私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  田原の「政治生命を懸けた冒険」は「安倍電撃訪朝」か

田原の「政治生命を懸けた冒険」は「安倍電撃訪朝」か

← 応援クリック、ありがとうございます。

 田原総一朗が先月28日、首相官邸で安倍総理と1対1で面会し、「政治生命をかけた冒険をしないか」と持ちかけたそうだ。黙っていればいいものを、記者から「冒険」について「解散のことか」「進退についてか」との問われ、それらをすべて否定。「そのうち分かる。(首相は)やるつもりじゃないか」と意味深長な言葉を残して去っていったそうだ。本当かどうか知らないが、面会は総理側から要請されたという。

田原総一朗


 田原は、「恐らく民進党も共産党も自由党も反対ではない。できるかどうか分からないが、それをやって辞めてもいいという話をした」と語っている。巷では様々な憶測が飛び交っているが、倒閣しか頭にない野党が反対しないこと、また、それが安倍政権のレガシーになるということを考えると、「北朝鮮電撃訪問」、「金正恩との会談」、「拉致被害者の奪還」あたりではないかと思われる。これは、普段は目もくれないサヨクメディアのLiteraも同じ見解で、安倍政権に対するネガキャンが本業となっている彼らでさえ、「これまで安倍首相を徹底的に批判してきた本サイトですら、それが実現できたら、安倍首相を評価するだろう」と書いている。

 敵性国家であり、我が同胞を無法に拉致し、彼らを外交の道具として使う北朝鮮は、制裁されるべき存在だ。北に「拉致被害者を返せ」といったところで、交渉はバーターとなる。文在寅政権が北に秋波を送ることが批判される日米韓の枠組みの中で、仮に日本が直接交渉をしたり、平壌に対してなんらかの見返りを差し出すことになれば、それこそ中露の思うつぼである。日米同盟にも修復しがたい傷がつくだろう。そもそも、北朝鮮に対して与えるべきものはなにもなく、対話が成立しない相手である以上、現実的な選択ではない。“アベやめろ派”の田原が言う「首相は)やるつもりじゃないか」という発言は、単に「それをやって辞めろ」という解釈すら成り立つようにも思える。

 少なくとも、田原のような老害ジャーナリストより、外事や公安の持つ情報のほうが、豊富で信頼性も担保されていることは間違いなく、ペラペラ喋る御仁を相手にすべきでないことは言うまでもない。

 偶然だろうが、田原が総理と面会した同じ28日、高校の授業料無償化をめぐり、朝鮮高校を対象外にした国の決定を取り消し、就学支援金を支給するよう命じる判決が大阪地裁で出された。信じ難い判決だ。拉致を実施した金王朝を賛美する思想教育が行われている学校に対し、国民の血税が投じられるという現実は、国民の理解が得られるものではない。地裁は、「教育の機会均等の確保とは無関係な外交的、政治的判断に基づき、法の趣旨を逸脱し、違法で無効だ」との見解を示したが、拉致やテロを含む国家的犯罪を無視すべきとする大阪地裁の側が異常だ。

 いま、朝鮮学校に通う生徒は日本で生まれ育った在日コリアン4世が中心だ。民族の言葉や文化を大切にしながら、日本で生きていきたいと学んでいる。

 多様なルーツや教育の自主性を尊重するのか。問われているのは、社会のあり方だ。


 これは、判決を受けた翌日の朝日新聞の社説である。蓮舫が大好きな「多様性」が、ここでもまた出現した。多様さは大事だが、多様性は犯罪を相殺するものではない。子供たちに罪がないことは言うまでもないが、多様性を引き合いに出して金王朝とその所業が肯定されることこそ、国家主権の放棄といえるだろう。

 安倍政権の支持率が下がり、サヨクが跳梁跋扈する社会になると、こういう信じ難いことが横行する。田原のアドバイスが北関連であるかは不明だが、安倍政権は北朝鮮に対し、米国と足並みをそろえ、より強固な圧力をかけるべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/08/02 07:08 ] 社会問題 | TB(0) | CM(15)
食えないジジイだよw
内閣改造で支持率が上がらないようなら安倍を追い込んで北に行かせる。上手くいけば良し、こけても安倍の政治生命を断てる。故にワザと情報を小出しにして外堀を埋め、世論の期待を煽る。うーんwww実に陰険で狡猾だね。さすが田原だわ。田原は北に取材ルートを持ってるからそれの提供を申し出たのかもしれない。深読みすれば北が田原を使って仕掛けた政治謀略の可能性もある。
ただ、一般に右派が期待wしてるような米国による北軍事侵攻はまず無いよ。戦後、核保有国同士が真正面からぶつかったことはないし、何より金王朝崩壊なら沖縄と韓国は火の海なので、冗談はツィだけにしてね、とww
トランプが発作的に何を言おうと、米国は最終的に北朝鮮と直接会談に乗り出す以外の選択肢はないと思うな。ならば、安倍さんが米国の露払いをやるって絵図も描けるんですねー。
[ 2017/08/02 08:38 ] [ 編集 ]
安倍ヤメロ派で反日リベラルの田原が言うとしたら、
2~3人帰国で「拉致問題は解決済み」とする合意を受け入れろということか。

安倍政権が弱ってるからこそ、譲歩が頭をよぎるし、田原ら反日勢力としたら譲歩を要求しどころ。
北朝鮮国家による日本人拉致問題なんか、あっち寄りの人からしたら無くしたい歴史であって、
解決させたい気持ちがある。日本人被害者のためじゃなく、なにかこう、世に通用している日本側の負の歴史が相殺されるような気がして嫌なのだと思う。

だから解決としたい。反日勢力の民進党や共産党も拉致問題解決は賛成する。

ただ莫大なカネを払って2~3人帰国で解決と合意することで安倍内閣支持率は上がるのか、
マスコミは「他の数百人の拉致被害者を見捨てた」北に寄ったことで国際的にも批判されることを紹介し「日米関係を破壊した。乱した」と叩くでしょうから支持率は大して上がらないかもしれない。
安倍首相の考え方なら踏み切るのは無理でしょうか。

[ 2017/08/02 08:57 ] [ 編集 ]
頭の体操
解散は共産党が言っていることだから、ありうる。他で共産党が賛成するのはと考えてみたが、消費税増税延期、天皇陛下御退位祝典行事、憲法改正中止などだろう。みなさんも頭の体操をしてみましょう。
[ 2017/08/02 09:52 ] [ 編集 ]
いろいろな意見に耳を傾けるのはいいとしても、その相手が田原とはね~。このセンスが支持率を下げる一因ではないでしょうか。

訪朝はアメリカの頭越しにはできない。和田政宗議員は、消費税5%に戻すのではないかと推察していましたが、私も和田説に賛成です。
[ 2017/08/02 10:15 ] [ 編集 ]
平壌・リテラ繋がり
アベやめろと言ってる田原やリテラが本人の支持率アップするようなこと言うかわざわざ。
(もし本当に国益にかなうようなことなら絶対教えないだろう。)

アベ倒閣運動の一押しとして窮地に陥れるための何らかのトラップのような気がしてならない。
[ 2017/08/02 10:38 ] [ 編集 ]
老害の反日電波芸人
老害の反日電波芸人を呼び寄せるとは
安倍さんも焼きが回ったか?
それとも相手(北)の出方を見るには
火中の栗を拾ってでも…と思ったのだろうか。

反日電波芸人の仕掛けに乗ることは危険極まりない。
拉致被害者を一人でも帰国させることができなければ
電撃訪朝はなんのプラスにもならない。
ゴキブリの餌食になるだけだ。
[ 2017/08/02 15:58 ] [ 編集 ]
恒例じゃあないかしら?
この人の官邸参りは内閣の区別無く、ある程度の「恒例」ではないでしょうか。特別な意味は感じられません。
総理側にとっては田原氏周辺(ご都合サヨク)の情報収拾、田原氏にとっては「官邸招待」の満足感程度の事ではないかと。田原氏は得意になって「提言」したでしょうけれど。

安倍総理が一人二人の拉致被害者奪還で手打ちするなんて、あり得ません。
政治生命だけではなく、政界を去る時が来てその後の生き方を考えても、社会生活そのものを自ら絶ち斬る気があれば別ですが、ならば政治家・安倍晋三氏は何だったのか?になりますもの。
総理にはお父上の秘書をされていた時からの拉致問題です。老害サンに勧められたからと言って簡単に乗るとは、私には思えません。

拉致と北朝鮮に関しては、総理は多情報の元に大変慎重に事を見定めておられる、と拝します。
田原氏が本当に総理に訪朝を勧めたのなら、北周辺がそれを喉から手が出る程に望んで居るという事なのでしょう。相手の望むモノが見えただけではないかしら。

それよりも、外務省に根強く在ると言われる「国交正常化優先」姿勢を徹底的に正して戴きたいです。窓口が拉致軽視のままでは日本の国家主権は回復出来ません。
[ 2017/08/02 16:49 ] [ 編集 ]
田原なんて、どうでもよいことで・・・。
味方にしても役に立たないが、敵に回すと面倒くさい人間というのは数多くいます。
そんな人間は、適当に煽てて、教えを乞う振りをしておくと無難です。
田原は、そのような存在でしょう。
田原にとってみれば、「総理にアドバイスをした」ということで、自尊心は満たされ、充足感で一杯でしょう。

そんなことだと思いますよ。
安倍総理の、pretend to ですよ。

ところで、その話のテーマは拉致問題なんですか。
誰も知らないことに対して、推測で論を重ねるのは如何なものかと。


田原の猿芝居とは別に拉致問題について、

拉致された同胞の奪還、どうにか進めて欲しいと思っています。
国民大集会後、デモ行進をしたとき、政治に無関心のような雰囲気の若いカップルが真剣に手を振ってくれたこと。
年配の女性がデモ隊に手を合わせておられたこと。
目頭が熱くなりました。
多くの国民の思い、願いです。
集会の最後に、「この集会は今年を最後にしよう」と皆で確認しながらも、その後も・・・。

そのためにも、明日の組閣を転機に、一大攻勢をしかけて欲しいと思っています。
[ 2017/08/02 18:16 ] [ 編集 ]
私の予想
報道直後の田原氏のインタビューを見て、憲法改正の発議かなと
思いました。
「冒険をしないか?」と田原が問いかけた訳だから、するかしないかは
安倍首相が判断することでしょう。私はそれを望みますが。

時期早尚で今の世論がついてこれなくても、2年も経てばあれは正しい判断だったとして、安倍首相の評価が見直されるだろうなんて、想像が膨らみますね。

私は法的な手続きに疎いので、全く不可能な例えばなしであれば、ごめんしてください。
[ 2017/08/02 22:35 ] [ 編集 ]
追伸 偏向メディアの馬鹿さ加減
今日のお昼のワイドショーでの話。
今日は報道各局の真剣勝負の日だとか。

入閣人事の予想について、凌ぎを削っているのだそうです。

馬鹿か。明日になれば誰でも分かることなのに。
会社の人事を人より速く知って、鼻高々にしているその辺の人と同じレベル。

今回は自分達が壊した内閣だから、いつも以上に楽しいのでしょう。
[ 2017/08/02 22:48 ] [ 編集 ]
なんてこったい‼
外務大臣が河野太郎ですって‼
父親同様、謝罪外交の始まりでしょうか?
[ 2017/08/02 23:10 ] [ 編集 ]
この歳で、この爺さんは何がしたいのだろうか・・・
傘寿を当に過ぎているというのに、その歳でできる事といったら、自身の「戦争体験」を、ボケが回っているといっても、赤裸々に語る事か、「ジャーナリスト(?)として見てきた事を、若い世代に伝える程度」だろうと思うが、この爺さんは、未だに「何がしたいのか」しらないが、官邸にまで出向いて、総理に話をしてきたらしいが、自分にできる事というものを理解していないと見える。

正直、田原の爺さんに「どうでもいい」説教をされても、される方も困るのだが、万一「自分が優れたジャーナリスト」だと勘違いしているような者であったとしたら、「痛い」どころか、老害としか言えないだろう。

もういい加減、田原の爺さんは引退したらどうかね。その歳じゃ遠くまで行くのに億劫だろうし、「若い世代」に譲ることを考えた方が良いように思うのだが。
[ 2017/08/03 00:28 ] [ 編集 ]
バリバリの自虐史観派、河野太郎と野田聖子が入閣とのこと。
確かに田原を呼んだ発想と同系統です。
でも安倍さん以外に舵取りできる人がいない。
現時点で発表されているこの二人の人選には本当にがっかりです。
もう憲法改正は諦めたのか?
譲歩で北朝鮮との会談できるでしょうけどね、たかられておしまいでは?
何度も、遺憾→制裁→譲歩・制裁解除→北朝鮮の情報小出し→頃合い見てミサイル→遺憾のループで解決せず、になりそうですね。
マスコミやあらゆる保守潰し体制で我が国には保守政治家は育たないわ。


[ 2017/08/03 06:26 ] [ 編集 ]
安倍改造内閣
7月28日(金)といえば1時間あまりとはいえ安倍首相は多忙な筈ですが、そこに田原総一郎との面会に時間をとったという事は会談する事になにか意味を感じたからなのでしょう。

しかし田原総一郎といえばあの『怒っているさよく7人衆』の一人です。
語る事に想像はつくでしょうし、本来は会談に安倍首相が意味を見出すという事はない筈ですが、余程昨今の偏向メディア工作による支持率低下が心に響いているという事なのでしょうか。

田原総一郎など凶状持ちの老害でしかありません。
「北朝鮮提案」など狂っているとしか言いようがありません。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/29/journalists-criticizes_n_9346558.html

だから自民党安倍内閣の尻を叩く力のある真性保守政党の不在が日本の不幸であると言うのです。

そもそも今回安倍内閣支持率低下の原因は二つ有ります。
一つは常である偏向メディアによる『安倍内閣倒閣運動』という一般日本国民への安倍毀損工作の数々の効果。
もう一つはやはり安倍内閣の自爆だと思います。

そして今回の安倍改造内閣は問題個所には経験者。
そして偏向メディアの言う「お友達内閣批判」をかわす意味も含め「遠い所にいる人材登用」というものです。

ですが、そんな安倍内閣を追い詰めた偏向メディアに関係する『総務省』に野田聖子を起用するというクェッション。
この様な点があの船田元起用などの例があるように、常に安倍首相(安倍内閣)の「人材起用の謎」というものです。
高市早苗総務相を替えての野田聖子。

野田聖子

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%94%B0%E8%81%96%E5%AD%90

http://www.sankei.com/politics/news/170802/plt1708020046-n1.html

さてこの様な思想の人物がどう動くのか?
不明です。
また此処で小池百合子東京都知事との関係がどうなのかというものも出て来ます。

次に在日朝鮮人学校への補助金の問題なり、教科書問題なり重要なポジションである文科省の人事ですが林芳正元農相が選出されました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E8%8A%B3%E6%AD%A3

http://www.sankei.com/politics/news/170802/plt1708020035-n1.html

同じく重要ポストの外相ですが、何と河野太郎とは。

そしてポスト安倍。
岸田文雄外務大臣が一歩前に出て、それと争う石破茂。
その後、野田聖子元自民党総務会長、林芳正元農林水産などが顔を出すのでしょう。

安倍首相の悲願、『改憲』という観点からは何かさよくの工作に負けて後退しているように感じます。

http://www.sankei.com/politics/news/170803/plt1708030013-n1.html

特に今の日本政治で問題なのは『野放しである反日偏向メディアの暴走』です。
それを改善しなければ正しい政治は行われないと今回の一連の出来事で明白に成ったにも関わらず、最もそれに関係するその大事な総務大臣を野田聖子に渡すというのは安倍晋三の敗北、安倍晋三の劣化のように思います。

昨今世間を見ると『正論』などに顔を出す保守知識人も増えました。
それらが『さよく・在日連合』のように一体と成って、既存保守政治家と組んでそろそろ『真性保守政党』を作れる規模に成ったのではないかと思えるのですが。

[ 2017/08/03 07:19 ] [ 編集 ]
心ある日本国民は、キムチ田原総一朗へお葉書などでどしどし抗議を送ると同時に、キムチ田原総一朗を公安調査庁長官へ通報しましょう。
心ある日本国民は、キムチ田原総一朗へお葉書などでどしどし抗議を送ると同時に、キムチ田原総一朗を公安調査庁長官へ通報しましょう。
-----

①韓国兵役義務を果たしていなくて、②韓国納税義務も果たしていないため、③日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」に完全に該当している田原総一朗(通名使用帰化在日韓国人疑惑)は、日本国首相安倍晋三氏へ韓国式デタラメ進言したというのがいつもの口癖ですが、日本国首相安倍晋三氏へ勝手に一方的に韓国式デタラメ声闘しているだけです。

心ある日本国民は、キムチ田原総一朗へお葉書などでどしどし抗議を送ると同時に、キムチ田原総一朗を公安調査庁長官へ通報しましょう。
[ 2017/08/05 11:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: