私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  国連事務総長、ケナタッチの書簡を無力化 ~ 外れた共謀罪反対派の梯子

国連事務総長、ケナタッチの書簡を無力化 ~ 外れた共謀罪反対派の梯子

← 応援クリック、ありがとうございます。

 国連特別報告者のケナタッチなる人物が、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関し、「法律の広範な適用範囲によって、プライバシーに関する権利と表現の自由への過度の制限につながる可能性がある」と懸念を表明する書簡を安倍総理宛てに送付していた件。「共謀罪絶対阻止」を掲げる野党、メディア、市民団体等がこの書簡を「天下の国連様からの勧告」であるかのように利用し、妨害工作を実行していた。

 テレ朝など、わざわざこのケナタッチなる人物へのインタビューを取り、電波に乗せるというプロパガンダ番組の真骨頂を見せていたが、そもそもこの人物は、菅官房長官が会見で定義したように、「特別報告者は国連の立場を反映するものではない」という立場の人物だが、左派陣営はケナタッチ神格化のシナリオが崩れることに抵抗し、「国連の報告官を個人呼ばわり」と騒ぎまくっていた。

 G7で欧州を訪問した安倍総理が、国連事務総長と会談し、菅官房長官のコメントを100%裏付ける言質を事務総長から取った。ゲームオーバーである。

国連事務総長が慰安婦の日韓合意に「賛意」「歓迎」 テロ等準備罪法案批判「国連の総意ではない」 安倍晋三首相との会談で(産経)

 【タオルミナ(イタリア南部シチリア島)=杉本康士】安倍晋三首相は27日午前(日本時間27日夜)、タオルミナ市内で国連のグテレス事務総長と会談し、慰安婦問題に関する日韓合意について日韓双方が履行することの重要性を強調した。グテレス氏は合意に「賛意」と「歓迎」を表明した。首相がグテレス氏と会談するのは今年1月の事務総長就任後、初めて。

 首相は、日本政府が国際組織犯罪防止条約締結に向け「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の今国会成立を目指していることを説明。グテレス氏は改正案を批判した国連特別報告者のケナタッチ氏について「特別報告者は国連とは別の個人の資格で活動しており、その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない」と述べた。

グテレス事務総長


 核・ミサイル開発を進める北朝鮮も話題となり、首相は北朝鮮に影響力を持つ中国をはじめ関係諸国による圧力強化の必要性を強調した。グテレス氏は北朝鮮の行動を非難した上で「北朝鮮に対して圧力を強化するためのツールを国連安全保障理事会は有している。今後、関係国との間でも北朝鮮問題を真剣に取り上げる」と応じた。


 あたかも日本政府と申し合わせたような事務総長のコメントは、ケナタッチの書簡を無力化し、「共謀罪絶対阻止」陣営の国連カードを丸ごと失わせるような効果を発揮する。国連を絶対的権威のように祀り上げていた共謀罪反対派は、このコメントに正面から反論すべきだが、そんなことは不可能だ。反対派の「国連まつり」は終わったのである。

 民進党も何らかの声明でも発信すべきだろう。民進党は25日、公式サイトでケナタッチの総理への書簡、菅長官への反論を掲載し、そこにこう記している。

国連特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏の書簡と菅官房長官への反論(日本語訳) (民進党公式サイト)

 民進党「次の内閣」ネクスト法務大臣の有田芳生参院議員は、このケナタッチ氏の書簡や反論について、「官房長官がいう『個人の資格』で出されたものではなく、国連人権理事会から任命され、集団的に検討された公開書簡」「政府は国際人兼問題の専門家であるジョセフ・カナタチ特別報告者の質問状に答える義務がある。それなくして共謀罪の強行は無効だ」とコメントしている。(抜粋)


 有田と民進党のシナリオは、完璧に崩れた。彼らは「国連という権威」を共謀罪阻止プロパガンダのために利用しようとしたのだが、国連のトップが「ケナタッチは国連を代弁する資格者ではない」と、民進党の政局カードを否定した。外れた梯子は、元には戻らない。

 事務総長に日韓合意を認めさせ、双方の合意履行の重要性という言質を取り、文在寅の機先を制した点とあわせ、安倍外交はほぼ100点ではなかったか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2017/05/29 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
おはようございます。
おはようございます。

喜びの帰国2件

安倍総理、外交成果を上げての帰国。
南スーダン派遣部隊、任務完遂して全員無事帰国。

楽しみの出国(予定)1件
小西議員、「共謀罪成立の時は亡命する」宣言に従い、近々亡命の予定。


さて、刈り上げ白豚野郎が、またミサイルをぶっ放しました。
EEZ内に着弾したそうです。
これが、領海内であれば、もう戦争状態なのでしょうか。

まなじりを決するときが近づいているようです。
国内外の反日勢力、工作員を粉砕しなければ日本の安全は守られません。

[ 2017/05/29 07:47 ] [ 編集 ]
今は、改憲第九条に全力を注ぐべきだ
>事務総長に日韓合意を認めさせ、双方の合意履行の重要性という言質を取り、文在寅の機先を制した点とあわせ、安倍外交はほぼ100点ではなかったか。

…たしかに、ほぼ100点かもしれない。しかしながら、政治家としての洞察力や直観力、豊かな未来を見据えつつ180点くらいは目指したいところだ。具体的には、改憲第九条において、G7、国連の理解を得るべく、あらかじめ、意見とアドバイスは求めておく必要があろう。

改憲は、まさしく内政である。日本国民の民意こそは、改憲において第一であることは、言うまでもない。しかしながら、G7などの外国と国連の理解、特に先の戦争の戦勝国であるアメリカ、イギリス、ロシアといった国々の、国際社会の理解なしには、政治的に成し難いであろう。

「日本国としては、日本国を守るために、日本国憲法を改憲して国防軍を備える考えであるが、貴国としては、どのように考えておられるであろうか。」


このように、シンプルな直球で、外交してほしいところだ。「国際社会との連携」は、改憲第九条の文章に盛り込む必要があるほどに、重要な意味を持つ。日本国民の中には、改憲第九条について、外国の懸念がないならば、国防軍は持つべきだという、控えめな考えの方々も多いであろう。それだけに、あらかじめ、外国の智恵を借り、日本国民に広く情報を公開、提供した上で、国会に発議するという手続きの流れは、軽視すべきではないと思われる。
[ 2017/05/29 09:11 ] [ 編集 ]
マルタ島の砂
管理人様のお文の重箱つつきを楽しめば、民侵が縋る「国連の権威」梯子は外れたのではなく、もともと掛かってない代物で、民侵というより日本人の国連幻想が雲に梯子を掛けていたのかも、と思います。

そのヨシフ有田は一応はジャーナリストだった筈で、それがこの認識?議員落ちたら元職でやっていけないわね。比例ランキングを一位ぐらいにしてもらわないと完に死活問題w。
国連という戦勝国組織にお伺いを立てないと自国日本の法が認められないって、どれだけ奴隷根性を晒せば気が済むのやら。アッホー!


今回のシチリア。安倍総理は6回目のサミットということもあって余裕ではありましたでしょうが、トランプ米国と欧州の離間解消に随分お気遣いされた報もありました。「失われた二十年」の日本がここまで来れたか、と総理の御努力の賜と感じ入ります。

総理はシチリアからマルタ島に渡って、WW1に戦没した日本人墓地にお参りされて日本へ帰国されたそうで、「マルタ島の砂」をふんわり聴くだけの無知でいた自分に少なからず赤面です。
英国エリザベス女王ご夫妻の新婚滞在地だった様に聴いた気がしますが、マルタ島も大英帝国領だったのかしら。

遙か彼方の地にある日本人墓地、現職総理がお参りされて、感慨無量です。

[ 2017/05/29 09:23 ] [ 編集 ]
帝国海軍の血脈
こはる様

仰せの通り、マルタは1964年まで英領でした。独立後も英連邦に属しています。
16世紀にロードス島を追われた聖ヨハネ騎士団(後のマルタ騎士団)の所領となり、オスマン帝国からの攻撃を受けますが、4ヶ月の籠城戦の末、撃退しています。

その後、エジプト遠征途上のナポレオンによって占領されますが、その没落後は英国の支配下にあり、地中海を経て東方に至るルート上にあることからきわめて重要視されていました。

ことに第二次大戦中は連合国側の拠点としてドイツ空軍の猛攻に晒されましたが、ついに陥落しませんでした。この戦時下の国民の努力と忍耐を称え、「英国王のスピーチ」で有名なジョージ6世からマルタの国と国民すべてにジョージ十字勲章が授与されています。

さて、第一次大戦中にこのマルタ島を根拠地として活躍した我が帝国海軍の第2特殊艦隊の戦没者墓地を安倍総理が訪れたことは喜ばしい限りです。

「日本は世界から信頼されています」との墓前での報告も、日本がかつて世界秩序に貢献していた時代を踏まえての当を得たものでした。

片岡覚太郎著、阿川弘之序文、C,W,ニコル編の「日本海軍地中海遠征記」という本がありますが、この中でニコル氏がマルタ島に日本人の子孫がいるという愉快な話を紹介しています。

ニコル氏がマルタの初代大統領であったドクター・ダニエル・ミカレフのお宅に招かれた時のこと。この人の本職は開業医です。

日本海軍の話をするうちにミカレフ先生、はたと膝を打ち、
「ここにそんなに日本の船がいたのか。なるほど、それだ!」
「だってね、マルタの歴史を通じて、この島に住んだ東洋人はほとんどいなかったんだよ。それなのに何故、マルタの赤ちゃんにこうも多くの蒙古斑があるのかと、長いこと不思議に思っていたんだ。あなたのお陰で謎が解けましたよ。」

文字通り、我が帝国海軍の血脈はマルタで生きているようですよ。(W)

マルタは世界史で何度か、文明の側の反転攻勢の拠点となりました。今回もISや北朝鮮、又その背後に蠢く勢力に対する反撃の足がかりの場となりますように。
[ 2017/05/29 18:33 ] [ 編集 ]
虎ノ門ニュースで青山さんも言ってましたが、安倍首相はG7で日本の代表としてとても活躍してきたのに、日本のマスコミはとても小さくしか扱いません。成功したのが嬉しくないようです。ほんとに中国そっくりです。

ケナタッチの発言がいかに独善的だったのか、バレてしまい、悔しくて仕方ないんでしょう。
全く、問題は、まさに産経を除いた日本のマスコミです。
どうしてこんなふうになってしまったんでしょう。
悔しい限りです。日本で日本人を貶める日本のマスコミ。

だから、一番は、マスコミの報道を誰も信じないことです。
[ 2017/05/29 21:25 ] [ 編集 ]
UN=Unaited Nothing
国連は英語でUN(Unaited Nation)と書くようですが日本以外
の先進国では「Unaited Nothing」と呼ばれていると聞いた
ことがあります。
その成り立ちと国連の築いた実績を省みればNothing以外の何物でもないと
思われるからでしょう。

「鉄の女」と畏れられたサッチャー女史が「日本は何故に国連などを有難がるん
ですかいな?」と訝しんだと仄聞したことがありますが、さもありなん。
今でもジジババらは有難いものと思っちょるんでしょうねぇ・・・
民辛の奴らがオレオレ詐欺ならず、国連詐欺に浮き身をやつすのですから。

安倍さんの深謀遠慮の中に自由主義圏で「第二国連」を新たに創設したいとの
野心はあるのでしょうが「テロ防止法」も「スパイ防止法」も無く、そのうえ国軍
すらも無く、海外派兵が出来ない国が「第二国連」を提唱しても世界から冷笑を
浴びるだけでしょうしねぇ・・・・ (涙)  くやしいなぁ・・・
    *-------*
レッドバロン閣下

昔の海軍さんは広瀬武夫を始め、よ~くモテたようでございますねぇ・・ 
教養があり武道に秀でていればオナゴに国境がないのは、むかし帝国海軍、
今は英国007か? 

「夜霧のしのび合い」って映画がアタマを過ぎりまして、舞台はマルタ島か?
とググってみたら残念、ギリシャでございました。 どうりで垢抜けしない印象
しか残さぬ映画であったわいと変に納得いたしました。
[ 2017/05/29 22:15 ] [ 編集 ]
百年前
バロン閣下 
改めて世界地図で見ると、確かに要衝の地点にあるマルタ島ですね。ココを巡って数多の戦いがあったのも艦船諸技術を思うと尚更納得です。
日本で言えば、福岡辺りと同じ緯度。

流石に大英帝国は何処にでもw。
昭和様がWW1後の御訪欧時にお寄りだった、と書いて居る人も居ましたから、日本にとって縁遠い島ではないのですね。

蒙古斑点は白人には無いというのを知ったのも、つい最近です。米国でホンの数十秒車中に幼児を置いて離れて、戻ったらその場で逮捕された日本人両親が虐待も疑われて、エライ事になりかけたのを周辺地域に住む日系人達が蒙古斑点の証明をしてようやく虐待の誤解は解けた、というのです。
生まれたての赤子には世界中誰にもあるものだと思い込んで居ました。

産経記事にマルタ島の日本人墓地とあったので、戦没者各御霊のささやかな墓石と勝手に思っていたのですが、ネットで拝見しましたら一基の碑の様です。
魚雷で沈没した駆逐艦「榊」の乗組員の御遺骨と御遺灰が納められているそうです。ちょど百年前の戦争ですね。

WW1の日本参戦はせいぜい青島攻略ぐらいしか知らなかったです。
青島攻略で独領南洋諸島が日本に委託された。三国干渉の仇討ちだわ!と思って居りました。(汗)


日韓合意には不満は残りますが、それでもアノ南鮮相手に合意に辿り着けた結果が、こんなに国際社会に認められて居る事には、「歪められても正義は勝つ!」としておこうっと。
[ 2017/05/29 23:44 ] [ 編集 ]
亡国のメディア
http://www.sankei.com/world/news/170529/wor1705290036-n1.html

そもそも「EEZ内(排他的経済水域内)に北朝鮮のミサイルが落下」と言えば、日本の漁船が操業をしているかもしれず、場合によれば当たるかもしれず、立派な敵対行為であると自分的には思えるのですが、政府には「強く抗議」という「遺憾砲」同様の「抗議砲」しかないようです。
勿論野党などにはそれよりも威力の乏しい敵にやさしい「会話砲」しかないでしょうが。

ところで話を戻し当件に付いては、この一つの出来事に捉われずに、構造として捉えなければいけないのではないでしょうか。
あの「ユニセフと日本ユニセフ」の様なものは多数あります。
しかし問題は今回の件で言えば、一般日本国民から見て「国連」=「権威ある組織」が「その様に述べている」ととらえてしまう事です。

http://www.sankei.com/politics/news/170525/plt1705250007-n1.html

即ち中国、韓国、そしてそれに同調する日本の『さよく・在日連合』によるプロパガンダ工作という視点を忘れてはいけないという事です。
この事を甘く見てはいけません。
「ウソが本当の地位を獲得して日本の国益を損ねた出来事」は枚挙にいとまありません。
まさに「嘘も百回言えば真実となる」の中華兵法とでもいうものでしょう。

大東亜戦争突入前の蒋介石夫婦によるプロパガンダなり、米国参戦の為のプロパガンダなりそのような情報戦に日本の弱さが伝統的に有ります。
これは兵力、兵器の優劣外の日本の致命的欠陥です。

何しろ、その様な負の遺産としてのプロパガンダの悪弊の最たる実例が70年以上も亡霊の様に日本につきまとっている『自虐史観』と言えるのではないでしょうか。
その『自虐史観』=『侵略史観』をベースとして様々、有形無形日本の国益が損なわれて来たのは別に中国への資金・資産供与、韓国への資金・資産供与を挙げるまでもありません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%99%90%E5%8F%B2%E8%A6%B3

http://www5e.biglobe.ne.jp/~tokutake/senryouseisaku.htm

本来、この様なプロパガンダに対しては国を挙げての防御やカウンターが必要なのですが日本国の悪しき伝統としてこれを軽視し、放置して来たところに事態をより悪化させるというパターンがあります。
現在、米国サンフランシスコなどでも民間人が対抗して粉骨砕身頑張っていますが、そもそもは日本国政府の怠慢です。
日本国への名誉棄損は日本国民一人一人への侮辱であるという意識の欠如でしょう。
その侮辱に対してコブシをあげるのは日本国民を代表して日本国政府の筈ですが、その仕事を永らくおざなりにしているということだと思います。

他国を見なさい。
少しでも癇に障る事があれば顔を真っ赤にして怒鳴りちらしているではないですか。
中国、韓国、ロシア・・・・。
それら政府は人民、国民という名を利用して。
対する日本は内政干渉ともいえることを傍観する基本スタンス。

さてそこで此処で相変わらずの『反政府運動』をしている朝日などですが、「テロ等準備罪」法律制定反対とはどういう思惑から来ているものであるのか?

現在の世界情勢など日本国民の生命・財産の保護に直結する必要性と戦前・戦中の事を結び付けて論は朝日などのさよく一般に見られるものです。
確かに一つだけいえば無監視の際限ない権力の行使は否定されるべきでしょう。
しかしその戦中にしても逆に何の監視も、規制もなく共産主義者などの暴力革命さえ唱える反政府運動を傍観するような事を放置するのが良いわけではないと思います。

朝日はその過去に思考停止し、目の前の脅威から目を伏せている。
だからこそ脅威ある他国よりも自国の軍隊を危険視する。
その様な面が見られるのではないかと思います。
恐らく朝日の行動原理は他にもはあるでしょうが。

何れにしても日本国民をミスリードする朝日など偏向メディアこそ『亡国の病巣』とでもいえる存在であると個人的には認定しています。

ところで話は飛んで安倍首相の改憲言動ですが、「自衛隊の存在の明記」があります。
それは勿論良しなのですが、同時に一項、二項の放置を挙げています。
となると、先ずは改憲という実績作りと見えますが、そしてそれはそれでいいのですが、では残されたこの『能天気な日本国憲法九条』前文、一項、二項に対して誰が手をつけるのかという問題が残ります。
つまり現在の安倍首相ほどの強力なトップでさえそこに手をつけられないのならば後を継ぐポスト安倍にこの異常な憲法の改正は難しいのではないかという見方です。

日本国憲法第九条は自虐史観と対になっています。
だからこそ正常化が必要なのだと考えます。

http://ironna.jp/theme/514

http://www.sankei.com/politics/news/170529/plt1705290016-n1.html
[ 2017/05/30 19:23 ] [ 編集 ]
亡国のメディア 2.
この様に日本国民をミスリードする朝日、毎日などの偏向メディアの報道の代表的なものが「国連」を語る場合です。
国際的な紛争なりが起こるとマスメディアは直ぐに「国連の働きかけが重要です」などというウソを公共の電波で流します。
米国、ロシア、イギリス、中国、フランスの常任理事国間で大きな問題ほど利害がぶつかり統一見解など出せる筈もない事は当たり前であるのに陳腐な報道を何時も続けています。

同様に北朝鮮に関しての中国を扱った報道でも「中国の行動に期待する」等のさも中国が世界平和を考えているかのようなミスリードを平気で流します。

既存メディアである新聞、テレビも最近ネットを無視出来る時代ではなくなって来ただけにそろそろネット論壇に噛みつき出しましたが、その常套句としての「ネットは真偽不確かでレベルが低い」とかの刷り込みを一般日本国民にここ当分続けて行くのでしょう。

確かにネットは「玉石混交」、フェイクもあれば感情的に極端な方向を向くものなど多種あります。
しかし、意識的に日本国民を洗脳しメディアの志向する方向に誘導しようとする企図の基繰り返し流される偏向メディアの報道こそが弊害は格段に大きいと思われます。

ネットの一部先覚的でもあり、またあたり前の良質な情報を自らの陳腐化が露呈しないように後追いする偏向マスメディアの衰退を望みます。

http://www.sankei.com/world/news/170530/wor1705300012-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170530/plt1705300011-n1.html

http://www.sankei.com/world/news/170522/wor1705220001-n1.html

http://www.sankei.com/west/news/170415/wst1704150007-n1.html

[ 2017/05/30 19:34 ] [ 編集 ]
NPさんへ
>何れにしても日本国民をミスリードする朝日など偏向メディアこそ『亡国の病巣』とでもいえる存在であると個人的には認定しています。

…NPさんもご存じのように、現状、改憲第九条において、最大の壁は、国民投票による過半数の支持といえるでしょう。

国連を自国よりも重視してきた偏向メディア。戦略的には、逆手に取る必要があるかもしれませんね。つまり、改憲第九条は、国家の主権ですが、あえて外国や国連の理解も得るよう努める。外国や国連を重視してきた偏向メディア、そのメディアのプロパガンダにより外国や国連を重視している日本国民。決して少なくはないその日本国民の支持をも得ることは、軽視できないことに思われます。


>日本国憲法第九条は自虐史観と対になっています。
だからこそ正常化が必要なのだと考えます。

…オレも、加憲はおすすめしない。条項全体を見直して、第九条まるごと改正すべきだと思う。

なぜ、加憲はおすすめしないのか。たしかに、国民の理解と支持は得やすいかもしれない。しかしながら、現行憲法を改めるということは、そこに、現行憲法に反する内容を必ず含むということを意味している。現行憲法に反する内容を含まないのならば、改正はそもそも必要ではないという話である。

加憲は、憲法学者なる方々の反証の余地を残すことになる。現行憲法の改正は現行憲法に違反するというイカサマロジックによって、改正は頓挫しかねない懸念がある。

日本国憲法の改正においては、日本国民の支持と理解は、最も大切なことである。与党であるならば、そこに大多数の国民の支持と期待を背負っている。正々堂々、改めるべきことは改めるべく、改正案を発議すべきであろう。
[ 2017/05/30 20:31 ] [ 編集 ]
保守層のレベルアップの必要性
基本的に「政治ブログランキング」はブログ主に対しての自身の対話と捉えているので、他のコメントは基本読みません。
時々、丁度目にして一言というのありますが。
それに当ブログ以外にも他に読むものは多数あり色々と読んでいると目が疲れます。

さて、自分は時々書いています。
『一般日本国民』。
これを愚民と見るか、なんと見るかは人それぞれ。
「愚民」でもあり、しかし「そうそうバカにしたものでもない国民」なのかもしれません。

但し、鍵を握っているのは常にこの「一般日本国民」であるということだけは外せません。

「保守系ブログ」のコメント欄も含め、得てして「愛国情緒に酔っている」のではないかと思えるものがあふれています。

そんなロマンで日本は良くなりません。
また簡単に言って「朝鮮人は朝鮮に帰れ」的な感情論だけのコメントを何年も書いている人物などを見ると「これだから保守層の厚みが増さないのだ」と失望します。

そんなくだならに事を書いている暇があれば良本の2、3冊読めばお利口になります。

と横道にそれ気味ですが、これも自分の使っている言葉である『さよく・在日連合』。
その出力装置である「朝日」、「毎日」などの偏向マスメディアを駆逐するのを最優先しなければ前述『一般日本国民』が洗脳は解けない、即ちこれら偏向メディアの求める『東京裁判史観』に括り付けられたままの日本国民ということです。
[ 2017/05/31 12:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: