FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  史観 >  ブレイクニーの弁論 ~ 戦犯の定義の不当性

ブレイクニーの弁論 ~ 戦犯の定義の不当性

← 応援クリック、ありがとうございます。

東京裁判が如何に出鱈目なもので、かつ、連合国側の報復以外の何ものでもなかったということについては、昨日書いたエントリーひとつでは語りつくせないものがある。
それは追って書くとするが、この裁判には日本人弁護人のみならず、連合国側からも担当弁護人がつき、”いわゆる”戦犯と言われた人たちの弁護にあたった。

このビデオは、その一人であるベン・ブルース・ブレイクニーが、日本人弁護人清瀬一郎が提起した「裁判管轄権問題」の動議を補足するもので、東京裁判の不当性と、原爆投下に対する米国の責任を告発した場面のものだ。
ブレイクニーの弁論には、非常に心が動かされるものがあり、昨日書いた「戦争犯罪人」という言葉の意味について、あの時点に戻って再考できるものなので、参考になればと思い、ご紹介する。





東京裁判 [DVD]
東京裁判 [DVD]


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/08/08 18:43 ] 史観 | TB(0) | CM(2)
No title
間違った歴史観を植え付けられてきた自分を見直すきっかけが出来ました。ちょうど東京裁判がCSで放送されますので見てみたいと思います。
[ 2010/08/08 19:08 ] [ 編集 ]
全ての始まり
aiさま、コメントありがとうございます。
ご参考になったようで幸いです。
戦争に敗れたことは歴史的事実ですが、その後のGHQによる占領政策と、その一環である東京裁判が、その後の日本を狂わせた根源だと思っています。
[ 2010/08/09 17:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ