関連性があると思われます。

また、稲田朋美防衛大臣を外し小野寺五典氏に代えたのは、都議選での失言や日報問題などがあったからだけではなく、実戦がより近づいて来ているから。。。という意見もあります。

そして、米軍関係者も具体的に「9月危機」を口にしています。。。

それでも、未だに「加計問題での説明責任」がどうのこうとか、「PKO日報問題」隠ぺいの有無とか、今にも解体寸前の民進党がアホ丸出しで今日も吠えていたようですが。。。もう、誰も相手にしなくなる日も近いことでしょう。

特亜傀儡民進党の『根本隠し戦略』に応えて、金正恩もトチ狂っています。。。

http://www.sankei.com/world/news/170810/wor1708100047-n1.html
《【ソウル=名村隆寛】グアム周辺への中距離弾道ミサイル「火星12」による「包囲射撃」計画について北朝鮮は、「4発同時に発射」「島根、広島、高知3県の上空を通過」「射程3356・7キロを1065秒間飛行」「グアム島周辺30~40キロの水域に着弾する」などと具体的に予告しており、ミサイル技術への“相当な自信”がうかがえる。》

やればやるほど、日本国民は覚醒していきます。
勿論、反日野党勢力や売国マスゴミは崩壊に近づくだけでしょう。。。!!

そして、いずれは「憲法改正」にまっしぐらです。。。!!!


[ 2017/08/10 20:57 ] [ 編集 ]
猿の惑星
今日、北朝鮮はグアム近辺の海域へのミサイル発射計画があることを明らかにしました。しかも日本列島を越えて、島根、広島、高知県の上空を通過しての実験になると伝えています。

アメリカはどっかの国と違って、グアムの至近距離へのミサイルの弾着を指をくわえて見ているとも思われません。米朝関係の緊張は極端に高まるものと思われます。

民辛党とマスコミは相変わらず日報問題にモリカケ問題の繰り返し、日本の周囲はそれほど平和なのでありましょうか。

日本の左翼マスコミによる核の議論を聞いていると、映画「猿の惑星」で、核戦争から生き残った人間たちを思い起こします。彼らは核兵器を物神化し、一切触れてはならない「忌み神」として祀っているのですね。

対象をあまりにも忌避するのは、それを神聖化するのと同じ効果をもたらします。彼らは核を怖れる余り、その実、核を拝跪しているのです。核兵器に対する基本的な知識もなく、きわめて原始的で、野蛮な心性の人間が成せる業としか言い様がありません。

9条平和教はアメリカのみが唯一、核を独占していた時代の名残であり、現状でのご利益は皆無に近いと思われますが、まだそんな膏薬を売ってるのが驚きとしか言い様がありませんわい。
[ 2017/08/10 21:01 ] [ 編集 ]
シバサマ1966様
私も戦争は嫌です。
しかし戦争を仕掛けられる無防備な国であってはなりません。
日本に照準を合わせた国に囲まれ、しかも国内には、
日本を攻め易い国にしようと画策する連中が大勢いる現状です。

シバサマ1966様が書かれた明治天皇の言葉は身に沁みて、
思い出されます。

今一つ、
「戦わざれば亡国必至、戦うもまた亡国を免れぬとすれば、
 戦わずして亡国にゆだねるは身も心も民族永遠の亡国であるが、
 戦って護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも
 祖国護持の精神が残り、われらの子孫はかならず再起三起するであろう」
と決死の覚悟で大東亜戦争に向かった永野修身海軍軍司令部総長の
言葉も思い出されるのです。

誰の為でもない、国を守るため、子孫の為に戦ってくださったのに、
今を生きる日本人の子孫に対する責任は何ほどもないのかと呆れるほどです。
[ 2017/08/10 22:24 ] [ 編集 ]
工作員
日本のメディアは雑誌も含め、単なるサヨクではなく完全な工作員の網を張り巡らし完了状態か?と思います。
安倍内閣打倒だけではない、もっと日本の深い部分へ目的が有る様な気もします。彼らが世間に振りまく印象操作への印象です。

Max様の<川野浩一氏は原水禁の議長> オイオイです。
雲仙でミサイル避難訓練に反対した12集団の殆どが原水禁系だそうですから、これは、どういうこと?になるんですけどね。
「あなたは何処の国の国民ですか」と聞くしか無い。
彼らが望む様に政府が表明をするだけでミサイルや核の危機が防げるのなら、今頃は日本上空に強固な結界が構築されていますでしょうよ。

何があっても彼らの批判視線は北朝鮮や中共或いは南鮮には向かない。
  日本が避難訓練したら北への挑発になるから止めろ。
  北の言い分に耳を傾けろ。
  対話で解決出来る。
点ける薬が世界の何処にも無いレベルのアホタレ。

明日の日本の国防危機を国民に知らさせない為の加計、日報延々報道は、日本崩壊が意図されている様に感じます。
国賊ゾ。

[ 2017/08/11 00:18 ] [ 編集 ]
マスゴミ集団に「テロ等準備罪」の適用を急げ
「テロ等準備罪」、「偽計業務妨害(偏向報道、捏造報道、不報道)」でマスゴミを一掃する事が可能だと思います。

彼らには「致命的な落ち度」があるわけですから、「報道の自由」や「表現の自由」とやらで「言い訳」ができません。

放送法やスパイ防止法の改正も必要だと思いますが、「反日工作員」が入り込んだマスゴミは、一刻も早く潰さなければならないと思います。
[ 2017/08/11 00:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: