私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  自民党の党内政局 ~ 加計で後ろから矢を放つ石破一派

自民党の党内政局 ~ 加計で後ろから矢を放つ石破一派

← 応援クリック、ありがとうございます。

 蓮舫の代表辞任で、民進党内が騒がしくなっているが、民進党の次期代表などどうでもよい。いずれまた書くことになるだろうけれど、誰が代表に就いたとしても、彼らの体質は変わらない。拙ブログは、民進党を徹底的に叩く。が、現時点で最も大事なのは、支持率が下落した安倍政権を如何に存続させるかである。

 加計問題で安倍政権がお門違いの追及をされ、マスメディア総がかりの倒閣運動で政権運営を妨害される中、ポスト安倍といわれる幾人かの自民党議員の言動が注目を集めている。岸田外相は早々に「安倍政権を支える」と宣言したようだが、もう一方の石破陣営は政権批判をあからさまにしている。朝日は昨日の記事で、稲田防衛相の辞任に関し、自民党内からの批判を記事にしている。

 「人事は国益にかなうかどうか冷酷であるべきだ。かばいすぎ、深追いしすぎのそしりは免れない」。自民党石破派に属する鴨下一郎元環境相は28日、TBSの番組収録で稲田氏を重用してきた安倍首相の対応を公然と批判した。「安倍1強」のもとで抑えられていた不満や不平が、いま一気に表面化している。


石破茂


 安倍総理の対抗馬の側は、内閣支持率の下落を奇貨としているようで、発言を朝日やTBSのような反安倍メディアに利用されることも計算済みだろう。今現在、野党第一党の民進党があの体たらくだから、政権交代はありえない。百歩譲ってあり得るのは、自民党内の総裁交代ぐらいなもので、党内の亀裂など致命傷にはならない。

石破


 しかし、石破氏に関しては、加計学園問題の黒幕説が浮上しているありさまだ。加計学園の獣医学部新設に猛反対していた日本獣医師会が平成27年9月10日に開催した理事会の議事録が公表されているが、その議事録に、日本獣医師政治連盟の活動報告として、石破氏が同連盟と“握っていた”ことが記載されている。

 なお,昨日,藏内会長とともに石破 茂地方創生大臣と2時間にわたり意見交換をする機会を得た.その際,大臣から今回の成長戦略における大学,学部の新設の条件については,大変苦慮したが,練りに練って誰がどのような形でも現実的に参入は困難という文言にした旨お聞きした.このように石破大臣へも官邸からの相当な圧力があったものと考える.
しかし,特区での新設が認められる可能性もあり,構成獣医師にも理解を深めていただくよう,私が各地区の獣医師大会等に伺い,その旨説明をさせていただいている.しかし,特区での新設が認められる可能性もあり,構成獣医師にも理解を深めていただくよう,私が各地区の獣医師大会等に伺い,その旨説明をさせていただいている.
 秋には内閣改造も行われると聞いており,新たな動きが想定されるが,政治連盟では,藏内会長と連携をとりながら対応していくので,各位のさらにご指導をお願いしたい旨が説明された.


 「現実手にに参入は困難という文書」というのが、いわゆる石破四条件だと思われる。石破は、獣医師会の政界工作に協力する側だっのであり、加計の参入は、獣医師会と石破コンビの密約に真っ向から対立するものだった。

 これを産経新聞が報じ、党幹事長室が全議員にメールで配布した。これに対し、石破派が「発言は事実ではない」と抗議しているというが、議事録に書かれているのだから説得力に欠ける。少なくとも、石破氏は獣医学会から献金を受け、陳情を受け、獣医学会の意向を政策に反映する約束をしたという状況証拠がそろった。どこかの助平が主張している「総理のご意向」などとは比べ物にならないほど、証拠としての信頼性は高い。

 加計学園問題の根底に石破氏と獣医学会の癒着があり、安倍総理に対する事実無根の追及のネタとして利用され、政権に対する猛烈な批判のなかで石破氏が知らぬふりをしていたとすればどうか。石破氏への見方は自ずと変わってくるはずだ。

 産経・FNN合同世論調査で「いま首相にふさわしい人物」を聞いたところ、1位は20.4%の石破氏だったそうだ。が、自民党支持層に限っては、1位は安倍総理47.1%、石破氏は2位で18.6%だった。この数字が、石破氏の信頼の無さを物語っているのではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/29 11:16 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
ええ、ええ裏切り者ですけど、なにか?w
後背常なしの石破さんはそりゃ党内で嫌われてる。だから、前回の総裁選と同じようにマスコミに顔出しまくって広く党員の支持を集めようというのは、まぁ妥当な戦略でしょ。
ただ、いかんせん清和会に次ぐ第2派閥の麻生さんに根に持たれてるのはまずいw故・与謝野さんと組んで麻生おろししちゃったわけでww
だから、石破4条件てのは、実は石破さんから獣医師会との繋がりの深い麻生さんへの仲直りのメッセージじゃねーのか?という気もするな。麻生さんは岸田さんにラブコール送ってるけど、岸田さんはめちゃくちゃ麻生さんを警戒してるw安倍政権がアウトで岸田さんも敵となれば、石破さんとタッグを組んで政権を裏から掌握しようという政略もある。まさしく呉越同舟だけどねw
内閣改造で支持率が回復しない場合、安倍さんは賭けに出るんじゃないかな。そうなれば何が起きるかわからねーww
[ 2017/07/29 12:32 ] [ 編集 ]
復習:「石破茂」
石破茂について、復習してみました:
何か少し怪しげですね。

ウィキペディア 石破 茂(URLが長いのでここには貼りません)

2014年9月3日の第2次安倍改造内閣発足に先立ち、安倍は石破に対し、新設する安全保障法制担当大臣への就任を打診していたが、石破は8月25日にラジオ番組に出演し、安全保障法制担当相への就任を辞退する意向を明言し、内閣改造後も引き続き幹事長職に留まりたい意向を表明した。しかし、日刊スポーツによると、「幹事長が公の場で人事の希望を言うなど前代未聞」等、石破に対する批判が高まり、自民党参議院幹事長の脇雅史は「個人の見識があるのは当然だが、内閣、組織の意向に従うのが常識だ」と苦言を呈した。安倍はさらに、挙党体制の確立のため石破に安全保障法制担当相以外での入閣を打診し、8月29日に正式に会談した際、石破もこれを受け入れた。9月3日に発足した第2次安倍改造内閣では、内閣府特命担当大臣(国家戦略特別区域)及び「元気で豊かな地方の創生のための施策を総合的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整担当を行う国務大臣(地方創生担当大臣)」に任命された。

さらに、「憂国の書」さんのブログランキングの足を引っ張ることに
なるのかもしれないが、下記ご参考まで:

石破茂と日本獣医師会顧問北村直人は自民党同期のお友達
http://ksl-live.com/blog10056

加戸氏「北村が全ての主役を演じてると感じた」
http://snjpn.net/archives/26514

北村顧問が閉会中審査の欠席を通告
http://japan-newsforest.com/domestic-news/jyuuishikai-kake-tettai170722/
[ 2017/07/29 13:12 ] [ 編集 ]
不発の花火
メディアは必死に安倍総理と、麻生、菅三氏の仲を裂こうと花火を上げますが、少なくとも安倍総理が総理でいらっしゃる間は、担いだ総理を裏切るお二人ではないでしょう。
甘利氏も含めて結束は固いと思います。
湿った花火じゃあ開きようも無い。

麻生さんは自民党が下野した間、引き受け手のない総裁に自発的に就かれた谷垣さんを常に立てて来られ、安倍さんが総裁選に再度立った時も谷垣さんも候補者だった間は、迷い無く谷垣擁立のお立場を取って居られました。

谷垣さんが幹事長に据えた石原伸晃もその総裁選に立った時に、主の寝首を掻くような石原の不義に怒りを露わにしたのは麻生さんです。
そういう人が、安倍総理のゴミメディア支持率の上下で軽軽に動く筈は無いのです。

獣医師会会長の藏内氏は自民党福岡県連との関わりで当然麻生さんとも関係は良好でしょう。ベテラン政治家ならどなたも、それはそれ、これはこれ、で「渡世」の義理は果たして居るものと思います。

ゴミメディアが掻き立てる「政局」に有頂天で乗っかる石破の、これまでの不徳の蓄積は早晩利子が付いて報われるでしょう。どんな末路になるやら。
お天道さまが見て御座る。

自民党に配布された獣医師会と石破の会見情報に文句があるなら、それを公表していた獣医師会に言うのが筋ではないのか?石破が大臣時代のことなのですから、年月経った今更党を批判するなど、頓珍漢な議員だわ。
[ 2017/07/29 15:19 ] [ 編集 ]
石破さん
経験からの判断ですが、このひと、自民が苦しい時に、出てきます、マスコミの応援があるからでしょうね? 自民党を何回脱党してます?それも自民が苦しい時です。私も自民党支持ではありませんが、民進党、共産党、公明党 その他の政党からまだまし(言い古されてますが)と投票してます。積極的支持でなく、他の選択肢がないからです。また 反日的政党が政権を握るのか? 若者よ!投票に行かないと恐ろしい政権が生まれる!
[ 2017/07/29 17:07 ] [ 編集 ]
メディアと財務省に唆されて 総理の夢を見る
中央大学法科大学院教授の野村修也氏の
7月26日のツイートです。

今、日本で起きているのは、政治主導に対する官僚の巻き返し。政権批判に躍起になっているうちに、日本の本当の権力者である霞ヶ関が漁夫の利を虎視眈々と狙う。首相の首を飛ばす様子を見せつけることで、次期首相に因果を含めるのは霞ヶ関の常套手段。これこそが権力批判の不在による民主主義の危機。

まさに、メディアの安倍追い落としに便乗した石破、
財務省の強い後押しを受けて、総理の夢を見る石破。

安倍さんが外務省や財務省と戦って、日本の為に身を粉にして
働き、対外的に日本の評価をあげてきたのです。

以下の石平氏のツイートにある様に持ってきたのは、安倍総理です。
石平氏の今日、7月29日のツイートです。

加計問題は単なる憶測だが、次のことは事実だ。
6月の有効求人倍率が43年4カ月ぶりの高水準、
就業者数が54カ月連続で増加、
今年4月1日現在の大学生就職率は過去最高を記録。
それでも、安倍政権の支持率はマスコミの
フェイクニュースによって大きく落とされた。
フェイクが事実に勝る世の中か。


石破ではだめです!
財務省の言いなりになって、また経済が逆戻りになって、
憲法を改正出来ないどころが、対外的にも政治が
自虐史観で覆われ、日本人を苦しめるだけです。

先日もコメントしましたが、
中国、南北朝鮮に嫌われ、他のアジア諸国に大歓迎を受ける
安倍さんを退場させて、何の得になるのか。

若い人は圧倒的に安倍さん支持。ネットで情報を取る世代です。
私の様な60代のおばさんたちがワイドショーの影響を受けて、
支持率を下げるのだから、悔しくてなりません。
馬鹿なテレビの言う事なんか、聞くもんじゃない!

昔、「テレビは馬鹿映りがする」と言われた通りです。

[ 2017/07/29 20:13 ] [ 編集 ]
ポスト安倍
この8月3日には安倍内閣の改造人事が成される。

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/meibo/

それにしても偏向メディアの画策による安倍内閣の支持率低下が具体的な政治にこれ程影響するというのを再学習したという昨今です。

では安倍内閣支持率低下のインプットとは何か?
ネットではない。
やはり既存のメディアである新聞、テレビ、おまけを言えば週刊誌というところでしょう。

そもそもが支持率など世論調査主体により違い、しかも一般日本国民の意識など「女心と秋の空」並みのものであると認識しているわけですが、それでもそれが固定化されるという事はあるわけで、しかもそれを『さよく・在日連合』は目指しているのです。

此処で安倍首相の残念を挙げれば。
やはり「安倍塾」を作らなかった事かもしれません。
少数の引き立て新人しか持たず、それだけに稲田朋美議員に力を注ぎ過ぎた。
最初から危惧はしていましたが、今思えば何故に防衛副大臣にしなかったのか?
やはり荷が重過ぎたように思います。

となればポスト安倍、又その次の首相に安倍首相の意思を継ぐ者が着く可能性が低いという事が言えると思えます。

次期首相は候補として石破茂、軽くではありますが防衛大臣を経験している岸田文雄外務大臣が筆頭というところでしょうか。

「加計学園」とか陳腐な問題が大々的に取り上げられ、安倍倒閣工作が盛んな日本ですが、実世界では北朝鮮のICBMが飛び、中国は相変わらず南シナ海の要塞化に努めています。

日本国内に於いても「朝鮮学校授業料無償化」の地裁判決。

http://www.sankei.com/affairs/news/170728/afr1707280020-n1.html

「北海道駒沢大学中国化問題」

http://www.sankei.com/affairs/news/170728/afr1707280015-n1.html

そして「事実である伝えらない日本の悲劇」、「通州事件」の検証。

http://www.sankei.com/politics/news/170729/plt1707290041-n1.html

https://samurai20.jp/2017/07/tuusyuujiken-2/

重要な事から反日偏向メディアは一般日本国民の目をそらせます。

[ 2017/07/29 20:54 ] [ 編集 ]
安倍首相の後継は石破氏しかいないのが現状。

閣僚を歴任するなどしてマスコミ、国民に認められているのは石破氏のみ。
麻生氏もいますが、さすがに2代続けて元総理が返り咲くというのは抵抗があると思います。

自民党内の人材が枯渇してしまったのは小選挙区制と小泉劇場の影響。
政治を筆頭に貴重なものを失い続けているのが失われた20年。
いつでも回復できる状況から回復不可能と思える現状まで来てしまいました。

経済力も軍事力も中国に圧倒されています。

20年前の日本人の慢心が現在の事態を生みました。
いまだもって改革を断行して日本人の生活を追い詰めようとする動きは続いています。

「市場法廃止」
セリ取引が廃止されれば生産者を守る価格形成は不可能になります。

どこまで改革をやれば気が済むんでしょう。
日本が中国の属国になるまでですか?
[ 2017/07/29 21:26 ] [ 編集 ]
金が絡むと信用なくす人間に腐るようだ。。。
玉木雄一郎@tamakiyuichiro
畜産農家のメンタルケアも重要です。政府をあげて対応しなければなりません。また、産業動物の獣医が不足していることにも、早急な対応が必要です。(10:09 2010年5月3日)

これは、日本獣医師会から100万円の献金を受けた2012年の以前の玉木のツイートです。
きっと、これが当時に現場から素直に感じた政治家としての純の感想なのでしょう。。。
もう既に過去の話で。。。こういう時代もあったというだけの参考話。

次にハイメンシューター石破(←他ブログから拝借)と云えば、どうやら日本獣医師会顧問の北村直人とは自民党同期のお友達だったことが、ネットに広まっています。。。

詳しくは。。。http://ksl-live.com/blog10056  をどうぞ!

国会で問題にすべき本筋は、どうやらこちらの「お友達」関係だったんでは!?

ハイメンシューター石破の場合は、このお友達が自慢げに、平成27年度第4回理事会の開催に於いて、活動報告としてしっかり明記していますから最早逃れられませんね。。。その上、石破が獣医師会から100万円の献金を受け取っていたことも既に知られていることですし。。。もう誰も信用してくれません。

政治家として、信用を得られないようでは、既に終わりです。。。!!


[ 2017/07/29 21:34 ] [ 編集 ]
追記
>このお友達が自慢げに、平成27年度第4回理事会の開催に於いて、活動報告としてしっかり明記していますから

とは、「産経ニュース」から抜粋。。。
-------------
「学部の新設条件は大変苦慮しましたが、練りに練って、誰がどのような形でも現実的には参入は困難という文言にしました…」
 平成27年9月9日。地方創生担当相の石破茂は衆院議員会館の自室で静かにこう語った。向き合っていたのは元衆院議員で政治団体「日本獣医師政治連盟」委員長の北村直人と、公益社団法人「日本獣医師会」会長で自民党福岡県連会長の蔵内勇夫の2人。石破の言葉に、北村は安堵の表情を浮かべながらも「まだまだ油断できないぞ」と自分に言い聞かせた。
 石破の言った「文言」とは、会談に先立つ6月30日、安倍晋三内閣が閣議決定した「日本再興戦略」に盛り込まれた獣医学部新設に関わる4条件を指す。
[ 2017/07/29 21:51 ] [ 編集 ]
民進党のR4も辞任したことですし、内閣改造をした後すぐに解散するという気持ちは安倍さんにはないのでしょうか?
短い期間とはいえ、あの外務大臣に防衛大臣を兼任と言うのもどうかと思います。
改造後も外務大臣は留任と言う話が出ていましたが
果たして岸田氏で大丈夫でしょうか?
隣国はまた慰安婦を蒸し返し、今は「軍艦島」という映画が公開され
強制徴用問題を世界に向けて配信すると意気込んでいます。
PRに使った映像が朝鮮人のものでも軍艦島のものでもなく
日本の筑豊の炭鉱で日本人が働く姿だと解っても訂正しようともしないまま
世界にPRしようとしています。
この数年間、岸田氏の弱腰でどんなに日本が貶められたか…
総理には人選をしっかりしてほしいです。
個人的には、柔らかい物腰ながらはっきりものをいう中山恭子さんにやっていただきたいですけど^^;

支持率が減っているとはいえ、どういう人達にアンケートをとっているのか疑問ですし
数日前はどこぞのTV局か新聞社が「アンケート名簿を紛失した」と報じられていました。
無作為に…じゃなかったんかい!?
結局、決められた人にアンケートならどうにでもなりますよね。

[ 2017/07/29 22:29 ] [ 編集 ]
自民党に石破反対、絶対不支持!ってメールをどんどん送りましょう。

石破なんかがなった日は早々に慰安婦合意を覆しますよ。
頭の中は南朝鮮に寄り添ってますから。
なんと言っても、「日本は永遠に謝罪すべき」って、言った人です。
訂正しなかったのはその証拠。
韓国はすっかりそう受け止めてますから。
いくら言い訳しても、事実なのです、これが本音でしょう。
今までの河野談話と同じレベル。

そんな反日議員なんかが、日本の代表になったら本当に終わりです。
100%信用ならない人物です。
日本を中韓に売り渡しますよ。
今の、この一連の動きを見れば明白です。
なんといっても、民進党玉木に擁護されているくらいですから。
とっとと民進か共産にでも鞍替えすればいいのに。
(すみません、めっちゃムカついて暴走しました。)

なので、首相官邸に安倍内閣支持します。
頑張ってくださいって、応援メールを送りました。
[ 2017/07/29 23:08 ] [ 編集 ]
幹事長室付けのメール
腸が煮えくり返った官邸の強いメッセージではないでしょうか?
気の小さい御仁故相当狼狽していると思います。
いつも姑息な手段で後ろから撃つ輩が首相候補なんて冗談にも程がある。
[ 2017/07/30 04:54 ] [ 編集 ]
石破さんは、日本国を捨てた日本人になってはならない。
>岸田外相は早々に「安倍政権を支える」と宣言したようだが、もう一方の石破陣営は政権批判をあからさまにしている。

…メディアは、岸田防衛大臣の北朝鮮のミサイル対応に批判的だ。
http://www.asahi.com/articles/ASK7Y52KQK7YUTFK00H.html
岸田大臣の力不足というよりは、防衛大臣としての経験の浅い岸田大臣では、稲田防衛大臣のときよりも、ミサイル対応が後手に回らざるを得ないのは、残念なことだがやむを得ないことだ。しかしながら、この問題の責任は、このような情勢にもかかわらず、稲田防衛大臣下ろしをしたマスコミや野党にある。

北朝鮮が日本国に向けてミサイル発射をしているにもかかわらず、国防を担う防衛大臣下ろしを推進したことは、あたりまえだが、敵国に利する利敵行為だ。日本国を捨てた日本人、公明党や野党、マスコミや評論家、護憲派の学者や識者は、利敵行為を止めるべきだ。このようなときだからこそ、日本国を守るべく日本人は一致団結すべきであり、第九条の改憲を成し得るのは、安倍政権しかあり得ないのだ。

ロシアの狙いについては、言葉を控えたいが、中国や北朝鮮の長期的な狙いは、既にはっきりしている。それは、友好ではなく、日本国の隷属化に他ならないだろう。そのためには、ミサイルと核兵器による脅しが必要と考え、行動に移しているのだ。北朝鮮が言うアメリカへのミサイル攻撃というのは、事実上の建前に過ぎない。着実に、日本国を手中に収めようと、中国が空母を造り、北朝鮮が核ミサイル開発をしているのだ。中国の人口降雨や北朝鮮のミサイル、国連の認めるところではない国の核開発は、地球人たる人類の脅威として、強く警戒すべきだろう。


>人事は国益にかなうかどうか冷酷であるべきだ。かばいすぎ、深追いしすぎのそしりは免れない

…「泣いて馬謖を切る。」という格言どおりの言葉だが、個人的には、人材は生かすものだと思う。そして、組織における人物にとって、もっとも大切なのが、「忠誠心」だ。日本国への忠誠心の高い人物であれば、安倍総理の閣僚として、よい働きができるだろう。同時に、安倍総理への忠義心も問われる。石破さんの場合、忠義心の低さが目に付く。民進党との繋がりも、懸念のひとつだ。

先ほど述べたように、ミサイルや核兵器が日本国民に狙いをつけている状況において、国難にあって国政を司ることをできる人物は、現状、安倍総理をおいて他にいないだろう。その認識、日本人として持っているかどうか、石破さんの政治家としてのセンスが問われている。

稲田大臣や防衛官僚などの辞任は、必要なかったと個人的に思う。それは、国防の空白となり、日本国民のためにならないからだ。安倍内閣の倒閣運動もまた、国防の空白となり、日本国民のためにならないことは明らかだ。ならば、石破さんのすべきことは、自然と決まってくるのではないだろうか。
[ 2017/07/30 10:05 ] [ 編集 ]
石破政権なら支那属国化が加速する
>日本が中国の属国になるまでですか?

似非保守の石破が首相になったら支那属国化が加速しますよ。
コイツはGHQの亡霊に憑りつかれた成りすまし保守だ。
安倍さんの後継はガースーこと菅さんでよろしい。
[ 2017/07/31 10:28 ] [ 編集 ]
石破
面相が悪い
この顔で、あのネチネチしゃべりで
サミットに出たいのか???
おとましい。
[ 2017/08/03 12:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: