私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  小池都知事の圧勝 ~ 政治はメディアと国民の戦だ

小池都知事の圧勝 ~ 政治はメディアと国民の戦だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日投開票が行われた東京都議会議員選挙は、都民ファーストの圧勝に終わった。島部を除く全候補が当選という、出来過ぎた勝利で、板橋の横領犯まで議席を得る始末である。逆に、自民党は歴史的惨敗を喫し、反安倍勢力は早くも「安倍責任論」を振りかざし、国政を揺さぶろうとしている。

 これほどまでに左派メディアと倒閣野党にとって“美味しい”スキャンダルが噴出したことはないだろう。年が始まって早速出てきた森友学園問題と、それに追い打ちをかける加計学園問題。自民党二回生議員(安倍チルドレンと呼ばれる)の不祥事、稲田防衛相の失言と下村元文科相の加計献金疑惑。二回生議員の不祥事以外は論外なものも多いが、森友、加計に関する忖度と「総理のご意向」、下村氏の献金疑惑は、倒閣野党と左派メディアが仕掛けた「工作」であり、「濡れ衣」である。しかし、結果として、多くの有権者はそれに踊った。

 そもそも、前述の自民にとっての逆風要素は、都政と全く関係がない次元のイシューである。しかし、この都議選のあいだ、たとえば築地市場の豊洲移転問題、待機児童問題、全国で最も出生率が低い東京都独自の問題など、都政に直接かかわるイシューが、政策論争として引き合いに出されることはほとんどなかった。それが、メディアがとった印象操作という工作である。多くの有権者にとって、何を争点にしたかわからぬ選挙戦だったのではないか。

小池百合子


 小池百合子氏が都知事選への立候補を表明したのが2016年6月末。その一ヵ月後の都知事選で圧勝した。今から僅か1年前のことであるから、1年前に吹いた風を引き続き吹かせているのは見事だ。しかし、その風は都知事が自分で吹かせているのではない。小池都政の1年間で、目立った実績はない。風は、メディアが吹かせているのである。都民ファーストの圧勝は、政治素人が多くを占める都民ファーストが都議会運営で主導権を握り、特に問題もなければ東京五輪はその状態で迎えることを意味する。

 自民党の自滅は、都議会のドンと呼ばれた内田茂のスキャンダルが発覚した時点から始まっていた。自民幹部が小池都知事の当選後、あいさつに来た都知事に握手もせず、器の小ささを見せたことも大きなマイナスだった。都連は中央に責任を転嫁するだろうが、自戒の念も持つべきだろう。

 政策論争もほとんどなかった都議選は、結果を見れば人気投票だった。2009年夏の総選挙で、「一度やらせてみよう」と民主党(当時)を勝たせた選挙を彷彿とさせる。2009年と同様に、その選挙を主導したのは、小池都知事でも自民党でもなく、マスメディアである。政治とは、政党同士の戦いであると同時に、マスメディアと国民の対決なのだ。今回は、残念ながら、メディアの勝利を認めざるを得ない。次の戦に勝とうとするなら、マスメディアの影響力を徹底的に低下させるしかない。そんなことを思わせる都議選だった。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/03 07:05 ] 政治 | TB(0) | CM(25)
関西にはサンデーモーニング以上の反日極左番組があります。毎日放送「ちちんぷいぷい」
この番組は脱税したNPOから違法接待受けて愛人と不倫ハワイ旅行してたのに全く反省してない毎日放送幹部石田英司、日テレアナ山本健太の父ヤマヒロ、TBSラジオ馬鹿王子武田が安倍首相叩き人格攻撃の偏向報道を毎日してます。
テロ準備罪や加計報道ではただ安倍憎し、安倍叩きしたいだけで全く取材せずに「○○だと思う~。○○だから官邸安倍が悪い」と妄想だけで反日極左活動家の3人と松尾貴史が安倍叩きしてます。
これは立派な放送法違反です。このちちんぷいぷい動画をTwitterやブログ、ネットで拡散して全国の皆さんでちちんぷいぷいの偏向をBPOに通報しましょう。拡散お願いします
http://youtube.com/watch?v=2yW9tcOjIm4
http://youtube.com/watch?v=_YHZem8h2yI
http://youtube.com/watch?v=ZUeB-QGYfEE
http://youtube.com/watch?v=b13SPooRD_o
[ 2017/07/03 07:40 ] [ 編集 ]
ちなみにTBSラジオ馬鹿王子武田はちちんぷいぷいで中国人民解放軍から食事接待受けた事を自慢気に喋ってました。中国のハニートラップに引っ掛かった武田は日本より中国の方が民主的と言い出しました
http://twitter.com/kazuakitakeda1/status/881178979985539072
ちちんぷいぷいは前司会者の西靖が「韓国は竹島領土や」と言ったり、安倍首相のカツカレー批判を最初に報道したり、熊本地震で被災地の弁当盗んだだりとんでもない反日クズ番組です
ちちんぷいぷい不祥事まとめ
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/tvsaloon/1496927613/1-5
[ 2017/07/03 07:41 ] [ 編集 ]
安部→安倍
首相の姓の表記には細心のご注意を!
いつも共感している小生ですが、名前の間違いを見るとげんなりします。
[ 2017/07/03 08:04 ] [ 編集 ]
都議選の感想
まず、はじめに、小池都知事の都民ファーストの躍進に、お祝い申し上げたいと思います。

自民党は、やはり、谷垣さんがいないと、選挙は勝てないようだ。自民党の復活ためには、谷垣さんの幹事長復帰こそが望ましいだろう。

今の選挙は、知名度がないと勝てない仕組みだ。そこで、小池都知事に何かマイナス要素があったかというと、自民党に比べて、マスコミの報道を見る限りなかったといえるだろう。負ける要素が、自民党よりも少ないのだから、勝って当然。公明党と共産党は、都民ファーストと選挙協力関係にあったことで、議席を伸ばした。民進党の票も、都民ファーストへと流れたようだ。

都民の支持を得た今、その議員の方々を批判するのは気が進まないが、都民ファーストの弱点について、思うところを申し上げるならば、それは「烏合の衆」にすぎないということだ。ほんとうに、国政に携わりたい、この日本国、首都東京を良くしたいと願うならば、その志のために日々努力してきたはずだ。つまり、今、積み重ねた努力はそれなりの政治的な学識となってしかるべきなのだ。果たして、都民ファーストの議員で、小池都知事よりも政治力がある人物は、何人いるのだろうか。

選挙については、実力より人気のある人物が当選するような仕組みになってしまったのが現状ではないだろうか。そのため、自民党にも、表面的な人気優先のタレント議員が増えてしまったように思う。その結果、政治家の世代交代は進んでいないし、若い世代に有能な政治家は少なく、有能であっても少数であるため、党全体として日本国民とメディアへのアピール不足は否めないだろう。

マスコミは、いろいろと報道するのだが、議員に立候補した人物について、都民は何も知らないに等しい。それは、公職選挙法などの、選挙運動に関するところの話なのかもしれないが、もっと、議員の人物について、日本国民の情報を知る機会を増やす、つまり選挙制度を規制緩和したほうが、国民にとっても議員にとってもよいだろう。

仮に今、西園寺公望さんのような優れた政治家が、東京都議会選挙に自民党から立候補したとしても、都民ファーストの若手タレント議員に、選挙上の得票数で負けたかもしれない。

そのような選挙制度下にあっても、自民党は、優れた政治家を一から育成すべきだろう。自民党に、未来への布石として松下村塾に倣い政治塾を開き、優れた人物は議員の候補者として、金銭面なども支援してはどうだろうか。
[ 2017/07/03 08:33 ] [ 編集 ]
00
こうなるとは予想していましたが、これは都民ファーストと率いる小池さんの没落が早く来ると思います。主犯のマスゴミも道ずれに。
[ 2017/07/03 08:54 ] [ 編集 ]
烏合の衆は、すぐに瓦解する
地方民なので、どうでもいい選挙でした。
[ 2017/07/03 09:50 ] [ 編集 ]
そんなにがっかりすること?
最初から勝負にすらなっていなかっただけの選挙だと思います。都民ファーストに自民票が流れたのはそれだけ自民都議が酷かったから。マスコミのネガキャン騒動なんて後付け。独り勝ち確定の都民ファーストに反日勢力が丸乗りした状態。民主党政権というより大阪維新に似ていると思う。維新はその後何人か離党しましたが、都民ファーストはどうなるでしょうね。
[ 2017/07/03 10:09 ] [ 編集 ]
相互利用で政治の前進を
自民党23議席。如何に自民党のオウンゴールがあったとしても、ここまで惨敗するとは思いませんでした。やはり創価学会の支援が無いとダメなのか。

テレビ・新聞では早速、安倍首相の責任問題や今後の政権運営での難しさ等の話題が占めていますが、自民党敗北という「自民党内での責任問題」はともかく、「安倍政権」としてのダメージは、それほど心配する必要はないのではないか、と思っています。

「都政と国政は別だ」とよく言いますが、前例として大阪府でも、自民党は共産党と組んでまで新興勢力だった維新の会とはバチバチに対立していました。しかし、国政ではと言うと、是々非々ではあるものの維新の会はむしろ「安倍政権」に理解を示す立ち位置にいます。民進党や共産党のように反安倍一辺倒ではなく、是々非々であることは野党としては健全であり、むしろテロ等準備罪のように適切な法案修正が行われ、それは国民にとり大きな利益にもなります。

今回、都民ファーストの会が圧勝しました。小池都知事の都政課題には、保育所問題や豊洲問題等いろいろありますが、なんといっても最大の課題は東京オリンピックの成功です。そのためには、昨日の会見で述べた通り、現政権である安倍政権とキチンと連携していく必要があり、民進党や共産党のように無用の対立をしている余裕はありません。また、小池都知事も安倍首相とは自民党内での立ち位置が異なったとはいえ、改憲派であることには違いはありません。もっとも、小池都知事が、安倍首相の後任を狙う「ゲル」こと石波茂の一派であることの不安はありますが、、、、。

なんにしても、都議選での結果は出ました。今後は、安倍首相も小池都知事も各々の目指す政治課題に向かって、是々非々を前提に相互に利用しあい、政治を少しでも前進させていってほしいと思います。
[ 2017/07/03 12:37 ] [ 編集 ]
昨年の今頃。。。その余りの腐敗ぶりに「自民党都議連は全員落選して出直せ!」と思った自分が居た
都議選での自民党惨敗を受けて、今日は少し冷静になって過去を思い耽(ふけ)ってみました。

それは、昨年の夏の東京都知事選でした。。。

自民党都連がもたもたしていたのを見て、小池百合子議員が先に出馬表明をする事で主導権を握りました。
そうなれば、後から桜井俊前事務次官を擁立しても「自民党票が割れます」から極めて不利になることが誰しもが解っていたことなのに、その時、石原伸晃都連会長や内田茂都連幹事長は、小池百合子の出馬会見で慌てて桜井俊氏に出馬打診をするという間抜けな行動をとったのです。

小池百合子が出馬を断念するつもりは無いわけで、当然そうなれば桜井俊氏が出馬要請を固辞するのは当たり前の進行でした。桜井前事務次官が官僚を退任した時点からやっておくべき出馬要請の根回しを自民党都連はろくにやっていなかったのです。

実は、自民党都連は今まで都知事選の度にそのような体たらく顕してきました。

例えば、当時の内田茂幹事長は、猪瀬前都知事の時だって「ただ嫌いだ」という理由で猪瀬を見捨てる判断をしておきながら、代わりの候補者捜しを併行して進めていませんでした。その為、その隙を見抜いた舛添が創価経由で公明党を動かし、都知事選の候補者として自民党都連を押し切らせたのです。。。

但し、舛添が過去に自民党に後ろ足で砂を掛けて出ていった経緯の人物であることを考えれば、本来はそのけじめが必要となります。。。それなのに、そうした行為に対して筋を通させる事など一切させずに、公明党から言われたら二つ返事で言うことを聞く内弁慶の内田茂が、あっさりと都知事選に舛添要一という話にしてしまいました。

その時、自民党員は仕方なく舛添要一と書きましたが、自民党都連が舛添要一に筋を通させる事もせず候補者にしたことについて納得などしていません。。。所謂、消極的支持層が大半だったのです。

それが顕著に顕れたのが昨年の都知事選だったのです。。。自民党都連に対する不信、不満も貯まっていたからこそ自民党支持層の半分以上が増田ではなく小池百合子に票を投じたのです。

私自身も思っておりましたが、「あまりにも韓国に媚びすぎる」事を発端とした舛添辞任劇を考えれば、 そもそも「媚韓の増田寛也」というタマでは戦えるわけがありませんでした。

つまり誰でも解るそのような無能策の発端は、フットワークを欠いた、間違いなく利権や感情のみで動いてきた自民党都連にありました。そして今までも、自民党都連はたとえ落選しても都連幹事長に居座り続けた内田を筆頭に誰も責任を取らないでやってきたのです。

そして、当然のように自民党都議どもも、内田茂をドンとした「ヤクザ都政」に子分として仕えてきました。本来であれば、都議なのですから仕える相手は都民なのに、です。。。自民党都議は相変わらず都民ではなく内田茂という老害の顔色を伺っているだけという状況が長く続いてきたわけです。

そういうことが昨年の都知事選で公に大々的に暴露されました。

そういう意味では、今回の都議選は「都知事選の戦後処理」の意味合いがかなり強かったと思います。

自民党都議連が腐敗ぶりは、きっと都民にとっては「全員落選して出直してこい!」ということなのでしょう!?。。。


長くなりましたが。。。こはる様、レス誠に有難うございました。

私も決して諦めません。いつまでも長生きして「日本の再生」を見守って参りたいと思っております。
こはる様もご健康にご配慮されて楽しい毎日を過ごされることを祈っております。


[ 2017/07/03 14:44 ] [ 編集 ]
こちらこそ です。
抜粋編集室様
こちらこそ、ご丁寧に温かい御心ありがとうございます。

諦めたらそこ止まりですからね。
せっかくの安倍総理の復活の意義を生かすのは、半分以上私達日本国民の義務だと思います。
光は見えているのですから。

古来からの先人の戦い護り創ってきた日本に生れたことを感謝しつつ・・・
「七生報国」という言葉もありますし、気長に楽しくオババの妄執wで頑張って生きます!
ご一緒に。
[ 2017/07/03 17:36 ] [ 編集 ]
取り敢ず
何だかなあ、という気持ちです。
小池氏のこの一年近くを遠くから見て、都知事選の時には感じなかった彼女の意地の、あまり上等とは言えない底を感じました。

自民都議連とあまり違わないレベルの、根に持つタイプの様な、これが彼女の本性ならば、あまり期待出来ない政治屋さんではないかしら。
利用出来る物は利用し尽くす。それが政治の一手段だとしてもそればかりでは人物への信頼が生れようもありません。

都民の生活や安全、3年後の都の威信を賭けるはずの五輪、よりも何よりも、自分の勢力伸ばしが最優先で虐めた自民都議への復讐成れり。
それで居て安倍総理とは連携したい?
五輪も、魚市場移転とその為に他10箇所の市場会計を使い果たしてまだ足りなかろう大出費の元は彼女の遅延行為。
これを国費で賄うための内閣擦り寄りならば、他県住民として断固断りたい。

「原点は日本新党」と言って憚らないお人ですから、利用出来なければ安倍自民とも袂を別つのは自明の理。こういう人には期待したくないです。

メディアは小池氏が都知事に就任直後から総じて叩く姿勢を展開していましたが、今年の5月以降はそれまで叩き一方だったアノ「文藝春秋」でさえ彼女の寄稿を載せる態度の変りよう。
反自民(安倍)姿勢を見せると飛び付くメディアというのはよく分りました。

需要がなければ潰れるしかないのですから買わなけりゃ良いのよね、取り敢ずは。
南鮮に尻尾を振ったフジTVの例もありまっせw

石破某が同じく5月頃から反安倍施政を顕わに報道出演して居ますが、よ~く分った!
あの顔は腹黒さの証明なんだわ。
[ 2017/07/03 18:10 ] [ 編集 ]
石破某が~反安倍「施政」 は 姿勢 の誤りでした。訂正致します。
[ 2017/07/03 18:16 ] [ 編集 ]
手をかけた復讐劇
昨年来の自民党都連のグダグダぶりは抜粋編集室様のお説の通り。

しかも都知事選の時に官邸から早く候補者を選べ、小池でいいじゃないか、と言われたのに都連が異をとなえ、桜井氏に断られた挙げ句、増田氏という花も実もない候補を擁立して惨敗をきすという無様ぶりでした。今回の自民党の大敗はもうあの時に確定していたもので、小池都知事からすれば残敵掃討の段階でしょう。安倍政治云々はほとんど関係ありませんわな。

だいたい小池氏の政局の読みと選挙での勝負強さは石原伸晃や内田ごときが束になっても勝ち目がないレベルのもの。それが判っていたから官邸は虎を野に放つ程ではないにしても、小池猫を自由にさせない作戦を立てていたのに、愚かなる都連の頭の黒いネズミたちが無益な抵抗を試みて、今回小池猫にみんな喰われてしまいました。余りにも愚かというべきでありましょう。

ただし、こはる様の仰せの通り、無類の勝負強さを発揮する小池の姉御にはその理念や将来像まったくが見えません。その賭才を国家国民の為に使うことを願うばかりです。

今回は都ファを勝たせすぎない為に自民党の可愛い子ちゃん現職議員に投票しましたが、幸い我が杉並区では定数6に対して自民党の若手現職2名がいずれも当選しました。隣の世田谷区でも定数8に対して自民党3名が全員当選を果たしており、全般苦戦の中では天晴れ。もともと左翼リベラルが強いといわれる杉並、世田谷の山の手地区で何か静かなる地殻の変動が起こっているのかもしれませんね。
世代交代、喰われてちまったベテラン議員はしょうがない、若い人たちに期待します。

[ 2017/07/03 19:49 ] [ 編集 ]
快挙
バロン閣下
杉並、世田谷。アララのラと言いたくなるほどの快挙じゃ御座いませぬか。
二区とも現区長がナニで、都内都下西方面全滅か、と思って居りましたのに、非常に喜ばしい事です。
全都の先駆けに違いない! と思いたいですね。


世捨て人を希望しているのか?アノ軍曹殿、トンと音沙汰無くて、今頃得度しているのであろうか?
なつこ様まで、世を儚んで尼寺はお早すぎなのにねえw
都民のST様はどないでっしゃろ?
[ 2017/07/03 20:22 ] [ 編集 ]
東京都民ではありませんが・・・
国政と都政は別物と思っているので、
世間やマスコミ、そして安倍総理はじめ自民党国会議員までが
どうしてこうも反省指向なのか理解に苦しみます。

たしかに応援演説に立った大臣の失言や二期目馬鹿議員の暴言はマイナス要素だとは思いましたが
そもそも、小池知事が誕生して自民党都連事務所に挨拶に行った時の
自民党都議の握手拒否の時点から「なにあんたら勘違いしてるの??」と思ってましたし、
今回の大敗は、国会議員のせいでも安倍総理のせいでもなく
自民党都議のこれまでの態度と、都民から信頼を得ていないというすべて身から出た錆です。
自分の不徳の反省もせず、安倍総理や人に責任を押し付ける態度を見て
こりゃ落ちて当然、四年後も無理と思いました。

都民ファーストの方も大勝したものの政治では素人集団
すぐに現実に直面しあたふたし始めますよ。
これからの議会運営にあたり誰かにアドバイスを仰がなければやっていけないでしょう。
まさか共産党に開襟を開くとは思えないので、そのうち公明党か自民党に教えを乞う時がくると思います。
その時に意固地にならず去年の知事選の時のようにならず
自民党都連が大きな心でいられるかどうかが都政運営を左右すると思います。
自分達のためでなく、都民の為に働かせていただくという姿勢をもう一度取り戻さない限り
自民党都連の明日はないでしょう。
[ 2017/07/03 21:22 ] [ 編集 ]
今回の都議選の国政に対する影響度は?。。。
レッドバロン様の
>今回の自民党の大敗はもうあの時に確定していたもので、小池都知事からすれば残敵掃討の段階でしょう。安倍政治云々はほとんど関係ありませんわな。

には、私も全く同感です。

小池都知事が先ずは何をしたかったのか?。。。それには

①昨年の都知事選で自分に非礼の限りを尽くした自民党都連の多くを都議会から排除すること。(執念深さ①)
②その為にはドン内田を追い出し、最低限、握手を拒否した川井都議会議長を落選させること。(執念深さ②)
③そして小池都政に反対する勢力の排除することによる「小池(自分)ファースト」安定化を実現すること。(権力欲)

等が考えられますが、結局見事に全部実現してしまいましたね。。。(失笑)
まあ、原因は安倍政権云々と云うより、大方は自民党都議連の体たらくにあるので、これも自業自得ということでしょうがなかったということでしょうかね!?

まあ、問題は今後の安倍政権(国政)への影響なんですが。。。私としても安倍政権支持の(マスゴミに騙されない)保守岩盤層を信じているので、そんなに心配していないんですが、果たしてどうなんでしょう?

それに関して、ここで、ネット記事から心強いご意見を抜粋してご紹介します。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52185?page=2(高橋洋一「ニュースの深層」から)

『かなり乱暴な言い方であるが、自公連立政権としては、都民ファーストが勝っても自民が勝ってもどちらでも良かったともいえる。
都民ファーストが勝利したが、2020年の東京五輪を控えて、小池都知事が国政で自公政権と対立するとは思えず、むしろ協力関係を築くことになるだろう。都民ファーストの勝利は、自民党都議の議席を減らすと同時に、民進党にとっては「虎の子の民進党都議」を小池都知事にとられただけ、になる可能性が高いのだ。
東京都における都民ファーストの躍進は、大阪における維新の台頭と表面的には似ているとも言える。大阪では維新の会は自民党と競合しているが、大阪万博やカジノ誘致のために、国政では安倍政権と協力関係にある。小池都知事が率いる都民ファーストは、2020年東京五輪があるので、同じように安倍政権と協力関係にならざるを得ないだろう。
実際、小池都知事の発言をよく読むと、安倍政権の批判はしていない。安倍首相も、小池都知事を名指しで批判していない。このあたりは、今後の協力関係を想定しているかのようだ。』


[ 2017/07/03 21:35 ] [ 編集 ]
自民敗北は、仕方ないといえば仕方ないのだが・・・
自民党都連の「膿(石原・内田一派)」も問題だったと思いますし、小池氏の選挙戦術も上手かった為、こうなるのは仕方なかったと思います(それにしても勝ち過ぎだとは思いましたが)。

ただ、メディアの狂信的な反安倍報道も影響しているような気がしますね(特に無党派、大衆層に対して)。

何より、放送法はあっても、メディアの偏向・捏造報道を罰する法律がありませんから、「都合の悪い事実」は報じなくても、「処罰されることが無い」という、ふざけた事態がありますね。

これは本当に異常な事態です。「共謀罪」は制定されましたが、これだけではメディアの情報工作活動に対しての対処手段が不十分で、「放送法改正」、「電波競売」の導入は確実に必要になります。

NHKに対しても、国会中継と緊急放送、重要なニュースの報道など、「公共性」があるもののみ無料視聴できるようにして、それ以外は、全て民間に「譲渡」するべきだと思いますね。

マスゴミ対策としては以上ですね。

小池氏ですが、確かに選挙戦術はうまいですし、「朝鮮学校」への切り込みもしたことはありますが、彼女の保守系の人物と交流がどうなっているのか定かではありませんし、「政治理念」もよく分かりません(本人自身が語った事が無いと思います)し、今一、信用ができるところがありません。

結局、「強い者に媚びる」という体質を持っているようなところがありますから、良い時もあるとはいえ、時代の趨勢に流されるようなタイプなのかとも思えてしまう所であり、「政治家」としては、特にリーダーの立場としては「どうなのかな」と思ってしまいますね。
[ 2017/07/03 21:52 ] [ 編集 ]
こはる様
こはる様は、お上手すぎます。
世捨て人を希望?の軍曹殿は得度されているのか、
世を儚む私への尼寺は早すぎ、都民のST様はどないでっしょろ
と呼びかけるこの巧みなこと!

本当に可笑しくて、大笑いしてしまいました。
記事に対するコメントは、なかなか書けず、
投稿に至らない私が、こはる様の面白さにつられて、
のこのこ出て参りました。

何が上手って、毎回欠かさず、管理人様の提示される記事に
対してコメントが出来る知識量、新たな問題への下調べや
問題を考察して、文章化される能力です。

さらに、このように巧みな駄洒落を連発されるところなど、
本当に上手いなって思うのですね。
そして何より、国を思う熱い心が根っこにあることです。
ですから、安心して読ませていただけます。

こはる様も頑張って書かれてあるから、
貧者の一灯でも、投稿しなければと思いつつ、
出来ないままです。
日本が中韓の様になって行くことのおぞましさに
どうにも気分が塞ぎます。
日本人の常識では考えられないことが
メディアの世界で顕著です。

日本人の真っ当な精神は、情報戦において劣勢です。
日本を壊すことのお先棒を担ぐ反日メディアや政治家に於いて 
外国勢力と軌を一にする外来種が増えたことが大きいのでしょうね。

嫌な事ばかりが続いて、誇るべき日本人の善き精神は、
かき消されてしまいます。
そのことを皇室でも見なければいけないのは、
本当に悲しいものです。

常連の皆様の物事の本質を捉えた達者なコメントは、
一々、ご尤もと思うところばかりですので当分の間、
ロム専で応援させてくださいませ。

こはる様が、笑いの種を撒いて下されば、
パブロフの犬の如くまた、出て参ります。
[ 2017/07/03 21:54 ] [ 編集 ]
2009年とは異なった流れになると思います。

なぜなら、今は格段とネットの世界が進んで、多くの国民がネットで確かな情報を得られるからです。

以前のときは、今の様に簡単にネット情報を入手出来なかったですから、アナログなメディア情報だけをまんま刷り込まれて、間違った選択をさせられましたが、今度は大丈夫だと思います。

この間に、朝日新聞を始め、多くのメディアは反日と認識されています。
多くの国民はもう騙されないでしょう。

しかも、今回は安倍政権を倒したいがために、メディアの報道ぶりは余りにも酷く偏向していて、異常なレベルだったし、そもそも都知事選の時から自民党都議連じたいが白い目で見られていたところから始まっていますから。

それこそ内田氏は前川みたいに恋々としがみついていたような印象を与えました。その反動で単に、都民ファに流れただけ。
悲観するほどではないと思います。一時的なものと思います。
多くの国民はちゃんと知ってます。
日本のために動いてくれるのは安倍さんの他にいないってことを。

しかも、小池さんはR4とか他の野党党首に比べそんなに安倍さん批判をしていません。ふたを開けたら、小池さんと安倍さんはうまくやって行くかもです。
これも想定内の作戦だったら面白いんですけど。

なんて、楽天的でしょうか。
[ 2017/07/03 22:39 ] [ 編集 ]
なつこ様
そりゃダメよ、なつこ様。
この現在の日本で云いたい事はいっくらでもあるでしょ?言わぬは腹膨るるなんとやら、で健康上極めてよろしくない。

私もね、何で毎日文句タラタラ書いて居るのか時々分らないのですが、これは本当に私もパブロフの犬状態なのかも知れませんのです。でも、イイのだ。(と自分で云っちゃうところが年の功w)

一人が投稿するとその意見に直接関係無くてもいろいろな方が書いてくださいますから、多くのご意見を読めるのが好きなのです。
ココ、そんなにバカな事を書く人少ないし、とんでもないアホが来たらムフフで鴨葱でしょ。
それより学べること多いですから居座っているのです。

読み方専門になさると、多分書き手も少なくなる気がします。
それは私的に物凄く、つまらないw。
敬老の精神w発揮しましょうね。
なつこ様はご自分でお分りではなくご謙遜の割合が80%超えです。決めつけ。
[ 2017/07/03 22:50 ] [ 編集 ]
”得度” なんかしとらんわぃ
こはる様

得度なぞしようものなら、その瞬間に脅迫的煩悩に駆られ近隣のナニを見境なく
襲う破戒不良爺の降臨となるのじゃないのでしょうかねぇ。

今の世相を窺うと腹が立つことが多すぎて呪詛の断片しか浮かんでこんのです。
大店のおひい(姫)さまをヒロインとした与太話ですら綴れません。 
名手江州丁様ですらお静かでございますから、やむを得んのじゃと一人納得して
おりますw。

今の世相からあえて目を逸らし、苛酷な混迷であったのであろう満州事変から
大戦までを俯瞰した本を読んでいますと少し心が落ち着きます。

当時は無能な政治家に無責任なマスゴミ、軍部は統制派と皇道派の覇権争い。
イデオロギーとは別に支那事変を拡大し栄達を謀らんとする馬鹿軍人とそれを
危惧し止めようとする天才軍略家の石原莞爾との軋轢。
これを囲む外敵は米・英・支那・欄・仏、と日露戦争以来の宿敵ロシア・・・

今は無能で卑怯な野党と無責任極まりないマスゴミにハラが立つだけであり、
露骨な外敵といえば支那と朝鮮。 当時と比べれば家族を含めて約10万人の
米国人を人質にした状態でありますから「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ」なんて
まず起こりえず、高見の見物でよいと思えるからですわ・・・

以上、取り急ぎの近況報告でございます。
[ 2017/07/03 22:55 ] [ 編集 ]
これから痛い目をみる有権者
都民ファーストの圧勝に脱力しています。しかも、トップ当選とかワンツーフィニッシュとかばかり。ここまでひどいとは予想外ですね。

自民都議会の腐敗はみなさんのご指摘どおりなのだと思います。マスゴミ誘導の国政イシューの都議会選挙持ち込み、しかもイチャモンレベルもおかまいなしに、情緒的に反応した有権者も多かったということか。
でも、元自民都議らが安穏としてこられたのも、過去に地方イシューを国政の勢いに便乗できた面もあったのだろうと思いますので、これまで石原内田のダメっぷりがいっそう際立ちます。責任とるんでしょうけどね。

さっそくマスゴミは安部首相めがけて責任を問う姿勢を見せています。マスゴミの報道自体が国政と地方の分別ができていません。するつもりもないらしい。
それらに加えて、小池氏にとって幸運だったのは、昨夏の都知事選から失政をする暇もさほどなかった、あっても他の案件で目立たなかったというのも幸運でした。さっさと都民Fの代表を降りるそうで、危険察知の逃げ足も速い。都議会は学級崩壊を呈することでしょう。

ネット空間で、政治を見る目を鋭利にしていきたいものですが、NHKがネット利用にも課金するなどとふざけたことを言いだしています。安倍政権がひよらなければいいのですが。
[ 2017/07/04 00:09 ] [ 編集 ]
末田軍曹殿
生臭坊主にはまだなっていないご様子。良かったバイ。

満州事変から大戦までを俯瞰して心が落ち着くって?どういう神経なんだかw。 
あとで教えて戴こうっと。(これは真面目)

米国人10万人はイザとなるとさっさと居なくなるんじゃないかしら?  と云って、又四畳半世捨て人方法にお心が向かれても困りますが、どう逃げてもどうせこの世は汚濁なのよ。
高みの見物しているつもりでも足許は濁世の中だと諦めよ。南無

心の夏ばてを超えられたら、いらせられませ~。
[ 2017/07/04 01:15 ] [ 編集 ]
こはる様
こはる様の仰るとおり、老いたる者の務めは有りますね。
若い時にいい時代を過ごさせてもらえた口なのに、
社会に何ら貢献も出来なかった私ですから、せめても・・・
投稿は、賑やかしであってもしなくちゃと思っていたのです。
だから、こはる様が仰ること、一々納得できるのです。

しかし、気持ちが落ち込む引き金は、
眞子様のこと、両陛下のことでしたから、
それはかなりな衝撃でした。
後に相当なつけとなって国家、国民に反ってくるものです。
日本が日本でなくなる不安要素に心穏やかではいられず。

国際的な謀略戦の一端が皇室問題に始まっているのですから、
当然、そこに付け入る国内外の反日メディアの狂騒が予想されます。
それを思えば、暗澹たる気持ちは当分の間、拭えそうにありません。

ただ、こはる様が「心の夏バテ」と上手い表現をなさっていますように、
そうした症状が回復したら、沈黙のギャラリー(笑)を返上いたします。
[ 2017/07/04 07:52 ] [ 編集 ]
偏向メディア対策が全ての始まり
東京都議会選挙は斯くの如く終わり、また偏向報道は次のネタに向かって動き出します。
但し、そのネタがなんであれ「安倍内閣倒閣」を主旨としています。
何故ならばその報道を行っているのがさよくに牛耳られた寡占的閉鎖的な日本国民洗脳装置が主導しているからです。

かつて耳にした「暴力装置」=(自衛隊・軍隊)ではなく、「洗脳装置」=(偏向メディア・報道テロリスト)です。

日本でも何をやるにもこの「洗脳装置」のフィルターを通してお茶の間に届きます。
そして善良な市民の脳を汚染して行きます。
日本のメディアがよく米国トランプ大統領のメディア批判を仲間意識からか批判していますが、以前より米国トランプ大統領がメディアを敵視した言動を取っているのも日米共にメディアにも共通した大きな害毒が内在していると一方から言えるのかもしれません。

全ての日本の悪はそのメディアから発信されます。
それに連なるのがその偏向メディアを含めてのさよく連合です。

今日本が危急に対応すべきベーシックなこととして『安全保障』と『日本の名誉(矜持)』が挙げられるでしょう。

http://www.sankei.com/politics/news/170704/plt1707040007-n1.html

http://www.sankei.com/affairs/news/170703/afr1707030025-n1.html?&pushcrew_powered=1

その『安全保障』は詰まるところ『憲法九条改正』です。
その『改憲』に対峙しているのが偏向メディアを含めてのさよく連合の『護憲』です。
その延長線上に「沖縄基地移設問題」や「テロ等準備罪」などが有りますから、さよく護憲派はその戦域で抵抗します。
所謂本丸が「憲法九条」、そして日頃話題にされている事が「二の丸・三の丸」時に「出城」であったりで、そう見て行くと安倍内閣誕生からさよくの牙城の「二の丸」、「三の丸」などが崩されていると言えるでしょう。

その安倍首相にしても「護憲派本丸」攻略の難しさを認識してか一部堀埋めに作戦を変えたようですが、以前も書いたようにではその後の本丸攻撃は誰がやるのか?
そんな芽をいち早く摘み取ろうとさよくが政治家の粗捜しを日々偏向メディア、野党同調して行っています。
そこに於いて自民党政治家は脇が甘過ぎると言えるでしょう。
即ち自爆です。

世界中、相変わらず日本国政府の甘さから『日本の名誉』が毀損され続けています。
これは個人で言えば「痴漢のえん罪」、「殺人事件のえん罪」などと言えるもので、論理的に考えれば日本国民全体がその罪人とされていると言えるのですが、その実感を日本国民は鈍感にも感じていません。

そしてやはり北朝鮮、中国の脅威が日増しに具体的に可視化出来ているのにその脅威に対してやはり日本国民は鈍感に思えます。

思うに島国という環境が思考形成のベースにあり、大東亜戦争に対してのGHQ施策の効果が残り、さよく(在日)の思考誘導の影響ではないかと考えます。

であるので世論調査ではいまだにこのような結果が出ると思われます。

http://blog.livedoor.jp/kenpouwoikasu/archives/15092991.html

http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20170603/q2-1.html

http://japan-newsforest.com/domestic-news/asahi-seronchousa-terotoujyunbizai170516/

世論調査はこの調査主体により意向が反映されますが、それでも一般の日本国民が結果どういう考えをしているのかの推測の目安とはなります。

メディア改革、官庁改革、有力さよく組織改革(日弁連・日教組・県教祖等)、国連改革など先ずは足元から遅まきながら手をつけないとならないでしょう。

[ 2017/07/04 12:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: