私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  山本太郎と金正恩の「ことば」の共通点

山本太郎と金正恩の「ことば」の共通点

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党の階猛議員が、自民党の土屋正忠議員に手を出した動画がネット上で広まっている。もともと階議員の顔は怖いから(笑)、キレたら放送禁止レベルものだと思うのだが、TV報道はしっかり伝えているから、このドン引き映像は多くの国民が既に視聴済みだろう。オカルトものを見せられた方はたまったものではない。

 テロ等準備罪(反日左派は頑なに共謀罪と言い張る)にかかわる野党の対応や審議を観察していると、特定秘密保護法や、集団的自衛権の行使容認を含む平和安全法制の時と、まったく同じ映像を観ている感覚に陥る。最大の共通点は、野党のデマだ。特定秘密保護法の時は、「居酒屋で秘密を話すと逮捕」などというデマが広まった。集団的自衛権のときは、野党が「徴兵制の復活」などというデマを吹聴し、民進党はネガキャン用のパンフレットまで作成した。

 今般のテロ等準備罪についても、野党は同じ戦略で、この法案を潰しにかかっている。笑わせるのは、勢力としては豆粒のように小さくても、声だけは大きい山本太郎や福島瑞穂のデマだ。23日、「共謀罪の創設に反対する百人委員会」の呼びかけで、全国20ヵ所で、テロ等準備罪に反対するデモが行われた。下記は、山本太郎のアジ演説のくだりである。

【テロ等準備罪】社民・福島瑞穂氏「『しばいたろか』で犯罪」 自由・山本太郎氏「トンカチ買ったら準備罪」 全国で“共謀罪”反対デモ、山手線内でプラカード強行(産経)

 「殺人など凶悪犯罪の場合であれば、相談の段階で取り締まれるものもある。でも、今やろうとしていることは全く違う。私とあなたが何かについて話し合う。その時点で共謀です。あいつ、むかつくな。殴ってやろうか。共謀成立、相談成立です」

 「その話し合った後に、なんとなくコンビニに立ち寄って、お金を下ろす。1万円を下ろす。これ準備だっていう話にされてしまいかねない話なんです。むちゃくちゃでしょ」

山本太郎


 「酒に酔ったり、ストレスを抱えたりしている人が思わず口走ってしまうような言葉が、(共謀罪の対象になる)可能性があるんです。隣の車、またうちの家の駐車場にとめている。これ、頭きますよね。『頭くるな、あいつ。フロントガラス、割ってやろうか』でも、この時点で犯罪ですか。日曜大工の店に行って、トンカチを買ったと。これ、準備とされてしまう恐れもあるんです。非常に恐ろしい話なんです」(以上、抜粋)


 例えば、金正恩という人物がいる。この人物は、軍や国営の通信社を通じて、「単なる太った動物がぴくりとでもすれば、先制打撃で無慈悲にたたきのめす」とか、「生存を許さない無慈悲な破滅的懲罰を加える」などと豪語しているが、戦争の脅威は今もあるものの、ことばは全くと言って良いほど心に響かない。現実離れし過ぎたことばは、説得力を持たないのだ。

 山本太郎の比喩にも、共通点がある。街行く人がこのアジ演説に遭遇し、山本太郎のことばが耳に入ってきても、その比喩を現実と結びつけて恐怖を覚える人は稀だろう。駐車場を取られて、ガラスを割るためにトンカチを買う人物を取り締まるほど、警察も公安も暇ではない。面白おかしいたとえ話を使って、耳目を集めたいのだろうが、山本のことばは、金正恩と同じ効果しかもたらさない。即ち、極論を言えば言うほど現実から乖離し、説得力を失っていくのである。

 そもそも、テロ等準備罪は対象を組織犯罪と規定しているにもかかわらず、「違法駐車の車両のガラスを、コンビニでおろした金で買ったトンカチで割る」というたとえ話を持ち出す政治的なセンスは、彼の「なかまたち」以外の共感を得られるものにはならないだろう。山本太郎は、我が国の政治、とりわけ野党の劣化を示す、悪しきサンプルである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/04/25 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
松沢
”むちゃくちゃ”なのは山本太郎と福島瑞穂の頭の中です。

山本某はともかく(前からオカシイのが定評ですから)、福島某は仮にも弁護氏ですよね?

如何に日本の「人権派弁護氏」が法の抜け穴探しばかりに専念していると云っても、世間にこんな低脳を晒した「理解」と「説明」で、この人議員辞めたら弁護士業に戻れるつもりなのかしら?
こんな人だと知って、ふつー、頼まないと思うけどなあ。

山本太郎には法云々より、小田急線梅ヶ丘の(まだあるかしら)特殊病院の救急車が適当だわ。
どう見ても心配になるくらいオカシイ。
オカシイと自分で承知で歪曲嘘つき語りをして居るのなら、真面目にコレを扱うならば議員処罰モノでしょうが、半分でも本気で言っているなら、本人の為にも本当に収監を考えるべきだと思います。
[ 2017/04/25 08:22 ] [ 編集 ]
ぱよちんの学習能力欠如を再実感
いわゆる「戦争法案」の反対運動で失敗したのに
また同じことをやってるマヌケども。
ぱよちんには学習能力がないとつくづく感じる。

法案を適切に理解せず、妄想を根拠にデマをまき散らす。
自分たちが有権者に支持されない原因を分析しようともしない。
野党がマヌケでいる限り、安倍政権は安泰だが、
占領憲法はほったらかし。
安倍さん、実は北のミサイル国内着弾を待っているのか? と勘繰りたくなる。
[ 2017/04/25 09:57 ] [ 編集 ]
都民
山本太郎が当選するのは、反日マスコミの影響でしょう!
[ 2017/04/25 17:23 ] [ 編集 ]
日本国をミスリードする『さよく・在日連合』
http://www.sankei.com/world/news/170425/wor1704250029-n1.html

直近の話題は「北朝鮮」でしょう。
反日偏向メディア&反日野党が例の「共謀罪(テロ等準備罪)」、「森友学園問題」、「中川俊直政務次官不祥事」などをイシューとしたいようですが、国家の危機という観点から見れば「森友」や「中川」などは些末なことでしょう。

その北朝鮮に対して思うのは相変わらずの偏向メディアや反日野党の国民ミスリードというものです。

これら『さよく・在日連合』の主張は『話し合いで解決を』というものです。
今日もTBS(毎日)の解説委員とかが「米国、北朝鮮の戦争になったら日本も大きな被害をうける」と羊の国民が怯える一言を添え、『外交努力で解決を』などと寝ぼけた事を言っていました。
つまり「外交努力」というのは「話し合いで」という意味に成ります。
そしてその話し合う相手はヤクザであるという事です。

ご存知でしょうか?
ヤクザと話し合いをすればその時は一旦事が収まるかもしれません。
ですが、それからネチネチたかられたり散々な目に合うのです。
そのヤクザは北朝鮮と言い換えても何処に違いがあるのでしょうか。

その様にしようと紙・電波で国民をミスリードする反日偏向メディアはこのTBS(毎日)だけではなく朝日、東京(中日)など多数あります。

もし現在も米国はオバマ政権であり、日本では野党や偏向メディアが勢いを持っていたのならそのような『外交努力』で数年経れば北朝鮮は強力な他国恫喝兵器を手にするのではないでしょうか?
その時はもう手遅れになるということが分からないのか日本の反日偏向メディアや反日野党は毎日の様に日本国民をミスリードしています。

よく「ニューヨークタイムズ」は日本に対してこう言っていると特定メディアは使ったりしますが、今反トランプなり反ルペンなりを声高に叫ぶ日本の反日偏向メディアは日本の声はこうだと世界に発信している工作でもしているのでしょうか。

そして結果何年か後、北朝鮮はICBMを持ち米国と対等の地位・発言力を得るわけです。

http://www.sankei.com/column/news/170425/clm1704250008-n1.html

http://www.sankei.com/west/news/170425/wst1704250005-n1.html

がっかりなのはG・オルフェンズが終わってしまったことだ。




[ 2017/04/25 18:48 ] [ 編集 ]
国政を担うにふさわしい国会議員とは
国政を担うに相応しい国会議員として、重大事に果敢に取り組まれた
元衆議院議員三宅博氏が、お亡くなりになりました。
NHKの問題や拉致被害者、特定失踪者奪還に向けて真摯に取り組まれ、
舌鋒鋭く、問題の核心を突いた質疑の応酬にヤンヤと快哉を叫んだものです。
よくぞ言ってくれたと、胸のすく思いを何度も味わったことは、
まさに国会議員としてこのような方こそ必要であったのにと
実に、早すぎる死が惜しまれます。
 心よりご冥福をお祈りいたします。

*****
それに反して、記事に挙げられた二人。
まともに見たくない聞きたくない連中が
現下、国会議員として存在していることの日本の不幸です。
どれ程に、国民が腹立つ思いをしているものでしょうか。

このメロリンQ、芸能界で仕事をしていれば、良いものを
国政に出て歳費をたんまりもらって、日本人の為には働かず、
実のないパフォーマンスのみの演説を恥じることなくまき散らす。
こんな醜態を見たくもないものです。

そして、従軍慰安婦捏造犯福島瑞穂の反日ビジネスは年季ものです。
長年にわたり、国連に行って反日弁論を展開してきた
旦那の海渡雄一氏との連携プレーも有名なものです。

今日はどうしたことか、この人物のツイッターを初めて覗いて見て、
やはり、踊る言葉に仰天したのです。
共謀罪の花盛りでした。
「LINEで捕まる共謀罪」とかのフレーズが目をひきます。

朝日に載った例の半藤一利氏の現状の危機を直視しない
日本人を守ることの視点がすっぽり抜けた
呆れ果てるほどの反戦病に凝り固まった書きようも
驚くばかりでした。
「窮屈になるのはあっという間」
歴史を研究してきた経験から言えるのは、
戦争をする国家は必ず反戦を訴える人物を押さえつけようとすることだ。
安倍政権は憲法を空洞化し「戦争できる国」をめざしている。

と、なんだこりゃが満載でした。

それにしても山本太郎、福島瑞穂が国会議員でいること。
こうした連中を選ぶ国民がいることの口惜しさ
選ばれてしまう選挙制度は歯噛みする思いです。

どれ程に国民を馬鹿にしているのかと思うともう、
どうでもいいやと諦めてしまうこともあります。
しかし、そうしているうちに、こうした連中から、
日本が内部から食い破られて行き、益々日本の将来が
酷くなることを思えば、治安の良い日本で当たり前のように安全と、
いわゆる平和を享受してきた日本人は、もっと声を上げなくてはなりません。

そうでなければ、国家が無惨な状況に陥り、移民難民の問題にも
抗する手立てがないまま、終には滅びてしまうという危機感を
一人一人が我が事として、受けとめなければと思うのです。

日本を食い荒らす議員バッチをつけた、こうした手合いが
議席を確保出来る日本では絶望を見てしまいますが、
日頃より反日メディアに憤激することが多い者として、
ちょっと溜飲が下がる記事を見ました。

例の金平某がキャスターの反日テレビ、TBSの「報道特集」が、
フランスのルペン大統領候補にインタビューを申し込んだところ、
日本人は好きだけど、日本のマスコミは大嫌いだ」と断られたと
社員が現地報告しているのです。

いつも極右、極右とルペンの頭に付けて報道する
欧米メディアべったりの日本のマスコミですから、嫌われて当然です。
「いい気味だ、その通り!」と手を叩きました。
ルペンには、頑張って欲しい!
[ 2017/04/25 20:24 ] [ 編集 ]
追加
一行目、「重大事やタブーに果敢に取り組まれた」とし
「タブー」を追加いたします。
[ 2017/04/25 20:31 ] [ 編集 ]
「テロ等準備罪」に反対するのはテロリストだからでしょ!?
日本転覆を企てる行為は。。。テロ!
他国の工作員ばりの反日活動は。。。テロ!

それらを理念として反日活動する者は。。。謂わばテロリスト!

「テロ等準備罪」に何故反対するのか?
つまらぬ屁理屈を並べ立ててまで。。。?

答えは簡単だ!

・テロ活動が出来なくなるから。
・己の支持母体が危うくなるから。
・己の国会議員としての存在価値そのものが否定されるから。

いずれも日本国のためには死体に纏わるウジ虫の如く、日本の弱みと政権の政局に利権をむさぼる存在。

それが今ようやく知れ渡ってきた。。。

与党が安倍政権に甘えず、奢らなければ暫くは安泰だ!
[ 2017/04/25 21:45 ] [ 編集 ]
共謀のかほり
福嶋みずぽや山本多浪の話しに大きくうなづく人がいたら、それがよほど怖いです。
彼らに投票する有権者やカンパする人たちのほうが、日曜大工のトンカチより、よほど共謀のにおいがします。
[ 2017/04/25 23:27 ] [ 編集 ]
いくら何でも知能が低すぎる
>あいつ、むかつくな。殴ってやろうか。共謀成立、相談成立です

殴る程度で「共謀罪」なんぞ適用されるわけが無いでしょうに。そんな「日常レベル」の問題で共謀罪が必要になるわけが無い事ぐらい、小学生でも分かるだろう。

共謀罪が適用されるのは、「要人(重要人物)の暗殺」だとか「発生した場合に甚大な被害を出す可能性がある事件」程度ですね。

「テロ」だとか「麻薬や武器、特別天然記念物の密輸」、「違法物の輸出」、「人身売買(拉致、誘拐)」、「密航」などは、「実行される前に」検挙しなければ「手遅れ」になる可能性が高いわけです。

「テロ」は実行されれば、様々な甚大な障害が発生しますし、「密輸した物」や「密航者(工作員も含む)」を探し出すことは困難ですし、「拉致した人の人身売買」なども、拉致被害者奪還の困難さなどを見ても分かる通りでしょう。

こういった問題への対処は、警察当局が把握している「調査情報」から、「確実」に「潰せる(未然に防げる)ものは、潰しておく(防ぐ)」という立場で臨むしかないでしょう。

いくら何でも、一般人感覚の「日常レベル」の事件程度で「共謀罪」が適用されるわけが無いのに、この男の「日常」というのは、どうなっているのだろうかと思いますね。
[ 2017/04/26 01:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: