私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  図られたかのようなタイミング ~ 新たな稲田報道は、守旧メディアと蓮舫の共謀か?

図られたかのようなタイミング ~ 新たな稲田報道は、守旧メディアと蓮舫の共謀か?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 18日の夜、産経新聞の阿比留氏が、Facebookに下のような書き込みをしていた。

 一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う…。
一人がいいかげんなことを言うと、世間の多くの人はそれを真実のこととして広めてしまう。明日また、この手の情報がメディアで流れそうです。せめて自社の紙面には載せないぐらいの抵抗しかできない。つらいところです。


 昨今のメディアの偏向ぶりを見ていれば、何やらまた新ネタでの政権批判だろうと、およそ察しが付いた気がした。そして出てきたのが、稲田防衛相のPKO日報破棄に関する隠蔽の容認というネタだった。

蓮舫


 敵もバカではない。蓮舫の二重国籍に関する会見を受け、昨日の紙面は野党第一党代表の国籍問題が賑やかすはずだった。しかし、反日守旧メディアは、そのタイミングで新たな稲田潰し、ひいては安倍政権潰しのネタを投下した。蓮舫の報道をかき消すには、この時をおいて他にはないというタイミングだ。反日メディアに鋭い批判を投げかけてきた西村幸祐氏は、こちらもFacebookで、「地上波TVの情報番組が朝から昼まで、徹底的に「蓮舫二重国籍問題」を扱わないことに、本当に驚いた。驚くだけでなく恐怖を覚える」と書いている

 ここからは私の想像だが、反日メディアと蓮舫は、事前にこのタイミングを共謀していたのではないだろうか。蓮舫にとっては、あまりにもタイミングが良すぎるのだ。「蓮舫さん、大丈夫ですよ。貴女の国籍問題を吹き飛ばすような新ネタを用意していますから」などと、メディアが蓮舫の耳元で囁いていたというシナリオなら、見事に筋書きが成り立つのである。

 蓮舫は明らかに、メディアによって擁護されている。19日の主要紙を確認してみると、社説で蓮舫の二重国籍問題を取り扱ったのは産経新聞のみである。朝日も毎日も、読売までも、政治関連では注目度が高いはずの蓮舫ネタを見送った。そもそも、書くつもりもないのだろう。稲田批判ネタがあるのに、わざわざ読者の視線を蓮舫に向けさせることはない。報道しない自由の見事な成立だ。

 しかも、蓮舫の二重国籍問題には「差別」をチラつかせ、議論の深まりを抑制するような論調が多い。公党の、しかも野党第伊東の党首で、政権交代があれば我が国の首相となる可能性がある人物が、国籍を詐称していたのだ。これを明らかにするのは、詐称した側の責任であり、義務でもある。しかも、戸籍等の公表によって、蓮舫の違反行為がご破算になるわけでもない。経歴を詐称してバッジを得た者は、バッジを外すことでしか清算はできない。

 新聞もテレビも、頭の中にあるのは倒閣という目的のみだ。報道のボリューム、方向性、主張に、恣意的で偏向があることを隠そうともしていない。彼らはいま、まさに戦時体制にあるのだ。情報流通網を確立した守旧メディアと勝負は、ネットにとって分が悪いが、それでも彼らが日本を壊す前に、できるだけのことをしなくてはならない。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/20 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(19)
乾燥注意報
R4が共謀しなくても、彼女の周囲や彼女が国籍証明することに何故か困る団体が、メディアと組んでいると思います。
メディアそのものがアチラ系の人多そうですし。彼らは一民間人の自分もいずれは開示を要求される、と危機感を持っているのでしょう。

特に毎日新聞とTBSが稲田さん潰しに懸命で、それが安倍総理の任命責任だと繋げたいのは、今時の中学生ぐらいなら判りそうw。
稲田さんが彼らを上手に捌ける事を願います。

この日報は昨日の内にツキクサ様が御説明の通りで、加計と同じで、ナンでもいいから内閣に火を点け支持率を下げさせたい願望の表れだと思います。
重国籍問題隠しでも、不味くなれば蓮舫は切り捨てれば良いだけでしょうが、稲田防相の他に山本地方創生担当大臣にも国民の目を移す用意をして居るところを見ると、本願は安倍内閣打倒なのでしょう。
高市総務相の離婚も報じていましたし。とにかく、敵は必死です。

「日報」は共同通信から出た「報道」の様ですが、もしも本当に「証言した」防衛幹部或いは自衛隊幹部が居るのであれば、助平次官と文科省妄想文書を書いた職員の様に、姓名、肩書き顔写真を世間に出させ処分するのが良いと思います。
勝手な情報漏洩や捏造情報を出される防衛省では先々も国民が安心出来ませんもの。
[ 2017/07/20 08:11 ] [ 編集 ]
獅子身中の虫
こはるさまご指摘の通り、防衛省内に獅子身中の虫が生息しているのは
明らかです。恐らく背広組でしょう。
このところ頼りなさげな印象を持たれてしまった稲田さんには
持ち前のしたたかさを示してほしいと念じています。

ぱよちん勢力はもはやなりふり構わず安倍政権を口撃します。
安倍さんには、もう余計な配慮はせず稲田さんとともに堂々と靖国参拝をして
反転攻勢に出てほしいと思います。
[ 2017/07/20 10:40 ] [ 編集 ]
朝日的『夢想花』
♪隠さなきゃいけないことが 今の蓮舫には多すぎる
 あいつの記憶の中では 過去の発言ないも同じ
 いつの日にか自分で言った 二重国籍多様性
 それでもあいつを守らねば 打倒安倍は遠ざかる

 サベツ サベツ サベツ サベツ サベツ サベツ サベツ サベツ 
 イナダ イナダ イナダでかわせ

 隠せ 隠せ 隠せ 隠せ 隠せ 隠せ 隠せ 隠せ 
 報道しない自由を使え
[ 2017/07/20 11:01 ] [ 編集 ]
蓮舫の韓国籍疑惑に迫っています!。。。
https://m.youtube.com/?reload=7&rdm=2oafie20f#/feed/subscriptions
民進党崩壊!蓮舫終了!旅券に隠された驚愕〇〇の事実!政治経済にゅーす女子73

蓮舫の韓国籍疑惑に迫っています!。。。
[ 2017/07/20 12:23 ] [ 編集 ]
訂正します
https://www.youtube.com/watch?v=O_taBwjqFUU
民進党崩壊!蓮舫終了!旅券に隠された驚愕〇〇の事実!政治経済にゅーす女子73
[ 2017/07/20 12:32 ] [ 編集 ]
そりゃ図るだろw
図ったかのようにってw自民党だってこの手の情報(タイミング)戦略はよく使うんだから、パヨク系マスゴミが使ったってそりゃしょーがないよ。パヨクから見て靖国参拝したがるような奴は全て歴史修正主義者で右翼で、右翼は悪って決めつけてるわけで、今更報道の中立性も公平性も言ってるだけで笑っちゃうわ。
むしろこの件については稲田さんに同情しちゃうな。あんな紛争地に自衛隊行かせて何か起こらない方がおかしい。それをファンタジーな憲法のおかげで何もなかったことにしなきゃいけないから日報の破棄とか隠蔽とかして辻褄を合わせなきゃいけなくなる。悪いのは自衛隊でも稲田さんでもなくて、ファンタジー憲法を変えることをやたらにビビる「国民さまw」と、それに迎合する勢力なんだよね。まぁ積極平和主義なんて分不相応なことやらなきゃいいんだよ、やるなら憲法変えてからやれよっつーのがパヨクの言い分なんだろうけどね。
[ 2017/07/20 12:51 ] [ 編集 ]
ふと思うのですが、民進党はメディアの子飼いではないかと。あの会見の後でのテレビ報道は、蓮舫を人権で庇うような擁護一辺倒で、あの前川氏の時を思い出しました。特に、テレ朝ニュースの大谷コメンテーターが、歯の浮くような賛辞。イラっとしたのは、私だけではないと思う。
不法で虚偽でしかも国会議員に、人はあそこまでお世辞がいえるだろかと。背後に何か、メディアを束ねる大きな勢力があるのではないかと想像してしまう。テレビで安倍政権の急先鋒とし、取り上げるのはいつも民進党で、共産党ではない。二党とも主張は同じなのになぜかテレビでカッコ良く取り上げるのは、民進党。メディアは、秘かに政党を持っているのだろうか。民進党に、国会で自分たちの主張を言わせる。それが、イチャモンつけで論理が破綻していようと、テレビのニュース解説でちゃんと補足してくれる。そんな状況をさり気なくずっと見せられてきたんだと思う。
誰がトップに君臨しているか知らないが、この国のメディアは腐っている。


[ 2017/07/20 12:52 ] [ 編集 ]
ブログ更新有難うございます、こんなやり取りを目にしました

ジャーナリスト 田中稔@minorucchu
安倍首相が火だるまになる爆弾ネタを某誌が仕込み終えたようだ。いつ大砲を放つのか、そのタイミングを見計らっている。8月3日の改造直後か。
有田芳生@aritayoshifu
「あれ」ですね。
[ 2017/07/20 14:17 ] [ 編集 ]
街宣活動で安倍総理を応援
只今、チャンネル桜、
「頑張れ日本全国行動委員会」の
『7.20 負けるな安倍政権!メディアと反日勢力による倒閣運動を許すな!
緊急国民行動』が、生中継されています。

https://www.youtube.com/watch?v=tzNB4lWN6vA&feature=youtu.be

時間・場所
 16時30分~19時00分 衆議院第二議員会館前、首相官邸前

只今、我那覇真子さんが街宣活動で、
力強い演説をしてくださいました。
[ 2017/07/20 17:19 ] [ 編集 ]
日報隠蔽了承報道は勿論今後の展開を注視していかなければなりませんが、マスコミと民進党の共謀というよりはマスコミと不正官僚の共謀の可能性があります。また怪文書やら匿名の防衛省職員の証言が出てくれば、その可能性は高まります。
そもそも常軌を逸した政権批判や徹底的な蓮舫擁護などからもマスコミと民進党(+共産党)の一体化は明らかでしょう。
マスコミ主導で省内不正を政治に責任転嫁するケースは、第一次安倍政権崩壊を決定的にした「消えた年金問題」もそうでした。あれも倒閣目的のメディアと処分を免れたい、あるいは軽減したい不逞官僚の思惑が合致した政治工作だったと記憶しております。
私の杞憂に終わればいいのですが、最近のマスコミのエスカレーションぶりを考えるとなかなか・・・
[ 2017/07/20 18:19 ] [ 編集 ]
こはるさんへ
>この日報は昨日の内にツキクサ様が御説明の通りで、加計と同じで、ナンでもいいから内閣に火を点け支持率を下げさせたい願望の表れだと思います。

…日報は、民間企業でも、営業日報や研修日報などを作成しているが、そのような日報であっても、企業秘密として社員の守秘義務は重んじられ、一般人に向けて公開されることはないだろう。

今回の自衛隊の日報は、自衛隊という国防、安全保障に携わる方々の活動を記した日報である。あたりまえの話だが、原則、非公開にすべきことだ。公開するということは、自衛隊の活動内容を、日本国民はもとより、敵意を持った外国の軍隊やテロリストも知ることを意味する。戦闘があった場合は、なおのこと、非公開にすべきことだろう。

戦闘において、どのように自衛隊が動いたのか。敵意ある外国の軍隊やテロリストこそが、知りたがる情報なのだ。野党が、自衛隊の日報の情報公開を迫ることは、日本国民にとって「百害あって一利なし」安全保障上の「蟻の一穴」になるおそれもあり、自衛隊員を不要な危険に晒すおそれもある。機密情報ゆえに保護すべきことなのだ。

戦闘について記された日報の存在を隠蔽した、そのような指摘がメディアからなされているようだ。稲田防衛大臣にアドバイスさせていただくと、まず、この問題について、何を聞かれても答えることができるように、とにかく準備をすることだ。そして、まずは、日報の存在と戦闘の情報とを、分けて考えてはどうだろうか。

戦闘については、日報に記されていたとしても、その日報を日本国民は知ることはない。ゆえに、日報の破棄は、戦闘があったこと、その情報を日本国民から隠蔽したことを意味しないといえるだろう。

防衛省としては、戦闘があったことは、当然に把握していた。ではなぜ、日本国民に、戦闘の事実が伝えられなかったのか。日本国民の方々は、日々、空自によるスクランブルがあることを知っているだろうか。まったく知らないというのが、答えだ。この日報の問題と、本質的には同じことなのだ。南スーダンの戦闘という事実、空自のスクランブル、海保の対応する領海侵犯など、それらの情報すべて、何も日本国民は知らされていない。そこに、この問題の本質、改善すべき情報伝達の問題があるのだ。

日報問題、何も問題なしでは、日本国民は決して納得しないだろう。具体的に、改善行動を示すべきだ。ホームページ上でもよいので、戦闘に類似した状況について、日本国民に知らせる仕組みを構築してはどうか。もっと踏み込んで言うならば、領海領空侵犯警報、弾道ミサイルの発射警報、外国におけるテロ警報などを、警報としてテレビで表示する仕組みを構築すべきだろう。
[ 2017/07/20 19:52 ] [ 編集 ]
放送法第四条違反による「報道の差別」(放送しない自由)があるのではないだろうか。
>ここからは私の想像だが、反日メディアと蓮舫は、事前にこのタイミングを共謀していたのではないだろうか。蓮舫にとっては、あまりにもタイミングが良すぎるのだ。

…オレの記憶によれば、あらかじめ、蓮舫さんが「18日」に資料を公開すると、予告していた。そこに、「18日」という日付を知ったマスコミとの共謀が、あったのかどうかは、みなさんのご想像にお任せしたい。

ただ、提出された書類を見る限り、公開する資料の発行に「18日」までという時間が、必要だったという話ではないようだ。ネットで指摘されているような偽造をするために、時間が必要だったということなら話は別だが、その場合でも、準備が整ってから発表すればよい話だ。

そして、不自然なのが、蓮舫さんが18日と予め予告していたのに、ほとんど18日に、蓮舫さんのことが放送されなかったことだ。一応、最大野党の党首である。メディアにとって蓮舫さんが、まったく眼中にないということではないだろう。そこに、放送法第四条違反による「報道の差別」(放送しない自由)があるのではないだろうか。
[ 2017/07/20 20:38 ] [ 編集 ]
マスゴミ内部に、重国籍で利益を得ている者が結構沢山居るのかもしれない。重国籍とは縁のない普通の日本人には計り知れない世界だが。
[ 2017/07/20 21:26 ] [ 編集 ]
疑惑の中の蓮舫。
蓮舫の出自で、母方が韓国という疑惑も出てきた。もしそうだとしたら、朝鮮人に乗っとられたメディアがあそこまで擁護するのもうなづける。民進党のバックには朝鮮・韓国、共産党のバックは中国共産党ということかもしれない。とてもまともな野党とはいえない。社民もだが。
蓮舫の疑惑、決してうやむやにしてはいけないと思う。


[ 2017/07/20 22:43 ] [ 編集 ]
蓮舫の記者会見
よくもあんなにペラペラと喋れるものだ。
気分が悪くなり最後まで読めませんでした。

このタイミングでの戸籍の公表について、自分の家族の人権を重んじたようだが、この日本で基本的人権を語る人程、他人に薄情だとあらためて感じます。

基本的人権を語るならば、この国でその人権を最も奪われている、北による
拉致被害者に対する取り組みを真剣に考えてから、ましてや政治家ならば具体的
行動を示してからにして欲しいものだ。

私の知る限り、人権を前面に出す人ほど、自分の義務や責任を果たさずに
我が身の人権にばかり執着する人が多いことか。
[ 2017/07/20 23:00 ] [ 編集 ]
七四様の後半のコメントはご尤も、と思います。自主憲法制定どころか国家防衛の強化条項さえ猛反対の勢力の犠牲になっている自衛隊なのですから。
しかし、前半の「自民党系も」というのは少し違う気が致します。
自民党も政敵攻撃の為に種々情報を溜め込み、小出しで交渉してきたと想像出来ますが、今の野党やメディアの様に、捏造してまで、極針小事を棒大問題にすり替えてまで、そして国家の大事の諸問題を放り投げてまでしてきた事があっただろうか?疑問です。

また、報道のあるべき中立公正を求める事を、今更、と諦めるなら、現実に流されるだけの事であって、ブログなど不要でしょう。
彼らが公共電波を使い公共紙を公称する以上は、あるべき報道姿勢を国民は求め続けて当然だと私は考えます。
[ 2017/07/21 00:10 ] [ 編集 ]
稲田さんと某大臣
少しはマシだと思える産経でも、稲田氏への当てこすりはあって、今回の事は、<省内の不満分子が彼女を「刺した」>可能性は書いても、
一方で<相次ぐ失言や弁護士であることを鼻にかけた言動で防衛省、自衛隊内で求心力を失っており、恰好のスケープゴードになった見方がある>と書きます。

弁護士の肩書きを持つ議員は石を投げたら必ず当たるぐらい存在する永田町で、彼女が「鼻にかける」チャンスがあるとは思えませんが、仮にあったとしても防衛省にも法の専門部署はあるでしょうから、鼻についたら反論して終わる事で、今更肩書きを鼻にかけるなどと外に不満を漏らす職員の方がいじましいし、書くメディアの品性に吐き気を催します。

稲田氏が九州北部の豪雨被災地で献身的に働く自衛隊員を視察慰労するに現地に入れば、「だれの為の訪問か」「隊員は稲田大臣の訪問をどう思ったろうか」などと書く。

行けばコレ、行かなければ何と書いただろうか? 
隊員の気持ちを知りたければ記者が直接聞けばイイだろうが!と腹の立つ記事でした。
その後の蓮舫の被災地訪問には、被災地まで行っても加計「問題」を批判した言葉を小さくそのまま伝えるだけ。

これらは、稲田大臣が男性であれば書かない種類のことだと推測致します。防衛省にも同じような「女性観」が存在するのでしょう。感覚が似ていれば書く記事も底意地悪い。

今の閣僚で不適格とされる大臣に法務大臣も居られますが、何故か稲田氏と比べたら、知らない読者は知らないで済む程度の扱いです。
一向にご自分の担当領域に関心を持って居なさそうな大臣で、しかも傲慢。私は彼の方が問題だろうと思い続けて来ました。
何故彼は国会でのトンデモ行状だけでも扱いが小さいのか?

稲田さんには必ず大きく強く幅のある政治家になって、底意地悪い者達を見返して戴きたい。


[ 2017/07/21 00:53 ] [ 編集 ]
稲田さんがんばれー
私も将来の稲田氏に期待しています。

与野党問わず、目立った政治家の中で本当に将来の日本の国を考え、かつ行動している人が他にどれだけいるだろうか? 稲田氏には今後も政治家としての研鑽を積んでいただき、将来の日本の為に活躍してもらいたい。

大臣辞任後は彼が政治家として飛躍する上で、貴重な雌伏の期間となるだろう。
[ 2017/07/21 06:29 ] [ 編集 ]
『外国人が日本国総理大臣である国』を目指す政党・メディア
相変わらず『安倍内閣倒閣運動』まっさかりです。
「東京都議選」、「森友学園問題」、「加計学園問題」、「稲田防衛大臣問題」等々内閣批判の材料とするのもまあいいでしょう。
まったくのフェイクでなければそれは内閣側で受けるべきものでもあるでしょう。

しかし、問題を指摘するならば公平に野党が持っている多数の疑惑であるとかもメディアは公平に扱わなければならないのではないかと思います。
毎日の様に、朝、昼、夕と安倍内閣関連の批判の連発です。

この様に小ネタを多数連発することにより一般日本国民の安倍内閣へのイメージというものが負の方向に導かれます。
それを意識して朝日、毎日、東京、共同通信などのさよく・在日メディアは工作を続けるのですが、どうも「安倍一強」などと言い、正面から正規の戦いをするというよりゲリラ戦をしているように見えます。
更に次期首相のポストを狙う自民党石破茂議員が独特の言い回しで足の引っ張りをする。

そしてその効果が所謂世論調査というものに出るのでしょう。


http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20170701/q1-1.html

http://www.tv-asahi.co.jp/hst/poll/graph_naikaku.html

一応日本は民主主義国家ですから、この世論調査を政権も意識はするでしょう。
そしてそれに反応すると今度は「ポピュリズム」と批判する。
どうしようと目的が「安倍内閣倒閣運動」=「さよく・在日政権樹立」ですから「世論調査に一喜一憂しない」というコメントが正解なわけです。

そこで『さよく・在日連合』の安倍内閣倒閣運動に対してですが、『民・共合作』の民進党の疑惑・問題には極端にメディアが『報道しない自由』を展開しています。
因みに『蓮舫二重国籍問題』などは安倍内閣の個々の指摘されている疑惑・問題と比較してそれを凌駕するほどの問題点が内包されているという事が実態ではないかと思います。

つまり、議員の二重国籍とは『外国籍議員』であるという事です。
人の心の中まではなかなか誰にしても分からない以上、法的にどうかという事、又この国籍で判断するということは重要な事です。
そして今回二重国籍で問題とされている蓮舫は民進党の代表です。
前身、民主党は遠くない時期に一時は政権を取った党です。
つまり政権を取った事のある党、政権を取ろうとしている党のトップが外国人であり、即ち『外国人が自衛隊を従える日本国総理大臣となる』という話ではないでしょうか。

それを「人権」、「プライバシー」と矮小化して逃げる政党・メディアこそ非難されるべきだと思います。

http://www.sankei.com/affairs/news/170719/afr1707190003-n1.html

「差別や排外主義ではない 蓮舫氏の国籍問題、その見識と責任感欠如に驚く」
http://www.sankei.com/politics/news/170719/plt1707190008-n1.html

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6734.html

[ 2017/07/21 23:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: