私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  安倍内閣改造 ~ 新鮮味がなくて、変わり映えがしなくて、どこが悪い!?

安倍内閣改造 ~ 新鮮味がなくて、変わり映えがしなくて、どこが悪い!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 本日行われる安倍内閣改造人事で、野田聖子が入閣するという。一部の保守派のなかに、野田の入閣を安倍総理の失策のように評する向きもあるが、野田聖子自身、それほどの大物ではないだろう。確かに野田は、安倍総理とは信条や政策も異なるが、入閣するということは総理に従うことを意味する。私はもちろん、アンチ野田だが、内閣を吹っ飛ばせる力があるとは思えぬ野田の起用に、殊更騒ぐ必要はないと思われる。

 どちらかというと、外相に内定したと言われる河野太郎のほうがインパクトが大きい。河野が外交に知見があるという話は寡聞にして知らず、限られた情報でいえば親中派だということぐらいしか分からない。米国への留学経験がある分、外国の要人との意思疎通には不自由がないだろうが、良い意味でも悪い意味でも安定していた岸田氏であっただけに、先行きに不安が残る。

 人事とはいえ、次々と漏れて来る入閣ニュースを報じるテレビ局など、「変わり映えしない」「新鮮味がない」「守りの人事」などと、さっそくネガキャンをスタートさせている。彼らは、総理が何をしようが難癖をつけるのが仕事だと勘違いしているので、口が裂けても「素晴らしい人事」「安定感がある人事」などとは言わない。今回の人事の注目は文科相と防衛相だったが、文科相には林芳正、防衛相には小野寺五典というベテランが配置されることになりそうである。特に小野寺氏の再起用は拍手ものだ。

改造安倍内閣新閣僚


 その改造安倍内閣の組閣の裏で、民進党が代表選に向けて進んでいる。核マル枝野がいの一番に名乗りを上げ、外国人献金で外相を辞任した前原が後を追う。タマキード玉木は、すっかり影が薄い江田憲司と第三の候補擁立を模索しているようだが、野党第一党とはいえ、政党支持率が共産党とどっこいどっこいの政党に注目は集まらない。代表選は、9月2日の投開票で了承されたが、「(時間をかけて)代表選びをしている暇はない」(篠原孝)、「臨時国会召集を求めているのに司令塔不在になる」(渡辺周)、「のんきだ」(寺田学)など、雑音ばかりが聞こえてくる。

 もうすくお役御免になる政調会長の大串は、そんな党内のゴタゴタは知らぬとばかりに、相変わらずの安倍批判に余念がない。

「内閣改造ですらも加計学園隠しか」(大串ひろしのブログ

加計学園の問題をもみ消すために、共謀罪法案を強行採決してまで国会を閉じた安倍総理。

そして今度は、さらに国民の目先を変えるために内閣改造?

内閣を組織するのはそんなためのものでしょうか?それは本来は、それぞれの仕事を、日本のために最もよくできる人を任命する、ということなのではないでしょうか。

それを内閣支持率アップのために利用するとしたら本末転倒です。


 まったく、バカにつける薬はないという見本のようなエントリーだ。もともと、蓮舫を民進党代表に選んだのは、政権からの転落後、海江田、岡田と続いたパッとしない代表に蓮舫を据え、党勢回復を図ろうとしたからだ。そういう過去がある政党の政治家が、「目先を変えるために改造?」など批判することなど、ブーメラン集めが趣味なのかと疑ってしまう。

 閣僚の問責を連発し、罷免運動をおこし、いざ改造する段になったら「内閣支持率アップのための改造は本末転倒」などと批判するのバカさ加減は、論評にすら値しない。「共産党に負けないようにね?」と、棒読みの乾いた声で囁いてあげるのが妥当だろう。

 内閣の真価は、新鮮味でも変わり映えでもなく、どんな仕事をするか、に尽きる。石破も小泉進次郎も橋下も要らない。改造内閣の閣僚には、しっかりと仕事をしてもらいたい。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/08/03 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
客観報道について
このところ騒々しいマスコミが静かになってホッとしています。

さて常日頃考えていたことを。

3月に今年度のNHK予算が国会で承認されたが、ラジオで審議の中継録音を聞いていた。しかし下記2点に違和感を持った:

① 4年ぶりの全会一致の承認。全会一致なんて普通はあり得ないのではないか。野党は何でも反対じゃなかったの? 胡散臭いと思った。

② 委員会審議の中で、新会長が「不偏不党」とか「公平・客観・中立」を報道のモットーとする趣旨の表明が何度かあった。しかし「不偏不党」なんかあり得ない、それは絵空事で、「不偏不党」を装うよう努めてますということではないか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「不偏不党」がそもそも世の中にはあり得るのか?と思い調べてみたら、「バカの壁」に同じ趣旨があることが分かり、古本屋で手に入れた。養老孟司「バカの壁」の第1章の中で、「NHKは神か」というくだりがある。『NHKの報道は「公平・客観・中立」がモットーである。ありえない。お前は神様か、と言いたくもなってしまう』

しかし、現在、偏向報道が騒がれているのは、上記の神様レベルの話ではなく、それ以前の問題である。事実を隠すので、いかにも印象操作であることが見え見えだし、しかも、NHKを筆頭とするマスコミがよってたかって間断なく続けるから、若者にも批判されているのである。若者の方が勘がいい、直観力で嗅ぎ分けているのでしょう。最近のマスコミは「事実を隠すことなくありのままに報道する」という最小限の倫理観さえ欠如してしまった。

昔、英国のBBCは客観報道であり、信頼できる、日本も見習うべきとの指摘があったように記憶する。それが事実なのか、現在はどうなのかはよく知らないが、客観報道を目指すべきということではなかったろうか。

私が願う客観報道は、事実の羅列で、しかも余計なコメントなし(少なくともラジオ・TVニュースはこれで充分)。事象に対する判断はこちらで行うので、親切ごかしのコメントはやめる。またニュースの終わりに「今後異論が出るものと思われます、とか、他国の反応が注目されます、・・の狙いがあるものとみられます、今後の対応が必要です」など、余計なことを言わない。もちろん解説が必要な場合もあろうが、例えば「本件に詳しい専門家の意見では・・・・」という場合でもそれは客観的に行い、方向を示すようなことはやめる。そのような報道を期待したい。

しかし、こちら側もしんどいが常に判断力、眼力を涵養し続けねばならない。

また、受け手側は多様である、党派性に凝り固まったものもおるし、「おんな城主」が口汚いどこかの党首のイメージなのでそんなドラマは見ない、というような非論理的な感覚もあろうし、タバコは不健康というが放っておいてくれ、自己責任なのだからというような意地もあろう(←二つとも私)。人は人だ、多様性への寛容も必要だ。


「言葉の解説」 あえて朝日新聞社のコトバンクで調べてみると:

● 客観報道とは:事実の伝達には記者の主観や意見を入れてはならないとするニュース報道のあり方。日本新聞協会が自主的に定めた新聞倫理綱領には,「報道は正確かつ公正でなければならず,記者個人の立場や信条に左右されてはならない」とあり,日本の新聞ジャーナリズムの規範である客観報道主義の根拠とされる。

● 放送倫理とは:【日本民間放送連盟】より引用:「放送倫理については〈民放連放送基準〉を策定して民放各社の番組・広告活動を自主的に規制し,その運用解釈については議論を集約して放送基準解説や考査事例集を作成している。」(と、引用で逃げる)

● 「報道倫理」、「偏向報道」はコトバンクでは説明がない、当事者だから書けない、書けば炎上してしまうからだろう。なお、「コトバンクは、Yahoo!辞書と技術提携しています」の注記あり。

これも参考になるかな → http://d.hatena.ne.jp/yot040/20120215/1329254764



[ 2017/08/03 07:55 ] [ 編集 ]
河野太郎が外相:安倍晋三の退場はもはや不可避
心の片隅で、安倍晋三がある日突然正気に戻る日が来ることを期待していたのだが、河野太郎が外相に内定というニュースを見て、思わず悲鳴を上げてしまった。
安倍晋三は、やはり、ただのバカだったのだ。
というか、情報音痴もいいところだ。保守の人々から河野太郎がどれほど嫌われているか知らないのか。
知っていてやったのなら、安倍晋三の本性が「保守」ではなく、「左翼リベラル」だという私の指摘が証明されたことになる。

左翼に嫌われ、保守から絶縁状を突きつけられれば、安倍晋三を支持するのは盲目的なファンだけになる。安倍政権の終わりは目前だ。
それにしても、後釜が石破では、日本が本当に滅びてしまう。
[ 2017/08/03 08:01 ] [ 編集 ]
大臣たる者、ある程度はその道に通じていないと勤まらないのが本当だと思うんですけどね、ま、余りスペシャリストになり過ぎても周りが見えなくなって良くないんでしょうが……、全体を統括する総理は代わっても内閣の顔ぶれはあまり代わらないのが本来の姿では無いかと。
ま、頭の中が真っ赤なマスゴミなら、防衛:蓮舫、法務:福島、外務:志位くらいやらないと評価しないんでしょうが……考えただけで恐ろしい(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
[ 2017/08/03 10:23 ] [ 編集 ]
そうは思いませんね
>安倍政権の終わりは目前だ。

当方はそうは思わない。
確かに野ダメ女と紅の太郎の大臣起用は極め付きの悪手だ。
しかし、来年9月の総裁選で3選を果たすにはまず党内をまとめなければならない。
ポスト安倍を狙うゲル石破の出鼻を挫くには
反安倍勢力を結集させないようにするため
他派閥・グループへの手当てが必要だろう。
内閣支持率がダウンした今、安倍さんにしてみれば
改造で譲歩できることをしたまでだ。
うまくいけば来年、3期目の任期に入れるはず。
従って安倍政権はもうしばらく続くと見ている。

だが、当方も一つだけ確信したことがある。
ここまで党内に阿る安倍信三には占領憲法の改正(破棄)はもはや不可能だ。
[ 2017/08/03 10:48 ] [ 編集 ]
ここで怒るなよw
支持率を上げる組閣ではなく下げ止まらせる組閣だと自民幹部も言っているわけで、何があろうと安倍政権支持!というスタンスならマスゴミ報道にいちいちイラつかなくてよくね?保守はもうちょっと余裕持ちなよwww実際、中堅以上で固め、お友だちびいきの色彩を弱めた実力派公平内閣で、進次郎くんも副幹事長筆頭で入ってるからさぁw
支持率が10、できれば15ポイント上がって40%台のれば万々歳でしょ。ちょっと甘いかなw
[ 2017/08/03 11:01 ] [ 編集 ]
雑感
これで小野寺あたりが時期総裁候補になるのかな?
 小選挙区制で政治家の地位が相対的に弱まっている。
 安倍首相に権力が集中しているように見えて実態がよくわからない。
操り人形のようにも見える。

2013年3月以降日本から政治家が消えてしまった。
声を上げるのは権力からもっとも遠いところにいる人達だけ。
山本太郎。山田正彦。

昭和の世なら自民党内からいろんな声が聞こえてきてもおかしくない。
テレビで聞く政治家の声は左右ともステレオタイプ。
台本を読んでいるのと同じ。熱気はどこに消えてしまったんだろう?
[ 2017/08/03 14:38 ] [ 編集 ]
こんな発言もありましたが・・・。
以下は、政治評論家と自称する人間の愚かさの記録です。

(以下引用)
政治評論家の有馬晴海(ありま・はるみ)氏もこううなずく。
「自民党の女性議員は衆参合わせて43人。ただ、大臣にふさわしい力量があるのは当選8回の野田聖子元郵政大臣くらい。しかも野田氏は安倍執行部に批判的で、入閣の可能性は低い。そこで現状では、三原じゅん子参院議員の起用が囁(ささや)かれています」

「あまりにも人材がいないので、民間からジャーナリストの櫻井よしこ氏を起用しようとの声もあるほど。それでも、どうしても党内から“マドンナ大臣”を登用したいのなら、筆頭候補は橋本聖子参院議員かもしれません。当選4回でスポーツ行政の実績も十分ですし、東京五輪に向けた五輪担当相ならありでしょう」
(引用終わり)


こんな連中がメディアに次から次に出てくる現状が大きな問題でしょう。
[ 2017/08/03 21:05 ] [ 編集 ]
ベクトルとしての後退
メディアや野党の工作による支持率低下に対してのポピュラリズムにより、内閣改造人事が行われ、その具体的な代表的処遇が野田聖子、河野太郎入閣でしょう。
大きな変動があるとは思えませんが前進ではありません。
しかし、将来的な首相候補に異質な人物を近づけたという言い方は出来るのではないかと思います。

そこで、今日本国で一番の悪弊こそ『メディア暴走・メディアテロ』ですからそれにメスを入れるには差し当たってNHK改革の必要性があるわけで果たして野田聖子にその意思があるのか?
と考えれば疑問符がつきます。

改めて、さて「第3次安倍第3次改造内閣」の陣容が発表されました。

http://www.sankei.com/politics/news/170803/plt1708030005-n1.html

まだ動き出していない内閣ですから当然どうなるという予想しかありません。
それにしても偏向メディアはコメンテーターなども使いどうやっても安倍内閣批判しかしません。
それは尤もで『安倍内閣倒閣』が目的だけに決して肯定して褒めるなどということはしません。

しかし、実は内心褒めているのではないかとも思えます。
即ち「メディアの支持率低下誘導報道の効果に素直に反応してくれて、内部に左向きエネルギーがより蓄積され、今後更に憲法改正など出来ない方向に向かう」と。

http://www.sankei.com/column/news/170803/clm1708030006-n1.html

http://ironna.jp/theme/30

実際『憲法改正』から『加憲』にトーンダウンしたわけで、この先方向性としては更に声が小さくなるように思えます。

今回の実務優先と「脱お友達風」でおそらく支持率低下は止まり若干の上昇を見るのではないかと思います。
そこに安倍内閣が得点でも得られれば以前の支持率に戻る動きも出るでしょう。
しかしそのような事が「ポピュラリズム」というのでしょう。
あまり支持率に振り回されてはいけません。
ポーズと若干の目に見える変更で良いのですが。

http://ironna.jp/theme/520

安倍首相の最大目的『憲法改正』、その為も含め先ずは経済再生施策などもあったのではなかったのかと初心が揺らいで来ました。
あの欺瞞に満ちた先人を馬鹿にした、又現状の憲法が「平和」などという名を付けられ堂々と日本の安全保障を阻害しているという状態が続きます。

今後、中国の南シナ海、東シナ海での狡猾な膨張行動は続きます。
北朝鮮のICBM(核搭載長距離弾道ミサイル)は続きます。

トランプ大統領米国は遠からず決断する可能性が高いと見ています。
それに対して第3次第3次安倍改造内閣が対応する事になるかもしれません。
そのように考えておく事も必要です。
「常在戦場」です。

http://ironna.jp/article/2358

・・・・
今も新安倍内閣に関してのニュースが流れています。
「手堅い仕事人内閣」、「お友達でない離れたところの人材登用」・・・・・等々。
一般日本国民が喜びそうな事ですから「支持率」は上向くのではないかと思います。
が。

[ 2017/08/03 21:24 ] [ 編集 ]
あら~w
日本国民に「汚辱」という名の莫大な借りを作ったおとうちゃまの罪科を、息子河野太郎氏が命を賭けて消し去る事に努めるチャンス、ではありますけれど・・・やれるかな?

TVを点けて偶々見かけた所が、野田聖子氏の就任会見でした。より一層高飛車な物言いが身についた新大臣、とお見受け致しました。私的には気分そうとう悪かったです。
総理が仰る「自民党は人材の宝庫」ならば(他党に比べたら首肯ではありますが)、なにもこんな自惚れ女性でなくても他に幾らでも居そうなもの、と思います。
高市さんを交代させる理由があったとも思えません。
大臣は成果が大事。性別の条件は無くて良いと思います。

この人事が安倍総理のお心のままに選ばれたのであれば、何かお考えがあるのだろう、と思えるのですが、派閥力学の賜ならば、もう一回選び直しましょうよ、と言いたい部分はあります。
が、事前予想評価は不要ですね。閣僚の皆様の頑張りを願います。
[ 2017/08/03 22:57 ] [ 編集 ]
追加
野党が追及し難い大臣、という意味では河野・野田両氏はイイのかも知れませんね。○カと鋏は使い様。
いまのところ、安倍政治の敵は国内に在り、ですから。
[ 2017/08/03 23:08 ] [ 編集 ]
安倍首相批判しかしないテレビ局員は反日の民進党と体質が似ている。
[ 2017/08/04 00:29 ] [ 編集 ]
吉と出るか、凶と出るか。
たしかに河野太郎氏が外務大臣というのは驚きました。
と同時に、この人事を考えた人物は相当な策士だなぁと感心してしまいました。

私は河野談話を一切支持していません。でも、あの父親だから云々という批判はこの期に及んで素朴すぎると思うのです。気持ちとしてはわからなくはないのですが。
河野氏が首相をめざすのであれば、この談話を避けてとおるのは不可能だからで、保守の方々には安倍政権の足を引っぱらないでほしいと願っています。第一次安倍政権のときの諸々(特に参院選大敗後の顛末)を忘れてしまわれたのでしょうか?
[ 2017/08/04 00:47 ] [ 編集 ]
辛害務大臣
反日害務省と国賊河野て最強の組み合わせですな。

これから更に売国政策に拍車がかかりそうで
特亜にしてみれば笑いが止まらんでしょうね。
[ 2017/08/04 04:11 ] [ 編集 ]
単なる印象コメントです
河野太郎、野田聖子の二人の名前は、脱力感が全てでした。
先々、このことが、総理の深謀遠慮の下での布陣であったと、
いうことになって欲しいものです。

両名はマスコミから容認される故に要注意人物として、
国民の目に晒されるべきです。
特に、何と言っても韓国が歓迎する外務大臣ですから。
野田大臣には、是非ともNHK解体を望みたいものです。
(するわけないですね)

ネットにUPされた動画で数人の大臣の記者会見を見たうちの
ひとりが、野田聖子です。
安倍総理に何かと物申して来たと終始、高飛車な物言いのわりに、
内容のしまらない弁舌には総理候補と自任するには
到底おぼつかない、能力のなさを見せつけました。

それに比べて、林芳正の安定感と言うのでしょうか。
よどみなく受け答えする姿が、頭脳の明晰さを感じさせるものでした。
私の中では、野田聖子との対比を際立たせる会見となりました。

河野太郎は、気持ち悪くてスルーでした。(笑)

今更、投稿するまでもないコメントを書いております。
[ 2017/08/04 08:10 ] [ 編集 ]
頑張れ、安倍内閣!
改造内閣を後押しするのも、潰すのも国民。
叱咤激励、応援しましょう。

今、この対応しかないと思います。

それにしても、メディアの「創作ニュース」は酷いものですね。
[ 2017/08/04 08:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: