私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  天皇制は「気持悪い」「悪の根源」という者が皇室関連法にかかわる気持ち悪さ

天皇制は「気持悪い」「悪の根源」という者が皇室関連法にかかわる気持ち悪さ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「空気を吸うのがつらい」「近くで空気を吸いたくない」ということばがウエブ上で流行しているようだ。私にとっては、昨日書いた済州ユナイテッドのようなチームが「同じ空気を吸いたくない」対象なのだが、同じ言葉を皇室に対して言った人物がいる。森友学園問題で民進党を代表して安倍政権批判の急先鋒だった辻元清美だ。露出が多くなると次々とボロが出るのは民進党議員が必ず踏むプロセスである。「二重国籍」の蓮舫、「日本死ね」の山尾、「加計学園問題」の玉木と、同じようなオチが必ずついてくる。辻元も例外ではない。

辻元清美


 倒閣野党が「アベ政治を許さない」なら、「民進党を許さない」は日本維新の会、足立康史議員に相応しい標語だ。8日の衆院憲法審査会で、足立議員は、辻元が過去の著書にある皇室に対する発言を取り沙汰し、辻元が憲法審査会の幹事なのは適当ではない」と批判した。

「辻元清美さんは皇室を『生理的に嫌だ。同じ空気を吸いたくない』と書いた」日本維新の会・足立康史氏が攻撃 (産経)

 話題に上ったのは、辻元氏が民間国際交流団体「ピースボート」を設立し政界進出する前の昭和62年3月に出版した『清美するで!!新人類が船を出す!』(第三書館)。

 辻元氏は著書で皇室について「生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」「天皇っていうのも、日本がいやだというひとつの理由でしょ」と記していた。

 さらに日本のスポーツ界と関連させて「人生訓とか道徳を押しつけたがる。天皇とあの一族の気持ち悪さに直結している」とし、天皇制を「悪の根源」とまで断じていた。

 足立氏は、天皇制廃止を訴えた辻元氏の過去の発言も挙げ、「こうした発言を繰り返す辻元氏が憲法審査会の幹事なのは適当ではない」と批判した。

 これに対し辻元氏は「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めた。その上で「日本国憲法の下、日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べ、著書の内容を撤回した。(以上、抜粋)


 辻元は、「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めた上で、「日本国憲法の下、日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べ、著書の内容を撤回したという。

 さて、辻元が著書で皇室に触れた問題の部分を、ネットで拾える限り再現してみたい。

辻元 天皇っていうのも、日本がいやだというひとつの理由でしょ。いくつか要素があるんだけど。
浅田 そりゃ最終的には、天皇制ですよ。明らかに。
辻元 生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくないと思わない。
浅田 あれは、白アリの女王みたいな、単に生殖だけの機能で.囲いこまれているわけでしよ。気持ち悪いよね。
辻元 こないだ在位六〇年の提灯行列があったの。あれも、ものすごく気持ち悪くて。この前、ロス五輪に行った水泳の選手がマリファナ吸って、日本記録が抹殺された。それだけなら、水泳協会の話だから、そのくらいのモラルだろうと思うじゃない。ところが、そのあと国体でその選手が日本記録をだした時に、天皇が見に来てたんだって、水泳の幹部が天皇の所へ謝りにいったんだって。
浅田 日本のスポーツって最近弱くなったでしょ。あたり前だと思うよ、あんなこと言ってるんだから。
辻元 人生訓とか、道徳を押しつけたがるし、でも、そういうのって、天皇とあの一族の気持悪さに直結してるよね。天皇制ってなくなるかな。
浅田 なくならないと思う。終戦の時に、きちっと責任追及があってしかるべぎだった。それが、今はもう大タブーになっている。
辻元 これはもう、悪の根源。


 日本人には思想、信条には自由が与えられている。従って、何を思っても何を言っても、辻元が違法行為をしたわけではない。ただ、皇室に対するこのような確固たる思想を持つ者が、国会議員をやるというのは別の次元の話だ。ひと言でいえば、恐ろしい。

 辻元は、「反省している」とこの発言を撤回したそうである。吉田証言に関する記事を同じく撤回したら、あとは知らんぷりをしている朝日新聞と同様に、この問題を「過去のこと」と葬り去る算段だろう。撤回と言うだけでバッジを付け続けられるなら、撤回など安いものだ。個人的には、こういう思想は時を経たら変わるという代物とは思われない。

 こんな人物が、あたかも庶民の味方、正義の味方であるかのような顔をして、政治をしている。旧社会党の残党を吸収した現民進党には、似たような議員は数多く存在するはずだ。こういう者たちが、皇室にかかわらる法整備に参加すること自体、おぞましい。小西が出る千葉選挙区同様、大阪の有権者もよく「人物像」や「過去の発言」などを考慮し、投票行動をしていただきたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2017/06/11 07:20 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
辻元排除は急務です。
おはようございます。

辻元は、徹底した反日、反天皇の活動家です。
口先では、その場凌ぎのことを言って誤魔化していますが、本質は過去から何も変わりません。
民主政治の最大の脆弱性は、そのシステムを否定、破壊しようとする勢力も許容する自己矛盾です。
その矛盾の間隙で巣くうのが、辻元などのような連中です。

かかる勢力をどう排除、抹消するか。
現下の政治システムでは、選挙で落選させることしかありません。

何せ、重信房子、大坂正明らが潜伏した大阪を選挙区とする辻元ですので、手間はかかるでしょうが、正体を暴露し、周知し、追い落としましょう。

ピースボート、第三書館への兵糧攻めも同時に必要なのは勿論です。
[ 2017/06/11 08:07 ] [ 編集 ]
言論の自由と内政干渉
百歩譲って、外国籍であった反日家の日本国民が、国政に口を出すのは認めるとしても、外国人が日本国の共謀罪法案などに、内政干渉するのはやめていただきたいものだ。
[ 2017/06/11 08:43 ] [ 編集 ]
地球温暖化の環境問題では、気圧の変化と大気成分も考え、陸と海の森林やサンゴ礁の回復を図るべきだ
>「空気を吸うのがつらい」「近くで空気を吸いたくない」ということばがウエブ上で流行しているようだ。

…今は、吸える空気があるだけでも良いのかもしれない。地球温暖化の環境問題では、気圧や大気密度の変化と、二酸化炭素以外の大気成分の構成比の変化も、合わせて考えていく必要があるのかもしれない。

大気の調整役を担うのが森林だ。人間を含めた生き物は、森林なくして生きていくことはできない。海の森ともいうべきサンゴ礁も、海水温上昇や河川の汚染もあり、白化して死滅しつつある。陸と海の森林回復は、空の環境改善のためにも急務であろう。

地球上の生態系が失われてからでは、たとえ1000兆円を投資しても、すべて回復するまでは、億年単位の時間を必要とするであろうから、人類の存続のためには、遅きに失するおそれがある。日本政府の取り組んできた持続可能な経済活動や、高度経済成長期であっても環境と暮らしの両立を重視してきた歴史は、未来の子供たちのためにも、世界中で今から取り組むべきことだ。
[ 2017/06/11 09:06 ] [ 編集 ]
公に反論出来ない皇室の方々に対する辻元清美なる人物の言い草は
大変卑劣なものです
例えば辻元清美本人に対して誹謗中傷しようものなら
辻元清美は烈火の如く怒り狂う事でしょう
前に何かでのセリフでありましたが
「撃っていい奴は撃たれる覚悟のある奴だけだ」と
自分は他者を傷つけてもいいが他人が自分を傷つけるのは許さない。
この態度こそな奴らの本質であるのだろうと考えます
[ 2017/06/11 11:00 ] [ 編集 ]
辻元の今
何ヶ月か前にテレ朝「朝まで~」に出演後、辻元は「わたしこの頃浩宮さんとよく会うんだ」(風な言葉だったと思います)と自慢気に言ったそうですよ。

ですが、昨日の産経・阿比留氏に依れば、その辻元は30年前だけではなく、平成10年、12年に出版した本にも同じ様な天皇観を表明して居るそうで、明らかに今だに「在るべき御皇室」には嫌悪感を持っているものと思われます。

「同じ空気を吸いたくない」というのは人として傲慢そのもので、相手様も同じ様に仰りたいお気持ちでであろうと、この辻元にも安倍総理に暴言したR4にもお返ししたいです。

「天皇制」というところからして日本という国を全く理解出来ていない。
この辻元が嫌でも応でも、天皇の御存在は日本の国体であって制度ではない。それが嫌で息もしたくないなら日本から出て行けば良いだけです。

天皇陛下には国外脱出の自由はお持ちでは無いが、辻元には逃げ出す権利も自由もあるのですから、ゴタクを並べて日本国民の血税を吸っていないで小西某と共にどうぞ国外へ脱出するのが世の為人の為。
[ 2017/06/11 15:08 ] [ 編集 ]
ブータンの水色の花
ブータンの国花メコノシプスの涼しげな水色を身に付けられた眞子様が、一条の爽やかな風のようにブータンの高原を駆け抜けた直後に、よりにもよって辻元の話題とは…(笑)。

だいたいブータンのような高地になると、下等な動物霊はその標高差に恐れをなして、付いて行けないそうですね。どこへ行っても傍若無人な日本のマスコミもブータン王室からの規制をくらって動くに動けずで、ざまあみろでした。

ジェツン・ツマ王妃から「内親王殿下が太陽を連れて来て下さった」とのお言葉があったほど見事な晴天が続きましたが、生まれながらの日本の皇族はかくあるべし。

それで私は昭和天皇の御即位式のエピソードを思い出しました。何しろ前の晩から激しい風雨に曝されて、御大礼の挙行を危ぶむ問い合わせに対して、宮内省は何と答えたか。
「式の次第に些かの心配もなかかるべし」。

果たして当日その時間が来たら、ぴたりと風雨は止んで、空はみるみる晴れ渡ったそうです。

亡き叔母がよく語っていた、日本がまだ日天子が治める国であった頃の情景を、今回の眞子様のブータンご訪問に重ねて、懐かしく思い起こしました。

たまたまかも知れませんが、同時期に金沢、富山を訪問された東宮は大変な雨嵐に迎えられたようで。神霊のご加護はどうなっておるのか、いささか心配になります。

結局、我らヘイタイというか一般国民にとっては、トップが「ツイている」人かどうかで、その運命が決まるものですから。

大阪生のいたちやスカンクの放屁問題よりも、その方が重要事に思えてなりませんのです。


[ 2017/06/11 21:56 ] [ 編集 ]
直後の大雨
バロン閣下 
ご存知かも知れませんが、眞子内親王殿下が最後の訪問地をお発ちになった直後には、大雨だったそうです。
ご訪問前に連日ぐずついていたブータンだったそうですが、ご訪問中の好天の報には、ほんに昭和様みたい!と思いました。
お顔立ちは香淳皇后様と御父宮様似、引き連れる天候は昭和様。最強の姫宮様と拝します。
あーーーーー勿体ない!

一方、残念ながらあの次代さまは、訪れられる土地に急激な局地的雨が多いそうで、見放されておいでなのだろうと勝手に推測しております。何があっても驚くまい。と思うしかありませぬ。
[ 2017/06/11 22:17 ] [ 編集 ]
2677年ほど続く我が国のシステムを帰化人に壊されては大変だ!!
教育勅語は大変素晴らしい道徳教育の教材です
GHQに洗脳されてこんな有り様に…
戦争には負けたが戦争目的は果たした、が代償があまりに大きすぎる…

東宮御所はソウカの職員に乗っ取られてるとか、皇太子は本物ではないとか
愛子さまも別人であるとか…

でれでれ草 DereDre Gusa
URL:
http://p222.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1204YeB71LCVjWK0/g5?_jig_=http%3A%2F%2Fe-vis.hatenablog.com%2F&_jig_source_=srch&_jig_keyword_=%82%C5%82%EA%82%C5%82%EA%91%90&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2582%25C5%2582%25EA%2582%25C5%2582%25EA%2591%2590%26fr%3Dm_top_y&guid=on
[ 2017/06/11 22:18 ] [ 編集 ]
こはる様

えっ、眞子内親王殿下がブータンを離れるとすぐに大雨が降ったのですか。ここまで来ると霊験あらたか、と言うべきでしょうか。


まことの姫宮=眞子様を昭和陛下と香淳皇后様がお守り下さいますように。
[ 2017/06/11 22:34 ] [ 編集 ]
純粋に不思議です
「生理的にいや」「近くで空気を吸いたくない」というのは女の感覚レベルで物事を判断するときには今でも使っています。若いころはもっと過激に適用していましたが(笑)、今は歳をとったせいか判断がかなり鈍くなっている模様です。

なお、この感覚は同性からすればとてもよく理解できるのですが、その対象を皇室や皇族に向ける意味と感性が理解できません。個人的な怨恨があるのでしょうか?純粋に不思議ですし、もっと言えば不可解です。

さらに言えば、この種の怨恨を今でも抱えているのなら日本の国会議員にはならなければよいと思うのです。いったいどういうことなんでしょうね??
[ 2017/06/11 23:29 ] [ 編集 ]
辻元清美は「犯罪者」
厳密には前科者ではない(執行猶予付で、猶予期間終了すると、前科にはならないようです)みたいですが、辻元って、社民党時代ですが、現職議員で、執行猶予付きとはいえ、詐欺罪で懲役2年の実刑判決を受けているんですよね。

この「実刑判決」という点がミソで、裁判所自体も、辻元の「違法行為」を確認しているんですよね。

実際に、辻元自身も秘書給与を着服した事を認めていますし、このような「犯罪者(前科はついていませんけど、犯罪者である事には変わりないでしょう)」が、国会議員をやっていること自体が、「異常な事態」である事が分かると思います。

彼女、実際に立件されたのは、詐欺罪ですけど、スケープゴートにされたというか、他にも明るみになっていないだけで、詐欺事件以上にやばい事をやっているような気がしますね。詐欺事件なんて、かわいいものですよ。

辻元を支援している時点で、支援者も犯罪行為に等しいような気がするのですが、民進党の幹部になっている時点で、この政党がどれだけ「真っ黒」な政党であるか、よく分かると思いますね。
[ 2017/06/12 01:02 ] [ 編集 ]
分析して悪態ついて壊すだけ
好悪感情は内心の自由で濃淡はありますが、表明するのは個人的な場までです。大人として人間としての倫理です。そして、好悪と批判は別物。完璧に守れる人の方が少ないかも知れませんが。

それを「国壊議員」の辻元は準公人か公人の立場で、濃いヘイト表現をする神経がおかしいです。園遊会とかには和装して出ているくせに。利用できれば、皇室もOKなのか。
こんな辻元を当選させるようでは、選挙区の有権者の見識まで疑われます。選挙区の皆さまには、次は奴を落選でお願いします。

辻元に限らず、「日本ヘイト」はまるで正義で、内容を問わず「どんどんやれ」みたいな安易な風潮が社会の底流にあります。
対談の浅田氏は哲学者の人かも知れませんが、伝統を否定していればリベラルだとか先進的だとか思わないでほしいものです。再生も哲学でしょう。構造には人間の生と継続の妥当な理由があるのです。批判(あげつらい)を並べたてて破壊するだけでなく、構築してほしいものですね。
[ 2017/06/12 01:10 ] [ 編集 ]
「アベ政治を許さない」<「アベ政治に期待する」
「アベ政治を許さない」が意味することは、安倍政権による国政を認めないということだと思うが、日本国民の多くの方々は、選挙を通じて、安倍政権に国政を任せたのだ。日本国民の多くの方々は、安倍政権は暮らしを良くしてくれると期待している。ゆえに、選挙で多くの日本国民の支持を、自民党は得た。「アベ政治に期待する」という日本国民は、本当にたくさんいるのだ。特に、未来を担う若い方々の支持は多い。安倍総理にとっても、若い人からの支持は、本当に心強いものであろうし、同時に豊かな未来への国責を背負うことを意味している。

安倍政権は、野党の時間稼ぎの牛歩戦術など蹴散らすほどに、強い信任を日本国民から得ているのだ。責任を持って迅速に、為すべきことを成してほしいと思う。

具体的には、憲法第九条の改正により、日本国を守るという国家の意思を、日本国民に示す必要がある。

「日本国は、日本国を護るために、国防軍を備える。」

私案であるが、第九条に「日本国を護るという意思」と「国防軍の備え」という、「心構え」と「防衛の備え」を明記することは、日本国のために必要なことだと思う。
[ 2017/06/12 09:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: