私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「解散総選挙は受けて立つ。我々は追い込みたい」は蓮舫の自滅願望か!?

「解散総選挙は受けて立つ。我々は追い込みたい」は蓮舫の自滅願望か!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 左派メディアがこれだけ心血を注いで安倍政権を叩いてくれるにもかかわらず、民進党の支持率も存在感も一向に向上しないのは致命的だ。都議選で自民党が惨敗し、都民ファーストの躍進を大々的に報じているが、民進党のことなどほとんど話題にすらならない。メインプレーヤーの座から落ちた政党が絶滅種入りするのは、かつての社会党、社民党の例を見れば明らかである。しかし、民進党自体はこのままの体制を維持していくというから、彼らは話題の中心から更に離れていくだろう。

民進党、都議選で惨敗


 そんな民進党に危惧を示し、警鐘を鳴らしているのが小林よしのりだ。大東亜戦争を肯定的に描写し、靖国論などでも保守層の支持を得ていたこの漫画家は、いまやサヨクのイデオローグとして持て囃されている。その小林が、自身のブログで、民進党に再起を促している。

民進党を侮辱する「SAPIO」を見返せ!(BLOG あのな、教えたろか。

8月6日の「ゴー宣道場」に民進党の枝野幸男議員がゲストとして参加してくれる。
マスコミ各社もこれを甘く見ない方がいい。
枝野氏は民進党の憲法調査会・会長として、重大な発表をしてくれるだろう。

民進党の中には、「9条擁護派」がいるから、どうせ無難な考えしか言わないだろうと高を括っていたら、相当驚くと思う。
そもそも当日は井上達夫氏が出るのだから、あいまいな護憲論を言っていたら、ボコボコにされてしまう。

(中略)

枝野議員は民進党の命運を賭けて、「ゴー宣道場」に出席することになる。

「SAPIO」に9条改憲について、山尾志桜里VS小林よしのりの対談を載せてくれと頼んだが、編集長に「民進党は信用しない」と断られた。
百田尚樹やケント・ギルバートは信用しても、民進党は信用しないと言うのが、「SAPIO」である。
この侮辱を民進党の議員たちは忘れてはならない。

本当に民進党は解党すべきだでいいのか?
都民ファーストが民進党に代われるほどの実力があるのか?
今、どん底のどん底にいる民進党を、わしは見捨てていない。
民進党よ、変われ!


 山尾志桜里と比較するのは、ケント・ギルバート氏にも百田尚樹氏にも失礼だろう。枝野が憲法調査会会長として何を言うのかは知らぬし、興味もないが、民進党の命運というものがまだ残っているのであれば、代表の首を挿げ替えるのが最も手っ取り早い。もっとも、自民党が党勢を回復するには、蓮舫が代表に居座り続けるほど自民党にとって有難い援護はない。そういう状況下で、9条を死守すると明言する代表の立場を全く考慮しない見解を枝野が述べたら、少しは注目してやっても良いとは思う。注目と言っても、民進党を見直すことは絶対にないが…。

 政治的に全くセンスがないというべきか、蓮舫は都議選での自民大敗を受け、こう語っている。

蓮舫氏「解散に追い込む」=社民幹事長も同調 (時事通信)

民進党の蓮舫代表は6日の記者会見で、自民党が東京都議選で惨敗したことを受け、「解散・総選挙はいつでも受けて立つ。(衆院解散に)追い込みたい」と述べた。


 有権者が自民党にお灸をすえようと思っても、民進党が受け皿にすらなり得ないのは、都議選で証明済みである。それどころか、一向に浮上の気配が見えぬ党勢に嫌気がさした党所属議員の中には、民進党の名前を消して都議選に出る者や、党を離党する者が続出した。本来であれば「解散しろ」と政府に迫るべき野党が「解散を受けて立つ」という時点で、野党の役割を果たせていないのだ。それとも、解散総選挙は民進党の自滅願望か。

民進党、都議選で惨敗
都議選惨敗で責任を取ったのは松原仁のみ


 政治には健全な与野党両方の存在が必要だ。だが、その健全さには、理念の一致というバックボーンを基にした政策という柱が必須であり、それがない民進党は不健全の象徴のような存在である。小林よしのりの「本当に民進党は解党すべきだでいいのか?」という叫びが、何か虚しく聞こえる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/09 07:19 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
これで党内に危機感を煽り、執行部の求心力を維持しようというならピントがズレまくってるとしかwww
侮蔑とかではなくて割と本気で、他者の感情や空気が読めない、いわゆる自閉性スペクトラム障害を懸念する。
[ 2017/07/09 11:37 ] [ 編集 ]
さよなら よしりん
http://www.sankei.com/politics/news/170612/plt1706120032-n1.html

国政を占う東京都議選というならば自民党のみならず民進党も同様。
しかしそこはそこ国政は国政、都政は渡世。

何しろ国政には国民にとって重大な『安全保障』が直結しているわけで、そこに於いて都政とは違うでしょう。

http://ironna.jp/theme/779

であればその目安は何かと言えば世論調査に出ているように安全保障を重要視しているという数値です。
最近の自民党の『安全保障』に関しては最低3割、最高6割ほどの支持ではないかと思います。
この点に付いて民進党に対して同じ質問をしたとしたら『安全保障』での信頼性は可也ひどい数値が出ると思えます。

そこで今回の都知事選が国政では自民党への影響というよりも民進党への影響の方が大きいのではないかと考えるわけです。
その結果、いよいよ民・共になるでしょう。
それも日本共産党に支配された民進党です。
では何故日本共産党は民進党を生かしておくのか。
それは中華人民共和国が北朝鮮を生かせておくのと同じで、別動隊がいた方が都合がいいからです。
遠からず、民進党というのは日本共産党のフロントになると予想します。

と、ここで懐かしい名前『小林よしのり』、よしりんの名が出ました。
小林よしのりに関しては保守運動の初期の貢献は記録されるべきでしょう。
しかし本人の自覚があるかないかは別として今やさよくを利するだけの存在です。
頭山満など右翼の漫画に力を入れているようですが、それは「右翼ロマンチシズム」でそのような気質は小林には恐らくあるのでしょう。

ところで先々のヒントになることがありました。
それが「国民ファーストの会」、これの目指すところが所謂二大政党制であるようです。
では日本に於いての二大政党とは自・民ではなかったのでしょうか?
保守政党対サヨク政党を二大政党制と勘違いしいるのではないかと思います。

そして民進党(民主党)のこの体たらく。
それは一言で言えば民進党(民主党)に国家観が無かったからです。
米国なりの二大政党制には安全保障(国防)に関しての共通意識が最低限はあります。
それが蓮舫党には無い。
党代表自体が国の帰属に疑義がある党です。

http://ironna.jp/theme/30

ですから、現在安倍首相と衝突を避けている小池東京都知事が国政参加(本人直接ではなく)した場合、真っ向対立するとは考えられず、かといって対立軸は出来る筈でどういう向き合い方となるのか?
徐々に見えてくるのでしょう。

http://www.sankei.com/world/news/170708/wor1707080038-n1.html
[ 2017/07/09 11:55 ] [ 編集 ]
存在意義無し
民進党は不満層の受け皿にもなっていないし
政策立案実行能力に欠けている事は
先の民主党政権時代に露呈しています
もし、仮に民進党以外のもっと扱いやすい連中が出て来たら
巻き込まれるメディア各社は挙って民進党潰しに乗り出すでしょう
[ 2017/07/09 14:50 ] [ 編集 ]
居たわね
枝野議員。そういえば居たわね。革マルでしたかしら。

ボロボロ脱党者を出して居るそうですが、それらは皆都民ファーストへ。
力のありそうな磁石に引き寄せられるのか擦り寄るのか解りたくもないですが、浪人になって一から出直す勇気は無い連中には何処の党に入り込んでも「その程度」でしょう。

残るも出るも民侵に所属し続けられた政治感覚はそれだけで「りっぱな履歴」です。
ブーメランの女王と云われる蓮舫サンには是非とも党首のままでガンバッテ戴きたいわ~(棒)
[ 2017/07/09 15:56 ] [ 編集 ]
民進党は消えてほしい
というか都議選惨敗で、民進党は消えかかっていることを証明した。
前回の選挙直後の3分の1になっている。

このまま、今までと同じことをやり続けてください。
そうすれば、確実に日本から消滅します。
[ 2017/07/09 20:36 ] [ 編集 ]
選び抜かれたオワコン同士
小林よしのりと革マル・枝野の討論とは、また究極のオワコン同士ですな。(笑)
信じられないほどつまらない者同士の対決ですが、人間の世界ではマイナスにマイナスを掛けても、プラスになるのは見たことがありません。

今日、小池都知事の側近である若狭衆院議員がフジテレビ「新報道2001」に出演し、都民ファーストが年内にも国政に進出するとの見方を示しました。その上で「安倍総理と小池知事は憲法改正が必要だという点で共通している」と述べ、新党が憲法改正で、安倍政権と連携する可能性に言及したそうです。

国政レベルで都民ファーストという台風の目がちょっと動いただけでも、民辛党は吹き飛ばされて、消滅するしかありません。

キャンギャルに戻るには藤が立ち過ぎたR4の運命やいかに。
[ 2017/07/09 22:54 ] [ 編集 ]
さぴおさん()切り時じゃね?(笑)
念入りに読まなくても、描き方で何を言いたいか予測がつく底の浅いゴーマン漫画。自分の気に入らない者や「敵視する者」をコテコテに醜く悪意に満ちた描きかたをする小林よしのり先生。人格高いなあ(棒)
八木先生への罵倒なんかひどすぎる。渡部昇一先生への敬意がどれほどあったか。そして、自分の主張に異を唱える者が増えると呆れた風を装い、小馬鹿にしてみせる。たしかにゴーマンです。

奴には、先人や先賢への崇敬の念が感じられません。戦場で散華された兵士への畏敬の念はあるけれど、それは「自分の影響力に影響がない」からだと私は考えています。サヨクが、戦死された多くの日本兵を「無駄死に」「犠牲者」扱いするのと通底しています。自分の主張のために利用するのです。

小林は、天皇陛下の御心を誇大に解釈して敬慕するかのようですが、それは天皇以下、全員対等という全体主義の考えに近いと推測します。そのうえで、自分が天皇を一番理解して近侍するに相応しいかのように見なしているのではないか。もし、そうであれば、ゴーマンそのもの。

安倍首相を醜く描いて、民進の野田幹事長はかなりマシに描かれます。党首の蓮舫さんは、あまり出てこない。なんでだろう?
パチノリは、何とかして嫌いな安倍自民の対抗馬を応援したいんでしょうね。でも、どうしたって、民痰の支援を受けていた野田や二重国籍やガソリーヌの説明責任をスルーしていては、この党を盛り立てることはできないでしょう。

蓮舫がいくら威勢よく解散総選挙を挑発しても、じり貧よりはマシな時間稼ぎかギャンブルにしかなりません。そして、いずれ民進は逃亡者が続出して解党が目に見えています。そうなったら、よしりんは共産党でも応援しはじめるのかな。楽しみですな。
さぴお巻末の業田よしりんの方が断然おもしろいよ。
[ 2017/07/10 00:07 ] [ 編集 ]
消費税以下が「受けて立つ」?
支持率が消費税以下のぱよちん集団が
「受けて立つ」とはこれ如何に。

さすが支那人ですな。
日本語の使い方がなっていない。
[ 2017/07/10 16:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: