私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  北朝鮮のICBM発射成功 ~ 野党はくだらない政局で首相を縛るな

北朝鮮のICBM発射成功 ~ 野党はくだらない政局で首相を縛るな

← 応援クリック、ありがとうございます。

 共産党の志位が新宿西口での街頭演説で、都議選での自民党惨敗を受け、「すみやかな解散総選挙を要求する」と叫んだそうだ。都議選はいつから政権選択を問う選挙になったのか。昨日書いた同党小池の「憲法9条を変えることへの都民のノーの審判」という発言と同様に、この党のプロパガンダは安っぽ過ぎて失笑ものである。もっとも、「いまそんなこと言わないで~」と、党代表が雲隠れしたとかの野党第一党に泣きつかれるのがオチなのだが。

 森友だ、加計だと、政局という内向きの争いに終始する永田町をあざ笑うかのように、北朝鮮がミサイルを発射した。自称「大陸間弾道ミサイル(ICBM)のスペックを持つ「火星14」で、金正日死去などを放送した「特別重大報道」で公表した。米太平洋軍は特別重大報道に先立ち、このミサイルはICBMではなく中距離弾道ミサイルだと発表していたが、中距離であろうと大陸間だろうと、大差ないだろう。米国は平壌の射程圏内に入ったか、もしくは入るのが時間の問題であるという違いでしかない。

朝鮮中央テレビ


 そういえば、2002年のことになるが、朝日新聞は「ミサイルが発射されたら武力攻撃事態ということになるだろうけど、1発だけなら、誤射かもしれない」と書いたことがある。2002年4月20日の朝刊に掲載されたもので、たった15年前のことだ。朝日は「一般論だった」と釈明したが、こういう新聞が反安部プロパガンダの主力級スプリンクラーである事実を、国民は冷静に考えるべきだろう。北によって放たれたミサイルが日本に着弾し、犠牲者が出たとしても、朝日は「誤射かも」と言う新聞なのだ。誰の味方か、推して知るべしである。

 ミサイル発射が米国にとって最も象徴的な日である「独立記念日」に打ち上げられたことで、ワシントンも敏感さを増すものと思われる。直前に会談した南鮮の文在寅が「THAAD合意を見直すことはない」と言いながら、「民主的正当性や手続き的な透明性を保つための手順に関わるもの」と、事実上の先延ばししたことでもわかる通り、アテにならない存在であることがはっきりした。米国が実際に行動を起こす「レッドライン」は、ICBMの開発成功だの、次の核実験だの、様々な説があるが、日本海に第七艦隊の主力をはべらせて圧力をかけたにもかかわらず、北が意にも介さず次々とミサイルを打ち上げるような「マイペース」を崩さなければ、米国の威信は丸つぶれだ。まず北京が行動しろと要求しているものの、現在は北京にも平壌にも舐められているのがいまの状況だ。威勢はよいが何もできない政権という世界的評価を受ける屈辱は、トランプだけでなく米国大統領が最も嫌うものではないか。

 こんな時期に森友や加計問題で総理の時間を消費するのは、国益とは逆行する。閉会中審議を行うのは良いが、森友や加計が国民の生命、財産を脅かすイシューでない以上、安全保障が優先されるべきである。そんな状況で総理を国会に縛り付け、サンドバッグにしたいと願うのが野党なら、彼らが誰に協力しているかという話になる。単に閉会中審議を政治ショーにしようとするなら、彼らこそ安全保障よりも政局を優先する国賊である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/05 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(16)
おはようございます。
今回の都議選で、思わず吹き出したことがありました。
社民党福島「今回の選挙は、手応えがあってぇ、都民の怒りがぁ・・・」かくして、当選者0! 
どこが手応えじゃ!

共産党の志井の台詞、よくよく聞くと、
「きっぱりと○○にNOと言おうではありませんか・・・」、「実は自民党と共産党の対決なのです」
この言い回し、少なくとも10年以上は聞いた。
「きっぱり」、「ありませんか」は共産党のテンプレート。
多くの国民は、「共産党にきっぱりとNOと言っている」のに。

いずれも無責任にテキトーなことばかり言う連中です。

もっと質の悪いのが反日メディア、最近、かなり調子に乗っています。
スポンサーへの抗議等、広範な攻勢が必要です。



[ 2017/07/05 07:40 ] [ 編集 ]
コント台本
「またミサイルだよ……ちっともやめる気配はないし、だんだんスキルも上がってきてないか?」
「ああ、実際、危険だな」
「そのわりに国民は慣れてきちゃってるけどな」
「ああ……本来ならそこに注意を呼びかけるのも新聞の仕事なんだが……」
「……あのデスクが居たんではなぁ……」
「『一発だけなら誤射かも』に代わる言い回しを一生懸命考えてるらしいな」

「できた! これだ!」

「どうせまたロクでもないやつだよ……」
「まあ、大体想像がつくわな」

「今こそ北朝鮮と友好関係を結び、ミサイルの脅威を排除すべき……どうだ? この論調は」

「やっぱりなぁ……」
「よっぽどアメリカを敵に廻したいらしいな」
「世界を敵に、の間違いだろう?」
「そうだな……さすがにあれは拙いよな……デスク!」

「なんだ?」

「それはちょっと……拙いんじゃないですか?」

「そうか? おお、確かにそうだな、『北朝鮮』は拙い、ちゃんと『朝鮮民主主義人民共和国』と呼ばねばいかん」

「「そっちかよ……」」
[ 2017/07/05 09:03 ] [ 編集 ]
ICBMの中東などへの輸出
北朝鮮のICBMが、中東や中南米などに輸出されないように、情報、生産、輸出入、金銭などの動きに注意が必要だ。

EUは、中東にICBMが輸出されてしまうと、射程になってしまうのだから、もっと、早い段階で、アメリカと共に、脅威と闘う政治的な意思が必要ではないだろうか。
[ 2017/07/05 11:46 ] [ 編集 ]
程度の低い日本の政治とメディア
まったく馬鹿々々しい国会です。
それは勿論、民・共、他さよく野党が重要事項の入れ替えをし、与党に労力を強いているからです。

現在それら野党が「加計学園問題」、「閣僚失言問題」を指摘するのもたしかに一つの仕事ではあるでしょうが、北朝鮮がICBMを撃つ時代になっても国としての国会議員としての重要優先順序が分かっていないのでしょうか。
分かっていてしていても、分かっていなくてしても国会議員、政党として欠格でしょう。
兎も角、なんでもかまわないので偏向メディアのバックアップのもと、「安倍内閣倒閣」が目的化してダボハゼのように喰いまくっている様相です。

さて、その北朝鮮ですが、いよいよICBM(大陸間弾道ミサイル)の入り口に短期間でたどり着きました。
今後もICBMの飛距離を増す開発と核弾頭の小型化を進めます。

http://www.sankei.com/column/news/170705/clm1707050002-n1.html

そのような北朝鮮に対しての認識に日本のさよくは鈍感なのでしょう。
日本に米国が70年以上前に落とした長崎原爆、広島原爆へはしつこい位な活動をしながらその何十倍も威力を持った北朝鮮の原水爆には寛容です。

しかも日本のメディアを含め、米国に届く核ミサイルが何時出来るかには注目していながら、既に日本には化学兵器、細菌兵器を詰めて直ぐにでも落とせるミサイルが北朝鮮が照準しているという現実は軽視しています。
更にもっと以前から中国の核ミサイルは日本に照準されているのですが。

これらの事々、或いはこれも知っていながら東アジア共同体の為に口をつぐんでいるという事でしょうか。

それではそんな北朝鮮とはどういう国であるのか?
金一族の世襲制で現在金正恩(キム・ジョンウン)に支配された非人道的、非民主的、攻撃的テロ国家、キム王国です。
「ラングーンテロ事件」や、「大韓航空機爆破事件」なり先代より行われて来たその体質は一貫しています。

ですから本来、その様な国に対して民主主義国・先進国は同等に扱うべきではないのですが、日本の報道なども相変わらず一国扱いし、「北朝鮮を孤立させず、対話が重要でしょう」などとも以前ほどではないものの聞かれるもしますし、最近では「北朝鮮を攻撃すると大きな被害が韓国などに出る」というものが強調されています。

そもそも、中国を脅威の国に育てあげたのと同様に米国オバマなど民主党政権下で北朝鮮に核兵器開発などの時間的猶予をわざわざ与えて来たツケが今表れているわけです。

そして今「北朝鮮を攻撃すれば、大きな被害を受ける」として更に北朝鮮にICBM開発の時間を与えようとしているというものです。

そこに「竹島不法軍事占拠」や「世界中での日本毀損言動」を続ける実際は敵国である韓国に北朝鮮出身の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が誕生し、米国からのTHAAD(サード)配備で牛歩戦術をとりつつ、「北朝鮮との会話も大切だ」とIOCに「北朝鮮との合同オリンピック参加」を打診さえしています。

http://www.sankei.com/world/news/170703/wor1707030029-n1.html

この韓国大統領には北朝鮮と統一がされた暁には日本を脅せる「核ミサイル」が手に入るというぐらいの事も考えているのかもしれません。

米、ロ、中、フランス、イギリスという国家間の重要事項は決める事が出来ない常任理事国の「国連」、不信の「日米韓関係」。

日本政府もあまり「日米韓」の協力のもと「中国」に積極的な動きをとってもらい「北朝鮮問題を平和裏に解決する」などと言っていると寝首をかかれるだけでしょう。

そもそも中国に何年にも渡って北朝鮮への対応を丸投げしていた事が失敗であり、中国は北朝鮮を便利なツールとしか考えていません。
中国に核ミサイルを向けていると金正恩が言わない限り、出来るだけ利用価値のある存在として保護したいというのが何十年も前から誰にでも分かる中国の考えです。

http://www.sankei.com/world/news/170705/wor1707050002-n1.html

http://www.sankei.com/west/news/170705/wst1707050001-n1.html
[ 2017/07/05 12:11 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/07/05 16:38 ] [ 編集 ]
なつこ様 九州、四国にお住まいの方々
大変な豪雨のニュースです。
少しでも被害が御座いませんように祈っております。
先ずは御身を一番に御守くださいませ。
[ 2017/07/05 16:42 ] [ 編集 ]
「伝統文化」か感覚か
アメリカは独立記念日でしたか。いずれ高~くつくことでしょう。
露中は対話路線を確認し合った、とか。自国領土にも届くのに自信(保証)があるのでしょうか。

朝日はその「誤射」が築地本社に突き刺さるとは想像も出来ないらしい。「誤射」ですもの、何でも有り得るでしょうに。

反日野党は何があっても政局第一なんですから、ず~っと前からアレラは国賊ゾ。

加計学園を「問題」だとするなら、加計学園や今治市と心中すべきは元民主党現民侵党でしょうが。
よくまああれだけ口を拭えるモノだと、日本人なら呆れ果てるしかない。
議員として、人として、選挙区有権者はよ~~~く視ていて戴きたいです。

志位氏もねえ、政権に触った事も無い唯一の古くからの党が、今回の小池ファーストに潜り込んだり、素面共産党で議席を増やせて驚喜しているのかしら。

だけど、選挙に関しては「日本の有権者の絶妙なバランス感覚」と評論される事をお忘れの模様。
空気で膨らました綿飴はすぐにしぼんでベッタベタ。
都民は新しモノ好きだけどすぐ飽きるという「伝統文化」があるのも忘れない方がイイと思うわ。

小池氏はファースト党代表を降りるに「都の二元代表制で、ご不審を抱かれないように」風な理由だったそうですが、地方議会の二元代表制は今に始まった事ではない訳で、選挙の為の客寄せ代表戦術で要するに有権者を騙した様なもの。
代表に戻った野田数氏も横領云々を報じられているのだそうで、メンバーなんともお賑やかな地方政党です。
[ 2017/07/05 17:35 ] [ 編集 ]
日本国とG20
安倍総理は、G20サミットに出かけているが、西日本、九州地方は、今、大変な豪雨だ。河川が氾濫している地域もある。報道では、自宅で逃げ遅れている方もいるようだ。自衛隊のヘリなどは、救助で必要になるだろう。

安倍総理は、G20サミットにおいて、人口降雨の全面禁止を提言すべきだ。その科学的な因果関係は定かではないが、直観的に人口降雨が、日本国のみならず世界各国の豪雨の原因であると、オレは思う。

出来るならば、安倍総理は早々に帰国して、水害被害の指揮をとった方がよいだろう。状況としては、鬼怒川の氾濫よりも、被害は拡大するかもしれない。安倍総理か麻生副総理は、水害の指揮を執るべきだ。
[ 2017/07/05 19:25 ] [ 編集 ]
こはる様
お見舞い、有難うございます。

今、ツキクサ様へのお返事を投稿したところで、
こはる様のお知らせを読み、始めてテレビを付けて、
吃驚しました。

全く、テレビを付けないでいますので、
このような時には困りますね。
こちらは、昼時にザッと降ったほどで、その後雨はなく。
周辺地区が、こんなに大変なことになっているとは・・・。

被害が大きくなりませんように。
ともかく用心いたします。
有難うございました。
[ 2017/07/05 20:52 ] [ 編集 ]
緊張感だけは。。。
昨日の米国の独立記念日に合わせるかのように北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて、米国のティラーソン国務長官が、遂に「ICBMだった」と認め、「強く非難する」と表明しましたが。。。米国としては、これまで「ICBM発射=レッドライン」の認識で北朝鮮に発信してきていましたので、トランプ大統領の今後の対応が注目されます。

何せ、(北の核ミサイル開発の進歩オバマの所為と)今まで散々オバマの弱腰外交を非難してきましたからね。。。それこそ、このまま北朝鮮が核ミサイル開発が進めば、次期大統領はないでしょうし。。。下手するとその前にコケルかも!?

いずれにしましても、今後の動向について日本にとっては緊張が走ります。。。

また、韓国では文在寅の今回の訪米を「無事に終わった」なんて高評価していますが、結局は米韓の最大の案件のTHAADが共同声明では触れられませんでした。そればかりか逆に、米国は在韓米軍の戦時統制権の早期返還に同意しました。

何かこのままいけば、「いずれは在韓米軍の韓国からの撤廃近し」って感じがしますね。。。在韓米軍が韓国の統制下に入るわけなどないですから。

そういう意味では、今回の会談は「米韓同盟の終わりの始まり」です。。。

まして、北朝鮮と一緒にアイスホッケーしたいという文在寅を信用する米政府関係者などいないでしょう。。。


[ 2017/07/05 22:20 ] [ 編集 ]
閉会中審査行う? 証人喚問?
税金の無駄遣いで済まない、日本の国際的信用を損ねる危機的状況。
政権交代後、コツコツと積み上げてきた日本の国際的信用が脆くも崩れる。

海外からは、日本では北の核脅威よりも国内問題が優先と見える。
拉致問題解決にも悪影響を及ぼしかねない政治プログラムである。

与党は都議会選挙の結果を見た上で、早目に下した判断なのであろうが、これこそが民主主義の大きな落とし穴。
山谷えり子氏が過去に述べられた言葉であるが、「成熟した判断が出来る国民という、民主主義の前提は成立しない」
当時もっともなお言葉だと思った。

こんな事が起きるから、私は独裁主義を全面的否定はしないし、民主主義を全面的肯定もしない。

そこで今日の産経新聞の加計問題に対する屋山太郎氏の話を見て、多少救われた気がした。
[ 2017/07/05 22:23 ] [ 編集 ]
屋山太郎氏の話で訂正
出元を産経新聞と書きましたが、ネットの産経新聞ニュースの誤りでした。
ごめんなさい。

ついでに一言。
北のEEZに向けて花火でもいいから一発打ち込んでやりたい。
[ 2017/07/05 22:42 ] [ 編集 ]
北朝鮮の事に触れたがらないメディアと野党への追求
北朝鮮の話題は度々出てくると言っても、一部の番組で特集を組まれて取り上げられるものの、全体的に地上波ではあまり触れたがらないように見えますね。

ただ、この期におよんでも「森友」とか「加計」で、意味不明な煽りをしても、急所を付けたわけでも無く、単なる「報道テロ」にしか思えません。

こういった問題を、今後引き起こさせないためにも、「テロ等準備罪」および「放送法改正」、「電波競売法」の導入など、マスゴミ対策で、やるべき事はきっちりやってほしいと思いますね。

喫緊の重要課題である北朝鮮等に触れようともしない野党やメディアは、日本からも消えるべきだと思いますね。

安倍憎しで、国民に必要な情報を報じず、どうでもいい事で誇張してでも騒ぎ立て、政権攻撃「しか」しない(政権攻撃の為ならば、捏造でも何でもする)ような存在は、信用を失って自滅していくだけですね。
[ 2017/07/06 00:17 ] [ 編集 ]
祝砲
<北のEZZに向けて、花火でもいいから、一発ぶち込んでやりたい。

どうぞどうぞご遠慮なく。

明治36年の11月3日、すなわち明治天皇のお誕生日に、旅順攻囲中の我が第三軍は天長の佳節の祝砲をすべて実弾にて、敵要塞に打ち込みました。

日本に再びそのような時代が来るでしょうか。

[ 2017/07/06 01:20 ] [ 編集 ]
陳腐な報道
今日本の政治が真っ先に対応していかなければならないのは「国民の生命と財産」にどれほど関わる事なのかという「THIS IS問題」などではなく国政ですが、「安倍打倒至上主義者」の偏向メディア・反日野党共同体は毎日電波を私物化しています。

https://www.j-cast.com/tv/2017/07/04302339.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88

しかし厚い壁ですね。
『法』のコアに居る左翼『日弁連』同様、『報道』のコアに居る『偏向メディア』。
それらに比べれば日頃細かな反日活動をしているサヨク・在日共同体などはそれらさよくの柱が崩れればなんという事もない存在となるでしょう。

例えば、JR秋葉原駅前で街頭演説での「安倍やめろコール」など。
頻りに偏向メディアが「市民の声」として、「一般国民が安倍首相をこんなにも批判している」とイメージ付けさせるための映像が繰り返し流されていますが、これもまた事実を届けるべき使命のメディアが『護憲・反安倍』という偏向したメディアであることによる放送の一例です。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6715.html

この様な例は以前の「国会前でのデモ」もしかり、「沖縄での米軍基地移設反対運動」でもしかりです。

http://www.sankei.com/politics/news/170415/plt1704150007-n1.html

http://www.roumajin-diary-matome.com/

この様なミスリード報道がされなくなればやがて一般国民にも事実が見えて来るものです。

それだけにNHKの改革は重要であり、籾井勝人会長人事は失敗だったと思います。

http://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/

もっと頭のいい、したたかな、そして日本国を愛する人物を経営委員会は決めるべきだったと思います。
ではそれは何故か?
と言えばNHKは多数の一般国民が可也信頼して視聴する放送であり、そこがまともな報道をすれば、偏向メディアの朝日、毎日などの報道と比較する機会が国民に与えられるからです。
そしてNHK内部に居るさよくの駆逐も同時に重要なことです。

[ 2017/07/06 08:12 ] [ 編集 ]
レッドバロン様
再び戦争が起きて欲しくない。

その為にも、日本はいつまでも黙っているわけではない、という意思表示が必要ということです。
[ 2017/07/06 15:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: