私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  左翼団体・反社会団体 >  松尾貴史、青山繁晴氏の質疑を「恥の上塗り」と批判

松尾貴史、青山繁晴氏の質疑を「恥の上塗り」と批判

← 応援クリック、ありがとうございます。

 過日、ブログで取り上げたが、事務所“古舘プロジェクト”に所属するタレント、松尾貴史が、前川助平のことを人格者で官僚の鑑と持ち上げていた。


 週3回も出会い系バーに行くという属性がある公務員をどう捻じ曲げたら「人格者」で「鑑」になるか、そのロジックは不明である。しかもこの松尾、2月には天下り問題を「天下りの斡旋を「人助け」などと言い逃れをしている下衆官僚」と、痛烈に批判している。時期から考えれば、前月1月に発覚した文科省の天下り問題に違いないが、安倍総理を貶めることができる材料なら、下衆官僚も転じて官僚の鑑になってしまうようだ。

松尾 貴史
松尾貴史


 その松尾、毎日新聞にコラムを持っているようだ。「松尾貴史のちょっと違和感」というコラムで、過去ログで確認できるコラム8本のうち7本が安倍総理および政権批判に使われている。直近のコラムは本日掲載されたが、そのタイトルは「「加計学園」閉会中審査 「恥の上塗り」だった自民党議員」だ。この自民党議員は、青山繁晴氏のことである。

 質問に立った自民党の議員は、どう客観的に見ても前川氏の人格をおとしめることのみに躍起で、それは以前から菅義偉官房長官が熱心だった「印象操作」の恥を上塗りするばかりだった。

 ある自民党議員は「あなたは『日本に獣医師の不足はないから愛媛県今治市に加計学園が新たに獣医学部を作ることは行政をゆがめることだ』と発言されていましたが」云々(うんぬん)と質問したら、前川氏から「違います。規制緩和をすべきかどうかと、加計学園の獣医学部を作るべきかは別次元の話。私がゆがめられたと言っているのは加計学園に決まったプロセスのこと」と前提を完全否定する極めて冷静な答弁があると、「……正直、今の発言は僕の予想通りです。でもその話は後にします」と、反論できずに逃げてしまった。その後もいろいろと無根拠なことを投げかけてはぴしゃりと反論され、気の毒なぐらいだった。この議員は森友学園の理事長だった籠池泰典氏が証人喚問されたときは、自分が学園の広告塔をしていた経緯に触れられるのを恐れたからか、籠池氏の視野から逃げ続けていた様が滑稽(こっけい)だった(今でもネット上の動画サイトで見られる)が、加計学園には関わりがなかったからなのか、随分と派手に躍り出ていったは良いが、これまた失敗してしまったようだ。(抜粋)


 青山繁晴氏の質疑は失敗どころか、大成功ではなかったか。青山氏は、ひとつの質問に対して前川助平と加戸前愛媛県知事両者に公平に答弁させ、その対比を鮮明に浮き上がらせた。その対比で象徴的だったのが、「行政がゆがめられた」という前川に対する、加戸氏の「ゆがめられた行政が正された」という反論だろう。加戸氏の発言を「報道しない自由」で隠蔽、抹殺した毎日新聞の「お偉方のご意向」を忖度したのか、加戸氏のことはこのコラムでも全く触れられていない。

 コラムはこう続く。

 安倍内閣の支持率が、第2次内閣発足以来最低になったようで、各報道機関の調査で軒並み30%台に突入した。そろって不支持率は支持を上回って50%ほどとなり、この政権と総理大臣が信用できないということに多くの国民が気づいてきたのは喜ぶべきだけれども、秘密保護法やら戦争法(安保関連法制)やら共謀罪法(改正組織犯罪処罰法)やらを、多数の横暴によって、まともな説明もできずに乱暴で姑息(こそく)で狡猾(こうかつ)な手法を使って強行採決してきたこの国の傷を癒やすには、気の遠くなる時間と代償を費やさなければならない。

 即刻安倍内閣が総辞職しても、この負の遺産、恐怖の種を取り去る過程が待っているかと思うと、安倍氏の推し進めてきたことの罪深さは筆舌に尽くし難い。


 私は、自民党による改正組織犯罪処罰法の成立手段は稚拙だったと思うし、これが安倍政権のイメージを相当棄損したのではないかと思うけれども、それでも数々の法案成立は「多数の横暴」ではない。多数は国民が選挙によって与えたのであって、それを否定するなら民主主義は成り立たない。それどころか、今の国会は、審議拒否に代表されるように、「少数の横暴」を大幅に許容している。特定秘密保護法に反対する陣営は、この法で自由な発言が制約されると論じていたが、松尾のコラムはその論が単なるレッテル張りだったことの証明ではないか。

 もちろん、当人は辞意などかけらも持ち合わせていないようで、8月に内閣改造をして、問題山積の大臣を外して延命しようという「ご意向」らしい。このタイミングで入閣の要請を受けるのは誰なのか興味深い。人気回復のためにイメージアップを図って組閣するのだろうが、ここで入閣して自身の人気を下げるデメリットは大きいだろう。ここで引き受ける人は「大臣である」あるいは将来「大臣であった」ということが目的なのだろうなあ、とすら思う。もちろん、適材適所であればいいのだが、任命する側の政治姿勢があれでは、まっとうな仕事もできないだろう。

 知名度や人気のある(であろう)人物の名前が取りざたされているが、自身のイメージを安倍氏と道連れにしようという人たちの顔ぶれが決まるのを怖いもの見たさで待つ。


 お約束ということばがぴったり当てはまるように、コラムは安倍総理への批判で締めくくられる。安倍政権入閣は政治家にとって「負の遺産」となるというのだが、これも単なるレッテル張りの域を出ない。毎日新聞はこんな二流のクズタレントにコラムを書かせ、安倍政権批判の広がりを獲得しようとしているのだろう。安倍批判で駄文を書くことで報酬を得られるのなら、これほど楽な商売はない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

「嫌い」の他は、何でも「好き」
座右の銘は、「面従腹背」と言い放つ前川。
心で思っても、人前で言うセリフでしょうか。
その邪心が、公務員法に抵触しても天下りを主導したり守秘義務違反を犯したり、淫行疑惑を持たれても出会い系バーに足しげく通っていたのでしょうか。


そんな人間を「人格者」と評価する松尾貴史。
安倍総理が、個人的に嫌いなのは仕方ないとして、こういう感情的な人は、冷静に物事を判断できないのでは。
[ 2017/07/16 11:21 ] [ 編集 ]
松尾貴史(通名使用帰化在日韓国人疑惑)も、①韓国兵役義務、②韓国納税義務を果たしていません。
松尾貴史(通名使用帰化在日韓国人疑惑)も、①韓国兵役義務、②韓国納税義務を果たしていません。
-----

松尾貴史(通名使用帰化在日韓国人疑惑)も、①韓国兵役義務、②韓国納税義務を果たしていないので、日本国に対する韓国式破壊活動することを今すぐやめて、日本国籍を今すぐ放棄して、韓国へ今すぐ帰還して、①韓国兵役義務、②韓国納税義務を今すぐ果たして下さいね。
[ 2017/07/16 11:53 ] [ 編集 ]
日本人の覚醒を強く望む
【共謀罪で逮捕しちゃうぞ】 松尾貴史 & 福島瑞穂 (従軍慰安婦詐欺)
【NHK ワールドウォッチング】必見!
https://www.youtube.com/watch?v=3qa3k9j4Nig

松尾貴史といえば若い頃からNHKあたりで姿を見せるようになり
上記の映像等、目にすると当時の匂いが伝わってくる。

小学2年の頃(昭和32年)我家にテレビ(白黒14型・6チャンネル)が登場。
ラジオの赤胴鈴之助やビリーパックからアメリカ製テレビ番組の虜になった。
金曜日の三菱ダイヤモンドアワー力道山のプロレスともなると村中の男どもが
やってきて!ルーテーズ、ボボブラジル等舶来選手との熱戦に狂喜する。

密林の王者ターザンに始まり、ライフルマン、名犬リンチンチン、ローハイド、
ローンレンジャー、ララミー牧場etc.西部劇のオンパレード。
戦後の復興に向け日本の企業が世界に立ち行く時代であった・・

NHKといえばハイウェイパトロール、リッキーネルソンなどが
アメリカを教えてくれた。中島弘子司会の「夢であいましょう」
今考えるとまさしく日本人白人文化洗脳番組であった。
坂本九の「上を向いて歩こう」の永六輔、中村八大。
アメリカンポップスの日本語版、弘田三枝子、中尾ミエetc.
ロカビリー、ロックンロールと続いてゆく。

田舎はまだ土ぼこりの道路、乗り物は自転車やリヤカーだった。
やがてホンダのカブ号やスバル360が走り我家にも洗濯機が・・・
こうして田舎の少年はアメリカやフランス、イタリア映画に魅かれてゆく・・・
そうした時代に戦後占領政策によってメディアやマスコミに関わることは
ステイタスであり目隠しされ国家観も希薄な日本人もどきが世の趨勢を
仕切って来たのだろう・・・・
いまの経済、政界、マスコミ。そこに付け入って来た在日の群れ・・・
日本人の覚醒を強く望むこの頃です。
松尾貴史?口先三寸、世の中この程度の者が・・・
[ 2017/07/16 11:55 ] [ 編集 ]
つづき
加戸知事のように、嫌いを擁護する発言は評価にすら値しない、存在をも認めない、左側の典型のような人ですね
[ 2017/07/16 12:03 ] [ 編集 ]
ほんまにキッチュな松尾
芸能人は反日在日サヨクの操り人形か。
ご指示のとおりに言います、書きます、ディスります。
都合の悪いことは見えない、聞こえない、考えない。
無責任なばかほど操りやすいという典型パヨクといえましょう。
[ 2017/07/16 14:03 ] [ 編集 ]
サヨクタレント&隠れさよく
ちょこまかとしたサヨクタレントがちょこまかとテレビの画面からお茶の間に声をはっする。

大体がなんかソフトな印象を与える人物たちではあるが、これらが『さよく・在日連合』の中国で言えば報道官的役割を担っている朝日、毎日などマスメディアのお抱えである。

まして古舘伊知郎の事務所所属などであれば確信犯そのものと言えるでしょう。

松尾貴史

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B0%BE%E8%B2%B4%E5%8F%B2

ここに左利きとあるが、まさに「左利き」の人物です。

この人物に近いのがもう少し単純ではあるが、室井佑月、高木美保などで、確信犯度合いが徐々に落ち、朝日、毎日などに忖度して番組の空気を読んで頷いたり、似たコメントで番組参加しているタレントまでの範囲を持っています。
その確信度合いの高い者が、松尾と言ってよいでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A4%E4%BA%95%E4%BD%91%E6%9C%88

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9C%A8%E7%BE%8E%E4%BF%9D

この様なサヨクタレントの範疇に関口宏、古舘伊知郎、石田純一、笑福亭鶴瓶、美輪明宏、渡辺えり、ビートたけし、坂上忍、やくみつる、太田光、尾木直樹、土田晃之、大竹まこと、うつみ宮土理、小倉智昭、テリー伊藤などが含まれます。

確信度合いには幅が有りますが、主に彼らの使命は庶民的雰囲気を出しながら、コアなさよくの補強的役割を意識的、無意識的にその役割を担います。
そしてテレビメディアがさよく・在日連合組織の主要な一員であるだけに保守系タレントは時に干されたりします。

ところでその連合の一員、フジテレビの中では珍しく割合まともな今朝の「新報道2001」ですが、どうも本日は左に偏った人選であったようで司会的屋役割も兼ねている平井文夫フジテレビ報道局解説委員室上席解説委員が出演者の隠れさよく片山善博の「菅官房長官は安倍首相との距離を取れ、支持率回復の為反安倍政治家を登用しろ」とかのコメントに一言「結局安倍内閣潰しではないか」的な発言で反論していました。

この片山は官僚あがりですが、よくテレビに出て公平を装った解説をしたりする評論家の伊藤惇夫共々隠れさよくの一人と見れなくもないように思えませんか?
勿論目的は局が一般日本人の思考にインプットするための要員です。

そして、その「新報道2001」に自民党の村上誠一郎元行政改革担当相も出演していましたが、安倍内閣の次回の組閣に入閣させろと、安倍首相を後ろから撃つ議員を推薦していた出演者もいました。

※必見
https://www.youtube.com/watch?v=z9eZmmpL3fQ


http://www.sankei.com/politics/news/170716/plt1707160010-n1.html

http://www.sankei.com/premium/news/170716/prm1707160010-n1.html

[ 2017/07/16 16:38 ] [ 編集 ]
暗黒メディアとの戦い
青山氏と加戸氏のやり取りを以て、事の真相に迫ろうともせず、
ひたすら前川擁護のために嘘を吐き散らす芸人ですか。

動画を見て明らかと青山氏を揶揄するなど
真逆のことをしらっと述べ立てる神経の持ち主だからこそ、
反日反安部政権の毎日新聞が使い勝手がいいと
コラムを持たせているのでしょうが。
反日思考で金儲けとは、いつもながらの、
メディア業界のお粗末な人ですね。

言論テロ集団メディアにしてみれば、
嘘物語を創造し、毎日、毎回、総がかりで、
繰り返した結果、支持率が急落したことで、
してやったりと、祝杯をあげているところでしょう。

ネットをしない新聞やテレビが情報源の国民には、
まだまだ、効くものと味をしめた世論誘導の
プロパガンダ集団が、一層、打倒安倍政権、憲法改正絶対阻止と
勢いづいていることに、真実を知る国民は、
どれ程、口惜しい思いをしているものでしょう。

真実も何も知ったことかの不正義がまかり通る、
(青山繁晴氏言われるところの)
真昼の暗黒国会ならぬ真昼の暗黒メディアに支配される
日本から、いち早く抜け出さなければと思います。

諸外国は元々、テレビや新聞は信用せず、
大新聞であるから間違いないだろうと、
思ってしまう日本人とは大違い。

日本人は真面目で概ね性善説で生きて来た国民。
新聞やテレビで刷りこまれると、うかうかと乗ってしまう。
洗脳が効きやすい故に、スパイ防止法もなく、土地や水源が
買われ放題で、法的整備も出来ていない無防備な国家には、
工作員の侵入すら、くい止められない現実です。

国籍の怪しげな国会議員、国益に反することに躍起になり、
日本弱体化に手を貸す国会議員がいて、日本の守りは
緩くなるばかり。

こうした日本を衰亡から、亡国へと導くメディアや
国家を毀損する連中に、真っ当な日本人の意志の力を
見せつけるしかないのですね。

覚醒した者から、精神的武装をですよね。
実際のところ、非力な私ですが、
気持ちだけは、確かにと思うのです。
[ 2017/07/16 17:04 ] [ 編集 ]
松尾貴史
この人は在日です。帰化したのかどうかしりませんが。
若い頃、彼とお付き合いしていた女の子のお友達から聞いたのですが、
彼は韓国人なので女性の両親から結婚を反対されたそうです。
[ 2017/07/16 17:09 ] [ 編集 ]
現実を見ろ!
森友ややれ加計だとかいってる間に


中国の軍艦が津軽海峡や対馬に領海侵犯してきてるんだよ。


うちの親父もそうだけど目が悪いし耳が悪いから

TVを見て情報を得てるとか言ってるけど


自分で知ろうとしないでただボケーッとTVを見てたら、


馬鹿になるよ。
[ 2017/07/16 18:18 ] [ 編集 ]
しらけ世代の「脆弱さ」は団塊世代よりも酷い
松尾貴史は、57歳みたいなので、年齢的には「しらけ世代」と言った所でしょうかね。

しかし、この世代、やくみつるなどもそうですが、団塊世代のような「行動派」とは対照的に、「リベラルを装った隠れサヨク」が大勢存在する世代だと思っています。

団塊世代と違って、保守的な人も多数いますが、それとは別に、学生運動の失敗と共産主義の精神的支柱であったソ連末期の崩壊を見届けながら、「左翼の衰退」を「認めたがらない」、一種の「小児病」のような存在が多くいるんですよね。

彼らは、学生運動などの過激な手法が世間に支持されないとなると、「駄々をこねる未熟な餓鬼」のように、「世間に対して恨めしい言葉」ばかり吐くようになり、「精神がねじけまくる」という、悪循環に陥っているような気がします。

「理論的な側面、および行動力は、明らかに団塊世代にも劣る一方で、何だかよく分からない何がしたいのか分からない連中が増えてきた境目」という印象が特に強い世代ですね。

この松尾なる人物も、団塊世代の「ガチ左翼」に比べると、思想的な者があまり感じられず、「幼稚な反安倍」を唱えているだけで、テレビ局に利用されているだけのような感じがしますね。

団塊世代の行動派などは、「マスゴミ」に利用されるような形で行動していたわけでは無いと思うのですがね。

結局、あれだけ革命の「夢(?)」を見ながら、日本中で暴れ回ったにもかかわらず、「金」とか、「資本主義」といった、彼らが本来「敵視」している存在の「言いなり」になってしまっているというのは、彼ら、戦後左翼の哀れな末路なのだろうと思いますね。

[ 2017/07/16 20:43 ] [ 編集 ]
左翼と現行憲法と我々は無理心中させられたくない by野口裕之氏
昨夜土曜日のチャンネル桜の討論
【討論】対中戦争の覚悟を!緊迫高まる東アジア世界[桜H29/7/15]
https://www.youtube.com/watch?v=cMy84kUVM5c を
ご覧になっていただきたいと思います。

今回は、チャンネル桜の討論は、初めての
我那覇真子さんが出演されています。
錚々たる専門家の中で、発言機会は少なかったものの、
実際の行動の中から、生れ出た重みのある言葉は、
心が動かされるものでした。
「自衛隊員が守る価値のある国民かと思う」
これには、はっと、胸が衝かれるものです。

「日本の最大の敵は日本人だと思う」
まさしく、そうですね。

産経新聞の宮本雅史氏の、中国の間接侵略と言う
厳しい現実に晒されている只今の日本の具体的な報告には、
以前からチャンネル桜の他番組でも警鐘を鳴らされていたものですが、
刻々と迫る事態の深刻さに戦慄を覚えるものです。
坂東忠信氏の中韓の日本攻撃の子供向けの反日洗脳映画の報告も
同様の空恐ろしさです。

今の日本が既に、情報戦といった戦争に巻き込まれているとの
認識に立ってのパネリストの方々の論考は、
現実の日本の置かれた姿を知るうえで、国民に是非とも
知っていただきたいと思える貴重なものでした。

最後に、書き留めておいた
産経新聞記者野口裕之氏の印象深い言説です。

「返す返すも残念なのは、大東亜戦争に敗けたこと。
戦争は、勝たなければいけないが、
 武運つたなく敗れた時は、総括しないといけない。
そこで洗いざらいアメリカの洗脳を含めて。

 反省なんかする必要はないので、総括はするべき。
 国権の発動と発動がぶつかり合いが戦争なのだから。
 100戦争があったら、200の言い分がある。
 反省は必要ありません。

 日本は反省ばかりしている。
 敗けっぷりが悪すぎる。
人道、人道と言いながら、遺骨は放置して平然としている。

 このままで行くと、左翼と現行憲法と
 我々、無理心中させられる。僕は御免です。
 国の主権と生命、財産を守れない憲法など機能停止ですよ。
無視すれば良い。無理心中は嫌ですよ」


今日の記事のような左翼マスコミ連中と
主権国家の憲法ともいえない現行憲法を
改正することもなく、おし抱いたまま
無理心中は、したくないと思うのは、野口氏の仰るとおりです!
本来の独立国家を望む日本人ならば、皆、同じくするものです。
[ 2017/07/16 23:35 ] [ 編集 ]
奈落の毎日系
松尾貴史が何者なのか?wikiの書き出しにある肩書きを見て、何者でもないことは分かりました。
マルチタレントの様に肩書きは増やしても、その一分野だけでも一流と評価される功績はなさそう。
小起用なのだろうけど安倍総理には多く及ばない三流人間と見ました。

少なくとも一国の政治を担って、一歩でも国と国民の安全方向に進めようとする人々に「まっとうな仕事」を云々するなら、自分の論拠の一貫性ぐらいは保っていろ!と言ってやろう。

果たしてこの松尾、その閉会中審議の全体を通して観たのだろうか?という疑問が先に立つ青山議員貶めの言。
本当に真面目に見ていたら、自分の言葉の重ね塗りで恥を晒しているのは松尾自身でしょうに。
「角度をつけた」材料を備えてもらって雇用者の気に入る文言を並べるぐらいの簡単な作業程度はできるのでしょう。


今朝6時半頃に新しいニュースはないか、とTVを点けたらBSのTBSで石破、地上波TBSで中谷元。
今日一日悪いことがありませんように、と祈ってしまいました。

TBSや毎日新聞の常連になったらオシマイだわ。
[ 2017/07/17 00:02 ] [ 編集 ]
毎日ーTBSライン
こいつはUFO否定派として韮澤さんを叩くことで、TV局から仕事もらえることで味をしめ、今や半島びいきの新聞でアベ批判という望まれた役割を忠実にこなすという、ただの三味線芸人。
そういやキッチュと名乗ってた頃のしょーもないモノマネやってた頃と大して芸風は変わってないw
[ 2017/07/17 08:56 ] [ 編集 ]
マスコミの常連さんて、全て調べて有識者としてコメントを言わせる! マスコミの資格をもっと論争することを望む!
[ 2017/07/17 12:14 ] [ 編集 ]
そのうちミンシン系で立候補するよ
ニッパチ丸出しのぱよちん電波芸人松尾は自分を識者と勘違いしているようだ。
おそらくそのうち、ぱよちん集団ミンシン系の比例区候補者として国政選挙に
名乗りを挙げるだろう。ぶち落として、こやつの立ち位置を分からせてやりたいね。
[ 2017/07/18 11:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: