私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  外交でもスポーツでも動くゴールポスト/坂本龍一、「日韓を小さなEUに」の不見識

外交でもスポーツでも動くゴールポスト/坂本龍一、「日韓を小さなEUに」の不見識

← 応援クリック、ありがとうございます。

 あの、坂本龍一が、南鮮メディア東亜日報のインタビューでこう語ったという。

「私は2000年ごろから、日本と韓国が小さなヨーロッパ連合(EU)になればいいと考えてきた。EUのように国境もパスポート検査もなく自由に行き来できる政治・経済自由区域になってほしい。隣人と反目し合うという人間種族の生まれつきの習性を理性的に解決しなければ、世の中は円滑に回らない。」


 まったく、理想家というのはいつもこうだから困る。不見識にも程があるというものだ。「隣人と反目する」という「生まれつきの習性」は、日本のものではない。日本人は少なくとも、幼少のころから「和を以て貴しとなす」の理念を植え付けられており、日本が南鮮と反目しているとするなら、それは専ら“リアクション”である。対岸の隣国とは異なり、日本の学校は、幼少の頃から反韓思想を教育で刷り込んでいるわけではない。坂本のように、外交や友好に「理性」を求めるのなら、それは半島の対して側に言ってもらいたい。

坂本龍一


 浦和レッズ対済州ユナイテッドの間で起きた「済州の暴動」事件。浦和のキャプテン阿部勇樹に肘鉄を見舞った南鮮の白棟圭(ペク・ドンギュ)が、近く日本を訪れ、阿部に直接謝罪する意向を示しているという。この選手は、両チームに悶着が起きた時、「済州の選手が殴られたと思った」と言っているそうだが、これもいつもの後付けの釈明だろう。外交でもゴールポストを常に動かすのが彼らの習性だが、スポーツでも同じだ。「スポーツ朝鮮」というメディアは、「肘撃ちは悪意を持ってやったわけではなく、白が両チームの衝突を阻止しようとベンチから飛び出し、両者を離そうとした際に肘が阿部にヒットしてしまった」と報道しているようだが、こんな白々しい嘘をよく書けるものだ。

 勝手な深読みが許されるなら、この肘撃ち選手の謝罪訪日は、ACLから済州に下るであろう厳しい裁定を、幾分でも緩和するためのパフォーマンスとも取れる。そして、「白は謝罪した。今度は浦和が挑発を謝罪せよ」と言ってくるに違いない。

 政治面でも、文在寅政権になり、朴槿恵政権に輪をかけた反日が国是になりそうである。文在寅が外相候補に指名した前国連事務総長特別顧問の康京和が、人事聴聞会で、慰安婦日韓合意についてこう語っている。

「合意が存在するのも現実で、守るべきだというのが国際社会の慣行だ」
「外相間の合意であり、法的拘束力はない」
「被害者中心の観点から知恵を集め、日本との対話を続けて、誠意ある措置が取られるよう努力する」
「焦点は法的責任と賠償だ」


 誠意ある措置とは、日本からの追加措置、いわゆる「おかわり」というヤツだ。ご丁寧に「謝罪と賠償」と、具体的な追加措置まで出している。日韓合意には、日本国内の保守派の中にも、「納得しないが、これで南鮮が終わりにするなら」と、支持はしないが追認という立場を取った人も多いだろう。かくいう私もその一人だが、この期に及んで「謝罪と賠償」などと言われても、「アサッテ来やがれ」と言って終わりだ。

 康京和は、人事聴聞会に先立ち、2日にナヌムの家を訪ねている。そして、「自分が外相になれば、政府の知恵を集め誠意ある措置を取る」、「人権問題の基本は、被害者が中心にならなければならない」、「(これまでの対応で)不十分なものがあるなら、埋めなければならない」(出典:朝日新聞)と語っている。安倍総理は対話そのものには肯定的だが、「最終的かつ不可逆に解決」した日韓合意に関するゴールポスト移動には、冷たく門前払いを喰らわすだろう。南鮮では非難の嵐が吹き荒れるだろうが、日韓合意をした以上、これは南鮮の国内問題なのだ。あとは国内で重い存分揉めればよい。

 しかしまぁ、困った国である。こんな国と「国境もパスポート検査もなく自由に行き来できる政治・経済自由区域に」?バカも休み休みに言ってもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/08 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(19)
坂本さん、音楽やってね。
坂本さん、貴方の音楽は好きです。
だけど、あまりにも発言が酷い。
音楽の才能をもっと開花させて下さい。
良い気になってバカな発言しないでください。
[ 2017/06/08 07:22 ] [ 編集 ]
お断りで~す。
本家のEUが壊れかけているのに、坂本某は何の目的で言うんだろ?
NYに住んで日本には「滞在」程度の人間に無責任に日本にゴミを捨てられても、始末するのは日本国民よね。めーわく。
盗人に自由に往来されて堪るか!

隣人と仲良くするのが第一義なら、何があっても前妻さんとお別れしなけりゃ良かったのに。矢野顕子さんはどう言うか知らないけど、妻は夫にとって最も近い隣人だと思うけど。

ユダヤ教かキリスト教かイスラム教かは分りませんが、「汝の隣人を愛せよ」みたいな教えがわざわざあるらしいのね。それはイコール隣人ほど厄介なモノは無い、って事だと言った人が居まして、物凄く納得致しました。
日本の「隣人」ってよく言われますもの、あの厄介で面倒で嘘つきの人達を。

済州ユナイテッドと南鮮紙は、悪いのは浦和レッズと槇野選手だと言い張っていたし、簀巻きは悪くねーニダ、だったでしょうが?
意地でも最後まで言い続けろヤ。情けないねえ。

一応謝ったスタイルをしておかないと、ACLにもFIFAにも言訳が難しい、とチームが判断したんでしょうね。
謝らないとクビだぞ、ぐらいの脅しで送り出されるんだ!

何と言っても今回の済州の乱行は、英仏伊(他にもあった様な)が一斉に批判記事を書いたそうですから、誤魔化せないよね~。
でも、阿部選手は会わない方がイイと思います。会っただけで「心から謝ったニダ」にされるでしょうから。
阿部キャプテンはなかなか起き上がれなかったですものね。謝るならその場で為された筈。

嘘つくように息を吐く民族には、何をされるか分らない。避けられない試合以外は関わるまい。
[ 2017/06/08 08:22 ] [ 編集 ]
理想家?
サカモトを「理想家」と呼びますか。
当方はきっぱり、「偽善者」と呼んでます。
現実社会は「美しい旋律」ばかりではない。
「荒々しい旋律」や「不協和音」もある。
それらを組み合わせなければ美しい旋律も際立たない。
コイツはムラカミハルキと同じ臭いがする。
我慢できず鼻を背けたくなるような。
[ 2017/06/08 09:01 ] [ 編集 ]
日本国に竹島を返還しないという韓国の公正と信義
>EUのように国境もパスポート検査もなく自由に行き来できる政治・経済自由区域になってほしい。

…坂本龍一さんは、「産業スパイ」という言葉を知っているであろうか。中国や韓国への産業スパイによる情報流出は、日本国にとって深刻な問題といえるであろう。

>隣人と反目し合うという人間種族の生まれつきの習性を理性的に解決しなければ、世の中は円滑に回らない。

…日本人は、管理人さんの発言にもあるように、「和を以て貴しとなす」の教えを、古来より大切にしてきた。それを悪用して、サッカーでエルボーをしても、あれはたまたま当たっただけだから、厚かましくもなかよくしようとか言ってくるのが韓国人のようだ。

…思うに、日本国憲法を外国人が悪用して、日本人に害をなしているという構図があるようだ。日本国憲法の前提としていることに、「平和を愛する諸国民の公正と信義」がある。

世の中に、軍隊や警察を持たない国はない。それは、国や国民を法の下、暴国と暴徒から守るためである。「平和を愛する諸国民の公正と信義」と同時に考えなくてはならないこと。それは、「諸国民の不公正と背信不義」もあるということだ。世の中、善き人もいる、しかしながら悪い奴も少なくない。そんなことは、誰だって知っていることだ。にもかかわらず、日本国憲法には、善き人を前提とした内容はあっても、悪い奴を前提とした内容を欠いている。これは、明らかに法の不備といえることであり、改憲すべき遠因といえるであろう。


こはるさんへ
>隣人と仲良くするのが第一義なら、何があっても前妻さんとお別れしなけりゃ良かったのに。矢野顕子さんはどう言うか知らないけど、妻は夫にとって最も近い隣人だと思うけど。ユダヤ教かキリスト教かイスラム教かは分りませんが、「汝の隣人を愛せよ」みたいな教えがわざわざあるらしいのね。

…坂本龍一さんの発言は、たしかに聖書を意識した発言をされていると思われますが、ご本人は離婚されていたんですね。教会で結婚式を挙げたならば、神父さんに、神様への誓いの言葉を述べたと思いますが…結婚の理想と離婚の現実があるように、日本国憲法の理想と国際情勢の現実もあると思う。

yasuさんもコメントしているように、理想は耳に聞こえ良く、現実は耳に痛い。

日本国憲法にある「諸国民の公正と信義」は、日本国民として信頼すべきことである。しかしながら、日本国に対する「諸国民の不公正と不信不義」も、近年、多くなりつつあるという残念な現実がある。

そのような状況で、日本国を守るには、まず、敵味方の黒白を見定めて、グレーの立ち位置の国に対しては、「100パーセントの信義」を、決して抱かないことであろう。韓国は、白か黒かグレーなのか。その答えは、竹島問題に見ることができる。つまり、黒にしかなりえないグレーという立ち位置であろうか。

坂本龍一さんは、日韓の融合の理想論を述べる前に、現実として竹島ですら返還されていないという現実、竹島返還運動をされている日本国民の声に、もっと真摯に耳を傾けるべきではないだろうか。
[ 2017/06/08 10:12 ] [ 編集 ]
こういうのはたった一行で論破出来る
「国防動員法を持つ国とは仲良くできません」

[ 2017/06/08 12:26 ] [ 編集 ]
坂本氏は薄っぺらな偽善者。
私はこの人の音楽には興味がなく、その音楽活動もよく知らない。
とても有名な人なのだろうしファンも多いだろうから、何か自分を特別な人間と勘違いして、ただの思いつきを上から目線で語りかけているようにしかみえない。
ご自身は、ニューヨークに住んで快適に文化生活を送っていらっしゃるのでしょう。で、金蔓の日本人に忘れられないようにたまに帰ってきて、
「私は2000年ごろから、日本と韓国が小さなヨーロッパ連合(EU)になればいいと考えてきた。EUのように国境もパスポート検査もなく自由に行き来できる政治・経済自由区域になってほしい。」
と綺麗ごとのような発言。呆れます。
韓国と経済自由区を言われるのなら、まず自分の持っている預貯金のドルや円を全てウォンに換金して、安全かどうかを身を持って示してほしい。(安全な円からウォンなんて怖くて出来ないと思うが。)
そして、住まいも韓国・音楽活動も韓国で行い、韓国が信頼する国に値するかどうかを先ず自分が行動し結果を見せて発言すべきだと思う。
自分が火の粉を被る勇気もないものが、国民が多大な損害を蒙るかもしれないことを、知識者ぶって軽く提言するのもいかがなものかと。
私は、坂本氏はまさに音楽界の村上春樹だと思う。恰好はつけるが、薄っぺらで中身がない。





[ 2017/06/08 14:35 ] [ 編集 ]
ツキクサ様
日本の現行憲法に坂本氏が云うような「精神」と呼べるようなモノがあるとは、私は思いもしませんが、この憲法の害悪を利用する階層はあるのだろうと思います。

ただこの件は、坂本氏にしても、済州簀巻き選手にしても、文在寅&その外相候補にしても、日本国占領憲法以前の、節度や慎ましさの無い、品も無い、人間性や民族・国家性の問題だと考えます。

坂本氏はその昔、東京芸大で優秀な成績を修めた方だそうですが、彼自身がTVで言うに、各教授のお好み路線に沿った作品を書けば高得点は取れる、だそうで、その思考のままなら相手に合わせた発言が上手なのかも知れません。
売れっ子作家が読者に迎合したものを書く様な、流行に遅れない心懸け、とでも言いましょうか。

坂本氏の「小さなEU」もクルクル鳩の「東アジア共同体」も同じ軌道にあると思いますが、多分彼らはその中で一緒に地道に生きる事は無いのでは?と思います。
決してそんなEU擬きの世界を実現させず、日本は半島に開かずの扉で居たいものです。


名無し様
南鮮にも中共のような国防動員法があるのですか?
[ 2017/06/08 16:32 ] [ 編集 ]
ポスト団塊世代の老害
坂本龍一は、言わばポスト団塊世代の人物ですが、東京芸大の大学院時代に学生運動に参加した、「筋金入りの活動家」ですね。

ミュージシャンを名乗るのならば、せめて「音楽」に関係する何かを語ればいいものを、中学生でも言えるような発言内容で、失望しましたね。

そもそも、有名なのかどうか知りませんが、日本に住んでおらず、在住の米国等での氏の評価を知りませんから、氏の音楽分野における評価は知りません。

しかし、自分の専門外の発言がこの程度の知性というのは、専門外というのを考慮に入れても、学生時代から、全く勉強しておらず、進歩が無いという事なのでは。

EUなどというのは、当初の設立目的から、理念など形骸化していますが、未だに、浅はかな幻想を抱いている時点で、おめでたいというか、夢見る少年のままなのでしょう。

永久のピーターパンシンドロームとはこの事ですね。
[ 2017/06/08 20:21 ] [ 編集 ]
欺瞞そのもの
著名文化人の欺瞞そのものの口舌は聞き飽きました。

自らに酔いしれた歳月だったのでしょう。
ある時、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼した
この老年音楽家は頬を紅潮させ、自作を演奏しています。

「破綻調 妄言変奏曲『いかさま』」

続いて「偽善行進曲『時代遅れの9条狂』」
[ 2017/06/08 20:42 ] [ 編集 ]
こはるさんへ
>日本の現行憲法に坂本氏が云うような「精神」と呼べるようなモノがあるとは、私は思いもしませんが、この憲法の害悪を利用する階層はあるのだろうと思います。

…日本国内では、日本国憲法を守れ。日本国外では、日本国憲法を悪用した反日活動。こはるさん、反日家のわかりやすい連携だとは思わないか。

>ただこの件は、坂本氏にしても、済州簀巻き選手にしても、文在寅&その外相候補にしても、日本国占領憲法以前の、節度や慎ましさの無い、品も無い、人間性や民族・国家性の問題だと考えます。

…ゆえに、ヘイトスピーチ規制法があるのかもしれない。日本人のような高い民度であれば、外国においてヘイトスピーチ規制法なるものは必要としない。韓国人にとっては、日本国内における民族的な批判も強いために、ヘイトスピーチ規制法がある。ヘイトスピーチは、ヘイトスピーチ規制法により、ある程度抑制されるとしても、ヘイトスピーチ規制法の存在そのものが、最もヘイトで侮辱的なことではないだろうか。外国人に対して、差別的で失礼な法律であり、日本国民の言論の自由も、侵害するおそれがある。ヘイトスピーチ規制法は、外国人への規制法であるから、条例の範囲を超えており、唯一の立法府である国会の認めてはならない条例なのかもしれない。
[ 2017/06/08 20:52 ] [ 編集 ]
こはる様
南鮮にも国防動員法がありますよ。。。

しかも中共と違い年齢に制限が無いようです。いかれてますね!
[ 2017/06/08 22:16 ] [ 編集 ]
こはる様
名無しさんは僕ではありませんので。。。念のため(笑)
[ 2017/06/08 22:58 ] [ 編集 ]
こはる様。。。連投すいません!
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/10/12/354-%E4%B8%AD%E9%9F%93%E5%9B%BD%E9%98%B2%E5%8B%95%E5%93%A1%E6%B3%95%E3%81%AB%E3%81%94%E6%B3%A8%E6%84%8F/から抜粋。。。


『同様に韓国でも国防動員法がある。憲法第39条で「すべての国民は国 防の義務を負う」という条項だが、恐ろしいことに年齢、性別に条件が ない。老若男女すべてが対象ということで、この国は中国に輪をかけて狂っている。』
[ 2017/06/08 23:22 ] [ 編集 ]
賢者は歴史に学ぶ
坂本の主張は100年前に日韓併合という形で既に実験済で、結果はご存知のとおり。互いに苦い思いを経験した歴史があり、今も続いている。
坂本は現状に心を痛めてかくの如き発言をしたのだろうが、その現状になぜ陥ったのか、歴史を学んでから喋るべきだった。

自らが痛い思いをした経験にしか学べぬ者は愚者。
歴史に学ぶ賢者を目指したいものだ。

経験にすら学べぬ者は、愚者にも劣る。
[ 2017/06/09 00:11 ] [ 編集 ]
世界一ひどい隣人の効用
坂本龍一氏は都立新宿高校の頃に、パリケード封鎖の先頭に立ったそうです。

彼と私は同年代ですから、時代の雰囲気は共有しています。あの頃は紛争も何も起こらないガッコは低偏差値で=底辺校の汚名を着せられてましたからね。彼はガッコの名誉の為に時代の先端を行った訳です。


彼がいまだに高校生の頃の反体制気分から抜けられないのは、売れっ子ミュージシャンという優越的な立場が彼の思想を温存してくれているからでしょう。どんなにズレたことを言っても、周りの同類項のジャーナリズムが拍手喝采してくれれば、幼稚きわまりない思想を修正、変更する機会にも恵まれないのはよく判ります。彼は音楽界の鳩ポッポなのですな。

先日のロンドン・テロ事件を受けて、明敏な頭脳をもった英国のメイ首相は放送で事件の根幹にあるのはテロ組織ではなく、イスラムという「思想」その物にあると初めて言及しました。きわめて慎重な言い回しですが、これは多文化共生を掲げてきたEUの価値観そのものをすっぱり否定することになります。政治家がこんな当たり前のことを認める為に国民は死体の山を築かねばならないとは。ポリコレではありませんが、坂本氏的なグローバル思想の呪縛はそれだけ欧米社会を覆ってきたのです。


世界一、ひどい隣人に恵まれた?日本は、逆の意味で幸せなのかもしれませんよ。EU的な迷妄に陥りたくても、エルボーでぶっ叩かれて、すぐに目が醒めますからね。

[ 2017/06/09 00:12 ] [ 編集 ]
坂本世代の自己矛盾
そもそも、あの世代は、大抵「反米」を売りにしているはずなのですが、最も「従米」している世代でもあります。

何故ならば、ヒッピーを始めとした、米国由来の「ポップス、ジャズ、ロック」を積極的に日本へ輸入し、その手法を積極的に取り入れた結果、現代音楽(モダンミュージック)を作り上げているのですから。まあ、内容自体は米国流を踏襲している感じもしていますね。

自分が忌み嫌うはずの「米国的」、「資本主義的」なものを、積極的に取り入れているという自己矛盾に気付かないというか、認めようとしない時点で、この世代が「反抗期の餓鬼」を、高齢になった今でも貫き通そうとしているという事を最も表しているのだと思いますね。
[ 2017/06/09 01:34 ] [ 編集 ]
ひょっとして・・・
龍一って名前如何にもそれらしく感じるのは私だけか?
[ 2017/06/09 04:40 ] [ 編集 ]
これを聞いて
この日本人は頭がおかしいのか?と多くの韓国人が判断したのなら
日本と韓国は仲良くなれそうな気がする
[ 2017/06/09 04:50 ] [ 編集 ]
御礼
抜粋編集室様 ありがとうございました。
中共の動員法は有名になりましたから私でも知れましたが、南鮮にも?と思って居りました。
南鮮の規範は、社会共産主義であってもシナにあるのですね。

年齢制限無しでも、今まで観てきた南鮮火病風土を考えると「然もありなん」です。法制化されているのがスゴイですけど。
アフリカや中東の実戦には子供も動員されていますし、南鮮も「その時」になれば志向的には似た様なものかも。

名無し様では無い事は承知致して居りますw
 
      ーーーーーーーーーーーーーーーー

「反米」を掲げながら「親米」「従米」であり同時に「親中」でもある人々は、点火の朝日同様ですね。
決して心棒に「日本」は無い。が、海外に出ると「日本国」のパスポートにはしっかり頼る人種。


ツキクサ様 
日本のヘイトスピーチもそうですが、例えば米国の「差別撤廃」なども法で規制されるから言えない分、反作用的に人心には増幅蓄積する「感情」というものがあると思います。ソチラの方が怖いです。
人の矩というか、節度ある態度行動の習性は、やはり画一的な法ではなく道徳教育に重きを置く社会が良いと思って居ります。

言葉狩の行き着く先は、人間社会の環境と思考を破綻させてしまう様に感じます。破綻している存在例の代表が、例えば、みずほさん。
[ 2017/06/09 09:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: