私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  史観 >  安倍政権が炙り出したバカな連中、朝日は宗教新聞の道をひた走る

安倍政権が炙り出したバカな連中、朝日は宗教新聞の道をひた走る

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「安倍政権はバカ発見器」というのは、、産経新聞社政治部編集委員である阿比留瑠偉氏の名言である。一昨日の3日、安倍総理が憲法改正に対する考え方を表明して以来、その「発見器」に引っかかった多数が、そのバカっぷりを惜しげもなく披露している。

 まずは民進党の蓮舫だ。蓮舫は民進党代表として談話を発表した。「衆参両院で3分の2を制しており、憲法改悪を数の力で達成することも厭わない姿勢さえのぞかせています」と言っているが、3分の2以上の賛成で憲法改正を発議できると、その憲法に書いているのだから、これは単なる言いがかりだ。「数の力のみで日本の国のかたちを変えていこうとする安倍自民党政権の暴挙に、民進党は正面から対峙してゆきます」とは、数がない側の単なるひがみだ。数の力は、安倍政権と与党が勝ち得たもので、言い換えれば民進党自身が献上したものではないのか。もう少しマシな反論が聞きたい。所詮、無理だろうが。

蓮舫


 その他の野党もロクな反論ができていない。自由党の小沢は、「国家権力の暴走を食い止めることこそ憲法の本質なのであり、これを全く理解せず、情緒的な反立憲主義の立場をとる安倍政権下での憲法改正は、全く認められない」と言っているが、その安倍政権に信任を与えたのは国民だ。国民主権を叫ぶのなら、その民意を蔑ろにする小沢こそ、国民の敵である。その他、社民党や共産党はいつも通りの首相の繰り返しだ。あえて引用するまでもない。

 さて、お馴染みの朝日新聞である。朝日は4日の社説「憲法70年 9条の理想を使いこなす」で、こう書いている。

 戦後70年余、平和国家として歩んできた日本が、大きな岐路に立たされている。
 台頭する隣国・中国と、内向きになる同盟国・米国。北朝鮮の核・ミサイルによる軍事的挑発はやまない。
 日本は自らをどう守り、アジア太平洋地域の平和と安定のために役割を果たしていくか。
 答えに迷うことはない。
 憲法9条を堅持し、先の大戦の反省を踏まえた戦後の平和国家の歩みを不変の土台として、国際協調の担い手として生きていくべきだ。


 全く意味不明だ。こんな駄文、よくも書けたものである。「台頭する隣国・中国と、内向きになる同盟国・米国。北朝鮮の核・ミサイルによる軍事的挑発」は、東アジアの安全保障環境が激変していることを物語っている。その激変に、日本が出す答えが「9条」だというのだ。安全保障環境のバランスの崩れに対し、迷うことなく9条を差し出せというのだ。安っぽい新興宗教でも、もっとマシな教義で信者を騙すだろう。

 中国や韓国との関係を考えるときにも、他国を攻撃することはないという日本の意思が基礎になる。侵略と植民地支配の過去をもつ日本は、その歴史から逃れられない。


 朝日の定義は、他国を一度でも領有した場合は、その国を再び攻撃してはならない、そのために、戦争放棄を謳えというものだろ。この定義を採用した場合、過去に侵略、植民地、奴隷といったあらん限りの搾取を続けてきた欧米列強など、すべて戦争放棄を謳い、軍隊を持ってはならないことになる。大いなる矛盾だ。何故日本だけにその定義を当てはめようとするのか。米国はインディアンの土地やハワイを占領した。中共も東トルキスタンやチベットを侵略した。いったい彼らは反省したのか。

 安全保障の文脈にとどまらない。戦前の軍国主義の体制ときっぱり決別し、個人の自由と人権が尊重される社会を支えてきたのも、9条だった。
 これを改めれば、歴史的にも社会的にも、戦後日本はその「骨格」を失う。戦前の歴史への反省を否定する負のメッセージと国際社会から受け取られかねない。その損失はあまりにも大きい。


 すべて9条のお陰だというわけだろう。戦後日本の「骨格」が9条だというのだ。しかし、この9条があったからこそ、日本は自力で国を守ることさえ考えず、逆に中共や南朝鮮のご機嫌をうかがうような外交したして来られなかったのだ。

 9条は日本の資産である。
 そこに込められた理想を、現実のなかで十分に使いこなす道こそ、日本の平和と社会の安定を確かなものにする。


 9条は資産ではなく、不良債権のようなものである。そこに書かれた理想は、現実の国際社会で我が国を守ってくれるわけではない。理想を掲げた9条と心中せよというなら、それは宗教における殉教となんら変わらぬものだろう。朝日の社員や信者はそうすればいい。だが、私は御免こうむる。

 朝日新聞は、やはり宗教新聞と定義すべきである。そして、その冠に「カルト」という文言を付けるべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2017/05/05 07:21 ] 史観 | TB(0) | CM(5)
当然の成り行き
>朝日新聞は、やはり宗教新聞と定義すべきである。
>そして、その冠に「カルト」という文言を付けるべきだ。

カルト宗教創価学会が、売り上げがどんどん減り経済難に陥った朝日を乗っ取り、「聖教新聞」化させ、朝日を通してメディア界の洗脳の拡散を狙っているというところでしょうか。創価学会及び在日朝鮮の広告塔であるサッカーの香川真司選手が、朝日新聞の広告塔になっていることからも察知出来ます。

ろくに調査や探索もせず、事前準備知識もなしで感情論を書いたり、会見でくだらない質問を執拗に延々とするレベルの低い朝日の記者が多すぎます。

ただ単にカルト新聞として存在し、一般人を対象とした報道機関として機能しないならば、「創価朝日新聞」とか、「朝日聖教新聞」とかに改名すべきです。公益財団法人とは名ばかりで創価学会のスポンサーに牛耳られている日本サッカー協会及び日本代表しかり。
[ 2017/05/05 08:28 ] [ 編集 ]
他人に説教する前に
日本国と国民に、戦前がどうたら戦後がアアタラ云うのであれば、朝日こそが戦前戦中戦後と現在の己の身を振り返って総括、反省するべき事は山の様に在る筈。先ずは遠慮なさらずズズーッとお手前から御披露されたい。

オザー氏の言は全くGHQの下され憲法の奴隷じゃわ。
オザーは大上段の憲法論議よりも、自分の処の森ゆう子という無礼千万な人間以前の者を少しは人間らしく躾るべし。躾が出来なければ外に出すな。

「安倍総理の存在が憲法違反」とは?????
被選挙権を持つ程に生きて来て、他人様にこんな暴言を吐く不躾無教養モノが国会議員とは、このモノこそが日本の恥じ晒しです。
コレ、たしか議会が混乱した時、委員長机にスカートたくしあげて上った恥じ晒しですよね?

とかく最近の野党や反日メディアは程度と品質が低過ぎて、読むにも観るにも嫌悪感が先に立ちます。

09年夏、あれだけの数を得て政権盗った民主党が何故今の立場に居るのか、少しも考える事はないのか?
あの時、「数は民意だ」と開き直った連中が、今は民主主義の下に行われている選挙の結果を「数の横暴」と吐く。その身勝手さ。ぜ~~~~~ったい彼らの復権は許されない証拠の一つでしょう。

総理の憲法メッセージはこうした者達を徹底的に炙り出すアドバルーンだった、と思いたいw

余計なお世話は承知で、このR4のロイヤルブルーは彼女の意地の悪さを際立たせるだけで、似合いません。
[ 2017/05/05 13:14 ] [ 編集 ]
ジャパン・ハウス
ジャパン・ハウス
http://www.japanhouse.jp/

情報戦争で日本の情報を発信する海外拠点
第1号がブラジルのサンパウロに開設されました。

詳細は
【情報サービス街の掲示板】
http://www.aixin.jp/gktj/ssb/ssb.cgi
[ 2017/05/05 14:04 ] [ 編集 ]
取り敢えず北朝鮮には朝日新聞本社にミサイル一発ぶち込んだくれたらありがたいのにな。
この新聞社はその時どんな記事を書くのだろう。
[ 2017/05/05 15:32 ] [ 編集 ]
山本太郎 安倍晋三を問いつめる【抜粋20分版】原発へのミサイル攻撃に無策
山本太郎 安倍晋三を問いつめる【抜粋20分版】原発へのミサイル攻撃に無策

https://youtu.be/b_QGwnOObos
(動画)

安倍晋三総理の無能ぶりが確認できる動画です。 日本国民有権者は6月解散総選挙で、絶対
に安倍自民公明党創価学会を選択しれはなりません。

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。 
[ 2017/05/05 19:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: