私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  左派メディアの剥き出しの倒閣運動 ~ 負けられない戦が始まっている

左派メディアの剥き出しの倒閣運動 ~ 負けられない戦が始まっている

← 応援クリック、ありがとうございます。

 産経新聞社政治部編集委員の阿比留瑠比氏が「そこまで言って委員会」に出演し、東京新聞の安部叩き指令を暴露した。

「東京新聞の記者からね、直接聞いたことあるんですよ。安倍さんが2回目の総裁選に受かって次期総理になるっていうことがほぼ間違いないと言われてる頃に当時の東京新聞編集局長から号令が編集局にかかって「安倍なんか取材しなくてもいいからとにかく安倍を叩け」という指令が出たと。これのどこがジャーナリズムなんですかね?私にはさっぱり分からない。少なくとも産経新聞は絶対にないです」


 この発言がネットで拡散され、保守派からは東京新聞への批判が、反安倍派からは阿比留氏への批判が飛び交い、交錯している。Twitterで日々醜態をさらし続ける東京新聞名物記者の佐藤圭は、「そんな指令は聞いたことがない(笑)」と呟いているが、阿比留氏本人も負けてはおらず、Facebookで、「ちなみに、東京新聞の件は、同僚記者も別の東京新聞記者から同様の話を聞いたと言っていました。私が聞いた際も、同席者は5人程度いましたしねえ…。」と返している。

産経新聞阿比留編集委員


 朝日新聞が「安倍の葬式はうちで出す」なら、東京新聞は「取材しなくてもいいからとにかく安倍を叩け」ということか。ひょっとすると、毎日新聞にも、NHKや民放テレビ各局にも、同じような社訓があるのかもしれない。たとえ明文化されていなくても、報道姿勢を見ているだけで、彼らの報道における志向性が「打倒安倍政権」であることは明白だ。

 ひとたび安倍政権に対する不支持率が支持率を上回っただけで、国民がすべて安倍政権にそっぽを向いたように報道する。つい一か月ほど前まで、安倍政権の支持率が5割前後を維持していたことなど、まるでなかったことのような報道ぶりだ。政権が支持率を落としたのは、安倍総理の「こんな人たち」を針小棒大に報道した報道もあるが、森友や加計など、本質的な問題をわきに置き、ただ単に安倍総理を貶めるための報道をしたことの影響が強いと思われる。

 彼らの報道は、事実よりも彼らが軸足を置くイデオロギーを偏重するため、自ずと偏向報道になるのだ。私は朝日の朝刊を確認していないが、阿比留氏によると、朝日の1面~3面、社会面などで、加戸前愛媛県知事の発言内容どころか、国会で答弁したことさえ触れられていないそうだ。加戸前愛媛県知事の答弁こそ、加計問題が「問題ですらない」ことを端的に指摘していたが、その問題を手放すことができないメディアが加戸氏の答弁を葬った。朝日の読者には、青山繁晴氏の質疑も、加戸氏の答弁もなかったことになってしまった。

 昨日コメントでいただいた通り、阿比留氏は虎ノ門ニュースに出演し、こう語っている。

阿比留「朝日の幹部たちはもう倒閣運動を隠してないみたいですね。私は直接聞いてないけど、関係社幹部が直接本人から聞いた話によると、「うちが倒れるか、安倍政権が倒れるかの勝負だ!」みたいなことを言ってるようですしね。」


 マスメディアはよく、第四の権力と言われる。その権力を倒閣という政治活動に使うなら、それは権力の乱用というもので、彼らに政治権力を批判する資格はない。左派メディアはいま、総がかりで壮絶な安倍潰しをやっている。一般の読者、視聴者は、ただ真実を知りたいという理由でマスメディアに情報を頼るが、その情報の上流にいるメディアが、さかんに社是の刷り込みを行い、お客を洗脳しているのだ。

 すでに、真実派と左派メディアは戦争状態にあるといって良いだろう。将来世代のためにも、この戦には、絶対に負けるわけにはいかない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/12 07:08 ] メディア | TB(0) | CM(17)
マスメディアで信頼できるのは産経新聞のみ。フジもBSはましだが、グッディなど偏向そのもの。自民党はネットを利用すべし。
[ 2017/07/12 09:01 ] [ 編集 ]
良い傾向ですね。
流れは変わらないのでパヨク新聞の凋落は止めることができません。老害評論家の田原君も発狂するかな。楽しみだね。
[ 2017/07/12 09:02 ] [ 編集 ]
もう内戦状態かも
日本国内は今、血を流さない内戦状態なのかも。
これがさらにエスカレートしたら、血を見ることになりそうだ。
[ 2017/07/12 09:27 ] [ 編集 ]
ワイドショーは茶飲み話
ワイドショーでは、毎日加計学園のことを取り上げ、安倍政権の批判材料にしています。
ネットを見ない、80近い私の母は「安倍さんは、変わった」と言っていました。
自分から情報を取りに行かない人たちからすると、ワイドショーや報道番組(ニュースショー)が大きな情報源であることは、間違いないでしょう。
民進党の江田氏は「政治の浮沈はワイドショーで決まる」といったそうですが、哀しいかな現実はそんなところなのでしょう。
小泉元総理は、郵政民営化の際、いわゆるB層対策を工夫したと聞きました。
B層は、正にワイドショー層。
安倍政権のメディア戦略は、ネット世代に重きを置いていて、テレビ世代には手薄な印象を持ちました。
そうは言っても安倍政権には、本懐を遂げていただくべく、もう少し頑張っていただきたい、いやいただいてもらわなければ困ります。
何の力もありませんが、祈る思いで応援したいと思います。
[ 2017/07/12 09:55 ] [ 編集 ]
加戸前愛媛県知事の証言を「変化の潮目」にすべき
閉会中審査後、ネットの反応は明らかに変わってきています。それまでは、加古学園騒動における安倍政権に対するネットの評価は是非半々ぐらいであったと思いますが、加戸氏の証言を境に、「今までは官邸が悪で前川さんが正義だと思っていたけれど、その見方が間違っていたことが、加戸前知事の証言でよくわかった。」とか、「加戸さんの証言で、文科省や獣医師会が如何に理不尽な抵抗勢力であったことがよくわかった」というコメントが明らかに増えています。

この現象は、豊洲市場における石原元都知事の記者会見を境にネットの反応が変わってきたことと類似していないでしょうか。あの時も、石原氏の記者会見以前では、ネットでの石原氏の評価は是非半々ぐらいでした。しかし、記者会見後、テレビ・新聞等の既存メディアが「石原氏の責任逃れ」と石原批判の大合唱を相変わらず続けていた一方で、ネットの世界では、石原氏の証言に理解を示すコメントが徐々に増えていきました。そして最終的には、既存メディアもネットの意見を無視できなくなり、次第に移転を決断できない小池都知事批判へと舵を切らざるを得なくなりました。もっとも、肝心の都議選では、自民党の「ある意味での自爆」もあり、自民党は大敗を余儀なくされましたが、、、、。


今、既存メディアであるマスコミの最大の恐怖は、加戸氏の証言映像の拡散です。加戸氏の証言映像には、安倍政権に対し批判的になった世論の流れを変えてしまうほどの起爆力があるのです。小生らにできることは、加戸氏の証言映像を隠蔽したマスコミ各社に「なぜ加戸氏の証言映像を取り上げないのか」と怒りの声を直接ぶつけることとともに、この加古氏の証言映像をひとりでも多くの人に拡散することだと思います。
[ 2017/07/12 10:49 ] [ 編集 ]
安倍首相の政治運はヒラリーフライング会談あたりから徐々に下落トレンドに入っていて、モリカケ都議選で致命的に打ち筋を間違えた。安倍さんはいつも情に流されて失敗するねw。右寄りがいくら不公平な報道を訴えても、一旦ここまで逆風になると中間層は耳を貸さないよね。
幸いなのは株価も地価も堅調。全般に経済が良いこと。これが支持率30割れをかろうじて防いでいる。ここで、思いきった驚天動地の内閣改造ができるかどうかでしょ。マスコミの予想の範囲内の改造じゃそれこそ終わりの始まり。
[ 2017/07/12 14:43 ] [ 編集 ]
戦後体制の終焉
だいたい文科省などという役所は、三等官庁と言われて、公務員上級職合格者の上位陣が行くところではありませんでした。

成績優秀者は何といっても花の大蔵省(財務省)通産省(経済産業省)警察庁に進むのが通例でした。理由は明確で、出世のスピード感が違うのです。日本国家の要は税収と治安の確かさですが、財務省も警察庁もそれぞれ二十代で、税務署長、警察署長を経験します。組織の裾野の広い両省では、上級職合格者は最初から貴種扱いなのですな。


それに引き換え文科省なぞは学校行政に因縁をつけるの仕事で、その許認可や補助金を武器に天下り後のポストにありつく位しか楽しみがないのです。その楽しみを奪われた元事務次官殿の怨念がかくも激しいのも理解できないことではありませんが、さもしさ感もひとしお。事務次官ともあろうものが連夜、出会い系バー通いとは。事務次官ともなれば女将が三つ指ついて玄関にて出迎えてくれるような店に出入りするのが普通なのですがね。この辺りも、三等官庁と揶揄される所以です。

意外にも、加戸前知事も文科省出身なんですって。加戸さんのように志操が固く吏道を外さない人も文科省にいたことを知って、逆に驚きました。

朝日・毎日は加戸さんの証言を一言も報じなかったそうですね、前川助平の言一色という露骨な世論誘導を鮮明にしています。腐朽官僚と守旧メディアの組み合わせは、期せずして戦後体制とは何ものかを、私たちに如実に現しているのではありませんか。

自衛隊のF15戦闘機が米軍爆撃機の護衛につく訓練を重ねて、日本の旗色は鮮明になっている現在、(野党4派はモリカケ騒ぎに忙しくて、すっかり見落としておりますが)
腐りきった日本の戦後体制は意外な形で、終焉を迎えるかもしれませんですよ。
[ 2017/07/12 18:24 ] [ 編集 ]
悪魔のマスコミ 新聞もテレビも情報壟断の犯罪者
鋭い筆致で書かれた記事には管理人様の熱を感じます。
諸悪の根源は、マスコミです。

本当に長い間、日本国民はメディアに翻弄され続けました。
ここまで来ると、メディアが悪魔化した感じがあります。
中韓の外国勢力の介在した安倍おろしの狂騒は、
一般の常識も道徳も通じないアウトローの世界を見るようです。

情報壟断の犯罪者集団とも言えるマスメディアの横暴は、
そのつけが、みんな、国民に跳ね返ってくるのですから、
黙っていては、増長させるだけ。

最後に締めくくられたように、
まさに、将来世代のために、負けるわけにはいきません。
陰険極まりない、マスメディアによって、
むざむざと、亡国の道を歩まされる日本であってはなりません。

中川昭一氏のことを思い出すだけに、かたく、そう思います。
[ 2017/07/12 20:39 ] [ 編集 ]
『ジャーナリズムの腐敗』。。。米国代表はCNN、日本代表は?
【DHC】7/12(水) 井上和彦・ケントギルバート・居島一平【虎ノ門ニュース】
https://www.youtube.com/watch?v=9rojRUPrxkw  (50:20~)

ケントさんが、「CNNのフェイクニュース騒動」について解説しています。50:20辺りからどうぞ。。。
----------------
トランプ大統領がフェイクニュースとして非難していたCNNですが、代替メディアがその内部に潜入記者を送り込み、ロシア虐めの真相を隠しカメラで撮影し、それをネットに拡散し一気に広まりました。
CNNといえば、一応はアメリカの主要メディアの中でもMSNBCやFOXと並んでトップ御三家です。選挙期間中からトランプ政権を執拗に叩いていたのですが、なんと先日、それが『視聴率のため』、『金儲けのため』だったと暴露されました。

(長くなりますが、以下、ネットから抜粋しました)

【CNNプロデューサーのジョン・ボニフィールドの隠し撮りコメント】
潜入記者:「つまりロシアの件は、ちょっとおかしいんじゃないかと?」
ボニフィールド:「万が一ロシアが選挙を揺さぶろうとしたとしてもさ、我々だって向こうの選挙を揺さぶろうとしているんだ。CIAなんていっつも仕出かしてやがるじゃないか。あっちこっちの政府を操ろうと展開しているだろ。ゲーム【のカラクリ】を知っているからこそ勝てるってことだな。きちんとやればいいのさ。彼女[ヒラリーのこと]はきちんとやらなかったんだ。」
潜入記者:「じゃあなんでCNNって毎回ロシアがどうのこうのって言うんですかね。」
ボニフィールド:「視聴率のためだよ。【中略】このところ、うちの視聴率は凄いんだ。」

ボニフィールド:「それでうちのボスは……これ言っちゃマズイんだろうけど……うちのボスが昨日、歯の撮影の話を俺たちがしてたらさ、『君たちには我々が何と戦っているのか理解しておいてほしい』って。【中略】 そしてCNNのCEOが内輪の会議で言ってたんだけどさ、『パリ協定に関する報道は皆よくやってくれた。だがその話はもうお終いにしよう。ロシアの件に戻ろうじゃないか』って。【中略】」
潜入記者:「つまり全ては視聴率のためだということですか。」
ボニフィールド:「商売なのさ。一般人が言うところのメディアには倫理があるとか云々の類って……。まぁジャーナリズムの学校でかつて語られていたような、そういうお子ちゃまな倫理感なんてものは、そりゃあさ、可愛いよね。あっちはホント可愛いよ。【でも】こっちは商売なんだぜ。特にケーブルニュースな。ケーブルニュースはニューヨーク・タイムズじゃないんだ。NBCニュースですらない。だってNBCニュースは視聴者が一晩で2億人だけど、ケーブルニュースは100万程度だろ?だから金儲けするためには何だってやるのさ。と思うよ。要するに俺はニュース業界を愛しているわけ。でも物凄くシニカルなんだ。同僚の大半がそうさ。俺【みたいな見方をしているの】は一人じゃないってこと。」

②お次は車内でのコメントです。

ボニフィールド:「トランプがあれこれ詮索されるのを見たいって望んでいるCNNのリベラルな視聴者が沢山いるんじゃないかな。しかも、もしそんな態度をうちがオバマ大統領に対して取っていたらだ、そしてオバマのやることなすこと何もかもをドナルド・トランプにやっているように詮索していたとしたら、視聴者は離れて行ったと思うね。うちがオバマを攻撃していると思われただろうから。でも昨今のうちの視聴者は――うちの視聴者全員が超リベラルだって言っているわけじゃないけど、ただそういうのが大勢いてさ――それで……。」
潜入記者:「だからトランプは金になるということですか?」
ボニフィールド:「今、トランプは金になるね。」

③CNNの社屋内でのコメントです。

潜入記者:「だけど正直言って、ロシア叩き全体がでたらめだって思っていますよね?」
ボニフィールド:「でたらめかもねぇ。だってさ、基本的には今って大半はでたらめじゃん。それにさ、うちにはまともな証拠なんて一つもないんだし。だけど「調査は続行中だ」とか言うわけ。思うんだけど、何か見つかっていたとしたら、皆に触れ回っているはずだろ。そうやって【巷の】リークは起こっているわけじゃん。【中略】まともなものを持っているならさ、とっくにリークしてるって。【中略】
【うちの記者たちは】何も持ってないとは思うんだけどさ、追及し続けたいみたいなんだ。だから大統領が『そりゃ俺に対する魔女狩りじゃねぇか』って言うのも頷けなくもないよ。動かぬ証拠ゼロだし、真っ当な証拠ゼロだし。」
--------------------

この件ではCNNの3人の記者が辞任しましたね。
エリート・ジャーナリズムは世界規模で末期症状です。

倒閣運動を隠さない朝日の幹部、きっと毎日も似たようなものと思いますが、これは云うまでもなくジャーナリズムとしては末期症状ですね。。。最早隠せないから開き直っている!。。。ので見境ないですよね。

でも、こんなことは長くは続かないでしょう。。。!!


[ 2017/07/12 21:14 ] [ 編集 ]
レッドバロン様のコメントに
意味深ですね。
最後に書かれている「意外な形」とは?

違ってたらすみませんが、私も残念ながらそう思います。

そうなるとマスコミの手のひら返しがありそうで、それが又怖い気がします。
ほんの百年前から見ても、付和雷同的な面が多々ある私たち日本人ですから。

そうならない事を祈っています。
[ 2017/07/12 22:34 ] [ 編集 ]
専用電波
九州被災地では警察、消防隊が夜明けから陽が落ちきるまで、自衛隊は24時間体勢で行方不明者の捜査や孤立箇所の消滅に尽力され、場所に依っては海保までが動員されているそうですのに、国益意識の欠片も無い反安倍メディアの連日の醜態。
この人達は一体何の為に生きて居るのかしら?

TVはニュース以外観ませんが、それでも耳にする気障りな言葉には、末田先任軍曹殿ではなくても貝になりたい気分がチラチラ頭を擡げます。負けられんぞイ。

最近の産経新聞でも記事に依っては「加計問題で盛り上がった国会」などと、言葉遣いに気を付けろ!と云いたくなる事も増え、阿比留氏の様な筋ある記者は少ないのだろうと思うしかありません。

麻生内閣の時にもメディアの歪曲捏造報道が過ぎて、ネットの一部に「政府発信用のテレビ局を創れないものか」という提案がありました。
その時には政権が反日勢力に盗られたら、その報道も一緒に反日になるだろうと思いましたので、私は余り賛成では無かったのですが、ここまで総メディアで安倍叩きされますと、やはり政府と国民を直接繋ぐ手段設備が必要だと思い直しています。

連日一日中の報道でなくても、政府の意図する政策の報知や民間メディアが流す虚偽への反論と説明。編集やねじ曲がりの無いストレートな政府の声を国民に伝える方法があれば、と考えます。

民間電波への対応を正そうとすれば、彼らの反抗虚偽の凄まじさは想像出来ますし、それに時間と精力を使うより、政府専用電波を設ける方が良いと思います。

テロ等準備法が11日に施行となりました。
これで同夜国際組織的犯罪防止条約締結となって、国連加盟国、地域188番目の締結国です。万全ではなくても、第一歩です。
[ 2017/07/13 01:26 ] [ 編集 ]
こはるさんへ
>九州被災地では警察、消防隊が夜明けから陽が落ちきるまで、自衛隊は24時間体勢で行方不明者の捜査や孤立箇所の消滅に尽力され、場所に依っては海保までが動員されているそうですのに、国益意識の欠片も無い反安倍メディアの連日の醜態。この人達は一体何の為に生きて居るのかしら?

…災害が多い近年、警察や消防、自衛隊に、現地で被災された方々の通報の仕組みを、インターネットなど活用して、新たに構築する必要があると思う。

例えば、住基ネットを用いた国営SNS。住基カードの番号から紐づけされたアカウントを作成できるような国営SNSを開設する。当然に、行政側も公式アカウントを持ち、専用窓口に通報メッセージを送信することで、災害救助にも対応できるようにする。国営SNSの対応のために、国営コールセンターも開設する。災害の救助要請のほか、行政への目安箱にもできる。行政側は、実名の個人情報を知ることができるが、日本国民同士は、ニックネームでやりとりする形も可能だろう。

現状、インターネットの環境を、活かしきれていない。それは、安否確認ひとつをとっても、訪問する前に、メールの返信があるかどうかで、確認はできるはずだ。

高齢者の孤独死、振り込め詐欺の防止、子供のいじめ対策などにも活用できるし、選挙の電子化に応用すれば、経費の節約にもなるかもしれない。国内企業には、一部情報を開示することで、商用利用も可能にできるだろう。

あとは、防災カメラのようなものを、もっと設置したほうがよいと思う。現状、犯罪者の逃走経路やコンビニ、空港など要所要所に、防犯カメラは設置されている。しかし、防災カメラのようなものは、要所要所にあるとはいえない。川の堤防が決壊していないかどうかを見にいったり、先行きのわからない状況における救助活動は、二次災害に巻き込まれる危険性が高いのだ。防災カメラは、固定の定点カメラの他、ドローンによる上空からの撮影ができるように、撮影担当の係員を配備することで、定点と上空の防災カメラから送信された動画情報を、警察、消防、海保、自衛隊などへと、リアルタイムで送信でき、被害状況の把握、対策の立案、救助復旧作業、という流れを、もっと早くできるようになるだろう。
[ 2017/07/13 08:37 ] [ 編集 ]
フェイクニュースを垂れ流す憎きNHK
一昨日、テレビを見ない私が頼りになるのは、
虎ノ門ニュース、チャンネル桜、
そしてこの私的憂国の書の記事、
ここに投稿される方々の意見となります。
と書きました。

更に、西村幸祐氏のツイッターから始まり
石平氏、百田尚樹氏、ケント・ギルバート氏、中山成彬氏、
杉田水脈氏、我那覇真子氏まだまだ数多くの方が
発信されている事柄を毎日のように閲覧していることを
付け加えさせていただきます。

新聞とテレビの情報だけで生きていた以前の私としては、
今日は、遥かに隔世の感があり、それはメディアや国際社会の裏に
うごめいているあくどさ、酷さをこれでもかと知らされることでした。

同時に、独立国としては考えられない占領憲法、
特に憲法9条と言う他国からの戦争を誘発する条文を未だに持ち、
多くの国民の危機意識は薄く、国の守りを忘れたひ弱な日本の姿が
浮かぶばかりで、今更ながら暗然としたものです。

無論、私がどこで、情報を取ろうと人様には関係ないことですが、
ここ最近、メディアの報道に疑念を持たれ始めた方には、
情報弱者から少しは抜け出た私としては、こうした情報源を
お勧めしたい気持ちが強く働きます。

そこで、ツイッターを閲覧する中でも情報の速さと
多様性に於いては突出していると思われる西村幸祐氏の
今朝13日未明に発信されたものを広く拡散出来ますようにと
お伝えします。

西村幸祐‏ @kohyu1952 10時間前

よく解る!フェイクニュースの決定版。
安倍首相がG20から帰国する直前にNHK解説委員、島田敏男は、
誰にでも見破られる、明らかな嘘を、堂々と、
皆さんのNHKを代表して公言した。
島田は中国共産党に生命の脅迫でも受けているのか?
それ以外に考えられないような、鮮明過ぎるフェイクニュースだ。


 ツイートの後に
 島田解説委員の発言の動画が張られているので文字にしています。

「国家戦略特区という新しい仕組みを、真っ先に恩恵を受けたのが、
総理大臣の親しい友達だったということは、国民は釈然としないものを
感じています」


よくもぬけぬけと言えたものです!
これだから、NHKは信用ならない。
茶の間に馴染みのNHKの解説委員島田敏男が
そのNHKという看板を背負って、抑えた口調で
ものを言うのですから、大半の国民は騙されます。

反日国の人間を雇い入れ、社屋に中韓の報道機関が入り、
必要以上に反日国の意向を窺い、その国の不利になることは隠蔽し、
世論誘導して日本を毀損するNHKなど、不必要!
公共放送とは、名ばかりの反日メディアの象徴でしかない
信用に値しないNHKなど解散して欲しい。

税金まがいに視聴料は取り、更に税金をつぎ込んで、日本の為ならず。
国際放送など、こんな連中に任せていたら、国家は衰退するばかり。
NHK、こんな放送局など解体しかない。

これだけ怒り心頭のNHKに実際、テレビを見ない私
(今回の災害で、こはる様からいただいたコメントから
 初めて豪雨のことを知り、慌ててスイッチを入れた位、
 テレビを付けないことが常態化しています)が、
年2回、計25,460円も払っている自分にも
腹が立つものです。
[ 2017/07/13 14:42 ] [ 編集 ]
なつこ様
安倍内閣の経済特区で承認された案件は一ヶ月前までで242件だったような記憶です。
数字にからっきし弱いモノで、確かではありませんが、加計学園一件ではないし、真っ先でもないことは確かです。
というより加戸前知事の証言にもある、民主党政権時から(形だけでも)「早急に検討」扱いにされた物件でしょうにね。

もうNHKは民間反日報道局と同じく区分されて当然のテレビ局ですから、視聴料金の集金は不当だと思います。英国ドラマ用に支払っていますけどw
[ 2017/07/13 15:32 ] [ 編集 ]
こはる様
僅かな文言を伝えるなかにも正確さも欠いているのですね。

今の世の中、みんながネットで共有できますから、
嘘は見破られますが、NHKを見て信じてしまう人は、
ネットをしないと来ているので、NHKは高を括っているのです。

自分たちの描いたシナリオに違う都合の悪いことは
無かった事にする自由は、そうした対象者には、
まだまだ、効くものと考えて、目の前の倒閣運動に参戦しているのですね。
何にも日本の為にならないどころか、存在悪の日本放送協会NHKです。

戦後以来の長い年月、既得権益を貪ってきた
NHKを始めとするメディアの横暴は目に余ります。
NHKにさわると潰されると、ものを言えない政治家たち、
また、文句封じのために、有力な政治家の子弟の
受け入れなど利害関係を共有するものもあるのでしょう。

占領時代の真相箱からのDNAを受け継ぎ、
また共産党員が多く入り込んでいるために、
中立公正とは無縁の、思想的には偏りもいいところです。

どうにもNHKのことを書き出すと、きりがありません。
とにかく、あのNHKが言うのだからと疑いを持たない
善良な日本国民を騙すことが、許せないのです。

国民の声が力になるように、政治を動かすのは、
倒閣のためにフェイクニュースを流すが勝ちの傲岸不遜な
メディアではなく、祖国日本を素直に愛する国民であるようにと
願うばかりです。
[ 2017/07/13 16:55 ] [ 編集 ]
視聴料としたのは、間違っていました
こはる様

視聴料と、使っていたのは間違っていました。
正しくは受信料でした。
こはる様にも誤まって使わせてしまったみたいで
失礼しました。

前々から、これで良かったかなと思いながらも、
視聴料を使うことが多かったのですが、
西村幸祐氏のツイッターを見てみると受信料とありましたので、
そもそもどう違うのだろうとこの際、調べてみようとなりました。

それでも、検索をかけてもヒットしないだろうと思いきや、
池田信夫氏のブログに私のような混同する人(笑)のことが
書いてありました。

受信料と視聴料

NHKの料金を「視聴料」とよぶ人がよくいる。
たとえば、日経BPのウェブサイトで連載されている
「テレビの言い分」と題するコラムの匿名の筆者
(東京キー局の社員と自称している)は、
NHKが「視聴料で経営が成り立っている」と書き、
「サービスの対価としての受信料」を自覚して、
NHK職員が「お役所意識」を捨てろと説教する。
このコラムには「視聴料」と「受信料」が混在し、
しかも両者の違いに筆者は気づいていない。

放送法第32条には
協会(NHK)の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、
協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。
と書かれている。

つまり受信料は、放送サービスの対価=視聴料ではなく、
受信設備(テレビ)を設置した者は、
NHKを見ても見なくても払わなければならない一種の人頭税であり、
だからこそNHK予算には国会の承認が必要なのである。

だから、この筆者の求めるように
「NHKには、是非、受信料金制は維持してもらい、
その代わりに解約も可能にしてもらいたい」などということはありえない。

放送をスクランブル化して、見ていない人は解約できる視聴料にすれば、
NHKはスカパーやWOWOWと同じ民間の「有料放送」になるので、
予算の国会承認も必要なくなる。

つまり受信料を視聴料に変えることは、
NHKを民営化することなのである。


池田氏が最後に書かれた
「つまり受信料を視聴料に変えることは、
 NHKを民営化することなのである」と最後に書かれた
民営化は、大いに結構ですよね。

反日的報道や教育番組やドラマに反日左翼思想を潜りこませるNHKは、
災害情報、天気予報など、ごく限られた政治思想が入り込まない番組だけを
国営放送とすることです。
そこで、現在の平均給与1,700万円は公務員並みに減額となり、
後は民営化とするべきですね。

公共放送という中途半端な位置づけで、税金も投入され、
「受信料」として国民から否応なしに取り上げる癖に、
これ程、信用できないものを平然と流して国家に益することのない
放送局は、国民にとって何ら、メリットはないものですから。

こうして、引用を含めて長々と書いたので、
これを以て、今後は視聴料と受信料を
間違って使うことがなくなります。(笑)
[ 2017/07/13 21:24 ] [ 編集 ]
公共放送?
「公共」と言う限りは公を共にする訳で・・・NHKの報道姿勢では無いじゃあありませんか!ですわ。

NHKのBSを観ても殆ど民間の番組紹介の手法真似で、いっそ民間報道局になればスッキリしますのにね。自分でカネ稼げ。
政府におんぶにだっこで、する事は南鮮並の仇ばかり。錦之介様の(山口某ではない)「てめーら人間じゃあねえ!」を贈って差し上げよう。

昔(今でもですが)、シナ大陸からシルクロードを辿る「世界初の中共大陸映像」とか銘打った番組がありましたが、「世界初」を掲げて多額な金額を中共政府や地方政府に支払ったんだろうから、その映像は受信者のカネで買った訳で、誰もそんなの頼んでは居らん!と思って居ました。
綺麗な映像と喜多郞の音楽でしたけど。

こういう手口でNHKや民間局は中共に多額な支払い体勢を整えて来たのでしょうね

「視聴料」と彼ら自身が言いますし、TV画面を買えば「受信料」追剥ぎが後からついてくる。
作る番組は仰る通りの日本毀損。
これで日本国民からカネを盗ろうたあ悪イ了見だア、と歌舞伎の隈取り顔で迫りたい。寝覚めが悪かろうw。
[ 2017/07/13 23:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: