私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  鮫島浩という、朝日新聞を象徴するバカ記者について

鮫島浩という、朝日新聞を象徴するバカ記者について

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞に鮫島浩という記者がいる。朝日が、社のエース級を集めた特報部を新設したとき、デスクに据えた人物である。高山正之氏によると、この鮫島という記者はあの菅直人とツーカーの仲で、国会の質問も代筆していたという、まさに腰巾着的な存在だという。

 その鮫島のツイッターが、保守派のなかでウォッチリストに入っている。例を挙げよう。北朝鮮のミサイル発射で東京メトロ他が電車をストップさせたとき、鮫島は「政権の意向は働いていないのか、それとも忖度か。電車を止めるまでの隠された真実に迫るのが報道の責務だ」と書いている。政権を批判したくて、鉄道の安全確保対策にまで因果関係を求める無様さに、眩暈を覚えた。鮫島はほかにも、稲田防衛相の靖国参拝を批判し、こうツイートしている。


 このツイートには、朝日新聞流の歪曲、こじつけが隠されている。まず、領事館前の売春婦像設置と稲田氏の靖国参拝の間には、なんの因果関係もない。それを同列に並べて論ずること自体が間違いだ。加えて、「あっちで設置したのは市民団体」というが、それを黙認し、日韓合意違反をしているのは、他ならぬ青瓦台なのだ。

鮫島浩


 鮫島という記者は、頭のねじがどこかに飛んでしまっている。今度はこう来た。


 鮫島は、どうやら、森友、加計の問題が出てくる以前は、安倍政権に対する不支持が表明できない重圧感がある社会だったと考えているらしい。しかし、それは鮫島の捏造だろう。仮に、本気でそう思っているなら、記者失格だ。

 安倍政権の不支持が増えたのは、不支持を表明できない重圧感がある社会だったからではない。朝日新聞をはじめとする守旧左派メディアが紙面や電波を総動員し、真実を追うことを拒み、ひたすら安倍叩きのためにネガティブキャンペーンを張ったからである。それ以外に理由はない。

 重圧感などない。各所で共産党系を中心に反安倍デモを敢行したり、鉄道の駅周辺でビラ配りをしたりと、反安倍派はいつもと変わらずお盛んである。新聞にもテレビにも、重圧感など欠片もなく、日夜せっせと安倍政権批判を繰り広げており、息苦しさなど微塵もない。そもそも、「安倍内閣を批判するとアベシンパから攻撃される」というが、鮫島自身がそれを「反論」「批判」とは取れず、「攻撃」と捉えること自体に問題があるのではないか。報道が間違っていたり、問題があるから批判されるのである。新聞にとって、自社が誘導できる読者層だけが相手だ、という時代ではないのだ。

 たかが新聞記者が、日本社会の健全・不健全を決めるなど、思い上がりも甚だしい。日本社会は概ね健全である。が、朝日新聞のような亡国メディアが、数々の捏造、歪曲報道が過去ありながら、それでも印象操作をする一定の力を持ち続けている実態は、極めて不健全である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/18 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(12)
ド厚かましい!
な~にが息苦しいだ?
小娘気取ってんじゃあねえわ。
息苦しいが束になって抗議するでしょうよ。
それだけド厚かましく根性曲りで無神経なら、地獄へ行っても大ボラ吹いていられるわい。

自分は批判して当然だが、それを批判抗議されたら息苦しい?ですってよオクサマ。天井知らずのド厚かましさって、流石に朝日(ちょうにち)の社員だわ~。超恥知らず。
菅直人にお友達が居たのねえ。それもオドロキ。


ともあれ、今までが何だったのか分りませんが、本格的に宣戦布告という事なのでしょう。ソレ、安倍総理にだけじゃあなくて我々日本が大好きな国民にも布告している訳ですね。
上等で御座いますワ。受けてたちませう。

「安倍の葬式は朝日が出す」と言ったという、ドコゾのホテルで客死した人の例もありますし、口は災いの元。
この鮫島はどこまで嘘捏造歪曲するものか、見物です。

朝日って、その昔もこうして事実を伝えないで戦争を煽ったんですってねw。
TBS、毎日はどうやら売国奴・石破を担ぐようですが、朝日(ちょうにち)もあの潰れモアイ像に乗るのかな?
[ 2017/07/18 09:52 ] [ 編集 ]
マスコミ
ほとんどのメディアが「マスコミ(mass communication)」と言うより「マスプロ(mass propaganda)」の中で、情弱の方々にどうやって事実を伝えるかですね。
[ 2017/07/18 10:48 ] [ 編集 ]
ぱよちんの典型
このアカヒ記者、ぱよちんの典型だね。
条約違反の売春婦像設置と何の国際条約にも違反していない靖国神社参拝を同列に捉えるアタマの悪さ。
そもそも靖国参拝はぱよちんの信奉する占領憲法にある信教の自由、良心の自由に照らせば、何ら「いけないこと」ではない。
ぱよちんはA級戦犯云々を問題にするが、国会決議で日本に戦犯はいないと結論付けられたことを無視するマヌケぶり。

ぱよちんが息苦しさを感じていたことは確からしい。
それだけ日本は健全になってきたという証だ。
支持率低迷で元気を取り戻してきているが
これが瞬間風速だと間もなく気付くだろう。
ぱよちんがもっと息苦しくなる日本を目指そう!!
[ 2017/07/18 12:14 ] [ 編集 ]
比較対象にならないものを比べてどうする?
他の先進国でも戦争に負けたことあるが、敗戦をしたからといってその国の防衛大臣が参拝をしてはいけないということはない。 また、敗戦国の防衛大臣は参拝を行ってはいけないという国際法もない。

日本大使館前の慰安婦像は、国際法違反であり、そもそも、慰安婦の婆さんは立証責任をは対しておらず、サンフランシスコの連邦裁判所でも敗訴している大嘘話である。

嘘で固めた像は、自宅庭に公の場に建てることは許されない。

名誉毀損だ!

日本人は、さっさと名誉棄損罪で朝鮮人を訴え、賠償金を請求すべきだ。

裁判になれば、慰安婦に立証責任が生じる。

奴らに証拠などないわけで、完全に勝てる!



[ 2017/07/18 14:09 ] [ 編集 ]
背後は支那による情報戦 ?
情弱なジジババの多くはツイッターなんか見ないでしょう。 ここに安倍貶しと朝鮮
マンセ~なんかUPしてもマスゴミへの反感を煽るだけに思えますがねぇ・・・
「羽織ゴロ」と呼ばれた時代のほうが、まだなにがしかの特技を有していたような
趣きがありますわぃ。 マスゴミの今の有り体は知性も品も慎みもないことを自他と
共に認じております私め以下のようですなぁ~

妄想ですが、、今のマスゴミの筆舌に尽し難い体たらくは支那のなりふり構わずの
火病的な発作を感じさせます。 支那がマネ寅ハニ寅で絡め取ったヤカラの
尻を鞭打ちながら安倍降しに狂奔している印象です。
安保法制や秘密保護法の時も痴呆騒ぎを起こし法案が可決すれば安倍支持率は
30%台に低下していました。 支那様のお心を「忖度」していたのでしょう。

今回の「共謀罪」は痴呆を超えた狂気錯乱で法案が可決すれば大幅な支持率の
ダウン。 支那様の強要に怯えデータの捏造工作をやったのではないでしょうか。 

支那がなぜ安倍降しに狂騒するのか。
トランプさんは強面で国防大臣は古より魔犬と畏怖された海兵隊のマティス閣下
であります。 支那と金豚に対して「艦砲外交」に打って出ることも十分にあり得る
ことであり、そうなればキンペー帝の威信は下がります。
これを防ぐには集団的自衛権の行使を怯まない安倍を降してリスクを下げよう
との強い思惑があるのように思えてなりません。
米軍といえども不沈空母と不沈補給艦隊なしでは戦い難いでしょうから。
[ 2017/07/18 20:37 ] [ 編集 ]
こういうズレまくった記者が大半の新聞でもまだ購読者がいるのが不思議でなりません。
職場にもまだ朝日を購読している人が数人いて、
この人とは政治の話をしませんが(すると彼の人格まで全否定してしまいそうなので)やはり反安倍なのだろうな…と想像しています。

菅官房長官に質問しまくる東京新聞の女性記者も話題になっていましたが
菅さんには相手の策略に嵌らないように願うばかりです。

今朝のニュースで、外相がPPAPと一緒になってどこぞに凄い金額を援助するとかいうような事を言っていましたが
そのすぐ後のニュースで、福岡&大分県の被災者に対する罹災証明書をやっと交付し始めたとか
交付後寄付金が降りるまでは数が月かかるとか言っていました。
「情けは人のためならず」かもしれませんがそういうお金があるのなら、
「自国の被災者へもある程度の額の見舞金を無条件で均一的に即刻支給する」
くらいしてもいいのではないかと思ってしまいました。
私の心が狭いのでしょうか??

あれだけ痛めつけられ日本の主張は何一つ聞き入れようとしない国連に
性懲りもなく媚びを売りお金を散在する外務省ってどこの国の省庁でしょうか?
こんなことしてたらまた政権支持率が落ちますよ。

[ 2017/07/18 20:38 ] [ 編集 ]
最早、崖っぷちの新聞社(鼠)。。。必死に猫を咬む!
https://www.youtube.com/watch?v=qrbAxsM_v54 (政治経済にゅーす女子71)から抜粋

【要旨まとめ】

・遂に新聞残紙問題に切り込む弁護士軍団により、朝日新聞はテレビ朝日を巻き込み倒産の可能性が出てきた。
・「消費者金融を相手取り、グレーゾーンを壊滅状態にしてきた「消費者金融関連の弁護士」たちが次に狙うのは残紙問題だ!」と経済評論家の渡邉哲也氏がラジオ番組で暴露した。
・そして、既に朝日新聞は公正取引委員会にも是正するよう求められてきており、国会でも消費者問題特別委員会経済産業委員会にて取り上げられ始めているとも言う。
・これが本格化した場合、「広告費の返還訴訟」が行われる可能性があり、更に「第三種郵便の取り消し」となり、当該新聞社だけでなくグループ会社のテレビ会社も巻き込み、「倒産する可能性」まであると話す。
・販売店が押紙問題で新聞社を相手取る裁判があったり、国会で取り上げられたりと少しずつ是正の動きが出てきた。
・「消費者金融関連の弁護士」とは、暴利をむさぼっていた消費者金融という闇の世界でも平気で顔を突っ込み、そのグレーゾーンの金融バブルを綺麗に飽和状態にした人たちで、次のターゲットを模索していたところにこの残紙問題に目を付けた。
・仮に第三種郵便の取り消しとなると、選挙記事を掲載できない「間抜けな新聞」となり、誰にも当てにされない新聞社となる。そうなれば、莫大な広告費返還に加え、読者の激減と倒産の危機に陥ることになる。
・この問題で特に取り上げられているのが、朝日新聞と毎日新聞。(産経新聞と読売新聞は既に押紙問題はほぼ解消していると発表している。)。。。そしてそれは、今、安倍政権の否定に偏向報道を繰り返す新聞社とその子会社であるテレビ局。。。朝日新聞とテレビ朝日、毎日新聞とTBS。。。に見事に一致する。
・つまり、これまでのなりふり構わぬ悪質な偏向・捏造・歪曲印象報道というのは、(今後表面化する)押紙問題を政府の意向(圧力)として(新聞社に対し)不当に取り扱っていると云う風に印象付けるための布石ではないかと思われる。。。言い換えれば、(悪の)政府によるマスメディアの攻撃(弾圧)という構図である。

・そういう意味では、鮫島浩のツイートは、安倍総理がマスゴミに対して圧力をかけていると云わんばかりで「朝日新聞からの最後の挑戦状」に思える。

・公正取引委員会がまず先に動くのか、消費者問題特別委員会が動くのか、それとも消費者金融のグレーゾーンから利益が取れなくなった弁護士群が先に動くのか。。。!?

(詳しくは動画をどうぞ。。。)

[ 2017/07/18 22:11 ] [ 編集 ]
lilly様
国際支援の金額は札束を他国や国連に寄附する様なものではなく、今回は北九州の水装置設備などを例に出していましたが、途上国支援に適切と思われる日本企業の物品代金も含んでいる筈です。
つまり、日本経済の活性化にもなる訳ですから、被災地への諸出費とは別枠で考えるほうが良いのではないでしょうか。
[ 2017/07/19 00:31 ] [ 編集 ]
精神病院へ行った方が 
普通ならば差別表現ですけど、ここまで「基地外」な「陰謀論」と「牽強付会」を続けていれば、「精神科」の受診を勧められると思いますね。

一旦、診てもらった方が良いのでは?この記者さんは。
[ 2017/07/19 00:32 ] [ 編集 ]
まさしく売国奴ですね。
ジャーナリストを名乗る資格なし、ただの極左活動家でしょう。

つぶさなくてはなりませんね。
[ 2017/07/19 03:45 ] [ 編集 ]
あーそうかい
一般の日本国民にケンカ売りたいんだ、上等だよ

朝日の葬式は日本国民が出す。
[ 2017/07/19 06:31 ] [ 編集 ]
蓮舫の2重国籍もガン無視ですね。

そろそろ本気で朝日つぶしませんか?

デモの予定等ありませんか?



[ 2017/07/19 09:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: