私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  憲法学者の見解を摘み食いする朝日新聞の姑息な9条論

憲法学者の見解を摘み食いする朝日新聞の姑息な9条論

← 応援クリック、ありがとうございます。

 誰が大統領になっても大差ない南鮮大統領選については、また改めて考察するとして、いま肝心なのは憲法議論だろう。民進党の蓮舫は昨日の予算委員会で質問に立ち、安倍総理を攻め立てたが、結局総理からは何も引き出せなかったようだ。民進党の連中は、安倍総理が総理大臣という行政府の長でありながら、自らが語った9条改正案についての説明を国会でしないことを問題視している。蓮舫は、「総理・総裁は同一人格であり、考えは同じ。読売新聞では一方的に改憲の思いを話して、国会では話さない。なぜ使い分けるのか。総理・総裁を使い分けるのは二枚舌」と断罪するが、総理になれば自民党総裁の人格は一切否定されるものなのか。二重国籍をつまびらかに説明しない人物が、他人を二枚舌と批判するのは滑稽でもある。

蓮舫


 先の9条改正案が出て以来、護憲派も触発されたようだが、護憲・9条信仰でお馴染みの朝日新聞は、さながらその筆頭格である。3日の憲法記念の日から昨日9日まで、9本ある社説のうち、憲法をテーマにしたものが5本と、半数以上を占める。安倍改憲案を真っ向から批判したのが、昨日9日の「憲法70年 9条改憲論の危うさ」である。

 安倍首相が「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と述べ、9条に自衛隊の存在を明記した条文を追加するなどの改憲構想を示した。
 国民の間で定着し、幅広い支持を得ている自衛隊の明文化なら理解が得やすい。首相はそう考えているのかもしれない。
 だが首相のこの考えは、平和国家としての日本の形を変えかねない。容認できない。


 平和国家とはいったい何なのか。私の解釈では、平和というのは「戦争をしていない状態」なのだが、朝日のような護憲派は、そこに理念とか理想というものを持ち込もうとする。「9条という理想を掲げ、戦後、それを頑なに守ってきたから平和が保たれてきた」というのが彼らの常套句だが、「戦争がない状態」と「理念」には因果関係はない。「日本が真っ先に放射能雲で覆われる」と豪語する北朝鮮や、ここぞとばかりに領海侵犯しつつ、尖閣を窺う中共という恰好のサンプルがあるのに、朝日はそういう現実を見ようとしないのだ。

 自民党は12年にまとめた改憲草案で2項を削除し、集団的自衛権も含む「自衛権」の明記などを提言した。その底流には、自衛隊を他国並みの軍隊にしたいという意図がある。首相はきのうの国会審議でも、草案を撤回する考えはないとした。
 草案に比べれば、首相がいう「1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という案は一見、穏当にもみえる。
 だが1項、2項のもつ意味と、集団的自衛権の行使に踏み込む自衛隊とは整合しない。日本の平和主義の基盤を揺るがしかねず、新たな人権を加えるような「加憲」とは質が違う。


 そもそも、直近で自衛隊違憲論に火をつけたのは、誰あろう、朝日新聞なのだ。安保法制の議論の最中、朝日は憲法学者ら209人にアンケートを行い、122人から回答を得た。下記は、そのアンケートの一部だ。

朝日新聞 憲法学者アンケート 自衛隊関連


 122名中、63%にあたる77人が、自衛隊は違憲、または違憲である可能性ありと答えている。2年前の当時、朝日は安保法制が違憲だという回答が122人中、119人から寄せられたことをこれ見よがしに宣伝していたが、この自衛隊に関する回答結果は同じアンケートで出たものだ。つまり、朝日は安保法制に関するアンケート結果は最大限に利用し、自衛隊の合憲・違憲の見解については完全にスルーしているのである。言論機関として、社是にとって都合の良い数字だけを利用する報道姿勢は、これ以上ない姑息さだと断言する。

 ちなみに、このアンケートでは、9条改正の必要性について、8割以上の憲法学者が「改正の必要なし」と回答している。自衛隊は違憲であると言いながら、9条改正の必要がないというのは、筋がまったく通らない。世間一般にいう憲法学者とは、この程度のものなのだ。彼等は国防のことはもとより、自衛隊の人格、尊厳などは1ミリも考えていない。

 憲法学者の見解に従って「安保法制は違憲」といまだに言い続ける朝日は、同様に「自衛隊は違憲」が大勢を占める彼等の見解に従って、自衛隊違憲論を唱えたらどうなのか。「幅広い支持を得ている自衛隊」などと、美辞麗句で誤魔化すことこそ姑息である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2017/05/10 07:07 ] メディア | TB(1) | CM(12)
ぱよちんの言説は説得力ゼロ
違法人の嘘吐きトカゲ女村田R4は二重国籍はOKでも二枚舌はけしからんと見ているのかな?
そもそも、嘘吐きトカゲ女が二枚舌を批判できるのか?

それにアカヒは自国領土が他国に占領されている状態でも「平和」と認識しているんだね。
そんなの、まやかし平和主義に他ならない。
尖閣や沖縄を虎視眈々と狙う支那のプロパガンダ紙としては「平壌」運転だがね。
[ 2017/05/10 09:08 ] [ 編集 ]
世の中に
1.世の中に 憲法学者の 不思議有り 
  国を守らぬ 憲法究め

2.世の中に 反日メディアの なかりせば
  民の心は のどけからまし

  ※反日メディアは、
   民進党並びに党首、所属国会議員名に読み替えられます。


3.世の中に 要らぬものこそ 押し紙朝日
  日々是拡散 フェイクとデマ

 ***朝日新聞***
   押し紙32% 実売部数 444万7千部
   厳密には、押し紙+積み紙=残紙
   販売部数に合わせて広告料を取られているが、
   実際、1/3近くが配られていないことになると
   詐欺罪が発生する。
 
【Front Japan 桜】韓国大統領選後の行方 /
 いよいよ本格化!朝日新聞「押し紙問題」 /
 世界からレジが消える?Amazon Go[桜H29/5/9]

 https://www.youtube.com/watch?v=PwLqKbogees&t=1857s


★天気予報並に<朝日新聞今日の嘘>
 <朝日新聞今日のフェイクニュース>と題した
 サイトが欲しいと思う位です。
           
[ 2017/05/10 12:12 ] [ 編集 ]
つまみ食いしたよね
戦争法案の時に自民党もつまみ食いしてたよね。
解釈改憲時に、日本会議の、実績もなく憲法学者としたら大したことない
百地章ら、たった3人ほどの学者の意見を尊重したっけ。
憲法学者のたった1%をつまんでいましたよ。

安倍って支持率高いって自画自賛のわりに、
昭恵夫人の証人喚問必要が世論調査70%以上!
という支持率より高い数字は無視。
都合のい悪い数字には見向きもしない。

戦争法の時も、
99%もの憲法学者の意見は無視して
たった1%の学者の意見を尊重。っておかしな内閣だったねぇ!
そうだ、まだそのまんまの内閣だったっけ
[ 2017/05/10 13:17 ] [ 編集 ]
小野田寛郎さんドキュメント【都知事選は田母神氏で決まり!】
小野田寛郎さんドキュメント【都知事選は田母神氏で決まり!】
https://twitter.com/aixin_jp/status/862206413359075328

【関連情報】
平成23年8/15戦歿者追悼中央集会(小野田寛郎氏)
https://youtu.be/TEAez31LoQQ
【小野田寛郎さんの日本への遺言の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt4.cgi

 憲法改正にあたり安倍晋三氏の日本民族を愚弄
する話し、憲法9条第1項、第2項を残しつつ・・・、
自衛隊を明記するとの話し。
憲法9条の破棄なくして日本の復興は無いの
です。
反日売国テレビ局・マスコミが報道しない自
由を行使している為に、今まで、この様な動画
の日本民族の心の叫びを耳にする事は無かった
でしょう。
 貴方が今この様な得がたい機会を得る事が出
来た事を神に感謝しましょう。
 一人の日本人として、小野田少尉の心の叫び
を体感して下さい。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
[ 2017/05/10 19:17 ] [ 編集 ]
自明のことですが、日本の平和主義を脅かしているのは改憲勢力ではなく支那とその衛星国家の北朝鮮です。その脅威に対して法的にも装備面でも圧倒的に不足しているのが現状であります。率直に申し上げて、防衛態勢の強化に執拗に反対する勢力は敵性国家の協力者とのそしりは免れないと思います。
とはいえ左翼(反日?)支配の既存メディアの影響力はまだまだ健在ですので、地道にそのプロパガンダを正していく以外に道はないのでしょう。
[ 2017/05/10 20:21 ] [ 編集 ]
憲法学者って
憲法を崇め奉りそれを極めんと欲し現実が全く見えなくなった人たち。GHQがまともな学者を追放し共産主義を信奉する学者を据付けた結果、弟子たちもすっかり真っ赤に染め上げられた。
[ 2017/05/10 20:58 ] [ 編集 ]
芦田修正
九条の条文は、自衛軍自衛戦争を禁じていないとする文理解釈も成り立ち、これはどの憲法学者も認めています。

こちらの解釈を採用すると、内閣は憲法73条の内閣の職務2号により、「外交関係を処理するため」に軍を統帥、又は軍の統帥者を任命して統帥者に指揮命令することになります。

憲法学者達が芦田修正が為されていること等に着目する文理解釈を採用しない根拠は、日本国憲法73条の内閣の職務に軍の統帥が明示されていないため日本国憲法は軍保有を想定していないと推測出来るということだけで、他にはありません。
でも、「戦争は外交の延長」というじゃないですか。

また憲法前文は芦田修正を無視して九条を解釈する根拠にはなり得ません。
日本国憲法前文は、憲法草稿の一つであるマッカサーノートから、憲法という法の「原理」からして採用出来ない部分を「排除」して、歴史的意義を持つ文章類からその一部を切り取り継ぎ足したもので、これらの日本国憲法前文が引用する(コピペ元)歴史的文章(アメリカ合衆国憲法前文、リンカーンのゲティスバーグ演説、テヘラン宣言、大西洋憲章、アメリカ合衆国独立宣言)は、
日本国憲法九条について、一切の自衛戦争自衛軍をも禁じるとする文理解釈の選択を許容するような性格の歴史的文章ではありません。
[ 2017/05/10 23:30 ] [ 編集 ]
九条神話
戦争法案って何だ?
実績もない、憲法学者としたら大したことのない ってスゴイ事言う人が推薦したい「大した憲法学者」は誰?

自社が目的を持ってアンケート調査したものを、正確にではなく都合の良い様に使う事を、「つまむ」と云います。
政府が参考意見として一定の意見を尊重する行為は「つまむ」とは云わない。
学問は唱える学者の数が多ければ正しいという事にもなりません。



選良が集まる事が大前提の国会の場で、最近特にミンシントウ議員の遣う言葉が醜悪過ぎですね。教養の無さと云うべきか礼儀知らずと云うべきか、とても子供達に聴かせられる言動じゃあ御座いません。
これが常態化する事に危機感を持ちます。

朝日のする事の反対がそのまま世の中の為になる、というのは特に最近顕著な気が致します。
なので、何でも書いてご覧、と思って居ります。
摘もうが撫でようが止めないよ。と。

九条があって日本が戦争に出かけなくて済んだのは敗戦直後の朝鮮戦争ぐらいでしょう。
武装解除された占領下にあって、時の司令官に再軍備を要請されて「あんた達が決めた日本の不戦憲法で出かけられません」と言い返した吉田首相のお話が大好きです。

長い冷戦期間があってどうにか九条に触れなくても済んできた極東アジアの状況は、今全く変貌しているのですから、日本が坐して滅亡をしたくなければ妨げの憲法は替えるしかないのです。
でなければ、朝日が北朝鮮と中共に「九条神話」で説得したら良い。
[ 2017/05/11 00:42 ] [ 編集 ]
朝鮮戦争には日本から機雷除去の為に元海軍の方が動員され(志願だったか)、亡くなられた方も居られますね、追記致します。
[ 2017/05/11 00:49 ] [ 編集 ]
そもそも「意見」にすらなっていない時点で「ボツ」なのだが
>99%もの憲法学者の意見は無視して
たった1%の学者の意見を尊重。

その99%が「9条カルト」なのだから仕方が無いではないか。

学術的に正しいかどうかでは無く、特定のイデオロギーを宣伝する目的で反対しているだけでは、「意見(主張)」の条件すら満たしておらず、「考慮に入れない」のは当り前。

小学生くらいの子供が「僕はやりたくないから反対」と言っているのと同じで、「やりたくない」事と「やらなければならない」事の違いすら理解していない集団である事は間違いない。

そもそも、大半の憲法学者など「学者」の条件を満たしているような者は少ない。

こんなしょうもない集団を、税金などで大量に抱えている時点で、我が国の国際的学術レベルが下がる一方なのはむしろ当然なのかもしれないと嘆きたくなるくらいだ。
[ 2017/05/11 02:18 ] [ 編集 ]
世界の現実 日本のお花畑非現実
そもそも憲法とは二面性を本来あたり前に持っているもので、それが『守るもの』であり、必要があれば『変えるべきもの』という子供でも分かるものだと思います。

ではその『変える必要性』とは何かと言えば広範な憲法でも基本に「正当な国民の生命と財産を守る」事と矛盾する場合と言えるのではないかと思います。

現在の憲法学者などの主張はこの一面、つまり憲法を『守る』事だけの教条主義とでもいうものでしょう。

そこで改めて憲法九条「前文・一項・二項そして三項」がどうかと問うわけです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC9%E6%9D%A1

http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM

http://www.geocities.jp/shougen60/shiryo/kenpo.html

 日本国憲法 前文
 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法はかかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。(1946年11月3日公布)

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この理想論というか、宗教が現実の中国の軍拡・領土拡大覇権主義や北朝鮮の核ミサイル開発、そしてロシアのウクライナ軍事進攻、ISによる軍事支配などいう現実とどれほど矛盾しているのかという事が「日本国民の生命・財産への干渉」とどれほど無関係であるのか、関係しているのかと考えればおかしな憲法であることは一目瞭然でしょう。

少なくとも自らの生命・財産を北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)や中国の習近平に自分は預ける気持ちはありません。

であるという事は日本国内の九条教徒に自分の命を預ける気もないという事です。

http://www.sankei.com/politics/news/170509/plt1705090004-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170510/plt1705100012-n1.html

http://www.sankei.com/life/news/170227/lif1702270033-n1.html
[ 2017/05/11 05:00 ] [ 編集 ]
ぱよちんはほっとけ
平和安全法制を「戦争法」と詐称するぱよちんは
ほっときましょうや。
ぱよちんの大半はGHQの亡霊に洗脳されたまんまのニッパチだから
筋道立てて反論しても理解できません。
半島や日本国内に生息するゴキブリと同類です。
[ 2017/05/11 09:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

9条改憲条文 どういう文案とすべきか?
どうやら安倍首相は憲法9条第三項に追記する、加憲的改憲を進める決意のようである。―― 参考情報 ――――――――――首相、蓮舫代表に「具体的な改憲提案を」。 「まずやるべきは自衛隊」 http://www.sankei.com/politics/news/170509/plt1705090036-n1.html―――――――――――――――――国会で、安倍首相が具体的な改憲提案をして欲しい...
[2017/05/10 18:07] 祖 国 創 生
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: