私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  共産党の二軍に成り下がった民進党の最終章

共産党の二軍に成り下がった民進党の最終章

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党が執行部を刷新するという。都議選の敗北を受け、幹事長の野田らを更迭し、目先を変えようという算段だろう。しかし、一番責任を取るべき党代表は、その座に居座るつもりのようだ。

民進党・蓮舫代表 執行部交代の意向固める(日テレ)

 民進党の蓮舫代表は、東京都議会選挙の大敗を受けて、野田幹事長を含む執行部を交代させる意向を固めたことが、日本テレビの取材で明らかになった。これは民進党関係者が明らかにしたもの。

 都議選での大敗を受けて、民進党内では「解党的な出直しをすべきだ」「責任をとり、執行部は辞任すべきだ」などと執行部の大幅な刷新を求める声が相次いでいた。

 そのため蓮舫代表は、自らは続投する一方で、野田幹事長を含む党役員の交代に踏み切る意向を固めたという。

蓮舫


 ただ、党の実務を担う幹事長に誰を起用するのかなど、骨格は固まっていない。

 民進党のある閣僚経験者が、「幹事長を受ける人は、なかなかいないのではないか」と話すなど、蓮舫代表の求心力が低下する中で人事は難航も予想される。


 民進党は、もはや、絵に描いたような泥船である。都議選では、選挙を前に大勢の議員が我先にとその泥船から脱走し、党公認の候補者数は23だった。4年前の選挙での候補者数は44だったから、ほぼ半減である。2009年の絶頂時に獲得した54議席から、たった8年で10分の1まで議席数を減らす衰退ぶりだ。

 選挙に負ければ犯人探しが始まるのは、どの政党でも同じだ。戦犯の筆頭は、代表就任から党勢を全く回復できず、自らの二重国籍問題で党の足を引っ張る蓮舫に間違いはないはずなのだが、蓮舫自身、代表を自認する意向は全くないようだ。自分の後見人であり、三顧の礼で幹事長に迎えた野田を切り、目先を変えようとしている。産経の報道では、岡田克也が幹事長就任を固辞し、前原は「ポスト蓮舫」を見据えて就任要請を受けても断る構え。昨年9月の人事で候補に浮上した枝野幸男も慎重な姿勢を示していると報じている。

蓮舫、自らは続投


 失敗の後始末もロクにできないのは、2013年の下野後の党全体も、二重国籍の蓮舫個人も同じだ。民進党の再生など現実的でないどころか、続投という意思表示で、蓮舫自身が党を崩壊に導いているようにも思える。この期に及んで、蓮舫の右腕を買って出る奇特な人材が誰になるか、野次馬的な興味はなくもないが、連敗続きの選挙で党の人材も枯渇し、ウルトラCも出せないだろう。

 民進党を離党した長島昭久氏が、九州「正論」懇話会でこう語ったという。

 なぜ離党せざるを得なかったか。(民進党は)共産党との共闘路線がますます深まっていく。方向転換は難しいでしょう。党の代表を変えようが、名前を変えようが、路線は変えようがない。このまま次の衆院選に進むしかない。

 簡単に言えば、共産党の二軍になってしまったということです。自民党の二軍なら、一軍がこけたら上がれる。共産党の二軍は、何をやっても政権にはたどり着かない。

 政策的主体性を失ってしまった。二度と政権に返り咲くことはないだろう。こういう判断をしました。


 「共産党の二軍」とは、なかなか言いえて妙だ。理念も信条も違うはずの共産党と、反安倍、反自民という利害関係だけで手を結んだ民進党は、野党第一党でありながら、共産党の下請け団体に成り下がった。長島氏は、「(民進党は)目玉法案には、法案が出る前から反対で構えている。出てきたらどんどん批判する」と批判しているが、これは、戦前・戦時の日本や安倍政権、自民党にかかわることならなんでも批判する朝日新聞の体制と同じだ。朝日と同じく、見透かされ、批判される運命を、自ら辿っているだけなのだ。

 蓮舫体制は、民進党の最終章と定義して差し支えないだろう。2009年が絶頂期で、その後8年で絶滅種に成り下がった。党人事を刷新しても、第二の蓮舫、第二の山井、第二の大串が出て来るだけで、そこにはやはり反自民、反安倍という独善的価値観しかない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/22 11:27 ] 政治 | TB(0) | CM(7)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/07/22 14:55 ] [ 編集 ]
固辞もするわねw
岡田固辞?固辞するということは幹事長要請があったと言うことでしょうね。凄いなあ(感嘆ではありませぬ)。

岡田党首を「つまらない男」と云ったのは蓮舫サマでしたけど・・・党員が一人しか居ないとしてもフツー頼めないと思うけどなあ。
その時、「人間はユニークが大事。私にはそれがある」とも言って居た様に記憶しますが、流石にシナ・ユニークは超鉄面皮。


長島某の云う「共産党の二軍」も結構ですが、管理人様が民侵党の都議選惨敗で書かれた「(民侵の)存在意義は野党再編の主導権を握ること。二部リーグの優勝に変っている」も負けていませんです。
お二人、サッカーと野球の違いだけ。

で、なにかな?その長島某は共産党の二軍では二度と政権を取れない政党になるから泥舟から脱出したのかな?
気持ちは分るが、脱出理由は嘘でももう少し「飾って」欲しいものです。機を逸し過ぎ過ぎ過ぎ過ぎ過ぎ の政治家は私的にかなり戴けません。

民侵党と言うところの執行部は毎回同じメンバーで盥回しが慣例なのかしら。
あれだけ事前にヨシフ有田がR4戸籍擁護活動に励んだのですから、功労賞で幹事長など、R4ユニークでイイとおもうわ~。
[ 2017/07/22 17:32 ] [ 編集 ]
第二共産党
の幹事長にヨシフ有田の呼び声(?)が上がっておりますが、幹事長を書記長に変更をすれば名称がぴったりかと。

もともと旧社会党には共産党よりも正統的なマルクス主義を標榜する社会主義協会派や、系列の学生青年組織には社青同解放派なる青ヘルのセクトがありました。この解放派は共産党を出自としない唯一の極左団体で、江田や横路がここのメンバーでありました。

何でも、第一インターナショナルを正統とする反レーニン主義のマルキスト団体だそうで、革マル派と激しく対立しつつも内部分裂を繰り返し、今や何がどうなっているのか、誰にも判らない有り様ですが。

この反権力活動と内部抗争の繰り返し、根深い反国家的な衝動は今の民辛党のDNAにも深く刻まれているのではないでしょうか。先細りであっても、同じ傾向を持つ朝日、毎日、東京、中日と相性がいいわけです。

それにしても、安倍総理の解散を受けて立つ、などと格好良く言い放っても、R4もヨシフも参議院議員ですから、自分たちの地位は安泰です。いかにアホバカ議員といえども、再選の目処もなく明日からクビになる方は、さすがに誰も付いてこないのではと愚考致します。
[ 2017/07/22 20:43 ] [ 編集 ]
玉木も福山もただでは済まないでしょう。。。!!
連投すいません。。。

別記事に、最早四面楚歌の石破についてコメントさせて貰いましたが。。。

森友といい加計といい、藪を突いたらいろんなものが炙り出されましたね。
ホント藪蛇とは昔の人もうまいこと言ったもんですよね。

安倍首相は、憲法改正を堂々と具体的に言及し、そしてテロ等準備罪も成立・施行し、確実に戦後の日本再生に向かって邁進しています。。。そして、弱ったふりをしては、反日勢力の炙り出しに成功し、その資金源を「法的」に断っては組織的壊滅にも成功しています。

そして何より、それを支持する層は強固であり、安倍首相が裏切らない限り、その支持層は増えはすれど決して減りはしないのです。。。それだけ、ネットの影響力は甚大なのです。

安倍政権支持率云々は幾らでも偏向できるし、まして奴らには、今はそれしか戦略がないので、全く気にすることはないと思います。

ついでに民進党については、今回の加計問題で石破が孤立すれば、間違いなく玉木と福山にも影響が及び、決してただでは済まされないでしょうし、野田去就後の幹事長に有田ヨシフの名前が挙がってるという噂もあります(笑)。。。既に語る価値さえない位に落ちぶれちゃいましたよね。。。!!!

[ 2017/07/22 23:28 ] [ 編集 ]
噂の候補者!
誰もが思う事は同じ様で、やはりココはヨシフ有田以外に居ない?
落選しても党首をしている「政党」がありますから、ヨシフがダメなら山口さんチの二郎君でもいいような。

重国籍(何カ国か判りません)会見の前に温かい目線を贈って必死に擁護活動してくれたのは、その二人ですもの。R4さん、更なる恩知らずになってはマズかろう。

R4は首相を目指す為Wに「衆院に出馬する」と宣言したのを、未だ本人覚えているかしら。あの人忘れっぽいタチみたいで実現するかどうか?
宣言後には「比例で出る」と腰が退けて、「党首が比例とは何事ゾ」と党内批判も多かった筈。
都議選惨敗後には、これも党内から「今回の最低得票地区から出ろ」でしたしね。

民侵議員はそういういじましさを発揮しても、党首を降ろそうとはしない。ものすごくイイと思うw。
[ 2017/07/23 00:05 ] [ 編集 ]
蓮舫さんは偽造の疑いについて説明すべきだ
>「共産党の二軍」とは、なかなか言いえて妙だ。理念も信条も違うはずの共産党と、反安倍、反自民という利害関係だけで手を結んだ民進党は、野党第一党でありながら、共産党の下請け団体に成り下がった。

…ネットでは、民進党党首の蓮舫さんが、先日、公開した戸籍等の資料のうち、偽造が疑われている資料があるようだ。もしも、それが事実ならば、日本国民への説明、あまりに不誠実すぎるのではないだろうか。

資料を公開して報道したマスコミをも欺いたことになるため、偽造の疑い、それはきちんと説明すべきことだろう。
[ 2017/07/23 09:57 ] [ 編集 ]
工作に負ける正論
パンダ市長こと奥山恵美子が市長に選ばれたほど仙台市はサヨク色の強い土地柄ですが、魯迅もさぞ泣いていることでしょう。

奥山恵美子

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E6%81%B5%E7%BE%8E%E5%AD%90

http://blog.livedoor.jp/sendaipanda/tag/%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E6%81%B5%E7%BE%8E%E5%AD%90

この奥山の後を継ぐ市長も今回の市長選でさよくの勝利となりました。

http://www.sankei.com/politics/news/170723/plt1707230035-n1.html

サヨク環境下での市長選ですからやむを得ないところはありますが、東京都議選なり安倍内閣支持率低下なり自民党逆風下での選挙で結果が出てしまいました。

当然、此処まで、そして此れからという事ですが、此処までが『さよく・在日連合』の「安倍内閣倒閣運動」が一般日本国民に効果を出した。
と言えるでしょう。

そして此れからはこの仙台市長選の結果が安倍内閣で委縮を生むでしょう。
それはこれからの『憲法改正』(改憲)に影響が出るでしょう。
まさに『さよく・在日連合』の絵そのものです。

改めて何処に安倍政権(自民党)の失敗があったのか?
一つは安倍内閣内の自爆があります。
それと長い年月日本を汚染し続けているさよく対策に計画性が無かった、或いは対応が甘かったという事ではないかと思います。
さよくは朝日、毎日、東京、NHKなど偏向メディアが一般日本国民洗脳の役割を担っています。
そして日弁連、日教組(県教祖)が骨組みを支えています。
その様な汚染された構造をほぼ放置しておいて『改憲』は不可能です。

それでも直近まで安倍首相の『憲法加憲』の可能性は考えられましたが今は一歩後退したのではないかと思います。
さよく・在日の作戦が成功しています。
そこから逆算すれば安倍首相夫妻自体、内閣閣僚などの言動が餌となったと言えるでしょう。

今後も『さよく・在日連合』の『安倍内閣倒閣運動』=『憲法九条護憲工作』は続きます。

レーニンに負けた帝政ロシア、ゾルゲに負けた日本、毛沢東に負けた蒋介石・日本。
保守にはしたたかな政治家が不足しています。
さて、それを別の言葉で言えば「マキャベリ不足」とでも言うのでしょうか。

http://www.sankei.com/premium/news/170723/prm1707230020-n1.html

日本ではやはり工作に強い日本共産党が民進党の取り込みを進めています。
今後自民党は与党第一党として暫く安泰だと思えますが、共産党の工作(民・共合作)により体力を奪われ、二大政党を標ぼうするであろう「小池新党」が存在感を遠からず表すでしょう。
気になるのはどの様な党是を出して来るかです。
本来、真正保守政党が力を持って(つまり議員を多数かかえ)自民党に影響力を行使出来るようになれば第一段階は成功であると考えていましたが、マキャベリ不足で今後もそれは不可能に見えて来ました。

http://www.sankei.com/premium/news/170720/prm1707200008-n1.html
[ 2017/07/24 07:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: