私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  国家公務員守秘義務違反の疑い ~ 義家発言の何が悪いのか!?

国家公務員守秘義務違反の疑い ~ 義家発言の何が悪いのか!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 義家文科副大臣の発言を、野党や左派メディアが殊更問題視している。事の発端は、文部科学省の「総理のご意向」文書だ。参院農林水産委員会において、自由党の森ゆうこの「今回告発した人は公益通報者にあたると思うが、権利を守る意識はあるか」という質問に対し、義家副大臣は「文科省の現職職員が公益通報制度の対象になるには、告発の内容が具体的にどのような法令違反に該当するのか明らかにすることが必要だ」と説明した。「守ると言えないのか」と詰め寄る森に対し、義家氏は、「一般論」と前置きした上で、「告発内容が法令違反に該当しない場合、非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可無く外部に流出されることは、国家公務員法(違反)になる可能性がある」と述べた。

 至極真っ当な答弁である。しかし、これを真っ当と取らないのが、反安部勢力だ。早速朝日新聞は、社説でこの義家発言に噛みついている。朝日は昨日の社説「加計学園問題 「義家発言」の危うさ」で、こう書いている。

 一方、義家氏の国会答弁は、「一般論」と断ったとはいえ、内部告発をためらわせ、公益通報制度を損ないかねない危うさをはらむ。文科省をはじめ政府がなすべきは、告発者の口をふさぐことではなく、異論や批判に耳を傾けることだ。


 義家氏は、単に国家公務員法の説明をしただけである。だから「一般論」と前置きしているのだ。この答弁なくしては、行政府の副大臣が、国家公務員に対して「公務員法守らなくてもいいよ」と言っていることになる。そんな答弁はできるはずがない。

 これは、高市総務相の「放送法」発言のデジャヴである。高市総務相は、放送の公平性に関し、「放送事業者が極端なことをして、行政指導をしても全く改善されずに公共の電波を使って繰り返される場合に、全くそれに対して何も対応しないということは約束するわけにはいかない」と答弁した。左派は弾圧だと批判したが、高市氏は法令順守を語ったまでだ。義家氏も同じく、一般論としての法律を述べただけである。

 朝日は、一色正春氏が尖閣ビデオを公開した際、こう書いている。

 仮に非公開の方針に批判的な捜査機関の何者かが流出させたのだとしたら、政府や国会の意思に反する行為であり、許されない。


 これをダブルスタンダードと言わずして、何と言おう。要するに、朝日も倒閣野党もご都合主義なのだ。自分らに都合の良い機密情報は公益とし、都合の悪い情報が出たら、出元を批判する。バランスなき批判としか言いようがない。

 民進党も義家氏を批判しているが、何度ブーメランを喰らったら気が済むのか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/18 07:21 ] 政治 | TB(0) | CM(27)
公益 だってw
慣れ とは怖ろしいモノで、最早チョウニチ教&檀家総代民侵族にはブーメランの痛みは感じないのでしょう。

あ、二題前に「Mはきらい」HNの人が落書きしてましたけど、そのMの意味が分らないまま(管理人様はパヨチンゴキブリ大好きwのyasu様と同じでYでしょ。誰の事か?だったので)でしたが、今分った!
アレ違うわね。ブーメラン刺さりが趣味体質化しているチョウニチ民侵こそ究極のMじゃん。

森ゆうこはそもそも「公益」の意味が分っていない。
「総理の意向」というお役所通用語の、およそ形容詞メモ、それも書いたと知れた官僚の「記憶が薄い」メモ。
こんなものの何処が公に益する情報だと言えるのか?大事な「公益」文書であれば担当者とその上司が大事に保管して居た筈であろうが。
おまけにその記述した出向官僚は、国家戦略事業担当ではないのだとか。

森ゆうこの不適当な質問に一般論で答えるしかなかったであろう義家副大臣の答弁に、瑕疵を見つけられる小姑根性には驚くしか無い。
何事も、物事が逆にしか見えないチョウニチ教徒達には「批判種!」と思えたのでしょう。
敵失を狙う事しか頭に無い輩には、己の期待度に目が眩み物事が見えないのだと思います。根性のヒン曲りがあの容貌。

ちょっと面白い経歴の義家氏も彼らにとっては「目立つ」存在で、彼を矢面に立たせたら世間の注目を浴びられる待望感は大きいのかも知れません。
政治家義家氏の鍛錬の一つになれば良いと思います。
○チガイの気は理解の外ですが。
[ 2017/06/18 13:43 ] [ 編集 ]
4.2%
支持率調査に重きを置いていない私ですが、今回は掌返してヤッホ~~~~~です。
内閣、自民共に微減ですけれど、民侵4.2%(落差率16%w)by時事。ですって。

消費税の最初が3%。もうじきですね。
[ 2017/06/18 14:21 ] [ 編集 ]
地に堕ちた吏道と守旧メディア
官僚が退官する時には私的なメモ類は抹消し、公的に残すべき記録は共有ファイルに登録するのが普通だということです。

今回の前川助平次官の言動は、現役時代の膨大な私的メモ類の中から反対党が利用しやすいような言辞があるものを抽出してチョウニチ新聞等に持ち込んだもので、そのとてつもない情熱には敬意を表しますが(笑)守秘義務以前、およそ官僚のする事ではありません。何が何でも総理を巻き添えにしたい籠池事件の、何度も修正された振込み票を思わせます。

ただし籠池理事長の場合は1個人、前川氏の場合は出会い系とはいえ前事務次官なので問題の深刻さが違います。守秘義務違反で告発するかどうかの議論は当然なのではないでしょうか。

一色海上保安官の問題に触れられていますが、あの時、那覇地検がシナ人船長を釈放した判断を「諒とした」仙谷官房長官は検察に圧力をかけなかったのでしょうか。憲法前文の偽善的な世界観を守るために、あったことをないこととして日本の司法を歪ませる、かかる行為に対してチョウニチ新聞以下のメディアは懐疑の目を向けようとは一切しませんでした。むしろ民主党、民辛党と並んで、戦後体制を墨守する共同正犯と言うべきでありましょう。

通りすがりの何たらが騒いでいた東の特区、国際医療福祉大学(成田市)には文部官僚と並んで朝日新聞の前社長…慰安婦問題で引責辞職した木村伊量氏など2名が教授として天下りしている由。

国家戦略特区にさえ食い込んでいる文科官僚と守旧メディア勢力を私たちは認識しておくべきと思います。基本は既得権を守るお仲間なのですな。
[ 2017/06/18 17:19 ] [ 編集 ]
つまんない
・前川助平次官は、国立競技場の騒動でも決断を下せず、結局内閣補佐官がその問題にケリをつけ、評判を墜とした。
・天下り斡旋で当然の責任を取らなかったので政府は引退二ヶ月前倒しの更迭。この時、なかなか更迭に踏み切らなかった政府を責め立てたのは民侵党。
・歌舞伎町貧困女性研究で通い詰め、売春疑い偵察中の警察に察知され、政府から厳重御注意。

この三件だけでも閉門蟄居・隠忍自重するべき者が、逆恨み骨髄で安倍政権倒しにかかるとは、事務次官に上り詰められた幸運を仇にするようなもの。
妹さんの嫁ぎ先大勲位家に泥を塗った自覚は多分無いのでしょうね。


なんだか昨日も今日も皆様のコメントを拝見出来ないのはつまらないですね、バロン閣下。
先任軍曹殿やなつこ様皆様は何処へ放浪しているのでしょう?


キョドウフシン社の支持率調査は10ポイント下げたという内閣の数字しか見られませんが、フツー政党別も出すはずですのに・・・アノ党は勢いある下落かしら?
[ 2017/06/18 17:58 ] [ 編集 ]
世論はマスコミが作る
今朝のテレビで、森ゆうこの「守ると言えないのか」や、山本太郎の「恥を知れ」発言が報じられていた。
こんな芝居じみた言動ばかりにスポットをあてるのは、マスコミが「加計」や「テロ等準備罪」は材料の一つであって、本質が反安倍にある証拠。

そんなマスコミが世論誘導を行っても、最近の世論調査に彼らの望む結果は数字として表れてこない。国民もネットを通じて幅広い情報を得ているからだろう。

しかし、マスコミが世論を作る大きな枠組みの一つである、という現実は変わらない。彼らにそれだけの矜持があるのか、とまでは言わないが、せめて事実にこだわった報道をしてもらえないものか。
テロ等準備罪を「共謀罪」と呼ぶ時点で偏向してるって気がついてない人もいるだろうし、故意に使っている人も多いだろう。
又、テロ等準備罪を否決した場合、オリンピックを控える我が国で、安全を図る具体策が反対野党から示されたのか。

多くのマスコミに勤める彼らも、自分達が戦後レジームのど真ん中にいる、GHQから洗脳された孫世代であることに気がつく日も近いだろう。
勿論、ネットを通じて。

[ 2017/06/18 19:10 ] [ 編集 ]
法の適正な運用のために、告発者と警察の仕組みを見直すべきだ
「私的憂国の書」の記事にもあるように、尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件を思いだした人は多いと思う。参考までに、Wikipediaでおさらいしておくと、「2010年11月8日 - 海上保安庁は被疑者を特定しないまま国家公務員法守秘義務違反、不正アクセス禁止法違反、窃盗、横領の疑いで警視庁と東京地方検察庁に告発した。」という事件だった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%BC%81%E8%88%B9%E8%A1%9D%E7%AA%81%E6%98%A0%E5%83%8F%E6%B5%81%E5%87%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

今回も、同様の疑義はあるのだから、義家文科副大臣の発言にもあるように、国家公務員法守秘義務違反などの同様の対応は可能だと思われるが、日本国政府の対応としては、強行策や犯人捜しではなく、情報の精査と日本国民への説明責任を果たすことに、重きを置いているようだ。

内部告発については、今、テレビなどで押しなべて報道されているように、公益上やむを得ない告発ならば、告発者は「公益通報者保護法」(2004年6月18日公布、2006年4月1日施行)により保護されるらしい。しかしながら、元海上保安官「sengoku38」さんには、個人的にとても残念なことに思うのだが、適用されることはなかったようだ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E7%9B%8A%E9%80%9A%E5%A0%B1%E8%80%85%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E6%B3%95

最近、思うことは、立派な法律があっても、その適用を適正に行わないのなら、違法な悪行がまかり通ることだ。「告発者」と「警察」の在り方に、増員や仕組みの見直しといった改革は必要かもしれない。無論、司法の判断にはないが、違法な方法による告発や捜査などは、告発や捜査そのものが、無効になる可能性はあるのかもしれない。
http://www.sankei.com/affairs/news/170307/afr1703070033-n1.html

これは、国際法にもいえることで、ルール違反がまかり通ることは、「信賞必罰」とは言えないだろう。

中国は、AIIBに日米の参加を促しているようだが、その前に、中国主導で国際ルールというものが守られているのかどうか…南沙諸島問題において、国際司法裁判所の判決を遵守しているのかどうかを見る限り、その場しのぎの口先三寸の印象を持たざるを得ない。その場しのぎといえば、韓国や北朝鮮もそうなのだが、自国に不利な国際ルールを無視するのは、日本国としては、長期的に考えるならば、相手国の将来性すらも、懐疑的にならざるを得ないだろう。

信義を守るべき外交や貿易、その国際社会において、相手国は信じるに足るのかどうかは、今後、もっと大切になってくるだろう。そこに、小賢しい小細工や、不義背信がまかり通る世界を望むというのならば、AIIBや中国の将来性にも、残念なことだが懸念を抱かざるを得ない…というのが、オレの率直な思いだ。
[ 2017/06/18 20:12 ] [ 編集 ]
法治国家、日本
法律に則った行政を批判することが、そもそもおかしなことで、親安倍も反安倍も全く関係ないことです。

まあ、情治国会、韓国を仰ぐマスコミ界隈には通じないことですが。
[ 2017/06/18 21:38 ] [ 編集 ]
いい加減にしないと
テロ等準備罪が通りましたから、その辺にしとかないと、「捏造疑惑」が上がってきて、「捜査」が入るんじゃないかと思いますね。

昨今、「フェイクニュース」が問題視されていますから、そっちの対策なども考えるべきだと思いますね。

アカヒの擁護は的が外れまくってますね。そもそも、告発者(前川氏)自身が、様々な法令違反(天下り斡旋、職務中の風俗店通い等)を犯していますし、文書自体もどこまで「正しい」のか正確ではありません(正式な文書の場合は、内容次第(契約内容等が記述されたもの等)では守秘義務違反になる可能性もあるでしょう)。

この状態で、「公益に該当する」と何故言えるのか分かりませんね。どう考えても陰謀論(あったかどうかすら定かではない官邸圧力説等)か、悪質な場合(文書公表が公務員の守秘義務違反であった場合等)は、「偽計業務妨害」、マスゴミとの共謀ならば「捏造」とも言えるでしょう。

アカヒもそうですが、いい加減にしとかないと、全員「捕まる」事だってあり得ると思いますよ。
[ 2017/06/18 22:03 ] [ 編集 ]
管理人様。。。だらだら長くなりすみません
>民進党も義家氏を批判しているが、何度ブーメランを喰らったら気が済むのか。

きっと、気にも留めていないんだろうな!?。。。と思う。でなきゃ詐欺師軍団務まらないしね(笑)
何も構えなくとも咄嗟に平気で嘘を言えるDNA軍団なので、ブーメラン自体が嘘の延長に存在するものなので何とも堪えないんだろうと思うこの頃。。。

ちょっと真面目に加計問題をネット情報を基に時系列でまとめてみた。


①2015.6.4
…今治市が特区申請した。(今治市ホームページから)

②2015.6.8----国家戦略特区ワーキンググループ(WG)のヘアリング
…文科省は「規制の根拠は需要に基づくもの」と主張。
…しかし、WG議員より以下反論。
 ・小泉内閣の時に『需要調整条項』が廃止、需要は役所でなく市場が判断するとの理由から。
 ・安全のためなら需要は多い方が良い。
 ・日進月歩の分野であるのに、『質の問題』が考慮されていない。

③2015.6.30----閣議決定
…WGでの審議に基づき閣議決定。その際『石破4条件』が加わる。
…『石破4条件』とは、獣医師養成系大学・学部に関する事項に於いて
 1.現在の提案主体による既存獣医師養成でない構想が具体化し
 2.ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき具体的需要が明らかになり
 3.且つ、既存の大学・学部では対応困難な場合には
 4.近年の獣医師需要動向も考慮しつつ、全国的見地から本年度内に検討を行う。
…それに伴い、『文科省が本年度内(2016.3.30迄の期限で)に獣医学部新設の是非についての検討を行う』ことも閣議決定された。

④2016.3.24
…京都産業大学が特区申請する。
…WGのヘアリング待ち。

⑤2016.9.16----WGヘアリング
…本年度中(3.30)迄に新設の検討を行うはずが、「需要のあるなしの結論が遅きに失している」と文科省に対する非難。(文科省がサボって仕事をしていなかった)
…バイオ研究分野の人材不足が起きている。医学や獣医学からの供給が少ないことが一因。
…今治市だけでなく、京都からも要望が出ている。

⑥2016.10.17----WGヘアリング
…【京都産業大学の主張】
 ・文科省からは「門戸は開かれていない」と言われ取り合って貰えない。
 ・ライフサイエンスと北近畿・北陸での鳥インフル対応で力を発揮できる。
…【WGの主張】 
 ・文科省は「現状で対応できる」と主張するので、議論が平行線のまま。
 ・研究ニーズと獣医師の数はもう少し議論が必要で、特区認定に向けた戦略を互いに練る必要がある。
…つまり、特区による規制緩和を求めた京産大に対し、WGが示した見解が「現状プランでは文科省が拒否するだろう」というもの。

⑦2017.1.30
…日本獣医師会が「獣医学部の新設はせめて1校とするよう働きかけを行い、『1校に限り』と修正させた」と会報で報告。
…これにより、『要改善』だった京産大が落とされた。
…最初から「加計学園(1校)ありきだった」などと「どの口が言う」である。


後は皆さんもご存じのとおり、例の怪文書の日付は2016.9.26、玉木メールの日付は2016.9.26~9.27。。。
つまり2016.9.16のWGヘアリングの後であり、多くの方が主張している通り『(既得権益に頼るしか能力がなく、需要方程式さえ立てる能力もない)文科省が、閣議決定された宿題を1年以上も放り投げてきたことを詭弁と捏造でスクラムで体裁を繕おうとした』だけの、ホントにつまらない遣り取りにすぎなかったことは歴然としている。


ホントにその審議自体が税金の無駄遣いであり、その遣り取りにも吐き気を覚えますが、それでもまだまだ騙される国民も多いのも現実であり、残念で仕方ありません。

もう少し、時間が必要です。。。!!!

今日も長くなりまして、申し訳ありません。。。

[ 2017/06/18 22:17 ] [ 編集 ]
放浪者の下手な考え休むに似たり?
こはる様

何処へ放浪しているのでしょう?との軽妙なる語りかけ。
思わず、笑ってしまいました。
笑わせていただいて序でに、お返事方々、投稿する気に
させてしまったのですよ。流石のこはる様です。

管理人様の毎回の熱筆に対して、下手なコメントでも
賑わいの一つにでもなると、何とか書こうとしても
どよ~んと落ち込んだ気持ちが続き、ストップしてしまいます。

しかし、ここでのコメントの少ない日は、気になるものです。
こはる様やレッドバロン様など常連の方が投稿してくださることで、
ひと安心と感謝しながら、ロム専を決め込んでいました。
欝々とした気分を解消しようと、押し入れに仕舞い込んで、
長年、整理しないままで来たものを処分したり、洗濯したりと
清掃に励むことになったのは、良かったのですが。

ずっと気の晴れない状況が続いた原因を
書き出すと長くなります。
記事とは関係ないことながら、ここはお許しをいただくとして。

一つは、国会を蹂躙して恥じ入ることのない反日野党の連中、
官僚の不道徳、不見識、メディアの横暴等々、総ぐるみ
敗戦後70年の塵芥が一気に噴き出た惨状を
これでもかと見せられることです。

毎日、毎日、言葉を失うばかりのニュースが飛び込みます。
呆れ果てる言動が地位ある人々から発せられます。
そこには、常識や良識が入り込む余地はありません。

何しろ、日本国憲法という名の占領憲法、
自国の国柄を反映することのない、世界に於いて類例のない
憲法を推し戴いてきた歳月の結果が、この有様です。
教育もメディアも、GHQ仕込みの憲法こそ後生大事と洗脳してきた結果が、
国民の安定した暮らしの根本には、自分の国は自分で守ることから始まる
当り前の事すら、理解出来ない国民を生み出しました。

国会議員も官僚も憲法学者もマスコミ人こうした日本人の代表です。
それは、易々と他国の侵入を許し、工作を容易に受け入れ、
目先の損得勘定で国家を亡国の道へ突き進ませることになろうとも
躊躇がないものです。

しかしこうしたことは今更、言うまでもないことです。
何より、気持ちが塞いだ遠因は、今上陛下の昨年の
8月のテレビを通じてのお気持ちの表明でした。
私の疑念の始まりとなったことです。

例えば、皇居前で「天皇陛下、万歳」「天皇陛下、万歳」と
皇居前で、お見送りをされている頑張れ日本全国行動委員会の
草莽の方々の無心の行為、心からの尊崇の念を
踏みにじられているのではないかと疑念が膨らむものでした。

また、日々のお仕事の傍ら、今、こうして記事を
懸命に書いて下さる管理人様、そしてコメントを投稿される方々の
国を思う熱い志を無下になさるお考えをお持ちの最上位の方で
あったことに行き着き、愕然となったことでした。

どうしても長くなりそうです。
途中ですが、ずっと更新せずにいた自分のブログに、
もう少し思いの丈を、明日にでも書いていきます。
こうして、書き出すきっかけを与えてくださった
こはる様に感謝です。(^^♪

管理人様
記事に関するコメントではないことで、
この場をお借りしての度々、失礼いたしました。
[ 2017/06/18 22:51 ] [ 編集 ]
訂正のこと
久しぶりの投稿で、
誤字、脱字、衍字とオンパレードをやらかしております。
一々、申しませんが(笑)、適当にお読みいただければ幸いです。
[ 2017/06/18 23:02 ] [ 編集 ]
なつこ様
お懐かしや、と言うには時間的に少し大袈裟、ですが、お待ち申しあげて居りましたw

本当に何処まで墜ちる日本の在り様か、と毎日毎日仰天ですが、コレ、限度まで墜ちて日本再生のチャンスになる時期なのかもしれませんよ。
つまり、ワタクシ達生きて日本の転機を実見出来るわけ。と思えばラッキーよ。
幾ら何でもこれ以上墜ちる余地があるとは思えませんもの。あるかな?あ、次代が・・・まあ、成るように成る。

しかし、まあほぼ毎日のお出まし。驚異的なお元気でおじゃりまするのは結構な事ではありゃしゃりますが、もうどうにも止らない状態には雹も降りますわねえ。
[ 2017/06/19 00:32 ] [ 編集 ]
こはる様におまけ
私が心配し過ぎなのかもしれませんが・・・。
こはる様のように、大きな気持ちも必要かもですね。

ところで、産経westニュースで、可愛いものを発見しました。

*「サザエさん」も「キン肉マン」も「ひこにゃん」も和菓子で再現
  …世界のファンうならせるオタク職人の“神業”
http://www.sankei.com/west/news/170517/wst1705170003-n1.html

精密で、楽しい作品の数々には驚嘆します!

おやすみなさい。
[ 2017/06/19 01:18 ] [ 編集 ]
皆様の精神力に敬服でございます
こはる様

「共謀罪」は可決されるだろうと思いつつ小心者は心配でたまらずTVニュースを
不快ながら聞き流す日々でございました。 これがまたメチャクチャ不愉快!

「政権は強引である、課題に真面目に答えようとはしていない云々・・・」
物事には必ず優先順位と管轄領域(ジュリスディクションン)があるにも関わらず
これを無視した「印象操作」そのものでした。

民辛党の馬鹿奴は死ななきゃ治らんことは解っておりますがマスゴミもここまで
ヒドイのか! 夜明けはマスゴミ奴らを「夜と霧」に処することなくあり得んわぃと
火病の発作が止まらずコメントなど書けませんでした。

心の地獄、魂の阿修羅のような惨状の中で平常心を保ちつつ(保つ振りをして)
コメントをUPされる諸賢にあらためて敬服しております。
[ 2017/06/19 07:45 ] [ 編集 ]
「さよく野党・メディアに思う」 もっと重要な事が幾らでもあるだろう
「告発内容が法令違反に該当しない場合、非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可無く外部に流出されることは、国家公務員法(違反)になる可能性がある」と発言した義家弘介文科副大臣に一部批判の声が出ています。

この問題はその国家公務員である前川喜平前文部次官の発言がその発端です。
それに関しては自民党内からの発言で事態を混乱させた面は確かにあります。

http://www.sankei.com/politics/news/170618/plt1706180030-n2.html

http://www.sankei.com/politics/news/170618/plt1706180029-n1.html

しかし更にこの「前川前文部次官発言」の元をたどると又々いつものさよく野党・メディアなどの安倍内閣倒閣運動に行きつきます。
彼らはまったく火の無いところで問題化させる事もありますが、今回は一応内閣側に指摘される点もあったとは言えるでしょう。

但し、安倍潰しに血道をあげて国会運営を阻害し、もっと大事な国政に影響を与えるというパターンには国会議員の本分がどうも見えて来ません。
この「加計学園問題」は民進党の左派、右派と言われる議員こぞっての反安倍倒閣運動ですが、ここに民進党の自浄作用の無さが表れているように思えます。

そんな折、また世論調査が発表されました。

読売新聞に於いては内閣支持率49%(12%ダウン)、

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170618-OYT1T50095.html?from=ytop_top

朝日新聞に於いては41%(6%ダウン)、共同通信では44%(10%ダウン)とのことです。

http://www.47news.jp/news/2017/06/post_20170618164511.html

朝日や共同通信などさよくメディアでは例の設問・質問の仕方などの工作を含め「反安倍数値誘導」というベースがありますが、何時も書く様に世論調査は目安として読むと考えています。

それでも今回この「加計問題」が安倍内閣の支持を下げ、それに合わせ「共謀罪は国民を監視し、えん罪を生む」等プロパガンダを繰り広げて来たさよく・在日などの工作による「テロ等準備罪」の負のイメージが作用したのでしょう。

一般日本国民の意識というものはその様なものです。
逆に言えば反日偏向メディアの影響力は大きいとも言えるわけです。

「国民の生命財産を守る」を基準にして考えた場合、国会議員の最も力を入れる必要があるのは何か?
と考えればリアルタイムに危機が増している「北朝鮮問題」、「中国問題」などその他ケタ違いの向き合うべき問題だと考えます。

それを当問題と同列に扱ったり、と言うか見ているとそれ以上に取り上げるさよく・在日野党・メディアの姿勢は相変わらずとため息が出るというものです。

ちなみに日本では今上野のパンダに子供が生まれ単純に大騒ぎをしていますが、「パンダ」が歴史的にも経済的、政治的にもどういうものか?
それを考える思考が日本人に欠落しています。
その欠落に導いているのも又さよく偏向メディアであるわけですが。

一つ、その「パンダの政治的役割」とは最近ではあまり聞きませんが、元々中国の印象を良くし、日本人を中国に友好的にしようという目的が基にあるものです。
パンダ飼育の当初は盛んに「日中友好」を宣伝していたものです。

そしてその中国による日本人の意識工作にはあの「孔子学院」もあります。
これは孔子学院で学ぶ日本人に利益供与し、親中派を増やそうというものですが、この企みも大きな効果まで現状出していないように思えます。
ですが、直近やはり中国に対日工作が継続しているというニュースが出ました。

「苫小牧駒澤大学が中国化する」

少し前にはあの「中国資本による日本の水源地購入」という話題がありましたが、北海道の大学を中国が無償で手に入れる模様です。

それが中国と癒着している京都市の「学校法人京都育英館」(松尾英孝理事長)に対して行われる「学校法人駒澤大学」(須川法昭理事長)による「苫小牧駒澤大学無償移管譲渡問題」です。

遠からず、ここが中国の新たな反日工作拠点となる事でしょう。

[ 2017/06/19 07:50 ] [ 編集 ]
まずもって政治を知らない奴が多過ぎる。
野党は与党を批判するのが役目であるということ。
野党まで与党に追従するようになったらそれこそお話にならない。

加計問題について、これは与党、というより、安部総理が悪い。
加計ありきどうこうではなく、安部総理と加計さんは長年の友人だというのだから、獣医学部開設に関して加計学園に許可を出せば癒着を疑われるのは当然の流れである。
それが嫌なら完全確実に透明性を確保して話を進めれば良かった。
加計学園が条件に一致しているとデータから判断できるのであれば、野党からの批判は最小限に抑える事ができたはずである。

義家発言について、守秘義務違反と発言の内容に関しては別問題である。
そもそもにして、国家公務員とは国、ひいては国民に奉仕するものであり、その守秘義務とは究極的には国民の利益を守るためのものであり、政治家のためにあるものではない。
それを踏まえた上で、義家文科副大臣の発言は正当なものであろうか。
少なくとも国民の知る権利を阻害しているように思える。

私見で言わせてもらえれば、守秘すべき義務がある情報とは、他国に漏洩した場合、国家の利益及び安全が脅かされるものであり、必然的に他国が対象となり、それに付随する形で国民に対しても守秘すべきである、と考えている。
[ 2017/06/19 11:11 ] [ 編集 ]
なまはげダス
なつこ様 
ひこにゃんは何をしてもカワユイ!ですねえ。大好きです。
あれだけ練り切りで四季のお花等が作られるのですから、ああいうキャラクターがあって不思議ではない、のに、普通は思いつきませんね。
ホッコリする画のご紹介、ありがとうございました。

末田先任軍曹殿
今の日本政情如きで悲歎に呉れている先任軍曹じゃあ困りまする。
実を申せば私だって怒り心頭の毎日で、自称秋田美人はなまはげ状態なのを自覚いたしますが、そこは鏡を見なけりゃイイ事で、怒りを小出しに吹上げている訳です。つまり、なまはげの怒りガス抜きですわ。

そうでもしなくっちゃアノ国会!誰が正気で観て居られようか?
彼の聖徳太子様も、外戚蘇我氏の横暴乱暴極まりない毎日の忍び難きを御忍び堪え、せめてもの「十七条の憲法」なのですから、平成の庶民がネットで束になって不満噴出出来るのは幸いなことだと思い候らえ。

太子の伝承は虚実取り混ぜて山の様に伝えられますが(ナント、北東北の山の中にまで「太子お休みになった跡」というのもあるのですゼ)、「世間虚仮、唯仏是真」のお言葉は、太子御薨去の直後に妃の一人橘大郎女が太子を偲んで作られた繍帳にある文字なので「実」だとされています。

これ、平たく言えば<世の中、強欲で殺伐で不条理だらけなの、理想の国などこの世の何処にも無い、それを求めるなら仏の世界にしかない!>って事でしょ?太子の生きられた時代も大変だったのよ。
だけど、生身の者が仏様の居られる世界にちょっと行って来るわけにはいかないから、生きて居るワタクシ達は究極の愚者&工作員に政治をされてなるものか!と声を挙げるしかない、と思いまする。
だって、このまま黙って居たら軍曹殿のカワユイお嬢様も悪が蔓延る体たらくの中で一生を暮らさなけりゃならないのですよ、イイの?お嬢ちゃんの心中苦界よ? だ、か、ら、パパがんばろ!

HNも名乗れない、政治をよくご存知らしき方
野党は与党を批判するのが役目では無い、と私は思います。
野党と言えど国会に於いて堂々と政策を論じ、政策、法案を真剣に審議する事で、結果与党がしようとする政治を批判する形になるとしても、唯単に政権与党の足を無駄に引っ張るのが「役目」の筈がありません。
そんな下らない事の為に国民は血税使用を彼らに許しているのではありませんから。

加計問題は安倍内閣で初めて出てきた校名ではありません。福田ジュニア内閣時からはじまって民主党・鳩山内閣でようやく机上に乗った案件だそうで、それが安倍総理の御親友云々に現野党がむりやり「問題化」させた事は関心がある人々には知れ亘っている件です。
だからこそ、身に覚えの無い安倍総理は悠長に構えていたのではないでしょうか。
話せば分るとお考えだった総理に非がある、とするなら仕方が無いですが。

義家副大臣発言へのご意見は「私見」とお断りされていますので、そうかしら?とだけ申しあげたく存じます。
[ 2017/06/19 15:35 ] [ 編集 ]
行政を担うのが与党で、そうでないのが野党。
野党は政策を精査するのが役目であり、政策を考えるわけでない。
本来与党の打ち出した政策に対し、瑕疵があればそれを指摘するのが野党の役割である。よって政策が対立する事はない。そのような形式でなければ政治は成りたって行かないからである。

加計学園の話題について一言
私が述べたいのは、安部総理の立場的なこと。いやしくも公人であるならば、友人関係と政策について、常より気を配るべきでは、と言うこと。
失言一つで辞任に追い込まれる事も多い昨今、油断していた、では済まされない。

以下長くなります。
国民主権という言葉がある通り、国家の主権は国民にあります。
これは、日本という会社のトップが国民である、とも言えます。実際、国民の納める税金から、国家公務員の給料が支払われていることからも、正当性のあることです。である以上、国家公務員は国民、ひいては国家に仕えているのであり、政治家に仕えているわけではありません。政治家は、国家公務員の上司であり、彼らもまた国民に仕えているものです。
そもそもにして、何故守秘義務が課されるのか。
会社にとって、詰まりは日本にとって不利益になるからこそ、課されるのではないでしょうか。
少なくとも現政権、政治家にとって不利益になるからこそ課されるわけでわありません。
リークされた文書が国家公務員守秘義務違反になるかどうかは、法令によってではなく、国民にとって不利益になるかどうかで判断されるべきではないでしょうか。
上司の許可なく外部へ流出がどうこうというのは、あくまで一般企業にとっての基準でしか無く、国民主権である以上、最終的に判断するのは国民であり、同時に、最終的に責任を負うのも国民である。政治家は国民の委任を受けて国政を運営しているに過ぎない。

異論反論は当然あると思いますが、ただ違うのではないか、という形ではなく、私はこのように考えている、思っているから違うのではないか、という形ですべきです。このディベートの結果が実際に政治に影響する事がない以上、反論のための反論は無意味であり、時間の浪費になってしまわないためにも、お願い致します。
[ 2017/06/19 17:37 ] [ 編集 ]
(名前空欄)さんへ
>リークされた文書が国家公務員守秘義務違反になるかどうかは、法令によってではなく、国民にとって不利益になるかどうかで判断されるべきではないでしょうか。

…もっともらしく聞こえますが、では、国民にとっての不利益、その判断は誰がするのでしょうか?

日本国民の代表者たる政治家の定めてきた法令を遵守することこそ、他の誰でもない、日本国民にとっての利益になるのだと、オレは思う。

もっとも、己の名を軽んじるような者では、日本人の「名こそ惜しけれ」という精神すら、残念なことだが理解をしているとは思えない。それとも、名を名乗らないのは、何か理由があるのだろうか?
[ 2017/06/19 18:18 ] [ 編集 ]
義家副大臣の件の私の意見は前に書いてあります。

野党が政策を精査するのがお仕事なら、R4の言う「対案」も必要無いのですね。
国政の「瑕疵」という事の基本は「正しいか否か」にあると考えますが、今回の森友、加計問題で民進党他野党の「精査」行動が「瑕疵」の点検や指摘にあったとは到底思えません。

安倍総理の政策が、四国及び愛媛県今治市の十何年前から引き続いてきた加計学園誘致と重なっただけの事は、元民主党なら充分に承知の事項であるのに、ここまで総理個人の友好関係に原因があるかのように糊塗する邪道に、総理がこれ以上取るべき言動とは例えばどの様なものなのでしょう?

総理の御油断ではないと私は思います。日本の国会で野党を日本人の政党だと認識された居た事が油断なら別ですが。
ただ、今後は内閣も態度はかなり違ってくるだろうと想像致しますけれど、それが日本の為に佳いことだとは思えません。
[ 2017/06/19 18:31 ] [ 編集 ]
ご返答有難うございます。
法はそれを守る人こそ守る、との言葉通り法令を遵守することこそ利益なのはその通りだと思います。
ただ "今回のケースに限っては" 流出された文書が如何なる法に触れるか、ではなく、国民の知る権利に沿う形で処理されることを願います。

えーと、野党が与党を批判するのが役目といったことの建前として精査という言葉を使ったのですが。
言葉足らずですみません。

以下長くなります。
与党と野党の違い
それに伴う政治的力学
なぜ野党は与党に対し、揚げ足取りを行うのか

与党は政権与党と呼ばれる通り、行政を担っています。与党だから担っているのではなく、行政を担っているから与党なのです。
具体的には国会における議席を過半数以上取っている政党が与党です。議席が過半数に満たない場合、他の政党と組み、過半数を確保します。これが連立政権と呼ばれるものです。対して、そのほかの政党はまとめて野党と呼ばれす。

議席を過半数以上確保している、とは議案を自由に可決、もしくは否決できるということです。つまり与党の意見は無条件で通り、野党の意見は無条件で否決される、ということです。なので、野党がいかに政治的な案を持っていたとしても、発言自体意味がない、ということです。

国会には種類があります。日常的に行われている(ように見える)ものは、臨時国会と呼ばれるものです。これはその都度の案件を決定するものです。
国会には会期があります。簡単に言えば、国会が開かれている期間です。
ここが非常に重要なポイントなのですが、会期不継続の原則が存在します。
今国会で議論された内容は次の国会には持ち越されない、というものです。

なぜ野党は与党の足を引っ張るのか
これが野党にできる唯一の対抗手段だからです。会期不継続の原則により、今国会に提出された議案はそこで可決に至らなければ、事実上廃案となります。
つまり、野党が与党の足を引っ張り続け、会期切れになれば、与党が提出した案件は廃案となります。初めから野党の狙いはこれだけです。なので野党の役目は与党の批判である、と申し上げたわけです。

最後に
意見があれば批判がでるのは当然のことであり、その姿が最も健全である、と考えています。もし批判なかりせば、北朝鮮のような独裁国家となることでしょう。安倍政権に対して、賛成もあれば批判もあるのは健全たる民主主義国家の証である、と思います。願わくば、その賛否が誰かの追従ではなく、自らの意思の発露であって欲しいと思います。
[ 2017/06/19 20:45 ] [ 編集 ]
違法性があるという指摘が無いのだが
>リークされた文書が国家公務員守秘義務違反になるかどうかは、法令によってではなく、国民にとって不利益になるかどうかで判断されるべきではないでしょうか。

何を言っているんだ?国民が判断って、専門知識もない国民(一般大衆)に、どうやって適否が判断できるというのだ。

違法性があるかどうかは「司法」にしか判断できない。司法でなく、国民が判断するというのは、「人民裁判(リンチ)」に他ならない。

こんな司法制度の基本中の基本すら理解していないのでは、呆れてコメントする気すらも失せてくる(しかも、自らの名前を書かないところまで徹底しているという、抜け目の無さ。何か言いたい事(反論)があるんだったら、名前くらい書けって言っているのに、理解できない輩が多すぎます)。

そもそも、具体的に何が問題なのかすらも明らかにされていないのだが、いつまで「陰謀論」で攻め続けるつもりなのか、いい加減にして欲しいと思うのだが(テロ等準備罪が通ったから、そろそろ陰謀論を唱えまくっている連中は、痛い目に遭うと思いますね)。

>野党は政策を精査するのが役目であり、政策を考えるわけでない。

野党も「法案提出」ができるという点を理解していないですね。

政策を立案すること自体は、確かに与党(行政)の役割だが、与党(政府)の政策に反対するだけで何も考えていないのならば、野党の役割は無い。

野党というのは、瑕疵があればそれを指摘(修正)するだけでなく、与党案以上に優れた問題解決策を示す「対案」を示す役割もあります。ましてや、感情論、観念論的で、的外れな反対「しか」できない(もしくはくだらない事で時間を浪費するだけに明け暮れる)野党なんぞ、税金の無駄で、必要ありません。

>異論反論は当然あると思いますが、ただ違うのではないか、という形ではなく、私はこのように考えている、思っているから違うのではないか、という形ですべきです。このディベートの結果が実際に政治に影響する事がない以上、反論のための反論は無意味であり、時間の浪費になってしまわないためにも、お願い致します。

最後の但し書きの意味がよく分かりません(野党側に言っているのならば分かりますが)が、少なくとも、もう少し「正しい知識」と、「議論できるだけの論理的思考」を野党側が身に付けてから、議論に挑むべきだと思いますね。
[ 2017/06/19 20:55 ] [ 編集 ]
>議席を過半数以上確保している、とは議案を自由に可決、もしくは否決できるということです。つまり与党の意見は無条件で通り、野党の意見は無条件で否決される、ということです。なので、野党がいかに政治的な案を持っていたとしても、発言自体意味がない、ということです。

だったら、どうして「ヘイトスピーチ規制法」などの「与党(保守派)に都合の悪い」法案が通ったのだろうか。

この法案は、与党では無く民進党(野党)が提出した法案だったはずですがね。

野党が提出した法案が、無条件で否決されるのならば、野党の法案提出など意味がないという事になりますが、事実と矛盾していますね。
[ 2017/06/19 21:03 ] [ 編集 ]
空欄の方
今後の日本の国体に影響する「女性宮家創設」検討は政府案でも自民党案でもなく、民侵・野田幹事長の他法案審議をバーターにしたごり押しだったのですが、これも政権与党が数を頼みにするだけで政策や法案が通る訳ではない一つの証拠では無いでしょうか。

先程書き忘れた事ですが、「国民の知る権利」という言葉には思いが微妙です。
知るべきことの「権利」と紙屑情報でも知りたい「欲望」を混ぜて「国民」を第一線に押し出し「当然の権利」とされる事には、私はこの件だけではなく嫌悪感を持ちます。

知ったところで国民にとって何の問題解決にもならない、ただの野次馬根性を充たす為の国会審議の無駄さ加減を、「国民」が要求する下品さは出来るだけ避けたいことだと思って居ります。
下らない野党が「国民の知る権利」を持ち出す時、その目的に国民が踊らされるのはゴメンです。
真に知るべき事と、知ったところで何にもならない紙屑物件とは全く区別される方が好ましいと考えます。

ブログコメントにお名前を書かれない事は、他人のお家に名乗りもせずに上がり込む無法無礼と同じですから、今後は必ずHNぐらいはお書きになる事をお薦め致します。

[ 2017/06/20 00:49 ] [ 編集 ]
追記
賛否が誰かの追従とか、意見が自分の発露ではない かのような文言。私の事でしょうか?でしたら、全面的に丸ごと私の意見です、と申しあげます。引用部分がある場合は引用と分る書き方をしているつもりです。

せっかくのお説ですが、私他人の借り物は嫌いな性格ですの。
[ 2017/06/20 01:16 ] [ 編集 ]
空欄さんへ
>ただ "今回のケースに限っては" 流出された文書が如何なる法に触れるか、ではなく、国民の知る権利に沿う形で処理されることを願います。

…空欄さんは、どうやら、わかっているのかもしれないが、国民の知る権利に限らず、権利というものは、法の下において認められている。

日本国民には、法律に抵触する場合、権利を制限して国は捜査できる。国家公務員にだけ、特権的に違法性の捜査をしないのは、今、はやりの「そんたく」や、組織的な「手心」のようなものだ。

告発者に覚悟があるならば、国家公務員守秘義務違反で法の裁きを受けるべく、国から告発される前に、自首してほしいくらいだ。裁判の結果、どのような判決がでようとも、日本国民としては受け入れる。もっともよくないのが、違法性の看過や放置であることは、言うまでもないことだろう。
[ 2017/06/20 10:03 ] [ 編集 ]
2017/06/19 20:45 ] (名前空欄)
サヨクにも保守系にもいますが、
基本的に(名前空欄)というのは些細な場所かもしれませんが、責任をそれなりに持つと意識が見えない。
つまり「逃げ」を真っ先にしているということでしょう。

鳥の目で見て、日本の将来を考えた場合、目の前の安倍内閣のおそそを大きく取り上げる事と、
日本滅亡を目指す民・共の利に沿う事とはどう俯瞰的に見て違うのかというのは明白ななのですが。

そんな「頭は良いかもしれないがバカグループ」に積極的か消極的か分かりませんが入っているいち庶民が戦後何十年もたつのにくだらないことを書いているなと笑えます。
[ 2017/06/20 19:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: