FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  安倍政権を攻撃できるか否かで立場を180度変える、無節操な野党と左派メディア

安倍政権を攻撃できるか否かで立場を180度変える、無節操な野党と左派メディア

← 応援クリック、ありがとうございます。

 共産党の小池晃は、今年1月25日の参院本会議における代表質問で、こう述べていた。

 元高等教育局長の天下りを、文部科学省が組織的にあっせんしていたことが、明らかとなりました。隠ぺい工作や、大学側との口裏あわせまで指摘されており、組織的な天下りあっせんの疑いがあります。

 とりわけ、文科省は、大学運営費交付金や私学助成、さらに科研費などの競争的資金を配分する権限をもっています。そうした権限を背景にして、国立大学の人事を牛耳り、私立大学への組織的な天下りあっせんを行っていたのではありませんか。全容解明を求めます。(しんぶん赤旗より)


 この天下り問題の首謀者のひとりが、出会い系事務次官こと前川助平である。天下りを問題視し、政争の具として活用しようとしていたことを裏付ける質問だ。小池の個人サイトには、天下りというタグアーカイブがあることを見ても、天下りは小池にとって重要課題のひとつであることがわかる。が、状況が変われば小池も豹変する。23日、助平の会見を受け、小池はこうツイートした。


 手のひら返しとはこのことだ。タレントの松尾貴史も、「前川氏のどこを切り取って見ても(切ってないが)、人格者であり官僚の鑑ではないかと感じる。」とツイート。調べてみたら、この松尾、古館伊知郎が設立した芸能プロダクション「古舘プロジェクト」所属だそうだ。何をかいわんやである。

小池晃


 これまでの政治において、利権とか既得権益に敏感なのが野党である。権力を握る政府与党が利権や既得権益とズブズブの関係であるかのような前提を以て非難し、批判してきたのが野党なのだ。マスメディアも同じである。権力の監視を自認するメディアにとって、利権や既得権益は常に悪なのだ。だが、加計学園の場合、彼らはそのような批判を都合よく引っ込め、逆に既得権益を擁護しようとする者の背後から後押しするのだ。

 加計の場合の既得権益を証明するテキストがある。今年1月30日、(公社)日本獣医師会のサイトにに掲載された、「会長短信「春夏秋冬(42)」 「獣医学部新設の検証なき矛盾だらけの決定に怒り」という記事の中に、詳細に記載されているのだ。

 この間、私や日本獣医師政治連盟の北村委員長を始めとした本会の役職員は、できれば獣医学部新設決定の撤回、これが不可能な場合でもせめて1校のみとするよう、山本幸三地方創生担当大臣、松野博一文部科学大臣、山本有二農林水産大臣、麻生太郎自民党獣医師問題議員連盟会長、森英介同議員連盟幹事長など多くの国会議員の先生方に、本会の考え方にご理解をいただくよう奔走いたしました。
 このような皆様方からの多数の反対意見、大臣及び国会議員の先生方への粘り強い要請活動が実り、関係大臣等のご理解を得て、何とか「1校に限り」と修正された改正告示が、本年1月4日付けで官報に公布・施行されました。(抜粋)


 この部分は何を意味するのか。それは、既得権益として守ってきた獣医学部新設の否定が、特区という制度で政治によって侵されそうになった時、新設は不可という原則を維持しつつも、「最悪の場合、一校だけで」と、政治家に圧力をかけていた事実である。これが加計学園問題の本質であり、許認可権という利権を持つ前川助平をはじめとする文科省の守旧派たちも、この獣医師会と共犯関係にあったということなのだ。

 本来であれば、野党や左派メディアの連中は、この利権、既得権益について批判すべきなのだ。今年1月、文科省の天下り問題では、彼らはその立場を取った。ところが、加計問題が安倍政権を攻撃できる材料と判断するやいなや、その立場を180度転換し、天下り問題の主犯格を持ち上げる節操のなさを晒し、恬としてそれを恥じない。

 本当に恥ずべきなのは、こういう節操のない野党や左派メディアの連中である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/26 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
考えてみれば
ぱよちんメディアも既得権益の牙城だから
規制改革のガチガチな抵抗勢力。
しかも、下半身のユルさはぱよちん共通だから
前から助平に最大限の援護射撃をしたくなるのだろう。
その堕落ぶりはもはや見下げ果てた存在としか言いようがない。
[ 2017/06/26 10:07 ] [ 編集 ]
まだ続ける加計学園問題。
都議選の中、マスコミ特にテレビは加計学園を使っての安倍総理叩きにフル稼働ですね。出会い系バーでの貧困調査などという誰がみてもふざけたような嘘も、総理を批判すればまかり通ってしまうのだから、前川氏の薄ら笑いも止まらないでしょう。本当に反日マスコミは、日本のガンだと思います。
[ 2017/06/26 13:28 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/06/26 15:28 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/06/26 16:31 ] [ 編集 ]
実際に官報を見てみよう
>このような皆様方からの多数の反対意見、大臣及び国会議員の先生方への粘り強い要請活動が実り、関係大臣等のご理解を得て、何とか「1校に限り」と修正された改正告示が、本年1月4日付けで官報に公布・施行されました。(抜粋)

…平成29年1月4日の官報(第6929号)の告示を抜粋すると、
「2 法第七条の国家戦略特別区域会議が、法第八条第二項第二号に規定する特定事業として、平成三十年度に開設する獣医師の養成に係る大学の設置(法第二条第一項に規定する国家戦略特区別区域における獣医師の養成に係る大学の設置をいい、「国家戦略特区における追加の規制改革事項について」(平成二十八年十一月九日国家先約特区別区域諮問会議決定)に従い、一校に限り学校教育法第四条第一項の認可を申請されるものに限る。)を定めた区域計画について、内閣総理大臣の認定を申請し、その認定を受けたときは、当該認定の日以後は、当該大学の設置に係る同項の認可の申請の審査に関しては、大学、大学院、短期大学及び高等専門学校の設置等に係る認可の基準第一条第四号の規定は、適用しない。」

…とある。なにやら、コメントに書くのも間違えそうなくらい、ややこしい内容だ。さて、ここで着目すべき大切なことは、「内閣総理大臣の認定を申請し、」と、手続きにあることだ。

「安倍総理のご意向」とやらは、そもそも、受け手側の印象に過ぎない。天皇陛下の譲位のお話もそうだったのだが、「ご意向」というのは、解釈論のため、本当にそう思っているのかは、ご本人にしかわからないことなのだ。

「ご意向」という言葉は、文科省のメモ作成者の感想に過ぎない。そのような「ご意向」を安倍総理にあることを証明することは、たとえそのような発言を側近がしていたとしても不可能だ。なぜなら、安倍総理の心の内は、安倍総理しか知り得ないからだ。

総理大臣は、一校のみに認定するという手続きにおいて、文科省が事前に選別して一校に絞るのは、越権行為になるかもしれない。しかも、認定する権限のある「安倍総理のご意向」により絞り込んだとしても、それは法的な手続きではない。「ご意向」なる事前の根回しは、認定のときに、加計学園か京都産業大学か、どちらがよいかを選ぶ権限は安倍総理ご自身にあるのだから、文科省に絞り込む権限や手続き上の選別する必要性は、ないといえるだろう。

むしろ、安倍総理や内閣ではなく、文科省の対応に問題があるのでは。「ご意向」として、事前に文科省が学校を選別したならば、安倍総理の「認可」により一校に絞り込むという権限を、事実上、文科省が行ったということになる。これは、文科省の越権行為になる可能性を、オレは指摘せざるを得ない。前川さんは、この加計問題、文科省側に越権行為がある可能性を、果たして理解しているだろうか。
[ 2017/06/26 17:58 ] [ 編集 ]
反日マスコミ絡みで
今日付けの産経新聞に吉田清治氏の謝罪碑を書き換えたという事で奥茂治氏が韓国に呼び出され、拘束された後に、現在は出国禁止の処分になっているとの記事がでました。

人権侵害ですよね。

これが大きな外交問題、加藤支局長の時の様になれば、韓国人に慰安婦問題の発端である吉田清治、強いては朝日新聞の捏造が再度クローズアップされるいい機会になる様な気がします。
そうなれば、さすがの、朝日新聞もスルー出来ないでしょう。

現時点で反日マスコミはまだどこも報道していないようですから、NHKはじめ反日マスコミ各局、反日メディアにどんどんメールないしは電話でこの問題を取り上げるよう要請しスルー出来ない様にしないと行けないと思います。

声を上げないとなかった事にされます。

とりあえず思いついたところのメアド列挙しました。

首相官邸 意見
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
外務省 意見
https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html
NHK 皆様の声にお応えします。
https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi
テレ朝 報道ステーション
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/opinion/form.html
TBS サンデーモーニング
https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/pc/contact/4945/enquete.do
朝日新聞 問合せ
https://digital.asahi.com/info/inquiry/asadigi/shimbun.php
[ 2017/06/26 20:56 ] [ 編集 ]
風向きが変わる
先週末、安倍首相が「加計学園の認可決定の過程には一点の曇りもない」と明言された。その後、「一点の曇りもない」というフレーズは、多くの賛同者が利用しているようだ。

今、テレビを見て目を疑った。なんと9時のNHKニュースで、山本大臣と竹中平蔵氏がこの言葉を発している映像が映し出された。
竹中氏については、23日の前川前事務次官の記者会見に対して痛烈な批判を浴びせていた。

NHKがそんな報道をするなんて、加計問題における風向きが変わってきたのではありませんか? 小池の如く。

今日の本ブログを読めば、全くその様な気がします。
[ 2017/06/26 22:16 ] [ 編集 ]
ブログランキングのバナーについてのアドバイス
ブログランキングのバナーに関し、非公開でアドバイスをいただきました。
広告をブロックするアドオンが入っていると、ランキングバナーが非常時になってしまうとのこと。
貴重なアドバイスをいただき、ありがとうございました。
[ 2017/06/26 23:49 ] [ 編集 ]
ま~るく治まる、筈だけど。
今年1月30日の獣医師会会長の「ご意見」がソレで、今国会閉幕前後に(前か後か私的に不明)あった獣医師会の会見では「獣医学部の新設に反対ではない。但し、国家戦力特区というのは馴染まない」と言って居たのではなかったか?

獣医師会のそのような会見を受けて、総理は誤解の元が今治一校にした事にあると理解し、「意欲が或る大学なら全国に」と大変前向きなご発言。
(特区がダメなら、そういうことよねーw)
獣医師会の御意向を重視されたご発言ですもの、文科省も文句なかろう。これで丸く収まらなけりゃおかしいわ。


さしずめ都議選では、都政よりも安倍内閣打倒に力を入れる劣メディアと浮き草野党が小池党を有利にしている様ですが、その小池都知事。東京都をアジア一の金融街にしてGDP30兆円押し上げるのが「政策」だとか。
それも又具体策はない様ですが、一年近く経っても魚市場一つ解決出来ないで何事か!ですし、都知事は純粋に都の仕事に専念すべきではないか?とこの人への疑問が私的に深まりつつあります。
[ 2017/06/27 00:34 ] [ 編集 ]
前川助平を民辛党の党首に(笑)
民辛党のあべともこは
「身をもって教育行政の歪みをただした前川さんに民辛党の党首をしてほしい」とツイッターで発信したとか。

その手があったか!? 蓮舫も形無しですな。二重国籍女の後は面従腹背氏が党首とは。民辛党の議員の考えることは常に予想のはるか斜め上を行きますが、民辛党の官僚第一主義の象徴として是非とも実現して欲しいものです。

余りに品も格もない話が続いておりますので、この辺りでマックス・ウェーバー先生にご登場頂きますと、ウェーバー先生は官僚について何と言っているか。

また、職業政治家とは異なる傾向を持つものとして官僚がある。官僚は専門教育によって養われた高度な知識と高い誇りをもっており、国家行政の純粋な技術的能率性を司っている。そして、これは技術的な行政活動の必要性によるものである。また、官僚は専門家であると共に非党派的であるべきであり、政治的闘争に巻き込まれてはならない。党派性や闘争は政治家の本領であり、官僚とはまったく異なる責任領域である。官僚はたとえ上部の命令が自分の意見とは相容れないものであったとしとも、それが信念であるかのように執行すべきである。

「職業としての政治」より

このように政府の反対党から党首として担がれかねないほど露骨に党派的な動きをする官僚は、まずど初っぱなから失格であることをウェーバーは語っているのです。

戦前のロンドン海軍軍縮条約の締結において、政府を苦しめるべく憲法上の「統帥権干犯」を口にして盛んに政府を攻撃したのは当時の野党=ルーピー鳩山の祖父たちでした。愚かしいことに、まさに目先の政局のみを見て、それが議会政治の自殺行為になるとは夢にも思わなかったのです。

試験で選ばれた官僚は、軍人も含めて選挙で選ばれた政治家の意に従う、たとえ不承不承であっても、それが民意の実現だからです。その当たり前のことが判らない手合いが民主主義の危機を語るとは、一体、何の冗談でしょうか。

[ 2017/06/27 13:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ