私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  民進党、ネット民の声を遮断 〜 「安倍総理は器が小さい」という山尾のことばはブーメランだ

民進党、ネット民の声を遮断 〜 「安倍総理は器が小さい」という山尾のことばはブーメランだ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 インターネットには双方向のコミュニケーションという特徴がある。拙ブログのように、どこの馬の骨が書いたかわからないブログにでさえ、管理人の情報発信や問いかけがあり、それに対するコメントをいただく。もちろん、いただくコメントには賛否両論あり、コメント投稿者の方々の意見交換も日常のものになっている。

 個人ブログならいざ知らず、政治家や政党が情報発信をしたり、意見を述べたりするメディアにおいては、情報の一方通行はありえないというのが私の考えだ。一般市民が情報発信のツールを持たない時代は、情報は一方通行だったが、パソコン通信がインターネットになり、およそ全ての国民が情報発信ツールを持った時代においては、情報を発信する側も、そのような社会環境を前提にすべきである。ベキ論という以前に、それが当たり前なのだ。

 最近、民進党の議員にTwitterをブロックされたという書き込みがネット上に散見されるようになった。かくいう私も有田芳生にはブロックされていて、有田に直接意見する術を断たれている。有田のような雑魚議員ならまだしも、ガソプリ山尾や、なんと民進党公式アカウントまでも、ブロックを連発しているようだ。そういう「聞きたくない意見」は遮断することが日常化している民進党が、今度はYoutubeやニコ生で同じ対応に出た。LIVE放送での一般視聴者からのコメントを遮断したという。

民進党の言論封鎖


 国会で、ガソプリ山尾が安倍総理に対し、「器が小さいんだよ」と捨て台詞を発したことが最近話題になった。が、ネットの生放送で視聴者のコメントを遮断する器の小ささを見ていると、山尾の捨て台詞も、またひとつのブーメランだ。民進党だけでなく、自民党にだって批判的な意見はあるはずである。しかし、自民党が聞きたくない意見を遮断するという行動に出たことはない。批判的意見も国民のひとつの声であるし、そもそも政治家というのは批判対象になりがちなものなのだ。しかし、「耳障りの良いこと」ばかりを聞き、「聞きたくないこと」には耳を貸さなくなるようになれば、政治家も政党も終わりだ。批判も含めて民意なのだ。

 民進党のキャッチコピーは、「国民とともに進む」である。が、どうやらその「国民」には、彼らに対して批判的な国民は含まれないらしい。これでよく「民意」などということばを口にできるものだ。彼らはまだ、党の支持率がなぜ低空飛行を続けるのかを理解していない。そして、その理解をすすめる上で恰好の情報である「ネットの声」を遮断するようでは、救いようがないということである。

 民進党には、金輪際、「民意」ということばを使用しないでもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/05/14 07:18 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
「民(ミン)」という漢字は象形文字で、元々の意味は、逆らわずに従う人ということらしい。日本の「たみ」とはだいぶ異なる。民進党の「民」は、どっちだろwww。
[ 2017/05/14 07:45 ] [ 編集 ]
そもそも「日本国民」とは言っていない。
[ 2017/05/14 07:58 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/05/14 08:28 ] [ 編集 ]
訂正
記事中に人物の取り違えがありましたので、訂正しました。
大変失礼しました。
[ 2017/05/14 08:33 ] [ 編集 ]
国民と市民
民進党は市民を対象とした政党であり日本国民は相手にしていない。代表すら日本人であるか否か不確かな政党だ。
[ 2017/05/14 09:30 ] [ 編集 ]
「(韓)国民とともに進む」党www
[ 2017/05/14 10:02 ] [ 編集 ]
野垂れ死に
上記皆様のご指摘に大笑いです。

民侵のそうした処置はむしろ良い傾向ではないかしら。
批判を受け入れないスタイルはそれこそ民意から離れて行くしかないのですから、末は売れない旅芸人の野垂れ死でしょう。
いいわ~w せめて死骸は仲間同士で綺麗に処理してね。

門田隆将氏が今朝の産経コラムに
<(前略)~北朝鮮「四月危機」を振り返ると、日本の新聞離れは、もはや、止めようがないことを嫌でも再認識させられる。わかりやすく言えば、もう新聞は「要らない」ということである。(以下略)>

として、現行法では北の危機に日本の自衛隊が邦人救出に対応出来ないことを、新聞紙が書かない事、「憲法違反」を盾にとって言論界や政界を封じてきた新聞問題を取り上げていました。
そして
<日本人の命を蔑ろにした空虚な言論が大手を振った時代は、やがて終わるだろう。それは、同時に「新聞の時代」の終焉を告げるものなのではないか、と私は思う。>

つまり新聞に替る物は「ネット」であろうと書かれるのですが、自民党に比べ比較的若い議員層の様な民侵党が、新聞世代に替るネット世代を遮断してくれたら、そりゃあ結構な事だわw。
朝日が書く「主要報道社」と運命を共にする民侵党、イイじゃあないか。
[ 2017/05/14 19:15 ] [ 編集 ]
党に意見したら?
自公なんて意見を送っても送りっぱなしで
読んでないでしょ!
結果はいつも同じ
強行採決。

自公が一々意見を読んでるとでも?
事務員が精査して都合のいいものだけを上にあげてるだけ。
[ 2017/05/14 22:34 ] [ 編集 ]
「国民の幸福の為だ」とか、「国家の安全の為だ」とか嘘ぶいている輩は人相がどんどん悪くなっていく
民進党には半島帰化議員やテロ組織の活動家出身者やシンパの議員が数十人単位で存在している。だから感性は日本人そのものでなく我々としては非常に違和感を感じる言動が多く、それに嘘も多く無責任でもある。詐欺師が議員の仮面を被っているようなものだ。

しかし、幾ら嘘を吐いても捏造して印象操作しても、いつもそれを己が見ている。だから常日頃からそれをやってる輩は「人相がどんどん悪くなる」。。。これだけは絶対ごまかせない!!

特に民進党や共産党(は、まだましか!)は安倍政権への攻撃以外の仕事は何もしていない。政党助成金や議員報酬をもらいながらも、国家と国民に何も貢献していない。税金泥棒と言われても反論の余地は無い連中の集まりだ。

そんな連中は、心だけでなく日増しに顔まで歪んで人相が悪くなっているのがよく分かる。。。

今日のNHKの日曜討論、顔だけ見てると「善人と悪人のケンカ」のようで国会議員としての品性はどこにも感じられず、観ている方が辛かったよ!。。。
[ 2017/05/14 22:36 ] [ 編集 ]
世襲さま
自公の事務員が都合の良いものだけを上にあげているだけ、と言い切れる根拠を教えて下さいな。
[ 2017/05/14 22:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: