私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  報道テロが渦巻く謀略の都議選 ~ 若者は投票へ!

報道テロが渦巻く謀略の都議選 ~ 若者は投票へ!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 明日投開票が行われる都議選の期間中、ゴミメディアが散布する報道テロが溢れた。彼らメディアの目的は単純である。都議選で自民党を大敗に導き、その大敗を安倍総理の責任論に発展させ、自民党内の安部おろしを誘発するということである。

 第1次安倍内閣退陣の導線には、年金記録問題があったが、今回でいえば森友学園・加計学園問題における文科省の反乱だ。閣僚の不祥事とされる問題については、松岡・赤城両農水相の事務所費問題が現下の下村元文科相の加計献金であり、久間防衛相の「原爆投下はしょうがない」発言が、今般の稲田防衛相の失言に置き換えられる。第1次安倍内閣退陣という彼らにとっての成功体験は、「昔取った杵柄」そのものなのだ。

 漁夫の利を得るのは小池都知事率いる都民ファーストである。都民ファーストは古い議会を変えると宣言しているが、その議会を変えるために送り出した候補者は、概ね政治経験に乏しく、議会運営のイロハすら知らない者が圧倒的多数だろうと思われる。常識に捕らわれないことも大切だが、下村氏の元秘書であり横領犯の嫌疑もかかる、平慶翔のような常識はずれの候補者も存在する。

平慶翔


 平慶翔の文春リークと下村事務所在籍時の粗相については、平自身が選挙候補者であるために、候補者個人への攻撃はマスメディアによって自粛される。一方、下村氏への加計献金に関しては、政治資金規正法に抵触するか否かのみが問題点のはずだが、ゴミメディアはどこぞの国から学んだのか、ゴールポストを動かす。

下村氏「11名の購入者聞いてない」 加計側持参で会見 (朝日)

 下村氏は、記事のよりどころとなる内部資料を漏らしたのが自身の元秘書だった可能性にも言及。「元秘書にも大きな疑念を持たざるを得ない」と語った。

 その後、質疑応答に応えた下村氏は、「道義的な責任」について聞かれると、「私がですか?」と切り返し、「事実と全く違いますから責任を取る立場では全くない」と断言した。「説明は十分か」との質問に対しては、「疑義があれば質問してください。誠実に答えます」と述べた。


 どういう発想力を持てば、「道義的責任」ということばが出て来るのか。道義的責任を問うなら、純粋な報道ではなく、恣意的な報道によって政治的目的を果たそうと「報道テロ」を繰り返す、自分らメディアへ自問したらよい。

 産経の阿比留記者は、Facebookにこう記している。


 一面にセンセーショナルな見出しをつけた記事を掲載して部数を伸ばすやり方が功を奏しているのか知らないが、昨今の守旧メディアは、記事そのものよりも、記事によってもたらされる社会現象のために新聞を発行している傾向が特に強いように思える。安倍政権を退陣させ、自民党の勢力を減退させ、2009年の政権交代の再現という、非現実的な政治目的だ。しかし、守旧メディアに影響を受けるのは高齢者が多く、SNS等を通じて多角的な情報を入手できる若年層への影響力は限定的だ。

 東京都の若者は、都知事選で投票へ行くべきである。築地と豊洲の両立という都税の無駄づかいだけをとっても、都民ファーストの政策が求める都民への負担は大きい。ゴミメディアの報道に惑わされることなく、また、ゴミメディアの報道に疑問を以て接するリテラシーを持ってもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/07/01 09:13 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
放送法第四条の遵守
第四条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。

一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

…特に、二と三は、守られていないと思う。安倍総理を好きな人や自民党を支持している方々は、いったいどのテレビ番組を見れば、不快な思いをせずに済むのだろうか?
[ 2017/07/01 10:20 ] [ 編集 ]
慰安婦捏造事件の重要容疑者である田中ユキがパンフレットを作成しました。
慰安婦捏造事件の重要容疑者である田中ユキがパンフレットを作成しました。

反論ができるように解説をいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

「国家と戦時性暴力と男性性」
https://www.dropbox.com/home/Public?preview=+%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%AB%96%E8%80%83%E3%83%BB%E7%94%B0%E4%B8%AD.pdf
「日本軍性奴隷に関する質問と回答」
https://www.dropbox.com/home/Public?preview=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D%E6%80%A7%E5%A5%B4%E9%9A%B7%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%B3%AA%E5%95%8F%E3%81%A8%E5%9B%9E%E7%AD%94.pdf

https://yjtanaka.blogspot.com/2017/06/ )
[ 2017/07/01 10:54 ] [ 編集 ]
チルドレンどぼん・・・小沢か小池か
都民ファーストは、都民への負担が大きい。すでに、財政の無駄使いが膨大です。
小池チルドレンは、小泉チルドレン、小沢民主チルドレン、安倍チルドレンより優秀か?違うでしょう。
小池チルドレンが一番近いのは、国政野党と共闘しているのだから、小沢チルドレンと判断すべきですね。
[ 2017/07/01 18:37 ] [ 編集 ]
最初の写真の御仁、誰かに似てませんかね?
[ 2017/07/01 19:28 ] [ 編集 ]
文藝春秋社
週刊文春を発刊している出版企業の社長がアノ有田ヨシフに「社長就任祝い」で紹介されたオトモダチですから、共産党系の人なのではないか?と思って居ります。
であれば、何でも有りでしょ。
赤旗並の誇張ガセ。世間に批判されても何処吹く風じゃないかしら。

産経も記事によっては???な時がありますが、総じて日本の大手メディアは皆一斉にゴミ宣伝に走って居ると感じます。
それを自民党が云えば「言論統制」と叫び、反日連中が保守の言論を封じようとする時はこじつけても後追い記事にする。
この不条理を「世間とはそういうもの」と括って、有効な攻撃手段を考え出さないと常に劣勢を強いられますね。
パトリオット弾選考必須だわ。

若者はネット使用に長けていますでしょうし、今後の自分の人生を描くに口先だけの無能な政権を選ぶ事の危険性は、多分、感じ取っていると思います。
なので、都議選の若い有権者は投票して来て下され! 土下座してでもお願い致したい。



お名前書かずに、依頼事を書き込む行儀には、その内容に関わらず無礼千万だと思います。
ご自分でされたらよろしいでのはないかしら。
[ 2017/07/01 19:35 ] [ 編集 ]
相手は稚拙攻勢で焦っている。。。恐るに足らずだ!
反安倍=反日スクープ(捏造・歪曲スクープ)を次々と垂れ流す『週刊文春』。。。

こはるさんもそれとなく触れていらっしゃいますが、『週刊文春』を発売する㈱文藝春秋。。。実はこの文藝春秋の社長こと「松井清人」氏は「有田ヨシフの23年以上の『長年の同志』」だそうだ!

有田が松井氏の社長就任の知らせを聞いてツイッターで祝福している。

つまり、文藝春秋は有田に「忖度」する民進党や共産党の機関紙に充分成り得る訳だな。。。もし違うんであれば、「悪魔の証明」ではないが有田に是非それを証明して欲しいものだ!

このように雑誌にまで民進党や共産党の手が回っていることは、以前に青山繁晴氏も仰ってたが、最近はそれも隠さずに、かなり露骨になってきているように思う。

有田は今回の都議選で、他にも選挙妨害とも思えるツイッターを発信しネットでも問題視されているが。。。松井氏と長年の『同志』と言うが、「反日活動・親北工作員=同志」ということでしょうね。。。きっと!?

その『同志』(党・マスゴミも含んだ)の狙いは簡単だね。。。

都議選で自民を惨敗させて、それが民意だから安倍は辞任しろ!。。。という「安倍下ろし」だ!
そして、石破がそれに利用されている構図までもが見え見えだ!

森友、加計それに今回の下村博文議員の加計学園からの200万円の違法献金疑惑。。。躍起になっているマスゴミも一部(反日機関)に完全に偏っていて実に解りやすい構図になっている。

しかも「相当に焦っているな」「既に余裕すら失ってるな」とも思える程、稚拙過ぎて半島メンタリティの中二病そのものなのが笑えるのだが、それでも騙されるお花畑脳(特に東京都民)が多いのも事実だから、これも困りものである。

ただ頼もしいのは、民主政権樹立となった麻生総理時代と違うのは、「ネットによってもう騙されない固定層によって安倍政権が守られている」ことである。。。だからかなりの反日ダメージを食らっても一定の最低支持率は常に高目に保たれるのである。

あとは安倍政権がビクとも一寸もぶれないことであり、それは固定支持層の信頼を裏切らないことでもある。
[ 2017/07/01 21:53 ] [ 編集 ]
訂正します。

「民主政権樹立」⇒「民主党政権樹立」
[ 2017/07/01 22:01 ] [ 編集 ]
東大生の安倍政権支持率
先日ちょっと話題になりましたが、東大新聞による調査によると、東大生の安倍内閣への支持率が、この4月に過去最高(36%)を記録したそうです。

過去の政権支持率の推移を見ると数%から20%がせいぜいでしたから、支持政党なしが70%を占める東大内においではかなり高い支持率になるようです。とくに年初から4月にかけて高い伸び率を示しています。


その支持の理由を訊くと、
(1)野党には任せられない
(2)政治は結果
(3)理想論より政策の積み重ね
(4)ベストではないが、選ばざるを得ない
(5)やるべきことをやっている
(6)現実的に軌道修正している

など至極真っ当な評価が寄せられており、ネット時代になってリベラル左翼の牙城であった東大も変わったものです。とくに(3)(5)(6)など安倍総理や菅官房長官が聞いたら、目に涙か。

国会前で太鼓叩いて騒いでいるシールズの28グループと違って、とりあえず日本の未来を担う東大生による安倍政権への高評価は、総理以下の内閣スタッフにとっても大いに励みになるのではないでしょうか。
[ 2017/07/01 23:16 ] [ 編集 ]
日本共産党にも目を向けよう
偏向メディアが騒ぐ、
東京都議選も終わりました。

http://www.sankei.com/politics/news/170703/plt1707030021-n1.html

自分的には自民党の自爆も有り、想定内というかこんなものだろうという線で意外性はありませんでした。
只、共産党の伸びが恐ろしい。
もう自民党とどっこいどっこいの所に来てしまったという赤信号です。

http://www.sankei.com/politics/news/170703/plt1707030011-n1.html

たまたま積んだままだったフレデリック・ヴィンセント・ウィリアムズ「中国の戦争宣伝の内幕」を読みだしたのですが、あの大東亜戦争に至る支那蒋介石の対米工作、その懐に入り込んでいたソ連の共産主義者などの暗躍など。
思えば先の大戦での日本人全ての被害者の根本原因とはロシアにボルシェビキが起こった事に起因すると言ってもあながち間違いではないと思いえます。

そんなソ連(共産主義国)の支えで毛沢東中国共産党は力を得てやがて蒋介石国民党軍を台湾に駆逐し中華人民共和国を建国するまでに至り、しかも現在は日本を含め経済、軍事共に無視出来ない脅威と成長しました。

そこで日本共産党ですが、その主張は相変わらず親東アジア、護憲の政党です。
本音には天皇を、自衛隊を否定し日本の国体の改造を目指しているのでしょう。
ただ、その時々、時代に合わせ大衆的な姿を装っているように見えます。
世界各国、共産党という組織にはどうも共通したものが感じられます。

また別の角度から70年以上前に日本は共産主義の脅威を感じていながら、その手法である「プロパガンダ」などを軽視し、結局欧米に「日本嫌悪、親支那」を日本国と支那との実際の違いを真逆にイメージされてしまったわけで、その「プロパガンダ」への対応意識、対応力、は相変わらず日本的な甘さがあります。

そして「プロパガンダ」といえばメディアとなります。

ところで今回の東京都議会選挙の結果が意外だと感じた人に対しては、ショックだったのかもしれませんが、その解釈としてメディアが「反自民」を煽ったから「小池都民ファーストの会」が勝利したと考えるのでしょうか。
それでメディアの脅威を認識するならばそれはそれで意味はあるのでしょう。

また、選挙前から都知事でありながら「都民ファーストの会」代表であるという事からチェック機能に問題がある。
と指摘されて来ました。
確かにその通りであり、実際選挙結果がこのように出ればより具体的な問題と言えるでしょう。
但し、今までの都議会自民党の都議会がどうであったかというチェック機能にどれ程指摘がされて来たのかと少し前を思い出します。

話を戻し、
農村から都市へ。
地方議会から国政へ。
は小池新党だけでなく、共産党への目の向け方にも注意が必要性であるように感じます。

http://www.sankei.com/politics/news/170702/plt1707020044-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170702/plt1707020084-n1.html

https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34793990.html

[ 2017/07/03 06:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: