私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  組織犯罪処罰法成立 ~ 左派メディアの本業は報道ではなく「運動」だ

組織犯罪処罰法成立 ~ 左派メディアの本業は報道ではなく「運動」だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 テロ等準備罪を含む改正組織犯罪処罰法案が、野党の激しい抵抗のなか、可決、成立した。案の定、左派メディアは「強行採決」「前代未聞」「禁じ手」などと、与党の進め方を猛烈に批判している。確かに与党は、参院法務委員会での採決を省略し、中間報告を求めることを議題とする動議を提出して成立を図るという、奇襲作戦を行った。しかし、与党をその行動に走らせたのは、あくまで民進党をはじめとする野党の手段を択ばぬ抵抗である。


 民進党を例に取れば、彼らはもともとこの法案を審議するつもりなどなく、あくまで廃案ありきの姿勢を貫いてきた。姿勢と言えば聞こえはいいが、その実は妨害である。前代未聞とか奇襲作戦といえば、参院法務委員会で維新の会の東徹氏が質問をしている佐中
に、民進、共産両党が金田法相の問責決議案を提出するという暴挙に出て、質問が打ち切られるという事態が起きている。東氏が14日の参院本会議で、民進党に対し「ルールぐらい守れ」と一喝したように、民進党らに政府与党を批判する資格はないのだ。

 政府与党が「中間報告」に踏み切った理由を差し出したのは、他ならぬ野党である。14日の出来事を時系列で書くと、こうなる。

  • 山本地方創生相問責決議案(否決)
  • 金田法相問責決議案(否決)
  • 松野文科相不信任決議案(採決せず)
  • 山本議運委員長解任決議案(否決)
  • 安倍内閣不信任決議案(否決)
  • 中間報告
  • 犯罪準備処罰法、参院で可決・成立

 時の内閣および担当大臣に対する不信任、問責などは、彼ら解任せよという道義だ。つまり、議論の打ち切りは野党から出ているのだ。総理が自ら出席して行う加計問題に関する集中審議もその後に予定されていたが、これも彼らは自ら棒に振ったわけだ。どう見ても、野党の自滅である。

 そういう、頭にあるのは倒閣のみで、徹底した抵抗をテレビで映してもらえればアリバイはできると考えている野党を批判せず、政府与党の議会の進め方のみを批判するメディアは、あきらかに偏向している。そして、そういう報道姿勢は今日始まったわけではない。特定秘密保護法のときも、監視社会になる、飲み屋で秘密を話したらしょっ引かれるなどと、いたずらに国民の不安感を煽ったが、施行されてみると一般国民には全く影響がないことが分かったではないか。

 法案に反対する自由は誰しも持っているが、事実を曲げたり、国民の理解を特定の方向に向かわせるようとする印象操作は、ジャーナリズムの範疇を超えた「運動」と呼ぶべきものだ。

 政府に一つアドバイスさせてもらえるなら、法相は替えた方がいい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/16 07:09 ] メディア | TB(0) | CM(8)
全く同感です。
この国の腐ったメディアに怒り心頭です。

どれほど中共の工作員に日本の中枢が浸食されているのかが
如実に現れてます。全ての糸が繋がっている。

どんどんこの真実を拡散して、多くの国民に広めなければ。

捏造に対抗出来るのは真実のみ。
根拠のない捏造は崩れ去るのみ。
そして、最後に真実のみが残る。

やっと、眠れる獅子が目覚めたという感じでしょうか。
大切な日本を好きな様にはさせない。
[ 2017/06/16 12:10 ] [ 編集 ]
喉元過ぎれば熱さを忘れる
>法案に反対する自由は誰しも持っているが、事実を曲げたり、国民の理解を特定の方向に向かわせるようとする印象操作は、ジャーナリズムの範疇を超えた「運動」と呼ぶべきものだ。

…共謀罪にあれほど力を入れていたマスコミは、法案が通ったとたんにまったく報道をしなくなったようだ。成立した法案はこういう内容だと、国民に向けて報道するのが、ジャーナリズムというものだろう。

これでは、法案成立を妨害するためのプロパガンダ、工作活動のひとつだと批判されてもいたしかたなしだ。

テレビ局の番組のコメンテーターも、意見が偏りすぎている。共謀罪に反対する評論家しかいないと、押しなべて反対を述べるため、賛成とは言い難い状況になる。日本国における報道の自由とは、このような形で侵害されているのだろう。

ところで、元事務次官の前川さんについては、押しなべて良い人だと報道されているようだ。しかしながら、教育行政のトップで出会い系バー通い、しかも天下りで処分されたような人が、評論家のような方々に押しなべて肯定的に評価されているのは、極めて残念なことだ。

偏向報道によって日本国民の個々の公正な価値観は、押しなべて歪められている、と感じるのはオレだけだろうか。
[ 2017/06/16 13:00 ] [ 編集 ]
反日野党にとっては、今回はまさに「ご愁傷様法案」の成立でしかないようだ!
正式名称「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」、所謂略称「テロ等準備罪法案」が。。。なんとか成立した。

その目的は何と言っても、国際社会に同調すべく「国際組織犯罪防止条約(TOC条約、パレルモ条約)」への締結だ!。。。その条件をクリアーすべく国内法としてのこの法案の成立だった!。。。そういう意味では、この分野でようやく先進国の仲間入りになれるということである。

しかし、それは建て前として本音はもっと他にある気もする。。。

それはやはり「日本再生」。。。そのための『大掃除の為の準備法案』。。。と思いたい!!

朝鮮総連の圧力によって社員採用に在日枠を設けたTBS、朝日新聞異動先となったテレビ朝日、そして、共産党員に主流を占められたNHKなど。。。戦後、「在日朝鮮左派の暴力に屈してきたメディアの歴史」が歴然としてとしてそこにあり、そして今やテロ組織を公然と支援する偏向報道を繰り返す日々が常態化している。。。

そんな既にゴミと化した「マスゴミ」。。。にとってこの法案はかなり危険な法案らしいのだ。
それは何故か?。。。それは今のマスゴミの中枢が在日半島人に牛耳られていることに繋がるようなのだ。
そして、それは在日帰化人が多くを占める政党にもまた同じことが言えそうなのだが!?。。。(笑)


米国では北朝鮮をテロ国家に再指定する動きがある。。。

北朝鮮がテロ国家に指定されれば、朝鮮総連や朝鮮学校などの「北朝鮮関連機関まで全て」がSDNリストに入ることになる。即ち、「テロ三法」や今回成立の「テロ等準備罪」の制裁対象となり、資金、物品の手配については完全にアウトとなるという。

そういう意味では、今回の特亜傀儡の民進党や共産党の(抵抗)働きぶりはあまりにも粗末なものだったよな(笑)

渡邉哲也氏によれば

『テロ等準備罪…ポイントは刑法79条(内乱ほう助)でしょう。組織犯罪としての認定を受けた場合、朝鮮総連がそれに該当する可能性がある。この場合、関与してしていた組織人も特別永住許可取り消し、帰国強制(強制送還)の対象と成り得る』
『韓国籍の特別永住者の中で破防法監視団体(過激派や朝鮮総連、共産党など)と関係を持つ者も、(今回の法案成立によって)強制送還の対象となる。』

らしい。

なるほど、関係野党が絶叫して法案成立に反対するわけだ!。。。ご愁傷様としか言いようがないが!
[ 2017/06/16 22:35 ] [ 編集 ]
理解不可
民侵のしている事を、議員を含めた党員はどう感じて居るのか?推測すら私には不可能です。
南鮮をじっくり観察している訳では無いので確かな事は言えないのですが、ネットなどで知れる限りでは、この日本の民進党議員は南鮮民族風に思います。もうじき蝋燭デモかな。

して居る事は、理も筋も通らない。
したい目的は「安倍政権打倒」しか無い、らしいことだけは解る。
現政権の支持率(国民の支持)は安定的にほぼ高め。それでも「独裁」だの「民主主義が壊される」だのと言える頭が、とっても変。

民侵四人の質疑が終わり維新に移った途端の「問責決議提出」で他党の意見封じをする暴挙を、この党の党員は大問題には思わないのだろうか?


本会議で昔懐かしい牛歩戦術をして、ルールに則り投票締め切りになった映像ですね。それでも反対投票を押し込もうとする無法者達。
森ゆうこの態度の悪さ、バッチリ写って地元に格別の宣伝画像を贈れてヨカッタネ。
[ 2017/06/17 01:51 ] [ 編集 ]
相変わらず
国民を導く偉大な安倍先生のやることはすべてよしとする訳のわからない論旨ですね。

タイトルを、私的憂国なんかでなく私的賛美とすればいいのに。

自らを国家に縛り付ける のが好きな人は嫌い。
[ 2017/06/17 13:22 ] [ 編集 ]
Re: 相変わらず
> 国民を導く偉大な安倍先生のやることはすべてよしとする訳のわからない論旨ですね。

具体的にどの部分が?
それを言わないと…(笑)
[ 2017/06/17 13:41 ] [ 編集 ]
Mはきらいサン 好き嫌いはご自由に
個人が主催するサロンに勝手に入り込んで来て、好き嫌いを書かれても嫌いなら来なけりゃいいだけ、と思いますがね。

ブログタイトルまで差し出がましい言及。大きなお世話はこちらまで気分が悪い。

アナタが言う様にw、国を導くお働きを安倍総理は悪評を恐れず、懸命になさっておられると私は思います。
少なくとも前三代の中韓御用聞き政府とは格段の違いがありますもの。

でも、こちらのブログ主の基本は是々非々ですよ。
文章読解が困難なご様子、お気の毒様。
[ 2017/06/17 15:07 ] [ 編集 ]
叩きたいだけのSはもっと嫌いだな
>自らを国家に縛り付けるのが好きな人は嫌い。

意味不明な文言(国家に縛り付けるとか、比喩でも意味不明)を書いているが、(この場合の助詞は、「は」ではなく「が」だと思うが)反安倍に固執したいが為に、自分達の事は棚に上げて、国家毀損の虚偽報道(フェイクニュース)や歴史捏造でも何でもやるような、ただ政権を叩きたいだけのドSな連中は、もっと嫌いだな(たとえ身内であってもね)。

[ 2017/06/18 21:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: