私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  対北でキープレーヤーから外される文在寅

対北でキープレーヤーから外される文在寅

← 応援クリック、ありがとうございます。

 北朝鮮が14日、新型中距離弾道ミサイル(自称)「火星12」を発射した。

 日本では、このような暴挙に出た北朝鮮に塩を送るような言動も散見される。典型例は民進党のクイズ小西だ。小西は多忙な内閣の足を引っ張るように、「武力による威嚇を行っている米軍と共同訓練を実施すること自体が、『武力による威嚇を放棄する』と明記する憲法9条に違反する」との質問主意書を提出したが、内閣が「武力の威嚇に当たらない」とする答弁書を決定したそうである。

 質問主意書の内容が、とても国会議員のレベルのものとは思われない。どこかの中学生が提出したならなんとか理解できるが、これが歳費という血税で活動する国会議員なのだから、呆れてものも言えなくなる。「上から目線」ということばがあるが、小西の場合は完全に「北から目線」なのだ。小西の論理が通るなら、他国が「怖いからやめろ」とひと言発するだけで、自衛隊の活動はいとも簡単に制御されてしまう。小西はそれを証明しようとでもしたのだろうか。

 北のミサイル発射で注目されるのは、ミサイルの性能、精度はもとより、発射するタイミングである。今回の発射は、キンペー肝いりの「一帯一路国際会議」の初日に行われたという意味において、示唆的だ。同時に、発足したばかりの南鮮文在寅政権の出鼻をくじく意図も併せ持ったものだろう。金正恩にとってみれば、「さぁ、お手並み拝見」というところではないか。

文在寅


 文在寅は、この北弾道ミサイルの発射を受け、「北朝鮮との対話の可能性を開いているが、北朝鮮が誤って判断しないよう、挑発には断固対応しなければならない」と述べたそうだ。青瓦台は「強固な韓米同盟」云々と言ったそうだが、笑わせるのもいい加減にしてもらいたい。いまや揺らいでいるのが米韓同盟である。文大統領は、過去の言動から「親北、親中、反米、反日」と言われ、一時は「親北の大統領が誕生する前に、米国は北への攻撃を決断するのでは」と噂されたほどだ。THAADの配備にも事実上反対し、トランプとの初の電話会談では、「対話するのは構わないが、『適切な環境』に基づかなければならない」 と釘を差されている。これは、言い換えれば、「俺がOK出すまで動くなよ?」である。

 トランプの意図は、「日本、中共というキープレーヤーとの連携で進めていることに口を挟むな」ということだろう。文在寅と盧武鉉の近さ故に、トランプは文に対し、現実的には大失敗だった北への太陽政策の轍は踏まないという宣言を下のと同じだ。北とは隣同士で、一番のキープレーヤーであるはずの南鮮が、「今は引っ込んでろ」と言われる始末だ。青瓦台は、こと北朝鮮問題に関し、暫し傍観者であり続けなければならない。

 「当選したらアメリカより先に北朝鮮に行く」と言ってみたり、「制裁・圧力よりも対話・交流」と言ってみたり、開城工業団地の再稼働や拡張を主張したりと、文は現在の対北路線とは全く異なるスタンスを持ち、全く異なるアプローチを提唱している。端的に言えば、文は米国にとっては邪魔者なのだ。朴槿恵も、あの軟弱なオバマに屈し、望まない慰安婦日韓合意を締結した。強硬なトランプに抗うパワーは、誰が元首になっても南鮮にはないのだ。

 暫くのあいだ、文在寅はキープレーヤーたちが対北で立ち回る様子を傍観する部外者だ。南鮮国民はこの現実を直視する必要がある。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/05/16 07:10 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
おはようございます。
早速、韓国のブン大統領は板挟み状態になりましたね。
想像以上の早さです。

完全に北に主導権を握られているのに、「太陽政策」だそうで・・・。
チンピラから金を巻き上げられているのに、恵んでやっていると言うのと同じことです。
「対話政策」、「宥和政策」も同様で。

いずれ韓国国民は、言い出すでしょう。
「朴大統領のほうがよかった」と。

History repeats itself.
韓国には、distort history(歴史を歪曲する)のほうが、より相応しいのでしょうが・・・。

さて、韓国はどこの国に泣きついていくのでしょうか。
相手にしてくれる国はあるのかな?



[ 2017/05/16 07:27 ] [ 編集 ]
米国は、【文 在寅が韓国から第三国へ韓国式逃げ出し亡命させること】および【金 正雲が北朝鮮から第三国へ韓国式逃げ出し亡命させること】を狙っているのでしょうね。
米国は、【文 在寅が韓国から第三国へ韓国式逃げ出し亡命させること】および【金 正雲が北朝鮮から第三国へ韓国式逃げ出し亡命させること】を狙っているのでしょうね。
-----

【文 在寅が韓国から第三国へ韓国式逃げ出し亡命すること】および【金 正雲が北朝鮮から第三国へ韓国式逃げ出し亡命すること】は、帰化未帰化在日韓国人たち、創価学(帰化在日韓国人宗教団体)会員たち、帰化未帰化在カナダ韓国人たち、帰化未帰化在米韓国人たち、韓国人たち、北朝鮮人たち、共産シナ朝鮮人たちなどを含む朝鮮族全員にとって、最も痛手ですよね。
それで、米国は、期限を切って、「文 在寅よ!韓国から第三国へ韓国式逃げ出し亡命しろよ!」および「金 正雲よ!韓国から第三国へ韓国式逃げ出し亡命しろよ!」と迫っているのだと思います。

ところで、
(1) カザフスタン大統領ナザルバエフ氏は、日本国自民党麻生政権時代に、「韓国人たち全員をカザフスタン国内の灌漑設備建設労働者たちとして受け入れる」と宣言しています。
(2) 帰化未帰化在カナダ韓国人たちからロシア朝鮮族NPO経由で韓国式工作資金を受け取り反プーチン工作、反ドイツ工作、反日本国工作をやりまくっている現ロシア首相メドヴェージェフ氏でさえも、ロシア大統領在任時、「韓国人たち全員が韓国からカザフスタンへ移住した後、(スターリンが極東ロシアへ大量移住させた)ウクライナ系ロシア人たちのうち450万人を韓国領域へ移住(入植)させる」と宣言しています。

韓国人たちが日本国の隣にいることよりも、ウクライナ系ロシア人たちが日本国の隣にいることの方が、日本国民にとっても米国民にとっても、遥かに安全です。
[ 2017/05/16 10:53 ] [ 編集 ]
南鮮ができる政治活動は日本叩きだけ。
歴史カードと国内の日本企業から金を巻き上げることに邁進するでしょうね。
しかし、日本の有名な企業が南鮮に工場建設したが、どうなるんだろうか?
シナのロッテ状態になるような。
[ 2017/05/16 11:26 ] [ 編集 ]
お手並み拝見
小西某は近未来の日本脱出宣言したのではなかったか?w
何処へでも行け、と思ったのですが、どうやら方角は西北。今のうちにせっせと黒受話器の好意を取り付けたいのでしょう。
しかしサヨクは常に、北や中共・ロシアの横暴には口を閉じ、全てが日米に原因がある、と言立てる。その物の見方の偏向振り。皮肉ではなく頭部の検査と研究が必要に感じます。

金大中と盧武鉉で北への資金提供総額69億ドル(政府レベルで約30億ドル、他は民間資金と物資)ですって。
それが皆核ミサイル開発に費やされている、とは考えないのか、考えても”同胞”は南鮮には撃ち込まない、と楽観しているのか?
南鮮の憲法では朝鮮半島全部が南鮮の統治化にある事になっているらしいのですが(表現が「統治」かどうか、私的には不明です)、その意識で言えば北の開発物は(いずれ)南鮮の物?

南鮮人はあのクネさんも「親日派」だと括って居るのだそうで、南鮮の「親・反」の感覚が全く解りません。
文在寅大統領は就任早々「保守系」政権の”不正”を徹底調査追及指令を出したのだとか。21世紀の世の中に易姓革命の繰り返し。
就任直後から反日に励んだ盧武鉉やクネさんの末路を視ると、文在寅も・・・イイけど。
[ 2017/05/16 18:23 ] [ 編集 ]
Re: 「独、仏、英、エストニア、ギリシャ、葡、欧州諸国は一帯一路の声明にボイコット
愛信さん、

記事に関係ないコメントを投稿するのはいい加減に勘弁してください。
以前、一度コメント拒否設定したはずです。
次は出禁にします。
[ 2017/05/16 20:22 ] [ 編集 ]
想像力の彼方
日米合同演習を北朝鮮への威嚇とする小西議員の難癖は、差別を受ける側が差別と感ずればシャベツなのだという例のサヨク論法の延長線上にあります。

鳩ポッポ級の戦後民主教育による悪しき実例ですが、いい歳をし大人がいつまで学級会並の議論を続けるつもりなのか。実際はそれどころか、北朝鮮による度重なる挑発行為は、国際法上も開戦事由に該当するのではありませんかね。日本の国会議員なら、まなじりを決すべき時のはずなのですが。

トランプ政権による韓国新大統領に対する不快の念の表明は、文在寅に初めて世間の風の冷たさを感じさせたことでしょう。

判りやすく言えば、「新米のブンザイで、寅は引っ込んでろ」といったところでしょうか。だいたい南朝鮮は、戦時統帥権もアメリカに押しつけたままなのではありませんか。

世界から隔離された島国或いは半島の特異な言語空間で育った日韓のサヨクには、恐るべき世間知らずという共通点があります。

自己流の世界解釈は北朝鮮の核の現実的な脅威を見ても変わらないようで。自分だけは大丈夫だという妙な自信は一体どこから来るのか、まったく想像を絶した人々ではありますな。
[ 2017/05/16 21:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: