私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  都議選惨敗で批判続出 ~ 民進党の「歴史的役割」は終わった?

都議選惨敗で批判続出 ~ 民進党の「歴史的役割」は終わった?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 一日かけても特に目立った新ネタが出てこなかった国会の閉会中審査だが、民進党ら野党は、安倍総理が出席しなかったことにイチャモンを付け続けてきた。一連の世論調査で、政権側の説明不足という認識が国民のなかにあることを受け、安倍総理が二度目の閉会中審査にGOをかけ、総理が出席する衆院予算委員会の閉会中審査が、24日の週にも開かれる見通しとなった。

 ところが、要求していた民進党側が、これにふたたびイチャモンをつけている。

蓮舫代表「閉会中審査、首相の一言で決まった」(朝日)

■蓮舫・民進党代表(発言録)

 (九州北部の豪雨災害の)被災地の問題があるので、(議論の場として)国会(の閉会中審査)を開いてもらえる判断はありがたいし、評価します。ただ、その国会を開く理由が、「国会のことは国会でお決めいただく」と言っていながら、安倍晋三首相の一言で決まりました。しかも首相が説明をしたいから、与党の時間を長くしろと言う。立法府の在り方をどう思っているのか、本当に私は悩ましいと思う。(豪雨災害があった福岡県朝倉市で記者団に)


蓮舫


 蓮舫は、政権与党が何をやっても、いちいち文句をつけることが仕事だと思っているようだ。そもそも、総理の外遊日程が判明しているところに「国会を開け」とぶつけること自体、「政府与党が非協力的だ」という宣伝をするための工作に等しいのだが、そういう工作に踊らされる情弱な国民は、ネットの普及によって日に日に減ってきていることを理解していない。

 さて、そんな民進党の御家事情もお寒い限りだ。東京都議選で惨敗したが、責任を取ったのは都連会長の松原仁ただ一人。反安倍陣営は都議選の自民惨敗を「安倍政権にNOが突きつけられた」などと吹聴しているが、そのロジックが通用するなら、民進党にも絶望的なNOが突きつけられているはずなのだが、執行部に動きは全く見られない。一方で、地方議員からは辛辣な内部批判が起きているようだ。

 東京都議選の敗北を受けて民進党が進める総括会議は、執行部の退陣論にとどまらず、解党や分党を求める声までが飛び交う修羅場と化している。国政での野党第1党はなぜ敗れ、政権批判の受け皿にもなり得ていないのか――。議論をたどると、再生には険しい道のりがうかがえる。

 同党が地域ブロックごとに開いている総括会議は、14日でひとまず終了。参加できなかった議員からのヒアリングを18日に行い、25日にも衆参両院議員懇談会を開いて取りまとめる。

 14日までに開かれた会議は計5回。いずれも非公開だったが、蓮舫代表や野田佳彦幹事長に対し、「我々の歴史的役割はもう果たされた。解党すべきだ」「受け皿どころか、はけ口にもなっていない」などと辛辣(しんらつ)な言葉が続いたという。(以下略)


 「我々の歴史的役割はもう果たされた。解党すべきだ」、「受け皿どころか、はけ口にもなっていない」とは、まさに言いえて妙である。はけ口にもなっていないというのは、まさに国民から相手にされていないということだが、そういう感覚は地方議員のほうが敏感なのかもしれない。ついでに言えば、民進党の支持母体である連合が、民進党の頭越しで政権と政策合意するような事態も発生しており、支持母体も民進党と話しても何も進まないと舵を切った節もある。

 「我々の歴史的役割はもう果たされた」という理解は正しいが、その判断は遅きに失している。民進党に歴史的役割があったとすれば、その役割は政権交代が達成された2009年夏の時点で終わっていたというべきだ。彼らの政治的目的がまさに「政権交代」にあり、それが達成された瞬間から、彼らに目的とか大義はないのだ。

執行部の一人は「誰が執行部を務めても将来の野党再編は避けられない。だが、党に一定の規模がなければ再編の主導権を握れない。いまは我慢の時だ」と話す。


 このことばが、民進党の将来をよく示している。もはや、民進党という政党の存在意義は、政権交代はおろか、政策論にもなく、野党再編の主導権を握る、いわば「2部リーグでの優勝」に変わっているのである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/17 10:29 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
当然だろw
政権とって大失敗をしでかしたのは1回目だからまぁ大目にみるとしても、その後に党内をまとめられず、対案を出せないイチャモン政党になり下がって、あまつさえ共産党ほどの強固な支持基盤もないならそりゃ解党するしかないだろう。
そもそも、政策志向がまったく噛み合わない人たちが自民打倒だけで寄り合い所帯を組んでいたのだから、行き詰まるのは目に見えていたわけで、さっくり解党して、それぞれが落ち着くべき処に落ち着いた方が、まだしも建設的な政治活動ができるよね。
護憲一点張りの少数左派、改憲志向の右派、その時々の日和見中間派に分かれ、日和見中間派が風向き次第であちらに着いたりこちらに着いたりってのが、まぁ民主主義的と言えばもっとも民主主義的なんじゃね?
[ 2017/07/17 11:48 ] [ 編集 ]
せめて「はけ口」に
 山井和則を国対委員長にした時点でこの党は終わっています。

 って、ナニか解って言っているのではなくて、私がただただ山井(デマの井)和則を大大大嫌い!!なだけ、のことなんです。
 日本の為にナニひとつ役に立たないのなら、せめて、せめて、私の怒りの「はけ口」にでもさせてください。
[ 2017/07/17 12:37 ] [ 編集 ]
民進党の崩壊は結構なのですが、旧民主党政権で任命された最高裁判事や防衛大学校校長の追跡調査は必須でしょう。彼らが時限爆弾である危惧は、払拭できなから。
[ 2017/07/17 12:52 ] [ 編集 ]
「はけ口」ついでに
 ナニが腹立つって、この人達(アレもコレもソレもetc.etc.・・・・。)、将来間違いなく!日本国からの”勲章”を貰うんですよね。
 その頃私は生きてないからどうでも良いけど。
 それにしても考えただけでまったく!腹が立つ!!

勲章:国の栄典の一つ。国家または社会公共に対して優れた功績をあげた者を表彰するために国から与えられる名誉の標章。[内閣府賞勲局]
※日本大百科全書(ニッポニカ)より。
[ 2017/07/17 15:09 ] [ 編集 ]
終わったのは民進党だけでしょうか。
仰るとおりと思います。
2009年に「政権交代。」を掲げ、それを実現した時点で、終了しています。
今でも話題になるのは、残滓と生き残っている雑菌のせいであります。
ただそれだけのことで、組織として政党として国家・国民の発展・幸福に寄与する何の役割も果たしていません。

彼らの中に、「解党的出直しをしなければ、本当に解党することになる。」などと、意味不明なことを言っているのがいるのは、まだ希望があると哀れにも思っているからです。

さて、明日、R4が「断末魔の叫び」ならぬ「断末魔の醜態を晒す」のでしょうが、実に象徴的なことです。

この2009年の「政権交代。」と同じ道を歩んでいるのが、「都民ファースト」です。あの「都民ファースト」から何が生まれるというのでしよう。彼らの役割も第一会派になった時点で終了しました。
これ以上、騙されてはなりません。

「自分は、騙される筈がない。」と思いたいところですが、稀代の詐欺師籠池から騙されたばかりの方も多かったようです。
「籠池さんは憂国の士だ」「子供を彼の学校に入学させたい」「寄付を送った」等々ありました。

次から次に詐欺師が登場します。
今、新たな詐欺師は、「自民党はこのままではいけないと発言する自民党員」かもしれません。

詐欺師は、電話だけでなく、テレビの画面や新聞の活字からも登場するので、油断はなりません。

と自戒をこめて・・・。


[ 2017/07/17 17:09 ] [ 編集 ]
民進党 詰んでいるのに ケンカ腰
民進の前身・民主の目的が政権交代で、もう役割を終えているというのは正しい認識に違いありません。
それを当事者の民進役職者が頑迷で、目的を変更する知恵も出ず意見を聞く耳もないので、手法までも出がらしの二番煎じになってますます劣化しています。

かつて、国民の小市民感覚につけこむ大衆迎合のキャッシュばらまきのウソ、多少とも経済観念のある企業人には、岩盤規制を壊せば自由度があがり、埋蔵金もふんだんにあるとウソを並べて、得をしたのは倉庫番の小沢とチルドレンたちくらい。あとは反日である在日の妄想に火をつけたくらいでした。

これを繰り返している、政治家、マスゴミ、組合関係者、外国人は詰んでいます。もう次はありません。そうしなければなりません。

民進からの離脱者なんか褒められたものではありませんが、まだ現状認識ができているのでしょう。これからも離党者が続くはずですから、あの党の解体は、時間の問題です。選挙互助会としての役割も終焉というわけですな。
[ 2017/07/17 17:10 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/07/17 19:38 ] [ 編集 ]
民辛党の貢献
民辛党の「内紛」に悲鳴を上げているのが朝日新聞ですね。

曰く、せっかく安倍政権の支持率が急落している時に、内輪揉めをしている場合ではない。或いは蓮舫代表に戸籍の開示を迫るなど、敵に塩を送るような行為だとか、朝日記者の悲鳴が心地よく聞こえてきます。

せっかく連日連夜、猛烈な支援砲撃を続けているのに、味方の歩兵部隊は敵陣を奪取するどころか、自陣さえ確保できずに崩れ去る劣弱ぶり。これでは支援部隊も嫌気がさすでしょう。かといって商売上、あからさまに共産党に声援を送る訳にも行かないので、あくまでピンクがかった民辛党に頑張ってもらうしか手がない、朝日・毎日にもジレンマがあるのです。

少なくとも「気をつけよう、甘い言葉と民主党」が、日本の大衆の格言になったことだけは、政権交代にも意味がありました。

実際には甘い言葉もありませんでした。何と言っても驚いたのは、民主党が「政権交代こそ最大の景気対策」と主張していたことで、これ、意味が判る人、いらっしゃいますか?

民主党が政権を取れば世の中のムードがぱっと明るくなって、永く続いたデフレ不況からも脱却できるという没論理の超楽観論でしたが、実際にはどうであったかは見ての通り。

日本のサヨクに論理はありません。ムード歌謡というジャンルがある日本ならではのムード左翼で、民主党政権の末期には報ステの古舘でさえ
「民主党には統治能力がありません」と悲痛な叫びを上げる有り様でしたが、ムード歌謡で「ワワワ、ワワワ、ワ」と甘いハミングを口ずさむだけの力量の歌手にオペラのアリアを歌わせたのは誰だ、と文句も言いたくなりますわい。

元キャンギャルのR.4が党首が勤まる党なのも、ムード左翼論を裏付けています。今の日本が置かれている厳しい現状の中で、雰囲気だけの変革を目指す民辛党に1票を投ずる抜け作が多数を占めることは、もはやあり得ないでしょう。

自民党内の獅子身中の虫に対して、朝日、毎日風のイデオロギッシュな政治的論調の受け皿作りは必ず失敗に終わることを知らしめるためにも、民辛党にはすっきり解党をお勧めします。民辛党のために余計な税金を使わないこと、それが民辛党が日本にできる唯一の貢献であるからです。
[ 2017/07/17 22:24 ] [ 編集 ]
毎度の「解党的ナンチャラ」
12年末に自民党に政権奪還されてから、各選挙の度に「民主党(民侵党)は解党的出直しが必要」みたいな事を、尤もらしく
且つ他人事の様に繰り返して来ただけの政党でしょ。
又繰り返しているだけじゃないかしら。

本当に解党するべきと思って居るならさっさと自分から離党して残りの任期は無所属で全うすると思いますけどね。
解党しても連んでいることしか発想しない辺りが、この党議員の限界だと思いま~す。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今朝の産経一面に加計学園を取り上げて居ましたが、見出しが「加計潰しに奔走する獣医師会」。

書き出しに

「学部の新設条件は大変苦慮しましたが、練りに練って、誰がどのような形でも現実的には参入は困難という文言にしました」

と、平成27年9月9日。地方創生担当相の石破茂が政治団体「日本獣医師政治連盟」委員長の北村直人と、公益社団法人「日本中医師会」会長で自民党福岡県連会長の藏内勇夫に

語ったんだそうですよー。
で、所謂「石破四条件」があるのですね。

それを安倍総理の「御意向」で突破しちゃったので、石破は獣医師会に合わせる顔が無い、と言うことかしらね。別の意味で良かったじゃない!と私的には思いますが・・・

[ 2017/07/18 00:22 ] [ 編集 ]
訂正
公益社団法人「日本中医師会」は「日本獣医師会」の間違いです。ご無礼。
[ 2017/07/18 00:30 ] [ 編集 ]
非自民・反民主(ただし社会党左派に限る)の都市部無党派としては、民進党解党となれば大賛成です。ただ、その受け皿になりうるのは都民ファーストとも小池新党とも思えないでいます。都知事には都政を全うしていただきたいです。

それにしても、どうして選挙制度と公職選挙法の抜本的改革が進まないのでしょう。
引き伸ばされてきた袋小路にいつまでつき合わなくてはならないのでしょう。うんざりしています。
[ 2017/07/19 00:02 ] [ 編集 ]
国籍法違反選挙法違反のレンホー様
日本人への差別は良い差別、二重国籍脱法ハーフのレンホー様への差別は悪い差別。マスゴミは選挙法違反国籍法違反で二重国籍なレンホー様の味方なので、日本人の役には全く立ちません。早く反日民進党を解党して反日議員は全員辞職して欲しい。
[ 2017/07/19 17:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: