私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  審議妨害のためなら手段選ばず ~ 政争に皇室論まで使う民進党に吐き気を覚える

審議妨害のためなら手段選ばず ~ 政争に皇室論まで使う民進党に吐き気を覚える

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今にして思えば、女性宮家創設というのは、野田元首相が自身のレガシーとして執拗に取り組んだものだった。当の野田は、野党の幹事長になり下がった今でも、女性宮家創設を頑なに主張し続けている。そもそもは、数が先細りする皇族への対応としていたが、主導していたのは民主党だ。他に狙いがあると勘繰るに相当の理由がある。

 今上陛下のご譲位について、自民、民主は特例法で合意したが、とんでもない付録がついてきた。女性宮家創設を検討するという付帯決議だ。

天皇退位付帯決議案、自民・民進が合意 女性宮家を明記(朝日新聞)

 天皇退位特例法案について、自民、民進両党が30日、女性宮家創設の検討を政府に求めることを明記した付帯決議案の内容で合意し、今国会成立が確実となった。検討の開始時期は「法施行後速やかに」とした。6月1日に衆院議院運営委員会で審議入りして即日可決し、2日に衆院を通過する見通し。

 衆院議運委の佐藤勉委員長(自民)が提案した付帯決議案は、政府の検討対象について「安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設等」と表現した。当初は検討時期の年限を求めていた民進は「女性宮家」の文言が入ったことなどを評価し、提案を受け入れて合意した。

 皇族減少対策について菅義偉官房長官は「検討を先延ばしすべきではない」との姿勢を示しているが、女性皇族が結婚後も皇室に残れるようにする女性宮家については、首相官邸や自民内に「女系天皇につながる」との反対論がある。

 決議案ではこうした点に配慮し、「皇位継承の諸課題」と「女性宮家の創設等」を並列にすることで、女系天皇の是非といった皇位継承と、女性宮家の課題は別だと主張できる体裁になった。特例法案の施行日は天皇陛下が退位する日で、早くても2018年12月が見込まれるが、付帯決議には法的拘束力はなく、法施行後、政府が決議に沿って女性宮家の検討に入るかは見通せていない。

 民進党は「1年を目途」に国会に報告するという検討の年限を入れるほか、交渉の最終盤で決議案にある「施行後」との文言を削るよう求めたが、自民は認めなかった。民進幹部は「ギリギリまで粘った。『女性宮家』が入ったから、仕方がない」とした。(以下略)



 世論調査では、女性宮家創設案に寛容な人が多いようだが、そもそも女性天皇と女系天皇の区別がついていないのではないかと思う。長き皇室の歴史には女性天皇は存在するが、女系天皇は存在しない。皇統は男系で紡ぐことこそが、皇室なのであり、これは時代がどうのこうのという問題ではないのだ。女性宮家は女性天皇に道を拓き、それが女系天皇への道筋となる可能性がある。保守派に「女性宮家反対論」が根強いのは、そういう拡大解釈によって、将来的な女系天皇に繋がる蟻の一穴になり得るからだ。

 野田内閣で、女性宮家創設に関する識者のヒアリングが行われたとき、いの一番に呼ばれた田原総一朗はこう述べた。

 ▽ジャーナリストの田原総一朗氏

 【女性宮家】創設に基本的に賛成だ。当主の配偶者の男性は皇族に準ずる身分とし、子供も宮家(を継ぐこと)でいい。宮家の対象は小規模にするべきだ。旧宮家の復活に反対ではないが、だからといって「女性宮家はいらない」という意見は正しくない。(不必要との意見は)女性差別だ。男女共同参画社会になり、時代が変わったわけだから、女性宮家を認めないのはアナクロニズムだ。


 天皇の系譜を現代のジェンダー論で語る田原には呆れた。皇統とは、伝統と血統である。もしその二点をひとつでも外したなら、日本の皇室の歴史は終わる。二千年以上紡いできた歴史に、女性宮家創設肯定論者は責任を持てるのか。それとも、日本が日本でなくなることが狙いなのか。

 そもそも、審議継続の条件として、この「女性宮家創設の検討」なるものを取引材料に使った民進党には、嫌悪感と憤怒以外の何も感じない。竹田恒泰氏のFacebookによれば、民進党で女性宮家創設論を主導しているのは、蓮舫と白真勲であるそうだ。野田とともに、こういう議員には選挙で引導を渡す以外にない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/01 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
歴史に学べない国は亡国よ、と南鮮人はよく言うよね。
政府の言う、女性宮家が女性女系天皇に繋がる、のではなくて、日本の国体を壊したい野党の女性宮家創設は女性女系天皇がズバリ目的なのだろうと推測致します。
だからこそ今上様御譲位をきっかけにして彼らは必死なのだと思います。

女性宮家を創設して御婿様が皇統を引く方では無い場合、そこに生れるお子は婿殿の家系、血族であり皇室の血脈は半分。さらに代を重ねて行けば三代で全く非皇室の宮家になる訳で、そんな方々を、国民がナンで御見上げ出来ましょう?
つまり女性宮家は添われる男性に皇統の条件をつけなければ皇統の消滅でしかなくなります。

内親王一代の宮家、というお話も聴きますが、その宮様御当主がお隠れになれば他血脈のご遺族は、どうなさるのか?宮家の所有する土地建物から出なければ理屈に合いません。果たしてそんな非情な事を国家がするのか?不合理なお話だと思います。

悠仁親王様お一人になっても、その先の事は誰にもわかりません。大正天皇と貞明皇后様は御四人の男子をお産みになりました。
明治帝、大正帝は成人された唯一の男児でした。
悠仁親王様の先が仮に絶えるとしても、皇統は今の皇統だけでは無いのですから、なつこ様が教えて下さった120人の皇統男性がご存命でいらっしゃる調査があって、皇室は安泰です。
何をアタフタと?と疑問が湧きます。

平安末期の天皇様(白河様か後白河様だか、今不確かな記憶ですが)には皇子方の他に大変お可愛がりの一人の内親王様がおられました。
長講堂という天皇家の膨大な荘園財産はその内親王様にお譲りになられ、皇位はあくまで男皇子様方がお継ぎになって、現在に繋がります。
一人のお子に溺愛の情があっても、それは長い歴史伝統への皇位に在る方のけじめだと考えます。

「男女同権」では融通の利かない世界が在ることは日本国民が承知しておかなければならないと考えます。皇室の最優先事とされる神事は女性では出来かねる日月があります。
陛下のお出来になれないときは代理がすれば良い、だから女帝でも可、と云う説もありますが、厳然と基本は陛下のなさるべき事です。

田原氏の云う男女の公平を言うなら、長男と次男三男の公平はどうなる?と言いたいです。
二千七百年の長い年月の皇統の継承法を、何故今私達の日本で変える必要があるのか?変える事に懼れは無いのか?全然納得出来ません。

皇室事を政治のバーターに持ち込む図太すぎる神経には、ソレで日本の国会議員が務まるものか!と申したい。
[ 2017/06/01 08:21 ] [ 編集 ]
問うてみたいものだ。
R4に問うてみたい。

学生の試験風に、
Q.女性天皇と女系天皇の違いを述べよ。

R4と雖も、これくらいは知っているだろうとお感じの向きもおられるでしょうが、R4の言語感覚、今までの発言内容、国籍等々勘案したら、
彼女は、明快に答えられないでしょう。
我々が、想像する以上に無知無能です。

そんな人間が、日本の伝統、歴史を蹂躙しようとしています。

こんな連中に、政権党が安易に政治的妥協をしたとすれば許しがたい。




[ 2017/06/01 08:35 ] [ 編集 ]
今の若い人たちは皇室の問題を真剣に考えている人は少ないと思います。
若い人だけでなく 日本人全体お任せな空気があるのではないでしょうか。
そのような状況の中で 女性宮家創設の検討がされることに 危惧を覚えます。ブログ主様やコメントされている方々のような しっかりと日本の国柄をわかった人たちの声が広く理解され 皇統の継承が粛々と歴史に沿ったものであることを 願うばかりです。
[ 2017/06/01 11:45 ] [ 編集 ]
皇祖皇宗の遺範はもっとも大切にすべきことだ
皇祖皇宗の遺範という伝統的な法(慣習法)
日本国憲法、皇室典範のように法文化された法(成文法)

皇祖皇宗の遺範に基づき、成文法を改正するという話なら、日本国民として強く賛意を表したい。しかしながら、今日の女性宮家といった議論は、皇祖皇宗の遺範を軽視したものではないだろうか。
[ 2017/06/01 11:54 ] [ 編集 ]
とにかく現行憲法が目に見える最高法規で、最高法規にいちゃもん付けばかりして、最高法規を武器にしないままでは、押されっぱなしですよ。
常識や伝統を振りかざして、最高法規を振り回す相手に勝てますか?
こちらが憲法からそっぽを向いて自分達の武器にしないから、相手は、めちゃくちゃで嘘だらけの憲法解釈を自由に振り回して、最高法規を自分達専用の武器にしているじゃないですか。

こちらも、憲法厳守にシフトして、この伝統とこの常識の採用が、憲法前文の人類普遍の憲法の「原理」により憲法の目的である「国民」の「福利」に欠かせない。この伝統と常識を守ることが国民の「福利」につながり、
この伝統と常識を蔑ろにすることにより国民の「福利」を毀損することになるような、憲法の「原理」に反する法は「排除」と、最高法規を武器にしないと対等じゃないですよ。
[ 2017/06/01 15:46 ] [ 編集 ]
自民は何故譲歩するのか。
海の王子とかいう得体のしれない人物でも、眞子様が結婚すれば皇室を離れて一般人になられるので、「自由恋愛結構。どうぞお幸せに」と言えるのであって、もしこれであのチャラい感じの人が皇室の一員になるなら、多くの人は体の底から不快感を感じると思う。しかも、海外へ留学中の佳子様が青い目の外国人と恋愛結婚した場合、その青い目の人物も皇室の一員となるわけで、まさに皇室のグローバル化が始まる。そうなると格式も伝統も尊厳も薄れて、国民の心から剥離されていく。そんな危うさが、女性宮家創設には含まれているように思える。たかだか数%支持しかない泡沫政党や、大した信念もなく日和見ジャーナリストの田原氏に配慮して女性宮家を明記するなんて、自民党も情けない。まさに日本は押せば引く国そのままではないか。
[ 2017/06/01 15:49 ] [ 編集 ]
国会議員の本物と紛い物 ~女性宮家を巡って~
北朝鮮からミサイル攻撃を受けている状況で、
森友・家計学園問題やら、あとは文科省の前事務次官のなんたらと、
一括りにすれば、がらくた市のような些末極まりない問題を
さも最重要問題かのように政府を追及する民進党のような
おぞましいほど碌でもない政党があります。

歳費をたんまり貰って、国会を開く度に数億円のお金が飛ぶなか、
税金の無駄遣いの標本となってしまった国会があります。
安倍政権追い落としが目的化した政治ショーを繰り返す民主党の面々の
恥知らずを国民は甘んじて受けなければならない現実にはため息が出ます。

国会を見世物小屋化し、低俗の極みに落とし込んでも恥じ入ることもなく、
日本の喫緊の安全保障の論議には取り組まず、やれ戦争法だ、
共謀罪だとレッテル貼りをして、安倍政権は暗黒政治だと印象操作が
大の得意の民進党や共産党であり続けます。

そもそも国を余所にする民進党のような連中が、
国体の基本でもある皇室問題に口を挟もうとするのが、
許せないところです。
憲法審査会の開催を、女性宮家の文言を入れるならば審議すると
交換条件として揺さぶってきた卑怯卑劣の先には、暗い謀略が
控えていると思わざるを得ません。

女性宮家創設を何としてでもねじ込もうとすることからして、
このことが先々、彼らや彼らを支援する反日国の思惑と合致する
皇室解体への道の序章であることは、国を憂う国民の共通認識です。

こはる様が書いて下さったように、
以前にご紹介したことは、水間政憲氏の
『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』に書かれます。

皇室の系図が記され、皇位継承順位120名中、
皇位継承順位「85位」の東久邇信彦氏は、
母君が昭和天皇皇后両陛下の成子内親王で、
昭和天皇皇后両陛下の初孫にあたりますので、
民間から嫁がれた美智子皇后陛下と今上陛下の御子様の
皇太子殿下より、天皇陛下の「血が濃い」ことになります。
また、悠仁親王殿下の又従兄弟が5名いらっしゃり、
その5名の方たちも、悠仁親王殿下より「天皇の血が濃い」ことは、
家系図を俯瞰すると一目瞭然になります
と書かれています。

こうした新発見で、継承問題は当面、解決を見たとも言えるのですが、
このことは、一切、マスコミの俎上に載りません。
マスコミは、女性宮家創設の民進党のお仲間だけに、
報道しない自由をここでも発揮しています。
工作員が堂々と活動できる日本です。情報戦で負け続けるはずです。

利敵行為に励む工作員が各界各層に混じるなか、
茶の間に流れるテレビが国民にとって、一番身近なものにも関わらず、
真剣に国の行方を考えない者達の集まりがメディアです。

端的に申せば日本にとって益になる情報は流さない、
日々、反日ビジネスに勤しむ唾棄すべき
メディアの存在となってしまっています。
情報戦の拠点が敵国のテレビや新聞を押さえることですから、
そうなるのも当たり前でしょうが。

しかし、信用ならないメディアや民進党や共産党の議員の様な
反日に勤しむ国会議員ではなく、国家の行く先を憂い、
政治家としての本分を十全に発揮してくださる知見に優れた
国会議員が、いてくださいます。

自民党参議院議員青山繁晴氏のブログ
「青山繁晴の道すがらエッセイ/On the road」
昨夜5月31日の発信
苦闘千里ではあるけれど 
http://shiaoyama.com/

このなかで、山田宏参院議員、長尾敬衆院議員、鬼木誠衆院議員の
お名前もあがります。
どなたも国会議員として私たちの代表として送り出した方と
胸を張ることが出来る方々です。

そして、青山氏の文字通り粉骨砕身のお働きには、
感謝申し上げるばかりですし、世界の現場を歩いて来られた発信力や
行動力に優れた根底には揺るぎない信念が炎のように燃えていることを、
いつも感じさせていただくものです。

この青山氏のブログや虎の門ニュース、チャンネル桜の
「答えて答えて答える」を欠かさず視聴していますので、
拝読、視聴する度、厚い志に触れる思いです。
そして、コメントを寄せられる方の国を思う心情に涙することもあります。
どうぞ、一度、ご覧になってください。
[ 2017/06/01 15:53 ] [ 編集 ]
蓮舫さんの戸籍「舫」の文字は普通は登録不可能な文字のはずだ
>竹田恒泰氏のFacebookによれば、民進党で女性宮家創設論を主導しているのは、蓮舫と白真勲であるそうだ。野田とともに、こういう議員には選挙で引導を渡す以外にない。

…蓮舫さんの「舫」の文字は、一般論として戸籍に登録できない文字である。なぜ、戸籍に登録できない文字なのに、戸籍の名として「蓮舫」と登録されている…ということなのか。一般論としては、ありえない話であろう。

蓮舫さんは、国会議員であるから、日本国民に、戸籍に「舫」の文字が登録された経緯について、わかりやすく説明する責任がある。戸籍のおかしい人物が、国会議員をしていること、日本国民の権利である参政権を行使することに、強い疑念を抱かざるを得ない。
[ 2017/06/01 18:31 ] [ 編集 ]
天誅の嵐
一時代前なら、天誅の嵐が下りましたでしょう。民辛党の幹部連は三条河原にことごとく首を晒されていて、おかしくないです。

首を跳ねる時には、蓮舫や白の場合は、それぞれの故国に向かって頭を垂れさせることをせめてもの温情として。

もっとも昔の日本人は皇室や皇統に対する一般常識がありましたから、なんぼ徳川幕府の威力をもってしても、天皇の妹君を将軍夫人として頂いてきた上に、その間に子が生まれたたら、皇位継承権が存するなどという発想は浮かびもしなかったでしょう。女系を認めるとはそういうことですよね。

女性宮家なぞと聞くと、つい女三の宮などという匂やかな言葉を思いだしますが、源氏物語のあの美しい姫は桐壷院の第三皇女の意味で、女性宮家とは関係ありませんのでした。

私のゼミの後輩には元宮様の第三男子の長男という人物がいます。昔なら臣籍降下して公爵の地位にいるところか。一応、皇位継承権は61番目になるようですが、現在は北欧の大使館に勤務中だす。

彼が日本にいれば、以仁王の令旨ではありませんが、逆賊・民辛党追討の詔を出してもらいたい気分です。何より彼らの無知、無学、無教養から発した、いけずうずうしさぶりには本当に腹立たしい限り。

[ 2017/06/01 20:23 ] [ 編集 ]
女性宮家は破滅への道
テロ等準備罪を通す為に、ある程度譲歩したという事なのでしょうけど、民進党がこれで「退く」とは思えません。

恐らく、付帯決議を突破口に、「女性宮家を設立しろ!」と攻勢を強めてくるでしょう。

そうなると、「付帯決議」とはいえ、多少なりとも「国体破壊勢力」の要求を呑んでしまった時点で、落ち度がありますから、自民党がどこまで粘れるかと言えば、非常に怪しいと思います。

勘違いしている人が多いのですが、皇位継承問題は、「皇族が減少している」事が本質なのではなく、「男系男子の皇位継承者」が現状では、悠仁親王殿下以外に居らず、圧倒的に不足しており、皇統の危機にあるというところが問題なのです。

ちなみに、女性宮家についてですが、どうしても創設したいというのならば、「女性宮家からは皇太子(東宮)候補を輩出しない」という事が前提になります。

また、女性宮家の御方々が、平民男子と婚約した場合は、皇籍離脱も考えなければなりません。

これぐらい厳格にできれば、まだ女性宮家もあるのかもしれませんが、原則として女性宮家創設には反対ですね。

[ 2017/06/01 20:37 ] [ 編集 ]
外国人の朝敵というべきでしょうか。
R4、白、陳・・・。
日本について憎しみしかない外国人ですから、言うこと、することが破壊的ですね。
日本の破壊が彼らの快感のようで・・・。

R4が、「総理と同じ空気を吸うのが嫌だ」と抜かしたようですが、こんな野党党首が存在するのは異常です。

駆除しましょう。
[ 2017/06/01 21:06 ] [ 編集 ]
今我々は歴史的な國盗り物語を目の前で見ている。
大部分の日本人は無知な大きな子供、疑う事を知らない子供。
目の前で起きていることを理解できない。
[ 2017/06/01 22:49 ] [ 編集 ]
如何にも 惜しい!
先程ブータンご訪問の眞子内親王殿下のご様子が映りました。

温かくも辺りを祓う眞子様ならではの、これぞ皇室。
御降嫁は仕方がないとしても、もうちょっとx10000 どうにかならないモノか?
余りと言えば余りの惜しさ。


「検討」という単語に気持ちは縋っております。
検討は検討、検討以上でも以下でもない。と信じたいです。
[ 2017/06/02 02:14 ] [ 編集 ]
左翼の人たちって、基本的には「天皇制反対、天皇イラナイ」じゃなかったんですかね(笑)
日本舞踊の世界で家元継承問題ってありましたよね、家元の補佐役だった人物が家元の長男を「家元継承の資格なし」と断じて、自分が勝手に家元を名乗ったって話。
皇位継承と同列には語れませんが、家元の話だと、大抵の人が「横暴だなぁ」と考えると思うのですが、遥かに大切な皇位の話だとあまり関心を持たないのがなんとも……。
[ 2017/06/02 04:29 ] [ 編集 ]
こはる様
思いは同じです。
「余りと言えば余りの惜しさ」には、
実感がこもりますね。
私など、どうか、どうかとひたすら願い続けております。
[ 2017/06/02 05:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: