私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  内閣改造 ~ 野田、河野カラーは封印される

内閣改造 ~ 野田、河野カラーは封印される

← 応援クリック、ありがとうございます。

 第3次安倍第3次改造内閣が誕生した。支持率低下のなかで、派手さはないが、堅実な路線を選択したものと思われる。石破茂氏は蚊帳の外となった。産経・FNNの世論調査では、「いま首相にふさわしい人物」という問いで安倍総理を抑えてトップだったようだが、自民党支持層に限っては安倍首相の47.1%に対して石破氏は18.6%。肝心の保守層から嫌われ、すんなり政調会長の座に収まった岸田前外相に水をあけられた格好だ。ある報道では、石破氏には入閣の打診すらなかったという。存在感はじり貧である。

 さて、組閣を前に入閣のリークが続出し、「事務所で総理からの電話を待つ入閣待機組」の映像などは見られなくなった。今回の組閣では、噂された進次郎や橋下徹の名前はなく、仕事人を集めた陣容だそうだ。昨日も書いたが、保守派にとっては忌避の対象である野田聖子と河野太郎の入閣という現実に、一部の保守派からは安倍総理を批判する声も上がっている。私もこの2名についてはシンパシーを感じることができず、どちらかというと遠慮願いたい人選だ。しかし、それほど心配することでもないだろうと思う。

 野田は、自民党の中でもリベラル派である。野田聖子というと、どうしても古賀誠の顔がちらつき、嫌悪感が先に立つ。彼女が南沙諸島の問題を「日本には関係ない。棚上げすべき」と言い切った際には仰け反ったし、夫婦別姓促進やパチンコとの関係など、胡散臭い部分が目に付く。しかし、閣内に入って独自の主張を貫けるか。答えるまでもないだろう。

第3次安倍第3次改造内閣


 あのルーピー政権で内閣府特命担当大臣を務めた福島瑞穂は、国外への移設を主張していた普天間基地が辺野古で移設で合意され、閣議了解の書類に署名しないと宣言した。福島は即刻罷免されることになるが、この手のアクションを野田が取れるとは思えない。入閣するということは、総理の方針に従うとコミットすることである。野田カラーは封印されるのだ。

 同じことが河野太郎にも言える。河野が親中派、親韓派だということは、誰でも知っている。しかも河野は、古くから対米追随路線を批判してきた。しかし、岸田前外相がそうだったように、現在の日本外交は官邸の方針を現実面で進めるのが役割であり、外相がイニシアティブを持っているわけではない。ここでも、河野カラーは封印されると思われる。

 文在寅が大統領に就任し、対日非協力外交を進める青瓦台と反日世論は、河野談話の生みの親である河野洋平の息子であることから、日韓関係のに好影響を与えるのではないかと期待感を示しているそうだ。しかし、対南鮮外交では、河野自身のポリシーで進められるわけではない。河野太郎に否定的な人は、外務省宛に「新外相は、親父が蒔いた種を摘み、親父の尻拭いをして来い」とメールすればよいだろう。

 マスメディアや「いまこそ安倍を退陣に追い込め」と躍起になっており、政権へのネガキャンが今後も更に続くことを考えれば、内閣改造による政権浮揚の効果は限定的だろう。安倍総理の言うように、仕事とその結果で示せばよい。そのための組閣なのだから。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/08/04 11:03 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
老害
常々感じるのは自民党の老兵たちの鬱陶しさ。先日の福田康夫しかり、河野洋平、古賀誠あるいは小泉純一郎等々。2回生議員より影響力があるだけに始末が悪い。官民ともにOBの容喙が激しいと組織はそれこそ破滅する。
[ 2017/08/04 11:55 ] [ 編集 ]
サプライズ人事が吉と出るか凶と出るか
http://www.sankei.com/politics/news/170803/plt1708030005-n1.html

さて今回の第三次安倍改造内閣ですが、やはり主要閣僚ポストにそれこそサプライズ人事を安倍首相が行った事で賛否両論が保守論壇内で起こっています。
殆ど批判的な見方が占めていますが、真逆に肯定的な意見もあります。

その代表が小坪しんや行橋市議会議員のこれではないかと思います。

https://samurai20.jp/2017/08/third-time/

今回の内閣改造には直近の安倍内閣支持率低下が大きく絡んでいて、その支持率低下も本来はこれ程大騒ぎをする内容でもないところ『安倍内閣倒閣』の為に反日偏向メディアと口だけ野党が画策し、その工作が成功したわけですが、但し朝日、毎日、共同だけの世論調査の結果が支持率低下を示しているのではなく調査主体全てが安倍内閣の支持率低下を挙げている点に安倍首相のショックもあったのではないかと推測します。

その様な流れからの組閣ですが、一つ最近の自民党議員の失言などという内部崩壊を防ぐ意味でまた即戦力として実績、経験を踏まえての選抜は地味と言われようがなんと言われようが正解と言えます。

但し、特に外務大臣と総務大臣選択では後々まで今日の判断の成否が語られる程の事であると思えます。
河野太郎前国家公安委員長、野田聖子元総務会長の起用です。
勿論子供ではありませんから最初から内閣内安倍批判を繰り広げるわけはないでしょうが、段々と地は出て来るでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E9%87%8E%E5%A4%AA%E9%83%8E

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%94%B0%E8%81%96%E5%AD%90

何にしろ、ゼロサムである100%良い、100%悪いという事はありませんから、なんだかしらの次第点を得るかもしれませんが『「凡そ」どうであったか?』、『重要な事項でどうであったか?』が今日の登用の評価・点数というものでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E9%87%8E%E5%A4%AA%E9%83%8E

やはり偏向メディアが拡散した「お友達内閣批判・意見の違う人物の採用」に安倍首相が主としてそれを一般国民の声と理解して採用したと分析します。

http://www.sankei.com/politics/news/170804/plt1708040022-n2.html

この安倍首相の改造内閣が失敗であれば、いよいよ『ポスト安倍』です。
その失敗、成功は後に政界で影響力をどの程度残せるかにも関係します。
勿論それが『憲法改正』にも関係します。
現状、ポスト安倍の人材に『改憲』に積極的な人物が見当たらない様に思えます。

思い起こせば『戦後レジームからの脱却』を掲げて首相というトップで舵取りをし、その結果が出ます。
勿論その際には『経済政策』はどうであったかという成績も出るわけですが、これらは密接に関連したものです。

先ずは北朝鮮を巡る日米中韓間に関する外交ですが、日本が主体的に出来る事など殆どなく、北朝鮮の時間稼ぎを応援する中国に対してや北朝鮮のICBM開発に対しての米国の言動に追従するという外交という基準線と時間経過と共に河野太郎がどう反れているかいないかという見方。

まさか「話し合いで解決を」などと陳腐な事は言わないとは思いますが。

そして一般の日本国民の意識形成に深く関わる情報通信を扱う総務省に於いて野田聖子がどういう仕事をするのかという注目点が挙げられます。

http://www.sankei.com/politics/news/170803/plt1708030086-n1.html

[ 2017/08/04 12:16 ] [ 編集 ]
無礼極まる安倍総理のNHK生放送
第三次安倍第三次改造内閣発表直後に、安倍総理はNHKのニュースウォッチ9に生出演されました。

支持率が低下する中での内閣改造とはいえ、一国の首相をお招きしているとは思えない、無礼極まりない内容でした。

最初の紹介も、何処かのコメンテーターでも紹介するかのような扱いで、早速加計学園の件を問いただしていました。

青山議員が、加戸前愛媛県知事に質問していた、あの国会での重要な名シーンを一切報じず仕舞いのNHKニュースウォッチ9が、よくも白々しく総理に質問できたものです。

15分もの出演後、何の挨拶もなく「総理の出演はここまで」とか、尻切れトンボ状態でした。

自称、天下の”公共放送“も、ここまで地に堕ちたものかと愕然としました。
[ 2017/08/04 15:02 ] [ 編集 ]
全く、同じ思いでおりました。
ブログファンさんが書かれているとおりのことを感じました。

一国の総理大臣に対して、あれはないでしょう。
挨拶もなしに、くだらない質問を繰り返し、時間が来たら「ここまでです」で終わり。お礼の言葉は一言もありません。
いきなり、総理大臣を画面から消してしまいました。

TBSでも、あそこまではしないでしょう。
星浩でもお礼くらい言うでしょう。
非常識を越えていました。明らかに悪意があります。

解説員が嘘ばかり「解説」し、桑子アナウンサーは大袈裟に頷き、メインがフォローする。このパターンばかり。
見事なまでの政治工作番組ですね。

NHKは、ますます酷くなりました。暴走してます。
8月に入り、史実をねじ曲げた終戦番組が増えます。
朝日とのタッグで高校野球での大儲け。
税金のように受信料を日本国民から搾取して、反日番組ばかり。

ギャフンと言わせねば!

[ 2017/08/04 15:25 ] [ 編集 ]
経済と北朝鮮
経済低迷と北朝鮮危機は日本が現在直面する最大の課題です。

経済については、有効求人倍率が高まるなど、一見、順調なように見えますが、国民の実質賃金は下がり続け、生活は苦しくなる一方です。支持率低下の真の原因はここにあると考えます。モリカケはきっかけに過ぎません。空疎な大騒ぎに引きずられたと考えるのは国民の良識に対する冒涜であります。
大多数の国民の収入が伸び悩む現象は、先進国において、世界共通です。さらに掘り下げますと、自由貿易による競争激化と、それに伴う雇用環境の悪化が一般大衆を苦しめているのです。
安倍政権は自由貿易を信奉し推進していますが、それにより国民の生活は今後も悪化し続け、從って支持率は上昇しないでしょう。

一方で、国債を発行して財政出動により景気を刺激すべきという意見が一部に存在しますが、財務省を中心とする勢力は、財政健全化、したがってPB黒字化と緊縮財政および消費税増税、を推進し、安倍政権もこれに同調しています。
財政健全化路線にはデフレ脱却への出口が存在せず、防衛力増強、科学技術推進、国土強靭化、少子化対策、など国力の基盤強化のための施策を不可能にします。これもまた安倍政権にとって致命的な逆風となるでしょう。

[ 2017/08/04 16:00 ] [ 編集 ]
支持率35%予想通り過ぎw
うーん、毎日調べで9ポイント増か。予想どおり過ぎてちょっと萎えたわw日経とか読売調査でも40%には届くまい。これは順当に考えて解散風は止むのではないか?ここで解散に討って出れば「相対的に勝てた」としても議席は確実に減り、憲法改正はほぼアウト。安倍首相の悲願は潰えるだろ。小池さんは大喜びだろうが。
ここは当面極力の安全運転に徹しつつ、一か八かの大勝負のタイミングを横目に入れてトランプ米政権との意思疎通に最大限の神経を使うところ。
案外隅に置けないのが民進党代表選。前原さんが勝てば、国民ファースト(仮)と民進党右派との連携はいよいよ現実味を増す。これは結構怖い。
ともかくここ1〜2ヶ月ハラハラドキドキだわw
[ 2017/08/04 18:29 ] [ 編集 ]
経済と北朝鮮(その2)
北朝鮮危機について、日本が戦争防止のために影響力を行使することはできないでしょう。戦争に踏み切るかどうかはトランプ大統領の決断次第です。
第二次朝鮮戦争が勃発した場合、安倍政権がやるべきは、我が国の被害を最小限におさえる対策を講じることであります。

(1)ミサイル防衛については、ある程度考えているようですが、不十分です。自衛隊の大幅強化が必要であり、そのための予算を確保しなければなりません。防衛予算はGDPの1%以内という大昔の閣議決定を廃棄し、防衛国債などを発行すべきです。

(2)難民の流入が予想されます。大量の難民をどう扱うのか、法律の整備から取り掛からねばなりません。難民船を阻止するための巡視船の増強、水際で食い止めるための自警団の結成、韓国からのビザなし渡航停止、潜り込んだ不法滞在者の収容所の設置、などやるべきことが山積しています。

しかし、安倍政権はほとんど何もしていません。「万全を期す」という言葉を繰り返すだけの安倍総理の空疎さは見抜かれています。これもまた、支持率低下に影響していると考えるべきでしょう。
[ 2017/08/04 18:29 ] [ 編集 ]
回文を作ってみた
「あれ?安倍さんの内閣、改なのん?」サベア・レア

(あれあべさんのないかくかいなのんさべあれあ)
[ 2017/08/04 19:13 ] [ 編集 ]
安倍内閣支持率、44.4%に急上昇+8.6%(共同通信)
こんなの最初から推測できてましたよね。。。

ここ最近の支持率、マスゴミが喜々として、しつこい位に報道してたけど、どうせ、ただ単に「対安倍信頼度だけ」を印象操作で、しかも無理矢理短期間で誘導して創り上げた支持率であり、支持率そのものに実体が無いものでした。。。つまり、経済、雇用、株価などどれをとっても支持率の下がる原因要素が存在しないんです。

偏向報道で無理矢理下げた即席支持率なんて、中身が無い分回復も早いというもんですよ。。。

それで、残るは何でしょうか!?。。。

それは、マスゴミに対する不信感だけ。

ついでにマスゴミ信頼調査もやればいいのに。。。結果は、勿論、マスゴミの一人負けでしかありません!!

少しずつだけど、確実に潮目が変わってきています。
数年前では有り得なかったことが、今は起こってきています。
数年前までは口にも出せなかったことが、今は堂々と言えるようになってきています。
特にマスゴミ関連の闇と裏の繋がりなども暴露されて、その信頼度はどんどん下がっていくばかりです。
だから、マスゴミもそれなりに必死です。体裁ぶっても居られません。なりふり構わずの醜態ぶりで、こちらが目を覆いたくなります。

要は、(一喜一憂せず)潮流がどっちを向いているか!?。。。だけを見ていればいいと思うんです。。。!

ここで、一つ動画を紹介します。
------------------
真相マスゴミが崩壊しない黒幕電通とガチでヤバい業界!政治経済にゅーす女子82
https://www.youtube.com/watch?v=-xYGFEllvRk

根っこでつながるこの業界、その黒幕と仕組みとは。。。!?


[ 2017/08/04 21:05 ] [ 編集 ]
野田聖子に河野太郎。。。

自己顕示力が強く、権力にも人一倍貪欲な人間は、無視されると反発力が強固になるけど。。。手を差し伸べると人一倍活動的に自己アピールに励みます。うちの会社にもそういう人間が多くいます。

つまり、この手の人間は使い勝手があるし、仕事もできます。

ただ、こういう人間は、あくまでも自分主体ですので、いずれは自己主張に脱線します。一時しのぎの関係でいくべきで長くは使えないでしょう。

今のこの時期の人事としては、私は高く評価したいと思います。

[ 2017/08/04 21:30 ] [ 編集 ]
野田氏には後ろ盾の誰かが囁けば内閣不一致作戦で自爆も無い訳では無い、と思いますが、それをしたら彼女に将来は無い。
ですけど、囁く側の囁き内容次第で・・・は有り得る様な気もします。
これが、「冒険」なのか?
[ 2017/08/05 00:14 ] [ 編集 ]
拉致単独大臣は?
政府の得て居る情報が如何なるものか分らないで言うのも何だとは思いますが、北朝鮮が不穏な状況の今の内閣改造で、何故拉致担当大臣が単独で設けられなかったのか?河野氏よりも野田氏よりも、大きく不満を感じております。

例え「足のひっぱりだ」と言われましょうとも、やっぱりこれは言ってしまいたい!
[ 2017/08/05 01:34 ] [ 編集 ]
金聖子?
旦那があちらの人らしい。
これだけでどういう女かわかる。
蓮舫が誉めるのは分かりやすいね。
[ 2017/08/05 04:50 ] [ 編集 ]
『ふと気づいた自民党の左傾化・親中韓化』
いや本当にふと思いました。
安倍内閣は左傾化(親中韓志向)に向かっているのではないのか?と。
マクロで見るのとミクロで見るのは違います。

改めて一般日本国民の意識というのはまだまだ単純であると安倍改造内閣後に直ぐに支持率上昇の世論調査が出た事が表しています。
それもさよくの「共同通信」の世論調査でです。

http://www.sankei.com/politics/news/170804/plt1708040053-n1.html

ですから特に政権は支持率の上下に一喜一憂すべきではないと思うわけです。
安倍首相、支持率の下落に平常心を失ったように見えます。

そもそも今回の内閣改造人事で注目を集めているのは「河野太郎」の外相就任、「野田聖子」の総務相就任です。
この人事はさよく・在日連合には受けが非常に良く、『今や民進党というさよく連合の一員に政界での活躍が期待が出来ない以上、自民党内部での左傾化及び親中、親韓化が望ましい』と考えても不思議ではありません。

しかしよく考えるとかつての自民党、つまり河野洋平や宮澤喜一を抱えていた自民党、他にも古賀誠、野中廣務、加藤紘一、山﨑拓、福田康夫、中川秀直などを輩出した自民党時代のツケが現在の日本毀損・自虐に繋がっているのは明白です。
因みにその残滓が二階俊博、野田毅などでしょう。
事実改めて見ると、これらの自民党重鎮議員たちは時代背景は有りますが、こぞってと言ってよいほど親中・韓派です。

その様な視点から見た場合、自民党の『先祖返り』が今回の人事に見えると言ったら言い過ぎなのかという事です。
この二氏、当然安倍内閣に入閣するのですから入閣して早々に反旗を翻す筈もないのですが、自民党の左傾化の方向性(つまり表現としての幅広い意見を取り入れた自民党)の表れであるのではないかと。
この点は注視しておく必要があると考えます。

http://soumoukukki.at.webry.info/200908/article_4.html

今でも日本国が国として当たり前の事が出来ないという状況の例が以下ですが、今後その転換点がどうも遠のいている様に思えます。

http://www.sankei.com/premium/news/170805/prm1708050001-n1.html

https://www.youtube.com/watch?v=6uZ_DQj9EbA

中国が今や米国への対抗心を隠さず南シナ海、東シナ海を自国の海化である軍事基地建設、プラットホーム建設、また公船・軍艦による侵入の常態化をしている昨今。
また北朝鮮が対米敵視を隠さずICBM開発を急いでいる現在(日本人の意識は日本国を通り超して米国に目が行っているようですが、とっくに日本攻撃は何時でも出来るという事実認識が欠如しています)。
安倍内閣は米国追従を基本とし、親中・韓外交をどうしようとしているのか注目です。

http://www.sankei.com/world/news/170804/wor1708040034-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170804/plt1708040063-n1.html

そして『憲法改正』はポスト安倍により益々遠のき、日本は『護憲』のさよく・在日連合の支配が続きます。
何が悪かったのかは早い時期から現状のさよくに牛耳られた日本の実情の認識が不足していたこと。
特にその先兵である偏向メディアへの対処不足と意思を継ぐ塾生議員の育成不足、周辺スタッフのフォロー不足、そして経済政策の中途半端さなどでしょう。

[ 2017/08/05 09:41 ] [ 編集 ]
毒をもって毒を制す?
河野氏、野田氏の入閣は、さすがに過去の言動歴や思想信条を踏まえてのことでしょう。

両氏が安倍内閣の方針に沿って寄与すればよし、改めねば閣内不一致を露呈してサヨクマスゴミの矢面に立つことになります。マスゴミの方も、政権の攻め方に迷いが生じるのではないでしょうか。政権の国内向け防波堤にはなると思います。
安倍さんの狡猾な急がば回れ、しかも匍匐前進。そのぶん、憲法改正は遠のいた。

石破みたいにテレビ出演で露骨な反安倍の発言をしていれば入閣できない、という事実を、両氏が弁えるくらいの能があれば、化けて機能することもあり得ると思います。
安倍首相に好意的すぎる解釈かも知れませんが。
[ 2017/08/06 01:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: