私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  幹事長の野田も認める「民進党=テロ支援政党」

幹事長の野田も認める「民進党=テロ支援政党」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党幹事長、野田佳彦の劣化が激しい。首相経験者でありながら、幹事長という職を引き受け、蓮舫体制の後見人として汗を流しているようだが、最近は言っていることが“小西レベル”に近づいてきている感がある。まずは、朝日新聞電子版に掲載された、下記の口上である。

 まさに国民総意に基づく憲法改正をするためには、本来は野党第1党も賛同するというやり方を目指すのが王道だと思います。そこから外れてるんじゃないでしょうか。覇道のやり方だと思いますね。(東京都議選の応援で訪れた練馬区で記者団に)


 野田のことばのなかには、「日本かくあるべし」という意思がまるでない。野党第一党が賛同するやり方というのは、あくまで政局を意味するものであって、改正の内容は二の次だということである。そもそも、「安倍政権下での憲法改正に反対」という、わけの分からぬ言い訳で憲法改正に抵抗し、憲法審査会の議論も難癖をつけて妨害する民進党は、改正の内容を議論するに値する存在だろうか。憲法に対するスタンスさえ党内で統一できない者たちに、安倍総理を批判する資格があろうはずもなく、「野党第一党が賛同するやり方」とは、ただ単に「憲法は改正しない」ことを意味するものでしかない。

 お次は、都議選を控えた街頭演説での発言だ。要点だけを抜粋する。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックは成功させなければなりませんが、その誘致を呼びかけたリオデジャネイロにおける安倍総理の演説では、日本を世界一安全だとアピールしてたんじゃないんですか。

 2020年に向けて新たにテロ対策をやらなければいけないくらい安全に不安のある国だったんですか?そうじゃない筈であります。

 テロ対策は万全を期さなければなりません。だから民進党として独自な法案を提出していますが、今議論されている組織犯罪処罰法案。所謂共謀罪法案はテロ対策とは全く無関係に、過去3回に渡って廃案になった、皆さんの内心の自由に関わる、極めて自由を脅かす法律であるということ。これについては、廃案を目指して断固戦っていくことをお誓いを申し上げたいと思います。


野田幹事長jインタビュー


 野田は自身を保守だと定義しているようだが、これはサヨクが論ずる9条の論理と同じだ。憲法施行から70年が経過し、日本を取り巻く環境は激変しているにもかかわらず、サヨクは9条で国は守れると主張し続けている。野田の論法も同じで、世界で最も安全な日本を安全たら占め続けるためには、新たな脅威に備える必要があるという視点が、決定的に欠けているのだ。

 世界各地で多発するテロを、すべて予見することは不可能だ。日本は、オウム真理教が組織犯罪を行う危険があると察知していても、それを阻止できなかった。そして、彼らに破防法を適用することすらできなかった。テロは起きてしまい、そのテロによる犠牲者が出てしまってからでは遅いのだ。そういう視点で考えれば、この法案は一般国民にとってはメリットしかない。

 民進党の議論の建て付けは常に同じだ。それは、「安倍政権は国民の自由を奪う独裁者だ」というレッテル貼りだ。だから「内心の自由を奪う」、「自由を脅かす」という論法になるのだが、批判する意見に民進党を定義するなら、さしずめ、「テロを支援する政党」だということだろう。

 こんなことを言い続けていたら、支持率は更に下がる。まあそれも、日本のためには佳いことであるのだが。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/05/15 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
日本郵政、野村不動産買収へ 数千億円、TOB検討 開発事業を強化
日本郵政、野村不動産買収へ 数千億円、TOB検討 開発事業を強化

http://www.sankei.com/economy/news/170512/ecn1705120033-n1.html

【関連情報】
ハゲタカ外資日本資産 横領計画
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/eco/1125924533/

 小泉ー竹中イカサマ経済政策の郵政民営化を
継承する安倍ー竹中の日本経済の破壊。
10年前に仕掛けたハゲタカ外資の策略三角
合弁で日本資産横領作戦始動する。

詳細は
【株式ニュース】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi
【株式ニュース】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。
[ 2017/05/15 09:20 ] [ 編集 ]
テロ支援のぱよちん
テロ支援に現を抜かすぱよちん集団ミンシンはマヌケぞろいだから
耳触りのいい単語を並べていれば、有権者をダマせるとまだ思い込んでいる。

>2020年に向けて新たにテロ対策をやらなければいけないくらい安全に不安のある国だったんですか?そうじゃない筈であります。

日本は安全だ、と思い込むマヌケがいるからテロリストの標的にされる。
しかも「筈」って何?
オマエ卑しくも首相経験者だろ。
万全の上に万全を期すのはリスクヘッジの基本中の基本だ。
野ダメのようなマヌケが首相だったなんて歴史上の汚点としか言いようがない。
[ 2017/05/15 09:21 ] [ 編集 ]
さすが稲門の星。松下政経塾のボス。
政局しか見ないのが稲門政治家の特徴だが
政局も見えなくなった「リアル船えもん」(ふなっしーだと失礼) 
[ 2017/05/15 20:38 ] [ 編集 ]
>野田佳彦の劣化が激しい。

「劣化が激しい」などというのは野田に対する過大評価である。
野田など、最初からこのレベルに過ぎない。
[ 2017/05/15 21:52 ] [ 編集 ]
野田氏の保障は?
20年の五輪が決まったのが13年の初秋だったと思います。
あの時から今までの間にISの動きは頻繁になり、日本のイスラム研究者は変化の激しいその事態の為に、次の纏まった一冊を出すことさえ出来ない程の(出版時にはどう変っているか予測が出来ない為)情勢下にあります。

そしてテロリストはISとは限らない。
実際には私達が尤も注意すべきは日本人の顔によく似たスリーパーで、何時勃発するかわからないのがテロです。
日本人拉致も堂々のテロです。
その時、野田氏の「筈」という言葉は何を保障してくれるのでしょう?

野田氏は劣化したのかどうか?
首相就任時の夫人に関する記事が野田氏の場合とても特殊だったのが気に掛かったままです。
首相決定の場合、少しでも配偶者の特徴或いは履歴は報道されてきた様に思うのですが、野田夫人の場合のみ日本のメディアは何も触れませんでした。
逆にそれが気になりました。
そして、一番詳しく報じたのが南鮮の東亜日報。それも(校名無し)音楽学校卒業と、何処かの会合だか路上だかで野田氏が見初めた程度の記述でした。
首相ご夫妻で訪米されていますが、その時もTVは夫人が街へ出かけられた遠くからのシーンが殆どで、エピソードも無し。
御本人がお派手なタイプでは無いと言うだけの、メディアの「遠慮」とは思えませんでした。
今の昭恵夫人への冷笑的報道が酷いので、敢えて夫人に触れました。

後援者には選挙区に住む在日人と、その献金も指摘され返還したのではなかったか?
生活環境がアチラに近いのかも、という疑念を個人的に持っております。
野田氏が「民主党ホシュ派」という呼び声は、民主党が政権党になった時から、私は肯定的には思っていません。

安倍総理の政権運営が「覇道」というのも、いい加減なレッテル貼りで、覇道とは?と野田氏にはお調べ願いたい。
野党第一党の賛意がなければ「覇道」というのはどういう思考なのでしょう?
仮にその野党第一党に日本共産党があったら、それでも賛意が得られない運営は「覇道」だとでも?だとしたら憲法論議をするな、というも同然だわ。
[ 2017/05/15 23:22 ] [ 編集 ]
「劣化」と言えばそうなんですが
何なんでしょうね。

こんな人たまに見かけますね。
えっあの人が、ってやつ。
政界で言えば小沢一郎、小泉純一郎なんかそうかな。
いいときもあったのにね。

その理由には、その時々の理想や理念に対する自分の思いが軽薄だった事が考えられる。反面教師にしたいものです。

理想や理念に近づく為には、派手さよりも自分自身をいかに厳しく律するか。
理想が高ければ尚更です。
それと自分の身を置く環境にも気をつけたいですね。

余談ですが、中川昭一氏や新井将敬氏が生きていたら絶対こんな風にはなってなかったでしょう。
何故か思い出してしまいました。
[ 2017/05/15 23:43 ] [ 編集 ]
お縄に「いいとき」?
>政界で言えば小沢一郎、小泉純一郎なんかそうかな。
いいときもあったのにね。

小泉はともかく、お縄一郎に「いいとき」なんてありましたっけ?
自民党時代は田中、金丸の腰巾着だったし、
それからは結党と解散を繰り返す政党助成金詐欺やら
怪しげな不動産売買、極度の放射能アレルギー、三行半の離婚、
支那のハニトラの餌食になって朝貢外交の無様をさらしたヤツですよ。
国内のぱよちんメディアが「豪腕」とか何とか持ち上げても
常に胡散臭さを醸し出していたクズのいつが「いいとき」だったか、
教えてもらえませんか?
[ 2017/05/16 09:27 ] [ 編集 ]
yasu様へ
郵政解散と言ってド派手な演出をされた小泉氏よりも、当時の小沢氏の方が大きな意味での国益を考えた上で、いいこと言ってました。
値段が高くて滅多に新書を買わない私が「日本改造論」を読んで、なかなか大したものだと思った記憶があります。日本の、あるいは日本人の自主独立を目指す気概が感じられた内容でした。
でもそれは平成の始め頃の事で、その後小沢氏も一つのグループの頭になってからは崖を転がるようになり、今では底辺まで落ち込みましたね。
[ 2017/05/16 12:46 ] [ 編集 ]
シバサマ1966様  横から口出し失礼します。
その「列島改造論」、大変好評だったのは覚えております。

そして何ヶ月(年?)後、その内容は米国ロックフェラー財団の論文丸写しだ、と言う人が居て(どなただったか?)小沢氏も誰も反論しませんでした。
そして,その後、小沢氏がそれに匹敵するような著書を出した、とは聴きません。

私は「列島改造論」の一部だけを読みましたが、最後までは読み切れませんでしたし、ロックフェラー財団の原紙の英文物は最初から手が出せません。なので、実際に較べる事が出来ないままで、当時そういうジャーナリストが居た事だけ申しあげます。
だとしたら、の前提ですが、小沢氏は誰かのバックがあって初めて「いいとき」を持てる人だったのではないか?と感じます。
そういうバックを持てるというのも一つの才能ではあるのでしょうが。

民主党政権初期を実質的に牛耳って、ようやく彼自身の危険な本性が国民の目に顕わになって、そして彼と民侵党の今がある。と思えば民主党政権も無駄ではなかった。せめてもの微かな微かな善?でしょうか。
[ 2017/05/16 17:20 ] [ 編集 ]
こはる様
小沢氏の当時の著書は「日本改造計画」でした。

と、そんなことはどうでもよいのですが、こはる様のよりのご意見、
感謝いたします。何事も浅く狭くの私にて、ロックフェラーの話は全く初耳でございました。

そんな私が当時印象に残った点というのは、
~自殺名所になりそうな、海岸の崖っぷちにある観光地。観光客が転落事故に遭わないように柵を巡らし、注意書がやたら多い我が日本。それに対してアメリカでは、一切自己責任に任せて何も安全策が取られていない。
いかに日本人が自己責任力に鈍感であるか~

日頃から自分の事は自分でする、と思っていた私は、自分のするべき事を人任せにしている憲法9条と絡めて、当時大変賛同しておりました。

でも今から思うとその点は、いかにもアメリカ人目線だったような気もしますね(笑)
[ 2017/05/16 23:37 ] [ 編集 ]
シバサマ1966様
ごめんなさい。田中角栄氏の論と混じって覚えていたようですw
大抵の事に浅く狭い癖は私もです。
偶々この件を読んでいただけの事です。

確かにそういう箇所がありました。冒頭の方ではなかったかしら。
ですが、その論、例えば生前筑紫哲也氏なども(そういえば同じ頃だったかも)「日本の電車やホームの「注意」が延々五月蠅い。外国はそんな事は無く大変静かだ。日本は幼稚だ」と何度か言っていましたが、今では日本を訪れる海外(非アジア系人)の書込みが「日本は本当に優しい。注意を喚起してくれる」です。
実際、慣れている人にはスピーカーが五月蠅くてホームで電話など出来ませんけど、不案内の路線で説明されるのはとっても助かった経験があります。

日本人の自己責任を言うなら、小沢氏も改憲で国防を言い続けて居る筈ですよねw。

小沢氏が直ロックフェラー財団と繋がって原紙を貰ったのか、中に意図的に仲介する(たとえばシナ?)があっての事か存じませんが、どこの国からの原紙にしても、自分の名で出すならせめて全くの自論で書き、引用は「引用」と断りがあって当然ですよね。
誰が翻訳したんでしょ?w
[ 2017/05/17 01:30 ] [ 編集 ]
野田政権の思い出
2011年10月19日、野田総理は韓国を訪問して大統領と会談した。売国度が日本国民にも惜しげもなく晒された瞬間でもあった。

《 野田総理大臣とイ・ミョンバク大統領の首脳会談は、ソウルの大統領府で、午前10時20分すぎから1時間余りにわたって行われました。この中で、野田総理大臣は、日本が保管している朝鮮王朝時代の国家行事を記録した 「朝鮮王朝儀軌」などの図書のうち、代表的な5冊を引き渡しました。
(中略)
ヨーロッパの信用不安を背景に韓国の通貨、ウォンの下落が続いていることから、 両国の間で必要に応じてドルや円などの通貨を融通し合う枠組みについて 今の5倍以上の700億ドル(日本円にしておよそ5兆4000億円)に拡大し、金融市場の安定を図ることで合意しました。さらに、両首脳は7年前から中断している両国のEPA=経済連携協定の締結交渉について、早期再開に向けた実務レベルの協議を強化することで一致しました。一方、野田総理大臣は、会談に先だって朝鮮戦争の戦没者らが埋葬されている韓国の国立墓地の顕忠院を訪れ、花をささげました。》
………(NHK NEWSWEB 2011年10月19日の記事より引用)

戦没者に対する献花は本来であれば問題ない行為だが、 「自国の戦没者を祭った靖国神社に参拝をしない」と公言していた人が、なぜ外国の戦没者に献花などしたのか?。。。一体どこの国の政治家なのだろうか?

通貨スワップ協定というのは、謂わば体のいい韓国側の借金である。

当時もウオンなど国際的な信用もなかったし、刷ろうと思えば韓国がいくらでも刷れた。それを信用度のはるかに高い円やドルと交換するのは、石ころとダイヤモンドを交換するようなものだった。

当時の5兆4000億円というのは穏やかな額ではなく、日本国の年間の国防費に相当する額だった。。。

勿論、日韓通貨スワップ協定の枠拡大についてマスゴミがほとんど報ぜず、日本国民の反発から民主党を守ったのである。
それは、5兆と言えばとてつもない大金だからだ。。。子供手当のばらまきでは4兆円以上の財源を確保しようとして結局捻出できずに縮小したのに、韓国にばらまくためであれば5兆円という額がいとも容易く捻出できて、しかも国民に相談もしないまま約束したからで。。。まさに異常だった。

今や在日朝鮮人は、マスコミ、法曹界、政界、経済界、歴史学会、教育界、やくざ界などいたるところに入り込んで、金や暴力を使って隠然たる支配力を持つまでになっている。
また民主党が政権を執った3年3ヶ月でそれが強固になった。あちこちで情報隠蔽や恫喝・左遷ということが当たり前になった。。。

早く、この悪夢から覚めたいものだ。。。

焦ってはいけない!。。。地道だが日本はその悪夢から目覚めつつある!!
[ 2017/05/17 21:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: