私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  野党や左派メディアの魂胆は、安倍総理の悪魔化である

野党や左派メディアの魂胆は、安倍総理の悪魔化である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞は昨日の社説「首相らの答弁 不信が募るばかりだ」を、こういう文章で起こしている。

 驚き、あきれ、不信がいっそう募る。きのうの国会で、安倍首相の友人が理事長を務める加計(かけ)学園に関する首相らの答弁を聞いた率直な感想だ。


 どこかで読んだことあるような文章だ、と思った。そして、この文章から醸し出される空気感でピンときた。2008年11月2日のこの社説と同じなのだ。

 こんなゆがんだ考えの持ち主が、こともあろうに自衛隊組織のトップにいたとは。驚き、あきれ、そして心胆が寒くなるような事件である。


 田母神氏が空自幕僚長時代に、民間企業の懸賞に、先の大戦や植民地支配についての個人的な考えを述べた論文を応募した件で、朝日の異常なまでのヒステリックな嫌悪感を記した社説である。朝日はこの社説で、田母神氏が「防衛省内では要注意人物だと広く認識されていた」とし、「多くの自衛官もとんだ迷惑だろう。日本の国益は深く傷ついた」と締めている。だが、省内で要注意人物だと認識されていたかどうかは事案に対する脚色である。「自衛官もとんだ迷惑」かどうかは、確かめようがない。総じて言えば、社説全体が読者に特定の印象を植え付けるものなのだ。 そもそも、「事件」という位置づけからしておかしい。

安倍総理


 現在国会で取りざたされている加計学園問題も、本質的には同じだ。 田母神氏同様、安倍総理を悪魔化し、国民の敵として仕立てあげる魂胆なのだ。そもそもこの加計学園問題で野党や左派メディアが問うているのは、法的な瑕疵でも金銭問題でもなく、忖度だ。文書のあったとしても、それは安倍総理の指示のような直接的関与を示すものではなく、あくまで官僚同士のやり取りだろう。それを政治問題化しようとするのは、飛躍的な印象操作ではないのか。

 朝日は、「出どころ、入手経緯が明らかにされていない場合は、その存否や内容の確認の調査は行わない」とした松野文科相の発言に対し、感情むき出しで「信じられない。この論法が通用するなら、あらゆる内部告発が「出どころ、入手経緯が不明だ」として、あったことがなかったことにされかねない」と論じている。しかし、出所不明の明らかに信憑性に欠ける文書があったとして、それが行政や政治の責任追及に使われるなら、政権を憎む輩は喜んで文書を捏造し、それを攻撃材料として活用するだろう。朝日の論調は、明らかに一方に偏り過ぎている。

 昨日の朝日、毎日は、この文書調査に条件を付けた松野文科相の答弁を非難し、「国民の知る権利への重大な背信行為でもある」(朝日)と批判している。しかし、国民の知る権利をハナから満たすつもりがない朝日のようなメディアが、胸を張って言えるセリフではないだろう。国民の権利と合唱すれば、批判している対象が国民の敵になるという単純な図式をもとに、彼らは世論を誘導する。しかし、その批判になんら根拠がなくてもよいというなら、報道に関する責任の放棄だ。

 民進党ら野党と朝日ら左派メディアの必死のネガキャンもかなわず、産経・FNNの世論調査では、安倍政権の支持率が前月から1.9ポイント上昇し59.3%と、依然として高い水準を保ち続けている。一方、民進党の支持率は、前月から1.8ポイントも下げ、昨年3月の結党後、最低となる6.6%を記録した。彼らのネガキャンは全く世論に影響を与えていないことを、そろそろ認識してもよいころだ。
 
 すでにネットでは、民進党がウエブサイトに掲載していたPDF文書の解析がはじまっている。私にその方面の専門知識はないが、興味を持って展開を見守りたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/07 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
活用する為に刷る側
<~しかし、出所不明の明らかに信憑性に欠ける文書があったとして、それが行政や政治の責任追及に使われるなら、政権を憎む輩は喜んで文書を捏造し、それを攻撃材料として、活用するだろう。>
・・・・・実際にして来たでしょ。朝日。

捏造記事や「証拠写真」の為に虚偽工作をして、結果的には世間に責められて社長の首が飛んだけれど、日本を貶める目的を果たしながら真の反省は無い。
世界に広めた慰安婦捏造情報の責任もとらない。
またまた米国では像の設置だとか(あんなモノはいずれ南鮮人の手で纏めて爆破する時が必ず来ると思って居ります)。

驚き、呆れ、不信感が一層、どころか不信感だらけの朝日と、その仲間達の民侵には、てめーらにんげんじゃあねえ、と言うしかない。

国家戦略特区法廃法案を提出する民侵だそうで、これまでの経緯を思えば、それを朝日は絶賛祝福しなけりゃ義理が立たないでしょう。
地方活性化を阻止して、石でも投げられろ。
意識的に「誤報」を発行する新聞ガミに、載せるスポンサーの気が知れない。
[ 2017/06/07 08:07 ] [ 編集 ]
支那のプロパガンダ紙であり、ぱよちん向けの便所の落書きアカヒは
いつもワンパターン。
支那人気質の連中が「驚き、あきれ、不信がいっそう募る」のなら
それは日本にとって正しいことの証でもある。
[ 2017/06/07 09:07 ] [ 編集 ]
加計学園の過去15年の歴史を無視するな!
加計学園を前提とした文科省の想定問答集が見つかったとして、民進党やマスコミは大騒ぎである。募集前にもかかわらず、加計学園を念頭に入れた問答集を作成していたことが、「加計ありき」で話が進んでいた証拠だと叫んでいる。

小生に言わせれば、「そんなことは当たり前ではないか」で終わる話だ。
加計学園は、愛媛県や今治市と連携して、構造改革特区の時代から約15年間毎年、獣医学部開設に向けて手を上げてきた。そして、その都度「対応不可」とされてきたものが、民主党政権時代には「実現に向けて検討」と、対応が格上げされている。加計学園の獣医師学部開設には「過去15年間の歴史の積み重ね」があるのだ。とすれば、文科省側にとっても、募集を行った場合には真っ先に加計学園が申し込みを行ってくるだろうことは常識のはず。つまり、文科省の念頭に加計学園があることは当然の理なのだ。

マスコミは問答集に京都産業大学について一言も触れていないとして批判しているが、その15年間の歴史を見れば、文科省が加計学園を念頭に置いた問答集の作成が行ったことに何の疑問の余地があろう。

「加計ありき」と批判している民進党やマスコミは、加計学園の過去15年間の歴史を無視している。
[ 2017/06/07 09:29 ] [ 編集 ]
「忖度」とは「おもいやり」ともいう
>そもそもこの加計学園問題で野党や左派メディアが問うているのは、法的な瑕疵でも金銭問題でもなく、忖度だ。

…日本人は、忖度、つまり、相手を思いやる気持ちを大切に、人と人との関係を構築してきた。法的に問題のない行為ならば、役人として常に忖度はすべきことであろう。忖度とは、配慮、慮る心、おもいやりのことである。人間味のある日本人らしい仕事には、忖度という要素は、欠かせないものなのだ。

例えば、役場の窓口で、しばらく待たされたとする。「何やってんだ、おそいよ!」と自分勝手な事を言い出すような人と、役人に忖度して、「忙しそうだな、待つか…」という考えの人とでは、どちらが日本人らしいのか明らかであろう。日本人は、災害時であっても援助物資を並んで待つ。その民度の高さは、世界に認められたものである。…役場では、前回待たされたとき、その次には、役人は相手を待たせたことに忖度して、次は少しでも早くしよう努めるものだ。忖度とは、このような社会の潤滑油のようなものであり、本来は忖度できる人は立派であることを意味する、ひとつの誉め言葉なのだ。

「忖度」とは、「おもいやり」ともいう。政治家の日本国民への「おもいやり」の心とは、日本国民から乖離した政治を回避するものだ。憲法改正には、国民投票もある。それを発議できる与党は、なによりも日本国民の大多数の思いに、しっかりと応えなくてはならない。忖度、つまり、相手を慮る心こそ、大切であろう。
[ 2017/06/07 11:26 ] [ 編集 ]
>朝日はこの社説で、田母神氏が「防衛省内では要注意人物だと広く認識されていた」とし、「多くの自衛官もとんだ迷惑だろう。日本の国益は深く傷ついた」と締めている。

これが許されるなら。

朝日新聞は「要注意新聞だと広く認識されていた」とし、「多くの日本人にとってとんだ迷惑だろう。日本の国益は深く傷ついた」と締めてもOKってことですね、事実だし。
(それにしても、朝日が『日本の国益』と書くか? きっと歯軋りしながら書いたんだろうなw)
[ 2017/06/07 13:07 ] [ 編集 ]
アサピー、潰れろ。
おどろき、あきれ、不信がいっそうつのる。

朝日新聞の記事を読んで。、、、よくこんな記事が書けるなあと驚き。

慰安婦、南京大虐殺、森友,加計、、、、、。

この新聞社には、明日の日本をよりよくしようなどとの思惑はない。

あるのは、日本をいかにいさめるか、安部首相を追い落として日本を弱体化さ

せるかだけ。いちゃもんをつけ、大事な法案を審議させず、自分たちの意見以

外は全く耳を貸さず、誰に迷惑をかけようが気にしない。

この新聞社の記事には、ケントギルバート氏が指摘する自分勝手な儒教思想に

取りつかれている特亜三国の匂いがする。


[ 2017/06/07 14:51 ] [ 編集 ]
玉木氏、出番だよー
自治体の今治市と愛媛県が獣医学部を長年求め、加計学園がそれに名乗りを上げていたら、当然加計学園が候補になるでしょう。
他に競り合う大学があれば展開は違って居たでしょうし。

京産大と京都府は京都府内に獣医学部を作るつもりだったわけで、獣医学部が一つも無い四国地方に出校する計画ではないのですから、この「戦略特区」の条件に当てはまらなかっただけでしょう。

加計学園の本拠地が対岸の岡山にあって、四国にとって地の利もあるし、長年の願望が一致した、というか今治市が加計学園に働きかけて居たのかもしれない、と思います。
民侵の玉木議員ならその辺りの事情はよ~くご存知でしょう。

言っちゃあなんですが、他のどうでも良さそうな学部新設はアチコチに認められて来たのに、なぜ獣医学部だけが半世紀もストップしていたのか?
ジャーナリズムの目をつけるべき地点が全然違うんじゃあないかしら?
[ 2017/06/07 18:45 ] [ 編集 ]
社説は半端者。報道でなく、フィクションでもない
加計ば書くほど不信がつのる朝日かな。

情緒的な表現ばかりであおるのは客観的な批評から脱線します。社説やコラムだからそれで良い、というのであれば、筆者のインテリジェンスが疑われる。社説やコラム自体の存在意義がなくなる。そんなにスゴイものかな、と疑問を感じてからというもの、進んで読みたいとも思わないし、重要でもないと認識しています。
[ 2017/06/07 22:29 ] [ 編集 ]
朝日、民辛党の「最後の聖戦」
とにかくこの朝日、民辛党連合による反安倍の戦いに加われば、いかなる破廉恥漢の、どのような罪でも赦される=免債の特典があるのですから、まるで十字軍ですね。出会い系の騎士・マエダッチのように脛に傷持つ輩が闘いに加わってくるのは当然かと思います。

ただし、ローマ教皇ならぬ朝日新聞の権威では、味方を一纏めにしてエルサレムの攻城戦に向かわせるのは至難の技かと思われます。

すでに昨日の日経新聞の社説では、民辛党による国家戦略特区の全廃法案をめぐって「ここまで的を外した法案は珍しい」と酷評されています。

「1大学に限ったのは、獣医師の業界団体である日本獣医師会の主張に配慮したのが実態だ。同会は新設に強硬に反対し、ロビー活動を繰り広げた。その結果、諮問会議は今治市を突破口と位置づけ、まず加計学園に認めた。」

として、加計問題の本質は安倍政権VS既得権益グループの構造にあることをきちんと指摘しています。

朝日、民辛党グループによる「宗教戦争」には他のマスコミからも強い疑問の声が出始めており、どこまで足並みが揃えられるか。

また民辛党は都議選も始まるというのに票にもならない加計、加計で押しまくるつもりなのか。ここにいたる朝日、民辛党による打倒安倍の「聖戦」活動は、厳しい内外の現実から目をそらす逃避行動にしか私には思えないのですが。

[ 2017/06/07 22:39 ] [ 編集 ]
民主政治で大事なこと。。。それは「信頼」「信用」だ
反日野党、反日メディアそして反日団体など、幾ら安倍政権を貶めようとも殆ど動じずに盤石なのはどうしてか?。。。それはネットによって正しい情報を共有し、そして決して騙されない知識をも世論が共有してきたことに由るものだと思う。

また、未だにテレビだけからの情報に頼るあまりに、切り取りの印象操作に騙されている人々もかなり居るのも事実だが、若い世代がテレビ離れしている傾向にあるから、そのようなテレビ派も減少していくことが確実視されている。

ネット派の強みは今まで騙されていたことに対する強い反省心だ!。。。日本人には強い学習力がある。だから正しい情報を共有することで強い団結力と愛国心でまとまれるのだ。(日本人が恐れられる所以であり、過去の歴史がそれを物語っている。)

そういう意味からも、反日メディアの朝日や毎日など、そして反日4党の特に(共産党に毒された)民進党は完全に戦法が間違っている。

何故か?

今まで散々行ってきた捏造報道、印象操作によるミスリードなどによって国民の信頼が大きく遠退き、支持率や販売力も低下しているのに、「国民からの信頼の回復に全力で力を注いでいない」から!!。。。それは裏を返せば「国民を馬鹿にしている行為そのものである」のにその自覚が無い!。。。それ程に高慢であると共に、解っていてもどうにもならない程追い詰められて断末魔の状態なのだと思う。。。だから国民の信頼が得られず今後も支持率は上がらないだろう。

だから、私は何も心配していないし、彼らの卑劣な言動・報道にもあまり焦りは感じない。

反日左翼勢力がこの国の要の中枢の多くを牛耳ってきた状況を踏まえれば、日本の再生には多くの時間を要するだろうが、大体が安倍政権がそれを一番よく知っているし、そのために何をすべきかもよくご存じだ。。。地道にそして確実な包囲網の構築を!

・総務省による在日外国人一元管理(在日の炙り出し)
・在日資産逃避防止法(国外財産調査法)
・民主党政権下で壊滅状態だった公安の再生
・民主党政権で撤廃された選挙解放スタッフの国籍条項復活
・在日ヤクザ暴力団のテロリスト指定処理(米国との連携)
・「戦時国内法」下での国内治安対策の構築。。。自衛隊改編、予備待機兵力(民間防衛組織)
・公安の反日勢力と特定
・「対テロ法3点セット」施行
・刑事訴訟法の改正による通信傍受の拡大と司法取引の導入

等々。。。安倍政権は真綿で相手の首を絞めるべく目立たず地道に「その道」を歩んでいる。
そして。。。いよいよ「テロ等準備罪」法案成立と「憲法改正」!!!。。。実に楽しみだ!

我々は決して惑わされず「一点だけ」を見つめて行こう!!。。。!!!

[ 2017/06/07 22:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: