私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  宗教新聞としての存在を証明した朝日 ~ 森友・加計以外に主張はないのか!?

宗教新聞としての存在を証明した朝日 ~ 森友・加計以外に主張はないのか!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 小池都知事が昨日表明した、築地市場の豊洲移転問題についての見解表明を受け、大手各紙は一斉にこの件を社説で取り上げた。読売は「築地市場再開発 豊洲移転との両立は可能か」、毎日が「小池都知事の市場移転方針 これでは将来が見えない」、産経が「築地市場移転 これでは判断材料足りぬ」と、概ね小池氏の見解に否定的もしくは懐疑的な社説を掲載したが、朝日新聞だけは違った。朝日は2つある社説を、それぞれ「加計、森友問題 首相の約束どうなった」、「加計、森友問題 疑惑の全容を解明せよ」と、築地・豊洲問題をスルーし、安倍総理批判での一点突破を図っている。

 各社の世論調査で安倍政権が軒並み支持率を落としたことに、かなり気を良くしたのだろう。「ここは一気呵成に」と、朝日の論説委員はハチマキを巻いて、鬼の形相でこれらの社説を書きなぐったと思われる。しかし、これでは、戦争を煽って国民に好戦的マインドを植え付け、刷り込んだ戦前の朝日新聞と同じではないか。「安倍憎し」が過ぎて、キリストでもアッラーでも、「我々の神以外の神なるものは認めない」と言っている宗教新聞と同じである。報道すべきことのバランスを欠いている朝日の姿はもはや日常の一部なのだが、なんともよくやるわ…という印象だ。

朝日社説


 いまや、文科省は省をあげて、倒閣運動に走っているかのように見える。もちろん、中には善良な官僚もいるのだろうが、ゴミのような官僚が、「第一次政権は厚労省が引導を渡した。今度は我が省が」とでも勘違いしているのか、次々と文書が出て来る。しかし、その文書の内容はお粗末極まりないもので、直近の文書は単なる個人用のメモであり、そもそもメモを作成した人物はその場に同席していなかったという。

 朝日は、昨日の「加計、森友問題 首相の約束どうなった」の方の社説でこう述べている。

 問われているのは、首相の友人が理事長を務める学園が特区の事業主体に選ばれる過程が、公平公正であったかだ。
 そこに疑問を持たざるを得ない文書や証言が次々と出ているのだ。首相は率先して事実を明らかにする責任がある。


 加計問題が取り沙汰され始めてから一定の時間が経過しているが、安倍総理を批判する側の朝日やNHKをはじめとする左派メディアは、これだけの時間がありながら、「安倍総理の不公平、不公正」を証明できていない。ひと言で片付けてしまえば、「証明できていない」のではなく、「できない」のだ。彼らがすがるのは、文科省のアンチ安倍派や民進党が出してくる「文書というメモ」と、前川のような逆恨み告発者の口述だけで、直接的な証拠には全く行き着いていない。だから、「疑問を持たざるを得ない」という書き方になるのである。

 そうなのであれば、結論は概ね三つに絞られる。ひとつは、朝日新聞ら「攻撃側」の取材不足であること、もうひとつは文科省や出会い系事務次官の文書や話が嘘または捏造であること、そしてもうひとつは、そういう事実がもともとなかったということだ。朝日は、文書についての事実を明らかにすることを一方的に総理に求めているが、そもそもその文書の真偽や信憑性を調査することもメディアの役割ではないのか。それをしないなら、朝日は単に倒閣だけを目的として記事を書いていると断定されても文句は言えない。

 それにしても、こんなお粗末な文書を出されて説明しなければならない官邸側は、迷惑千万だろう。こういう形で倒閣運動が全く批判されずにこと進むなら、官僚が束になれば、政権一つ軽く潰せるという前例になる。それを後押しするのが左派メディアだという事実を、メディア自身が恥じないなら、そんなメディアの存在は国民にとって有害以外の何の意味も持たない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/22 07:09 ] メディア | TB(0) | CM(5)
だから朝日なのです
或いはチョウニチは築地・豊洲問題を書きたくないのか。

これまでのこの件へのチョウニチ新聞ガミがどういう姿勢だったのか存じませんが、国会が閉幕した後の都知事の懸案会見なら、フツーは形だけでも社説で取り扱うのが公器新聞の都庁への「ご挨拶」の筈。
チョウニチ新聞社にはこの件、極々ご近所の問題でもありますから、書ける材料は他社を遙かに引き離せる量でしょう。まさかこれも共同通信社から戴く了見ではなかろう?

反日野党と組んではじめからチョウニチは森友、加計問題に点火していた様ですから、こちらの燃え具合が気になるのも不思議では無いのですが、管理人様の触れられた「社説文言」部分は安倍総理の閉会会見に対する民侵党首・謝蓮舫の言と全く同じですねえ。双子みたいw

相手がどんなに丁寧に話しても、「敵」の言葉を最初から聴く気がない。何故なら、騒動の原因を作っているのは自分達だから。
加計問題は徹頭徹尾「総理のお友達問題」限定にしておかないと、問題の「も」の字にもならないのは彼ら自身が初めから知っているから。

愛媛県前知事が産経のインタビューで暴露しておられましたが、今治に加計学園獣医学部が誘致されると聴いた日大総長が前知事に、<加計がロクな獣医師教育を出来る訳が無い>風な物言い。前知事は<ならば日大さん来て下さいよ。ウチはどこの大学でもいいのですから加計に限りません(欲しいのは獣医学部)>と答えられたこともあったのだそうです。でも、来なかった。
随分獣医師会はアチコチに手を回して獣医学部新設を阻止しようと懸命だった様子が分ります。

そこに働きたくない文科省の利権意識が加わっただけの、元を正せば、新規事業阻止騒動でしょう。
このメモ作成者は文科省の仕事ではなく農水省の職分であるかのように”誤解”発言していたこともあったとか。

省庁の利権墨守と怠惰を内閣に被せて倒す目論みは、仰る通り、社保庁の年金騒動に倣った印象が濃厚です。
[ 2017/06/22 13:39 ] [ 編集 ]
最近の日本の情勢をみれば、半島系、過激派が武力闘争でなく、国家の中枢に入り、日本を撲滅。その 元は憲法だと愚生は思う! 
[ 2017/06/22 18:40 ] [ 編集 ]
「信賞必罰」は、政治の基本だ
いじめ問題や貧困の教育格差、学校の国際的な評価低迷など、教育行政は問題山積だ。前川さんが現場主義を貫くのなら、東日本大震災の被災地やいじめのあった学校などを訪問すべきであり、自ら率先して放課後の出会い系バーを訪問する暇などなかったはずだ。学生個々のプライベートな時間の行動は、親や学校の生活指導の先生に任せるべきであり、行政のトップが学生個々の調査をするのは、あり得ない話だ。そもそも、出会い系バーの調査は、警察の仕事になるだろう。

加計の資料は、退官時、内部資料を持ち出したのか、もしくは、人脈により情報を受け取り、公開することで、内部情報を漏洩したことは明らかだ。違法性の放置は、悪行の横行になるため、公務員の情報の取り扱いは厳しく対処すべきだ。

そもそも、公務員の会議では、テープ起こしはしないのだろうか。しないのならば、会議の音声記録を録音しておけばよいと思う。会議のメモなどは、メモの作成者が、いかようにも書けるものだ。共有フォルダにあったとしても、会議における発言の証拠にはならない。作成されたメモに記載があっても、発言したかどうかは、言った言わないの水掛け論、事実は何一つわからないのだ。

勘違いしがちであるが、前川さんの公開した文書の内容、それは文科省にたしかにあった。それは、事実だ。しかしながら、その文書の内容まで、事実とは限らない。

菅官房長官の怪文書発言は、マスコミで物議を醸しだしたが、その文書が明らかな事実を記した文書とは言えない、という意において怪文書なのだろう。先に述べたように、テープ起こしや録音データではない限り、事実とはいえないのだ。メモには、メモ作成者の創作が含まれているのだが、どこまでが創作でどこまでが事実なのかは、やはり、テープ起こしや録音データがない限り、記憶であるから、言った言わないの水掛け論に終始するだろう。加計のメモで、あえて国会を開く意味はないだろう。
[ 2017/06/22 19:24 ] [ 編集 ]
この世で一番辛いこと。。。
それは、「自分の存在感を」完全無視されること。

今の朝日新聞の反日報道は最早確信犯的。ドMの境地。。。
批判されることに快楽すら感じているようだ!

こんな奴らは「無視する」に限る。
存在感すら完全に否定しよう!

しかし、そうは言ってもきっと朝日の捏造・歪曲・洗脳に騙される人たちのことも心配だろう。。。

そんなときは、事実だけを丁寧に「拡散していこう!」。。。!

ネットはそのためにあるんじゃないのか!?。。。

[ 2017/06/22 21:36 ] [ 編集 ]
宗教新聞、朝日
私の幼なじみの家には子供の頃から朝日新聞が置かれていました。
祖父の時代から親しくお付き合いさせていただいているご家庭で、今でも変わらずお付き合いさせていただいております。
何も政治的意図があって朝日新聞を購読されている訳ではなく、ただ大衆紙の一つとして購読されていたのでしょう。
その友人は政治向きの話は一切せず、今でもその点は変わりません。

しかし、最近その友人が朝日新聞に否定的な考えを持っている事を知りました。政治に関心が無くても朝日新聞の主張が偏向していることに気が付いたのだと思います。

本稿タイトルで書かれている通り、奢りきった朝日新聞が講読者を失い、宗教新聞となる日も近いでしょう。
[ 2017/06/22 22:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: