私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  ポスト安倍候補たちの頼りなさ ~ 安倍一強は必然である

ポスト安倍候補たちの頼りなさ ~ 安倍一強は必然である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 東京都議会選で自民党が惨敗して以来、安倍総理への風当たりが強まるとともに、メディアがポスト安倍の最有力と見做す石破茂氏の露出が多くなってきている。野党第一党が話にならないほど無力であるいま、安倍政権の弱体化を促すには、身内からの攻撃が最も効果的とみているのだろう。

 そういう機運に乗り、石破氏は、発言や表現そのものには刺激性を持たせないものの、チクリチクリと安倍総理への批判を繰り返している。都議選敗戦を受け、「自民党に対する反感みたいなものがあった」と政権への反発を示し、安倍総理が提唱した憲法改正案についても、過去に党内でまとめた自民党改正案を蔑ろにする動きを批判している。

 正直なところ、憲法改正案についての私のスタンスは、どちらかというと安倍総理より石破氏に近い。安倍改憲案は「加憲」といえるもので、国家主権の自主的な制限である9条2項の「交戦権の否定」が残る限り、私は安倍改憲案を支持しない。難しいのは、そういう理想と国民投票という現実を天秤にかけたとき、改憲を現実のものとするためには国民投票で勝てる案をどう作っていくかということだ。そのような現実的な見地において、安倍改憲案は絶対に「失敗できない」状況を突破するという意味で、十分検討に値すると思われる。

 石破氏は、次期総裁選への意欲を隠していない。派閥のパーティーでも、「未来永劫続く政権は絶対にない。そのとき、自分はその任にあらずと言うのは自己保身だ」と意欲を示し、田原総一朗はパーティーの壇上で「今の自民党で安倍さんに対して文句を言えるのは石破茂だけだ」と持ち上げて見せた。明らかに、都議選での自民敗北を潮目と見ている。首相を目指す政治家の嗅覚というのか、閣外に出て自由に発言できる立場を最大限に有効活用し、自身のプレゼンスを示していくのが作戦なのだろうと思われる。

 だが、ことは石破氏の思惑通りに動いているわけではない。都議選に敗北したとはいえ、安倍総理の人気はまだ衰えているわけではないのだ。石破氏が出演したみのもんたのネット番組「よるバズ」では、視聴者からのアンケート結果で次のようなものが出ている。

よるバズよるバズ


 石破氏は、この結果を見て、「選挙とどうしてこういう数字が違うんだろう…」とボヤいてみせた。そして、「すべては選挙で決まる。世論調査が決める政治はないんですよ」と発言している。

よるバズ - 石破茂


 石破氏の「政治は選挙が決める」は正論だ。しかも、これもネットのアンケートであるから、正確な世論を反映しているわけではないという注釈もつけるべきだろう。ただし、民進党が受け皿と見做されなかった都議選と同じように、安倍一強が変わらないという意見が意味するのは、ポスト安倍があまりに駒不足だからではないか。自民党内で安倍批判の受け皿となるのは、ポスト安倍の有力候補であるはずだが、その最有力の目される石破氏の目の前で示されたアンケート結果は、即ち、石破氏への期待が薄いということの証左である。

 石破氏は、都議選の最中も、森友、加計、稲田不規則発言、下村献金疑惑などで自民党に逆風が吹く中、政権を批判するような発言を度々していた。自民党惨敗を後押しするような発言に、眉をひそめた支持者も多かっただろう。自民への逆風を抑えるのではなく、逆に煽った石破氏への嫌悪感は、自民党議員の中にも、有権者の中にもしっかりと残るはずだ。

 野田聖子など論外だが、ポスト安倍と目される石破氏にも、岸田外相にも、一国の宰相となるべき器の大きさは見られない。いまのところ、安倍一強を揺るがす存在ではないだろう。今のところ、安倍一強は必然である。もっとも、私個人は「安倍一強の何処が悪いのだ」と言いたいほうのクチなのだが。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/10 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(20)
よるバズってネトウヨしか見てないネトウヨ番組じゃないですかw
その世論調査を持ち出して「安倍総理は人気だ!」とか言ってホルホルしてるから安倍の支持率が急降下してるんですよw安倍チョンが大好きな読売新聞の世論調査見て現実直視しましょうねw

内閣支持続落36%…不支持は最高の52%
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170709-OYT1T50093.html

しかも視聴者が偏ったネトウヨ番組の世論調査持ち出すなら、TBSラジオの支持率7%もしっか取り上げたらいかがですか?w
https://www.tbsradio.jp/156827
[ 2017/07/10 07:41 ] [ 編集 ]
石破総理は国益にならない
政治は一瞬先は闇なので将来の事を予想するのは難しいですが、安倍政権はもうしばらく続くと思います。
恐らく、東京オリンピックくらいまでは。

私は石破総理は反対です。
石破氏は靖国神社の参拝に対して反対の立場です。
そのような人に総理になってもらっては困ります。

「安倍一強は必然」

管理人様の言うとおりだと思います。

[ 2017/07/10 07:56 ] [ 編集 ]
問題はないでしょ。
辛坊さんの発言で大阪維新と同じで自民は都議選で大敗してます。
東京も新しい政党が出てきたら大勝するのは間違いないと。やはり自民に飽きたから他の政党に流れただけ。
しかし、自民のほかに受け皿となる政党が存在しないのは確かであるので。
やらり自民一強はかわらず。
マスゴミも野党も政策論戦はせず誹謗中傷合戦で終了ですよ。
[ 2017/07/10 09:10 ] [ 編集 ]
閉会中審査のくだらない議論
閉会中審査において、森友問題と加計問題が、主に議論されるらしいが、なぜ、豪雨災害、その原因と対策の検証、そして、第九条の改憲を議論しないのだ。

ドイツは、戦後何十年、少しずつだが、改憲を漸進して復権している。
日本国は、他山の石として見習うべきだろう。

今までは、日本国民向けに、事実を任意に編集して、印象操作を試みるマスコミの姿があったようだ。
今は、印象操作を越えて、大衆操作して選挙に影響を与え、国政に関与を試みるマスコミの姿があるようだ。

放送法第四条違反の疑いがあるが、総務省やBPOは、看過しているのだから、放送法はあってないようなもの、無法がまかり通る状態といえるだろう。違反しても、放送中にちょっとだけ、美人のアナウンサーに謝罪のコメントをさせれば、BPO的にはそれで済む話のようだから、いくらでもなんどでも、局として組織的にねつ造や印象操作ができてしまうのだ。

日本国のみならず世界においても、不正な情報を取り締まる法律があっても、不正な情報を取り締まる組織はないようだ。近年のフェイクニュースもそうだが、情報の悪用を取り締まる情報関連の警察組織や、情報の公正さの質を評価するミシュランのような第三者組織の設立が望まれるだろう。

トランプ大統領のようにメディアに強い不満のある方や、ホリエモンのようにやる気のある方は、「事実の報道」(ねつ造のなさ)、「公平な報道」(政治的な公平性)、「自由な報道」(公共の福祉への効用と民主主義における健全性)といったファクターを、ネット上の投票により可視化して、マスコミ各社を星評価するような会社を立ち上げてみてはどうだろうか。

閉会中審査について、冒頭、民進党は、天皇陛下と眞子様の事を上げ、安倍総理はなぜ帰国しないのかと、あからさまに皇室を政治利用した。このように、「信賞必罰」を徹底しないと、無法の悪行がまかり通るのだ。見ていて不愉快であったので、今はテレビを消している。
[ 2017/07/10 10:10 ] [ 編集 ]
支持率低下ねーw
支持率低下で騒いでいるがそんなの関係ない。菅直人だって首相をやめなかったんだから。なんなら信任問う為に解散総選挙でもぶちかますか?その後パヨチン達はどうなるのやらwそれ以後の批判は日本国民を敵に回すことになるぞwマスコミにしても捏造批判しまくるのもいいが、野党を完全消滅させるつもりなのかね。やりすぎると破滅するのが分からないところがあの民族と一緒だねw
[ 2017/07/10 11:40 ] [ 編集 ]
安倍以外だったら誰でもいいだろ!
その地位になったらそれなりに。
[ 2017/07/10 13:02 ] [ 編集 ]
器量不足
もりもかけも、安倍総理への追及の問題ではないことは
明白なのに、安倍内閣打倒の狼煙を上げた反日マスコミが
あからさまな捏造、印象操作、虚偽報道等々、
呆れるほどの犯罪まがいのことを大マスコミが
徹底的な安倍おろしをやっています。

そこに乗じた石破某。安倍総理を出し抜いて、
何やら、言っているのですね。
この人物は、決定的なものが欠けています。
祖国を大事に思うことがないのです。
先人の魂が眠る靖国神社を参拝しないことは、
そういうことです。 

歴史の改竄に忙しい中韓やそのお先棒を担ぐ反日マスコミの連中が、
靖国神社参拝を阻止しようと躍起になるのを幸いに、
国を守るために散華された先人への深い感謝など頭をかすめもしないのです。
そんな人物が総理を目指すって?冗談は止してください。

生まれ持った美醜の差はあるとはいえ、ここまで齢をとった
人間には、精神が顔に滲み出るものです。
まあ、悪者の顔でもいいでしょう。
世界は腹黒いといいますから。

世界は何人、人を殺しても平気な国のトップがたくさんです。
そうした海外に出て、プーチンや習近平やトランプと渡り合えますか。
国内では、安倍さんほどの国運を上向かせることが出来ますか。
評論家じみた物言いで、不景気な顔は
申し訳ないけれど、国民に希望を与えません。

チャイナや南北朝鮮の工作員が反日メディアや政界に
入り込んでの一斉の安倍叩き。
反日国が、安倍さんを嫌がることは、それだけ安倍さんが日本にとって
有為な政治家の証です。

現在の日本は、銃弾の飛び交う戦争はないのですが、
反日国の工作員から日本の国内が、食い潰されているのです。
さらに、酷いことに、メディアの情報操作に踊らされ、
国力が衰退するままにまかせて、安穏と暮らしている日本人、
国防の意識もなく、ものを考えなくなった日本国民こそが、
虎視眈々と日本に狙いを定めている赤い国からの戦争を
誘発してしまうのです。

石平氏曰く、「中国は、いっぺん、日本をギャフンと言わせ、
叩きのめしたいと思っている」とあります。
そうなる時に、軍事オタクと言われながらも、軍事に
身を捧げた英霊に尊崇の念を抱かず、周囲の動きを読んで
時は今と、政治的動きをするあなたは、
英霊と共に日本の敵に向かって戦える相手ではないと思います。
要するに器量不足です。
[ 2017/07/10 15:52 ] [ 編集 ]
ぱよちんの本音
>安倍以外だったら誰でもいいだろ! その地位になったらそれなりに。

これはぱよちんの本音かぁ。だから、ぱよちんはいざとなったらまとまらない。
安心したよ。安倍政権は当分安泰だ。
総裁任期は3期9年に延長されたから、あと3年2カ月頑張ってね♪
[ 2017/07/10 16:37 ] [ 編集 ]
総理の資質
だいたい石破氏の、口の中に物を含んだようなねちっこい物言いを聞いて、幸せな気持ちになる国民がいるでしょうか。私など5分も聞いただけで落ち込んでくる。顔はあんパンを潰したようだし(笑)女性の場合なら、まず生理的嫌悪感を感じるのではありませんかね。

しかも彼は事務的な手続き論に拘泥し、話がつまらない。野党の代表質問ならあの粘着性が効果を発揮する場面もあるでしょうが、自民党の中でも一般党員の人気はまるでないのでは。


ポスト安倍には適当でないかもしれませんが、石破氏には小池知事の人気度の百分の一もありません。都議選の間、聴衆は小池知事の演説を聴きたくて待っているので、候補者の役割は「あと何分で都知事が応援に駆けつけます」とアナウンスをするだけという(笑)恐るべき注目度でありました。

「頭の黒いネズミ」は森元総理や内田一派にとどめを差し、石原元知事の「厚化粧のババア」発言には四男(画家)への都の優遇依頼をバラすことで、「本当に良いお父様ですこと」と上品な仕返しをする。確かに彼女の話は面白いのです。さほどの内容はなくとも、少なくとも聴衆に数分間は大事な話を聴いた気持ちにさせる。これは民主主義国家の政治家としての最低条件ではありませんかね。


言語不明瞭だけならチャーチルもそうでしたが、しかし同時に彼は名演説家でもありました。。

ナチス・ドイツの侵攻を前に「大英帝国の歴史がどれだけ続こうと、後世から見て、あの時の英国人がもっとも立派であった、と言われるように我々は振る舞おう。」

などという演説は、単に口が上手い政治家の語れる言葉ではありません。チャーチルには火のごとき愛国の示情がありました。

地位が人を作るとか言う説が正しいなら、ルーピー鳩山も、空きカン総理も、野田豚もおりませなんだ。或いは我々は歴史上に、国民各層、各界からの期待度は最高で、若い頃から将来を嘱望されながら、しかし大コケにコケた近衛総理という最悪の事例を持っています。やはり政治家にはどうしても資質というものがあるのです。

安倍総理には内閣改造で政権の実務能力を固めながら、悪辣なマスゴミの妨害にめげず、国民への直接の発信力をより高めるよう期待します。
[ 2017/07/10 17:20 ] [ 編集 ]
↑HNつけ忘れ
前の投稿は私めです。
[ 2017/07/10 17:26 ] [ 編集 ]
追加訂正&お知らせ
先程、投稿したコメントを
今頃、改めて見直すと、おかしな一文に気づきました。
今更、どうでもいいかと思いますが、気持ちが悪いので
例によって青字の箇所を追加訂正します。

あからさまな捏造、印象操作、虚偽報道等々の連日攻勢。
呆れるほどの犯罪まがいのことを大マスコミが揃って
徹底的な安倍おろしをやっています。

***
🌼 青山繁晴(自民党)《加計学園 前川前次官を参考人招致》
【国会 参議院 文部科学・内閣連合審査会】2017年7月10日
https://www.youtube.com/watch?v=hl42tJ73So8

今日の午後3時台の閉会中審査で、加計学園問題に関して、
自民党参議院議員の青山繁晴氏が、参考人招致の質問に立たれ、
参考人前川喜平前文科次官らとの核心に迫る内容を持った
質疑応答となりました。

また、もう一人の参考人、加戸前愛媛県知事は、
岩盤規制に阻まれた苦しい過去の経験を縷々説明され、
その言葉は真に迫るものでした。

行政が歪められたという前川次官とは反対に、
歪められた行政が正されたというお話もあり、
三者の質疑応答は、更に突っ込んだものとなり、
質疑応答の往復で40分程度の制限のなか、
国会での質疑は、いつもこういうものでありたいと
思わせる濃密な時間は、しばし感動ものでした。

普段は見ないNHKも青山繁晴氏が質問されるというので、
テレビのスイッチを入れて見ていたのですが、
緊張感に満ちた国会での質疑でしたので、
お知らせしたいと思ったのです。

但し、NHKが写すカメラとは方向が違って、
この動画では、元TBS記者、民進党の杉尾某のあまりに
卑しく、恨めしい表情が映り込んでいます。
如何にも残念。

うすら笑いをしてみたり、眠る格好をしてみたり、
だらけた様子で無様そのものを映像に晒して、
見る側にかなりな不快感をもたらします。

どうしてこんな腐ったのが、以前にテレビで大きな顔をして、
ニュース解説が出来たのか、まあ、あのTBSだからですね。

それにしても見たくなかった!
[ 2017/07/10 19:28 ] [ 編集 ]
これだから
>安倍以外だったら誰でもいいだろ!

何も考えずに、「反安倍」を唱えていればいいと思っている時点で、「支持はされない」という事すらも理解できないのだろうか。

降ろしたら誰にするかも考えない時点で、衆愚政治の極みだろうが。反対するだけならば「幼稚園児」でもできる。

それにしても、石破もそうですが、ポスト安倍の候補者に適切と言えるほどの人材が不足しているのは、どうしようもないですね。

もう少し、人材育成の面に重点を置いて教育政策を実施していくべきだと思うのですが、どうなのでしょうね。
[ 2017/07/10 20:17 ] [ 編集 ]
加戸前愛媛県知事
参考人質疑を今日はずっとみてましたが、加戸氏の言葉は胸に響きました。
それまでは総理のご意向なんたらかんたらで いつまでこんな不毛の質疑を 続けるのだろうとの思いでしたが、加戸氏の優秀な獣医師を日本のために、この四国で育てたいとの長年の願いを聞き、目が覚めました。
もっとメディアは加戸氏や 国家戦略特区の委員の原氏たちの声を伝えるべきです。安倍内閣に恨みをもつ前川氏を あまりにも持ち上げ 偏向報道が酷すぎるとおもいます。
いつも良い記事をありがとうございます。
[ 2017/07/10 20:58 ] [ 編集 ]
私も加戸氏の言葉が全てだと思いました。。。
今日は帰宅してから直ぐに参考人招致の録画を観ながら晩酌していました。

目的は勿論、青山氏VS前川。。。

相変わらず女の腐ったような弁解(こはるさん、なつこさん、すいません。差別用語でした。)の前川に対して、前川の先輩であり前愛媛県知事の加戸さんのお言葉には全く嘘も感じられず心を打つものがありましたね。

このことについては、皆さんもコメントされているので繰り返しません。

ただ、自由党の森裕子が青山氏が熱く語る度に「青いね~」みたいに馬鹿にした笑っていたが。。。民度の低さを感じたね~
国会議員としての品質に欠けるこいつは、国会議員から排除すべきだな、やはり。。。

https://www.youtube.com/watch?v=dgf4eakGS6A

は、一見の価値あり。。。!!

[ 2017/07/10 21:28 ] [ 編集 ]
安倍一強が必然である理由
答えは一つでないですが、私が思う一番の理由は外交の成果だと思います。
国民もちゃんと分かってるんですよ。今の日本が置かれている危機的状況を。


安倍氏の外交的活躍は小泉訪朝から始まっている。安倍氏がいなければあれだけの拉致被害者帰国はなかった。未だに解決をみないが、国民の生命、財産、自由を守ることの重みを考えさせられる大きな問題である。
詳しくは山際澄夫著「拉致の海流」をどうぞ。

最近では対トランプ。少し前には北京で開催されたAPECでの、習近平と行った日中首脳会談。
この日中首脳会談では、会談内容について靖国参拝や尖閣領有権の問題で、シナが示してきた条件を一切断った上で実現した。
同様に2007年、台湾 李登輝総統の訪日に関するシナの条件を蹴った上で行った、胡錦濤国家主席との日中首脳会談もあった。
安倍総理は日本の国益を誰よりも重んじる。

目立ったところでは、2014年のアジア安全保障会議で出席者各国から受けた盛大な拍手もありましたね。

言い出せばきりがないが、安倍総理は外国から一目おかれる存在なのだ。
これまでこんなリーダーが日本にいたか?

今の政局が日本の国益を貶めていることに、マスコミ·野党を除く皆さんもそろそろ気付いていると思いますよ。
[ 2017/07/10 23:37 ] [ 編集 ]
腐りモノ
前川助平が次官になる前の、東北大震災大津波でお子達を亡くされた大川小学校問題というのがあります。
父兄の有志が県を相手に訴訟になっているのですが、この訴訟を私は余り好意的には思えませんでした。

ところが、何故訴訟に至ったのか?を説明下さる人が居て、その訴訟の原因を作ったも同然なのがこの助平氏だった事を知りました。
当時の状況を知る人や父兄への聴取をせずに、一方的に文科省の「権威」を振りかざして、調査委員会で高圧的に「県の対応に何ら瑕疵は無い」と結論つけたことで、父兄達の怒りに点火してしまったのが、この助平氏だと。

新しい国立競技場の建設にも、次官として確かな判断が出来ずに時間ばかりが過ぎて、官邸補佐官がその始末を短時間に処理した事が、今回の逆恨みの一つになっていると指摘されています。

文科省の天下りの見苦しい責任逃れの末の更迭への逆恨み。
お小遣い稼ぎの出会い系バーへの「貧困女性調査通い」。
一般社会の慣例で考えれば「無能の助平なのねー」でオシマイの人でしょう。
そこに、この卑怯千万な性格。
どっこも良い処無いわ。

こんな者を安倍打倒の為に利用するしかない反日野党、という己を恥ずかしく思えないのが既に終わりでしょうに。

最近テレビ番組表に石破某の名前が頻繁に出て居ますね。
憤怒の形相の仏像に踏みつけられている餓鬼の像のモデル顔は、R4と並んで出た途端に「却下」なもので、何を言うのか存じませんが、例えどんなに有効的意見を言うとしても、この石破某の不身持ちは日本の国益を損なうことを保証されていますから、ダ~メ!

「文藝春秋」8月号の広告トップが「安倍(首相)が自民党を劣化させた」と題して、当選10回「ミスター自民党」が諫言する 村上誠一郎  ですと。
誰ね?村上誠一郎って?当選10回だと「ミスター」がつくのかw知らなかったワ。

抜粋編集室様
もう男でも女でも、今の日本、腐りモノ達は廃棄処分レベルに腐っていますから、差別用語などとは思いません。
森ゆうこ、なんぞの腐り具合は頓珍漢みずほを超えて格別ですもの。
[ 2017/07/11 01:22 ] [ 編集 ]
結局、安倍内閣はしたたかさが不足しているのではないか
直近の安倍内閣に対する世論調査では各メディア共通で支持率の低下が挙げられています。
今回の「安倍内閣支持率低下」は「東京都議会選惨敗」にも連動していて、多くは自民党の自爆と言えると思えます。

またゴシップ並の事に直ぐに反応するのも一般日本国民の習いです。
ですから自民党に好感度が持たれる事が今回の一連の出来事の逆に現れればたちまち支持率など回復するでしょう。

今回、無党派層が増えました。
どうなっても民進党支持者が増えるわけではありません。

さて、その「安倍内閣支持率低下」の集中した具体的な出来事とは何であるのか?
ドン内田茂前幹事長君臨の自民党東京都議会の闇の悪影響。
森友学園問題、加計学園問題、稲田朋美防衛大臣発言、豊田真由子衆議院議員問題、下村博文自民党幹事長代行献金疑惑、安倍首相「こんな人たち」発言等々。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6720.html

そこに安倍首相が直接関わるとされる件と内閣被任命大臣などの問題などがごちゃまぜに短期間にそして連続的に表出された事で一般国民の評価が下がったというものでしょう。

まず最近話題の言葉『忖度』ですが、日本国中、世界中『忖度』だらけです。
個々自身が所属する会社では毎日、毎日『忖度』の連続でしょう。
発展途上国など為政者に対して『忖度』が大前提でしょう。

まして安倍内閣の倒閣を日々目指す偏向メディアなど『忖度』の塊ではないでしょうか。
TBSラジオの毎日新聞、TBSへの『忖度』、テレビ朝日の朝日新聞への『忖度』など。

それでも政界、メディア界など社会的に重要な世界での『忖度』には十分自戒が必要でしょう。
但し「お友達」と否定的に使われる言葉には問題があり、例えば「お友達内閣」の何が悪いのか?
弊害がないとは言いませんが、気心が知れているからこそ専任で仕事を各大臣に任せるわけで、お互いが不信で疑い合い、監視し合う内閣などいい政治が出来る筈はありません。

今回の一連の出来事で多くはどうともない事を自らの疑惑は放置したままの野党が騒ぎ、偏向メディアが安倍内閣攻撃に使って大騒ぎして一般国民がそれに乗せられているというそんな何時もの事の幾つも有ったが故の大幅支持率低下というものでしょう。

何しろ『さよく連合』の一員である民・共野党や反日偏向メディア群は安倍首相がいよいよ声を上げた『憲法改正』を阻止するため『護憲』の旗の元、一丸となって紙、電波を使い放題使い『反憲法改正闘争』を繰り広げて行くでしょう。

その中に有るのが安倍一族(思想的)根絶やしであり、安倍首相のみならず、安倍首相に繋がる護憲派政治家の政治的抹殺が既にプログラムされています。
自滅とは言え、稲田朋美防衛大臣降ろしも若葉の内に芽を摘むというものの一つと見ています。

さてその安倍首相の『憲法九条加憲』ですが、本来憲法九条は前文を含め総入れ替えする必要性があります。
ですが、安倍首相としてはさよく連合の壁の厚さ、また公明党との連立などを鑑みて今回の決定をしたのではないかと推測します。
発議2/3は良しでも、偏向メディアに騙され続けられている一般日本国民の『国民投票』はクリア出来るのか出来ないのかの判断でしょう。

戦後70数年さよくまみれで来た日本ですから並大抵ではありません。

では本当の憲法改正はどうかという事になりますが、それが安倍首相のあとを継ぐ議員ということになります。
そこに於いて安倍首相が人を育てて来るのが遅かったと感じているわけです。
まして次期首相に名が挙がっている人物たちを見回せば『憲法九条改正』が後退する可能性が高いと人材的に思えてしまいます。
当然、偏向メディアは分かっていてそのような動きを今後します。

思えば『安倍内閣・自民党自爆』は石原伸晃を東京都連会長にしたり、船田元を自由民主党憲法改正推進本部に関わらせたりと失敗が最初から見えている重要な所でのポカが多過ぎです。

その様な意味で今は安倍首相に従順なそぶりの親中・親韓派のドン(江沢民碑で有名な)、二階俊博自民党幹事長ですが、安倍首相の力が落ちて来たり、代替わりとなればとんでもない動きをすると予想します。

http://www.sankei.com/politics/news/170517/plt1705170015-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170613/plt1706130001-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170607/plt1706070001-n1.html

それにしても、北朝鮮、ISという実世界でのリアルタイムな出来事では国家というものを考えさせられるものです。

http://www.sankei.com/world/news/170710/wor1707100040-n1.html
[ 2017/07/11 07:42 ] [ 編集 ]
NPさんへ
>自滅とは言え、稲田朋美防衛大臣降ろしも若葉の内に芽を摘むというものの一つと見ています。

…稲田防衛大臣は、九州の被災地を視察に訪れたほうが良いと思う。もっと言えば、福岡市あたりに、稲田防衛大臣の常駐できる災害本部を設立して、冬が来る頃までは、福岡市を東京に次ぐ第二の活動拠点としたほうが良いと思う。

今、一番に急ぐべきは、行方不明者の捜索、孤立地域への対策、河川のインフラ復旧だ。特に、河川については、国土交通省の管轄であるが、河川の復旧については、これ以上の被害の拡大を防ぐためにも、一時的な応急処置を、急いだほうが良いだろう。

豪雨の原因は、人口降雨による影響が無視できない。そう、オレは考えている。大気中の温度と湿度の関係において、地球全体において温暖化傾向にはあるが、大気中の水蒸気の量に、大きな変化はみられないようだ。つまり、20度以上の温度上昇や、湿度200パーセント以上という現象は、起こっていないし、普通は起こりえないのだ。ならば、風上にあたる隣国において、雨粒を大きく形成して降雨を促す人口降雨こそが、豪雨災害へと大きく影響していると思われる。
[ 2017/07/11 15:04 ] [ 編集 ]
石破の言うところの自民改憲論てさ、どうみても実現不可能な右の妄想でしょw
だいたい赦してくれるまで韓国に謝り続けるとか言っちゃう人が本気で改憲する気なんてあるわけないでしょうが。自民改憲論を掲げてる限り実現不可能だから言ってるだけ。単純な右の人が石破の言ってることの方が筋が通っているとか乗せられちゃうからww
人も党も何度も裏切ってる二股膏薬信じちゃダメですよ。
[ 2017/07/11 16:02 ] [ 編集 ]
ツキクサさん
稲田朋美防衛大臣が九州被災地に行くのはいいだろう。
しかし、安倍首相が被災地に行ってもそれにケチをつける偏向メディア等。
当然、稲田防衛大臣も同じ待遇となる。

というより、稲田大臣の件は
もう手遅れで今回は終わりをまつだけでしょう。
[ 2017/07/13 08:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: