私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  ぼやき >  閑人閑話 ~ 縦書きの文章を左から起こす村田さん

閑人閑話 ~ 縦書きの文章を左から起こす村田さん

← 応援クリック、ありがとうございます。

 本日のブログは、閑人閑話モードで。

 先週末、故郷である北海道に帰省しておりました。年老いた両親の顔を見て、趣味である風景写真を撮るのがふたつの目的だったのですが、生憎天気に恵まれず、風景写真の方は散々な結果。まぁ、腕のある写真家なら、そういう状況でもうまく処理するのでしょうが、いかんせん、自分にはその実力がない。

 私の田舎は北海道の旭川というところです。あの金平茂紀が同郷だったことをつい先日知り、かなりのショックを受けました(笑)。村山内閣で官房長官を務めた五十嵐広三を輩出したという、負の歴史もあります。あ、杉村太蔵も実は同郷でした。

 で、旭川といえばラーメンが有名です。実際、ラーメンは非常にレベルが高く、競争も激しい。店が地元民の舌を納得させられなければ、すぐに淘汰されてしまうという、かなりシビアな環境です。

 地元の誰もが「ラーメンならこの店」というお気に入りの店舗を持っていますが、私が帰省したら必ず行く“テッパン”のお店に、今回も立ち寄ったときのこと。まぁ、月島のもんじゃ屋さんと同じで、壁には芸能人や有名人の色紙が所狭しと並んでいます。

色紙


 その中で、ある種異様な色紙を見つけました。

 普通の色紙は、こういうものですね。

色紙が壁にずらり


 で、次の方。

蓮舫の色紙


 縦書きの文章は、右から起こし、左でしめるというのが普通でしょう。ところが村田さん、縦書きの色紙を左から起こしている。スマホの望遠で撮ったので見づらいですが、日付が2017年で、「民進党 代表」とあるから、つい数か月前のもののようです。お世辞にも達筆とは言えません。

 こういう、一般社会で常識と捉えられることが、この蓮舫という人物にはないらしい。私の理解する限り、彼女のルーツであるあの国の文化でも、縦書きの文章は右から起こすはずなのですが、果たしてこれはどこの文化なのか。

 常識が通じないから、二重国籍問題もうやむやにして恬として恥じないのか。まぁ理解できない人の一面を見た気がしました。

 以上、とりとめのないお話にお付き合いいただき、ありがとうございました(^^;


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/05/21 11:09 ] ぼやき | TB(0) | CM(14)
いいこと教えてもらいました
私は旭川近郊に住んでいますので、そのラーメン屋さんに行って色紙を確認することにします。それにしても左側から書き始めるとは・・・。頭の中がすべて左がかっているんでしょうか?
[ 2017/05/21 12:58 ] [ 編集 ]
まさしく蓮舫 仰天色紙
いつも記事を楽しみに拝読しております。
たまさかの下手な投稿でもサクサクと文章を書けない私にとっては、
管理人様のお仕事を持たれての休みなしの更新は、大変なことだと
常々、思うところです。

さらに毎回、充実した記事を書かれることで、それ故に期待されることの
プレッシャーもお有りではないかとつい思ってしまうのですが。
そうしたことから、今日の様な遊び心のある記事を読ませていただくことは、
いかにも愉しいものですし、管理人様の故郷への帰省は随分と
骨休めになられたのではと、何だか安堵しております。

それにしも蓮舫の文字の大きさです。
存在感がありますね。
それに比べて、ラーメン屋さんの名前の薄くて小さいこと。
「目は口ほどにものを言う」、「名は体を表す」
ではなく
「字は口ほどにものを言う」、「字は体を表す」
を併せた造語「字は口ほどに体を表す」とでも申す蓮舫でした。
[ 2017/05/21 13:34 ] [ 編集 ]
自分の名前を一番大きく書くなんて、自己顕示欲の塊のようですね。ラーメン屋さんの名前は後からあっと気がついて付け足したように見えます。
[ 2017/05/21 16:29 ] [ 編集 ]
右に出る者はいない…らしい
意図的に、「蓮舫」の名前を、ラーメン屋さんの名前よりも、大きく書いているように見える。「右に出る者」になるから、あえて、ラーメン屋さんを、自分の名前よりも格下の左側に、書いているのだろう。

安倍総理のホームページに、一枚の写真がある。
http://www.s-abe.or.jp/wp-content/themes/politicianA/top/ph/090729.jpg
政治家として、大切にすべき心、あるべき姿とは、この姿なのだろうと思う。

改憲を成すには、とある学校などの忖度といった、些事に囚われていては、改憲までの審議時間がそれだけ先送りになるのだから、長い目で見れば、これも牛歩戦術である。憲法第九条については、座して死を待つことを日本国民に強いているのだから、守るべき大切な人々を守れるように、国防軍はしっかりと明記すべきであろう。
[ 2017/05/21 17:23 ] [ 編集 ]
蓮舫の言語感覚
北海道は明治時代に私の曾祖父が日銀行員(小樽支店)として赴任した、ささやかなご縁があります。

以前はアルファトマムの会員になってまして、ほとんどカナダを思わせる日本離れした山岳リゾートの風景が気に入っておりましたが、パフルの崩壊後、会員権が紙くずになってしまったのは、残念です。(笑)

管理人様のご出身地、旭川と言えば憧れの大雪山黒岳スキー場があるところではありませんか。足腰が確かなうちに、パウダースノーを超えるというシルキースノーを、私も一度は味わいに参りたいと願っております。

さて、蓮舫代表の色紙の書き方というか、特異な言語感覚について、なるほどと思うことがあります。

以前、蓮舫さんはTV「3時のあなた」という番組に出ていたことがあるそうですが、ある時、相続問題が拗れて、兄弟間で殺人事件が起こった時に、意見を求められた蓮舫さんは、やおら「政府の責任」を追及し出して、周りをびっくりさせたとか。誰がどう考えだって政府には関係がない話なのですがね。いったん「政府の責任」というフレーズを覚えると、何に対しても適用してしまうようで。(笑)

それで「忖度」という言葉を覚えるて、加計学園の問題でも「究極の忖度」があった、とか言ってしまうのですな。忖度に究極も至高もありませんでしょうが。

同じ女性政治家でも、小池都知事の言葉使いの巧みさやヴォキャブラリーの豊かさに比べると、つくづく蓮舫さんてのは、言葉を操る政治家には向かないのが判ります。色紙一枚だって、政治家は「目的」があって書くのですから。

それと、愛ナンとかの投稿は再三の注意にもかかわらず、相変わらずルールもマナーも守る気がないようですね。いい加減にしましょうぜ。
[ 2017/05/21 22:35 ] [ 編集 ]
何者?
縦書きかつ左から右へ、というとキリル文字でないモンゴル語(モンゴル文字)ですかね。
国籍不明な方ですから、何でもありなんでしょうか?

それにしても、なにか酔ったような筆跡。
自分の名前がデカいのは、自己顕示欲の表れですかw
[ 2017/05/21 22:41 ] [ 編集 ]
ご報告
「愛信」氏のコメントを削除し、当該人物をコメント投稿拒否リストに登録しました。
まったく困ったものです…(・・;)
[ 2017/05/21 22:56 ] [ 編集 ]
シグネチャー
この色紙、お店への寄せ書きじゃなく、村田蓮舫さんのは芸能人気取りの「サイン」なのでしょう。
だから、主体は大書き「蓮舫」。きっと右から書いて居る、様な気もします。
余白が気になったのか他の行の申し訳程度の「添え書き」w。むしろ付け加えない方がスッキリですね。
性格が露出しています。
まあ、あの顔ドアップの写真などを置いて行かれなくてよかった?

北海道は今良い季節でしょうね。もう葉桜でしょうが自生桜も内地とは違う種類が咲くそうで・・花よりラーメン。良いですねえ。

今日は本当に暑かった!
[ 2017/05/21 22:57 ] [ 編集 ]
暇にまかせて、難癖つけちゃう
蓮の辶も舫もまあ楷書。なのに蓮のツクリが画数の違う?な行書。独得な字をお書きです。

日本文字の平仮名はド下手ですなあ。フムフム。
[ 2017/05/21 23:15 ] [ 編集 ]
汚染
「愛信氏」のみならず、
あまりに無関係な内容の連発なり、工作活動なり、荒らしと思われるものの放置は結局は「保守ブログ」の質を落とし、本来の目的が希薄化されるわけで、
余り汚染が広がらないうちに主の判断が必要でしょう。
[ 2017/05/21 23:33 ] [ 編集 ]
日本国憲法の日本国民の権利に関する話
色紙は、本名の村田蓮舫を用いずに、蓮舫の名のみを用いている。これは、村田という日本の姓の方が、蓮舫という名よりも上に来ることを、嫌ったためであろうか。

今思えば、閣議口頭了解(平成二十二年六月八日)において、

「内閣府特命担当大臣(行政刷新)である蓮舫(本名 村田蓮舫)国務大臣の名前については、今後、政府代表等への任命行為及び許可等対外的な法律上の行為については村田蓮舫名を使用し、それ以外は蓮舫名を使用することとする。」

…と、官庁報告にある。なんだろう、このおかしな内容の閣議は…普通、すべて本名であろう。ましてや、議員といった公職にある日本国民は、例外なく、通名などではなく本名を用いている。本名を用いることは、閣議にかけるような案件ではなく、あたりまえの話だ。蓮舫議員だけ、名前を用いて苗字は必要ないとする特例は、明らかにおかしいであろう。

この閣議の内容は、日本国民に対して、村田蓮舫さんの本名の使用について、日本国政府として特例を認めた内容である。なぜ、一個人に対して、当時の日本国政府は、このような特例を認めたのか。なぜ、このような閣議決定を、蓮舫議員が必要としたのか。法務省、警察、自民党はもっと、掘り下げて調べたほうが良いであろう。

具体的には、この閣議口頭了解には、「本名 村田蓮舫」とある。当時、本名ということは、戸籍上、日本国政府は、「本名 村田蓮舫」を、既に確認していたということであろう。しかしながら、蓮舫議員が、つい最近まで外国籍もあった事実は、ご本人の発言などもあり、報道などで広く日本国民の知るところである。

蓮舫議員が、外国籍の有効な状態で公職に就き、国政に携わった期間があることは明らかである。日本国政府は、外国籍の国会議員を、国政に携わせていた事実について、なぜこのような状況になってしまったのか、国政への影響調査について、日本国民に説明する義務があるはずだ。

当時、日本国政府は、戸籍上の本名として村田蓮舫の名を確認しており、今、日本国政府は、金田法務大臣の発言にもあったように、蓮舫議員の外国籍を確認している。未だに、日本国政府が、外国籍の議員による国政参加の事実を、追認もしくは放置しているならば、これは国政の瑕疵として、日本国民から責任を問われるべき問題である。日本国民の参政権の侵害という日本国憲法の日本国民の権利に関する話なので、決して看過できない大きな問題なのではないだろうか。
[ 2017/05/22 09:56 ] [ 編集 ]
民族教育のたまもの?それとも、ただのアレ?
wikiより。通称名: 村田 蓮舫。(通称名?)
東京都生まれ。幼稚園から大学まで「青学」一貫ですね。
記事の色紙を見ると、本当に受験勉強したことあるのか、という疑念を拭いきれません。日本の社会常識も学んでいない可能性が大。
というか、みなさんお察しでしょうかね。
[ 2017/05/22 21:25 ] [ 編集 ]
手書きの文字にはその人の性格や性質が色濃く出るものだと思いますが、それにしても(以下略)な色紙ですね。同じ民進党所属と言っても前原氏とは好対照を成しているところがまた……(^_^;)

旭川行きお疲れ様でした。管理人様につられて顔文字を使ってみました(笑)
[ 2017/05/23 01:13 ] [ 編集 ]
一番左の行は
うらめしや

に見えた



字はきれいに書こう
[ 2017/05/23 01:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: