私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  報道しない自由と隠蔽 ~ 慰安婦関連報道における朝日新聞の姑息さ

報道しない自由と隠蔽 ~ 慰安婦関連報道における朝日新聞の姑息さ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南朝鮮が日本のことを良く思わなくても何ら問題ないし、気にもならないが、南鮮に彼らが日本に対して憎悪を抱くネタを蒔くのが日本人であることには我慢がならない。今でも、「慰安婦の強制連行」という嘘と時代遅れの妄想を根拠に、旧日本軍の糾弾と南鮮への謝罪・賠償を求める日本国内の運動は数々ある。それら運動の先駆けが吉田清治であり、吉田が捏造した「朝鮮人女性の奴隷狩り、捕獲・拉致し、強制連行」だ。

 これはとっくの昔に嘘と判明していたが、捏造記事を認めたがらない朝日新聞の怠慢により、嘘があたかも実話のようなかたちで世界に伝播し、先人と日本国の名誉を深く傷つけた。言うまでもなく、その後の日韓関係に修復不可能な溝を刻んだのが、吉田清治と朝日新聞である。

 吉田の長男が、「慰安婦像をクレーン車で撤去したい」と語っていたのが昨年秋だ。しかし、その長男は、日韓合意が成立し、朝日新聞が吉田清治関連の記事を取り消す流れを受け、「慰安婦像の撤去」ではなく、父・清治の建立した謝罪碑を書き換える道を選択した。長男は、南鮮の天安市にある国立墓地「望郷の丘」に建立した謝罪碑を、「慰霊碑」に書き換えた。碑文は、前後でこう変わっている。

【Before】
あなたは日本の侵略戦争のために徴用され強制連行されて 強制労働の屈辱と苦難の中で 家族を想い 望郷の念も空しく 尊い命を奪われました
私は徴用と強制連行を実行指揮した日本人の一人として 人道に反したその行為と精神を潔く反省して 謹んで あなたに謝罪いたします
老齢の私は死後も あなたの霊の前に拝跪して あなたの許しを請い続けます 合掌

1983年12月15日
元勞務報國會徴用隊長 吉田清治


【After】
慰霊碑 日本国 福岡県 吉田雄兎
(※ 吉田雄兎は吉田清治の本名)


吉田清治の謝罪碑が慰霊碑に


 慰霊碑の書き換えは、吉田長男から作業を一任された、元自衛官が実行している。そして、その元自衛官が、現在、南鮮で軟禁状態に置かれているという。

吉田清治氏の慰安婦謝罪碑書き換え 韓国警察が元自衛官の奥茂治氏を出国禁止 損壊容疑で取り調べ (産経)

 【ソウル=桜井紀雄】朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した故吉田清治氏が韓国の国立墓地に建立した謝罪碑を勝手に書き換えたとして、韓国警察が元自衛官の奥茂治氏(69)を一時拘束していたことが25日、分かった。奥氏は拘束を解かれたが、出国禁止措置が取られているという。

 奥氏によると、24日午後、仁川(インチョン)国際空港に到着したところ、捜査員に手錠をかけられ、中部の忠清南道(チュンチョンナムド)天安(チョナン)市の警察署に連行された。容疑は公用物損壊や不法侵入の疑いだと告げられたという。取り調べで、奥氏が碑文の書き換えの事実については認めたため、25日未明に拘束を解かれ、現在は市内のホテルで待機している。今後、検察が在宅で取り調べを行う見通し。

 吉田氏は、慰安婦らを「奴隷狩り」のように強制連行した張本人だと名乗り出て、朝日新聞が1980~90年代初頭に紙面で集中的に取り上げた。83年には、著書の印税で天安市の国立墓地「望郷の丘」に「あなたは日本の侵略戦争のために徴用され、強制連行されて…」と記した謝罪碑を建立していた。

 朝日新聞は2014年、吉田証言を「虚偽」と判断し、関連記事を取り消した。吉田氏の長男が「父の虚偽で日韓両国民が対立することに耐えられない」「間違いを正せるのは私しかいない」として、謝罪碑の撤去を奥氏に相談。奥氏は今年3月、撤去する代わりに、元の碑文の上に「慰霊碑 吉田雄兎(ゆうと=吉田氏の本名) 日本国 福岡」と韓国語で記した別の碑を張り付けた。

 これを受け、韓国警察が奥氏に出頭を要請。奥氏は出頭に応じるため、24日に韓国入りした。

 奥氏は産経新聞の取材に「韓国では吉田証言の嘘について認知されていない。裁判ではっきりと説明していきたい」と話している。


 この記事を書いている時点で、Googleニュース検索で「奥茂治」と検索をかけてヒットするニュース記事は、産経のほか、日経とデイリー新潮の配信記事3件のみだ。大手紙のデジタル版サイトでは、一切触れられていない。なかでも朝日は酷い。吉田清治というキーワードでサイト内検索をかけて出て来る記事は7件で、そのすべてが、慰安婦報道で朝日が訴えられた裁判で朝日が勝訴したというもののみなのだ。そして、更に驚くべきことに、朝日新聞デジタル版では、2014年8月に同社が読者に謝罪した、慰安婦報道の検証記事も検索にかからない。(例1例2

慰安婦捏造を取り消した記事を隠す朝日


 実は、これらの記事はasahi.com内に存在する。しかし、サイト内検索には引っかからないのだ。「検索でヒットしないように仕組んだ」と考えるのが普通ではないか。

 吉田長男と奥茂治氏が共同で実施したことの是非は、このエントリーの主旨から外れるので、詳しくは論じない。しかし、吉田証言が嘘で会った事実が南鮮国民に伝わっていないことを、事件化することによって伝えようとした2人の動機と行動は、伝えようとしない日韓両国のメディアと比べれば、遥かにシンパシーを感じる。報道しないこと、検索でヒットしないようにすることによって、事実や記事を隠蔽しようとする本質は、こと朝日新聞に限っても、以前から何ら変わっていない。

 朝日新聞こそ、この「謝罪碑」の「慰霊碑」への書き換えと、奥茂治氏の逮捕、その後の軟禁について、率先して報道すべきだろう。慰安婦の捏造記事をばら撒いた朝日新聞にとって、それは「べき論」にとどまらず、「義務」だとも言えるのではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/27 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(11)
ぱよちん最大の特質は卑怯さ
ぱよちんの最大の特質はその卑怯さにある。
アカヒはきっと吉田清治絡みの事象はなかったことにしたいのだろう。
これは過去の汚辱を教訓としないので、また同じことを繰り返すことになる。
もりかけも同じ構図ではないだろうか。
[ 2017/06/27 09:11 ] [ 編集 ]
管理人さんへ
>そして、更に驚くべきことに、朝日新聞デジタル版では、2014年8月に同社が読者に謝罪した、慰安婦報道の検証記事も検索にかからない。
>実は、これらの記事はasahi.com内に存在する。しかし、サイト内検索には引っかからないのだ。「検索でヒットしないように仕組んだ」と考えるのが普通ではないか。

…「慰安婦」のみで検索した結果、「2016年6月29日」の記事までしか、ヒットしないようだ。
https://sitesearch.asahi.com/.cgi/sitesearch/sitesearch.pl?access=p&sort=RELEASE_DATE:desc:score:desc&output=xml_no_dtd&site=Asahi&filter=1&ie=UTF-8&oe=UTF-8&client=asahicom&Keywords=%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6&num=10&link=0&ip=&detail=&or=&relation=&updown=&lr=lang_ja|lang_en&tvsubmit=%e6%a4%9c%e7%b4%a2&title=&start=620&idx=311&j_idx=187&s_idx=497

オレは無料会員なので、1年間の検索結果までなら、閲覧できるようだ。
http://digital.asahi.com/article_search/list.html?iref=search_tab&keyword=%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6

有料会員の方の検索が、どのように仕組みになっているのか。それはわからないのだが、有料会員の「フルプラン」ならば、新聞記事(データベース)検索ができるようだ。
http://digital.asahi.com/info/price/

つまり、有料会員でログインしていれば、2014年8月の記事は、検索でヒットするのでは?
[ 2017/06/27 09:42 ] [ 編集 ]
だから、チョウニチ。
責任ある企業として、その中で記事を書く人として、真っ当に義務を果たせるならば朝日じゃないレベルに達していますからねえ、朝日には「馬耳東風」「豚に真珠」も裸足で逃げ出す事でしょう。
ある意味確信犯。

吉田清治の小説印税は微々たるモノらしく、果たして石碑の実費を賄えたかも疑問だと、その件を取材したひとが疑問符をつけていました。つまり、費用提供した人或いは組織がある気配濃厚だと。

奥氏は石碑を取り替えようとしたけれど、”before”の造りが頑丈で壊す事もならず、時間制限のある中で丁寧に貼り付けたシンプルな「慰霊」プレート。墓地に相応しい石です。

事情聴取に応じて渡韓した外国人に空港到着直後に手錠を嵌める。
南鮮らしいといえば辺境南鮮そのものですが、産経元ソウル支局長事件で世界メディア的に恥を晒した事が一つも教訓になっていない愚行。
奥氏も覚悟があっての行動であり再度の渡韓でしょうけれど、是非とも頑張り抜いて正論を南鮮に少しでも主張して来て戴きたいものです。
政府、外務省はタダ静観しているんじゃあないでしょうねえ?
[ 2017/06/27 16:13 ] [ 編集 ]
拝借
管理人様 話題に逸れますが、ご容赦願います。

都議選の有権者の方々に是非ご覧戴きたいネット動画があります。
未だご存知になければ「生田よしかつチャンネル」でご検索下さいませ。

他に「報道特注」というのもあるそうですが、こちらは私は未見ですので番組名だけを紹介させて戴きます。
[ 2017/06/27 17:57 ] [ 編集 ]
卑怯もの
なんて卑怯な新聞社。社員は恥ずかしくないのか、知らされていないのか、社内に内部批判できる環境はないのか、クソ新聞
[ 2017/06/27 17:57 ] [ 編集 ]
残念ですが
慰安婦の真実を伝える為に、韓国に自ら赴いて、現状を変えようとした、元自衛官の勇気は凄いと思いますが、残念ながら韓国人の心には響かないと思います。

それどころか、慰安婦の攻撃材料というか、口実を与えるだけになるのではないかと懸念しています。

相手は、それが「事実」がどうかはどうでもいいわけで、「嘘」であっても、「日本」を攻撃できればいいと思っているわけです。性根から腐りきっている「反日病」ですから、どうしようもないでしょう。

結局、彼国とは極力関わらないのが一番なのでは。面倒な事態になるくらいならば、何もしない方が賢明なような気がしています。
[ 2017/06/28 01:00 ] [ 編集 ]
日本国政府は、日本国民の不当な拘束に対して、抗議の意思を示すべきだ。
日本国政府は、外国において邦人の人権を守るという役目がある。不当な扱いに対しては、強く抗議すべきであり、たとえ1人の日本国民であっても、決して看過してはならない。

残念なことだが、マスコミも、その多くがジャーナリストらしからぬ沈黙をつらぬいている。この問題を知る機会がない日本国民も多い中、インターネット上で、問題視して記事にした「私的憂国の書」のようなブログは、貴重な存在といえるだろう。

さて、この問題について、おさらいすると、まず、慰霊碑は、私費で建造された私物であり、公共物ではない。今まで、慰霊碑の管理は、吉田清治さんが行い、亡くなられた後は、ご家族の方へと継承されてきた。今回、逮捕された日本人は、吉田清治さんのご家族の依頼により、代行して慰霊碑の修繕を行った。したがって、逮捕されるような違法性はない。

慰霊碑の修繕は、慰霊碑に記された内容に誤りがあるため、行う必要があった。慰霊碑の内容全体にも誤りを含むことになるが、具体的には「元勞務報國會徴用隊長」という部分の誤りだ。

吉田清治さんの遺志を尊重して、慰霊碑という形は残しつつ、ご家族の意志により内容を正し修繕したため、今回の形になったのだろう。

日本国政府は、日本国民の不当な拘束に対して、抗議の意思を示すべきだ。
[ 2017/06/28 10:45 ] [ 編集 ]
改めて内戦
日本という国の中、武力でない内戦が続いています。

その核が『憲法』であり、『憲法改正』と『護憲』、端的に言えば『憲法九条』の扱いをめぐるものです。

そしてこれは日本国の安全保障と言える究極には日本人の生命と財産の確保に対し、片やこの『憲法九条』が『日本の安全保障』であると言い、片やこの『憲法九条』が『日本の脅威』、「日本を脅かす元凶」と捉えています。

戦後のスタートがGHQによる『占領政策』という「戦勝国が正義であり、敗戦国が悪である」という善悪二元論そのものを連合国(主に米国)により日本は押し付けられ、洗脳されて来ました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E5%90%88%E5%9B%BD%E8%BB%8D%E5%8D%A0%E9%A0%98%E4%B8%8B%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC

http://www.sankei.com/life/news/150408/lif1504080003-n1.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0

http://blog.livedoor.jp/rainbow_drop777/archives/50647370.html

本来はこの日本の戦争である『大東亜戦争』を戦前より再検証する必要性があるのですが、既にそのGHQにより作られた戦後体制の中、GHQの思惑そのままに反日を貫く勢力が大勢を占めて最近まで来ました。
というより現在も主にそのGHQの歴史認識が日本ではまかり通っていると言えるでしょう。

でなければ数々の日本毀損事項が批判され、修正されるべきですが、逆にそのGHQ史観に反するものを『歴史修正主義』などとおかしな事を言っている日本人が居るわけです。
それが「日本は悪い事をした」という自虐史観と一体化し、「反日が正しい行い」と倒錯しているのでしょう。
歴史的に日本に100%非がなかったと言えなくとも、全ての出来事で100%誤謬などが無いことはほぼあり得ないという意味でも『大東亜戦争』を冷静に客観的に見直す必要があると常々思っています。

なお、最近ではその相手国人である米国などの知的な人々でさえ、米国の誤りを指摘している時代と成ったにも関わらずです。

言葉を変え『東京裁判史観』こそ、「それ」であり、ブログ主が写真をHPに取り入れている意味と思えます。

その史観をコアとし、『改憲』、『護憲』に分かれ政界では自民VS民・共の戦い、メディアでは産経新聞VS朝日・毎日の戦い、学校現場では日教組との闘いなどが繰り広げられています。
その一端にこの様なネット論壇もあるわけで、そこに
「安倍政権を攻撃できるか否かで立場を180度変える、無節操な野党と左派メディア」や
「報道しない自由と隠蔽 ~ 慰安婦関連報道における朝日新聞の姑息さ」
があるわけです。

昨今、中国は南シナ海、東シナ海で領土、領海の拡大を軍事的に企図し、北朝鮮は金体制維持のために核ミサイル開発を続けているというはっきりとした日本にとっての『安全保障上の大きな脅威』が有るにも関わらず『護憲』を前面に出せる民・共など野党や朝日・毎日などのメディアの異常さの悪弊が日本国を覆っています。

http://www.sankei.com/column/news/170627/clm1706270006-n1.html

そしてこの「慰安婦問題」に関しても朝日の捻くれた過去からの報道が悪影響しているという一見本です。

http://www.sankei.com/premium/news/170628/prm1706280006-n1.html

最後に、差し詰め国会での民・共の独特の質疑やら新聞テレビでの朝日・毎日などの報道はゲリラ戦とでもというところでしょうか。
[ 2017/06/28 12:25 ] [ 編集 ]
朝日新聞様へ。
あなたの大好きな人権が踏みにじられそうになってます。
ここは御社で人権大キャンペーンを実施してください。
[ 2017/06/28 18:29 ] [ 編集 ]
朝日新聞が奥氏軟禁の件を報じないのはたしかに不思議です。どのような論調であったにしても記事にするほうが新聞社としては一貫性があると思うのですが。

1990年代に”いわゆる従軍慰安婦問題”で大々的にキャンペーンをはった過去はすっかり忘れてしまったのでしょうか?いったいどうしたのでしょうね。
[ 2017/06/29 00:47 ] [ 編集 ]
奥氏 フェイスブック
奥氏自身のフェイスブックのメッセージが掲載されているブログがあります。
「ぼやきくっくり」
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

以下はその抜粋で、奥氏の息子さんからの呼びかけです。

ーーーーー拡散希望ーーーーーーー

父(奥 茂治)からのメッセージです。
韓国から出国が禁止されている奥茂治です。お願いがあります。山田先生始め国会議員の先生!朝日新聞から吉田清治の慰安婦に関する発言は嘘であり新聞記事も取り消した旨の証明文を韓国警察に情状証拠として提出したいのです。誰か是非とも働きかけてください。お願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかも、奥氏のフェイスブックによると那覇空港を出るときNHKにインタビューされたそうです。
しっかり、NHKに抗議しましょう。6月29日の時点ではまだ報道されていません。
なぜしないのか抗議メールを送りましょう。
https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi
[ 2017/07/01 22:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: