私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「テロ等準備罪」を都政の争点に掲げる蓮舫の愚

「テロ等準備罪」を都政の争点に掲げる蓮舫の愚

← 応援クリック、ありがとうございます。

 6月23日に告示され、7月2日に投開票が行われる東京都議選が迫ってきた。最大の興味は、小池都知事率いる(率いているように見える)都民ファーストの会と自民党との議席争いだ。都民ファーストの会の現有議席数は、現時点で127あるうちの5議席だが、恐らく躍進するだろうと思われる。だが、小池都知事が都知事選で見せた神通力は、就任後の築地市場の豊洲移転問題等での見せている迷走もあって、賞味期限は切れつつあるように思われる。寄生虫政党である公明党は、早くから都民ファーストとの連携を打ち出しており、抜け目のなさは相変わらずだ。

 そんな、自民党対都民ファーストの戦いの構図に埋もれているのが民進党だ。蓮舫代表のお膝元で惨敗するようなことがあれば一大事とあって、蓮舫自身が早くから選挙区に入っている。昨日7日も、都内で街頭に立ち、眉間に青筋を立てて演説をぶった。ただし、論点はアサッテの方向をむいていたようだ。

 民進党の蓮舫代表は7日、東京都議選(7月2日投開票)の公認候補予定者の応援のため、東京都内で街頭演説に立った。候補者の離党が相次ぎ、台所事情の苦しい蓮舫氏だが、この日演説で重きを置いたのは、共謀罪の構成要件を厳格化して「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案への批判。もちろん国政案件で都議会は政策決定権を持たないが、蓮舫氏は都議選の争点になると踏んでいるようだ。


 テロ等準備罪を都議選の争点とすることの愚かさについては、先月23日のブログで触れたが、あまりに呆れてツッコミ不足だった感がある。要点はひとつで良い。都議会に決定権がないことを都議選の争点とするのは、民主主義の成り立ちを理解できていないということである。地方議会や国会にはそれぞれ分担があり、テロ等準備罪の是非を都議会で議論するのは、都税の無駄遣いである。イデオロギーで税金を浪費されてはたまらない。都民はこういうプロパガンダに迷わされてはならない。

蓮舫


 この演説は、日刊スポーツも取り上げている。

 この日は、7月の都議選を意識した演説でもあった。蓮舫氏は、同党の渋谷区の候補者が区議出身であることに触れ「実績がある人でないと、議会で都知事とどう向き合うのか、どう質問するのか(分からない)。今から都政とは何か勉強しているひまは、これから4年間ありません。すぐ仕事ができる人を選んでほしい」と訴えた。


 これは失笑ものだ。都知事選で、民進党は政治ど素人の鳥越俊太郎を擁立した。鳥越は、こともあろうに、「急に出馬を決めたので、都政の知識が十分ではなかった。でも3日あれば大丈夫」と語った。都民と都政を何の思慮も挟まずに愚弄したことばだったが、当時民進党は、この「すぐ仕事ができない人」どころか「都政を勉強したことがない人」を「都民のための政治をぶれずに突き進む人材(蓮舫談)」とまで持ち上げて推していたのだ。見事すぎるほどの二枚舌である。

 民進党の都議選における公認予定者では既に離党ドミノが起きており、当初予定の36人のうち、14人が離党届を出す異常事態だそうだ。今年2月、現職の議員自らが民進党の名前を会派から消す「民進党隠し」に至っており、現状では民進党という党名自体がタブー視されているということだ。都議選の結果いかんで、蓮舫の進退も窮まる。民進党の瓦解は、案外地方から始まるかもしれない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/05/08 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(16)
民進党の舌は二枚に分かれているだけあって、一枚一枚が薄いこと薄いこと(笑)
オマケに一年前の失敗も憶えていられない様ではいやはやなんとも……。

R4とすれば先回(自称)ジャーナリストを担いで失敗したから、今度は『すぐに仕事が出来るヒトを』と言ったつもりでしょうけど、論点が明後日のほうを向いていることには気がつかないんでしょうね。

しかし、これが野党第一党とは……社民党とどこが違うんだろう?
存在価値がないのは……どっちもですね(笑)
[ 2017/05/08 08:50 ] [ 編集 ]
支持率アップに貢献
安倍政権の内閣支持率アップの最大の功労者は
違法人の嘘吐きトカゲ女村田R4だね。
そのマヌケっぷりはきっと「やらせ」なのだろう。
言動が全て芝居がかっているしね。
トカゲ女が政界を引退したら、自民は功労者としてぜひ表彰すべきだ。
[ 2017/05/08 11:02 ] [ 編集 ]
yasu様
その節は『民進党絶滅した、日本バンザイ』を流行語大賞に選んで、R4にトロフィーを受け取ってもらいましょう。
[ 2017/05/08 12:55 ] [ 編集 ]
蓮舫さん
この人の最近の画像を見ると、何かに取りつかれているような顔、しぐさが気になります。
[ 2017/05/08 17:53 ] [ 編集 ]
悪いからねえ・・・
お能に「鉄輪」(かなわ)という演目があるのですが、このR4の形相はその「鉄輪」の完に蝋燭に火を点けた五徳を頭に戴いた般若そのもので、手の振り上げ形もそっくり過ぎて、こわいわねー。
「鉄輪」は、夫が自分を捨てて後妻を貰った事への恨み骨髄物語ですけど、R4の場合は政権獲られて決して返ってこない予感への勝手な怨みでしょうか。

何を言っても、「それはイイから、先ずはアナタの国籍証明してからにしてよね」と有権者に思われる事自体が、彼女の言葉に決して信頼性が生れない訳で、おまけに、この人(とその仲間達も)、云っちゃあ難ですが、頭と性格が悪過ぎ。
[ 2017/05/08 18:51 ] [ 編集 ]
本家帰り
民辛党都連は現会長、現幹事長、前会長、前幹事長の4名共に離党したそうで。今や組織消滅の危機に曝されているというのに、応援に来る党代表が都議選とはまったく関係ない、あさっての演説を喚いているようでは、もはやどうしようもありませんわな。

蓮舫の主張は、平和と民主主義がどうしたとか、立憲主義が何たらとか、正邪の観念を語っているだけなのです。手前勝手なえり立ち蜥蜴に、我こそは正義と言われてもね。そこには国民を幸福にする、一片の政治的な知恵もないのです。

「ダメなものはダメ」で、抵抗政党としての歴史を終えた、旧社会党に本家帰りするつもりか。

惜しい人材も見当たらず、民辛党を再生する知恵を出す義理も私にはありませんので、都議選と、その次の国政選挙で、一刻も早く消滅することを願っております、はい。

[ 2017/05/08 20:22 ] [ 編集 ]
いまだ蠢く醜悪な連中を排除しましょう。
愚者三態

①希望のある愚か者
→自らの愚かさを自覚している人

②ただの愚か者
→自らの愚かさに気づかない人

③絶望的な愚か者
→自分を賢者と錯覚し、あまつさえ他者を愚かと見下している人

R4は当然、③に属するが、彼女の語彙の貧困さには呆れる。
「違和感を感じる・・・」、「何故、今、○○なのか・・・」
それに加えて流行語や格言を引用(パクると言ったレベルだが)。
その繰り返し。

こんな彼女に発信力がある(ただ、騒がしいだけ)、求心力がある(強力な遠心分離器のような人間なのだが)などと持ち上げたマスコミ。
それにコロリと騙された有権者。
最近、ブーメラン芸の達人は、このような有権者ではないかとさえ感じるようになった。

遠心分離器R4、雲隠れ辻元、を見て、ガソリーヌ改めテロリーヌが「これからは私の時代だ」と張り切っているようだが、滑稽千万、醜悪千万である。

我らの頭上にはミサイルが、足下では大地の激震の恐れを抱えている今、日本国民の平和と安全を阻害する連中は、一刻も早く片付けましょう。

とにかく、彼らの実態を晒し続けることが肝要かと。

[ 2017/05/08 20:37 ] [ 編集 ]
民進党は壊滅すると見せかけて小池ファーストに偽装して出馬するからな
小池は民進、公明、共産、生活ネットを当選させる為に知事になったようなもの
自分の利益になるなら左翼と連携するのが小池!
蓮舫と小池は似た者同士!
[ 2017/05/08 20:39 ] [ 編集 ]
まるで詐欺師の口上 怪しい改憲宣言と薄っぺらな野望
まるで詐欺師の口上 怪しい改憲宣言と薄っぺらな野望
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204968/1

 安倍晋三、此の男は日本の政治をする気はない。
 突然、憲法改正を言い出して、憲法9条第1項、第2項を残しつつ・・・
 自衛隊の話をする安倍晋三は憲法を改正する
ふりをしている。
 アホな日本人有権者は騙し通せると考えてい
る。 その事に日本人有権者は気付くことが最
優先である。 憲法9条第1項と第2項に、何
と書いてあるか確認しましょう。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi 
[ 2017/05/08 21:59 ] [ 編集 ]
愛信さま。貴方様もブーメラン投げがお得意?
有権者や国民を馬鹿にした言動の多さや日本国の為になる政治を考えて居ないのは、反日野党に圧倒的に多いでしょうに。

安倍さんは改憲を突然言い出している訳ではないのよね。
今回の慎重さは何が理由かは分りませんが、ずーっと前からの改憲論者のお一人ですよ。

[ 2017/05/09 00:12 ] [ 編集 ]
国会議員の適否
MAX様の遠心分離器R4、雲隠れ辻元など斬新な言葉は、
目をひきます。特に雲隠れ辻元などいいですね。(*^^)v
私はヤバスギールやアンポンターレを考えだしましたが、
いまいち。(笑)

***
テロリーヌ・ガソリン・山尾や
ヤバスギール・生コン・辻元など
疑惑のオンパレードの議員を抱える民進党。
なかでも党の代表が、自らの国籍を証拠を
提示して証明できない、まさしく疑惑の代表でもある
アンポンターレ・呆・蓮舫は、
ことある毎に「お前が言うか」のブーメランを食らい、
安倍総理の自民党総裁としての憲法改正の発言を
「レガシーづくりのため」などと馬鹿らしさを
満天下に晒しています。

こうした愚かなあるいは他国の工作員かと思われるほどの
疑惑まみれの人物が、政治家として品格もない、
ただのしゃべくり国会毀損トリオは疾うに論外としても、
もっとまともであろうと期待した小池都知事の変質は
絶望的だと感じてしまいます。

今日、管理人様が触れられましたので、
これを機会に残念な思いを書いてみます。
そもそも、こはる様が従来より懸念されていた
小池百合子の負の面が顕著に表れてきた昨今です。

ずっと早い時期から、私の身内は、
「小池百合子は大概にしておかないと」と
批判的な物言いでした。
その都度、私など都民でもないくせに、
懸命に応援してきた手前、擁護しきりだったのです。
「小池百合子の賢明さ、世論を読むに敏なところから、
そのうちに結論を出すから」と。

しかし、共産党が豊洲の地下水を試験管かビーカーに汲んで
検査結果云々をやりだした辺りから、素人目にもどうにも
作為的な臭いを感じ、テレビがヤンヤ言い出すと、それに乗っかって
しまう小池百合子の判断力に不安を感じたものでした。

今年に入ってから有本香氏など詳細な豊洲市場の報告などあり、
いよいよ小池百合子への不利な様相が次々と現れ、決断もないまま、
引くに引けなくなったかと思うところ、都民ファーストに集まる面々が、
ありゃりゃの極端な色あいになってしまいました。

都知事選での小池百合子の応援もあの時点では他の候補者の中では、
妥当な選択であったし、正直、夢を抱かせたのですが、
現実政治は思うようにならないものですね。

人を見る目がないと反省しきりは、
田母神俊雄で失敗し、小池百合子でそれを重ねたことです。
人間には、何もかも良しはないのですが、
私なりの我慢ならないことを超えてしまったと感じるものですから。

今のところ、人様に勧めて良かったのは、
安倍総理と青山繁晴氏でした。
お二方は、仰ること全て正解とは言わずとも、
国家のため、目を瞠る活躍をしてくださっています。

政治家は、国民が総じて、この人をと思わせる人でなければ
国家は明るく発展しないものですね。
そうしたことから希望を感じさせる若手議員がいました。
維新の会の丸山穂高議員の国会質疑、
国家の大事を念頭に内容をもった提案や質問であり、
滑舌よく国会質疑に相応しい爽快なものでした。

本来そうあるべきが国会議員というものですね。
民進党のような国会を私利私欲のパフォーマンスの為の舞台と
勘違いした連中の単なる揚げ足取りや印象操作を狙った
浅はかな言動が、いかに国民を冒涜し、国家の品格を低下させて
いるかということです。

この丸山穂高議員の質疑に立った冒頭、
「そこに居られる辻元清美議員、
安倍総理夫人を国会へ出せ出せと責めるくらいならば
生コン業者との疑惑、記者会見でも開かれ、
身の潔白を証明されたらどうですか」
(言葉そのものを拾っていません)
とテレビ中継のなかでズバリ、斬り込んだ発言が
動画にUPされているのをみたのです。

国民の憤懣やるかたない思いを代弁する、
この若い議員は将来の有望株と思われます。
「報道特注(右)」の常連さんだけありました。
[ 2017/05/09 01:01 ] [ 編集 ]
擁護ではないのですが
なつこ様
どなたにしても、直接接する対象ではない人への信頼の当り外れは有って当然だと思う方が気が楽ですw。
後はぞっこん入れ込んだ人へはダメ元で突っ走る、と私は決めております。

田母神氏の金銭に関する嫌疑は不起訴でした。これをどう受け取るかは各人の考え次第だと思いますが、なつこ様は水島氏の言い分をよく聞かれてのご判断だと先日承りました。
ただ、水島氏が使え得る一般への伝達方法に比べたら、田母神氏は雑誌に寄稿する程度の事に限られて居る分、分が悪い様にも感じます。

どちらの言い分も積極的に聞きも読みもしない、風聞程度の関心度の私が言うのはお門違いですが、金銭感覚にアバウトな人間が集まって仕舞った不幸な面もあるのでは?と感じます。
今月のWiLLのトップ記事でしたが、未だ読む気にはなれないで居ります。

それでも、田母神氏が全くの濡れ衣だったとしても、彼には政治家は無理だったのね、と思います。
国防、防衛に多大な知識と方法論を持っていても、現在の日本の政治家は自己の会計にも厳しい態度でなければ、当選しても任期を全うする事は出来そうもないなあ、と。
特にあれだけ目立つ候補者でしたから、敵は鵜の目鷹の目で粗探しするには金銭面が一番で、当選しても早晩潰されると思います。

今の小池百合子氏に感じるのは、というより自民党都連会長になった下村元文科相の諸言動が小池氏を硬化させた様に思います。
引退した内田ドンの代弁者の様な対応で、自民党本部や安倍総理の対小池氏姿勢とは乖離がありすぎて、協力して五輪成功させるべき大前提を下村氏が壊している感を私は持っております。

それと、宇都宮氏は都知事選を降ろされた時に共産党に大疑問を持った筈でした。
小池氏に豊洲問題フォローを申し出た時点では宇都宮氏個人の筈がいつの間にか日共応援団が付いてきた。これは小池氏も計算外だったのではないかしら、と思って居ります。

彼女は自民党と対峙する気はなく共産他有象無象と積極的に組む気も無いけれど、頼りになる同志集団が居る訳でもない不利が動きを止めている今、今一度の閃きと奮起を期待致します。
なつこ様がご指摘の如く、あの候補者達の中では小池氏が最適だったのですから。
[ 2017/05/09 07:38 ] [ 編集 ]
こはる様
管理人様、長文お許しください。

こはる様の丁寧なお応えに、どの様に書こうかと迷っておりました。
私の文章力では意を尽くせず、また筋道立った説明や意見を述べることが
不得手な者が、この場をお借りして田母神氏批判を長々と述べることも
憚れます。
また、簡潔に書き表すことを思いながらも、具体的に書こうとすれば、
長くなるばかり、消したり書いたりを繰り返した結果が、
少しも端的にはなっておらず、失礼いたします。

常々、コメントされる文章から拝察するに、
限られた範囲での判断材料しか持ち得ずしても出来る限り、
理に適う公正中立的な立場を取ろうとされるこはる様だと思っております。
ですから、こはる様からいただいた文面は、
至極もっともな受け取られ方だと感じています。

それに比して、田母神、水島両氏の言い分を克明に
比較対照する時間も感心の度合いも左程ない一般の方が、
仮に表紙の文字面を見、雑誌に書かれた内容を一瞥したとすれば、
一方的に批判の矛先が水島氏に向かうでしょう。
今回の事は、それだけでも田母神氏の勝利だったと思います。
その事が唯一最大の目的だとも言えます。

何故ならば、まだ裁判の判決が出ていない前に、
こうした保守の雑誌と目される出版物に堂々と記事を
載せることは、支援者に向けてのアピールであろうと思われます。

嘘だらけの記事の中でも、お金を一切受け取っていない水島氏に
全面的に疑惑の網を被せてこの人物が自分を陥れた風の印象操作の
全面展開には、田母神氏の正義や道徳心はないに等しいものと
思ってしまいます。

平成26年2月9日の都知事選後は水島氏は田母神氏と袂を分かち、
同年12月14日、田母神氏の衆議院選挙には全く関係ない人でした。
それでも電話で相談があれば、金銭管理の杜撰さが漏れ聞こえる
だけに忠告やアドバイスをされていたようです。

都知事選でも選対本部長であっても
お金に関しては一切かかわらず、同様にチャンネル桜の番組に係わる
女性キャスターたちも金銭を受け取ることのない誠心誠意の
ボランティアであったこと。
かじかむ手をものともせず、雪の日も膨大な数のポスターを
一晩で貼り終えたボランティアの人達。
悪天候も街頭演説に精を出されていたこと、逐一覚えています。

そもそも、選挙違反の疑いで週刊文春の記事が出る様な動きが
出てた来た頃、平成27年2月19日田母神氏の記者会見で、
記者の質問で水島氏への責任転嫁の言葉が突如として飛び出したのです。
動画を見たこの時が田母神氏の嘘臭さを認識した最初でした。

このひとつの嘘から始まり、大嘘を生んでしまう人間の弱さが
田母神氏の中で肥大化しました。
金銭の授受には全く関係のない水島氏やチャンネル桜を貶め、
疑惑の人間とすることで、自己正当化し、社会的認知の挽回を図り、
今後の講演会など経済活動において、有利に事を運ぼうとする浅ましさは、
どう考えてみても、多くの部下を率いる空軍のトップであった人、
国民を啓蒙する本を書き、講演活動をする人物の所業とは思えません。

巨額の使途不明金なるものの存在、
巨額の交際接待費や遊興費の使いこみ、
多くの善意の人達の献金や労苦をこともなげに
投げ捨てた田母神氏の一連の行為でした。
女性キャスターを含めた多くのボランティアの人達
全員の心をどれ程、傷つけたものでしょうか。
そうした人々に田母神氏の都知事選擁立を
図った者として、相済まぬという気持ちから、
訴えを起こしたのが水島氏だったのです。

>田母神氏の金銭に関する嫌疑は不起訴でした。これをどう受け取るかは各人の考え次第だと思いますが、なつこ様は水島氏の言い分をよく聞かれてのご判断だと先日承りました。
ただ、水島氏が使え得る一般への伝達方法に比べたら、田母神氏は雑誌に寄稿する程度の事に限られて居る分、分が悪い様にも感じます。

・そのように取られるのも尤もだと思うのですが、
 自身でもツイッターやブログで散々に発信され(これは読んでおりました)
 かつてDHCシアターの虎ノ門ニュースのレギュラーであったことから、
 (田母神氏の番組を視聴する気は失せておりましたので
  全く見ておりません)チャンネル桜を相手に攻撃されていたようです。
・それは、元々が田母神氏の嘘から始まったことであり罪深いものです。

>どちらの言い分も積極的に聞きも読みもしない、風聞程度の関心度の私が言うのはお門違いですが、金銭感覚にアバウトな人間が集まって仕舞った不幸な面もあるのでは?と感じます。
今月のWiLLのトップ記事でしたが、未だ読む気にはなれないで居ります。

・私も買ってまで読む気もないのですが、チャンネル桜の番組では
 WILLの文面を逐一取り上げ、間違いを正していく時間が取られて、
 概ね書かれた内容がわかるという次第です。

>それでも、田母神氏が全くの濡れ衣だったとしても、彼には政治家は無理だったのね、と思います。

・濡れ衣だということ、それは、はっきり申し上げて、ないのです。
(この点で、同意をいただけなくても結構なのですが)
・私など、お二人に何も利害関係がある訳でもなく、
 ただ、これだけの大嘘をつき、他人を陥れようとする人間が
 許せないという義憤から生じたものであり、国を思う気持ちを
 田母神氏に託した善意の人の純粋な気持ちを踏みにじった行為は
 看過できないものと見てしまうからです。
・そうです、政治家は無理でしたし、今更ながら、
 航空幕僚長という地位は何だったんだろうと思います。
・更には、西村真悟氏が傾倒してあることの不思議が理解できないままに
 来ています。

>国防、防衛に多大な知識と方法論を持っていても、現在の日本の政治家は自己の会計にも厳しい態度でなければ、当選しても任期を全うする事は出来そうもないなあ、と。
特にあれだけ目立つ候補者でしたから、敵は鵜の目鷹の目で粗探しするには金銭面が一番で、当選しても早晩潰されると思います。

・まさしく、同感です。
・このように自分のお金には細かく、こうしたある種、公のお金をなると
 忽ち、散財して管理も出来ず、恬として恥じない人物には
 大きな財政を預かるなど、無理無理と思ったものです。
・また小池氏に関しては、田母神氏水島氏関連より、
 判断材料がインプットされていません。
 ただ、女性都知事として現職であることの
 優位性は大いに認めるのです。
 比較が悪すぎますが、まかり間違って今の民進党の党首などが
 なっていたとしたら、悲惨さはメガトン級ですから。
・ただ、都民ファーストに集う面々と選挙を共に戦うとなれば後々、
 支援団体にひきずられて、舛添擬きになってしまう事を
  危惧してしまいます。

>彼女は自民党と対峙する気はなく共産他有象無象と積極的に組む気も無いけれど、頼りになる同志集団が居る訳でもない不利が動きを止めている今、今一度の閃きと奮起を期待致します。

・期待されることには、大いに同意します。
 都知事がまた代わることは、好ましいものではありませんから。

[ 2017/05/09 19:29 ] [ 編集 ]
問題が違えば
なつこ様が関心をお持ちだった「田母神氏と水島氏の問題、その虚偽」と一緒にされたくない、かも知れませんが、本日私も「嘘八百並べて、審議結果の処分ががそれだけかい!」と憤懣やるかたない思いをしております。

ただ、こちらはなつこ様が過大評価して下さる様な<理に適う公正中立>など何処にも無く、はじめから一方に肩入れしている問題で、しかも問題がサッカーというなつこ様が知ったら何じゃいな?! なので云い難いのですがw

自己の正当性を主張する為に嘘を連発して相手を誹る姿には、憤りひとかたならず、です。
そしてその件が審議によって人種差別と判断されても、処分が二試合出場禁止、だけ!
はっきり言ってチーム全体で嘘ついているのに!
世の中不条理だらけだわ!と
只今延々酒盛り中です。
これ以上書いたら管理人様に出入り禁止になりそうなのでこの辺で。

なつこ様の、虚偽だと分って居る事を言い募られたら不快千万、というお気持ちだけはじっくり分りました。またね~
[ 2017/05/09 23:28 ] [ 編集 ]
タイトルないんですが...
> これ以上書いたら管理人様に出入り禁止になりそうなのでこの辺で。

出入り禁止になんてしませんよ?^^
浦和と鹿島では見方は違うと思います。これまでの歴史についても。
遡れば遥か昔にまで行っちゃうので。

ま、この議論はブログの趣旨から外れるのでこの辺で(^^;
[ 2017/05/09 23:38 ] [ 編集 ]
管理人様
ありがとさん 出入るわw

でね、旭日旗の件で水原が川崎に勝ったことにしろ、という南鮮の要求もあったんですと!ホントかね?
流石にAFCもそこまでは腰抜けではなかった、訳か。
このニュース、日本では報じてない?レコードチャイナ、という処の発信ですって。

鹿島の歴史で浦和を言えないのは分るけど、ヤなとこ衝くわね。ま、評判悪いよ!(鹿島限定でw)
[ 2017/05/10 00:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: